【2020版】専門家が選ぶギター用マルチエフェクターおすすめ6選|選び方も紹介

ZOOM ズーム ギター用 マルチエフェクター G3Xn
出典:Amazon

本記事では、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに伺った、「ギター用マルチエフェクターおすすめ5選」と初心者向けの選び方についてご紹介します。また、それぞれのおすすめマルチエフェクターの通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。記事最後には、本記事と合わせて読んでおきたいおすすめ記事もご紹介していますので、ぜひ最後まで読んでみてください!


レコーディングエンジニア
小野寺 孝樹

1989年株式会社ゼロスタジオに入社。 アシスタントを経て、1992年チーフエンジニアに昇格。 その後、数々のレコーディングに携わる。 2001年ゼロスタジオを退社、フリーランスとなる。 以降、レコーディング・ミックスからプログラミングまで、またアイドルソングからプログレまでなんでもこなす便利な人として、活躍中。"

ギター用マルチエフェクターの選び方 レコーディングエンジニアが教えるプロの着眼点

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに、ギター用マルチエフェクターを選ぶときのポイントを教えてもらいました。ギター用ではコンパクトエフェクターも根強い人気ですが、マルチエフェクターも高い注目を集めています。マルチエフェクター独特の選択ポイントをチェックしてみましょう。

ギター用のデバイスたち
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ライブ中のギタリストの足元は多くのエフェクターやツールでいっぱい。

操作性と可搬性(コンパクトさ)で選ぶ

レコーディングエンジニア

自分の演奏スタイルに合わせた商品を

ライブなどで音色などを変更する可能性がある場合、エフェクターの操作すべきパラメーターに瞬時にアクセスする必要があります。

「マルチエフェクター=複数のエフェクターをひとつにまとめたもの」という製品の特性上、操作系統が複雑化するのは仕方のないことですが、なるべく操作をしやすいように各メーカーがそれぞれ工夫をしています。そのなかでも、パラメーターをすべて直接調整できるようになっている製品もあり、ご自分の演奏スタイルによって選ぶべき製品が決まってくると思います。

BOSS 『ME-80』

多くのツマミとフットペダルで高い操作性を実現した高性能マルチエフェクター。

>> Amazonで詳細を見る

PCやスマホとの連携ができる機種を選ぶ

レコーディングエンジニア

初心者は参考になる音へのつなぎ方ができるもの

エフェクターはPCやスマホなどと連携することによって、パラメーターやセッティングなどを詳細に渡って調整し保存可能。さらに著名ミュージシャンやプロデューサーの作成したパッチをネットからダウンロードできる機種もあります。

とくにこれからはじめてギター用エフェクターを導入される方は、そのような機能のある機種を選ぶことによって、各エフェクトがどのような効果を生むかという点で音作りの参考になるでしょう。

いろんなエフェクトを同時に使えるかで選ぶ

レコーディングエンジニア

多彩なサウンドが必要な人にも

マルチエフェクターとはその名のとおり、複数のエフェクターを同時に使えるのが特徴です。そのため単機能のコンパクトエフェクターを何台も導入するよりもコストパフォーマンスにすぐれるものが多いうえ、可搬性にすぐれているといえます。

なによりも歪みだけではなく、モジュレーションやLOOPER、チューナーや空間系マルチエフェクターまでもが搭載されているので、多彩なサウンドを必要とする方、足元のセッティングをシンプルにしたい方にはおすすめです。

BOSS 『GT-1』

コストパフォーマンスにもすぐれたマルチエフェクター。持ち運びにも便利です。

>> Amazonで詳細を見る

ギター用マルチエフェクターのおすすめ6選 レコーディングエンジニアが厳選

うえで紹介したギター用マルチエフェクターの選び方のポイントをふまえて、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。手軽な入門モデルからライブやスタジオでも活躍する本格モデルまで、幅広く紹介いただいています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BOSS 『GT-1』

BOSS/GT-1ボスギターマルチエフェクター BOSS/GT-1ボスギターマルチエフェクター BOSS/GT-1ボスギターマルチエフェクター BOSS/GT-1ボスギターマルチエフェクター BOSS/GT-1ボスギターマルチエフェクター BOSS/GT-1ボスギターマルチエフェクター BOSS/GT-1ボスギターマルチエフェクター

出典:Amazon

サイズ W305×D152×H56mm
重量 1.3kg
電源 アルカリ電池(単3形)×4またはACアダプター(別売)

Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

小型で練習やライブにも持ち運びやすいモデル

「GT-1」は、BOSS(ボス)のマルチエフェクターのエントリーモデルです。

それにしても、よくこの内容をここまでコンパクトにできたものですが、そのためディスプレイは小さめで、ライブなどで使う際には誤操作の危険性があります。それを防ぐためプログラムには工夫が必要になりますが、その手間を補って余りある完成度です。

筐体(きょうたい)はプラスティック製で軽く、同梱物をきずつけないようにエッジを丸く加工するなど、ひじょうに持ち運びやすく工夫されています。

さらに単3電池でも駆動ができるので、電源コンセントから離れたところでも使用できます。屋外やライブハウスで演奏する機会がある方は検討してみてもいいでしょう。ただしACアダプターは別売りなのでご注意を。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ZOOM 『G3Xn』

ZOOMズームギター用マルチエフェクターG3Xn ZOOMズームギター用マルチエフェクターG3Xn ZOOMズームギター用マルチエフェクターG3Xn ZOOMズームギター用マルチエフェクターG3Xn

出典:Amazon

サイズ W318×D181×H64mm
重量 1.84kg
電源 ACアダプタ(DC9V/センターマイナス/500mA(ズーム AD-16))

Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

操作性にすぐれた多機能マルチエフェクター

頑強な見た目の筐体(きょうたい)で重さも約1.8kgと、気軽に持ち運ぶにはちょっと重く感じるかもしれないZOOM「G3Xn」。ただ、マルチエフェクターというと操作が複雑になりがちですが、この機種は大きなディスプレイで簡単にエフェクトを切り替えることができ、直感的に操作できるというメリットがあります。

また、一見してわかると思いますが、コンパクトエフェクターを3つ並べたような外観で、それぞれにマルチファンクションの4個のツマミがあり、操作性はとてもいいです。多彩なエフェクトを使い分けたい方におすすめの機種です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Line 6 『Firehawk FX』

Line6マルチエフェクトプロセッサーFirehawkFX Line6マルチエフェクトプロセッサーFirehawkFX Line6マルチエフェクトプロセッサーFirehawkFX Line6マルチエフェクトプロセッサーFirehawkFX Line6マルチエフェクトプロセッサーFirehawkFX

出典:Amazon

サイズ -
重量 -
電源 -

Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

アンプシミュレートも多彩でスタジオでも活躍

「POD」の「Line 6」による製品です。アンプシミュレートはさすがLine 6、プロクオリティのサウンドが得られます。カラフルなフットスイッチは視認性抜群、ペダルも大きく踏みやすいです。

バランス XLR出力は大きなポイントで、スタジオ機器やPA機材との相性もいいでしょう。インサートのセンド・リターンは工夫次第で便利に使え、お持ちのエフェクターをシステムのなかに組み込むことも可能です。

エディットは「Firehawk Remote」アプリで行なうことができますが、本体のディスプレイとツマミでのエディットも容易なので、ライブ中に調整することも可能です。サウンドクオリティと自由度をお求めの方におすすめの機種です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MOOER 『GE200』

MOOER/GE200マルチエフェクター MOOER/GE200マルチエフェクター MOOER/GE200マルチエフェクター

出典:Amazon

サイズ W297×D145.5×H45.5mm
重量 1.4kg
電源 ACアダプター 9VDC

Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

カラーディスプレーの視認性のよさが使いやすい

MOOER「GE200」はコンパクトですがカラーディスプレイは非常に見やすく、操作性も文句なしのギター用エフェクターです。

55種類の豊富なアンプモデリングを搭載し、そのクオリティも高いですが、エフェクト部分はBOSSやZOOMに比べて若干弱い印象。リズムセクション(Drum Machine)は40種類、フレーズルーパーは最大52秒と充分すぎるほどのスペックです。

さらに、オーディオインターフェイス機能がついているので、ちょっとしたデモテープならこれ1台でできてしまうため、ライブハウスでの演奏から個人的な曲作りまで対応できる、コンパクトな機種をお探しの方におすすめです。また、電源は電池ではなく、専用ACアダプターを使用します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BOSS 『ME-80』

BOSSGuitarMultipleEffectsME-80 BOSSGuitarMultipleEffectsME-80 BOSSGuitarMultipleEffectsME-80 BOSSGuitarMultipleEffectsME-80 BOSSGuitarMultipleEffectsME-80 BOSSGuitarMultipleEffectsME-80 BOSSGuitarMultipleEffectsME-80 BOSSGuitarMultipleEffectsME-80 BOSSGuitarMultipleEffectsME-80 BOSSGuitarMultipleEffectsME-80 BOSSGuitarMultipleEffectsME-80 BOSSGuitarMultipleEffectsME-80 BOSSGuitarMultipleEffectsME-80

出典:Amazon

サイズ W447×D231×H70mm
重量 3.6kg
電源 アルカリ電池(単3形)×6、またはマンガン電池(単3形)×6、またはACアダプター(別売りPSA-100)

Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

ツマミの多さが高い操作性を実現した高性能モデル

MEシリーズのフラッグシップモデル。筐体はコンパクトとはいいがたいですが、各パラメーターはすべてつまみで操作できます。そのうえ、4個に見えて実は8個あるフットスイッチと大きめのペダルで、操作性は非常によく、使い方も簡単です。ライブ中でもサウンドの微調整が瞬時にできるのはこの機種の最大ポイントです。

さらに、別売りのACアダプターだけでなく単3電池での駆動もできるので、電源のない場所でのパフォーマンスも可能。ファクトリープリセットは36と決して多くはないですが、PCと連携してサイトからダウンロードできるため、バリエーションに困ることはないでしょう。

場所を選ばず多彩な演奏をしたい方にマッチした商品です。

Line 6 『マルチエフェクトプロセッサー Helix LT』

Line6マルチエフェクトプロセッサーHelixLT Line6マルチエフェクトプロセッサーHelixLT Line6マルチエフェクトプロセッサーHelixLT Line6マルチエフェクトプロセッサーHelixLT Line6マルチエフェクトプロセッサーHelixLT Line6マルチエフェクトプロセッサーHelixLT Line6マルチエフェクトプロセッサーHelixLT

出典:Amazon

サイズ 53.0×30.3×9.3cm
重量 5.7kg
電源 -

ギタープロセッサーのスタンダードモデル

『Helix LT』は、高いレベルのパフォーマンス、フレキシビリティ、コントロール性を備えたギタープロセッサーのスタンダードモデルです。フラッグシップモデルである「Helix」「Helix Rack」と同様に、パワフルなデュアルDSPを駆使した「HX モデリングエンジン」を搭載し、さまざまなアンプやキャビネット、マイク、エフェクトの音色や挙動を忠実に再現しています。さらにI/O とハードウェア構成を厳選することで、よりお求めやすい価格を実現。また『Helix LT』 のプリセットは「Helix」「Helix Rack」と互換性があるため、これらのモデルのバックアップ用プロセッサーとして『Helix LT』を活用することもできます。

「ギター用マルチエフェクター」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
BOSS 『GT-1』
ZOOM 『G3Xn』
Line 6 『Firehawk FX』
MOOER 『GE200』
BOSS 『ME-80』
Line 6 『マルチエフェクトプロセッサー Helix LT』
商品名 BOSS 『GT-1』 ZOOM 『G3Xn』 Line 6 『Firehawk FX』 MOOER 『GE200』 BOSS 『ME-80』 Line 6 『マルチエフェクトプロセッサー Helix LT』
商品情報
特徴 小型で練習やライブにも持ち運びやすいモデル 操作性にすぐれた多機能マルチエフェクター アンプシミュレートも多彩でスタジオでも活躍 カラーディスプレーの視認性のよさが使いやすい ツマミの多さが高い操作性を実現した高性能モデル ギタープロセッサーのスタンダードモデル
サイズ W305×D152×H56mm W318×D181×H64mm - W297×D145.5×H45.5mm W447×D231×H70mm 53.0×30.3×9.3cm
重量 1.3kg 1.84kg - 1.4kg 3.6kg 5.7kg
電源 アルカリ電池(単3形)×4またはACアダプター(別売) ACアダプタ(DC9V/センターマイナス/500mA(ズーム AD-16)) - ACアダプター 9VDC アルカリ電池(単3形)×6、またはマンガン電池(単3形)×6、またはACアダプター(別売りPSA-100) -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年7月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月27日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ギターマルチエフェクターの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのギターマルチエフェクターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ギターエフェクト・マルチエフェクターランキング
楽天市場:マルチエフェクターランキング
Yahoo!ショッピング:ギターエフェクター本体ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

マルチエフェクターの最大の利点は? レコーディングエンジニアより

レコーディングエンジニア

自宅やスタジオの音をライブで再現できる

マルチエフェクターの最大の利点はセッティングの再現性にすぐれる点です。

現在発売されているマルチエフェクターは、一部の例外を除いてはデジタル回路で構成されていますので、作成したサウンドをメモリーして呼び出すことができます。そして、基本的にほかの機材を必要とせず、それ単体で音作りできますので、過去に作ったサウンドの再現性にすぐれています。

自宅やスタジオなどでじっくり音作りしたものを、ライブでそのまま再現することができますから、それをもとにアップデートすれば、さらなるサウンドクオリティのアップに繋がるでしょう。また、演奏する会場の響きによって残響の具合を変えることなども容易にできます。

ギター用マルチエフェクターと一緒に見たい周辺機器

プロが選ぶオススメエフェクターボード11選

本記事でご紹介したマルチエフェクターと一緒にぜひエフェクターボードも選んでみませんか?

こちらの記事では、プロが選ぶエフェクターボードをご紹介しているので、ぜひ合わせて読んでみてください!

音楽機材選びのプロ・田澤 仁さんに、エフェクターボードの選び方とおすすめ製品ベスト11を教えてもらいました。ぜひこの記事を参考にして、安全かつ便利なエフェクターボードを見つけてください。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみ...

オススメのギター用エフェクター12選!

こちらの記事では、プロがオススメのギター用エフェクターを12個に厳選してご紹介していますので、ぜひ合わせて読んでみてください!

ギタリストにとってプレイの幅を広げてくれるエフェクター。音の歪みや伸び、種類、つなぎ方など初心者はどう選べばいいのか迷いますよね。本記事では音楽DTMライターの田澤 仁さんに聞いた、ギター用エフェクターの選び方とおすすめの商品を紹介。自分の使い方に合ったギターエフェクターを探してみてください。...

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:拝島祐子、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/07/02 コンテンツを一部修正しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


サックス用リードおすすめ13選|素材・硬さ・サックスのサイズで選ぶ

サックス用リードおすすめ13選|素材・硬さ・サックスのサイズで選ぶ

サックスの音色を左右する「リード」。サックスの種類やリードの硬さ、素材、音楽のジャンルに合わせて選ぶのがポイントです。ここでは、ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が、サックス用リードのおすすめと選び方をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


フィジカルコントローラーおすすめ11選|音楽制作の作業効率アップに不可欠

フィジカルコントローラーおすすめ11選|音楽制作の作業効率アップに不可欠

音楽制作やミックスのシーンにおいて、直感的な操作を可能にするフィジカルコントローラー。これを使えば作業効率もアップするので、音楽制作やミックスをしている人はチェックしておきたいところですね。当記事では、フィジカルコントローラーのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


モニタースピーカーおすすめ25選|DTMの基礎知識や選び方も解説

モニタースピーカーおすすめ25選|DTMの基礎知識や選び方も解説

「よりリアリティのある楽曲制作をしたい」「音にこだわりを持って音楽編集をしたい」そう考えている方にピッタリなのがモニタースピーカーです。楽曲制作向きのスピーカーとして広く一般的で、音楽にこだわる方にピッタリの商品です。しかし、初めてモニタースピーカーを購入しようとすると、どんな機能があり、どこに注目していいのかわかりませんよね。本記事では、モニタースピーカーの特徴やDTMの基礎知識、選び方、そしてタイプ別におすすめ商品をご紹介。本記事を読んでいただければ、モニタースピーカーを選ぶ基本的なことを網羅できるはずですので、ぜひ参考にしてください。


アコースティックベースおすすめ14選|旅先でも豊かなサウンドで弾き語り【初心者向けも】

アコースティックベースおすすめ14選|旅先でも豊かなサウンドで弾き語り【初心者向けも】

アコースティックベースは豊かな音が出せるため、演奏できるようになると気持ちよく弾き語りが可能です。本記事では、アコースティックベースの選び方やおすすめ商品をご紹介します。アコースティックベースには種類があり、どのタイプをが希望に合うのかを知ることが大切です。そのうえで、使用素材やそのほかの選択肢を加えてみましょう。記事後半には、アコースティックいベースの弾き方、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


アンプヘッドおすすめ15選|小型のパワフルモデルからクリーン音声モデルまで

アンプヘッドおすすめ15選|小型のパワフルモデルからクリーン音声モデルまで

本記事では、アンプヘッドの選び方のポイントとおすすめ商品について教えてもらいました。また、最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


関連するブランド・メーカー


Roland(ローランド) ZOOM

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。