おすすめの「音楽機材」に関する記事

アンプやエフェクターなど音楽機材の選び方とおすすめ情報、関連情報をお届けします。

音楽機材に関連するタグ

DTM機材
>>音楽機材に関連するタグ一覧

アコースティックベースおすすめ12選|旅先でも豊かなサウンドで弾き語り

アコースティックベースおすすめ12選|旅先でも豊かなサウンドで弾き語り

アコースティックベースは豊かな音が出せるため、演奏できるようになると気持ちよく弾き語りが可能です。本記事では、元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部がアコースティックベースの選び方やおすすめ商品をご紹介します。アコースティックベースには種類があり、どのタイプをが希望に合うのかを知ることが大切です。そのうえで、使用素材やそのほかの選択肢を加えてみましょう。


キーボードケースおすすめ12選|ソフト・ハード・鍵盤のサイズで選ぶ!

キーボードケースおすすめ12選|ソフト・ハード・鍵盤のサイズで選ぶ!

キーボードの持ち運びや保管時には、キーボードケースに入れておく必要があります。タイプはハードとソフトの2タイプ。ほかに鍵盤のサイズや商品によって対応している機種も異ってきます。そこで、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部が選んだキーボードケースのおすすめ商品12選と、キーボードケースの選び方をご紹介します。


キーボードスタンドおすすめ12選|【X型・Z型・テーブル型】タイプで選ぶ

キーボードスタンドおすすめ12選|【X型・Z型・テーブル型】タイプで選ぶ

自宅やライブイベントなどでキーボードを演奏するときに欠かせない、キーボードスタンド。X型やZ型、テーブル型など、さまざまな種類があります。そこで、ピアノ講師の山野辺祥子さんにお話をうかがい、キーボードスタンドを選ぶときのポイントと、山野辺祥子さんと編集部が選んだおすすめの商品を12選ご紹介します。


エフェクターボードのおすすめ6選!音楽ライターが解説【機能やサイズで選ぶ】

エフェクターボードのおすすめ6選!音楽ライターが解説【機能やサイズで選ぶ】

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材のもと、エフェクターボードの選び方とおすすめの商品を紹介します。エフェクターボードを使うことによって、複数個のエフェクターの電源や配線を固定したまま持ち運ぶことができます。そんなエフェクターボードは、複数のエフェクターを使うギタリストやベーシストには必須のアイテムですよね。ただし、エフェクターを持ち運ぶ際には、安全に持ち運ぶ必要があります。ぜひこの記事を参考にして、安全かつ便利なエフェクターボードを見つけてください。記事の最後には各通販サイトのランキングも掲載していますので、そちらもあわせて参考にしてみてくださいね!


ベース用シールドのおすすめ6選|音楽ライターが選ぶ【ツウはシールドにこだわる!】

ベース用シールドのおすすめ6選|音楽ライターが選ぶ【ツウはシールドにこだわる!】

シールドとは、ベースをアンプやエフェクターにつなぐときに使うケーブルのこと。シールドにこだわりを持っているベーシストもいますが、なんとなく使っている方も少なくないようです。シールドにはさまざまな種類があり、音質はもちろん使い勝手などそれぞれ違いがあります。この記事では音楽ライターの田澤 仁さんへの取材のもと、ベース用シールドのおすすめと選び方を紹介します。記事の後半には通販サイトのランキングもあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


ストラトキャスターおすすめ6選! 音楽ライターが選ぶ|ピックアップ構成やアームの種類をチェック

ストラトキャスターおすすめ6選! 音楽ライターが選ぶ|ピックアップ構成やアームの種類をチェック

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ストラトキャスター(およびストラトタイプのギター)の選び方と、おすすめの6製品を掲載。ストラトキャスターは、エレキギターを代表する機種のひとつ。もともとはフェンダーが開発・販売してきたギターですが、現在では「ストラトタイプ」としてさまざまなメーカーからこのタイプのギターが出ています。ストラトといってもその内容はバラティに富んでいて、ピックアップの構成やトレモロアームの種類など、多彩な仕様のギターがあります。なおストラトタイプのギターはとても数が多く、ビンテージなど高価な製品もたくさんありますが、本記事では比較的手の届きやすい価格帯の製品を中心にご紹介します。


カラオケマイクおすすめ7選 | プロも厳選、自宅で歌ってストレス解消

カラオケマイクおすすめ7選 | プロも厳選、自宅で歌ってストレス解消

この記事では音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、カラオケマイクの選び方とおすすめ商品をご紹介します。ご自宅で歌ってストレスを解消しましょう。マイク内蔵のカラオケ楽曲を再生して歌える機種はもちろん、各種サウンド効果やライトアップ機能、そしてカラオケアプリなしでも使用できるボーカルオフ機能があるものなどをご紹介します。


ギタースタンドおすすめ5選|吊り下げタイプのものもご紹介!

ギタースタンドおすすめ5選|吊り下げタイプのものもご紹介!

本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ギタースタンドの選び方と、おすすめ商品をご紹介します。ギタリストにとって、あると便利なギタースタンド。演奏の合間にちょっとギターを置くだけでなく、インテリアの一部としてギターを飾るなど、日常の保管場所として便利に使えるものもあります。日ごろからギタースタンドで手の届くところにギターを置いておけば、億劫がらずにすぐに練習しようという気になるかもしれませんね。ぜひ、本記事を参考にあなたに合ったギタースタンドを選んでみましょう!


ベース用プリアンプおすすめ6選【音楽ライター厳選】ベースの基本的音色を作る!

ベース用プリアンプおすすめ6選【音楽ライター厳選】ベースの基本的音色を作る!

本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、選び方のコツと、おすすめのベース用プリアンプをご紹介します。ベーシストがぜひ持っていたいのがプリアンプ。プリアンプがあれば、ベースアンプやPAに送る前に基本的なベースの音色を整えられるので、ライブハウスや練習スタジオなど、使うアンプが毎回変わるような場合でも、同じ音作りをすることができます。ぜひ、プリアンプ選びの参考にしてみてください。


音楽ライターがおすすめの【歪み系エフェクター6選】迫力のサウンドを手に入れる!

音楽ライターがおすすめの【歪み系エフェクター6選】迫力のサウンドを手に入れる!

ギタリストにとってもっとも身近なエフェクターといえば、歪み系エフェクターでしょう。音を厚くパワフルにし、伸びをよくする歪み系エフェクターは、ロックに限らず利用範囲の広いエフェクターです。ただ、歪み系エフェクターは、エフェクターのなかでも数が多く、さまざまな商品があるため、どれを選んだらよいか迷ってしまうこともあるでしょう。そこで本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、歪み系エフェクターの選び方と、おすすめの商品をご紹介します。


使いやすさと音で選ぶ! ベース用コンプレッサーおすすめ5選【音楽ライター厳選】

使いやすさと音で選ぶ! ベース用コンプレッサーおすすめ5選【音楽ライター厳選】

音の粒をそろえてくれるコンプレッサーは、安定感あるベースサウンドを作るうえで欠かせないエフェクターです。比較的効果がわかりにくいといわれるコンプレッサーですが、ベース用に限ってもさまざまな種類があり、作れる音もそれぞれ個性があります。どれを選べばいいか分からないという方のために、本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ベース用コンプレッサーの選び方と、おすすめのベース用コンプレッサーを紹介します。


アンプヘッドおすすめ5選|パワフルな小型タイプもご紹介!

アンプヘッドおすすめ5選|パワフルな小型タイプもご紹介!

IT&家電ライターが選ぶアンプヘッド5選をご紹介します。アンプヘッドとは、ギターやベースの電気信号を増幅してスピーカーキャビネットを鳴らすための音響機器。好みのスピーカーと組み合わせることでより幅広い音作りができます。本記事では、IT&家電ライターの秋葉けんたさんにお話をうかがい、アンプヘッドの選び方のポイントとおすすめ商品について教えてもらいました。また、最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【真空管ギターアンプおすすめ6選】ナチュラルドライブで深みのあるサウンドに! 音楽ライターが解説

【真空管ギターアンプおすすめ6選】ナチュラルドライブで深みのあるサウンドに! 音楽ライターが解説

プロミュージシャンが愛用しているギターアンプの多くは、チューブアンプ(真空管アンプ)と呼ばれるものです。独特のパワフルなトーン、個性豊かな歪みが魅力で、いつかはチューブアンプ、と思っている人も多いでしょう。ただ、チューブアンプにはたくさんの製品があるのでどのように選ぶのがよいか最初はわかりませんよね。そこで、音楽ライターの田澤 仁さんに真空管ギターアンプの選び方のコツとおすすめ製品を聞いてみました。


ウクレレに向くアンプおすすめ6選|音楽ライターが選び方も解説!

ウクレレに向くアンプおすすめ6選|音楽ライターが選び方も解説!

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ウクレレに向くアンプの選び方とおすすめの商品6選を紹介します。広い会場でライブをする場合や、バンドの演奏が入る場合などは、ウクレレの音量をアップさせるためにアンプが必要になります。ただ残念ながらウクレレ専用のアンプはないため、ギター用などのアンプを流用することになります。そんなウクレレに適したアンプはどのようなものなのでしょうか? 本記事を参考にみつけてくださいね。


テレキャスター用ピックアップおすすめ6選【音楽ライターが徹底解説!】

テレキャスター用ピックアップおすすめ6選【音楽ライターが徹底解説!】

本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、テレキャスター用のピックアップの選び方と、おすすめ商品を紹介します。テレキャスタータイプのギターを使っていて、なんとなく音が気に入らないという人もいるでしょう。その解決策のひとつが、ピックアップを交換することです。とくに大きな加工を必要とせず、かんたんに取り付けられるテレキャスター専用のピックアップが数多く出ていますので、音に不満を感じたら試してみるとよいでしょう。ピックアップによって出せる音はさまざまですが、テレキャスターらしいサウンドが出せるおすすめ商品を中心に紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!


DJコントローラーおすすめ6選|iPad使用可能・初心者向けモデルも!

DJコントローラーおすすめ6選|iPad使用可能・初心者向けモデルも!

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、DJコントローラーの選び方とおすすめ商品を紹介します。好きな曲を選曲して次々に再生していくことを基本に、次の曲を選曲し好きなところからつなげて再生したり、テンポを合わせたり、音量を調整したり……といったDJプレイ特有の操作をつまみやレバーなどでかんたんにすばやく操作できるのがDJコントローラー。PCやiPadなどのタブレット、スマートフォンなどでDJプレイを楽しみたい方にとっては必須アイテムです。Serato DJなどの対応ソフトやPioneerなどの著名なメーカー、初心者向けなど幅広いタイプのDJコントローラーの選び方とおすすめ商品を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


ギター用マルチエフェクターおすすめ5選|初心者向けに選び方も紹介

ギター用マルチエフェクターおすすめ5選|初心者向けに選び方も紹介

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんが、マルチエフェクター選びのポイントとおすすめ商品5選を解説します。1台で複数のエフェクターの役割を果たし、コンパクトエフェクターでは難しい音作りを実現するマルチエフェクター。なかでもギター用に設計されたものは、著名なアンプのシミュレーションなど、エフェクターの守備範囲を超える音作りをサポート。ギターの音作りにはまり、足元がコンパクトエフェクターなどのデバイスでいっぱいというギタリストの方、セッティングを見直しませんか? BOSSやZOOM、MOOERなどの商品が厳選されていますので、参考にしてワンランク上のギターサウンドに挑戦してみてください。通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。


ベース用コンパクトエフェクターおすすめ7選! 音楽ライターが選び方も解説

ベース用コンパクトエフェクターおすすめ7選! 音楽ライターが選び方も解説

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ベース用コンパクトエフェクターの選び方と、最初にそろえておきたいおすすめのベース用コンパクトエフェクターをご紹介します。ベーシストなら、自分のベースの音になんとなく満足できない、あるいはもっと違った音を出してみたい、と思ったことがあるかもしれません。そんな問題を、ベースやアンプを買い替えるよりずっとかんたんに解決してくれるのが、エフェクターを使うことです。ベースでも積極的に音作りをしてみれば、演奏がさらに楽しくなること間違いありません。コンプレッサーなど機種別におすすめ商品が紹介されていますので、コンパクトエフェクター初心者の人もぜひ参考にしてください。


アコギ用エフェクターおすすめ7選! 音楽ライターが選び方も解説

アコギ用エフェクターおすすめ7選! 音楽ライターが選び方も解説

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、アコギで使えるエフェクターの選び方と、おすすめのエフェクターを7つ紹介します。アコギでエフェクターを使う場合は、エレキギターのように音を積極的に変化させるのではなく、生楽器ならではの響きを補足するなど、よりアコギらしいサウンドを作るのがおもな使い方です。ではどんなエフェクターがアコギに適しているのでしょうか。プリアンプからコンプレッサーまで、さまざまな機材を紹介していますので、納得の商品選びに役立ててください。


【2020年版】モニタースピーカーおすすめ20選|DTM向けから小型サイズの商品も紹介

【2020年版】モニタースピーカーおすすめ20選|DTM向けから小型サイズの商品も紹介

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんへの取材をもとに、2020年版モニタースピーカー20選をご紹介します。小型で場所を選ばないスピーカーや、編集に役立つ低音モニタースピーカーなどをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る