おすすめの「印鑑・スタンプ台・朱肉」に関する記事

はんこ、スタンプをおすためのスタンプ台、印鑑や朱肉の選び方とおすすめ情報、関連情報をお届けします。


お名前スタンプおすすめ12選【おむつや布用も】幼稚園や小学校の準備に!

お名前スタンプおすすめ12選【おむつや布用も】幼稚園や小学校の準備に!

入園や入学の準備で手間がかかる名前書きも、お名前スタンプがあればスムーズにすすみます。お名前スタンプはシヤチハタ(スタンプ型印鑑)タイプやスタンプ台を使うタイプなど、いろいろな種類が発売されているので、用途に合った商品を選びましょう。本記事では、保育士の河井恵美さんにお話をうかがい、お名前スタンプの選び方とおすすめ商品を12選ご紹介します。


朱肉おすすめ10選【キレイな印影を残す!】スポンジタイプ、練りタイプなどを紹介

朱肉おすすめ10選【キレイな印影を残す!】スポンジタイプ、練りタイプなどを紹介

印鑑は日常生活のあらゆる面で使われます。そんな印鑑になくてはならないのが「朱肉」。大切な書類などに印鑑の印影をしっかりと残せるかどうかは、朱肉の品質によります。朱肉にはスポンジタイプと練りタイプがあり、それぞれ特徴や使う場面が異なります。この記事では、朱肉選びのポイントを掲載。さらにJSA認定ソムリエの数寄monoライターの杉浦直樹さんと編集部が厳選したおすすめの朱肉も紹介します。ぜひ参考にして、使い勝手のよい朱肉をみつけてくださいね。


印鑑ケースのおすすめ12選|便利な朱肉付き、かわいいデザインも!

印鑑ケースのおすすめ12選|便利な朱肉付き、かわいいデザインも!

スケジュール管理術の専門家・森 雅樹さんへの取材をもとに、印鑑ケース選びのポイントとおすすめ商品12選を紹介します。印鑑ケースは留め具が付いたベーシックな形のほかに、かわいいがま口やおしゃれな革張りタイプ、便利な朱肉付きなどいろいろな種類があります。機能性とデザインにこだわって、お気に入りの一品を見つけましょう! 記事後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しているので、そちらも参考にしてくださいね。


【目利きライターに聞く】シヤチハタのおすすめ5選|使いやすさやデザイン性まで

【目利きライターに聞く】シヤチハタのおすすめ5選|使いやすさやデザイン性まで

朱肉いらずのかんたん便利な印鑑(インク浸透印)は、「シヤチハタ(シャチハタ)」と呼ばれていますが、実は「シヤチハタ」とは、愛知県名古屋市に本社のある文具メーカー「シヤチハタ株式会社」の名前です。シヤチハタ社が開発したインク浸透印「Xスタンパー」がヒットし、広く普及し一般化したことで、なぜか社名のほうが名が通るようになり、さらには商品群全体を指すようになったわけです。本記事は、そうした経緯を踏まえ、通称としてのシヤチハタ(シャチハタ)をテーマに記事を作っていますが、紹介する商品はすべて「シヤチハタ社製」となっています。ここでは目利きライターの納富廉邦さんへの取材をもとに、おすすめのシヤチハタをご紹介します。


【文具ソムリエールに聞く】スタンプ台のおすすめ5選

【文具ソムリエールに聞く】スタンプ台のおすすめ5選

ハガキや子どもの持ち物に押したり、オフィスの事務用品としてもよく使われるスタンプ台。最近では事務に使うものだけではなく、カードを美しく彩ったり、布や金属にスタンプしたり、さまざまなシーンでスタンプ台を使用します。しかし、インクの色や、水性顔料系か油性染料系かなど、気にするポイントが多くてどれを買えばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、文具ソムリエールである菅 未里さんへの取材をもとに、おすすめのスタンプ台をご紹介いたします。


人気の記事


>>総合ランキングを見る