おすすめの「筆記用具」に関する記事

シャーペン、ボールペン、万年筆、鉛筆、消しゴムなど書くために必要な文具の選び方とおすすめ情報、関連情報をお届けします。

筆記用具に関連するタグ

万年筆 シャープペンシル ボールペン 消しゴム インク 鉛筆
>>筆記用具に関連するタグ一覧

鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

カラーマーカーを使うときは、その発色も気になるところ。その発色の鮮やかさを特徴としているサインペンのひとつに、『ポスカ』があります。下地の色に関わらずきれいな発色ができるともいわれており、重ね書きも可能です。しかし鮮やかとはいわれても、実際にどのような色になるのかも気になりますよね。そこで今回は、『ポスカ』の使い勝手や発色性の検証を実際にチェックしてみました。気になる方はぜひ参考にしてみてください!


筆文字からイラストまで!『筆ごこち』強弱のつけやすいペン先を検証レビュー

筆文字からイラストまで!『筆ごこち』強弱のつけやすいペン先を検証レビュー

ふだん筆文字に慣れていない初心者からすると、筆ペンは年に数回使うかどうかわからない文具かもしれません。ですが筆ペンのなかにはふだん使いしやすい商品もあり、仕事はもちろん趣味で使っている人もいたりします。「キレイな文字が書けるならふだんから筆ペンを使ってみようかな……」と考えているなら、『筆ごこち』は手に取ってみてほしい商品のひとつ。また、口コミでは趣味で使用している人も多く、手紙だけではなくイラストでも活用できる筆ペンです。今回はそんな『筆ごこち』の検証レビューをお伝えします!


コシのあるペン先で文字にメリハリ!『筆之助』耐水性もすぐれた便利な使い心地を検証レビュー

コシのあるペン先で文字にメリハリ!『筆之助』耐水性もすぐれた便利な使い心地を検証レビュー

筆圧にあわせて文字の強弱がつけやすく、キレイな文字が書きやすい『筆之助』。コシがあるペン先で、初心者でも扱いやすい書き心地です。文字をキレイに書くうえで書き心地は重要なポイントですが、自分に合った質感かどうかは実際に試してみないと分からないところもあるはず。そこで今回は『筆之助』の書き心地がどんなものか、実際に購入して使ってみました。あわせてラインナップされているカラー10色も同時に検証したので、キレイな文字を書きたい人から筆ペンでイラストを描きたい人まで、ぜひ参考にしてください!


速記・メモにぴったり! 『プレスマン』の芯の折れにくさなど快適な使用感を検証レビュー

速記・メモにぴったり! 『プレスマン』の芯の折れにくさなど快適な使用感を検証レビュー

『プレスマン』は、0.9mmの太めの芯と、強い筆圧から芯を守る「セーフティスライド機構」で、芯折れに強いシャーペンです。近年芯が折れにくいシャーペンが多数販売されていますが、『プレスマン』はなんと40年以上前から販売されているロングセラー。なぐり書きをしても芯が折れにくく、ほどよい太さで書きやすいため、速記やメモにぴったりのアイテムです。この記事では、『プレスマン』を実際に試してわかったメリット・デメリットをくわしくご紹介してきます。ぜひ記事を読んで、あなたのシャーペン選びの参考にしてくださいね!


愛着がわくシャーペン! 「S20(エストゥエンティ)」木軸がもたらす魅力を検証レビュー

愛着がわくシャーペン! 「S20(エストゥエンティ)」木軸がもたらす魅力を検証レビュー

パイロットコーポレーションから販売されている『S20(エストゥエンティ)』は、木軸のシャーペン。木の質感やうつくしい木目で高級感があり、使い込むほどに風合いが増してくるのが魅力です。また、製図用にも使える本格派で書きやすいのもうれしいポイント。長く愛用できるシャーペンを求めている方や、プレゼント用にちょっとおしゃれなシャーペンを探している方にぜひ注目してほしいアイテムです。本記事では、『エストゥエンティ』を実際に使ったレビューをご紹介していきます。使ってみないと分からない使用感もしっかりチェックしていくので、ぜひ記事を読んで、あなたのシャーペン選びに役立ててくださいね!


ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

『ジョッター』は、英国王室御用達(ロイヤルワラント)の称号をふたつも獲得する高級筆記具ブランド「パーカー」のコレクションのひとつ。万年筆やボールペンだけでなく、シャーペンもラインナップされています。「パーカー」の象徴である矢羽をモチーフにしたクリップをそなえたシャーペンは、上質な雰囲気でスタイリッシュ。特別感があって、所有するよろこびを感じさせてくれます。しかも、1,000円台で販売されており手を出しやすいのがうれしいところ。本記事では、『ジョッター』のシャーペンを実際に試したレビューをご紹介していきます。手に取ってみないと分からない持ち心地や書き心地もくわしく見ていくので、ぜひ記事を読んで購入の参考にしてくださいね。


書いた紙が汚れにくい!『瞬筆』1秒で乾く速乾インキの筆ペンを検証レビュー

書いた紙が汚れにくい!『瞬筆』1秒で乾く速乾インキの筆ペンを検証レビュー

筆ペンを使って文字やイラストをかいている途中、インクが手に触れてしまい手紙や作品を台なしにしてしまった……という経験はないでしょうか。そんな悩みを解決してくれるのが「速乾インキ」を搭載した『瞬筆』。インクが瞬時に乾くことで、用紙のインク汚れを防ぎやすくしてくれます。手紙やイラストをインク汚れのせいで修正した経験がある人、筆ペンを使うたびに手が汚れが気になってしまう人は、ぜひ参考にしてみてください!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


かわいいドットがカンタンにかける!? 『プレイカラードット』を使い方のコツを含めて検証レビュー

かわいいドットがカンタンにかける!? 『プレイカラードット』を使い方のコツを含めて検証レビュー

ノートや手帳にかき込むとき、手軽にかわいくデコレーションをしたいこともありますよね。『プレイカラードット』とは丸いスタンプ芯と超極細芯のツインタイプが特徴のカラーペンで、ドットや太線もカンタンにかくことができます。この記事では、口コミ上での疑問も含めて、『プレイカラードット』の使い勝手を実際にチェックしてみました! どんなペンか気になる方はぜひ参考にしてみてください。


高級感あるデザインとなめらかな書き味が評判のゼブラ『サラサグランド』本当に書き味がよいのか検証レビュー

高級感あるデザインとなめらかな書き味が評判のゼブラ『サラサグランド』本当に書き味がよいのか検証レビュー

ゼブラが販売する高級感あるジェルインク式ボールペンの『サラサグランド』。口コミを見ると書きやすい、デザインがいいなど高評価が多く、気になる方も多いのではないでしょうか。おすすめナビ編集部では購入した方の口コミをチェックし、さらには実際に『サラサグランド』を購入してその使い心地を徹底検証してみました!


『ジェットストリーム』油性なのになめらかに書けて速乾性がスゴイ! 書き心地と使い勝手を検証レビュー

『ジェットストリーム』油性なのになめらかに書けて速乾性がスゴイ! 書き心地と使い勝手を検証レビュー

手帳にぴったりのボールペンを探している方におすすめしたいのが三菱鉛筆のボールペン、その名も『ジェットストリーム』。油性ボールペンでありながら力を入れなくてもなめらかに書けるのが特徴です。また油性なので速乾性に優れていて、商談先で手帳に予定を書き込んでさっと閉じても写り込む心配がいりません。ですが油性ボールペンと水性ボールペンを迷っていたり、もうボールペン選びで悩みたくない! と思っている人もいるのではないでしょうか。そこでおすすめナビ編集部では購入した方の口コミをチェックしてみました! さらに実際に購入して使ってみた感想もお伝えします。


さらさら書けると評判の『サラサクリップ』書き心地や耐水性、速乾性などを検証レビュー!

さらさら書けると評判の『サラサクリップ』書き心地や耐水性、速乾性などを検証レビュー!

デジタル化した昨今、ノートに文字を書く機会も減り、たくさん手を動かして書く場面ではそれを億劫に感じてしまいがち。そこで注目したいのがゼブラの『サラサクリップ』。海外からの旅行客が気に入って爆買いをしている、などのうわさもあるほど人気が高いようですが、それは本当なのでしょうか。おすすめナビ編集部では購入した方の口コミをチェックし、さらには実際に購入してその使い心地を徹底検証してみました!


書き心地がなめらかと評判の『アクロボール150』低粘度の油性インクの書き心地を検証レビュー

書き心地がなめらかと評判の『アクロボール150』低粘度の油性インクの書き心地を検証レビュー

多くのメーカーからさまざまなデザイン・機能のボールペンが販売されていますが、やはり字を書くときに求めるのは「書きやすさ」。しかし、ひとことに「書きやすさ」と言っても、インクのなめらかさや滑りの良さ、握りやすさなどその条件はさまざま。また速乾性や滲みにくさが気になる人もいるでしょう。おすすめナビ編集部では、口コミなどでそのなめらかな書き心地が評判のパイロット『アクロボール150』を実際に購入してその使い心地を徹底検証してみました!


ブレずに書きやすいと評判の『ブレン』本当に振動が少なくブレないのか書き心地を検証レビュー!

ブレずに書きやすいと評判の『ブレン』本当に振動が少なくブレないのか書き心地を検証レビュー!

ブレずに書けるのでストレスフリーとアピールされている『ブレン』ですが、本当にブレないのでしょうか。また、ブレないということで本当に書きやすくストレスフリーになるのか疑問ですよね。おすすめナビ編集部では購入した方の口コミをチェックし、さらには実際に『ブレン』を購入してその使い心地を徹底検証してみました!


まるで本物の毛筆! 『ぺんてる筆ペン』しなやかな書き心地を検証レビュー

まるで本物の毛筆! 『ぺんてる筆ペン』しなやかな書き心地を検証レビュー

一口に筆ペンと言っても、メーカーによって書き心地はさまざま。サインペンのように書きやすい筆ペンは手軽で扱いやすいメリットはありますが、なかには写経や俳句、絵画に使えるような本格的な筆ペンを探している人もいるのではないでしょうか。そんな人におすすめなのが『ぺんてる筆ペン』。まるで本物の毛筆と墨汁を使っているかのような書き心地が魅力です。また、墨汁を使うとネックになりやすい片づけも、『ぺんてる筆ペン』なら気にせず気軽に使いやすいのもうれしいポイントとなっています。この記事では『ぺんてる筆ペン』を実際に購入して書き心地を検証しました。あなたの趣味や目的に活用できる商品か、この記事を参考にしながら検討してみてくださいね。


文房具おすすめ21選|リモートワークや在宅学習に便利! 年代別にご紹介

文房具おすすめ21選|リモートワークや在宅学習に便利! 年代別にご紹介

2020年もさまざまな文房具が各メーカーから開発・発表されました。文房具屋さん大賞やグッドデザイン受賞のかんたん・便利・かっこいい文房具などが豊富です。この記事では文房具研究家の秋月千津子さんに、いま注目すべき文房具をメーカーの動向や、対象年齢別(小学生・中学生・高校生・大学生・社会人向け)のおすすめ商品を教えてもらいました。記事後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミも確認してみて。


軽くて丈夫! 『ラミーサファリボールペン』の手になじむ使い心地を検証レビュー

軽くて丈夫! 『ラミーサファリボールペン』の手になじむ使い心地を検証レビュー

『ラミーサファリボールペン』は、軽くて丈夫なだけでなく、デザインやスムーズな書き味も人気の商品です。外出時にボールペンを服や鞄のポケットに入れて持ち歩いていると、衝撃でボディが割れたり、いつの間にかなくしていたりすることがありますよね。『ラミーサファリボールペン』は、お洒落なうえに軽くて丈夫、さらにしっかりとホールドしてくれるクリップも魅力です。本記事では『ラミーサファリボールペン』を実際に購入して書き心地やホールド感などを検証しました。購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。


濡れた紙にも書ける! 『パワータンク』の驚きの機能を検証レビュー

濡れた紙にも書ける! 『パワータンク』の驚きの機能を検証レビュー

『パワータンク』は、芯に入ったインクを重力の力で押し出して書く従来式とは違い、インクの入った芯に圧縮空気を入れ、加圧してインクを押し出す珍しい仕様のボールペンです。そのため、通常ならインクがつきにくい湿った紙にも書けると、ユーザーの間で話題になっています。「本当にそんな状況で書けるのか」と気になっている人も多いでしょう。本記事では、『パワータンク』を実際に購入し、機能性について検証してみました。購入を検討している人だけでなく、少しでも興味をもっている人はぜひ一度読んでみてください。


本格派! 『ロットリング メカニカルペンシル600』違いを感じるカッコよさ&書きやすさなど魅力を検証レビュー

本格派! 『ロットリング メカニカルペンシル600』違いを感じるカッコよさ&書きやすさなど魅力を検証レビュー

製図用シャーペンといえば、ロットリングを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。なかでも『ロットリング メカニカルペンシル600』は、コストパフォーマンスにすぐれ、ロットリングを代表するモデル。まるで精密機械のようなカッコいいデザインも魅力です。しかし、書きやすさやデザインが好評な一方、重すぎるという声や、ローレット加工で指が痛くなるというイマイチな口コミも。この記事では、『ロットリング メカニカルペンシル600』を実際に使って、書きやすさや持ちやすさなど、使用感をくわしくご紹介していきます。ロットリングのシャーペンが気になっている方は、ぜひ記事を読んで購入の参考にしてくださいね!


勉強にも使いやすい! ステッドラー製図用シャーペンのバランス感覚にすぐれた使い心地を検証レビュー

勉強にも使いやすい! ステッドラー製図用シャーペンのバランス感覚にすぐれた使い心地を検証レビュー

ステッドラーの製図用シャーペンは、プロ仕様のかきやすさとスタイリッシュなデザインが魅力! ちょっといいシャーペンを求めている方にぴったりのアイテムです。しかし、重さなど使用感にデメリットがないか気になり、購入をためらっている方もいるのではないでしょうか。勉強や仕事など、製図の用途以外でも使いやすいかどうかも気になるところです。この記事では、『ステッドラー製図用シャープペンシル925 25』を実際に試して、書きやすさや持ちやすさなど使用感をくわしく紹介します。ステッドラーの使い心地が気になっている方は、ぜひ記事を読んで購入の参考にしてください!


筆記用具の人気記事