愛媛の日本酒おすすめ17選|銘柄や蔵元など地酒選びのポイントを解説

愛媛の日本酒おすすめ17選|銘柄や蔵元など地酒選びのポイントを解説

日本の南部に位置し、温暖な気候のイメージがある愛媛県ですが、実はかくれた良質の酒どころです。今から400年以上前の戦国時代後期、1611年(慶長11年)にはすでに「伊予の道後酒」として人気だったという記録が残っていて、現在県内には小さな酒蔵が46も存在しています。

西日本最高峰「石鎚山(標高1,982m)」をはじめとした四国山地が南北を貫き、そこに雪が降り積もり、平地にも寒風が吹きつけることで、冬場は酒づくりに適した気候になります。

この記事では、県外の人にはあまりなじみのない日本酒もご紹介します! 通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


目次

唎酒師/日本酒ライター/コラムニスト/蔵人/フリーランス女将
関 友美

日本酒アドバイザーや飲食店勤務を経て、現在は「とっておきの1本をみつける感動を多くの人に」という想いのもと日本酒の魅力を発信するさまざまな活動をおこなっている。 記事執筆、セミナーや講演、酒蔵での酒造り、各地の酒場での女将業など、あらゆる場所、あらゆる手段で日本酒の美味しさと日本文化の豊かさ、日本の各地方の魅力を伝えている。

「愛媛の日本酒」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
成龍酒造『伊予賀儀屋 Seiryo Orion [石鎚山とオリオン] 純米 加水生熟成』
近藤酒造『華姫桜 純米酒』
石鎚酒造『純米吟醸 緑ラベル』
首藤酒造『寿喜心(すきごころ) しずく媛 純米』
酒六酒造『京ひな  純米大吟醸 隠し剣』
酒六酒造『純米大吟醸 一刀両断』
酒六酒造『京ひな 純米大吟醸 七星剣』
千代の亀酒造『純米大吟醸 秘蔵しずく酒』
協和酒造『初雪盃 しずく媛 純米吟醸』
梅錦山川『梅錦 純米吟醸原酒 酒一筋』
雪雀酒造『純米吟醸 風恋』
かち鶴酒造『袋搾り純米生原酒 かち鶴 ないしょばなし』
中城本家酒造『城川郷 純米吟醸』
西本酒造『大番 純米大吟醸 しずく媛』
栄光酒造『純米吟醸 松山三井』
八木酒造部『山丹正宗 吟醸酒』
島田酒造『小富士 超辛口』
商品名 成龍酒造『伊予賀儀屋 Seiryo Orion [石鎚山とオリオン] 純米 加水生熟成』 近藤酒造『華姫桜 純米酒』 石鎚酒造『純米吟醸 緑ラベル』 首藤酒造『寿喜心(すきごころ) しずく媛 純米』 酒六酒造『京ひな 純米大吟醸 隠し剣』 酒六酒造『純米大吟醸 一刀両断』 酒六酒造『京ひな 純米大吟醸 七星剣』 千代の亀酒造『純米大吟醸 秘蔵しずく酒』 協和酒造『初雪盃 しずく媛 純米吟醸』 梅錦山川『梅錦 純米吟醸原酒 酒一筋』 雪雀酒造『純米吟醸 風恋』 かち鶴酒造『袋搾り純米生原酒 かち鶴 ないしょばなし』 中城本家酒造『城川郷 純米吟醸』 西本酒造『大番 純米大吟醸 しずく媛』 栄光酒造『純米吟醸 松山三井』 八木酒造部『山丹正宗 吟醸酒』 島田酒造『小富士 超辛口』
商品情報
特徴 心と舌で伊予西条の優しい風景を感じるお酒 「華媛桜」という美しい名にふさわしい美酒 麹づくりに注力、家族で醸す辛口すっきりタイプの酒 心落ち着くおだやかな、ちょっといい日の酒 切れ味に定評! 澄み切った透明感のある純米大吟醸 名前のとおりキレ冴えわたる超辛口 京ひなブランドの最高峰のお酒 長期熟成された凍結酒 手間ひまかけて丁寧に造られた「味わうためのお酒」 梅錦の黒ラベルとして根強い人気 香りも旨みもすべてが上品なお酒 ネーミングがユニークな逸品 すっきりと優しい味わいの地酒 歴史ある蔵の飲みやすい甘口です ロンドン酒チャレンジでの金賞受賞実績あり 松山三井の旨味を堪能できる一本 地元で人気のある超辛口の銘酒
タイプ 純米 純米 純米吟醸 純米 純米大吟醸 純米大吟醸 純米大吟醸 純米大吟醸 純米吟醸 純米吟醸 純米吟醸 純米 純米吟醸 純米大吟醸 純米吟醸 吟醸 本醸造
原料米 しずく媛 松山三井 松山三井、山田錦 しずく媛 山田錦、松山三井 山田錦・松山三井 山田錦・松山三井 - しずく媛(愛媛県産) - 山田錦・松山三井 松山三井 しずく媛 しずく媛 松山三井100% 松山三井(愛媛産)100% 松山三井
精米歩合 60% - 60%(松山三井)、50%(山田錦) - 50% 50% 40% 45% 55% - 55% - 50% 45% 50% 60% -
アルコール度数 15~16度 15~16度 16〜17度 15~16度 15~16度 15~16度 16~17度 16度 16度 16度以上17度未満 15.4度 17度 15.5度 16~17度 15.4度 15度 14度以上15度未満
内容量 720ml 720ml、1800ml 720ml、1800ml 720ml、1800ml 720ml、1800ml 1800ml 720ml、1800ml 300ml、720ml 1800ml 720ml、1800ml 180ml、720ml、1800ml 720ml、1800ml 720ml、1800ml 720ml、1800ml 300ml、720ml、1800ml 720ml、1800ml 300ml、720ml、1800ml
味わい やや辛口 やや辛口 やや辛口 中口 大辛口 大辛口 やや辛口 辛口~大辛口 - 中口 辛口 やや辛口 やや辛口 中口 中口 辛口 大辛口
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

愛媛の日本酒の特徴 口触りがよく、甘みのある味わい

麹米の画像
ペイレスイメージズのロゴ

愛媛県の日本酒は、口触りがよく、甘みのある味わいが特徴。四国の水産物である白身魚などの料理と相性がいいです。

歴史も長く、400年前から愛媛の日本酒が製造され、「伊予の女酒」と呼ばれるほど有名で、人気のある老舗地域。愛媛の県内には、歴史的な蔵元が40以上も存在し、様々な名産が生まれ、一つひとつがブランドになっています。

代表的な蔵元をご紹介

それぞれの蔵元の特徴やこだわりを知ると日本酒の味わいも格段によくなることでしょう。ここではみなさんに人気のある銘柄や隠れた銘酒を発売する蔵元までご紹介していきます。

●成龍酒造|代表銘柄は「伊予賀儀屋」

 

食べ物との相性にとどまらず、食事やその時間を引き立てるお酒造りを掲げる蔵元です。飲み飽きしない酒が特徴。

●近藤酒造|代表銘柄は「華姫桜」

 

少量多品種生産により、特徴ある酒造りにチャレンジする蔵元。味わいある旨口が得意。

●石鎚酒造|代表銘柄は「石鎚」

 

杜氏制を廃し蔵元家族中心の酒造りを行う蔵元。食中に活きる酒を目指し、純米酒・純米吟醸酒を中心に醸造しています。

●首藤酒造|代表銘柄は「寿喜心」

 

家族経営の小規模蔵元。酒の肴がなくてもおいしく味わえる酒造りがモットー。全12品のラインナップ。

●梅錦山川|代表銘柄は「梅錦」

 

設備の近代化により昔ながらの杜氏の経験を究極まで活かす酒造りが特徴。日本酒以外にもリキュールやビールなども手掛ける。

●雪雀酒造|代表銘柄は「雪雀」

 

麹造りにとことんこだわり中硬水の井戸水をろ過した水で醸した日本酒。40年以上にわたり、酒造りに携わってきた総杜氏による酒造りが今も続く。ラインナップは豊富で30種類以上ある。

●かち鶴酒造|代表銘柄は「かち鶴」

 

搾りたての生酒を長期熟成した原酒に力をいれている蔵元。昔ながらの手造り・天然醸造にこだわり、原料である米も県内産「松山三井」にこだわって酒造りしている。

●協和酒造|代表銘柄は「初雪盃」

 

槽搾りや袋搾りなど昔ながらの製法にこだわった酒造りをしています。定番の銘柄以外にもプレミアム、限定ものなどラインナップは多数。飲みごたえのあるしっかりした味わいが特徴です。

●千代の亀酒造|代表銘柄は「千代の亀」

 

特定名称酒に特化して醸造する蔵元。米、人、水やラベルの紙などすべてに地元産を採用しているまさに「愛媛の地酒」です。

●酒六酒造|代表銘柄は「京ひな」

 

淡麗辛口の純米酒や大吟醸を愛媛ではいち早く手掛け、今では同社の特徴にもなっています。トップブランドである「七星剣」、キレのある飲み口で人気の「一刀両断」などがあります。

●中城本家酒造|代表銘柄は「城川郷」

 

愛媛の地酒にこだわり、原料米には県産米を使用。旨味のあるやさしい味わいが特徴。

●西本酒造|代表銘柄「虎の尾」

 

本醸造酒をメインに醸造・発売する蔵元。代表銘柄である「虎の尾」の歴史は古く約200年以上。現在「虎の尾」を筆頭に全10種類のラインナップです。

愛媛の日本酒の選び方 酒米・水など

愛媛の日本酒を選ぶときのポイントをご紹介します。
ポイントは下記の3つ。

【1】愛媛県ならではの酒米
【2】愛媛県の美しい水
【3】愛媛県内の地域による違い

上記のポイントを押えることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】愛媛県ならではの酒米で選ぶ やわらかい味わいを楽しむ

愛媛には、「松山三井」と「しずく媛」という2種類の酒造好適米があります。愛媛の地酒を存分に堪能したいと考えるなら、原料米にもこだわってみるとよいでしょう。

松山三井

 

まずはじめに食用米と酒造好適米の大きな違いは、心白といって、米の中心にたんぱく質の空洞があるかどうかです。心白があると、麹菌が深く食い込むので、しっかりと作用する麹米がつくりやすくなります。また酒造好適米は、食用米より大粒でたんぱく質が少なく、吸水しやすい酒づくりに適したお米です。

愛媛県では、県産の食用米「松山三井」による酒づくりがおこなわれてきました。頻繁に愛媛の食卓で登場する品種で、お酒にしたときに、米の旨味が出てやわらかい味わいになる傾向があります。

しずく媛

 

造れるお酒の味わいのバリエーションを増やす研究の末、2009年に念願の愛媛県産酒造好適米「しずく媛」が誕生しました。

「しずく媛」は、もとは「松山三井」なので、似た部分も持ち合わせていますが、比べると少しシャープでスッキリとしたお酒をつくりやすい傾向にあります。現在では他県でも使用されている良質の「しずく媛」。

「松山三井」か「しずく媛」か、飲むシチュエーションによって選び分けてみてください。

【2】愛媛県の美しい水で選ぶ

名水の画像
ペイレスイメージズのロゴ

石鎚山をはじめとする四国山地からは、豊富な伏流水が湧き出ています。日本酒づくりには、瓶や道具洗いや仕込みに使うものをすべて含めて、酒量の約8倍もの水が必要だといわれています。その点、愛媛は「うちぬき」といって、鉄のパイプを15~30mほど打ち込むだけで地下水が湧き出てくるという地域まであるような、とても美しく、おいしい水の資源豊かな場所です。

軟水がほとんどなので、ゆっくりじっくりと発酵したおだやかな味わいのものが多くなります。心許せる人とグラスを傾けるとき、ほっと落ちつく味わいの愛媛の酒を選んでみてください。

【3】愛媛県内の地域による違いで選ぶ

 

山と海に囲まれた愛媛県は、東予、中予、南予という3つの地域に分かれています。それぞれに独特の風土があり郷土料理があって、人の気質も違ってくるので、酒のタイプも変わります。とはいえ、瀬戸内の温暖な気候は、飲む人、つくる人の気持ちをおだやかにしているようで、その人柄をあらわしたような安らぎを感じる酒質です。

全国的に見ると「どれもやわらかで落ち着いた味わいで、少し甘めである」ことを念頭においたうえでお話します。

東予はすっきりとしたタイプ
中予は淡麗で旨みのあるタイプ
南予は酒らしい深みと味わいのあるタイプ

これを目安に選んでみてください。

精米歩合によって使い分けたい! 唎酒師のアドバイス

唎酒師/日本酒ライター/コラムニスト/蔵人/フリーランス女将

地元の食用米「松山三井」、それをもとに開発した「しずく媛」を多く使用して酒づくりをおこなっている愛媛県。

自宅でゆっくり楽しんだり、居酒屋で気心知れた仲間と団らんする場面におすすめしたい、おだやかで味わいのバランスがいい愛媛県のお酒ですが、自宅用なら「純米酒」や「純米吟醸酒」、とっておきの場面には「純米大吟醸」や「大吟醸」を選ぶことで変化をつけることができそうです。参考にしてみてください。

愛媛日本酒おすすめ17選 産地のもので

ここまで紹介した、愛媛の日本酒の選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品をご紹介します。

成龍酒造『伊予賀儀屋 Seiryo Orion [石鎚山とオリオン] 純米 加水生熟成』

伊予賀儀屋黒ラベル純米吟醸無濾過1800ml【日本酒/愛媛県/成龍酒造】 伊予賀儀屋黒ラベル純米吟醸無濾過1800ml【日本酒/愛媛県/成龍酒造】 伊予賀儀屋黒ラベル純米吟醸無濾過1800ml【日本酒/愛媛県/成龍酒造】

出典:楽天市場

心と舌で伊予西条の優しい風景を感じるお酒

愛媛県の酒米「しずく媛」を原料にしてつくられたお酒です。「賀儀屋」という珍しい銘柄は、もともと地元の庄屋さんの蔵の鍵を預かって管理する仕事をしており、屋号が「鍵屋」だったことからつけられました。そのなかでも「心を育み、心で楽しむ」というテーマを設けた「心シリーズ」の「石鎚山とオリオン」をおすすめします。

このシリーズのラベルデザインをすべて、蔵の近辺で活動する、はさみ切り絵作家「塩崎剛」さんが手掛けています。若くして目の病気を患った塩崎さんは、下書きをせず心に描いた景色を数時間かけて一気に切り取っていきます。成龍酒造の酒づくりと相通じるところがある、としてこのシリーズはできました。

ラベルに描かれているのは、地元・愛媛県西条市の美しい風景です。石鎚山からの伏流水(弱軟水)を使用してつくられ、味わいは派手ではなく落ち着いていて、優しさを感じます。毎日飲んでも疲れない、肩ひじはらないリラックスを生んでくれます。数量限定ながら、ぜひ家に1本おいてほしいお酒です。

近藤酒造『華姫桜 純米酒』

「華媛桜」という美しい名にふさわしい美酒

非常にユニークで、真面目で熱血な社長兼杜氏の近藤さんを筆頭につくられる、華やかでおだやかなお酒が「華姫桜」です。水、米、人……と地元にこだわって酒づくりをしています。

そのなかでもおすすめしたいのは、信頼関係を結んだ契約農家さんが栽培した「松山三井」を使用して、同蔵の商品ラインナップのなかではやや香り控えめな純米酒。

「松山三井」ならではの米の旨味と酸が、上手にバランスがとれています。フレッシュさ、米の豊かな旨味をゆったりと感じることのできる一本です。

石鎚酒造『純米吟醸 緑ラベル』

麹づくりに注力、家族で醸す辛口すっきりタイプの酒

家族で酒づくりする、愛媛らしい小さな酒蔵です。西日本最高峰「石鎚山」の麓に酒蔵があることから名前を取っています。1999年という業界では早い時期に、従来の出稼ぎ杜氏集団を受け入れる形から、現在の家族中心に酒づくりをするスタイルへと転換しました。

この蔵がとくに力を入れているのが「麹づくり」。日本酒がどんな味わいになるかを左右する部分はたくさんありますが、そのもっとも大きな要素は、この麹づくりの部分です。力強く、奥行きと深みのある味わいがありながらも、さわやかさを持ち合わせているのが「石鎚」の特徴です。

環境庁「全国おいしい水の鑑評会」連続日本一を獲得した中軟水を、仕込みに使用しています。麹米に「山田錦」、掛米に「松山三井」をつかい、味わいが重くなりすぎないようバランスよく仕上げています。辛口すっきりタイプのお酒はいかがでしょうか。

首藤酒造『寿喜心(すきごころ) しずく媛 純米』

寿喜心新しずく媛純米吟醸酒1.8Lラッピング無料愛媛地酒贈り物お歳暮お年賀ギフトプレゼント誕生日贈り物お祝いお中元夏ギフト 寿喜心新しずく媛純米吟醸酒1.8Lラッピング無料愛媛地酒贈り物お歳暮お年賀ギフトプレゼント誕生日贈り物お祝いお中元夏ギフト

出典:楽天市場

心落ち着くおだやかな、ちょっといい日の酒

愛媛県の酒造好適米「しずく媛」を使用して、愛媛県開発の「EK-1酵母」を使ってつくった純米酒です。ほかの商品も、地元産を中心に西日本の米を原料としてつくられています。ぽってりと甘く落ちついた味わいが特徴。やや香りもあって、常温やお燗など幅広い温度帯で楽しめます。

「寿喜心(すきごころ)」という銘柄は、初代・首藤重助が「めでたき場で大いに酒を酌み交わしてもらいたい」と命名したものです。こちらも、家族を中心に手づくりの酒づくりを続けている酒蔵のひとつ。縁起のいい名前なので、日常でちょっとイイことがあったときに選びたいお酒です。

酒六酒造『京ひな 純米大吟醸 隠し剣』

切れ味に定評! 澄み切った透明感のある純米大吟醸

愛媛県の多くがそうですが、この蔵もまた県外の人にはあまりなじみがないものの、県内では長く愛されているブランドです。あらゆるバリエーションはありながらも、全体的には端麗辛口を目指したお酒が多い「酒六酒造」。1977年に伊方杜氏を招き純米吟醸酒をつくりはじめ、当時、地元では珍しかった「淡麗辛口の純米酒」や「大吟醸」といった手間ひまかかるお酒を次々リリースしてきました。

今回紹介するのは、「剣シリーズ」と呼ばれスパっと切れる辛口をウリにしたシリーズのなかから『純米大吟醸 隠し剣』です。長期醗酵をさせており、澄み切った透明感ある酒質はどんな場面にもふさわしく、しつこさがないのでお口直しのお酒としてもおすすめ。ほかには超辛口「一刀両断」や大吟醸の「吹毛剣」があります。

酒六酒造『純米大吟醸 一刀両断』

名前のとおりキレ冴えわたる超辛口

辛口を得意とする同社ラインナップの中でもひと際辛口でキレのある飲み口なのがこのお酒。お酒そのものも十分に楽しめますが、食中酒として料理を引き立てる飲み方にもよいでしょう

酒六酒造『京ひな 純米大吟醸 七星剣』

京ひな七星剣純米大吟醸720ml【木箱入り】【愛媛の地酒】【内子町】 京ひな七星剣純米大吟醸720ml【木箱入り】【愛媛の地酒】【内子町】

出典:楽天市場

京ひなブランドの最高峰のお酒

山田錦・松山三井を磨きあげ、小田深山(おだみやま)の伏流水で醸した贅沢な日本酒です。純米大吟醸ならではの丸みのある香りでのどごしもなめらか。キレがよく、でも旨味も感じられるお酒に仕上がっています

千代の亀酒造『純米大吟醸 秘蔵しずく酒』

長期熟成された凍結酒

地元農家との契約により栽培された無農薬米を磨きこみ、すべてを手作業で仕込み低温熟成させたお酒です。辛口の発泡タイプですっきりとした飲み口。冷凍庫に保管し、少し溶かしてシャーベット状で飲むとおいしいお酒です

協和酒造『初雪盃 しずく媛 純米吟醸』

手間ひまかけて丁寧に造られた「味わうためのお酒」

「味わうための酒」を目指し昔ながらの製法にこだわる蔵元。愛媛県の酒造好適米であるしずく媛と石鎚山系の伏流水により醸すお酒は、旨味があり深い味わいです。食中酒としてはもちろん、お酒だけでも楽しんでもらえます

梅錦山川『梅錦 純米吟醸原酒 酒一筋』

梅錦山川清酒梅錦純米原酒「酒一筋」720ml[日本酒] 梅錦山川清酒梅錦純米原酒「酒一筋」720ml[日本酒] 梅錦山川清酒梅錦純米原酒「酒一筋」720ml[日本酒]

出典:Amazon

梅錦の黒ラベルとして根強い人気

濃厚な香りと押しの強い旨味が特徴の原酒タイプ。酸味と香りのバランスがよく、飲むたびに癖になる味わいです。濃厚な料理と合わせてお楽しみください。

雪雀酒造『純米吟醸 風恋』

香りも旨みもすべてが上品なお酒

吟醸香の華やかさと口に含んだときに広がる旨味が特徴で、飲んだ後の余韻を楽しみながらも自然と盃が進みます。商品のラインナップも多いので、自分の好みを探せるのも◎。少し冷やして飲むのが蔵元のおすすめです

かち鶴酒造『袋搾り純米生原酒 かち鶴 ないしょばなし』

ネーミングがユニークな逸品

手作りで天然醸造が蔵元のこだわり。昔ながらの袋搾りによる製法で、搾りたてをそのまま瓶詰めし長期熟成しています。個性があって飲みごたえのある原酒です。

中城本家酒造『城川郷 純米吟醸』

すっきりと優しい味わいの地酒

原料米は県内産のしずく媛、水は蔵の裏山の湧水を使用するなど、地元の素材をその地で醸造し、とにかく旨い地酒を造ることにこだわっています。すっきりとやさしい味わいは地元でも人気。冷やして飲むのが、蔵元のおすすめの飲み方です

西本酒造『大番 純米大吟醸 しずく媛』

歴史ある蔵の飲みやすい甘口です

一般酒でも、精米比率58%以下となっているなど全ラインナップとも高い精米率となりますが、この商品は愛媛県産のしずく媛を45%まで磨きこんだ純米大吟醸酒です。甘口で飲みやすいので、日本酒初心者の方にもおすすめです

栄光酒造『純米吟醸 松山三井』

ロンドン酒チャレンジでの金賞受賞実績あり

高縄山系「湧ヶ淵」の名水で醸したお酒は、全国酒類コンクールなどでの受賞歴も多数、地元でも人気の銘柄です。淡麗ですが旨味はしっかりな日本酒をお探しの方におすすめです

八木酒造部『山丹正宗 吟醸酒』

松山三井の旨味を堪能できる一本

淡麗ならではのスッキリとした飲み口と吟醸香ならではの華やかな香りが印象的なお酒。2014年にはANA国際線のファーストクラスで提供される銘柄に選ばれています

島田酒造『小富士 超辛口』

地元で人気のある超辛口の銘酒

辛口が得意な蔵元の中でもひと際輝きを放つ超辛口です。キレよく軽快な飲み口が人気で料理とともに楽しめる一本。少し冷やして飲むのが蔵元のおすすめですが、あつ燗の味わいもまた格別です。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 愛媛 日本酒の売れ筋をチェック

楽天市場、Yahoo!ショッピングでの愛媛 日本酒の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:愛媛 日本酒ランキング
Yahoo!ショッピング:愛媛 日本酒ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかの日本酒のおすすめ商品はこちら 【関連記事】

編集部からひとこと

愛媛の日本酒をご紹介しました。日本酒とひとくちにいっても使っている原材料や製造方法さまざまです。地域によって味わいも異なります。

ぜひこの記事を参考に、あなたにぴったりな愛媛の日本酒をみつけてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

メディアが大好きな編集部最年少の九州男児。おすすめナビでは、主に『家電・AV機器』を担当。趣味はSEO、サッカー観戦とファッション。休日はJリーグと海外サッカーに捧げる。月に数万円は洋服に浪費していながら、オフィスには着用してこない噂も・・・。ちなみに、毎朝アレクサで起きているものの、『あと、5分寝かせて!』が決まり文句。自称・九州男児の対岸にいる人。

関連する記事


【きき酒師と505名が選ぶ】日本酒おすすめ人気ランキング49選|美味しい飲み方も解説

【きき酒師と505名が選ぶ】日本酒おすすめ人気ランキング49選|美味しい飲み方も解説

今回はきき酒師でもある、あおい有紀さんと日本酒好き505名が選んだ、口コミ評価の高い人気の日本酒をランキングで発表します。ワイングラスで飲みたいスパークリングやロックでちびちび飲みたい大吟醸酒や純米酒など厳選した銘柄を集めました。記事後半にはamazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングもありますのでチェックしてくださいね。

tag icon 甘口の日本酒 , 辛口の日本酒 , 日本酒

田酒おすすめ9選【日本酒好きなら一度は飲みたい】その魅力をご紹介!

田酒おすすめ9選【日本酒好きなら一度は飲みたい】その魅力をご紹介!

田酒とは、米にこだわって造られた青森県の日本酒のこと。日本酒になじみがない人でも飲みやすいものから、キリッと辛口のものまで数多く存在します。本記事では、青森伝統の地酒である田酒のおすすめ商品や選び方をご紹介。なかには入手困難になるほどのレアな銘柄もあるので、ぜひ参考にしてください。

tag icon 青森 , 北海道・東北の日本酒 , 日本酒

福井の日本酒おすすめ15選|超辛口&甘口でフルーティーな味わいまで紹介!

福井の日本酒おすすめ15選|超辛口&甘口でフルーティーな味わいまで紹介!

福井県は、おいしい水と米から造られる、みずみずしい日本酒が人気です。黒龍、梵、花垣など口コミ評価の高い銘柄も紹介します。amazonの人気日本酒ランキングや、全国のおすすめ日本酒も記事後半で紹介しています。年末年始やお祝いギフトとしてもチェックしてみてくださいね!

tag icon 甘口の日本酒 , 辛口の日本酒 , 福井

生酛(きもと)造りの日本酒おすすめ6選|酸味の強さが料理に合う!

生酛(きもと)造りの日本酒おすすめ6選|酸味の強さが料理に合う!

生酛(きもと)とは、日本酒造りの伝統的な手法で、生酛によって醸造(じょうぞう)された日本酒を「生酛造り(きもとづくり)」と称します。同じ日本酒でも、醸造法によって味わいが異なり、それによって一緒に楽しみたい料理もかわってきます。では生酛造りにはどんな特徴があるのでしょうか? 本記事では、日本酒のプロフェッショナルである、国際唎酒師の宇津木聡子さんに聞いた、生酛造りの選び方とおすすめ商品についてご紹介します。生酛造りのことを深く知れば、味わいがちょっと変わるかもしれませんね。ぜひチェックしてみてください!

tag icon 日本酒 , お酒

冷やで美味しい日本酒おすすめ10選|飲みやすさ重視の商品も【プロ監修】

冷やで美味しい日本酒おすすめ10選|飲みやすさ重視の商品も【プロ監修】

日本酒の飲み方には大きく分けて「冷酒(れいしゅ)」「冷や(ひや)」「燗酒(かんざけ)」の3つがあります。なかでも20~26℃の常温で飲む「冷や」は、お酒の素の状態がもっともよくわかるといわれています。数々の銘柄のなかで、冷やで飲むとおいしい日本酒はどのように選べばよいのでしょうか。この記事では、酒屋の三代目で唎酒師(ききざけし)としても活躍されている小林さんに、冷やで飲むとおいしい日本酒の選び方とおすすめの銘柄を教えていただきました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon 日本酒 , お酒

関連するブランド・メーカー


酒六酒造

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。