ギター用マルチエフェクターおすすめ10選|ライブ、レコーディングの音作りに必須

ZOOM ズーム ギター用 マルチエフェクター G3Xn
出典:Amazon

ライブやレコーディングの音作りに欠かせないギター用マルチエフェクター。

本記事では、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんと編集部が厳選したギター用マルチエフェクターおすすめ初心者向けの選び方についてご紹介します。

記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


レコーディングエンジニア
小野寺 孝樹

1989年株式会社ゼロスタジオに入社。 アシスタントを経て、1992年チーフエンジニアに昇格。 その後、数々のレコーディングに携わる。 2001年ゼロスタジオを退社、フリーランスとなる。 以降、レコーディング・ミックスからプログラミングまで、またアイドルソングからプログレまでなんでもこなす便利な人として、活躍中。"

マルチエフェクターとは?

レコーディングスタジオ
ペイレスイメージズのロゴ

マルチエフェクターとは、一台に様々な種類のエフェクトを詰め込んだライブやレコーディングでは欠かせない機器です。

ギター用マルチエフェクターの選び方 レコーディングエンジニアが教えるプロの着眼点

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに、ギター用マルチエフェクターを選ぶときのポイントを教えてもらいました。ギター用ではコンパクトエフェクターも根強い人気ですが、マルチエフェクターも高い注目を集めています。マルチエフェクター独特の選択ポイントをチェックしてみましょう。

ギター用のデバイスたち
Pixabayのロゴ

ライブ中のギタリストの足元は多くのエフェクターやツールでいっぱい。

操作性と可搬性(コンパクトさ)で選ぶ

 

BOSS Guitar Multiple Effects ME-80

ライブなどで音色などを変更する可能性がある場合、エフェクターの操作すべきパラメーターに瞬時にアクセスする必要があります。

「マルチエフェクター=複数のエフェクターをひとつにまとめたもの」という製品の特性上、操作系統が複雑化するのは仕方のないことですが、なるべく操作をしやすいように各メーカーがそれぞれ工夫をしています。そのなかでも、パラメーターをすべて直接調整できるようになっている製品もあり、ご自分の演奏スタイルによって選ぶべき製品が決まってくると思います。

PCやスマホとの連携ができる機種を選ぶ

 

BOSS ボス ME-80 マルチエフェクター

エフェクターはPCやスマホなどと連携することによって、パラメーターやセッティングなどを詳細に渡って調整し保存可能。さらに著名ミュージシャンやプロデューサーの作成したパッチをネットからダウンロードできる機種もあります。

とくにこれからはじめてギター用エフェクターを導入される方は、そのような機能のある機種を選ぶことによって、各エフェクトがどのような効果を生むかという点で音作りの参考になるでしょう。

いろんなエフェクトを同時に使えるかで選ぶ

 

BOSS/GT-1 ボス ギター マルチエフェクター

マルチエフェクターとはその名のとおり、複数のエフェクターを同時に使えるのが特徴です。そのため単機能のコンパクトエフェクターを何台も導入するよりもコストパフォーマンスにすぐれるものが多いうえ、可搬性にすぐれているといえます。

なによりも歪みだけではなく、モジュレーションやLOOPER、チューナーや空間系マルチエフェクターまでもが搭載されているので、多彩なサウンドを必要とする方、足元のセッティングをシンプルにしたい方にはおすすめです。

ギター用マルチエフェクターのおすすめ10選 レコーディングエンジニアが厳選

ギター用マルチエフェクターの選び方のポイントをふまえて、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。手軽な入門モデルからライブやスタジオでも活躍する本格モデルまで、幅広く紹介いただいています。

ZOOM『G6』

ZOOMズームギター用マルチエフェクター【メーカー3年延長保証付】G6 ZOOMズームギター用マルチエフェクター【メーカー3年延長保証付】G6 ZOOMズームギター用マルチエフェクター【メーカー3年延長保証付】G6 ZOOMズームギター用マルチエフェクター【メーカー3年延長保証付】G6 ZOOMズームギター用マルチエフェクター【メーカー3年延長保証付】G6 ZOOMズームギター用マルチエフェクター【メーカー3年延長保証付】G6 ZOOMズームギター用マルチエフェクター【メーカー3年延長保証付】G6 ZOOMズームギター用マルチエフェクター【メーカー3年延長保証付】G6 ZOOMズームギター用マルチエフェクター【メーカー3年延長保証付】G6 ZOOMズームギター用マルチエフェクター【メーカー3年延長保証付】G6

出典:Amazon

スマホ感覚の操作性で極上のサウンドを

ZOOM『G6』は、フラッグシップモデル『G11』と同じ最先端のエフェクトプロセッシング技術と、スマホ感覚で操作できる4.3インチのタッチスクリーンを搭載しています。

22アンプモデル、22キャビネットモデル、135エフェクトを内蔵し、最大7エフェクト+1アンプモデルを同時使用可能。

また、スピーカーキャビネットの鳴りをキャプチャしたインパルス・レスポンスを取り込めるIRローダー機能を搭載し、即戦力の70個のIRデータをプリセットするほか、サードパーティー製のIRデータも最大50個まで本体にロードできます。

VOX『StompLab SL2G ACアダプターセット』

ジャンル別でサウンドを選択可能

ジャンル別で選べるサウンドで、オリジナリティのあるサウンドが作れます。さらにエクスプレッション・ペダルでリアル・タイムにコントロールが可能です。

ZOOM『ベースマルチエフェクター B1Xon』

ZOOMベースマルチエフェクターB1Xon ZOOMベースマルチエフェクターB1Xon ZOOMベースマルチエフェクターB1Xon ZOOMベースマルチエフェクターB1Xon ZOOMベースマルチエフェクターB1Xon

出典:Amazon

コンパクトボディにベーシストのニーズを凝縮

コンプレッサーをはじめ75種類ものベースエフェクトを搭載し、その中から最大5種類のエフェクトを同時に使用できます。エフェクトの接続順は自在に並べ替えられるので、コンパクトでも音作りに妥協はありません。

さらにワウペダルやピッチシフトなどの5種類のペダルコントロールエフェクトを搭載。 ベースの個人練習にも最適です。

深夜でも周囲を気にせず演奏できるヘッドフォン端子や、音楽プレイヤーを接続できるAUX端子、最長30秒までのフレーズをレコーディング可能なルーパー機能も装備しています。

BOSS『ME-25』

BOSSGuitarMultipleEffectsギター用マルチ・エフェクターME-25 BOSSGuitarMultipleEffectsギター用マルチ・エフェクターME-25 BOSSGuitarMultipleEffectsギター用マルチ・エフェクターME-25

出典:Amazon

理想の音色に素早く近づけるギター・マルチ

シンプルで直感的な操作が魅力のMEシリーズの最新モデルです。コスパに優れ、COSMアンプ・モデリングによる迫力のアンプ・サウンドを音作りに活かし、サウンド・ライブラリーを駆使したイージー・オペレーションで、誰でも簡単に目的の音が作れます。

エキスパートのおすすめ

BOSS『GT-1』

BOSS/GT-1ボスギターマルチエフェクター BOSS/GT-1ボスギターマルチエフェクター BOSS/GT-1ボスギターマルチエフェクター BOSS/GT-1ボスギターマルチエフェクター BOSS/GT-1ボスギターマルチエフェクター BOSS/GT-1ボスギターマルチエフェクター BOSS/GT-1ボスギターマルチエフェクター

出典:Amazon

レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹

レコーディングエンジニア

小型で練習やライブにも持ち運びやすいモデル

「GT-1」は、BOSS(ボス)のマルチエフェクターのエントリーモデルです。

それにしても、よくこの内容をここまでコンパクトにできたものですが、そのためディスプレイは小さめで、ライブなどで使う際には誤操作の危険性があります。それを防ぐためプログラムには工夫が必要になりますが、その手間を補って余りある完成度です。

筐体(きょうたい)はプラスティック製で軽く、同梱物をきずつけないようにエッジを丸く加工するなど、ひじょうに持ち運びやすく工夫されています。

さらに単3電池でも駆動ができるので、電源コンセントから離れたところでも使用できます。屋外やライブハウスで演奏する機会がある方は検討してみてもいいでしょう。ただしACアダプターは別売りなのでご注意を。

エキスパートのおすすめ

ZOOM『G3Xn』

ZOOMズームギター用マルチエフェクターG3Xn ZOOMズームギター用マルチエフェクターG3Xn ZOOMズームギター用マルチエフェクターG3Xn ZOOMズームギター用マルチエフェクターG3Xn

出典:Amazon

レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹

レコーディングエンジニア

操作性にすぐれた多機能マルチエフェクター

頑強な見た目の筐体(きょうたい)で重さも約1.8kgと、気軽に持ち運ぶにはちょっと重く感じるかもしれないZOOM「G3Xn」。ただ、マルチエフェクターというと操作が複雑になりがちですが、この機種は大きなディスプレイで簡単にエフェクトを切り替えることができ、直感的に操作できるというメリットがあります。

また、一見してわかると思いますが、コンパクトエフェクターを3つ並べたような外観で、それぞれにマルチファンクションの4個のツマミがあり、操作性はとてもいいです。多彩なエフェクトを使い分けたい方におすすめの機種です。

エキスパートのおすすめ

Line 6『Firehawk FX』

Line6マルチエフェクトプロセッサーFirehawkFX Line6マルチエフェクトプロセッサーFirehawkFX Line6マルチエフェクトプロセッサーFirehawkFX Line6マルチエフェクトプロセッサーFirehawkFX Line6マルチエフェクトプロセッサーFirehawkFX

出典:Amazon

レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹

レコーディングエンジニア

アンプシミュレートも多彩でスタジオでも活躍

「POD」の「Line 6」による製品です。アンプシミュレートはさすがLine 6、プロクオリティのサウンドが得られます。カラフルなフットスイッチは視認性抜群、ペダルも大きく踏みやすいです。

バランス XLR出力は大きなポイントで、スタジオ機器やPA機材との相性もいいでしょう。インサートのセンド・リターンは工夫次第で便利に使え、お持ちのエフェクターをシステムのなかに組み込むことも可能です。

エディットは「Firehawk Remote」アプリで行なうことができますが、本体のディスプレイとツマミでのエディットも容易なので、ライブ中に調整することも可能です。サウンドクオリティと自由度をお求めの方におすすめの機種です。

エキスパートのおすすめ

MOOER『GE200』

MooerGE200マルチエフェクター MooerGE200マルチエフェクター MooerGE200マルチエフェクター

出典:Amazon

レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹

レコーディングエンジニア

カラーディスプレーの視認性のよさが使いやすい

MOOER「GE200」はコンパクトですがカラーディスプレイは非常に見やすく、操作性も文句なしのギター用エフェクターです。

55種類の豊富なアンプモデリングを搭載し、そのクオリティも高いですが、エフェクト部分はBOSSやZOOMに比べて若干弱い印象。リズムセクション(Drum Machine)は40種類、フレーズルーパーは最大52秒と充分すぎるほどのスペックです。

さらに、オーディオインターフェイス機能がついているので、ちょっとしたデモテープならこれ1台でできてしまうため、ライブハウスでの演奏から個人的な曲作りまで対応できる、コンパクトな機種をお探しの方におすすめです。また、電源は電池ではなく、専用ACアダプターを使用します。

エキスパートのおすすめ

BOSS『ME-80』

レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹

レコーディングエンジニア

ツマミの多さが高い操作性を実現した高性能モデル

MEシリーズのフラッグシップモデル。筐体はコンパクトとはいいがたいですが、各パラメーターはすべてつまみで操作できます。そのうえ、4個に見えて実は8個あるフットスイッチと大きめのペダルで、操作性は非常によく、使い方も簡単です。ライブ中でもサウンドの微調整が瞬時にできるのはこの機種の最大ポイントです。

さらに、別売りのACアダプターだけでなく単3電池での駆動もできるので、電源のない場所でのパフォーマンスも可能。ファクトリープリセットは36と決して多くはないですが、PCと連携してサイトからダウンロードできるため、バリエーションに困ることはないでしょう。

場所を選ばず多彩な演奏をしたい方にマッチした商品です。

Line 6『マルチエフェクトプロセッサー Helix LT』

Line6マルチエフェクトプロセッサーHelixLT Line6マルチエフェクトプロセッサーHelixLT Line6マルチエフェクトプロセッサーHelixLT Line6マルチエフェクトプロセッサーHelixLT Line6マルチエフェクトプロセッサーHelixLT Line6マルチエフェクトプロセッサーHelixLT Line6マルチエフェクトプロセッサーHelixLT

出典:Amazon

ギタープロセッサーのスタンダードモデル

『Helix LT』は、高いレベルのパフォーマンス、フレキシビリティ、コントロール性を備えたギタープロセッサーのスタンダードモデルです。

フラッグシップモデルである「Helix」「Helix Rack」と同様に、パワフルなデュアルDSPを駆使した「HX モデリングエンジン」を搭載し、さまざまなアンプやキャビネット、マイク、エフェクトの音色や挙動を忠実に再現しています。

さらにI/O とハードウェア構成を厳選することで、よりお求めやすい価格を実現。また『Helix LT』 のプリセットは「Helix」「Helix Rack」と互換性があるため、これらのモデルのバックアップ用プロセッサーとして『Helix LT』を活用することもできます。

「ギター用マルチエフェクター」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ZOOM『G6』
VOX『StompLab SL2G ACアダプターセット』
ZOOM『ベースマルチエフェクター B1Xon』
BOSS『ME-25』
BOSS『GT-1』
ZOOM『G3Xn』
Line 6『Firehawk FX』
MOOER『GE200』
BOSS『ME-80』
Line 6『マルチエフェクトプロセッサー Helix LT』
商品名 ZOOM『G6』 VOX『StompLab SL2G ACアダプターセット』 ZOOM『ベースマルチエフェクター B1Xon』 BOSS『ME-25』 BOSS『GT-1』 ZOOM『G3Xn』 Line 6『Firehawk FX』 MOOER『GE200』 BOSS『ME-80』 Line 6『マルチエフェクトプロセッサー Helix LT』
商品情報
特徴 スマホ感覚の操作性で極上のサウンドを ジャンル別でサウンドを選択可能 コンパクトボディにベーシストのニーズを凝縮 理想の音色に素早く近づけるギター・マルチ 小型で練習やライブにも持ち運びやすいモデル 操作性にすぐれた多機能マルチエフェクター アンプシミュレートも多彩でスタジオでも活躍 カラーディスプレーの視認性のよさが使いやすい ツマミの多さが高い操作性を実現した高性能モデル ギタープロセッサーのスタンダードモデル
サイズ W418×D228×H65mm - D155×W237×H50mm 9.3 x 30 x 19.1 cm W305×D152×H56mm W318×D181×H64mm - W297×D145.5×H45.5mm W447×D231×H70mm 53.0×30.3×9.3cm
重量 1.9 kg - 640g(電池含まず) 0.5kg 1.3kg 1.84kg - 1.4kg 3.6kg 5.7kg
電源 ACアダプタ(AD-16) アルカリ電池 4単3形電池+ACアダプター(付属) 単3電池 × 4本、ACアダプタ (別売) ‎6 単3形 アルカリ電池 アルカリ電池(単3形)×4またはACアダプター(別売) ACアダプタ(DC9V/センターマイナス/500mA(ズーム AD-16)) - ACアダプター 9VDC アルカリ電池(単3形)×6、またはマンガン電池(単3形)×6、またはACアダプター(別売りPSA-100) -
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年7月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ギターマルチエフェクターの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのギターマルチエフェクターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ギターエフェクト・マルチエフェクターランキング
楽天市場:マルチエフェクターランキング
Yahoo!ショッピング:ギターエフェクター本体ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ギター用マルチエフェクターと一緒に見たい周辺機器

マルチエフェクターの最大の利点は? レコーディングエンジニアからのアドバイス

レコーディングエンジニア

自宅やスタジオの音をライブで再現できる

マルチエフェクターの最大の利点はセッティングの再現性にすぐれる点です。

現在発売されているマルチエフェクターは、一部の例外を除いてはデジタル回路で構成されていますので、作成したサウンドをメモリーして呼び出すことができます。そして、基本的にほかの機材を必要とせず、それ単体で音作りできますので、過去に作ったサウンドの再現性にすぐれています。

自宅やスタジオなどでじっくり音作りしたものを、ライブでそのまま再現することができますから、それをもとにアップデートすれば、さらなるサウンドクオリティのアップに繋がるでしょう。また、演奏する会場の響きによって残響の具合を変えることなども容易にできます。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

パーティー好きの祭人。編集歴17年。趣味はギターとDJ、ランニング。特技はフリーダイビング。週末はゴールデン街と中華街、コリアンタウンにいることが多い。芸能誌の編集、アスリートもの単行本制作などを経て現在に至る。将来は南の島で悠々自適に暮らしたい。

関連する記事


ベース用プリアンプおすすめ12選|音楽ライターが選び方と厳選機種を解説

ベース用プリアンプおすすめ12選|音楽ライターが選び方と厳選機種を解説

「ベース用プリアンプ」はライブや自宅でのレコーディングなどで大活躍するエフェクターです。MXRやEDEN、Vivieといったメーカーから、原音・重低音重視、歪み系などさまざまな特徴を持つ機種が販売されています。また、ヘッドホン出力やDI機能付きなど、人気モデルから定番まで何を選べばいいか迷ってしまいますよね。本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、選び方のポイントと、おすすめの商品を紹介します。ぜひ、ベース用プリアンプ選びの参考にしてみてください。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon エレキギター・エレキベース , アンプ , 楽器

【音楽のプロ監修】エフェクターボードおすすめ10選|定番や高機能モデルも紹介

【音楽のプロ監修】エフェクターボードおすすめ10選|定番や高機能モデルも紹介

本記事では、音楽機材選びのプロ・田澤 仁さんへの取材のもと、エフェクターボードの基本知識や、失敗しない選び方、そしておすすめ商品をご紹介。ぜひ参考にしてください。

tag icon 音楽機材 , ホビー・ゲーム , 音楽用品

ギターアンプおすすめ14選|自宅練習からライブまで! Bluetooth対応機も

ギターアンプおすすめ14選|自宅練習からライブまで! Bluetooth対応機も

エレキギターに欠かせないギターアンプは、小型で自宅練習向きや出力にゆとりのあるもの、エフェクターが内蔵されたもの、豊富な入出力端子を備えたタイプなど、さまざまな種類があります。この記事では、小物王・納富廉邦さんと編集部が厳選したギターアンプのおすすめと選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon エレキギター・エレキベース , アンプ , 音楽機材

マイクスタンドおすすめ22選|卓上・アーム式などタイプ別にご紹介

マイクスタンドおすすめ22選|卓上・アーム式などタイプ別にご紹介

これまでは、講演会やコンサートなどで使用されることが多かったマイクスタンド。しかし、投稿型動画サイトやSNSの普及により、家庭でも使用する人が増えてきました。そこで、この記事ではマイクスタンドの選び方とおすすめ商品ご紹介します。マイクスタンドがあれば、録音やライブ配信の精度もぐんと上がるのでぜひチェックしてみてくださいね。

tag icon マイク , 音楽機材 , 音楽用品

モニタースピーカーおすすめ21選|DTMの基礎知識や選び方も解説

モニタースピーカーおすすめ21選|DTMの基礎知識や選び方も解説

「よりリアリティのある楽曲制作をしたい」「音にこだわりを持って音楽編集をしたい」そう考えている方にピッタリなのがモニタースピーカーです。楽曲制作向きのスピーカーとして広く一般的で、音楽にこだわる方にピッタリの商品です。しかし、初めてモニタースピーカーを購入しようとすると、どんな機能があり、どこに注目していいのかわかりませんよね。本記事では、モニタースピーカーの特徴やDTMの基礎知識、選び方、そしてタイプ別におすすめ商品をご紹介。本記事を読んでいただければ、モニタースピーカーを選ぶ基本的なことを網羅できるはずですので、ぜひ参考にしてください。

tag icon DTM機材 , スピーカー , 音楽機材

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。