おすすめの「筆記用具」に関する記事

シャーペン、ボールペン、万年筆、鉛筆、消しゴムなど書くために必要な文具の選び方とおすすめ情報、関連情報をお届けします。

万年筆 シャープペンシル ボールペン 消しゴム インク 鉛筆

書き心地がなめらかと評判の『アクロボール150』低粘度の油性インクの書き心地を検証レビュー

書き心地がなめらかと評判の『アクロボール150』低粘度の油性インクの書き心地を検証レビュー

多くのメーカーからさまざまなデザイン・機能のボールペンが販売されていますが、やはり字を書くときに求めるのは「書きやすさ」。しかし、ひとことに「書きやすさ」と言っても、インクのなめらかさや滑りの良さ、握りやすさなどその条件はさまざま。また速乾性や滲みにくさが気になる人もいるでしょう。おすすめナビ編集部では、口コミなどでそのなめらかな書き心地が評判のパイロット『アクロボール150』を実際に購入してその使い心地を徹底検証してみました!


ブレずに書きやすいと評判の『ブレン』本当に振動が少なくブレないのか書き心地を検証レビュー!

ブレずに書きやすいと評判の『ブレン』本当に振動が少なくブレないのか書き心地を検証レビュー!

ブレずに書けるのでストレスフリーとアピールされている『ブレン』ですが、本当にブレないのでしょうか。また、ブレないということで本当に書きやすくストレスフリーになるのか疑問ですよね。おすすめナビ編集部では購入した方の口コミをチェックし、さらには実際に『ブレン』を購入してその使い心地を徹底検証してみました!


まるで本物の毛筆! 『ぺんてる筆ペン』しなやかな書き心地を検証レビュー

まるで本物の毛筆! 『ぺんてる筆ペン』しなやかな書き心地を検証レビュー

一口に筆ペンと言っても、メーカーによって書き心地はさまざま。サインペンのように書きやすい筆ペンは手軽で扱いやすいメリットはありますが、なかには写経や俳句、絵画に使えるような本格的な筆ペンを探している人もいるのではないでしょうか。そんな人におすすめなのが『ぺんてる筆ペン』。まるで本物の毛筆と墨汁を使っているかのような書き心地が魅力です。また、墨汁を使うとネックになりやすい片づけも、『ぺんてる筆ペン』なら気にせず気軽に使いやすいのもうれしいポイントとなっています。この記事では『ぺんてる筆ペン』を実際に購入して書き心地を検証しました。あなたの趣味や目的に活用できる商品か、この記事を参考にしながら検討してみてくださいね。


文房具おすすめ21選|リモートワークや在宅学習に便利! 年代別にご紹介

文房具おすすめ21選|リモートワークや在宅学習に便利! 年代別にご紹介

2021年もさまざまな文房具が各メーカーから開発・発表されています。文房具屋さん大賞やグッドデザイン受賞のかんたん・便利・かっこいい文房具などが豊富です。この記事では文房具研究家の秋月千津子さんに、いま注目すべき文房具をメーカーの動向や、対象年齢別(小学生・中学生・高校生・大学生・社会人向け)のおすすめ商品を教えてもらいました。記事後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミも確認してみて。


軽くて丈夫! 『ラミーサファリボールペン』の手になじむ使い心地を検証レビュー

軽くて丈夫! 『ラミーサファリボールペン』の手になじむ使い心地を検証レビュー

『ラミーサファリボールペン』は、軽くて丈夫なだけでなく、デザインやスムーズな書き味も人気の商品です。外出時にボールペンを服や鞄のポケットに入れて持ち歩いていると、衝撃でボディが割れたり、いつの間にかなくしていたりすることがありますよね。『ラミーサファリボールペン』は、お洒落なうえに軽くて丈夫、さらにしっかりとホールドしてくれるクリップも魅力です。本記事では『ラミーサファリボールペン』を実際に購入して書き心地やホールド感などを検証しました。購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。


濡れた紙にも書ける! 『パワータンク』の驚きの機能を検証レビュー

濡れた紙にも書ける! 『パワータンク』の驚きの機能を検証レビュー

『パワータンク』は、芯に入ったインクを重力の力で押し出して書く従来式とは違い、インクの入った芯に圧縮空気を入れ、加圧してインクを押し出す珍しい仕様のボールペンです。そのため、通常ならインクがつきにくい湿った紙にも書けると、ユーザーの間で話題になっています。「本当にそんな状況で書けるのか」と気になっている人も多いでしょう。本記事では、『パワータンク』を実際に購入し、機能性について検証してみました。購入を検討している人だけでなく、少しでも興味をもっている人はぜひ一度読んでみてください。


本格派! 『ロットリング メカニカルペンシル600』違いを感じるカッコよさ&書きやすさなど魅力を検証レビュー

本格派! 『ロットリング メカニカルペンシル600』違いを感じるカッコよさ&書きやすさなど魅力を検証レビュー

製図用シャーペンといえば、ロットリングを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。なかでも『ロットリング メカニカルペンシル600』は、コストパフォーマンスにすぐれ、ロットリングを代表するモデル。まるで精密機械のようなカッコいいデザインも魅力です。しかし、書きやすさやデザインが好評な一方、重すぎるという声や、ローレット加工で指が痛くなるというイマイチな口コミも。この記事では、『ロットリング メカニカルペンシル600』を実際に使って、書きやすさや持ちやすさなど、使用感をくわしくご紹介していきます。ロットリングのシャーペンが気になっている方は、ぜひ記事を読んで購入の参考にしてくださいね!


勉強にも使いやすい! ステッドラー製図用シャーペンのバランス感覚にすぐれた使い心地を検証レビュー

勉強にも使いやすい! ステッドラー製図用シャーペンのバランス感覚にすぐれた使い心地を検証レビュー

ステッドラーの製図用シャーペンは、プロ仕様のかきやすさとスタイリッシュなデザインが魅力! ちょっといいシャーペンを求めている方にぴったりのアイテムです。しかし、重さなど使用感にデメリットがないか気になり、購入をためらっている方もいるのではないでしょうか。勉強や仕事など、製図の用途以外でも使いやすいかどうかも気になるところです。この記事では、『ステッドラー製図用シャープペンシル925 25』を実際に試して、書きやすさや持ちやすさなど使用感をくわしく紹介します。ステッドラーの使い心地が気になっている方は、ぜひ記事を読んで購入の参考にしてください!


『鉛筆シャープ』をレビュー! 鉛筆みたいな書き味って本当? 芯の太さごとの比較も

『鉛筆シャープ』をレビュー! 鉛筆みたいな書き味って本当? 芯の太さごとの比較も

『鉛筆シャープ』は、文具の大手メーカー「コクヨ」から販売されている太芯用のシャーペンです。鉛筆とシャーペンのいいとこどりをしたようなアイテムで、なめらかな書き味のシャーペンを求めている方やシャーペンの芯折れに悩んでいる方、削る手間をなくしたいというえんぴつユーザーにはぜひ試してほしい商品。子どものシャーペンデビューにもぴったりです。今回は、『鉛筆シャープ』を実際に試したレビューをご紹介していきます。0.7mm、0.9mm、1.3mmの3種類の芯径もすべて試してくらべました。ぜひ購入する際の参考にしてくださいね。


重厚感があるのに軽い! 『エボルト』のなめらかな書き心地を検証レビュー

重厚感があるのに軽い! 『エボルト』のなめらかな書き心地を検証レビュー

多機能ボールペンは、お洒落さが感じられないものが多いなか、PILOTの『エボルト』は上質なアルミボディが人気。黒・赤2色のボールペンと、シャーペンをあわせた2+1(ツープラスワン)の多機能筆記具として誕生しました。多機能ボールペンが好きな人は気になる商品ではないでしょうか? 本記事では多機能な『エボルト』を実際に購入して書き心地、握り心地などを検証してみました。『エボルト』に興味をもっている人はぜひ読んでみてください。


キレイな文字が書きやすい! 『筆まかせ』 初心者にもうれしいサインペン感覚を検証レビュー

キレイな文字が書きやすい! 『筆まかせ』 初心者にもうれしいサインペン感覚を検証レビュー

ご祝儀袋や年賀状など大切なシーンで目につく文字には、真摯な気持ちを伝えやすい筆文字が好まれます。ですが毛筆や筆ペンを使いなれていなかったり、筆文字自体に自信がないと、自分の名前を書くことすら億劫になってしまうのではないでしょうか。そんな悩みにこたえてくれるのが『筆まかせ』。サインペンのように手軽に使いやすい仕様ながら、強弱のつけやすいペン先でキレイな筆文字が書きやすくなっています。この記事では『筆まかせ』を実際に購入して検証してみました。ここぞというときにキレイな文字を書きたい人はもちろん、ふだんから文字を書く機会が多い人も、ぜひ参考にしてください。


贈り物にも最適! 『ジョッター』機能性と外観の美しさを検証レビュー

贈り物にも最適! 『ジョッター』機能性と外観の美しさを検証レビュー

イギリスの高級筆記具ブランドPARKER(パーカー)のボールペン『ジョッター』。英国王室からロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授与されている歴史あるメーカーです。本記事で紹介する『ジョッター』は、日常使いできるワンランク上のボールペンとして広く使われています。ボールペンである以上、高級感やデザイン以上に使い心地も気になるところ。実際に購入し、書き心地や握り心地について検証してみました。少しでも興味をもった人はぜひ読んでみてください。


ジュースアップの口コミや評判を実際に使って検証してみました

ジュースアップの口コミや評判を実際に使って検証してみました

「細かい字を書くことが多い」「文字は細い線が好き」という人は、ペン先の細いボールペンが使いたいですよね。しかしペン先が細いと、紙によっては引っかかって書きにくくかったり、書いた字が見にくかったりする場合もあると思います。そこで、スムーズな紙滑りなのに発色がいいと評判の『ジュースアップ』の0.4mmを実際に購入して試してみました。書き心地や握り心地などさまざまな検証をしているので気になる人はぜひ読んでください。


鮮やかな色合い? シグノ0.38mmを実際に使って検証してみた

鮮やかな色合い? シグノ0.38mmを実際に使って検証してみた

「極細なのになめらか」がキャッチフレーズのボールペン『シグノ』のライトブルーカラーを使ってみました。『シグノ』の公式サイトには「鮮やか」「なめらか」「にじまない」の言葉がみられ、口コミもポジティブな意見が多かったです。本記事では、『シグノ』のライトブルーカラーを実際に使って書き心地、色合いなどを検証してみました。『シグノ』に興味をもっている人はぜひ読んでみてください。


フォルティアシリーズで使いやすいのは? 実際に使って検証してみました!

フォルティアシリーズで使いやすいのは? 実際に使って検証してみました!

ボールペンは価格の安いものから高いものまでさまざまです。「高級感のあるデザインのボールペンが欲しいけど、そんなにお金はかけたくない」と、安いボールペンをとりあえず使っている人も多いのではないでしょうか。ゼブラから発売されている油性ボールペン『フォルティア』は、価格のわりに高級感があり、書き心地もよいと人気です。本記事では『フォルティア300』『フォルティア500』『フォルティアVC』の3種類を購入し、書き心地などを検証してみました。高級感のあるデザインのボールペンを求める人はぜひ読んでみてください。


グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

『グラフギア1000』は、ぺんてるが販売する製図用シャーペン。筆記性能だけでなく、ペン先を収納してガイドパイプが折れるのを防ぐ機能や開閉式クリップなど、携帯性のよさも魅力です。しかし、なかには重いと評価する気になる口コミも。今回は、『グラフギア1000』を実際に購入し、試した使用感を紹介していきます。ぜひ記事を読んで購入する際の参考にしてくださいね!


ラミーサファリのシャーペンをレビュー|おしゃれでちょっとしたプレゼントにも!

ラミーサファリのシャーペンをレビュー|おしゃれでちょっとしたプレゼントにも!

『ラミーサファリ』のシャーペンは、カジュアルでおしゃれなデザインが魅力。赤や黄色などのビビットなカラーも展開されていて、地味になりがちな筆記具のアクセントや、ちょっとしたプレゼントにもぴったりです。くぼみつきのグリップや大型ワイヤークリップなど、見た目だけでなく使いやすさにもこだわったつくりになっています。今回は、『ラミーサファリ』のシャーペンのレビューを紹介。実際に試してみて、デザインだけでなく使い心地までしっかりとチェックしました。デザインや機能性にこだわったシャーペンがほしいというあなたは、ぜひ記事をご覧になってくださいね!


ラミー2000 ペンシルを実際に購入して検証! デザインや使い心地をレビュー

ラミー2000 ペンシルを実際に購入して検証! デザインや使い心地をレビュー

『ラミー2000 ペンシル』は、ドイツの老舗ステーショナリブランド「LAMY(ラミー)」の高級感あふれるシャーペンです。存在感のある落ち着いたデザインで、ビジネス用やギフトにもぴったり。機能性にもすぐれ、長く愛用したくなる逸品です。今回は、『ラミー2000 ペンシル』のレビューを紹介していきます。ぜひ記事を読んで、魅力を知ってくださいね!


グラフ1000はかきやすいかを試して検証! 0.3mmなど芯径によるちがいも

グラフ1000はかきやすいかを試して検証! 0.3mmなど芯径によるちがいも

『グラフ1000』は1986年の発売以来ロングセラーの製図用シャーペン。すぐれた使い心地で、製図だけでなく文字やイラストをかくのにもぴったりの1本です。今回はこの『グラフ1000』を購入し、かきやすさや持ちやすさなど、実際に試してわかった使用感をくわしく紹介していきます。0.3~0.9mmまで5種類の芯径ラインナップがありますが今回は、0.3mm、0.5mm、0.7mmを用意しました。芯径ごとのかき味のちがいもレビューしていくので、ぜひ記事を読んで『グラフ1000』を購入する際の参考にしてくださいね!


筆ボールは筆ペンのように字が書ける? 実際に使って検証してみました!

筆ボールは筆ペンのように字が書ける? 実際に使って検証してみました!

「筆文字で書きたいけど、筆や筆ペンを使っても上手に書けない…」と思う場面に遭遇したことはありませんか? 筆文字の特徴といえば、トメ・ハネ・ハライ。しかし、実際に筆で字を書くと、力加減が難しいですよね。『筆ボール』は、ボールペンを使う感覚で筆特有の文字を表現できる商品です。本当にそんなにうまく書けるのか、書き心地も含めて『筆ボール』を実際に使って検証してみました!


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。