おすすめの「シャープペンシル」に関する記事

シャープペンシル(シャーペン)とその関連グッズについての選び方とおすすめ情報、関連情報をお届けします。


ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

『ジョッター』は、英国王室御用達(ロイヤルワラント)の称号をふたつも獲得する高級筆記具ブランド「パーカー」のコレクションのひとつ。万年筆やボールペンだけでなく、シャーペンもラインナップされています。「パーカー」の象徴である矢羽をモチーフにしたクリップをそなえたシャーペンは、上質な雰囲気でスタイリッシュ。特別感があって、所有するよろこびを感じさせてくれます。しかも、1,000円台で販売されており手を出しやすいのがうれしいところ。本記事では、『ジョッター』のシャーペンを実際に試したレビューをご紹介していきます。手に取ってみないと分からない持ち心地や書き心地もくわしく見ていくので、ぜひ記事を読んで購入の参考にしてくださいね。


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


本格派! 『ロットリング メカニカルペンシル600』違いを感じるカッコよさ&書きやすさなど魅力を検証レビュー

本格派! 『ロットリング メカニカルペンシル600』違いを感じるカッコよさ&書きやすさなど魅力を検証レビュー

製図用シャーペンといえば、ロットリングを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。なかでも『ロットリング メカニカルペンシル600』は、コストパフォーマンスにすぐれ、ロットリングを代表するモデル。まるで精密機械のようなカッコいいデザインも魅力です。しかし、書きやすさやデザインが好評な一方、重すぎるという声や、ローレット加工で指が痛くなるというイマイチな口コミも。この記事では、『ロットリング メカニカルペンシル600』を実際に使って、書きやすさや持ちやすさなど、使用感をくわしくご紹介していきます。ロットリングのシャーペンが気になっている方は、ぜひ記事を読んで購入の参考にしてくださいね!


勉強にも使いやすい! ステッドラー製図用シャーペンのバランス感覚にすぐれた使い心地を検証レビュー

勉強にも使いやすい! ステッドラー製図用シャーペンのバランス感覚にすぐれた使い心地を検証レビュー

ステッドラーの製図用シャーペンは、プロ仕様のかきやすさとスタイリッシュなデザインが魅力! ちょっといいシャーペンを求めている方にぴったりのアイテムです。しかし、重さなど使用感にデメリットがないか気になり、購入をためらっている方もいるのではないでしょうか。勉強や仕事など、製図の用途以外でも使いやすいかどうかも気になるところです。この記事では、『ステッドラー製図用シャープペンシル925 25』を実際に試して、書きやすさや持ちやすさなど使用感をくわしく紹介します。ステッドラーの使い心地が気になっている方は、ぜひ記事を読んで購入の参考にしてください!


『鉛筆シャープ』をレビュー! 鉛筆みたいな書き味って本当? 芯の太さごとの比較も

『鉛筆シャープ』をレビュー! 鉛筆みたいな書き味って本当? 芯の太さごとの比較も

『鉛筆シャープ』は、文具の大手メーカー「コクヨ」から販売されている太芯用のシャーペンです。鉛筆とシャーペンのいいとこどりをしたようなアイテムで、なめらかな書き味のシャーペンを求めている方やシャーペンの芯折れに悩んでいる方、削る手間をなくしたいというえんぴつユーザーにはぜひ試してほしい商品。子どものシャーペンデビューにもぴったりです。今回は、『鉛筆シャープ』を実際に試したレビューをご紹介していきます。0.7mm、0.9mm、1.3mmの3種類の芯径もすべて試してくらべました。ぜひ購入する際の参考にしてくださいね。


重厚感があるのに軽い! 『エボルト』のなめらかな書き心地を検証レビュー

重厚感があるのに軽い! 『エボルト』のなめらかな書き心地を検証レビュー

多機能ボールペンは、お洒落さが感じられないものが多いなか、PILOTの『エボルト』は上質なアルミボディが人気。黒・赤2色のボールペンと、シャーペンをあわせた2+1(ツープラスワン)の多機能筆記具として誕生しました。多機能ボールペンが好きな人は気になる商品ではないでしょうか? 本記事では多機能な『エボルト』を実際に購入して書き心地、握り心地などを検証してみました。『エボルト』に興味をもっている人はぜひ読んでみてください。


グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

『グラフギア1000』は、ぺんてるが販売する製図用シャーペン。筆記性能だけでなく、ペン先を収納してガイドパイプが折れるのを防ぐ機能や開閉式クリップなど、携帯性のよさも魅力です。しかし、なかには重いと評価する気になる口コミも。今回は、『グラフギア1000』を実際に購入し、試した使用感を紹介していきます。ぜひ記事を読んで購入する際の参考にしてくださいね!


ラミーサファリのシャーペンをレビュー|おしゃれでちょっとしたプレゼントにも!

ラミーサファリのシャーペンをレビュー|おしゃれでちょっとしたプレゼントにも!

『ラミーサファリ』のシャーペンは、カジュアルでおしゃれなデザインが魅力。赤や黄色などのビビットなカラーも展開されていて、地味になりがちな筆記具のアクセントや、ちょっとしたプレゼントにもぴったりです。くぼみつきのグリップや大型ワイヤークリップなど、見た目だけでなく使いやすさにもこだわったつくりになっています。今回は、『ラミーサファリ』のシャーペンのレビューを紹介。実際に試してみて、デザインだけでなく使い心地までしっかりとチェックしました。デザインや機能性にこだわったシャーペンがほしいというあなたは、ぜひ記事をご覧になってくださいね!


ラミー2000 ペンシルを実際に購入して検証! デザインや使い心地をレビュー

ラミー2000 ペンシルを実際に購入して検証! デザインや使い心地をレビュー

『ラミー2000 ペンシル』は、ドイツの老舗ステーショナリブランド「LAMY(ラミー)」の高級感あふれるシャーペンです。存在感のある落ち着いたデザインで、ビジネス用やギフトにもぴったり。機能性にもすぐれ、長く愛用したくなる逸品です。今回は、『ラミー2000 ペンシル』のレビューを紹介していきます。ぜひ記事を読んで、魅力を知ってくださいね!


グラフ1000はかきやすいかを試して検証! 0.3mmなど芯径によるちがいも

グラフ1000はかきやすいかを試して検証! 0.3mmなど芯径によるちがいも

『グラフ1000』は1986年の発売以来ロングセラーの製図用シャーペン。すぐれた使い心地で、製図だけでなく文字やイラストをかくのにもぴったりの1本です。今回はこの『グラフ1000』を購入し、かきやすさや持ちやすさなど、実際に試してわかった使用感をくわしく紹介していきます。0.3~0.9mmまで5種類の芯径ラインナップがありますが今回は、0.3mm、0.5mm、0.7mmを用意しました。芯径ごとのかき味のちがいもレビューしていくので、ぜひ記事を読んで『グラフ1000』を購入する際の参考にしてくださいね!


クルトガは書きやすい? トガり続けるシャーペンを検証レビュー

クルトガは書きやすい? トガり続けるシャーペンを検証レビュー

「クルトガ」は、ノートをきれいに仕上げたい学生さんや、芯先のとがった書き心地を求めるひとにうれしい機能を備えたシャーペン。つねにとがった芯先をキープできる機構を搭載し、キレイな文字を書くのに役立ってくれます。しかし、本当にノートや手帳の見栄えがよくなるのか、特殊な機構が書き心地に影響を与えないか心配という方もいるでしょう。この記事では、クルトガを実際に購入し、書き心地や持ち心地など使い勝手を検証してみました。クルトガがあなたにとって本当に使えるシャーペンか、判断するのに役立ててください!


スマッシュは書きやすい! 女子でも使いたい実力を実際に試して検証

スマッシュは書きやすい! 女子でも使いたい実力を実際に試して検証

「スマッシュ」は30年以上前に発売されて以来、いまなお売れ続けているロングセラーのシャーペンです。近年SNSを中心に話題にもなった商品で、気になっているという方も多いのではないでしょうか。この記事では、スマッシュを実際に購入して、その実力を検証してみました。スマッシュは男子だけでなく、書き心地を求める女子にもおすすめ! スマッシュを買おうか悩んでいる方は、ぜひ記事を参考にしてみてくださいね。


オレンズネロを使って検証! 価格以上の価値があるシャーペンか試してみた

オレンズネロを使って検証! 価格以上の価値があるシャーペンか試してみた

「オレンズネロ」は、ぺんてるから販売されている細芯用のシャーペン。芯が折れやすい・芯がすぐに摩耗して頻繁にノックしないといけないという細芯ユーザーにありがちな悩みに対応した画期的なアイテムです。しかし、シャーペンのなかでは高価なので、購入前にしっかり実力を知っておきたいという方も多いでしょう。今回はオレンズネロを実際に購入し、試して使い心地を検証してみました。使ってわかった魅力や、気になるポイントも紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね!


デルガードを実際に使って検証! 折れないシャーペンのメリット・デメリット

デルガードを実際に使って検証! 折れないシャーペンのメリット・デメリット

デルガードは「もう、折れない。」がキャッチフレーズの、芯が折れにくいシャーペンです。筆記中にあらゆる角度からどんなに強い筆圧がかかっても芯を守れる機能を搭載。芯折れに不満を持つひとのストレス軽減に役立ちます。記事ではデルガードを実際に購入し、芯の折れにくさや使い心地などを検証したレビューをご紹介。デルガードを使ううえでのメリット・デメリットもわかる内容なので、ぜひデルガードを購入する際の参考にしてくださいね!


モノシャーペンをレビュー! MONO消しゴムの利便性や使い心地を検証

モノシャーペンをレビュー! MONO消しゴムの利便性や使い心地を検証

モノシャーペンは、回転繰り出し式のMONO消しゴムを搭載したシャーペン。付属の消しゴムの機能が強化され、1本で書く・消す両方にしっかり使えるのが特徴です。今回の記事では、ハイグレード版の「モノグラフグリップモデル」をご紹介。実際に購入して試してみた結果、わかった魅力やちょっと気になる点についても、あわせてレビューしていきます。


ドクターグリップエースは疲れにくい&折れない! 魅力やデメリットを試してみました

ドクターグリップエースは疲れにくい&折れない! 魅力やデメリットを試してみました

『ドクターグリップエース』は、長時間の勉強をサポートする機能が詰まったシャーペンです。シリーズに共通する疲れにくさに加え、芯が折れない仕組みも追加。「フレフレ」や「ラスイチサイン」など便利な機能も魅力です。しかし、従来品に比べて持ち心地が悪いという口コミや、書き心地がよくないといった気になる口コミも。今回は、『ドクターグリップエース』を実際に試してわかった魅力やデメリットをご紹介します。


0.3mmシャーペンおすすめ9選【折れにくい! 書きやすい! 人気モデル】

0.3mmシャーペンおすすめ9選【折れにくい! 書きやすい! 人気モデル】

普段の筆記によく使われる0.5mmのシャーペン(シャープペンシル)と比較すると、芯が細い0.3mmのシャーペンは種類が少ないのが特徴です。製図用にも使われ価格も高めですが、スタイリッシュなデザインが普通のシャーペンと一線を画しています。大人っぽい0.3mmシャーペンは、理系の研究や建築、デザイン分野の勉強をしている人だけでなく、0.5mmシャーペンを卒業したいという人にもぴったりといえるでしょう。この記事では、受験指導専門家の西村 創さんへの取材をもとに、0.3mmシャーペンの選び方とおすすめの商品をご紹介します。


多機能ペンのおすすめ14選|人気のジェットストリームやパイロットも!

多機能ペンのおすすめ14選|人気のジェットストリームやパイロットも!

1本で複数のボールペンやシャーペンを使い分けできる「多機能ペン」。ペンをいくつも持ち歩く必要がなく、書くときにもわざわざペンを交換する必要がありません。この記事では、多機能ペンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。プレゼントにおすすめな高級感のある商品や、細身で持ちやすいタイプなどもあります。記事後半では、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


勉強におすすめのシャーペン9選【小学生~大学生】ノートがキレイに書ける&疲れにくい!

勉強におすすめのシャーペン9選【小学生~大学生】ノートがキレイに書ける&疲れにくい!

この記事では、教育・受験指導専門家である西村 創さんへの取材をもとに、おすすめの勉強用シャーペンとその選び方についてご紹介します。近年では、折れにくいように工夫されている「折れないシャーペン」や、芯の長さが自動調節されるもの、振るノックやクリップノックのタイプなど、さまざまな高機能シャーペンが販売されています。通販サイトの売れ筋人気ランキングとあわせてチェックしてくださいね!


【文房具ユーザーが選ぶ】製図用シャーペンおすすめ21選|ペンテル・ロットリングなど

【文房具ユーザーが選ぶ】製図用シャーペンおすすめ21選|ペンテル・ロットリングなど

製図用として、手元の視界がより見えやすいように工夫されている製図用シャーペン。日本製では、‎ぺんてる · ‎パイロット · ‎プラチナ万年筆 · ‎トンボ鉛筆から、海外製では、ステッドラーやロットリングなどが有名です。通常の勉強用としても使いやすい製図用シャーペンですが、いざ買おうとしても、自分の用途で適当な芯径(しんけい)はどれなのかなど、わからない部分も多くてどれがいいか迷ってしまう人もいるでしょう。そこでこの記事では文房具全般に詳しい文房具ユーザーの他故壁氏(たこかべうじ)さんにお話をうかがい、製図用シャーペンの選び方とおすすめ商品についてまとめました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認して


シャープペンシルの人気記事