ギターシールドおすすめ5選|レコーディングエンジニアが厳選

ギターシールドおすすめ5選|レコーディングエンジニアが厳選
レコーディングエンジニア
小野寺 孝樹

1989年株式会社ゼロスタジオに入社。 アシスタントを経て、1992年チーフエンジニアに昇格。 その後、数々のレコーディングに携わる。 2001年ゼロスタジオを退社、フリーランスとなる。 以降、レコーディング・ミックスからプログラミングまで、またアイドルソングからプログレまでなんでもこなす便利な人として、活躍中。"

さまざまな機材の接続に使われる「シールド」。ところがこの呼び名は一定しておらず「ケーブル」と呼ばれることもあります。正確な名称は、「シールデッド ケーブル(Shielded cable)」といい、銅などでできた芯線(ケーブル)を金属の網状のもの(シールド)でおおってあるものをいいます。そういうわけで、シールドでもケーブルでもどちらでも正しいといえます。シールドは楽器や音響メーカー、ショップオリジナルなど多くの選択肢があり、好みのシールドを選ぶことはとても大変です。本記事では、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんにシールド選びのポイントとおすすめ紹介を教えていただきました。


ギターシールドの選び方|レコーディングエンジニアがポイント解説!

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに、ギターシールドを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。スタンダードなメーカーや演奏のしやすさに関わる部分まで広い視野で選び方を紹介しています。

エレキギター
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

差込口の形状に合わせることもシールド選びのポイントです。

はじめはフラットな音質のものから選ぼう

レコーディングエンジニア

もしもいま、ギターを買ったときにおまけについてきたような安いシールドを使っているのであれば、これから紹介するようなシールドに交換してみてください。よくも悪くもかなり音が変わって聞こえるはずです。そのとき、なるべくならフラットな音のものを選ぶほうがよいでしょう。

例えば、『CANARE(カナレ)』や『MOGAMI(モガミ)』といったメーカーがおすすめです。音に色づけの少ないものを選び、それを基準にすることで、その後のシールド選びや音作りがスムーズに進みます。

CANARE(カナレ)『PROFESSIONAL CABLE 5メートル ブラック』

CANAREのシールドはライブやレコーディングでも用いられる定番のシールドです。

>> Amazonで詳細を見る

ストレートとL型、プラグ形状ごとの使い分

レコーディングエンジニア

シールドの形状には「ストレート」と「L型」があります。サイドにプラグのついているレスポールやテレキャスターの場合、ストレートでももちろん使えますが、どうしても取りまわしが悪くなってしまうため、接触不良を防ぐためにもL型の方が適しています。

逆にストラスキャスターなどは、ストレートでないと使えません。また、通常ギター用のシールドはTSフォーンプラグを使っていますが、インサーションケーブルなどはTRSフォーンプラグのものがあります。TSとTRSを間違えて使うと接続機器の故障につながりますので、充分な注意が必要です。

どのくらいの長さのシールドを選ぶべきか

レコーディングエンジニア

シールドを変えることでサウンドは確実に変わります。ギターの元音よりよくなることはありません。シールドによる信号の損失はどんな高性能のものでもありますので、それがどの程度か、またどの帯域にあるのかということで、シールドによる色づけの特徴が出てきます。

また、シールドの全長が長くなれば長くなるほど、そのシールドの性格は強くでてきます。演奏性も踏まえたうえで、最適な長さのものを選ぶようにしてください。目安は、演奏に必要な長さ+1mくらいです。

Vital Audio(バイタルオーディオ) 『VPC RED 7m 高音質カールコード』

演奏時の長さに融通がきくカールコード採用のモデルです。

>> Amazonで詳細を見る

お好みのシールドがない場合

レコーディングエンジニア

たとえばCANAREのシールドには同社のF-15というプラグが使用されていますが、純正ではストレート仕様のものしか販売されていません。

L型のシールドが必要な場合は、自作をするという選択肢もあります。はんだ付けが必要なのでハードルが高いと思われがちですが、意外とカンタンにできるうえ、コストも安く付きますのでおすすめです。

ギターシールドのおすすめ5選|レコーディングエンジニアが厳選!

上で紹介したギターシールドの選び方のポイントをふまえて、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。見ただけではわかりにくい、それぞれのシールドの特徴をわかりやすく解説いただきました。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CANARE(カナレ)『PROFESSIONAL CABLE 5メートル ブラック』

CANARE(カナレ)『PROFESSIONALCABLE5メートルブラック』

出典:Amazon

プラグ形状 ストレート/ストレート
長さ 5m
仕様 高密度編組シールド GS-6を使用/ハンドリングノイズ対策に編組ケーブルの内側に電導ビニールを装填

Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

多くの場面で使用される定番の存在のシールド

CANAREは日本の音響ケーブルやコネクタのメーカーで、プロのレコーディングスタジオやライブなどの現場でも使用されています。その色づけの少ないサウンドや耐久性は世界的に絶大な信頼を勝ち取っているほど。今回おすすめするのは、そのCANAREの超定番シールドです。

ギター用と銘打っているわけではありませんが、ギター・ベースに使われることも多く、価格も安いために、練習スタジオなどでも非常に多く見かけられます。音質はフラットで、よくも悪くも癖がなくノイズも少ないため、最初に選ぶのに最適です。この1本を、ほかのケーブルを選ぶ際の基準にしてもよいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MOGAMI(モガミ)『2524 ギターシールド SWITCHCRAFT/SS(5m)』

MOGAMI(モガミ)『2524ギターシールドSWITCHCRAFT/SS(5m)』

出典:Amazon

プラグ形状 ストレート/ストレート(販売店によってはプラグのメーカーや形状が選べるところもあり)
長さ 5m
仕様 ケーブル:MOGAMI2524、プラグ:SWITCHCRAFT 280、ハンダ:KR-19RMA、熱収縮チューブ:7cm

Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

世界の一線で活躍しているシールド

MOGAMIもCANAREと同じく日本が世界に誇るケーブルメーカーで、プロのレコーディングスタジオやハイクオリティーなライブでの使用にも耐えうるすばらしい製品を生み出しています。音質はフラットで色づけは少ないですが、若干高域が持ち上がり気味で明るくサラッとした音色に聞こえます。

このシールドのなによりおすすめのポイントは、巻きグセがつきにくくとりまわしが容易なこと。プラグもスイッチクラフト製の丈夫なものです。使いやすくサウンドも音作りの基準になる、コストパフォーマンスにすぐれた、すべての方におすすめできるシールドです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BELDEN(ベルデン)『Guitar Cable BDC8412-6LS』

BELDEN(ベルデン)『GuitarCableBDC8412-6LS』

出典:Amazon

プラグ形状 ストレート/L型
長さ 6m
仕様 ケーブル:#8412ケーブル、プラグ:スイッチクラフト製、ハンダ:Kester 44

Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

丈夫で高音質ですがとりまわしにくいのが難点

個人的に筆者が好きなシールドのベスト3に入ります。BELDENは米国の音楽業界や放送関係の仕事において、ポピュラーに使用されているメーカーのひとつ。音質は比較的フラットですが、CANAREやMOGAMIに比べて中高域が抜け低域が強調された印象を受けます。クリーントーンでも歪(ひず)みでも、アメリカンなサウンドが特徴的。

外径が一般的なシールドよりも太めで丈夫なのはいいのですが、若干かたくできていて、とりまわしがしにくいのが難点です。しかし、サウンドはその難点を補ってあまりあるものでコストパフォーマンスも高く、すべての方におすすめできます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Fender(フェンダー)『Fender Custom Shop Cable、18.6' 、Tweed』

Fender(フェンダー)『FenderCustomShopCable、18.6'、Tweed』

出典:Amazon

プラグ形状 ストレート/ストレート、ストレート/L型
長さ 5.5m
仕様 極厚の網組ジェケットによる高い耐久性/95%銅の被覆シールドによる干渉雑音軽減

Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

ツイードの外装がライブでも目をひくギターシールド

ギターやベースでおなじみFender純正のシールドです。ツイード素材の外装が、いかにもFenderという感じで高級感があります。プラグの処理もていねいで耐久性もあり、しかも永久保証つき。音質は変に強調される帯域もなく、ノイズも少ないので使いやすくなっています。

全体的にかためでとりまわししづらいですが、使い込んでいくうちにやわらかくなじんでくると思います。デザインのよさと耐久性を気にされる方、テレキャスやストラトなど、Fenderユーザーにはとくにおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Vital Audio(バイタルオーディオ)『VPC RED 7m 高音質カールコード』

VitalAudio(バイタルオーディオ)『VPCRED7m高音質カールコード』

出典:Amazon

プラグ形状 ストレート/L型
長さ 7m
仕様 独自のOFC(無酸素銅)芯線や過密編組シールド構造/直径6.5mmの極太サイズ

Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

ライブでのとりまわしが容易で目をひくカールコード

60〜70年代のロックミュージシャンがよく使っていた、カールコードに憧れた方も多いのではないでしょうか。そのルックスはそのままに、音質や耐久性を向上させたのがこの製品です。カールコードで音がよいものはなかなかないのですが、
Vital Audioのシールドはフラットでありながらも、音が前に出てくるような感じで、楽器本来の音を最大限に引き出します。

そのかわり楽器がよく鳴っていなければ、それもそのまま聞こえてしまうので、楽器の質や演奏者の技術が試されるところ。レコーディングでの使用はもちろん、ルックスがよいのでライブにもおすすめです。

「ギターシールド」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
 CANARE(カナレ)『PROFESSIONAL CABLE 5メートル ブラック』
MOGAMI(モガミ)『2524 ギターシールド SWITCHCRAFT/SS(5m)』
BELDEN(ベルデン)『Guitar Cable BDC8412-6LS』
Fender(フェンダー)『Fender Custom Shop Cable、18.6' 、Tweed』
Vital Audio(バイタルオーディオ)『VPC RED 7m 高音質カールコード』
商品名 CANARE(カナレ)『PROFESSIONAL CABLE 5メートル ブラック』 MOGAMI(モガミ)『2524 ギターシールド SWITCHCRAFT/SS(5m)』 BELDEN(ベルデン)『Guitar Cable BDC8412-6LS』 Fender(フェンダー)『Fender Custom Shop Cable、18.6' 、Tweed』 Vital Audio(バイタルオーディオ)『VPC RED 7m 高音質カールコード』
商品情報
特徴 多くの場面で使用される定番の存在のシールド 世界の一線で活躍しているシールド 丈夫で高音質ですがとりまわしにくいのが難点 ツイードの外装がライブでも目をひくギターシールド ライブでのとりまわしが容易で目をひくカールコード
プラグ形状 ストレート/ストレート ストレート/ストレート(販売店によってはプラグのメーカーや形状が選べるところもあり) ストレート/L型 ストレート/ストレート、ストレート/L型 ストレート/L型
長さ 5m 5m 6m 5.5m 7m
仕様 高密度編組シールド GS-6を使用/ハンドリングノイズ対策に編組ケーブルの内側に電導ビニールを装填 ケーブル:MOGAMI2524、プラグ:SWITCHCRAFT 280、ハンダ:KR-19RMA、熱収縮チューブ:7cm ケーブル:#8412ケーブル、プラグ:スイッチクラフト製、ハンダ:Kester 44 極厚の網組ジェケットによる高い耐久性/95%銅の被覆シールドによる干渉雑音軽減 独自のOFC(無酸素銅)芯線や過密編組シールド構造/直径6.5mmの極太サイズ
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年6月30日時点 での税込価格

ECサイトのギターシールドランキングを参考にする

楽天市場、Yahoo!ショッピングでのギターシールドの売れ筋ランキングも参考してみてください。

楽天市場:シールドケーブルランキング
Yahoo!ショッピング:ギター シールドランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

良好な状態をキープするには普段のメンテを! レコーディングエンジニアからのアドバイス

レコーディングエンジニア

シールドは適当に巻いたまま置いておくと、巻きグセがついて使いにくくなったり、断線したりしてしまうこともあります。できれば八の字巻きをしておくと、次に使うときに絡むことなく使用できます。

また、長く使っているとプラグに手の脂やよごれが付着して、音のヌケが悪くなり、ひどいときにはノイズの原因にもなりますので、接点洗浄剤(復活剤ではありません)などでクリーニングするとよいでしょう。このとき研磨剤入りのものは控えてください。

シールドはギターの音色を左右する重要なパーツのひとつ。形状や長さによっても音の質が違ってきます。それぞれのシールドの特徴をつかんで、自分が奏でたい音色にあったものを選んでください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:拝島 祐子、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


バイオリンケースのおすすめ15選【丸型・角型】持ち運びに便利な軽量タイプも!

バイオリンケースのおすすめ15選【丸型・角型】持ち運びに便利な軽量タイプも!

バイオリンを購入する際に一緒に選ぶことが多いバイオリンケース。形や木製から樹脂加工まで素材もさまざまです。持ち運びの便利さや保管性能など、気になるポイントもたくさん。そこで本記事では、大手楽器メーカーで勤務経験のあるピアノ講師の山野辺祥子さんに取材し、バイオリンケースの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


ベースケースのおすすめ8選! ハード・ソフト・ギグ・リュック・防水など音楽ライターが厳選

ベースケースのおすすめ8選! ハード・ソフト・ギグ・リュック・防水など音楽ライターが厳選

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ベースケースの選び方とおすすめの商品を紹介します。ベースケースにはハードケース、ソフトケース、ギグバッグ、リュックタイプ、ショルダータイプなどさまざまな種類があります。そして保護性能はもちろん、ストラップの担ぎやすさや収納力、防水機能などそれぞれに特徴があります。自分のベースに合うケースはどれなのか、移動や保管時の利便性を想像しながら選んでみてください。


初心者におすすめのエレクトーン楽譜12選|ディズニーやジブリ、JPOPも!

初心者におすすめのエレクトーン楽譜12選|ディズニーやジブリ、JPOPも!

エレクトーンの魅力は、ひとりでオーケストラやバンドのような盛大な演奏ができるところ。そんなエレクトーンの楽曲は難しいように感じますが、初心者でも弾ける楽譜はたくさんあります。この記事ではピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部が選んだエレクトーン初心者用楽譜の選び方や楽譜12選をを紹介していきます。ディズニーやジブリ、嵐など人気のJ-popの楽譜を厳選しました。ぜひ参考にしてくださいね!


鍵盤ハーモニカのおすすめ7選!音楽ライター厳選子どもから大人向けまで【ピアニカ・メロディオンなど】

鍵盤ハーモニカのおすすめ7選!音楽ライター厳選子どもから大人向けまで【ピアニカ・メロディオンなど】

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材のもと、鍵盤ハーモニカの選び方とおすすめの商品を紹介します。誰でも安定した音程で演奏できる鍵盤ハーモニカは、小学校などでもよく使われる楽器のひとつ。電源不要で持ち運びもかんたんな、気軽に使える楽器です。メーカーによって「ピアニカ」(YAMAHA)、「メロディオン」(スズキ)、「メロディカ」(HORNER)などさまざまな商品があります。最近では大人向けのものも発売されていて、デザインも音色もオシャレな商品があります。この記事では数ある鍵盤ハーモニカのなかから、もっとも利用範囲が広く、誰でも手軽に使えるアルトの製品を中心にご紹介します。子どもから大人まで、ぜひお気に入りを見つけてくださいね!


ピアノ初心者におすすめの楽譜11選! ピアニストが厳選人気のアニソンや子供・大人向けまで

ピアノ初心者におすすめの楽譜11選! ピアニストが厳選人気のアニソンや子供・大人向けまで

ピアニストでありライターとしても活動されている神田朝子さんに、初心者がピアノ楽譜を選ぶときのポイントとおすすめの楽譜を教えていただきました。ピアノの初心者は、楽譜を見ても自分が弾けるのか判断するのに迷うこともあります。しかし、楽譜が読めない方向けに音名をふったり、コードを表記したりと工夫された楽譜も数多く出回っています。人気のアニソンやJ-POP、本格的なクラシックなど、きっとピアノのレッスンも楽しくなるはずです。大人から子供まで楽しく弾ける、あなたにぴったりの楽譜を見つけてくださいね。


関連するブランド・メーカー


BELDEN(ベルデン) Fender(フェンダー)

新着記事


【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

保温性にすぐれており、ウインタースポーツで活躍するメンズスノーボードウェア。さまざまな商品が販売されており、素材や機能性も異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでここでは、メンズスノーボードウェアの選び方のポイントをご紹介していきます。プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、デザイン性と機能性にすぐれたおすすめの商品も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

冬に楽しみたいレジャーは「スノーボード」という方も多いでしょう。スノーボードを思い切り楽しむためにはウェア選びは重要です。おしゃれなウェアを身にまとうと、さらにテンションが上がりますよね。しかし「滑っているうちにびしょ濡れになった」など、ウェア選びに失敗したことがある方も多いようです。この記事では、レディーススノーボードウェアの選び方を解説し、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめ21商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

サーフィンをするときに忘れてはいけないのが、サーフボードを体につなぎとめておくリーシュコードです。ただ、「大事なのは知っているけれど、どう選べばいいのかわからない」という声もよく聞かれます。リーシュコードは長さや太さなどの種類が多く、なにを選べばいいのか悩む方が多いようです。この記事ではリーシュコードの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

寒い地域や冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィングローブ」。防寒だけではなく、紫外線やけがなども防いでくれる便利なアイテムです。しかし、各メーカーからさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いですよね。ここでは、サーフィングローブの選び方のポイントを解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ11商品をご紹介します。自分にぴったりのグローブを見つけて、快適にサーフィンを楽しみましょう!


【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

衝撃や紫外線、潮風などで傷みやすいサーフボードを守るために欠かせない「サーフボードケース」。購入しようと思うと種類が多く、サイズやデザインもさまざまで正直どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事では、サーフボードケースの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


ホビーの人気記事


>>もっと見る