ISOFIX対応のチャイルドシートおすすめ10選【公認チャイルドシート指導員に取材】

ISOFIX対応のチャイルドシートおすすめ10選【公認チャイルドシート指導員に取材】

取り付けがかんたんでしっかりと車に固定できるのが、ISOFIX(アイソフィックス)対応チャイルドシート。装着方法、ISOFIXベース、シートベルト固定との違いなど、注意すべき点が多くて選び方がわからないという人も多いのではないでしょうか。さらに日本で採用されているヨーロッパの安全基準「R44」や、前方だけなく側面からの衝撃緩和にも着目した新しい基準の「R129(i-Size)」といった安全性も気になるところですね。自動車生活ジャーナリスト・公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに取材をして、選び方とおすすめのISOFIX対応チャイルドシートを教えてもらいました。


公認チャイルドシート指導員おすすめのチャイルドシート用保護マット8選

公認チャイルドシート指導員おすすめのチャイルドシート用保護マット8選

チャイルドシートを座席に設置するときに役立つチャイルドシート用保護マット。チャイルドシートの滑り止めや座席シートの汚れを防止してくれます。しかし、機能性や装着しやすさなど、気にするポイントが多くてどれを買えばよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。この記事では、(一財)日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんへの取材をもとに、おすすめのチャイルドシート用保護マットをご紹介します。


おしりふきのおすすめ20選、コスパ比較【助産師が徹底解説】

おしりふきのおすすめ20選、コスパ比較【助産師が徹底解説】

赤ちゃんを知り尽くした助産師・浅井貴子さんのアドバイスをもとに、おしりふきを選ぶ際のポイントとおすすめの商品のコスパランキングをご紹介します。赤ちゃんのお肌を守るためにも、一日に何度も使うおしりふきはコスト以外の部分にも、こだわって選びたいものです。ぜひ参考にしてください。


新生児用チャイルドシートのおすすめ8選【公認チャイルドシート指導員に聞く】さまざまな機能の10選も

新生児用チャイルドシートのおすすめ8選【公認チャイルドシート指導員に聞く】さまざまな機能の10選も

新生児を車に乗せるために必要なチャイルドシート。「乳児専用タイプ」のベビーシートや長い期間使えるチャイルドシートの「兼用タイプ」などを選ぶことになります。ただ、適応体重や月齢・年齢、設置する向き、シートベルトやISO-FIXといった固定方法、ベッド機能の有無、キャリータイプ機能の有無など、気になるポイントが多すぎて、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。この記事では、自動車生活ジャーナリストで公認チャイルドシート指導員である加藤久美子さんへの取材をもとに、おすすめの新生児用チャイルドシートをご紹介いたします! さらにいろいろな商品を比べて選びたい人のために、ほかの新生児用チャイルドシートも幅広く紹介しています。


公認チャイルドシート指導員が教える! ベッド型チャイルドシートおすすめ5選

公認チャイルドシート指導員が教える! ベッド型チャイルドシートおすすめ5選

日本独自仕様のベッド型チャイルドシート。現在国内ではアップリカとコンビの2社からのみ発売されています。選択肢は多くありませんが、赤ちゃんを守るものだからこそ、しっかり納得して選びたいものです。そこでこの記事では、自動車生活ジャーナリストで日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに教えてもらったベッド型チャイルドシート選びのポイントとおすすめ商品についてご紹介していきます。


ジュニアシートのおすすめ10選【簡単に取付できるものや軽量タイプも】

ジュニアシートのおすすめ10選【簡単に取付できるものや軽量タイプも】

この記事では、自動車生活ジャーナリスト・公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんへの取材をもとに、ジュニアシートを選ぶときにおさえておきたいポイントを解説し、あわせてエキスパートの目線からみたおすすめの商品を紹介。加えてハイバッグジュニアシートの商品や知っておきたいジュニアシートの知識を紹介していきます。たくさんあるジュニアシートのなかから子どもに合う最適なものを選ぶために、ジュニアシートを選ぶ基準を正しく理解しておきましょう。そして記事を参考にしていろいろな製品を比較検討してみてください。


抱っこひものおすすめ17選【おんぶタイプも】専門家と編集部で選びました!

抱っこひものおすすめ17選【おんぶタイプも】専門家と編集部で選びました!

この記事は、ベビーグッズ・コンシェルジュである白石佳子さんへの取材をもとに、抱っこひも選びのポイントとおすすめの商品をご紹介します! さらに抱っこひもを活用できるオプションアイテムもあわせて紹介しています。赤ちゃんとのお出かけや寝かしつけ、授乳のサポートなどに大活躍の抱っこひも。赤ちゃんの快適さと安全を守るために、用途に応じた正しい抱っこひもを選ぶ必要がありますが、対象月齢や使用シーン、抱っこタイプなど気にするポイントが多くてどれを買えばよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。また、低身長や痩せ型などママやパパの体形でも選ぶポイントが違います。この記事を参考にして、ぴったりの抱っこひもを選びましょう。


【助産師が選ぶ】おしりふきウォーマーおすすめ5選赤ちゃんのおしりを清潔に保つ

【助産師が選ぶ】おしりふきウォーマーおすすめ5選赤ちゃんのおしりを清潔に保つ

赤ちゃんのおむつ交換にあると便利なベビーグッズがおしりふきウォーマーです。冷たいおしりふきでおしりを拭かれると赤ちゃんがびっくりしたり泣いたりする場合があるため、季節を問わずあると役立ちます。また、おしりふきそのものを見直そうと思っている場合も、おしりふきウォーマーを活用する方法が考えられます。この記事では助産師の浅井貴子さんへの取材をもとに、おすすめのおしりふきウォーマーと選び方をご紹介いたします!


助産師が選ぶ電動バウンサーのおすすめ3選! 効果的な使い方もご紹介

助産師が選ぶ電動バウンサーのおすすめ3選! 効果的な使い方もご紹介

助産師さんおすすめの電動バウンサーと選び方をご紹介します。ママやパパが抱っこしている間はごきげんだけど、ベッドに寝かせるとすぐに泣いてしまう……。しかし、ずっと赤ちゃんを抱っこしているわけにもいかないので、困っている方は多いのではないでしょうか。そんなときに活躍するのが電動バウンサー。ママやパパが抱っこしているかのような揺れを感じられるものや、さまざまな便利機能がついたものまで登場しています。ここでは、助産師の浅井貴子さんに電動バウンサーの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。赤ちゃんの快適性を重視した電動バウンサーや、電動バウンサーが活躍するシーンについても紹介しているのでぜひチェックしてみてくださいね。


双子用ベビーカーおすすめ4選+番外編【助産師が厳選】縦型と横型タイプ

双子用ベビーカーおすすめ4選+番外編【助産師が厳選】縦型と横型タイプ

双子のお子さんがいるご家庭にとっては欠かせない双子用ベビーカー。赤ちゃんは日に日に体重が重くなるため、おむつやミルクなど必要なものの持ち運びや、保育園のお迎え、買い物などの際にも双子用ベビーカーは助かります。しかし、双子用ベビーカーといっても種類はさまざまで、縦型や横型、サイズや重量など、考えなくてはいけないポイントはいくつもあります。そこで、助産師の浅井貴子さんへの取材をもとに、双子用ベビーカーの選び方のポイントとおすすめ商品をご紹介します! 1カ月健診を目安に双子用ベビーカーで赤ちゃんと一緒にお出かけするのもよいでしょう。


おむつ用ゴミ箱おすすめ5選+タイプ別10選【消臭機能つきや臭いが漏れにくい商品を厳選】

おむつ用ゴミ箱おすすめ5選+タイプ別10選【消臭機能つきや臭いが漏れにくい商品を厳選】

使用済み紙おむつは、季節によっては早めにゴミに出さないと鼻をつくにおいが部屋に充満する場合も……。そのにおい対策として、ふたを開けてもにおいが漏れにくいおむつ用ゴミ箱を探しているという方は多いのではないでしょうか。におい対策のほかにも、捨てやすさやコスパも重視して商品を選びたいものです。この記事では、助産師の浅井貴子さんへの取材をもとに、臭わないおむつ用ゴミ箱の選び方とおすすめ商品をご紹介します。ふたが閉められればよいと思っている方も、個包装に密閉してにおいが漏れないようにしたい方も、もっと強力な消臭機能を求める方も、ぜひ参考になさってください。


回転式チャイルドシートおすすめ7選【公認チャイルドシート指導員が解説】新生児から使える!

回転式チャイルドシートおすすめ7選【公認チャイルドシート指導員が解説】新生児から使える!

回転式チャイルドシートは座面を回転させることができるため、赤ちゃんを乗せやすく、お世話がしやすいといったメリットがあります。しかし、大きくて重いもの、小型なものなどのサイズや本体の重量、回転しやすさ、取け付け方法や取り外し方法など商品によって異なるので、購入するときはチェックが必要です。そこで「たくさん出まわっている商品のなかから、どう選べばいいのかわからない!」というママやパパのために、自動車生活ジャーナリストで日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに、回転式チャイルドシートの選び方とおすすめ商品をうかがいました。コンビやアップリカなど人気メーカーをはじめとして、本当におすすめできる商品をご紹介します。


チャイルドシートの汗取りマットおすすめ4選【公認チャイルドシート指導員が解説】

チャイルドシートの汗取りマットおすすめ4選【公認チャイルドシート指導員が解説】

チャイルドシートに長時間赤ちゃんや子どもを座らせていると、汗のむれやあせもが気になる人も多いのではないでしょうか。赤ちゃんや子どもを座らせるときに、チャイルドシート用汗取りマットを使うと過ごしやすくなるでしょう。本記事では、チャイルドシート用汗取りマットの上手な選び方とおすすめ商品を、自動車生活ジャーナリストで公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに聞きました。赤ちゃんや子どもに合った商品選びにぜひ役立ててください。


リクライニング式チャイルドシートのおすすめ7選【新生児向け・乳幼児向けも】

リクライニング式チャイルドシートのおすすめ7選【新生児向け・乳幼児向けも】

リクライニング式チャイルドシートの選び方とおすすめ商品を、(一財)日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんへの取材をもとにご紹介します。リクライニングができると、赤ちゃんは無理のない姿勢で眠ることができて快適です。新生児など、首や腰がすわっていない赤ちゃんには必要度が高い機能と言えるでしょう。リクライニング式チャイルドシートを選ぶ際には、取り付ける車との適合や安全性を第一に考えて選ぶことが重要です。ぜひこの記事を参考に、赤ちゃんが安全で快適に過ごせる、車にぴったりの商品を探してみてください。


赤ちゃん用歯ブラシおすすめ5選【ママライターが厳選】かわいい歯ブラシ3選も

赤ちゃん用歯ブラシおすすめ5選【ママライターが厳選】かわいい歯ブラシ3選も

早ければ生後4〜5カ月頃から生えはじめる乳歯ですが、とくに離乳食をはじめるころから歯みがきが必要になります。「数本の歯でも必要なの?」と思う方も多いですが、早い段階から歯ブラシを口に入れることに慣れておくと、嫌がる可能性が低くなり、今後の歯みがき生活がらくになります。そんなときに必要になる「赤ちゃん用歯ブラシ」。乳歯が生えていないときは、植毛ブラシではなく、歯固めのようなものを使うなど、発達段階に応じて切り替えていくことが大切です。そこで、ママライターの榮 樹実さんに、赤ちゃん用歯ブラシの選び方とおすすめの商品を教えてもらいました。はじめての歯ブラシにぴったりのかわいい歯ブラシも紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。


【助産師に聞く】哺乳瓶の選び方とおすすめ27選

【助産師に聞く】哺乳瓶の選び方とおすすめ27選

助産師の浅井貴子さんへの取材をもとに、哺乳瓶の選び方とおすすめ商品をガラス・プラスチックの素材別に27選ご紹介します。完全ミルク育児の人はもちろん、ミルク・母乳混合育児の人も、多くの場合、完全母乳育児の人にも役立つ哺乳瓶。赤ちゃんの口に触れるものなので、ぜひ失敗しない哺乳瓶選びの参考にしてください。


ベビーバスローブのおすすめ6選【助産師が選ぶ】ポンチョやガウンタイプなど

ベビーバスローブのおすすめ6選【助産師が選ぶ】ポンチョやガウンタイプなど

お風呂あがりの赤ちゃんの汗や身体についた水分を吸収し、湯冷めしないために羽織らせるベビーバスローブ。海やプールでは紫外線から守り、体が冷え切らないよう羽織ものとしての使い道もあります。また、名前入りにしたベビーバスローブは出産祝いのプレゼントとしても人気で、忙しいママや、初めて育児をするママやパパにも喜ばれるアイテムのひとつです。しかし「赤ちゃんのデリケートな肌にやさしい素材を」「なるべく長く使えるものがいい」など悩むポイントがたくさんあり、どれを選べばいいかわからない人も多いのではないでしょうか。そこで、助産師の浅井貴子さんにベビーバスローブの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。


【公認チャイルドシート指導員が紹介】ロングユースのチャイルドシートおすすめ6選

【公認チャイルドシート指導員が紹介】ロングユースのチャイルドシートおすすめ6選

チャイルドシートは車に装着して使うことが前提なため、まずは車に正しく安全に装着できるかどうか適合を調べてから購入しなければいけません。さらに、ロングユースタイプでは、乳児用では後ろ向き、幼児用では前向きと、子どもの成長に合わせて使用する向きも変わります。そのため、装着できる幅や安全性など、チェック項目が多くどのようなチャイルドシートが最適なのか迷ってしまうことが多いですよね。この記事では、公認チャイルドシート指導員で自動車生活ジャーナリストの加藤久美子さんにロングユースのチャイルドシートの選び方やおすすめの商品を紹介していただきました。


R129(i-Size)対応チャイルドシートおすすめ8選【公認チャイルドシート指導員が解説】

R129(i-Size)対応チャイルドシートおすすめ8選【公認チャイルドシート指導員が解説】

自動車生活ジャーナリストで公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんにR129(i-Size)対応チャイルドシートの選び方とおすすめ商品をうかがいました。法律で義務づけられているチャイルドシート。その中でも、「R129(i-Size)」は、ISOFIX対応のチャイルドシートに関わる最新の安全基準です。これまでの、子どもの「体重」を基準としていたものから「身長」を目安に使用をすることになります。日本国内ではまだ「R129(i-Size)」に対応した機種は少なめですが、欧州ブランドを中心に増えてきています。新しい基準のチャイルドシートだけに、どのように選んだらいいか迷う方もいるでしょう。ぜひこちらの記事を参考にしてください。


【歯磨き用フッ素ジェルのおすすめ6選!】医療系Webライターに聞く

【歯磨き用フッ素ジェルのおすすめ6選!】医療系Webライターに聞く

歯磨き用のフッ素ジェルは、ペーストタイプのフッ素配合歯磨き剤とくらべ、フッ素がこまかいすき間のすみずみにまでいきわたりやすいのが特長。また使用後のゆすぎが1回ですむため、フッ素が歯の表面に長くとどまり、持続的な効果を発揮できるのもメリットです。フッ素ジェルは歯を磨いたあとの仕上げに使用するのがおすすめですが、ふだんの歯磨き剤としてもお使いいただけます。本記事では、医療系Webライターの影向美樹さんに、歯磨き用フッ素ジェルの選び方と、おすすめの商品をうかがいました。


人気の記事


>>総合ランキングを見る