エフェクターボードのおすすめ6選!音楽ライターが解説【機能やサイズで選ぶ】

エフェクターボードのおすすめ6選!音楽ライターが解説【機能やサイズで選ぶ】
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター
田澤 仁

90年代にプロドラマーとして活動、その後、音楽ライターとして書籍、雑誌などの執筆を行なっている。 DTM、PCオーディオ関連の著書、DTMソフト、シンセサイザーの日本語マニュアル制作など多数。 Webでは2007年~2009年までサイトAll Aboutで「ロック」のガイドを務めたほか、音楽情報サイトBARKSでは国内外の数多くの有名アーティストのインタビュー、ライブ取材などを行なっている。 得意分野はAOR、ハードロック、フュージョン、80年代。

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材のもと、エフェクターボードの選び方とおすすめの商品を紹介します。エフェクターボードを使うことによって、複数個のエフェクターの電源や配線を固定したまま持ち運ぶことができます。そんなエフェクターボードは、複数のエフェクターを使うギタリストやベーシストには必須のアイテムですよね。ただし、エフェクターを持ち運ぶ際には、安全に持ち運ぶ必要があります。ぜひこの記事を参考にして、安全かつ便利なエフェクターボードを見つけてください。記事の最後には各通販サイトのランキングも掲載していますので、そちらもあわせて参考にしてみてくださいね!


エフェクターボード選び方 音楽ライターに聞く

音楽ライターの田澤 仁さんに、エフェクターボードを選ぶ際に気を付けたいポイントを3つ教えていただきました。

地面に置かれたエフェクターボード

Photo by natsuki on Unsplash

エフェクターボードはどんな種類があるのでしょうか?持ち運びやすさも大事なポイントです。

ボード内蔵型のソフトケースがベストバランス

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

エフェクターボードには、ハードケースタイプとソフトケースタイプがあります。

ハードケースは、なかに入れたエフェクターを保護できることや、フタをあけて足元に置くだけでセッティングが完了する手軽さがメリットです。重くなってしまうので、車での移動が多い人に向いているでしょう。

一方、最近増えてきているのが軽いソフトケースタイプ。エフェクターバッグと呼ばれることもあります。中身の保護ではハードケースにはかないませんが、ショルダーストラップがついているなど持ちやすいため、電車移動もさほど苦にならないでしょう。

ほとんどのソフトケースでは内部にエフェクターを固定するボードがあり、このボードを取り出すだけでセッティングできるので、使い勝手はハードタイプに負けていません。車に重ねて積み込んだりしないのなら、こちらのタイプがおすすめです。

モリダイラ楽器『Palmer PEDALBAY 40』

ソフトケースタイプのエフェクターボード。軽量で丈夫な素材を使用した、使いやすさにこだわった商品です!

>> Amazonで詳細を見る

使うエフェクターによってサイズを決める

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

使うエフェクターの数によって、エフェクターボードのサイズが決まってきます。どんなエフェクターがいくつ必要か考えて、エフェクターボードに入れるものをあらかじめ決めておきましょう。

たとえば一般的なコンパクトエフェクター3つを横に並べるなら300mm程度の幅が必要になりますが、エフェクターの機種によってサイズが違うことがあるし、配置のしかたによっても必要な面積は変わってきます。

おすすめは、使うエフェクターを実際に並べてみることです。そしてエフェクターを置いた範囲の幅や奥行きを計測しておけば、必要なエフェクターボードの内寸がわかります。あまりきっちりと詰め込みすぎると使いにくくなってしまうので、少し余裕を持ったサイズを選ぶようにするとよいでしょう。

ローランド『BOSS BCB-60』

横並びにエフェクターを最大6つ収納可能なエフェクターボード。コンパクトながら充実の機能が満載!

>> Amazonで詳細を見る

エフェクターをきちんと固定できるものを

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

エフェクターを、ケース内部のスポンジなどの緩衝材(かんしょうざい)に置くだけのタイプもありますが、それでは移動時などにエフェクターが傷ついたり、配置がごちゃごちゃになったりしてしまいます。エフェクターがきちんと固定されるものを選ぶことが大切です。

固定の方法としてもっとも多いのは、面ファスナーで固定するタイプです。つけたり外したりが簡単にできるので、エフェクターの交換や配置の変更も楽に行なえます。とくにこだわりがなければこのタイプを選ぶとよいでしょう。ただしエフェクターの底面に面ファスナーのテープを貼らなければならないし、友人のエフェクターを借りて一時的に組み込んだりするのは難しくなります。

ゴムバンドで固定するタイプは、テープを貼る必要はありませんが、面ファスナーに比べてエフェクターの入れ替えにち少し手間がかかります。また、ボードにエフェクターを固定する専用の器具もあります。面ファスナーやゴムバンドよりは高価ですが、確実に固定でき、取り外しも楽になります。単体で売られているものが多いので、あとから追加して使うとよいでしょう。

キョーリツコーポレーション『KC EC-65 BK』

面ファスナーで固定するハードケースタイプのエフェクターボード。奥行に余裕もあるので、長いエフェクターの設置が可能になっています。

>> Amazonで詳細を見る

エフェクターボードのおすすめ6選 音楽ライターが厳選!

ここまで紹介した選び方のポイントをふまえ、音楽ライターの田澤 仁さんにおすすめ商品を選んでいただきました。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ローランド『BOSS BCB-60』

ローランド『BOSSBCB-60』

出典:Amazon

タイプ ハードケース
サイズ(外寸) 幅670×奥行370×高さ100mm
サイズ(内寸) -
重量 3.8kg
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

BOSSのコンパクトエフェクターを使うならこれ

コンパクトエフェクターの世界的ブランド、BOSSのエフェクターボードです。内部のパッドには、同社のコンパクトエフェクターの形状に合わせた切れ込みが入っていて、テープなどを使わず置くだけでエフェクターを固定できます。切れ込みのないパッドも付属しているので、カットして他社製エフェクターを使うこともできます。

コンパクトエフェクター6個を並べられるほか、同社製チューナーを置くのにちょうどよいサイズの小物入れも装備。さらにACアダプターを内蔵していてエフェクターへの電源供給も可能、出力はステレオエフェクターにも対応する2系統が用意されるなど、コンパクトながらとても機能が充実したエフェクターボードです。エフェクターの個数が少ないなら、3個だけ入れられるコンパクトなBCB-30がおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モリダイラ楽器『Palmer PEDALBAY 40』

モリダイラ楽器『PalmerPEDALBAY40』 モリダイラ楽器『PalmerPEDALBAY40』 モリダイラ楽器『PalmerPEDALBAY40』 モリダイラ楽器『PalmerPEDALBAY40』 モリダイラ楽器『PalmerPEDALBAY40』 モリダイラ楽器『PalmerPEDALBAY40』 モリダイラ楽器『PalmerPEDALBAY40』

出典:Amazon

タイプ ソフトケース
サイズ(外寸) -
サイズ(内寸) 幅450×奥行305×高さ70~85mm
重量 3.83kg
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

角度調整可能なボードが付属するソフトケース

ソフトケースに、すのこ状のエフェクターボードをセットにした製品です。アルミ製のボードには面ファスナーが貼られていて、エフェクターにテープを貼ればすぐに配置することができます。ボードは前側の足のねじで高さ調整ができ、エフェクターを踏みやすい角度に傾きをつけることができるのが大きな特徴です。

また、ボード裏面にも余裕があるので、ゴムバンドでACアダプターを取り付けることも可能です。さらにサイズの大きい60や60L、エフェクターを横一列に並べるコンパクトな50Sなど、サイズ違いも用意されているので、エフェクターの数に応じて選ぶことができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

神田商会『MUSIC WORKS EBB1-M/BK』

神田商会『MUSICWORKSEBB1-M/BK』

出典:Amazon

タイプ ソフトケース
サイズ(外寸) 幅420×奥行95×高さ340mm
サイズ(内寸) 幅390×奥行75×高さ310mm
重量 1.6kg(ボードの重さを含む)
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

軽量で持ち運びしやすさ抜群のソフトケース

しっかりしたショルダーストラップがついていて持ちやすく、とても軽量なので、電車移動の人にもおすすめのソフトケースタイプです。この手の製品で重くなりがちなのがエフェクターを固定するボードですが、本製品のボードは合板とポリエステル製なのでとても軽量です。また、両サイドにハンドルがついているので取り出しも簡単です。

ケースの外側には大きなポケットがあり、A4サイズも入れられるので、譜面やケーブルなど、ギター以外のものをすべてこのケースにまとめることができます。

同シリーズにはこのほか、バックパックスタイルで背負える大きな『EBB3-L』や、エフェクター2~3個にちょうどよいコンパクトな『EBB1-SS』など、豊富なサイズがラインナップされています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

アルモア『PS-2C』

アルモア『PS-2C』

出典:Amazon

タイプ ハードケース
サイズ(外寸) 幅574×奥行331×高さ122mm
サイズ(内寸) 幅554×奥行313×高さ85mm
重量 4.5kg
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

超定番の堅牢(けんろう)なハードケースタイプ

機材ケースの定番として多くのプロにも使われているアルモアのハードケースは、FRP製でとても頑丈な作り。外部からの衝撃に強いのはもちろん、フタを閉めればフタの裏側のスポンジが内部のエフェクターを上からしっかり押さえてくれるので、移動時になかのエフェクターが動いてしまう心配もありません。

エフェクターを置く面はテープが貼りつきやすいレザー張りで、面ファスナーのテープも付属しています。少し重いので、徒歩や電車移動には向きませんが、そのぶん耐久性は抜群です。頻繁に機材車でライブをしに行く人には、このケースが最適です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キョーリツコーポレーション『KC EC-65/BK』

キョーリツコーポレーション『KCEC-65/BK』 キョーリツコーポレーション『KCEC-65/BK』 キョーリツコーポレーション『KCEC-65/BK』

出典:Amazon

タイプ ハードケース
サイズ(外寸) -
サイズ(内寸) 幅(約)495×奥行(約)350×高さ(約)65+20mm(上蓋+下蓋)
重量 2.8kg
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

ペダルもOK、コスパのよいハードケースタイプ

面ファスナーテープで固定する方式のハードケースです。入れられるコンパクトエフェクターは横並びに4個程度ですが、奥行きが長く350mmもあるので、ワウペダルやボリュームペダルなど、上下に長さのあるエフェクターも入れられます。

上部にスペースがあるので、電源ケーブルもすっきり配線できるでしょう。上蓋側にウレタンが詰められていて、内部のエフェクターを保護してくれるので安心して持ち運べます。サイド側にもハンドルがつけられているので、縦置きしたときにも持ちやすいです。

とてもコストパフォーマンスがよく、初めてのハードケースタイプのエフェクターボードとしておすすめの製品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キョーリツコーポレーション『KC EFBD-01』

キョーリツコーポレーション『KCEFBD-01』 キョーリツコーポレーション『KCEFBD-01』 キョーリツコーポレーション『KCEFBD-01』 キョーリツコーポレーション『KCEFBD-01』 キョーリツコーポレーション『KCEFBD-01』 キョーリツコーポレーション『KCEFBD-01』

出典:Amazon

タイプ ソフトケース
サイズ(外寸) -
サイズ(内寸) 幅440×奥行300×高さ75mm
重量 1.05kg
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

踏みやすい低めのボード付属のソフトケース

アルミフレームの堅牢なボードが付属するソフトケースです。あまり足を上げずにエフェクターのスイッチを踏めるよう、ボードの高さが約20mmと低く抑えられています。

ボードは1枚の板状で、面ファスナーテープなどでエフェクターを固定します。ボードにはハンドルがついていて取り出しやすく、ケース内部ではボードごと固定できるようバックルつきのストラップも装備するなど、使いやすさも抜群です。

ケースも底面にはゴム足がついているなどしっかりした作りになっているほか、大型のポケットもあるので、ケーブルや譜面などもいっしょに収納できます。

「エフェクターボード」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ローランド『BOSS BCB-60』
モリダイラ楽器『Palmer PEDALBAY 40』
神田商会『MUSIC WORKS EBB1-M/BK』
アルモア『PS-2C』
キョーリツコーポレーション『KC EC-65/BK』
キョーリツコーポレーション『KC EFBD-01』
商品名 ローランド『BOSS BCB-60』 モリダイラ楽器『Palmer PEDALBAY 40』 神田商会『MUSIC WORKS EBB1-M/BK』 アルモア『PS-2C』 キョーリツコーポレーション『KC EC-65/BK』 キョーリツコーポレーション『KC EFBD-01』
商品情報
特徴 BOSSのコンパクトエフェクターを使うならこれ 角度調整可能なボードが付属するソフトケース 軽量で持ち運びしやすさ抜群のソフトケース 超定番の堅牢(けんろう)なハードケースタイプ ペダルもOK、コスパのよいハードケースタイプ 踏みやすい低めのボード付属のソフトケース
タイプ ハードケース ソフトケース ソフトケース ハードケース ハードケース ソフトケース
サイズ(外寸) 幅670×奥行370×高さ100mm - 幅420×奥行95×高さ340mm 幅574×奥行331×高さ122mm - -
サイズ(内寸) - 幅450×奥行305×高さ70~85mm 幅390×奥行75×高さ310mm 幅554×奥行313×高さ85mm 幅(約)495×奥行(約)350×高さ(約)65+20mm(上蓋+下蓋) 幅440×奥行300×高さ75mm
重量 3.8kg 3.83kg 1.6kg(ボードの重さを含む) 4.5kg 2.8kg 1.05kg
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年2月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月13日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする エフェクターボードの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのエフェクターボードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ギターエフェクターケース ランキング
楽天市場:エフェクターケースランキング
Yahoo!ショッピング:エフェクターボードランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

音楽ライターからのアドバイス

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

余裕のあるサイズを選ぼう

エフェクターボードを選ぶときには、どんなサイズにするかがもっとも悩ましいところですが、少し余裕を持ったサイズにすることをおすすめします。エフェクターはつい増やしたくなるものですから、初めから1~2個増えてもよいサイズにするのがよいでしょう。

使うエフェクターがきっちり決まっているという人でも、エフェクターどうしを接続するパッチケーブルや、ACアダプター、電源ケーブルなどのスペースも忘れずに確保してください。とはいえ、大きすぎるものは重くて持ち運びしにくくなりますので、少しだけ余裕があるサイズがベストでしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレはコンパクトで価格も高額ではないため、趣味として人気が高まっている楽器です。本記事では、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部がウクレレ初心者楽譜の選び方やおすすめ12商品をご紹介します。これから、ウクレレ初心者楽譜を購入予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。


キーボードケースおすすめ12選|ソフト・ハード・鍵盤のサイズで選ぶ!

キーボードケースおすすめ12選|ソフト・ハード・鍵盤のサイズで選ぶ!

キーボードの持ち運びや保管時には、キーボードケースに入れておく必要があります。タイプはハードとソフトの2タイプ。ほかに鍵盤のサイズや商品によって対応している機種も異ってきます。そこで、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部が選んだキーボードケースのおすすめ商品12選と、キーボードケースの選び方をご紹介します。


キーボードスタンドおすすめ12選|【X型・Z型・テーブル型】タイプで選ぶ

キーボードスタンドおすすめ12選|【X型・Z型・テーブル型】タイプで選ぶ

自宅やライブイベントなどでキーボードを演奏するときに欠かせない、キーボードスタンド。X型やZ型、テーブル型など、さまざまな種類があります。そこで、ピアノ講師の山野辺祥子さんにお話をうかがい、キーボードスタンドを選ぶときのポイントと、山野辺祥子さんと編集部が選んだおすすめの商品を12選ご紹介します。


アコースティックベースおすすめ12選|旅先でも豊かなサウンドで弾き語り

アコースティックベースおすすめ12選|旅先でも豊かなサウンドで弾き語り

アコースティックベースは豊かな音が出せるため、演奏できるようになると気持ちよく弾き語りが可能です。本記事では、元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部がアコースティックベースの選び方やおすすめ商品をご紹介します。アコースティックベースには種類があり、どのタイプをが希望に合うのかを知ることが大切です。そのうえで、使用素材やそのほかの選択肢を加えてみましょう。


チューナーおすすめ5選|ギターの種類やシーンに応じて選ぼう

チューナーおすすめ5選|ギターの種類やシーンに応じて選ぼう

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんにギターや楽器の演奏に欠かせないチューナーの選び方をうかがいました。チューナーは値段だけで選んでしまうと本当に求める機能が備わっていないことがあります。すえ置きタイプやクリップタイプなど操作性をはじめ、メトロノーム機能やキャリブレーション機能など使用するシーンに合ったものを選ぶことが大切です。本記事では、使用するシーンに合った機能付きチューナーでおすすめ商品を5つご紹介します。チューナーを買おうと思っているけど、たくさんの種類からどれを選べばいいのかわからない方は、プロが教えるポイントを参考に探してみましょう!


新着記事


アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

背負子は荷物の形状を問わず積載できる便利アイテム。本格的なタイプから使い勝手抜群の多機能タイプまであります。この記事では、背負子の特徴を含め、素材や形状、スペックなど選び方のポイントと、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。


【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

サムライ香水は気軽に使えるさわやかな香りのイメージですが、スパイシーな香りやセクシーで官能的な香りの香水も発売されています。本記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表 K.Denny B.さんと編集部が選んだおすすめ商品12選と、サムライ香水の選び方を紹介します。


クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

上品な大人の女性をイメージさせるハイブランドのクロエ。バッグやアクセサリーに加えて香水の人気も高く、多くの女性から愛され続けています。この記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表K.Denny B.さんと編集部が選んだクロエの香水のおすすめ12選と選び方をご紹介していきます。


ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレはコンパクトで価格も高額ではないため、趣味として人気が高まっている楽器です。本記事では、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部がウクレレ初心者楽譜の選び方やおすすめ12商品をご紹介します。これから、ウクレレ初心者楽譜を購入予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。


ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトは、リビングや玄関をおしゃれな空間に演出してくれる壁掛け灯です。配線工事が必要なものも多いですが、なかには取りつけがかんたんなコンセントタイプもあります。ここでは、ブラケットライトを選び方のポイントを解説し、インテリアコーディネーターの坂口 愛さんと編集部が選ぶおすすめ18商品をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る