ウクレレに向くアンプおすすめ6選|音楽ライターが選び方も解説!

ウクレレに向くアンプおすすめ6選|音楽ライターが選び方も解説!

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ウクレレに向くアンプの選び方とおすすめの商品6選を紹介します。

広い会場でライブをする場合や、バンドの演奏が入る場合などは、ウクレレの音量をアップさせるためにアンプが必要になります。ただ残念ながらウクレレ専用のアンプはないため、ギター用などのアンプを流用することになります。

そんなウクレレに適したアンプはどのようなものなのでしょうか? 本記事を参考にみつけてくださいね。


目次

この記事を担当するエキスパート

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター
田澤 仁

90年代にプロドラマーとして活動、その後、音楽ライターとして書籍、雑誌などの執筆を行なっている。 DTM、PCオーディオ関連の著書、DTMソフト、シンセサイザーの日本語マニュアル制作など多数。 Webでは2007年~2009年までサイトAll Aboutで「ロック」のガイドを務めたほか、音楽情報サイトBARKSでは国内外の数多くの有名アーティストのインタビュー、ライブ取材などを行なっている。 得意分野はAOR、ハードロック、フュージョン、80年代。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ホビー
水貝 英斗

「ホビー」カテゴリーを担当。小学校から大学まで柔道に明け暮れた元体育会系であり、大のゲーム・アニメ好き。その他、広告関連記事の制作にも携わり、SEOの知見を活かし商品販促のプランニングも行っている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

「ウクレレに向くアンプ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
YAMAHA『THR5A』
VOX『VX50AG』
Roland『MOBILE AC』
BOSS『Acoustic Singer Live』
Roland『CUBE Street』
FISHMAN『Loudbox Mini Charge』
商品名 YAMAHA『THR5A』 VOX『VX50AG』 Roland『MOBILE AC』 BOSS『Acoustic Singer Live』 Roland『CUBE Street』 FISHMAN『Loudbox Mini Charge』
商品情報
特徴 ナイロン弦用の設定もあるアコギ用モデリングアンプ 低音が大迫力のアコギ用真空管アンプ 機能満載の小型アコギ用ステレオアンプ 自動でハモってくれる弾き語り用アンプ 路上ライブにぴったりの小型アンプ 抜群の音質に、弾き語りに最適な機能を満載
出力 10W 50W 2.5W+2.5W 60W 2.5W+2.5W 60W
電源 電池、AC AC 電池、AC AC 電池、AC 内蔵バッテリー
マイク入力の有無 - マイク入力あり マイク入力あり マイク入力あり マイク入力あり マイク入力あり
重量 2.0kg 4.1kg 2.5kg 10.5kg 5.9kg 9.6kg
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

ウクレレに向くアンプを選ぶ際のポイント|音楽ライターが解説

音楽ライターの田澤 仁さんに、ウクレレに向くアンプを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。ウクレレ専用の商品はほとんどないため、ギター用などから選ぶ必要があります。

ウクレレ
ペイレスイメージズのロゴ

ウクレレに向くギターアンプがあれば、広い会場で演奏する場合に音量をアップさせるときに便利です。

歪みにくいアコギ用アンプがおすすめ!

 

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

アコギ用アンプはウクレレ本来の音が出やすい

ギターアンプにはさまざまなものがありますが、一般的にエレキギター用のアンプは歪みやすいものが多いです。ウクレレ本来のサウンドを出したいなら、アコギ用などのアコースティック楽器向けのアンプを使いましょう。

エレキ用でも、クリーンサウンドを得意とする歪みにくいアンプであれば使えます。エレキ用のアンプを使う場合は、ゲインを上げずボリュームで音量を調整するなどして、歪まないように注意してください。

出力は演奏場所に応じて決める

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

広い会場では出力の大きいアンプを使おう

スペックの中でもっとも注目すべきなのは、出力です。これはワット数(W)で示されています。出力が大きければ、音質を損なわずに大きな音を出すことができます。演奏する会場の広さや環境に合わせて選択してください。

たとえば弾き語りなどでは20W程度でもよいし、エレキ楽器も入るバンドなら40W以上のもの、ホールなど広い会場なら60W程度のものがおすすめです。ただし大きな会場で全体の音を調整するPA(Public Address)エンジニアが入る場合は、PAで音量を増幅できるため、それほど大きなアンプは必要ありません。

エフェクトやマイク入力つき、電池駆動モデルが便利

 

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

エフェクトを使えば、表現の幅が広がる

エフェクト機能を内蔵したアンプなら、エフェクターを別途用意しなくてよいので、荷物を減らせるし、準備もかんたんになります。コーラスやディレイなど音に広がりを与えるエフェクトは、ウクレレでも重宝します。路上ライブなど、電源の確保が難しい場所で演奏するなら、電池駆動のものがおすすめです。

また、弾き語りをする場合は、ボーカルとウクレレを同時に1台で鳴らせる、マイク入力のあるアンプが便利です。

ウクレレに向くアンプおすすめ6選

うえで紹介したウクレレに向くアンプの選び方のポイントをふまえて、音楽ライターの田澤 仁さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

エキスパートのおすすめ

YAMAHA『THR5A』

ヤマハYAMAHAエレクトリックアコースティックギター用アンプTHR5A ヤマハYAMAHAエレクトリックアコースティックギター用アンプTHR5A ヤマハYAMAHAエレクトリックアコースティックギター用アンプTHR5A ヤマハYAMAHAエレクトリックアコースティックギター用アンプTHR5A ヤマハYAMAHAエレクトリックアコースティックギター用アンプTHR5A ヤマハYAMAHAエレクトリックアコースティックギター用アンプTHR5A ヤマハYAMAHAエレクトリックアコースティックギター用アンプTHR5A
出典:Amazon この商品を見るview item
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

ナイロン弦用の設定もあるアコギ用モデリングアンプ

懐かしいルックスのヤマハのTHRシリーズ、その中のエレアコ用が『THR5A』です。真空管やコンデンサマイクなど複数のアンプシミュレーション回路を内蔵していますが、その中でも『NYLON』というナイロン弦用の設定がウクレレにぴったりです。

シミュレーションの音とウクレレの生の音をミックスして出すことができ、その割合も自由に設定できます。コンプレッサーとコーラスという、生楽器で重宝するエフェクトが内蔵されているほか、チューナーを内蔵、PCに接続できるUSB端子を装備、電池駆動もできるなど、便利な機能が満載です。

エキスパートのおすすめ

VOX『VX50AG』

VOXNutube搭載アコースティックギターアンプVX50AGコンパクト軽量設計50Wの大出力自宅練習スタジオステージに最適マイク入力弾き語り VOXNutube搭載アコースティックギターアンプVX50AGコンパクト軽量設計50Wの大出力自宅練習スタジオステージに最適マイク入力弾き語り VOXNutube搭載アコースティックギターアンプVX50AGコンパクト軽量設計50Wの大出力自宅練習スタジオステージに最適マイク入力弾き語り VOXNutube搭載アコースティックギターアンプVX50AGコンパクト軽量設計50Wの大出力自宅練習スタジオステージに最適マイク入力弾き語り VOXNutube搭載アコースティックギターアンプVX50AGコンパクト軽量設計50Wの大出力自宅練習スタジオステージに最適マイク入力弾き語り VOXNutube搭載アコースティックギターアンプVX50AGコンパクト軽量設計50Wの大出力自宅練習スタジオステージに最適マイク入力弾き語り VOXNutube搭載アコースティックギターアンプVX50AGコンパクト軽量設計50Wの大出力自宅練習スタジオステージに最適マイク入力弾き語り VOXNutube搭載アコースティックギターアンプVX50AGコンパクト軽量設計50Wの大出力自宅練習スタジオステージに最適マイク入力弾き語り
出典:Amazon この商品を見るview item
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

低音が大迫力のアコギ用真空管アンプ

コンパクトなのに、50Wという大出力を持つアコギ用アンプ。VOXといえばエレキ用の真空管アンプで有名ですが、アコギ用の本製品も真空管アンプです。サウンドは真空管らしいあたたかみのあるもので、独自のキャビネット構造により大迫力の低音を鳴らせます。パワフルにかき鳴らしたい人におすすめです。

エフェクトはコーラスとリバーブを内蔵、このうちリバーブはマイク入力でも使えます。ちなみにマイク入力にはコンデンサマイクを駆動できるファンタム電源も装備しており、弾き語りライブなどではこれ1台で完結することができます。

エキスパートのおすすめ

Roland『MOBILE AC』

RolandローランドアコースティックギターアンプMOBILE-AC RolandローランドアコースティックギターアンプMOBILE-AC RolandローランドアコースティックギターアンプMOBILE-AC RolandローランドアコースティックギターアンプMOBILE-AC RolandローランドアコースティックギターアンプMOBILE-AC
出典:Amazon この商品を見るview item
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

機能満載の小型アコギ用ステレオアンプ

出力2.5W+2.5W、幅28cmの小型アンプですが、さまざまな機能を内蔵する万能製品です。ギター入力のほかにマイク入力、オーディオ入力もあるので、伴奏トラックを再生しながら弾き語りすることも可能です。エフェクトはコーラス、リバーブ、ワイドの3つを内蔵していますが、ステレオ出力なので心地よく響きます。

もちろん電池駆動も可能で、手軽に持ち運んで使えます。小さいアンプなので、弾き語りや小さな会場でのライブ向きですが、マイクスタンドに取り付け可能なので、大きい会場でのライブではモニターとして使うこともできます。

エキスパートのおすすめ

BOSS『Acoustic Singer Live』

BOSSACS-LIVEAcousticSinger《アコースティックアンプ》【送料無料】 BOSSACS-LIVEAcousticSinger《アコースティックアンプ》【送料無料】 BOSSACS-LIVEAcousticSinger《アコースティックアンプ》【送料無料】
出典:楽天市場 この商品を見るview item
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

自動でハモってくれる弾き語り用アンプ

音質のよさに定評あるアコギ用アンプです。ボディの共鳴音の成分を増幅し、自然で豊かな響きで鳴らすことができる『Acoustic Resonance』機能搭載しており、もちろんウクレレでも有効です。とくにピエゾピックアップの場合は、つねにオンにしておきたくなるほどです。

そして、弾き語りをする人に注目してもらいたいのが、マイク入力からのボーカルに自動でハーモニーをつけてくれる『Auto Harmony』機能です。演奏したコード進行を解析してキーを判別するので、音楽的で違和感のないハーモニーになります。

また、フレーズやリズムを録音してループ再生する機能もあり、直前に弾いたパターンを伴奏にソロを弾く、といったこともできます。ひとりでの弾き語りにさまざまな可能性を与えてくれるアンプです。

エキスパートのおすすめ

Roland『CUBE Street』

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

路上ライブにぴったりの小型アンプ

電池駆動も可能な小型アンプ。傾斜したキャビネットのデザインは、床に置いて使うことを考慮したもので、路上ライブなどに最適です。ウクレレに適したフラットな音質のモードのほか、ローランド独自のモデリング技術である『COSM』のアンプが複数搭載されています。

著名ギターアンプの音に切り替えられるので、多彩な音を楽しめます。エフェクトもコーラス、フランジャー、リバーブなど豊富に内蔵していて、マイク入力にも独立したディレイやEQがあり、環境に合わせて音作りを行えます。いろいろなところでライブを行う人におすすめです。

エキスパートのおすすめ

FISHMAN『Loudbox Mini Charge』

FISHMAN/アコースティック用アンプLoudBoxMiniCharge〈フィッシュマン〉 FISHMAN/アコースティック用アンプLoudBoxMiniCharge〈フィッシュマン〉 FISHMAN/アコースティック用アンプLoudBoxMiniCharge〈フィッシュマン〉
出典:楽天市場 この商品を見るview item
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

抜群の音質に、弾き語りに最適な機能を満載

音質が抜群で、クリアでアコースティック楽器らしい自然なサウンドを鳴らせるため、プロアマを問わず人気がある製品です。

充電式バッテリーを搭載し、どこででも演奏できることや、マイク入力にもリバーブのエフェクトを搭載すること、60Wと十分なパワーがあること、さらにはBluetooth対応で、音源を外部機器からワイヤレスで鳴らせるため、お気に入りの伴奏トラックを鳴らしながら演奏できるなど、弾き語りの可能性を高めてくれる機能が満載です。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ギターアンプの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのギターアンプの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:アコースティックギターアンプランキング
楽天市場:アンプランキング
Yahoo!ショッピング:ギター用アンプ本体ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ギターアンプに関連する記事のご紹介

出したい音を鳴らせるかどうか、店頭で確認して

アンプにはそれぞれ個性があり、音質も違います。ウクレレの音質との相性もありますし、ピックアップやマイク、エフェクターとの相性もあります。

また、音量によって音質がかなり変わるアンプもあります。スペックだけを見て購入すると、予想とはまったく異なる音になってしまうこともあるかもしれません。可能なら、音を確かめてから購入してください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ギターアンプおすすめ11選|自宅練習からライブまで! Bluetooth対応機も

ギターアンプおすすめ11選|自宅練習からライブまで! Bluetooth対応機も

エレキギターに欠かせないギターアンプは、小型で自宅練習向きや出力にゆとりのあるもの、エフェクターが内蔵されたもの、豊富な入出力端子を備えたタイプなど、さまざまな種類があります。この記事では、小物王・納富廉邦さんと編集部が厳選したギターアンプのおすすめと選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon エレキギター・エレキベース , アンプ , 音楽機材

アコギ用エフェクターおすすめ8選|基本知識や選び方も解説

アコギ用エフェクターおすすめ8選|基本知識や選び方も解説

アコギでエフェクターを使う場合は、エレキギターのように音を積極的に変化させるのではなく、生楽器ならではの響きを補足するなど、よりアコギらしいサウンドを作るのがおもな使い方です。ではどんなエフェクターがアコギに適しているのでしょうか。本記事では、アコースティックギター(アコギ)で使えるエフェクターの選び方と、おすすめのエフェクターをご紹介。人気のZOOMやBOSS、FISHMANなど、プリアンプからコンプレッサーまで、さまざまな機材を紹介していますので、納得の商品選びに役立ててください。

tag icon アコースティックギター , 音楽機材 , 音楽用品

【ギターワイヤレスシステム】おすすめ11選|自宅やライブで!

【ギターワイヤレスシステム】おすすめ11選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。本記事では、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

tag icon エレキギター・エレキベース , DTM機材 , 楽器

ベース用シールドおすすめ3選|ベルデン・カナレ・プロビデンスなど厳選

ベース用シールドおすすめ3選|ベルデン・カナレ・プロビデンスなど厳選

シールドとは、ベースをアンプやエフェクターにつなぐときに使うケーブルのこと。シールドにこだわりを持っているベーシストもいますが、なんとなく使っている方も少なくないようです。シールドにはさまざまな種類があり、音質はもちろん使い勝手などそれぞれ違いがあります。本記事では、ベース用シールドのおすすめ商品と選び方をご紹介します。記事の後半には通販サイトのランキングもあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

tag icon 音楽機材 , 音楽用品

ベース用プリアンプおすすめ12選|音楽ライターが選び方と厳選機種を解説

ベース用プリアンプおすすめ12選|音楽ライターが選び方と厳選機種を解説

「ベース用プリアンプ」はライブや自宅でのレコーディングなどで大活躍するエフェクターです。MXRやEDEN、Vivieといったメーカーから、原音・重低音重視、歪み系などさまざまな特徴を持つ機種が販売されています。また、ヘッドホン出力やDI機能付きなど、人気モデルから定番まで何を選べばいいか迷ってしまいますよね。本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、選び方のポイントと、おすすめの商品を紹介します。ぜひ、ベース用プリアンプ選びの参考にしてみてください。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon エレキギター・エレキベース , アンプ , 楽器

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。