福岡のおいしい日本酒4選|酒類ジャーナリストがおすすめ!

福岡のおいしい日本酒4選|酒類ジャーナリストがおすすめ!

酒類ジャーナリスト:松﨑 晴雄
酒類ジャーナリスト
松﨑 晴雄

1960年、横浜市生まれ。大学卒業後、西武百貨店に入社。 商品部、渋谷店などで酒類販売、バイヤーを担当。 1997年に退社し、酒類ジャーナリスト、コンサルタントとして活躍中。 また同年に「日本酒輸出協会」を結成し会長として、日本酒の海外マーケティング、プロモーションに携わる。 「日本酒市民講座」、「うらかすみ日本酒塾」等、消費者対象の日本酒セミナーの講師を担当するほか、各県の清酒鑑評会審査委員、佐賀県、長野県の「原産地呼称管理委員会」清酒焼酎部門の官能審査員のほか、海外での「全米日本酒歓評会」「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」等の審査員を務める。 著書に「大人の探検・日本酒」(監修・実業之日本社)、「日本酒のテキスト①、②」(同友館)など。 「純粋日本酒協会」きき酒コンテストでは30回以上名人となり、永久名人に認定される。

酒類ジャーナリストの松﨑晴雄さんへの取材をもとに、日本酒好き必見の福岡の日本酒4選と上手な選び方を紹介します。九州というと焼酎のイメージが強いですが、福岡県は日本酒の生産が盛んで、酒蔵の数と生産量は九州一! 多くの酒蔵がさまざまなタイプの酒を造っています。福岡のおいしいものと合わせて福岡の日本酒も楽しんでみましょう。


福岡の日本酒選びのポイントは? 酒類ジャーナリストが解説!

酒類ジャーナリストの松﨑晴雄さんに、福岡の日本酒を選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

神社に奉納された酒樽
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

福岡は九州一の酒どころ。おいしい日本酒もたくさんあるので、ぜひ味わってみましょう!

県産の酒米を用いた純米酒、純米吟醸酒を選ぶ

酒類ジャーナリスト

気温が高い九州で造られる酒は、発酵が進みやすく味が多く出る傾向があります。福岡の酒もそれを受けて、濃厚な風味が特徴であるといえます。また筑後川流域を中心とする米どころとしても知られ、酒造りに用いられる酒米についても生産が盛んです。

酒造用では最高の品質といわれる「山田錦」も多く作られており、また「夢一献」というこの県独自の酒米品種があります。これらを用いた純米酒や純米吟醸酒には、とくに米に由来する旨味を感じる、ふくよかで味わい深い酒が多いのが特徴です。

杜の蔵『純米吟醸 翠水』

福岡県産の酒米「夢一献」を使って造られた純米吟醸酒。冷酒でも燗酒でもおいしく楽しめるので、さまざまな飲み方で日本酒を堪能したい方にぴったりです。

>> Amazonで詳細を見る

酒米の精米歩合で選ぶ

酒類ジャーナリスト

水炊きや明太子、もつ鍋、長浜ラーメンなど、福岡を代表する料理はどちらかというと濃厚な風味で、香辛料などを使う点も特徴があります。また九州の醤油や味噌は全般に甘い傾向があり、温暖な気候や中国大陸や朝鮮半島などとの交易を通じて、独自の食文化が培われてきました。

味わい豊かな福岡の酒もこれらの料理や味つけとの相性はよく、薄味の和食以外にもスパイスやドレッシングなどを用いた料理とマッチします。そのような料理と楽しむ際には、どちらかというと米を高度に精米していない、精米歩合で50%以上(たとえば 60%、65%など)のものを選ぶとよいでしょう。

米の甘みが感じられる日本酒を選ぶ

酒類ジャーナリスト

一時期の辛口酒人気は一段落し、今は米の旨味を感じさせる「旨口(うまくち)」というタイプが主流になっているといわれています。福岡の酒もそのようなトレンドに合っていることもあり、甘口を好む方にもおすすめできる酒が多いのが特徴です。

日本酒の甘辛を示す「日本酒度」という指標があります。これは+(プラス)に行けば行くほど辛口で、-(マイナス)になるほど甘口であることを示す数値です。プラスマイナス前後が中口ということになりますが、福岡の酒は+1から+3程度の日本酒度のものでも、米の甘み、旨味を感じさせるものが多いのが特徴です。この日本酒度を参考に、好みの甘さや旨味のものを探してみることをおすすめします。

白糸酒造『田中六五(たなかろくじゅうご)』

精米歩合65%の純米酒。山田錦特有の旨味がしっかりと感じられる芳醇な味わいで、濃い味の料理ともよく合います。

>> Amazonで詳細を見る

歴史のロマンを感じたいなら、復刻版がおすすめ

酒類ジャーナリスト

大宰府や博多など、昔から福岡は九州だけでなく、日本の歴史のうえでも重要な役割を担ってきた地域です。そのような歴史のある土地柄を意識して、酒蔵のなかには昔の酒造りの文献を紐解き、かつて飲まれていた酒を復刻して製品化しているところもあります。

元禄、明治など、具体的な時代の名を商品名にうたった酒もあり、今の一般的な日本酒とはまったく違う、ユニークな風味が楽しめます。

福岡の日本酒おすすめ4選! 酒類ジャーナリストが厳選

うえで紹介した福岡の日本酒の選び方のポイントをふまえて、酒類ジャーナリストの松﨑晴雄さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。気になる日本酒があれば、ぜひ一度手に取って味わってみてくださいね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

杜の蔵『純米吟醸 翠水』

出典:Amazon

使用米
夢一献(三瀦産)
精米歩合
55%
アルコール度数
15度
日本酒度
+3
酸度
-
容量
300ml、720ml、1,800ml
Thumb lg 37989e24 ab33 4e69 8dac 1dc4b6e9fc06
酒類ジャーナリスト

バランスのよい、端正で洗練された純米吟醸

会社名と同じ主力ブランド「杜の蔵」の代表商品。福岡県が開発した独自の酒米「夢一献」を使用し、米の旨味をきかせた純米酒と、端正で華麗な吟醸(ぎんじょう)造りの両面を取り入れた、いいとこどりの酒と言えるでしょう。

冷酒から常温、ぬる燗まで温度帯の幅も広く、純米酒のみを造っている蔵元が探求している、ひとつの理想が結実したというような酒質に仕上がっています。ひとつの日本酒をさまざまな飲み方で試してみたいという方におすすめです。

※通販サイトのリンク先の商品はすべて720ml容量となっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

白糸酒造『田中六五(たなかろくじゅうご)』

出典:Amazon

使用米
山田錦(糸島産)
精米歩合
65%
アルコール度数
15度
日本酒度
-
酸度
-
容量
720ml、1,800ml
Thumb lg 37989e24 ab33 4e69 8dac 1dc4b6e9fc06
酒類ジャーナリスト

「田んぼの真ん中」から生まれる芳醇な純米酒

蔵元の苗字も「田中」ですが、銘柄の「田中」は「田んぼの真中」から、田園地帯にある酒蔵で造られた酒であることを意味しています。酒蔵のある糸島は、県内でも優良な酒米である「山田錦」の産地となっており、この米を65%に精米したというのが「六五」の由来。

8代目蔵元の田中克典さんが立ち上げた新しいブランドで、この地で育った米からできた純米酒というコンセプトも表しています。芳醇な「山田錦」特有の旨味を感じたい方におすすめ。しっかりとした味を出すのが福岡の酒全般に共通する傾向です。

※通販サイトのリンク先の商品はすべて1,800ml容量となっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

旭菊酒造『綾花 純米(タンク貯蔵)』

使用米
山田錦
精米歩合
60%
アルコール度数
15度
日本酒度
+4
酸度
1.5
容量
720ml、1,800ml
Thumb lg 37989e24 ab33 4e69 8dac 1dc4b6e9fc06
酒類ジャーナリスト

温度と料理の相性が幅広い、食中酒の決定版

甘辛中間タイプではあるものの、ほんのりと米に由来するきれいな甘みが感じられます。そのような酒の味のタイプを「旨口(うまくち)」と呼ぶケースがありますが、まさにそれを体現している純米酒。

なめらかでやわらかい飲み口でありながら深みのある味わいは、ビギナーから酒通の人まで幅広く支持されているので、あまり日本酒になじみがない方にもおすすめです。蔵元は燗(かん)にして飲むことを提唱していますが、冷やして飲んでも豊かな味わいが感じられます。

※通販サイトのリンク先の商品はすべて1,800ml容量となっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

若竹屋酒造場『博多練酒(ねりさけ)』

出典:Amazon

使用米
レイホウ
精米歩合
70%
アルコール度数
4度
日本酒度
-122
酸度
1.7
容量
500ml
Thumb lg 37989e24 ab33 4e69 8dac 1dc4b6e9fc06
酒類ジャーナリスト

太閤秀吉も愛でた、中世のにごり酒

室町時代に造られていて、豊臣秀吉にも献上されたと伝えられている酒のレシピを先代の蔵元が復刻しました。

アルコール度数はわずか4度という特異な日本酒で、見た目はにごり酒に似ていますが、トロリとした絹ごしの口あたりとアルコール度数も低いことから、想像する以上にソフトな飲み口です。

また、もち米を使っていることからやさしい甘みもあり、ほのかな酸味に加えヨーグルトのような感触もあります。箸休めのタイミングや食後酒を探している方にもおすすめです。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

杜の蔵『純米吟醸 翠水』
白糸酒造『田中六五(たなかろくじゅうご)』
旭菊酒造『綾花 純米(タンク貯蔵)』
若竹屋酒造場『博多練酒(ねりさけ)』

商品

杜の蔵『純米吟醸 翠水』 白糸酒造『田中六五(たなかろくじゅうご)』 旭菊酒造『綾花 純米(タンク貯蔵)』 若竹屋酒造場『博多練酒(ねりさけ)』

特徴

バランスのよい、端正で洗練された純米吟醸 「田んぼの真ん中」から生まれる芳醇な純米酒 温度と料理の相性が幅広い、食中酒の決定版 太閤秀吉も愛でた、中世のにごり酒

価格

Amazon : ¥ 1,512
楽天市場 : ¥ 1,512
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,458
※各社通販サイトの 2019年9月18日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 4,520
楽天市場 : ¥ 3,110
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,326
※各社通販サイトの 2019年9月18日時点 での税込価格
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,916
※各社通販サイトの 2019年9月18日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,452
楽天市場 : ¥ 1,620
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,620
※各社通販サイトの 2019年9月18日時点 での税込価格

使用米

夢一献(三瀦産) 山田錦(糸島産) 山田錦 レイホウ

精米歩合

55% 65% 60% 70%

アルコール度数

15度 15度 15度 4度

日本酒度

+3 - +4 -122

酸度

- - 1.5 1.7

容量

300ml、720ml、1,800ml 720ml、1,800ml 720ml、1,800ml 500ml

商品情報

和食だけでなく多様化する食に合う、懐深い福岡の酒

酒類ジャーナリスト

焼酎圏と隣接している九州の日本酒は、焼酎との差別化ということも重要なテーマでした。どちらかというと味わいの少ない蒸留酒である焼酎に対抗するところからも、味わいの多いしっかりとした旨味のある酒が造られ、また飲まれてきました。

今日私たちの嗜好(しこう)も多様化し、洋風なテイスト、肉や脂っこい料理を食べる機会も増えてきています。居酒屋のメニューなどもそのような傾向がありますので、概して味が太く旨味の強い福岡の酒は、現代の食文化に見合った汎用性があるといえます。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:結城助助、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連するタグ


お酒 日本酒

関連する記事


【ビールサーバーのおすすめ6選!】家電コンシェルジュに聞く|手軽で手入れもかんたん

【ビールサーバーのおすすめ6選!】家電コンシェルジュに聞く|手軽で手入れもかんたん

家庭でもきめ細やかな泡とビールが楽しめるビールサーバー。業務用のモデルにくらべて省スペースで済むため、気軽に始めやすく、誰でもかんたんに扱えます。仲間を呼んでパーティーを開くときに、ビールサーバーがあると場も盛り上がるはず! 本記事では、モノレビュアー・家電コンシェルジュの松本レイナさんにお話をうかがい、ビールサーバーのおすすめ商品を教えてもらいました。選び方のポイントもあわせて紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね。


ドイツワインのおすすめ6選【品種やテイストもチェック】ワインエキスパートに聞いた!

ドイツワインのおすすめ6選【品種やテイストもチェック】ワインエキスパートに聞いた!

この記事では、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートである石関華子さんに、ドイツワインを選ぶポイントとおすすめの商品を教えていただきました。ドイツのワインといえば甘口の白、というイメージをお持ちの方も少なくないでしょう。ドイツでは基本的に果汁の段階で糖度が高ければ高いほど、高級・高品質とされていますが、近年では世界的な辛口ワインブームの影響を受け、ドイツでも良質な辛口のワインが数多く生産されるようになりました。そんなドイツワイン、この記事を参考にして、ぜひお気に入りの味わいをみつけてみてくださいね。


【発泡酒おすすめ5選】酔っぱライターに取材|糖質オフのものも!

【発泡酒おすすめ5選】酔っぱライターに取材|糖質オフのものも!

酔っぱライターの江口まゆみさんに聞いた、発泡酒の選び方とおすすめの商品5選を紹介します。原料と麦芽の使用比率によって、酒税法でビールと区別されている「発泡酒」。ビールメーカー大手4社のうちキリン、アサヒ、サッポロの3社で製造されています。健康に配慮したり味にこだわったりと、メーカーごとに特色ある発泡酒が販売され、なかには糖質オフやプリン体オフを売りにしている商品も! 記事の最後には通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、発泡酒選びの参考にしてみてください。


郷土料理屋の店主がおすすめ【ラム酒】5選|商品の選び方を解説!

郷土料理屋の店主がおすすめ【ラム酒】5選|商品の選び方を解説!

郷土料理「ダイニング・ハルコマ」店主が選ぶラム酒5選をご紹介します。最近人気が高まりつつあるラム酒。ワインやウイスキーなどに比べるとまだまだ日本人には馴染みが薄いお酒ですが、ダイキリやバカルディ、モヒートなど、ラムベースのカクテルならバーや飲食店のメニューで見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。知っているけどよく知らない。そんなラム酒の選び方、楽しみ方を、ダイニング・ハルコマの店主、鷲見孝二さんにうかがいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メルロー種ワインのおすすめ7選【日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートが選ぶ】

メルロー種ワインのおすすめ7選【日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートが選ぶ】

この記事では、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんへの取材をもとに、メルロー種ワインの選び方とおすすめ商品を紹介していきます。メルローは赤ワイン用ブドウ品種のひとつで、フランスのボルドー地方のポムロール地区やサンテミリオン地区などをはじめ、世界各地で栽培されており、日本では長野県の塩尻地区などが有名です。メルローのワインはイチゴやチェリーのような赤い色の果実の香りが多く感じられ、ジャムのような甘い香りが感じられるものもあります。タンニン(渋み)はそれほど強くなく、フルーティーな味わい。赤ワイン初心者の方や渋い赤ワインが苦手な方も比較的飲みやすいです。マイルドな味わいは和食とも相性がよく、デイリーワインにも最適ですよ。


最新の記事


【グリーンアドバイザーに聞く】おすすめの鉢5選|ガーデニングをオシャレに楽しむ

【グリーンアドバイザーに聞く】おすすめの鉢5選|ガーデニングをオシャレに楽しむ

グリーンアドバイザーのふじ えりこさんに鉢のおすすめ5選と選び方を教えてもらいました。鉢は、コンテナ、ポットとも呼ばれ、サイズが大きいプランターなどもある意味で鉢と呼ばれます。鉢の大きな役割は、地植えではなく、土を入れ植物を人工的に管理できる環境を作ることにあります。そのため、鉢は管理をしやすくするためのものと、植物をより美しく魅せるためのものと大きくふたつにわかれ、用途を使い分けることも大切です。この記事では、さまざまな鉢の中から厳選した商品をご紹介します。ぜひ参考にしてください。


50代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストが選ぶ】

50代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストが選ぶ】

年齢を重ねて、本格的に肌の悩みが気になってくる50代。そんな気になる悩みには美容成分がたっぷり入ったものや補色効果で肌の色を明るく見せてくれるもの、乾燥を防いで毛穴の開きをカバーしてくれるものや、UV効果のあるものなどの化粧下地を選んでメイク時間を楽しみたいものです。そこで、本記事ではヘア&メイクアップアーティスト・渡辺みゆきさんへの取材をもとに、50代に適した化粧下地の選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


メガネスタンドのおすすめ5選|暮らし専門ライターが解説します

メガネスタンドのおすすめ5選|暮らし専門ライターが解説します

大切なメガネ、掛けていない時はどこに置いていますか。「あれ? どこに置いたっけ?」とすっかり忘れて慌ててしまうこともあることでしょう。こんなときもメガネスタンドがあれば、メガネを探す手間も省けて、より毎日を快適に過ごせるはず。部屋の雰囲気やインテリアに調和するオシャレなものや、キャラクタータイプのかわいらしいものまで、現在ではさまざまなタイプが発売されています。そこでで、本記事では「使い勝手のよさ」にフォーカスして、おすすめのメガネスタンドをご紹介します! 「家事中年男子」&家事ライターの東海林ミノルさんへの取材をもとにメガネスタンドの選び方を解説するとともにおすすめ商品を紹介します。


【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

汗や皮脂を吸収して、赤ちゃんの敏感な肌をサラサラに保ってくれるベビーパウダー。最近は赤ちゃんだけではなく、美容アイテムとして大人の女性からも人気を集めています。この記事では、美容ライターの田島えり子さんへの取材をもとに、美容アイテムとしてベビーパウダーを使いたい人向けに、その選び方とおすすめ商品6つをピックアップして紹介。さらに記事の最後では、通販サイトのベビーパウダーランキングも掲載しています。ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。


【モンブラン万年筆】おすすめ商品6選! 文具のプロに聞く

【モンブラン万年筆】おすすめ商品6選! 文具のプロに聞く

フリーランスライターで文具に詳しい出雲義和さんに聞いた、モンブラン万年筆の選び方のポイントとおすすめ商品を紹介します。万年筆といえばモンブランという答えがかえってくるほど、モンブランは万年筆にあまり詳しくない人にも知られている有名なブランドです。そんなモンブランの万年筆は「マイスターシュテュックシリーズ」が代表的でしょう。ペン先の仕様やインク補充の方式など、注目すべきポイントはたくさんあります。本記事を参考に、お気に入りの品をみつけてくださいね。記事の最後には、通販サイトの万年筆ランキングも紹介しています。