おすすめの「Ibanez」に関する記事


収納・保護【ギターケース】おすすめ6選|ソフトケースからハードケースまで!

収納・保護【ギターケース】おすすめ6選|ソフトケースからハードケースまで!

音楽ライターが選ぶギターケースおすすめ6選をご紹介します。ギターを買うと、多くの場合ソフトケースが付属しています。しかし、それでは使いにくかったり、薄くて心細いという人もいるでしょう。そこで、音楽ライターの田澤 仁さんにお話をうかがい、持ち運びしやすいギターケースやしっかりギターを保護してくれるケースについて教えてもらいました。アコースティックギターでもエレキギターでも、ケース選びの基本は同じなので、ぜひ参考にしてみてください。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。ぜひ参考にしてみてください。


【ウクレレケースはこれがおすすめ!】音楽ライター厳選アイテム7選と上手な選び方

【ウクレレケースはこれがおすすめ!】音楽ライター厳選アイテム7選と上手な選び方

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ウクレレケースの選び方とおすすめ商品7選を紹介します。ウクレレを持ち運んだり、保管したりするには、ケースが必要です。がっちりしたトランクのようなケースから、ハワイアンキルトを使った布製ケースまでさまざまな商品があります。本記事を参考に、自分の使い方に合わせてウクレレケースを選んでくださいね。


アコギ用エフェクターおすすめ7選! 音楽ライターが選び方も解説

アコギ用エフェクターおすすめ7選! 音楽ライターが選び方も解説

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、アコギで使えるエフェクターの選び方と、おすすめのエフェクターを7つ紹介します。アコギでエフェクターを使う場合は、エレキギターのように音を積極的に変化させるのではなく、生楽器ならではの響きを補足するなど、よりアコギらしいサウンドを作るのがおもな使い方です。ではどんなエフェクターがアコギに適しているのでしょうか。プリアンプからコンプレッサーまで、さまざまな機材を紹介していますので、納得の商品選びに役立ててください。


【ギターエフェクターおすすめ7選】音楽ライターへ取材|初心者でもOK!

【ギターエフェクターおすすめ7選】音楽ライターへ取材|初心者でもOK!

音楽ライターの田澤 仁さんに聞いた、ギターエフェクターの選び方とおすすめの商品7選を掲載。ギタリストにとって、プレイの幅を広げてくれるエフェクター。音の歪みや伸びなど、商品によってたくさんの種類があるので初心者はどう選べばいいのか迷いますよね。本記事では初心者でも手軽に導入できるコンパクトエフェクターを中心に紹介します。自分の使い方に合ったギターエフェクターを探してみてください。


音楽ライターがおすすめの【歪み系エフェクター6選】迫力のサウンドを手に入れる!

音楽ライターがおすすめの【歪み系エフェクター6選】迫力のサウンドを手に入れる!

ギタリストにとってもっとも身近なエフェクターといえば、歪み系エフェクターでしょう。音を厚くパワフルにし、伸びをよくする歪み系エフェクターは、ロックに限らず利用範囲の広いエフェクターです。ただ、歪み系エフェクターは、エフェクターのなかでも数が多く、さまざまな商品があるため、どれを選んだらよいか迷ってしまうこともあるでしょう。そこで本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、歪み系エフェクターの選び方と、おすすめの商品をご紹介します。


7弦ギターおすすめ7選|音楽ライターが選び方も解説【重低音が魅力】

7弦ギターおすすめ7選|音楽ライターが選び方も解説【重低音が魅力】

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、7弦ギターの選び方とおすすめ商品をご紹介します。低音弦を1つ追加することで、迫力ある重低音を鳴らせるのが7弦ギター。80年代後半に初めて量産モデルが登場して以来、さまざまなメーカーが7弦ギターを製造していて、今やハードロック界では珍しくない存在になっています。演奏のしかたをはじめ、通常の6弦ギターとは異なるところもいろいろある7弦ギターですが、轟音ともいえる独特の低音を鳴らせるので、メタルやラウドロックのギタリストならチャレンジしてみては? 最近は低価格なモデルも登場し、数多くの製品から選べるようになっています。どれを選べばいいか悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。


フレットレスベースのおすすめ6選!音楽ライターが厳選【アコースティックタイプも】

フレットレスベースのおすすめ6選!音楽ライターが厳選【アコースティックタイプも】

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材のもと、フレットレスベースの選び方とおすすめ商品をご紹介します。フレットレスベースとは、ベースのフレットをあえて無くしたベースのことです。フレットとは、音の高さを変えるために指板にはめ込まれた金属の帯のことをいいます。フレットは本来、ベースの音程を安定させるためにあるので、フレットレスベースは音程が取りにくいという弱点もあります。ですが、さまざまなフレーズや独特の浮遊感、スライドをした時のやわらかな音を出せるのはフレットレスベースならではで、多くのミュージシャンに愛されています。フレットレスベースにチャレンジをしたいけど、どれを選べばいいか悩んでいる方はぜひこの記事を参考にしてくださいね!


アコースティックベースおすすめ12選|旅先でも豊かなサウンドで弾き語り

アコースティックベースおすすめ12選|旅先でも豊かなサウンドで弾き語り

アコースティックベースは豊かな音が出せるため、演奏できるようになると気持ちよく弾き語りが可能です。本記事では、元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部がアコースティックベースの選び方やおすすめ商品をご紹介します。アコースティックベースには種類があり、どのタイプをが希望に合うのかを知ることが大切です。そのうえで、使用素材やそのほかの選択肢を加えてみましょう。


人気の記事


>>総合ランキングを見る