おすすめの「ベビーおむつ・トイレ用品」に関する記事

赤ちゃんのためのおむつやトイレ用品の選び方とおすすめ情報、関連情報をお届けします。


トイレトレーニングパンツ・パッドおすすめ5選と選び方|オムツの卒業に役立つ!

トイレトレーニングパンツ・パッドおすすめ5選と選び方|オムツの卒業に役立つ!

ママライターでチャイルドボディセラピストの榮 樹実さんに聞いた、トイレトイレーニングパンツ・パッドの選び方とおすすめの商品を紹介します。トイレトレーニングパンツやパッドは、おむつをスムーズに卒業し、家や保育園、外出先のトイレでおしっこができるようにするためにあると便利なアイテムです。布製のものや紙のものなどさまざまな商品が販売されていますが、子どもの発育にあわせて選んであげることが大切です。男の子も女の子も喜ぶデザインが販売されていますよ。本記事を参考に、子どもはもちろん、大人もストレスなくトイレトレーニングができるものを見つけてくださいね。


おむつポーチおすすめ5選と選び方【消臭・抗菌など機能性が高い商品を厳選】

おむつポーチおすすめ5選と選び方【消臭・抗菌など機能性が高い商品を厳選】

赤ちゃんとのお出かけに必需品となるおむつ。おむつを便利に運べるアイテムがおむつポーチです。おむつポーチは形状や収納できる容量も幅広い商品が出ているため、できれば自分が快適に使えるものを選びたいと思っている人が多いでしょう。収納力だけでなく、ブランドやデザイン、消臭などの機能にも注目して選びたいものです。ここでは、ママライターでチャイルドボディセラピストの榮 樹実さんに、おむつポーチの上手な選び方とおすすめ商品を取材し、まとめました。赤ちゃんとのお出かけや日常生活がもっと楽しくなるおむつポーチ選びにぜひ役立てましょう。


おむつ用ゴミ箱おすすめ5選【消臭機能つきや臭いが漏れにくい商品を厳選】

おむつ用ゴミ箱おすすめ5選【消臭機能つきや臭いが漏れにくい商品を厳選】

使用済み紙おむつは、季節によっては早めにゴミに出さないと鼻をつくにおいが部屋に充満する場合も……。そのにおい対策として、ふたを開けてもにおいが漏れにくいおむつ用ゴミ箱を探しているという方は多いのではないでしょうか。におい対策のほかにも、捨てやすさやコスパも重視して商品を選びたいものです。この記事では、助産師の浅井貴子さんへの取材をもとに、臭わないおむつ用ゴミ箱の選び方とおすすめ商品をご紹介します。ふたが閉められればよいと思っている方も、個包装に密閉してにおいが漏れないようにしたい方も、もっと強力な消臭機能を求める方も、ぜひ参考になさってください。


おむつ替えシートのおすすめ5選と選び方【助産師が解説】防水や使い捨てタイプも

おむつ替えシートのおすすめ5選と選び方【助産師が解説】防水や使い捨てタイプも

赤ちゃんのおむつ替え、なかなかスムーズにいかないことが多いですよね。よく動く赤ちゃんの場合、まわりを汚してしまうこともあります。そんなときに便利なのがおむつ替えシート。これを使えばベッドやマットを汚すことなくおむつ替えができます。防水加工されたものや使い捨てのシートなど、さまざまな商品が販売されています。そこで、助産師の浅井貴子さんにおむつ替えシートの選び方とおすすめの商品を教えてもらいました。


【助産師さんのおすすめ】布おむつ5選|繊細な赤ちゃんの肌に

【助産師さんのおすすめ】布おむつ5選|繊細な赤ちゃんの肌に

赤ちゃんが生まれると必要になるおむつ。布おむつは、布おむつカバーとセットで使う布でできたおむつで、洗って何度でも使うことができるのが特徴です。ひと口に布おむつといっても、綿、オーガニックコットン、竹(バンブー)、シルク、麻、ナイロンやポリエステルなどの合成繊維を使用したものなど素材はいろいろ。赤ちゃんの肌はデリケートですから、肌に合うものを選んであげたいですね。この記事では、助産師として育児アドバイスや妊婦さん向けのセミナー講師などを務める浅井貴子さんへの取材をもとに、おすすめの布おむつを紹介します。エコに関心が高い人、自然派の人、化学染料などを使っていないオーガニックな布おむつを使用したいと思っている人はぜひご覧ください。


新生児用おむつのおすすめ5選【助産師に取材】コスパ比較

新生児用おむつのおすすめ5選【助産師に取材】コスパ比較

新生児(生後4週間)のおむつ選びともなると、なかなか悩ましいもの。コスパも気になるけど、お肌のかぶれやうんち漏れ、ムレで不快だったりしないかな? と、いろいろ心配になりますよね。薬局にはパンパース、ムーニー、グ~ンなど、さまざまな商品が並んでいますが果たしてどれがよいのか……。この記事では、助産師の浅井貴子さんへの取材のもと、おすすめの新生児用おむつをご紹介いたします。各商品の一枚単価も記載しましたので、参考にしてみてください。