おすすめの「Shachihata(シヤチハタ)」に関する記事


文房具ライターが教える! ホワイトボードマーカーの選び方とおすすめ5選

文房具ライターが教える! ホワイトボードマーカーの選び方とおすすめ5選

職場や自宅でホワイトボードを活用していて、マーカーによって書きやすいなと感じたことはありませんか。ホワイトボード用のマーカーは、細字・中字・太字など芯の太さの違いだけでなく、インク貯蔵や交換方式の違いによりさまざまなタイプが発売されています。今回は、文房具ライターのきだて たくさんに取材した選び方のポイントやおすすめ商品をご紹介していきますので、自分にとって使いやすいタイプを探す際に、ぜひ参考にしてみてください。


【文具ソムリエールに聞く】スタンプ台のおすすめ5選

【文具ソムリエールに聞く】スタンプ台のおすすめ5選

ハガキや子どもの持ち物に押したり、オフィスの事務用品としてもよく使われるスタンプ台。最近では事務に使うものだけではなく、カードを美しく彩ったり、布や金属にスタンプしたり、さまざまなシーンでスタンプ台を使用します。しかし、インクの色や、水性顔料系か油性染料系かなど、気にするポイントが多くてどれを買えばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、文具ソムリエールである菅 未里さんへの取材をもとに、おすすめのスタンプ台をご紹介いたします。


鉛筆削りのおすすめ10選+α|子ども向けと大人用のちがいは?【文具エキスパートが解説】

鉛筆削りのおすすめ10選+α|子ども向けと大人用のちがいは?【文具エキスパートが解説】

鉛筆とともに、子どもの頃から誰もが親しむ文房具「鉛筆削り」。ひと口に鉛筆削りといっても、電動・手動・ハンディ(携帯)・ナイフなど、さまざまなタイプがあります。この記事では、文房具プロフェッショナルの他故壁氏さんへの取材をもとに、おすすめの鉛筆削りをご紹介いたします。4/22、商品情報を最新にしています。


ノートカバーおすすめ5選|サイズや用途で選ぶ! おしゃれなデザインも

ノートカバーおすすめ5選|サイズや用途で選ぶ! おしゃれなデザインも

ノートを汚れから守ってくれたり、おしゃれに見せてくれるノートカバー。A4サイズやB5サイズなど、ノートの判型に合わせたサイズも豊富です。素材としては高級感のある革製や布製、手軽なポリエステルやナイロン製、防水や撥水加工がされたものなど、たくさんの種類があります。また、ブックエンド(しおり)やペン入れがついているタイプのほか、収納ポケットつきのタイプなら、ノート以外のものもいっしょにしておけるので便利に使えます。多数あるノートカバーから、自分に合うものはどのように選んだらよいのでしょうか。この記事では、教育指導専門家であり、文房具のエキスパートでもある西村 創さんに取材し、ノートカバーの選び方のポイントとおすすめ商品をお聞きしました。


油性ペン・油性マーカーのおすすめ10選|文具の専門家が選ぶ!

油性ペン・油性マーカーのおすすめ10選|文具の専門家が選ぶ!

ふだん使っていて便利さに気づかないのが油性ペン・油性マーカー(マジックインキ、サインペン)です。しかし書き心地がイマイチだったりすると、気になって作業がはかどりません。数え切れないほど商品化されていますが、お気に入りの1本はなかなか見つからないもの。そこで、文房具のエキスパートである他故壁氏(たこかべうじ)さんに聞いた、お気に入りの油性ペン・油性マーカーをゲットするための選び方とおすすめの商品を10選ご紹介します。


【目利きライターに聞く】シヤチハタのおすすめ5選|使いやすさやデザイン性まで

【目利きライターに聞く】シヤチハタのおすすめ5選|使いやすさやデザイン性まで

朱肉いらずのかんたん便利な印鑑(インク浸透印)は、「シヤチハタ(シャチハタ)」と呼ばれていますが、実は「シヤチハタ」とは、愛知県名古屋市に本社のある文具メーカー「シヤチハタ株式会社」の名前です。シヤチハタ社が開発したインク浸透印「Xスタンパー」がヒットし、広く普及し一般化したことで、なぜか社名のほうが名が通るようになり、さらには商品群全体を指すようになったわけです。本記事は、そうした経緯を踏まえ、通称としてのシヤチハタ(シャチハタ)をテーマに記事を作っていますが、紹介する商品はすべて「シヤチハタ社製」となっています。ここでは目利きライターの納富廉邦さんへの取材をもとに、おすすめのシヤチハタをご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る