奈良の日本酒おすすめ13選|発祥の地!米の旨味を感じる甘口な味わい!

千代酒造 櫛羅 純米 無濾過生酒 2019年12月搾り新酒 720ml
出典:Amazon

今回は奈良県の美味しい日本酒を厳選してご紹介します。風の森、春鹿など口コミ評価の高い銘柄を集めました。全国のおすすめ日本酒も記事後半で紹介しています。年末年始やお祝いギフトとしてもチェックしてみてくださいね!


目次

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント
宇津木 聡子

日本の風土、知恵、歴史が生み出した日本酒の魅力や楽しみ方を、より多くの人に広めるため、訪日外国人へのプライベート日本酒体験、外国人・日本人向け日本酒にまつわるセミナーやイベントの企画を行っている。 外国人のプライベート日本酒体験では、これまでに30か国以上から400人余りをお迎えしている。 日々の生活でも、カンパイは日本酒、スキンケアは日本酒と酒粕で、そして朝晩の甘酒を欠かさない。

奈良県は日本酒発祥の地

 

奈良は、日本酒発祥の地のひとつといわれています。

奈良市南東部にある「正暦寺(しょうりゃくじ)」では、当時としては革新的ともいえる「三段仕込み」「諸白(もろはく)造り」「菩提酛(ぼだいもと)造り」の酒造法に加え腐敗を防ぐために「火入れ作業」をおこなうなど、近代の酒造りの基礎となる技術が奈良時代に確立されていたとされ、室町時代の古文書「御酒之日記(ごしゅのにっき)」にも記録されているのです。

また奈良県桜井市には、酒と杉玉の発祥と深いゆかりをもつ大神神社があります。日本酒発祥の地、奈良のお酒を楽しむために、日本酒の歴史と各蔵元やそのお酒のつながりに着目しながら選んでみましょう。

奈良の日本酒の選び方

国際唎酒師の宇津木聡子さんに、奈良の日本酒を選ぶときのポイントを教えてもらいました。宇津木さんの選び方を参考に、自分好みの日本酒を選んでみましょう。

奈良の有名酒蔵・蔵元から選ぶ

蔵元
ペイレスイメージズのロゴ

奈良には約28の蔵元があり、それぞれの地域で、その土地ならではの気候風土、文化を生かした銘酒を育んでいます。

今西清兵衛商店 八木酒造 奈良豊澤酒造 倉本酒造 上田酒造 菊司醸造 中本酒造店 稲田酒造 増田酒造 中谷酒造 喜多酒造 河合酒造 澤田酒造 大倉本家 梅乃宿酒造 油長酒造 葛城酒造 千代酒造 山本本家 五條酒造 今西酒造 西内酒造 芳村酒造 久保本家酒造 長龍酒造 北村酒造 北岡本店 藤村酒造

油長酒造

江戸時代初期にできた陣屋町の情緒が今も残る「御所(ごぜ)」にある、創業1719年の蔵元です。自社井戸のミネラル分豊富な葛城山系の伏流水を仕込み水に使い、無濾過、無加水で醸されています。奈良の酒米「露葉風」を使った純米大吟醸は、透明感の中に旨味、甘味、酸が表情豊かにとけこんでいます

千代酒造

奈良県南西部の葛城山のふもと、「櫛羅」と呼ばれる地域に位置する酒蔵。日本酒を「米」を原料とした農産加工品ととらえ、日本酒発祥の地である奈良の風土を醸すことをめざした酒造りをしています。蔵のまわりの自家田で1994年から始めた自家栽培の山田錦のみを使って醸す『櫛羅』が人気の銘柄です。

梅乃宿酒造

明治26年(1893年)創業の老舗の酒蔵です。山田錦を中心とした酒造好適米を使用し、超軟水の葛城山系の伏流水を仕込水として用いて造る、南部流の酒造りを伝統手法としています。有名な銘柄は『梅乃宿』です。

お酒の仕込みにも注目して選ぶ

日本酒
ペイレスイメージズのロゴ

奈良のお酒は「米の旨味や、甘味、酸がありながらも飲み口はすっきり」とされる傾向にあります。しかしながら、お酒をどう仕込むかによって、味わいにはさまざまな特徴が生まれます。

室町時代の奈良で生まれた「菩提もと」はそのひとつで、仕込み水に生米と蒸米を入れて天然の乳酸菌を増やした高酸度の水で酒母を造る伝統的な方法。江戸時代以降、衰退、消滅しますが、1996年から酒蔵や県工業技術センターや正暦寺などが復元に取り組み、1998年に再現に成功しました。

「菩提もと」(別名は「水もと」)で仕込まれたお酒はぜひ一度お試しください。そのほかにも、各蔵元が取り組む仕込みに注目して、味わいの違いを楽しみながら選びましょう。

水、お米の違いを感じながら楽しむ

酒米
ペイレスイメージズのロゴ

日本酒の味わいは、使われる水や米の性質によっても違いがあることはよく知られていますが、水の性質の違い、使われている米の種類は、奈良のお酒選びでもひとつのポイントになるといえるでしょう。

奈良には複数の湧き水群が点在し、その代表的なものに吉野郡の湧き水群があります。また、奈良のお酒ならではの味わいを感じたいなら、奈良県のみで栽培されている「露葉風(つゆはかぜ)」という酒米で造られたお酒を試してみてください。

そのほかにも、奈良のお酒にはさまざまな米が使われているので、違いを楽しみながら飲み比べてみましょう。

奈良の日本酒|超辛口・辛口 おすすめ3選

エキスパートのおすすめ

今西清兵衛商店『春鹿 純米 超辛口』

今西清兵衛商店『春鹿純米超辛口』 今西清兵衛商店『春鹿純米超辛口』 今西清兵衛商店『春鹿純米超辛口』 今西清兵衛商店『春鹿純米超辛口』

出典:Amazon

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント:宇津木 聡子

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント

質の高さを感じる定番

奈良市の中央部にある福智院町にあり、明治17年(1884年)の創業以来奈良酒の伝統を守りながらも進化を続ける酒蔵。「米を磨く・水を磨く・技を磨く・心を磨く」を理念に醸し出される味、コク、香りがありながらもすっきりとしたお酒は、国内外で広く愛されています。

こちらは春鹿の代表銘柄とされるお酒。「超辛口」といいつつもやさしい香りとまろやかさ、おだやかな旨味があり、フィニッシュに心地よいキレが感じられます。いろいろな食事と合わせやすく、冷酒で軽やかに、またお燗でほどよく旨味をふくらませてなど広い温度で楽しめるでしょう。定番の食中酒としてもおすすめです。

エキスパートのおすすめ

日本酒 『睡龍(すいりゅう)生酛のどぶ 純米 どぶろく』【久保本家】

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント:宇津木 聡子

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント

お燗で味わいひらく、にごり酒

江戸時代から続く歴史ある町並みが広がる大宇陀にある蔵元は、1702年の創業。酒造りを続けて300年以上という歴史があります。造るお酒はすべてが純米酒。とくに、自然の乳酸菌を生かす伝統の仕込み方法である「生もと造り」を日本酒造りの基本として、多くのお酒を造っています。

こちらはめずらしい生もと造りのにごり酒で、乳酸の生きた酸味とコクがありシンプルな辛口とは違う、深いのにかろやかさがある立体的な味わいです。冷酒~常温だと、すっきりさわやか。お燗にすると旨味、酸味、キレが増し、また違ったおいしさが楽しめます。

甘さやもたつきがなく、食事と合わせて自由ににごり酒を楽しみたい方におすすめです。

エキスパートのおすすめ

今西酒造『三諸杉 特別純米酒 山乃かみ』

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント:宇津木 聡子

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント

酒の神様が宿る地ならではのお酒

創業1660年。蔵元がある三輪は日本酒発祥の地とされ、三輪山をご神体に酒の神様として信仰される日本最古の神社「大神神社(おおみわじんじゃ)」があります。「三輪を飲む」をコンセプトに14代目を継ぐ若き蔵元が、ご神体「三輪山」の伏流水、地元でつくられる米を使った酒造りをしています。

奈良の酒米「露葉風」と、2012年に大神神社の神域でササユリの花から分離された奈良独自の「山乃かみ酵母」を使って造られたのがこのお酒。みずみずしく旨味のある味わいと心地よい酸でキレのあるあと味は、冷、常温、ぬる燗などで幅広く楽しめます。味わいはもちろん、奈良、そして三輪ならではのストーリーを感じられるお酒としておすすめです。

奈良の日本酒|甘口・フルーティー おすすめ10選

エキスパートのおすすめ

山鶴 純米酒 1800ml

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント:宇津木 聡子

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント

「光る蔵」が醸す食に寄りそうお酒

長い歴史をもつ蔵の多い奈良のなかでも屈指の老舗で、創業は江戸中期の1727年。小さな蔵でありながらも「光る蔵」をめざし、現在は純米酒のみをすべて吟醸規格の精米歩合60%以下と低温発酵で造っています。手造りの伝統を守る一方で、設備や商品管理には最新技術を取り入れているのも特徴。

「旨い料理には山鶴」「山鶴には旨い料理」がコンセプトというだけあって、料理と合わせるのが楽しみになるお酒がそろっています。米を60%まで磨いて醸されたこの純米酒は、軽やかでキレのある印象のなかに旨味とコクもしっかり生きた味わい。

合わせる料理を選ばず冷酒からお燗まで楽しめるので、コストパフォーマンスの高い晩酌のお酒をお探しの方におすすめです。

エキスパートのおすすめ

油長酒造『風の森 露葉風 純米大吟醸しぼり華』

油長酒造『風の森露葉風純米大吟醸しぼり華』 油長酒造『風の森露葉風純米大吟醸しぼり華』 油長酒造『風の森露葉風純米大吟醸しぼり華』 油長酒造『風の森露葉風純米大吟醸しぼり華』 油長酒造『風の森露葉風純米大吟醸しぼり華』

出典:Amazon

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント:宇津木 聡子

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント

時間の経過も楽しめるお酒

江戸時代初期にできた陣屋町の情緒が今も残る「御所(ごぜ)」にある、創業1719年の蔵元です。『風の森』はすべて生酒。自社井戸のミネラル分豊富な葛城山系の伏流水を仕込み水に使い、無濾過、無加水で醸されています。ほんのり残る発泡感、ボリュームのある香味とさわやかな酸味が融合した個性ある味わいで、日本酒ファンにも人気です。

この純米大吟醸は、奈良の酒米「露葉風」で造られており、透明感の中に旨味、甘味、酸が表情豊かにとけこんでいます。開栓後、発泡感があるときはフレッシュに、時間とともに発泡感が消えた状態ではお酒のもつ香味がより深く味わえるでしょう。1本のお酒をじっくり楽しみたいときにおすすめです。

エキスパートのおすすめ

葛城酒造『百楽門 純米大吟醸50』

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント:宇津木 聡子

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント

喉ごしも、旨味も味わえる

創業1887年。葛城山系の伏流水を使い、地元の風土に根ざした酒造りをおこなっています。奈良の酒米「露葉風」「山田錦」「備前雄町」といった米が使われていますが、なかでも雄町の個性を生かした「旨口の喉ごしのよい、旨みある酒」はこの蔵の特徴のひとつとなっています。

そのこだわりが存分に表現されているといえるのがこちらのお酒。おだやかな果実のような香り、口にするとほどよく調和した旨味と酸味がなめらかに広がります。雄町で造られたお酒が好きという方におすすめ。あと味はきりっとキレがあり、飲み飽きず、お料理の中盤からメインにかけてとくに活躍しそうなお酒です。

エキスパートのおすすめ

千代酒造『櫛羅(くじら) 純米 無濾過生原酒』

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント:宇津木 聡子

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント

その土地のお米が醸しだす味わい

奈良県南西部の葛城山のふもと、「櫛羅」と呼ばれる地域に位置する酒蔵。日本酒を「米」を原料とした農産加工品ととらえ、日本酒発祥の地である奈良の風土を醸すことをめざした酒造りをしています。

さまざまな米を使って味わいの違いを生かしたラインナップの『篠峯』と、蔵のまわりの自家田で1994年から始めた自家栽培の山田錦のみを使って醸す『櫛羅』のふたつのブランドがあります。

こちらは、櫛羅シリーズの『純米 無濾過生原酒』。山田錦らしいやわらかで繊細な旨味と、無濾過生原酒らしいフレッシュさと力強さを感じながらも重くはない香りや甘味、それをひきしめる酸味が楽しめます。その地ならではのお酒を味わいたい方におすすめです。

エキスパートのおすすめ

美吉野醸造『花巴 水酛 純米原酒』

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント:宇津木 聡子

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント

旨味と酸のみごとなコラボレーション

千本桜で知られる吉野山の山桜(花)と、広がり(巴)が「花巴」の由来。奈良吉野の豊かな発酵・保存食文化に根ざした酒造りにこだわり、原料米は地域で育まれたものを使っています。また、2017年からはすべてのお酒を「蔵付き酵母(蔵に住みついている酵母)」で醸す「酵母無添加」で造っています。米の旨味と、それに協調するようにあえて抑えない「酸」の立った個性ある味わいが魅力。

「水もと」(菩提もとの別名)で仕込まれたこのお酒は、チーズやヨーグルトのような発酵を感じる香り、甘味・旨味・酸味が一体となったなめらかで味わいがあり、くせのある発酵食品などとも好相性です。食とのペアリングをいろいろ楽しんでみたい方におすすめ。

奈良豊澤酒造『大吟醸 豊祝』

豊祝大吟醸720ml≪送料込≫ 豊祝大吟醸720ml≪送料込≫

出典:楽天市場

ワイン感覚で食事を楽しめるバランスの良い美味しさ

山田錦を35%まで精米し、じっくりと低温発酵することで米の旨さを引き出した大吟醸です。製造する「奈良豊澤酒造」は、全国新酒鑑評会で5年連続金賞を受賞したこともある名高い蔵元。

まろやかな香りと風味は、和食だけではなくステーキなどのお肉や洋食にもよく合い、フルーティーな香りをワイン感覚で楽しめるでしょう。重厚で高級感のある化粧箱は、贈り物にもぴったりです。

長龍酒造『吉野杉の樽酒』

吉野杉の樽が育んだ香りとまろやかさに心酔いしれる

奈良の名産でもある吉野杉を使った樽で造られたお酒です。吉野杉は、樽材として最高級と言われており、原酒をほどよくなじませ、まろやかな旨さを育てます。

そんなこだわりの樽でじっくりと造られたこちらは、ビン詰め後に急冷するのがポイント。樽の香りと味わいを封じ込め、旬の味を持続させてくれます。祝い事や行事の鏡開きにもおすすめの一本です。

澤田酒造『歓喜光 大吟醸』

冷やして飲みたい! 果実のような豊かな香りが特徴

麹米、掛米ともに山田錦のみを使用した大吟醸。山田錦から生まれた果実のような豊かな香りは、心が弾むようなフレッシュさを感じさせてくれます。

口当たりがなめらかで、日本食によく合う味わいです。香り、旨みをより楽しむには、冷やして飲むのがおすすめ。目を惹くデザインは、大河ドラマや朝ドラの題字を手掛けてきた荻野丹雪氏のもので、味覚からも、視覚からも楽しませてくれるでしょう。

喜多酒造『純米吟醸 あすか川』

喜多酒造純米吟醸あすか川[日本酒奈良県720ml] 喜多酒造純米吟醸あすか川[日本酒奈良県720ml] 喜多酒造純米吟醸あすか川[日本酒奈良県720ml] 喜多酒造純米吟醸あすか川[日本酒奈良県720ml]

出典:Amazon

澄み切った香りに心がほっと休まる癒しの味わい

酒造好適米として知られる、福井県産の五百万石から造られたこちらは、澄み切った香りが特徴です。透明感のある香りは、心がほっと休まるような癒しのひとときを与えてくれるでしょう。

落ち着きのある味わい、キレのある口当たりの良さも「純米吟醸 あすか川」の魅力のひとつ。疲れたときにゆっくり飲みたくなるような優しさを感じさせてくれる日本酒です。

エキスパートのおすすめ

上田酒造『味蔵冷酒(みぞれざけ)』

シャリシャリの新食感が珍しいフローズン感覚のお酒

シャリシャリとした、みぞれ状の食感が楽しめるユニークなお酒です。キリリとしたのどごしが爽快感を与えてくれるので、暑い日に飲みたくなる一杯といえるでしょう。

ライムやレモンを添えて、味の変化を楽しむのもおすすめ。冷酒が好きな方や日本酒の新しい楽しみ方をお探しの方に是非飲んでほしいお酒です。通常の日本酒にはないフローズンのような食感は、日本酒が苦手という方にも試しやすい一品となるはずです。

「奈良の日本酒」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
今西清兵衛商店『春鹿 純米 超辛口』
日本酒 『睡龍(すいりゅう)生酛のどぶ 純米 どぶろく』【久保本家】
今西酒造『三諸杉 特別純米酒 山乃かみ』
山鶴 純米酒 1800ml
油長酒造『風の森 露葉風 純米大吟醸しぼり華』
葛城酒造『百楽門 純米大吟醸50』
千代酒造『櫛羅(くじら) 純米 無濾過生原酒』
美吉野醸造『花巴 水酛 純米原酒』
奈良豊澤酒造『大吟醸 豊祝』
長龍酒造『吉野杉の樽酒』
澤田酒造『歓喜光 大吟醸』
喜多酒造『純米吟醸 あすか川』
上田酒造『味蔵冷酒(みぞれざけ)』
商品名 今西清兵衛商店『春鹿 純米 超辛口』 日本酒 『睡龍(すいりゅう)生酛のどぶ 純米 どぶろく』【久保本家】 今西酒造『三諸杉 特別純米酒 山乃かみ』 山鶴 純米酒 1800ml 油長酒造『風の森 露葉風 純米大吟醸しぼり華』 葛城酒造『百楽門 純米大吟醸50』 千代酒造『櫛羅(くじら) 純米 無濾過生原酒』 美吉野醸造『花巴 水酛 純米原酒』 奈良豊澤酒造『大吟醸 豊祝』 長龍酒造『吉野杉の樽酒』 澤田酒造『歓喜光 大吟醸』 喜多酒造『純米吟醸 あすか川』 上田酒造『味蔵冷酒(みぞれざけ)』
商品情報
特徴 質の高さを感じる定番 お燗で味わいひらく、にごり酒 酒の神様が宿る地ならではのお酒 「光る蔵」が醸す食に寄りそうお酒 時間の経過も楽しめるお酒 喉ごしも、旨味も味わえる その土地のお米が醸しだす味わい 旨味と酸のみごとなコラボレーション ワイン感覚で食事を楽しめるバランスの良い美味しさ 吉野杉の樽が育んだ香りとまろやかさに心酔いしれる 冷やして飲みたい! 果実のような豊かな香りが特徴 澄み切った香りに心がほっと休まる癒しの味わい シャリシャリの新食感が珍しいフローズン感覚のお酒
蔵の所在地 奈良市福智院町 宇陀市大宇陀出新 桜井市大字三輪 生駒市上町 御所市 御所市名柄 奈良県御所市大字櫛羅 吉野郡吉野町 奈良市今市町 北葛城郡広陵町 香芝市五位堂 橿原市御坊町 生駒市壱分町
使用米 五百万石 五百万石、アキツキ 露葉風 五百万石 露葉風 備前雄町 櫛羅産山田錦 吟のさと 山田錦 - 山田錦 五百万石(福井県産) -
精米歩合 60% 65% 60% 60% 50% 50% 60% 70% 35% 70% 35% 60% 70%
アルコール度数 15度 14度 15度 15.2度 17度 16.1度 17度 17度 16~17度 15~16度 17度 15度 15度
日本酒度 +12 +2 - +1 - +3 +5~7 - +5 ±0 - -1 -
酸度 - - - 1.7 2.1 1.5 1.8 4.0 1.2 1.2 - 1.4 -
容量 720ml/1,800ml 720ml/1,800ml 720ml/1,800ml 720ml/1,800ml 720ml 720ml/1,800ml 720ml/1,800ml 720ml/1,800ml 1800ml 180ml、300ml、720ml、1800ml 720ml、1800ml 1800ml 300ml
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月30日時点 での税込価格

日本全国・都道府県別 日本酒のおすすめ特集!

各地方ごとに特色ある地酒が紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてください。各都道府県をクリックするとおすすめの日本酒記事に飛べます。

日本地図
ペイレスイメージズのロゴ

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川
新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知
三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
鳥取 島根 岡山 広島 山口
徳島 香川 愛媛 高知
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

特定名称酒を中心に、和酒コーディネーターのあおい有紀さんと505人にアンケート調査した日本酒ランキングをお届けします。1位はどの日本酒でしょうか? あおい有紀さんは、スパークリングやドメーヌスタイルなどの5つのトンレドごとに厳選した銘柄を、505人に調査したランキングは一気にベスト54銘柄をご...

ロマンあふれる奈良の日本酒をぜひお試しくださいね

奈良には「いにしえ(過ぎ去った遠い過去の日々)」「まほろば(すばらしい場所)」といった言葉がよく使われます。長い歴史をもつ酒蔵が多いのも、日本酒発祥の地であるからこそ。

それぞれの酒蔵を知り、そのお酒を味わうにつけ、ときには日本酒の原点、ときにはそれを新しい形で表現する挑戦を、さまざまな形で感じることができます。

日本酒が生まれた土地だからこそのロマンあふれる奈良のお酒を、じっくりと楽しんでみてください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

趣味は「某アイドルの推し活」の30代主婦。『美容・食品』カテゴリを主に担当。推しに会える日を夢見て美容にも惜しみなく投資する、「すべては推しのため」が口癖。これまでライターや編集経験を積み、2020年1月におすすめナビへ。ミーハー気質なため、流行りを常に追うが飽きるのも早い。ナチュールワインとエイジングケアコスメが好き。

関連する記事


田酒おすすめ7選【日本酒好きなら一度は飲みたい】その魅力をご紹介!

田酒おすすめ7選【日本酒好きなら一度は飲みたい】その魅力をご紹介!

田酒とは、米にこだわって造られた青森県の日本酒のこと。日本酒になじみがない人でも飲みやすいものから、キリッと辛口のものまで数多く存在します。本記事では、青森伝統の地酒である田酒のおすすめ商品や選び方をご紹介。なかには入手困難になるほどのレアな銘柄もあるので、ぜひ参考にしてください。

tag icon 青森 , 北海道・東北の日本酒 , 日本酒

鳥取の日本酒おすすめ13選|人気の千代むすびや金賞受賞の銘柄を厳選!

鳥取の日本酒おすすめ13選|人気の千代むすびや金賞受賞の銘柄を厳選!

鳥取の日本酒はここ最近積極的に海外にもアピールしており人気が高まりつつあります。この記事では日本酒に造詣の深いナギ・ユウキさんと編集部が鳥取の日本酒の特徴やおすすめ商品をご紹介します。記事後半にはAmazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングや比較一覧表もありますのでぜひチェックしてみてください。

tag icon 甘口の日本酒 , 辛口の日本酒 , 中国・四国の日本酒

群馬の日本酒おすすめ15選|甘口・辛口を評価【スパークリングも紹介!】

群馬の日本酒おすすめ15選|甘口・辛口を評価【スパークリングも紹介!】

お酒のなかでも奥が深い日本酒。年末年始やギフトにもおすすめの純米大吟醸や水芭蕉や大盃など人気銘柄も紹介します。唎酒師の関 友美さんに群馬の日本酒を選ぶポイントとおすすめの商品を教えていただきました。記事の後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。群馬の日本酒に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

tag icon 甘口の日本酒 , 辛口の日本酒 , 群馬

島根の日本酒おすすめ9選|辛口・甘口の評価!酒蔵ごとの特徴も紹介!

島根の日本酒おすすめ9選|辛口・甘口の評価!酒蔵ごとの特徴も紹介!

島根は日本酒発祥の地ともいわれています。島根県といえば誰もが知る「出雲大社」があるところです。甘口や辛口など、味の特徴が様々なので飲み比べて見るのもおすすめです。熱燗や冷酒など日本酒に合う飲み方で楽しんでみてくださいね。通販サイトのランキングもありますのでチェックしてくださいね。

tag icon 甘口の日本酒 , 辛口の日本酒 , 島根

滋賀の日本酒おすすめ14選【七本鎗や不老泉も!】美味しい地酒を紹介

滋賀の日本酒おすすめ14選【七本鎗や不老泉も!】美味しい地酒を紹介

料理研究家の松本 葉子さん監修のもと、滋賀の日本酒の選び方とおすすめ商品をご紹介します。琵琶湖のまわりに約40ほどの酒蔵がある滋賀県。甘口や辛口など、味の特徴が様々なので飲み比べて見るのもおすすめです。熱燗や冷酒など日本酒に合う飲み方で楽しんでみてくださいね。

tag icon 甘口の日本酒 , 辛口の日本酒 , 滋賀

関連するブランド・メーカー


今西酒造 千代酒造

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。