おすすめの「Roland(ローランド)」に関する記事

Roland(ローランド)に関連するタグ

BOSS(ボス)
>>Roland(ローランド)に関連するタグ一覧

ギタークリップ式チューナーおすすめ12選|精度・視認性の高いモデルを厳選

ギタークリップ式チューナーおすすめ12選|精度・視認性の高いモデルを厳選

ギターを弾くときに必須のチューニング。素早くチューニングをしたい場合、クリップ式チューナーを使うと便利です。ここでは、チューニングモードや精度、画面表示仕様など選び方のポイントを解説します。また、ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が選ぶギタークリップ式チューナーおすすめ12選をご紹介します。


ドラムマシンおすすめ12選|MIDI・PC対応・サンプリング機能つきも

ドラムマシンおすすめ12選|MIDI・PC対応・サンプリング機能つきも

ドラマーがいないバンドや、自宅での録音、DTMなどで役立つ「ドラムマシン(リズムマシン)」。作曲や編曲などをするときにもあると便利なアイテムです。そこで本記事では、元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が選んだドラムマシンのおすすめ12選と選び方をご紹介します。


ボーカルエフェクターおすすめ11選|機能・タイプ別に紹介! ライブで便利

ボーカルエフェクターおすすめ11選|機能・タイプ別に紹介! ライブで便利

カラオケの際にボーカルの声の音質を変えたり、レコーディングの際にボーカルの音質や声色を編集したりするときに使われるボーカルエフェクター。ここでは、音響機器メーカー「株式会社ムジカコーポレーション」CEOの眞壁征生さんと編集部が選んだおすすめの商品と選び方をご紹介していきます。


2020年【アナログミキサー】おすすめ12選|用途・入出力・チャンネル数で選ぶ

2020年【アナログミキサー】おすすめ12選|用途・入出力・チャンネル数で選ぶ

最近はDJや音楽制作はPCの上だけでこなしてしまう人も多いかと思いますが、さまざまなチャンネルをまとめるのであれば、アナログミキサーを使うのもおすすめです。そこで、大手楽器メーカー出身のライターである、山野辺祥子さんと編集部で選んだ最新アナログミキサー12選と選び方を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


キーボードスタンドおすすめ12選|【X型・Z型・テーブル型】タイプで選ぶ

キーボードスタンドおすすめ12選|【X型・Z型・テーブル型】タイプで選ぶ

自宅やライブイベントなどでキーボードを演奏するときに欠かせない、キーボードスタンド。X型やZ型、テーブル型など、さまざまな種類があります。そこで、ピアノ講師の山野辺祥子さんにお話をうかがい、キーボードスタンドを選ぶときのポイントと、山野辺祥子さんと編集部が選んだおすすめの商品を12選ご紹介します。


2020年【DTM向け】モニターヘッドホンおすすめ19選|密閉型・開放型など

2020年【DTM向け】モニターヘッドホンおすすめ19選|密閉型・開放型など

モニターヘッドホンとは、レコーディングやミックス作業、DTMなど音源制作現場で使われているヘッドホンです。本記事では、コール徳島店店長の野田博之さんと編集部が選ぶモニターヘッドホンをランキング形式でご紹介します。選び方のポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


プロ厳選! おすすめエフェクターボードランキング11選【機能やサイズで選ぶ】

プロ厳選! おすすめエフェクターボードランキング11選【機能やサイズで選ぶ】

音楽機材選びのプロ・田澤 仁さんに、エフェクターボードの選び方とおすすめ製品ベスト11を教えてもらいました。ぜひこの記事を参考にして、安全かつ便利なエフェクターボードを見つけてください。


初心者向け電子ドラムおすすめ6選|楽器選びのプロ厳選、騒音対策できる機種は?

初心者向け電子ドラムおすすめ6選|楽器選びのプロ厳選、騒音対策できる機種は?

楽器選びのプロ、田澤 仁さんへの取材をもとに、初心者向けの電子ドラムの選び方とおすすめの製品をご紹介します! 自宅でもドラム練習ができる電子ドラムは、ドラムを弾きたい人にとって救世主。この記事では比較的手の届きやすい価格帯の製品を中心にご紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね!


ベース用プリアンプおすすめ6選【音楽ライター厳選】ベースの基本的音色を作る!

ベース用プリアンプおすすめ6選【音楽ライター厳選】ベースの基本的音色を作る!

本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、選び方のコツと、おすすめのベース用プリアンプをご紹介します。ベーシストがぜひ持っていたいのがプリアンプ。プリアンプがあれば、ベースアンプやPAに送る前に基本的なベースの音色を整えられるので、ライブハウスや練習スタジオなど、使うアンプが毎回変わるような場合でも、同じ音作りをすることができます。ぜひ、プリアンプ選びの参考にしてみてください。


音楽ライターがおすすめの【歪み系エフェクター6選】迫力のサウンドを手に入れる!

音楽ライターがおすすめの【歪み系エフェクター6選】迫力のサウンドを手に入れる!

ギタリストにとってもっとも身近なエフェクターといえば、歪み系エフェクターでしょう。音を厚くパワフルにし、伸びをよくする歪み系エフェクターは、ロックに限らず利用範囲の広いエフェクターです。ただ、歪み系エフェクターは、エフェクターのなかでも数が多く、さまざまな商品があるため、どれを選んだらよいか迷ってしまうこともあるでしょう。そこで本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、歪み系エフェクターの選び方と、おすすめの商品をご紹介します。


使いやすさと音で選ぶ! ベース用コンプレッサーおすすめ5選【音楽ライター厳選】

使いやすさと音で選ぶ! ベース用コンプレッサーおすすめ5選【音楽ライター厳選】

音の粒をそろえてくれるコンプレッサーは、安定感あるベースサウンドを作るうえで欠かせないエフェクターです。比較的効果がわかりにくいといわれるコンプレッサーですが、ベース用に限ってもさまざまな種類があり、作れる音もそれぞれ個性があります。どれを選べばいいか分からないという方のために、本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ベース用コンプレッサーの選び方と、おすすめのベース用コンプレッサーを紹介します。


アンプヘッドおすすめ5選|パワフルな小型タイプもご紹介!

アンプヘッドおすすめ5選|パワフルな小型タイプもご紹介!

IT&家電ライターが選ぶアンプヘッド5選をご紹介します。アンプヘッドとは、ギターやベースの電気信号を増幅してスピーカーキャビネットを鳴らすための音響機器。好みのスピーカーと組み合わせることでより幅広い音作りができます。本記事では、IT&家電ライターの秋葉けんたさんにお話をうかがい、アンプヘッドの選び方のポイントとおすすめ商品について教えてもらいました。また、最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ウクレレに向くアンプおすすめ6選|音楽ライターが選び方も解説!

ウクレレに向くアンプおすすめ6選|音楽ライターが選び方も解説!

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ウクレレに向くアンプの選び方とおすすめの商品6選を紹介します。広い会場でライブをする場合や、バンドの演奏が入る場合などは、ウクレレの音量をアップさせるためにアンプが必要になります。ただ残念ながらウクレレ専用のアンプはないため、ギター用などのアンプを流用することになります。そんなウクレレに適したアンプはどのようなものなのでしょうか? 本記事を参考にみつけてくださいね。


DJコントローラーおすすめ6選|iPad使用可能・初心者向けモデルも!

DJコントローラーおすすめ6選|iPad使用可能・初心者向けモデルも!

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、DJコントローラーの選び方とおすすめ商品を紹介します。好きな曲を選曲して次々に再生していくことを基本に、次の曲を選曲し好きなところからつなげて再生したり、テンポを合わせたり、音量を調整したり……といったDJプレイ特有の操作をつまみやレバーなどでかんたんにすばやく操作できるのがDJコントローラー。PCやiPadなどのタブレット、スマートフォンなどでDJプレイを楽しみたい方にとっては必須アイテムです。Serato DJなどの対応ソフトやPioneerなどの著名なメーカー、初心者向けなど幅広いタイプのDJコントローラーの選び方とおすすめ商品を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


ギター用マルチエフェクターおすすめ5選|初心者向けに選び方も紹介

ギター用マルチエフェクターおすすめ5選|初心者向けに選び方も紹介

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんが、マルチエフェクター選びのポイントとおすすめ商品5選を解説します。1台で複数のエフェクターの役割を果たし、コンパクトエフェクターでは難しい音作りを実現するマルチエフェクター。なかでもギター用に設計されたものは、著名なアンプのシミュレーションなど、エフェクターの守備範囲を超える音作りをサポート。ギターの音作りにはまり、足元がコンパクトエフェクターなどのデバイスでいっぱいというギタリストの方、セッティングを見直しませんか? BOSSやZOOM、MOOERなどの商品が厳選されていますので、参考にしてワンランク上のギターサウンドに挑戦してみてください。通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。


アナログシンセのおすすめ5選【サウンドクリエーターが厳選!】

アナログシンセのおすすめ5選【サウンドクリエーターが厳選!】

電圧や音の波形を自由に調整することでサウンドを作り出すアナログシンセサイザー。比較的音の調整がしやすいデジタルシンセと比べて、より独特で個性的なサウンドを作ることができる点が魅力の楽器です。しかし、オシレーターやフィルターなど、機能が多くて、何を重視すべきか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、サウンドクリエーターでキーボーディスト、そしてシンセサイザープログラマーとして活躍されている内藤 朗さんへの取材をもとに、アナログシンセの選び方とおすすめ商品5選を紹介。さらに記事の最後では各通販サイトの売れ筋ランキングも紹介します! お気に入りのアナログシンセをみつけて、音作りを存分に楽しんでみてくださいね。


ベース用コンパクトエフェクターおすすめ7選! 音楽ライターが選び方も解説

ベース用コンパクトエフェクターおすすめ7選! 音楽ライターが選び方も解説

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ベース用コンパクトエフェクターの選び方と、最初にそろえておきたいおすすめのベース用コンパクトエフェクターをご紹介します。ベーシストなら、自分のベースの音になんとなく満足できない、あるいはもっと違った音を出してみたい、と思ったことがあるかもしれません。そんな問題を、ベースやアンプを買い替えるよりずっとかんたんに解決してくれるのが、エフェクターを使うことです。ベースでも積極的に音作りをしてみれば、演奏がさらに楽しくなること間違いありません。コンプレッサーなど機種別におすすめ商品が紹介されていますので、コンパクトエフェクター初心者の人もぜひ参考にしてください。


アコギ用エフェクターおすすめ7選! 音楽ライターが選び方も解説

アコギ用エフェクターおすすめ7選! 音楽ライターが選び方も解説

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、アコギで使えるエフェクターの選び方と、おすすめのエフェクターを7つ紹介します。アコギでエフェクターを使う場合は、エレキギターのように音を積極的に変化させるのではなく、生楽器ならではの響きを補足するなど、よりアコギらしいサウンドを作るのがおもな使い方です。ではどんなエフェクターがアコギに適しているのでしょうか。プリアンプからコンプレッサーまで、さまざまな機材を紹介していますので、納得の商品選びに役立ててください。


【ギターエフェクターおすすめ7選】音楽ライターへ取材|初心者でもOK!

【ギターエフェクターおすすめ7選】音楽ライターへ取材|初心者でもOK!

音楽ライターの田澤 仁さんに聞いた、ギターエフェクターの選び方とおすすめの商品7選を掲載。ギタリストにとって、プレイの幅を広げてくれるエフェクター。音の歪みや伸びなど、商品によってたくさんの種類があるので初心者はどう選べばいいのか迷いますよね。本記事では初心者でも手軽に導入できるコンパクトエフェクターを中心に紹介します。自分の使い方に合ったギターエフェクターを探してみてください。


ウクレレチューナーおすすめ7選! 音楽ライターが選び方も解説

ウクレレチューナーおすすめ7選! 音楽ライターが選び方も解説

ウクレレのチューニングに必要なウクレレチューナーの選び方、おすすめ商品を音楽ライターの田澤仁さんへ伺いました。ウクレレは親しみやすい楽器ですが、チューニングが狂いやすい楽器でもあります。そこで大事なのが、ウクレレチューナー。クリップ式やマイク内蔵式のもの、メトロノームなどの便利機能がついたものなどさまざまな種類があります。「何を選んだらいいかわからない!」という方は、ぜひ本記事を参考にウクレレチューナーをさがしてくださいね。


Roland(ローランド)の人気記事