ギターケーブル(シールド)おすすめ9選|長さ・音域・弾きやすさが重要

ギターシールド ギターケーブル 長さ3m S-L型プラグ 高耐久ナイロン 断線しにくい 楽器用ケーブル
出典:Amazon

さまざまな機材や楽器の接続に使われる「シールド」。シールドは楽器や音響メーカー、ショップオリジナルなど多くの選択肢があり、好みのシールドを選ぶことはとても大変です。

本記事ではギターシールドの選び方とおすすめ商品を紹介します。長さや音域など、5つのチェックポイントを参考に、ぜひ自分にピッタリの商品を選んでくださいね。


目次

レコーディングエンジニア
小野寺 孝樹

1989年株式会社ゼロスタジオに入社。 アシスタントを経て、1992年チーフエンジニアに昇格。 その後、数々のレコーディングに携わる。 2001年ゼロスタジオを退社、フリーランスとなる。 以降、レコーディング・ミックスからプログラミングまで、またアイドルソングからプログレまでなんでもこなす便利な人として、活躍中。"

おすすめ商品の比較一覧表

画像
CANARE(カナレ)『PROFESSIONAL CABLE 5メートル ブラック』
MOGAMI(モガミ)『2524 ギターシールド SWITCHCRAFT/SS(5m)』
Fender(フェンダー)『Fender Custom Shop Cable、18.6' 、Tweed』
Vital Audio(バイタルオーディオ)『VPC RED 7m 高音質カールコード』
BELDEN 『ギターシールド #9395』
PROVIDENCE 『E205』
CUSTOM AUDIO JAPAN 『ギターケーブル IL-5M』
VOX 『カールコード シールド』
Free the tone 『CU-6550STD』
商品名 CANARE(カナレ)『PROFESSIONAL CABLE 5メートル ブラック』 MOGAMI(モガミ)『2524 ギターシールド SWITCHCRAFT/SS(5m)』 Fender(フェンダー)『Fender Custom Shop Cable、18.6' 、Tweed』 Vital Audio(バイタルオーディオ)『VPC RED 7m 高音質カールコード』 BELDEN 『ギターシールド #9395』 PROVIDENCE 『E205』 CUSTOM AUDIO JAPAN 『ギターケーブル IL-5M』 VOX 『カールコード シールド』 Free the tone 『CU-6550STD』
商品情報
特徴 多くの場面で使用される定番の存在のシールド 世界の一線で活躍しているシールド ツイードの外装がライブでも目をひくギターシールド ライブでのとりまわしが容易で目をひくカールコード これさえあれば十分 立ち上がり音を忠実に 対応性に強いケーブル 質の高いケーブル シンプルかつ高性能
プラグ形状 ストレート/ストレート ストレート/ストレート(販売店によってはプラグのメーカーや形状が選べるところもあり) ストレート/ストレート、ストレート/L型 ストレート/L型 ストレート/L型 ストレート/ストレート ストレート-L型 L型/ストレート ストレート/L型
長さ 5m 5m 5.5m 7m 3m 3m 5m 9m 3m
仕様 高密度編組シールド GS-6を使用/ハンドリングノイズ対策に編組ケーブルの内側に電導ビニールを装填 ケーブル:MOGAMI2524、プラグ:SWITCHCRAFT 280、ハンダ:KR-19RMA、熱収縮チューブ:7cm 極厚の網組ジェケットによる高い耐久性/95%銅の被覆シールドによる干渉雑音軽減 独自のOFC(無酸素銅)芯線や過密編組シールド構造/直径6.5mmの極太サイズ - プラグはニッケルメッキ一体構造のMIDタイプ - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年10月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月25日時点 での税込価格

ギターシールドの選び方

それでは、ギターシールドの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の5つ。

【1】用途に合わせた長さ
【2】カールコードかどうか
【3】プラグの形状
【4】音域
【5】耐久性


上記の5つのポイントを押さえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】用途に合わせた長さをチェック

ギターシールドの長さは製品よって幅広く、使うシーンに合わせて選ぶことが必要です。そこで、どんなときにどれくらいの長さがあると使いやすいのか、用途ごとの長さの目安を紹介していきます。

▼練習用に使いやすい「3~5m」

 

自宅などで練習をしたいときには、3~5m程度のシールドを選ぶのがおすすめ。練習中は、歩いたり体を動かしたりすることがないため、シールドが短くても不便に感じることはないでしょう。

一方で、長すぎるとシールドが絡まりやすく使い勝手が悪くなってしまう場合もあります。アンプと練習場所の距離などを考え、扱いやすい長さを選びましょう。

▼ライブで演奏するなら「5~7m」

アンプに繋がれたギター
Pixabayのロゴ

スタジオやライブハウスなど、実際に楽器を演奏する場面では、5~7mと長めのシールドがぴったりです。シールドが短すぎると演奏中に動いたときにケーブルが抜けてしまい、ダイナミックな表現がしづらくなってしまいます。

とくに、お客さんを入れてのライブは盛り上がりによって、演奏中の動きが激しくなりやすいため、余裕のあるサイズを選ぶようにしましょう。

▼エフェクターを連結するなら「10cm」を目安に

横に並んだ2つのエフェクター
Pixabayのロゴ

演奏に使うエフェクター同士を連結する場合には、10cm程度の短いシールドを選びましょう。このサイズのシールドは「パッチケーブル」と呼ばれており、コンパクトにエフェクターを連結させられます

また、パッチケーブルの長さを統一しておくと、足元のばらつきがなくなります。3つ以上を連結させるときは、なるべく同じ長さのシールドを選びましょう。

(★)ポイント:演奏に必要な長さ+1mを目安に

レコーディングエンジニア

シールドを変えることでサウンドは確実に変わります。ギターの元音よりよくなることはありません。シールドによる信号の損失はどんな高性能のものでもありますので、それがどの程度か、またどの帯域にあるのかということで、シールドによる色づけの特徴が出てきます。

また、シールドの全長が長くなれば長くなるほど、そのシールドの性格は強くでてきます。演奏性も踏まえたうえで、最適な長さのものを選ぶようにしてください。目安は、演奏に必要な長さ+1mくらいです。

【2】カールコードかどうかチェック

 

ギターシールドの形状のデザインのひとつに「カールコード」があります。カールコードは、コード部分がバネのように巻かれたデザインで、自在に伸縮するようになっているので、幅広い用途で使いやすい長さに仕上がっています。

さらに、ケーブルが絡まりづらいので、演奏後の片付けも手軽になるのも魅力。ステージ上での見栄えもよく、使い勝手のよいコードです。

【3】プラグの形状をチェック

エレキギター
Pixabayのロゴ

シールドの形状には「ストレート」と「L型」があります。サイドにプラグのついているレスポールやテレキャスターの場合、ストレートでももちろん使えますが、どうしても取りまわしが悪くなってしまうため、接触不良を防ぐためにもL型の方が適しています。

逆にストラスキャスターなどは、ストレートでないと使えません。また、通常ギター用のシールドはTSフォーンプラグを使っていますが、インサーションケーブルなどはTRSフォーンプラグのものがあります。TSとTRSを間違えて使うと接続機器の故障につながりますので、充分な注意が必要です。

【4】音域をチェック

外でギターを演奏する男性
Pixabayのロゴ

ギターシールドは、低音域が得意なものや高音域が強調されるものなど、商品によってさまざまな種類があります。そこで、自分の演奏スタイルに合う音域のシールドを選ぶようにしましょう。

また、自宅用やスタジオ用など、場所によってシールドを使い分けるときには、なるべく同じタイプケーブルを選ぶのがおすすめ。ケーブルによる音の違いが出にくくなり、自分の演奏を追求しやすくなります。

(★)ポイント:はじめはフラットな音質のものから選ぼう

レコーディングエンジニア

もしもいま、ギターを買ったときにおまけについてきたような安いシールドを使っているのであれば、これから紹介するようなシールドに交換してみてください。よくも悪くもかなり音が変わって聞こえるはずです。そのとき、なるべくならフラットな音のものを選ぶほうがよいでしょう。

例えば、『CANARE(カナレ)』や『MOGAMI(モガミ)』といったメーカーがおすすめです。音に色づけの少ないものを選び、それを基準にすることで、その後のシールド選びや音作りがスムーズに進みます。

【5】耐久性をチェック

 

ギターシールドは消耗品ですが、頻繁に購入し直すのは大きな負担になってしまいます。そのため、少しでも長くギターシールドを使いたい人は、使用している素材や太さをチェックして耐久性の高いケーブルを手に入れましょう。

さらに、使うシーンによって使うシールドを変えるのも、シールドを長持ちさせるポイントのひとつ。ひとつのシールドに負担が集中しないことで、劣化スピードをおさえられます。

(★)ポイント:ケーブルのかたさもチェック!


シールドの使いやすさを決める意外なポイントが、ケーブルのかたさです。ケーブルがかたいほど耐久性が高いのですが、ケーブルを曲げづらいため持ち歩きづらく感じてしまいます。

反対に、やわらかいケーブルだと収納性や演奏中の扱いはかんたんですが、断線などのリスクがあります。それぞれのメリットやデメリットなどをふまえて、自分のスタイルに合うかたさのケーブルを見つけましょう。

エキスパートのアドバイス

レコーディングエンジニア

お好みがなければ、自作もひとつの手

たとえばCANAREのシールドには同社のF-15というプラグが使用されていますが、純正ではストレート仕様のものしか販売されていません。

L型のシールドが必要な場合は、自作をするという選択肢もあります。はんだ付けが必要なのでハードルが高いと思われがちですが、意外とカンタンにできるうえ、コストも安く付きますのでおすすめです。

ギターケーブル(シールド)おすすめ9選

上記で紹介したギターシールドの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品を紹介します。見ただけではわかりにくい、それぞれのシールドの特徴をわかりやすく解説いただきました。

CANARE(カナレ)『PROFESSIONAL CABLE 5メートル ブラック』

CANAREPROFESSIONALCABLE5mクロG05 CANAREPROFESSIONALCABLE5mクロG05 CANAREPROFESSIONALCABLE5mクロG05

出典:Amazon

レコーディングエンジニア

多くの場面で使用される定番の存在のシールド

CANAREは日本の音響ケーブルやコネクタのメーカーで、プロのレコーディングスタジオやライブなどの現場でも使用されています。その色づけの少ないサウンドや耐久性は世界的に絶大な信頼を勝ち取っているほど。今回おすすめするのは、そのCANAREの超定番シールドです。

ギター用と銘打っているわけではありませんが、ギター・ベースに使われることも多く、価格も安いために、練習スタジオなどでも非常に多く見かけられます。音質はフラットで、よくも悪くも癖がなくノイズも少ないため、最初に選ぶのに最適です。この1本を、ほかのケーブルを選ぶ際の基準にしてもよいでしょう。

MOGAMI(モガミ)『2524 ギターシールド SWITCHCRAFT/SS(5m)』

MOGAMI2524ギターシールドSWITCHCRAFT/SS(5m) MOGAMI2524ギターシールドSWITCHCRAFT/SS(5m) MOGAMI2524ギターシールドSWITCHCRAFT/SS(5m)

出典:Amazon

レコーディングエンジニア

世界の一線で活躍しているシールド

MOGAMIもCANAREと同じく日本が世界に誇るケーブルメーカーで、プロのレコーディングスタジオやハイクオリティーなライブでの使用にも耐えうるすばらしい製品を生み出しています。音質はフラットで色づけは少ないですが、若干高域が持ち上がり気味で明るくサラッとした音色に聞こえます。

このシールドのなによりおすすめのポイントは、巻きグセがつきにくくとりまわしが容易なこと。プラグもスイッチクラフト製の丈夫なものです。使いやすくサウンドも音作りの基準になる、コストパフォーマンスにすぐれた、すべての方におすすめできるシールドです。

Fender(フェンダー)『Fender Custom Shop Cable、18.6' 、Tweed』

FenderシールドケーブルDeluxeSeriesInstrumentCable,Straight/Straight,18.6',Tweed08 FenderシールドケーブルDeluxeSeriesInstrumentCable,Straight/Straight,18.6',Tweed08 FenderシールドケーブルDeluxeSeriesInstrumentCable,Straight/Straight,18.6',Tweed08 FenderシールドケーブルDeluxeSeriesInstrumentCable,Straight/Straight,18.6',Tweed08

出典:Amazon

レコーディングエンジニア

ツイードの外装がライブでも目をひくギターシールド

ギターやベースでおなじみFender純正のシールドです。ツイード素材の外装が、いかにもFenderという感じで高級感があります。プラグの処理もていねいで耐久性もあり、しかも永久保証つき。音質は変に強調される帯域もなく、ノイズも少ないので使いやすくなっています。

全体的にかためでとりまわししづらいですが、使い込んでいくうちにやわらかくなじんでくると思います。デザインのよさと耐久性を気にされる方、テレキャスやストラトなど、Fenderユーザーにはとくにおすすめです。

Vital Audio(バイタルオーディオ)『VPC RED 7m 高音質カールコード』

VitalAudioVPCRED7m高音質カールコード VitalAudioVPCRED7m高音質カールコード VitalAudioVPCRED7m高音質カールコード

出典:Amazon

レコーディングエンジニア

ライブでのとりまわしが容易で目をひくカールコード

60〜70年代のロックミュージシャンがよく使っていた、カールコードに憧れた方も多いのではないでしょうか。そのルックスはそのままに、音質や耐久性を向上させたのがこの製品です。カールコードで音がよいものはなかなかないのですが、
Vital Audioのシールドはフラットでありながらも、音が前に出てくるような感じで、楽器本来の音を最大限に引き出します。

そのかわり楽器がよく鳴っていなければ、それもそのまま聞こえてしまうので、楽器の質や演奏者の技術が試されるところ。レコーディングでの使用はもちろん、ルックスがよいのでライブにもおすすめです。

BELDEN 『ギターシールド #9395』

これさえあれば十分

アメリカの有名なケーブルマーカーから発売されているこのシールドです。ギター用に開発されただけあって、中音域の劣化が少なく、ストレートにバランスよくギターのポテンシャルを発揮してきます。クリーントーンでは、優しく包み込むような倍音を、歪み時には、ピッキングニュアンスやディテール感を細かく描き出しどの音でも対応することができます。

PROVIDENCE 『E205』

立ち上がり音を忠実に

こちらのギターシールドは、ニュアンスとピッキング時の音の立ち上がりの良さにこだわって開発されたケーブルです。ラフなカッティングやコード弾きとされる倍音のバランスを取りながらも、アンプのみのラウド感も出しやすくなっています。ギターのボリュームを絞っても、音のニュアンスを損なわず、思い通りの音を出すことができます

CUSTOM AUDIO JAPAN 『ギターケーブル IL-5M』

対応性に強いケーブル

どんな状況でも、機材のポテンシャルとサウンドを常に引き出すことをテーマに作られています。曲げや折れに対して高い信頼性を持つケーブルでもあり、断線にも強い加工が施されているのでとても強度があります。ギターサウンドを最も自然に伝達させる事に立ち戻り、様々な素材で構成されたケーブルの中からプロのアーティストによって選ばれた素材を採用しているので安心の一品です。

VOX 『カールコード シールド』

VOXヴォックスケーブルギター&ベースシールドカールコードタイプ長さ9mブラックVCC90 VOXヴォックスケーブルギター&ベースシールドカールコードタイプ長さ9mブラックVCC90 VOXヴォックスケーブルギター&ベースシールドカールコードタイプ長さ9mブラックVCC90

出典:Amazon

質の高いケーブル

こちらのギターシールドでは、マルチゲージ構造の伝導体により、音の質の向上を実現しています。純度99.99%の純度の高い銅を使用した伝導体で高音質を約束し、ノイズ干渉を低減する2重シールドの構造です。耐久性に優れた、摩擦抵抗の少ない被覆材を使用しています。使われている絶縁体の質も高いので、質の高い音を楽しむことができますよ。

Free the tone 『CU-6550STD』

シンプルかつ高性能

こちらのギターシールドは、柔らかく、より自然な音を奏でられるようになっています。思わずずっと弾いていたくなる心地よさが特徴。そのため、他のギターシールドに比べて精度は抜群です。楽器専用ケーブルならではの温かみがあります。耳障りな帯域を抑えるように設計されているので、初心者の方も楽しみながら弾けるでしょう。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ギターシールドの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのギターシールドの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:シールド・ケーブルランキング
楽天市場:シールド・ケーブルランキング
Yahoo!ショッピング:シールド・ケーブルランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのギター関連の記事はこちら 【関連記事】

自分にピッタリの商品を選ぼう

本記事では、ギターシールドの選び方やおすすめ商品を紹介しましたが、いかがでしたか?

シールドは適当に巻いたまま置いておくと、巻きグセがついて使いにくくなったり、断線したりしてしまうこともあります。できれば八の字巻きをしておくと、次に使うときに絡むことなく使用できます。

また、長く使っているとプラグに手の脂やよごれが付着して、音のヌケが悪くなり、ひどいときにはノイズの原因にもなりますので、接点洗浄剤(復活剤ではありません)などでクリーニングするとよいでしょう。このとき研磨剤入りのものは控えてください。

シールドはギターの音色を左右する重要なパーツのひとつ。形状や長さによっても音の質が違ってきます。それぞれのシールドの特徴をつかんで、自分が奏でたい音色にあったものを選んでくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


ウクレレチューナーおすすめ11選|選び方・使い方を解説【初心者向けチューナーもご紹介】

ウクレレチューナーおすすめ11選|選び方・使い方を解説【初心者向けチューナーもご紹介】

この記事では音楽ライターの田澤仁さんへ取材のもと、ウクレレのチューニングに必要な専用ウクレレチューナーの選び方やおすすめ商品をご紹介しています。スマホアプリになっているほどウクレレ演奏に限らず、弦楽器で大切な「チューニング」。中でもウクレレは弦のチューニングが狂いやすく合わせ方がむずかしい楽器と言われています。またチューナーといっても電池式やクリップ式、音叉・パイプピッチ式やマイク内蔵式のもの、トロノームなどの機能がついたものなどさまざまな種類があるのでどれを選べばよいか迷ってしまいますよね? この記事を確認してウクレレチューナーの選び方、使い方をぜひ参考にしてみてください。

tag icon ウクレレ , 楽器 , 音楽機材

カホンのおすすめ12選|スナッピータイプ、ワイヤータイプ、日本製も

カホンのおすすめ12選|スナッピータイプ、ワイヤータイプ、日本製も

穴の空いた長方形の木の箱を叩いて音を出す楽器「カホン」。ここ数年ストリートミュージシャンがドラム代わりに使ったり、小編成のアコースティックライブでアコギやピアノといっしょに演奏されたりして注目を集めてきました。この記事では、レコーディングエンジニアである小野寺孝樹さんと編集部が厳選したカホンのおすすめと選び方をご紹介。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 和歌山 , 楽器 , 音楽用品

クラシックギター用ピックおすすめ10選|フィンガーピック、サムピックも

クラシックギター用ピックおすすめ10選|フィンガーピック、サムピックも

クラシックギターは複数の弦を同時に弾くことが多いため指で演奏するのが一般的ですが、「ピックがあったほうが弾きやすい」という人もいるでしょう。この記事では、ピアノ講師で元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部が選んだおすすめのクラシックギター用ピックとその選び方について、くわしくご紹介していきます。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon アコースティックギター , 楽器 , 音楽用品

サックスマウスピースおすすめ22選|フェノール樹脂・エボナイト・金属製も!

サックスマウスピースおすすめ22選|フェノール樹脂・エボナイト・金属製も!

サックスの音色を左右するパーツのひとつがマウスピースです。奏者によって適する商品が異なります。この記事では、元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が、サックスマウスピースの選び方やおすすめ商品を厳選! ソプラノ、アルト、テナー、バリトンとサックスの種類に分けて紹介します。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon 管楽器・吹奏楽器 , 楽器 , 音楽用品

キーボードスタンドおすすめ12選【X型・Z型・テーブル型】タイプで選ぶ

キーボードスタンドおすすめ12選【X型・Z型・テーブル型】タイプで選ぶ

自宅やライブイベントなどでキーボードを演奏するときに欠かせない、キーボードスタンド。X型やZ型、テーブル型など、さまざまな種類があります。この記事では、キーボードスタンドを選ぶときのポイントと、すすめの商品をご紹介します。 後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon シンセサイザー・キーボード , 楽器 , 音楽機材

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。