アンプヘッドおすすめ5選|パワフルな小型タイプもご紹介!

アンプヘッドおすすめ5選|パワフルな小型タイプもご紹介!
IT&家電ライター
秋葉 けんた

編集プロダクション「マイカ」所属のIT&家電専門ライター。 スマホやパソコン、ストレージ、ネットワークなどIT全般のみならず、家電についての執筆実績が多い。書籍、雑誌、新聞、業界誌やWebコンテンツなど、様々な媒体に記事を提供している。 また、広告やカタログ、導入事例といったB2Bの営業支援ツール制作にも携わる。IT系、家電を中心にコンセントにささるいいモノをおすすめしていきます。 略歴 1973年生まれ。 高等学校の教職員勤務経験を経て、マイカに勤務。雑誌や専門誌のライターとして活躍する。 その後、IT流通の専門誌の記事制作を担当し、B2BからB2Cまで幅広い専門知識を獲得。 最近では、Webメディアやオウンドメディアのの編集企画制作も担当。 著書歴 ・iCloud&iTunes超使いこなしガイド 2019最新版 (三才ムック) ・今すぐ使えるかんたん はじめる&使える MacBook入門(技術評論社) ・スマホの困ったを解決する本 (三才ムック) ・iPhone超活用ガイド (三才ムックvol.988) ・今すぐ使えるかんたんEx iPhone プロ技BESTセレクション(技術評論社)

IT&家電ライターが選ぶアンプヘッド5選をご紹介します。アンプヘッドとは、ギターやベースの電気信号を増幅してスピーカーキャビネットを鳴らすための音響機器。好みのスピーカーと組み合わせることでより幅広い音作りができます。本記事では、IT&家電ライターの秋葉けんたさんにお話をうかがい、アンプヘッドの選び方のポイントとおすすめ商品について教えてもらいました。また、最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


アンプヘッドの選び方のコツとは?|IT&家電ライターが解説

IT&家電ライターの秋葉けんたさんに、アンプヘッドを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

アンプヘッド
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

アンプヘッドは、アンプとキャビネット一体型の製品に対し、自分のギターやベースと好きなスピーカーとを接続して好みの音を作り出すことができるのが特徴です。

サウンドの好みで真空管かトランジスタを選択

IT&家電ライター

ギターアンプの増幅回路には真空管(チューブ)とトランジスタがあります。真空管アンプはサウンドが柔らかくて暖かく、トランジスタは音の立ち上がりが早いため、硬くてクリーンなサウンドです。さらにデジタル技術によって、真空管アンプのモデリングなど多彩なサウンドを作れる製品が増えています。いずれにするか、サウンドの好みで選んでください。

真空管アンプは「定格出力」(数十秒から数分間程度連続して出力できる電力の実効値)の4割増しの音量が出ると言われますが、よい音で鳴らすためにはある程度大きい音を出す必要があり、使い方やメンテも大変なのでご注意を。

Marshall『JVM410H』

真空管タイプのアンプヘッド。

>> Amazonで詳細を見る

利用するシーンに合わせてパワーを選択

IT&家電ライター

ギターはエフェクターによって多彩なサウンドメイクがおこなえますが、ギターアンプのキャラクター(性質)もサウンドを大きく左右します。自宅で音作りを追い込んで、そのアンプヘッドをスタジオに持って行けば時短にもなります。キャビネットを鳴らす音量は、アンプヘッドのパワー(定格出力)によって決まります。自宅や小さいライブハウスなら30W以下、一般的なライブハウスなら30〜100W、大ホールや野外では100W以上が目安になります。

ライブハウスやスタジオに気軽に持って行きたい人には、重さ3kg前後の小型ヘッドアンプがおすすめ。最近は小型でも出力の大きいモデルが増えており、ライブハウスでもじゅうぶん利用できます。

DV MARK『DVM-L250/M』

最大250Wに高出力化されたアンプヘッド。

>> Amazonで詳細を見る

ライン録りするならラインアウト端子は必須

IT&家電ライター

エレキギターの音を録音する方法には、マイクとラインの2種類があります。ギターアンプから出た音をマイクで拾うのがマイク録り。スピーカーで聴いたままのサウンドが録れますが、マイクの用意やセッティングなどが大変です。

ライン録りは、ギターアンプなどのラインアウト端子から直接レコーディングします。スピーカーから大音量を流す必要がなく、逆に周囲の雑音が混入する心配もありません。アンプヘッドで作った音を手軽に録音できますが、スピーカーを通したときの「空気感」はなくなります。

ライン録りかマイク録りか、これも好みで選んでください。ちなみに、ラインアウト端子の多くは標準ジャックですが、高級機では高品位なXLR端子(キャノンコネクター)を装備した製品もあります。

IT&家電ライターが選ぶアンプヘッドのおすすめ商品5選!

ここまで紹介したアンプヘッドの選び方のポイントをふまえて、秋葉けんたさんに選んでもらったおすすめ商品を5つ紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Marshall『JVM410H』

Marshall『JVM410H』 Marshall『JVM410H』

出典:Amazon

サイズ 750×310×215mm
重量 22kg
定格出力 -
消費電力 100W
チャンネル数 4チャンネル
タイプ 真空管

Thumb lg 9b33e43a e94e 45f2 af29 695b57bc77e8

IT&家電ライター

4ch仕様のマーシャルアンプ最上位モデル

ギターアンプヘッドJVMシリーズの最上位モデル。4チャンネル(クリーン、クランチ、OD1、OD2)各々に3モードが用意され、歴代マーシャルの名機ヘッドアンプ12種類を再現しています。

真空管はプリ管がECC83×4、パワー管はECC83×1/EL34×4で、出力100W。チャンネルごとのボリューム/ゲイン/3バンドEQのツマミのほか、デジタルリバーブ、エフェクトループ(シリアル/パラレル)、6wayフットスイッチを装備。MIDI IN/THRU端子、XLR出力などの入出力端子はレコーディングにもフル対応します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BOSS『KATANA-HEAD KTN-HEAD』

BOSS『KATANA-HEADKTN-HEAD』 BOSS『KATANA-HEADKTN-HEAD』 BOSS『KATANA-HEADKTN-HEAD』 BOSS『KATANA-HEADKTN-HEAD』 BOSS『KATANA-HEADKTN-HEAD』

出典:Amazon

サイズ 470×228×215mm
重量 8.8kg
定格出力 30W(内蔵スピーカー動作時)、100W(外部スピーカー接続時)
消費電力 77W
チャンネル数 4チャンネル
タイプ -

Thumb lg 9b33e43a e94e 45f2 af29 695b57bc77e8

IT&家電ライター

多彩なBOSSエフェクトも内蔵した多機能モデル

コンパクトながら100Wの大出力を実現、パワフルでエッジの効いたサウンドを楽しめるギターヘッドアンプ。

コントロールは3ボリューム、3バンドEQ+PRESENCEとシンプルながら、内蔵のエフェクト55種類から最大3系統を同時に使用でき、パネル設定や音色の記憶も可能。ほかにも多彩な便利機能を満載するなど、BOSSの長年の技術を蓄積した1台です。5インチ(12cm)の小型スピーカーも搭載しているため、単体での音色確認や個人練習もOK!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA『THR100H』

YAMAHA『THR100H』 YAMAHA『THR100H』 YAMAHA『THR100H』 YAMAHA『THR100H』

出典:Amazon

サイズ 445×248×95mm
重量 3.6kg
定格出力 100W (8/16Ω) 50W (4Ω)
消費電力 40W
チャンネル数 モノラルまたはステレオ
タイプ 真空管

Thumb lg 9b33e43a e94e 45f2 af29 695b57bc77e8

IT&家電ライター

5種類のパワー管モデリングでサウンド追求!

わずか3.6kgの軽量ボディながら、ヤマハの優れたモデリング技術による本格的な真空管サウンドを楽しめるアンプヘッド。丸みあるデザインとカラーリングもレトロな雰囲気です。

出力は100W。ソリッドステートからハイゲインまで、ベーシックな5種類のアンプを搭載。加えて背面パネルのセレクターで、モデリングされた5種類の真空管タイプを選択可能。LINE OUTとPHONES OUTにはスピーカーシミュレーションが搭載されているので、空気感のあるダイナミックなサウンドを出力することができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

VOX『MV50 Clean』

VOX『MV50Clean』 VOX『MV50Clean』 VOX『MV50Clean』 VOX『MV50Clean』

出典:Amazon

サイズ 135×75×100mm
重量 540g
定格出力 最大50W RMS@4Ω、25W RMS@8Ω、12.5W RMS@16Ω
消費電力 3.43A
チャンネル数 -
タイプ 真空管

Thumb lg 9b33e43a e94e 45f2 af29 695b57bc77e8

IT&家電ライター

アナログ仕様にこだわったコンパクトモデル

アナログ仕様の回路設計にこだわった小型ギターアンプヘッド。片手で運べるコンパクトボディが魅力です。

プリアンプに、コルグとノリタケ伊勢電子の共同開発によって誕生した小型の新真空管「Nutube」を採用。パワーアンプは低発熱で環境負荷の少ないクラスDで、最大出力は50W。温かみのあるナチュラルなトーンを楽しめます。ライン/ヘッドフォンアウトにはキャビネットシミュレーターを搭載しています。

MV50シリーズにはほかにアグレッシブなディストーションサウンドのRock、今風のハイゲインサウンドのHigh Gainなどもあります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DV MARK『DVM-L250/M』

DVMARK『DVM-L250/M』 DVMARK『DVM-L250/M』 DVMARK『DVM-L250/M』

出典:Amazon

サイズ 225×80×250mm
重量 2.6kg
定格出力 250W(4Ω)/150W(8Ω)
消費電力 -
チャンネル数 2チャンネル
タイプ -

Thumb lg 9b33e43a e94e 45f2 af29 695b57bc77e8

IT&家電ライター

イタリアからやってきたパワフル小型アンプヘッド

イタリアのアンプメーカーDV MARKのDV LITTLEシリーズは、最大250Wに高出力化されたアンプヘッドです。

中でもDV LITTLE 250M(品番DVM-L250/M)は、強力なディストーションサウンドにアレンジされたハードロック/ヘヴィメタル向けモデル。2チャンネル(Clean/Lead)仕様で各チャンネルにシンプルなEQを搭載。さらにエフェクトのリバーブ、センド/リターン端子、チャンネル切り替えのフットスイッチ端子なども用意されています。

クリーンサウンドが特徴のDV LITTLE GH 250もあり。

「アンプヘッド」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Marshall『JVM410H』
BOSS『KATANA-HEAD KTN-HEAD』
YAMAHA『THR100H』
VOX『MV50 Clean』
DV MARK『DVM-L250/M』
商品名 Marshall『JVM410H』 BOSS『KATANA-HEAD KTN-HEAD』 YAMAHA『THR100H』 VOX『MV50 Clean』 DV MARK『DVM-L250/M』
商品情報
特徴 4ch仕様のマーシャルアンプ最上位モデル 多彩なBOSSエフェクトも内蔵した多機能モデル 5種類のパワー管モデリングでサウンド追求! アナログ仕様にこだわったコンパクトモデル イタリアからやってきたパワフル小型アンプヘッド
サイズ 750×310×215mm 470×228×215mm 445×248×95mm 135×75×100mm 225×80×250mm
重量 22kg 8.8kg 3.6kg 540g 2.6kg
定格出力 - 30W(内蔵スピーカー動作時)、100W(外部スピーカー接続時) 100W (8/16Ω) 50W (4Ω) 最大50W RMS@4Ω、25W RMS@8Ω、12.5W RMS@16Ω 250W(4Ω)/150W(8Ω)
消費電力 100W 77W 40W 3.43A -
チャンネル数 4チャンネル 4チャンネル モノラルまたはステレオ - 2チャンネル
タイプ 真空管 - 真空管 真空管 -
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年10月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月8日時点 での税込価格

【関連記事】ギターアンプのおすすめは?

エレキギターで音を出すために欠かせないギターアンプ。本記事では、ギターアンプを選ぶ際にはどこに注目して選べばいいのかを解説し、おすすめ商品5選を紹介していきます。どのギターアンプを買うべきか迷っている方や今のギターアンプからステップアップしたいと思っている方はぜひ参考にしてください。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする アンプヘッドの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのアンプヘッドの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:エレキギターヘッドアンプランキング
楽天市場:アンプランキング
Yahoo!ショッピング:アンプヘッドランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

IT&家電ライターの「ここがポイント」|どんなキャビネットを接続するかが重要

IT&家電ライター

基本的にギターヘッドアンプは、スピーカーキャビネットと組み合わせて利用するものです。

キャビネットは音の最終的な出口となる重要な機材です。積載スピーカーの種類や本体構造の違いなどによってさまざまな製品があり、どんなモデルをつなぐかによってサウンドが大きく変わるため、できれば店頭などで実際の組み合わせを聴いてみることをおすすめします。

接続するときは、ギターアンプの定格出力とキャビネットの許容入力のバランスや、抵抗値(インピーダンス)に気をつけましょう。抵抗値が合わないと正しく音が鳴らないだけでなく、故障の原因にもなります。また、接続ケーブルのコネクターの形が合っているかも確認しましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/04/28 タイトル変更のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 水貝英斗)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年版】パッシブスピーカーおすすめ12選|本格的な音楽空間に

【2020年版】パッシブスピーカーおすすめ12選|本格的な音楽空間に

オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんへの取材のもと、パッシブスピーカーを接続する際の基本知識、初心者向けの選び方、ヤマハやJBLなどおすすめ12選を紹介します。パッシブスピーカーとは、アンプが内蔵されていないスピーカーのことで、自分の好きな音質を楽しむことができる、カスタマイズ性が魅力です。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


スピーカーケーブルおすすめ13選|ケーブルで手軽に音質を変えよう【端子や長さで】

スピーカーケーブルおすすめ13選|ケーブルで手軽に音質を変えよう【端子や長さで】

アンプとスピーカーをつなぐスピーカーケーブルは、音の出口となるスピーカーへ音を運ぶという非常に重要な役割を担います。最近は機器同士をワイヤレスでつなぐ「紐なし(無線)生活」が好まれていますが、どっこい音質にこだわるオーディオの世界は別。やはり有線でつなげて、いい音で聞きたいという方も多いことでしょう。家電製品総合アドバイザーである安蔵靖志さんへの取材をもとに、スピーカーケーブルの選び方と、安蔵靖志さんのおすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


ミニコンポおすすめ12選|高音質でインテリアにもなるおしゃれなものを選ぼう!

ミニコンポおすすめ12選|高音質でインテリアにもなるおしゃれなものを選ぼう!

普段持ち歩いてるスマホで好きな音楽を手軽に楽しめる時代です。ですが、スピーカーから出る音を空間で楽しむことも音楽の醍醐味。そんなときにミニコンポは活躍してくれます。この記事では、音響機器メーカー「株式会社ムジカコーポレーション」CEOの眞壁征生さん編集部が選んだおすすめ商品を紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


インシュレーターおすすめ10選|スピーカーやサウンドバーの音質向上に!【金属・木材・ゴム】

インシュレーターおすすめ10選|スピーカーやサウンドバーの音質向上に!【金属・木材・ゴム】

オーディオ機器は振動に弱く、机や床、棚などの上に直接置くことで音質が低下する可能性があります。インシュレーターは、そういった音質の低下を抑えるためのアイテムです。オーディオ機器に使用し、発生する振動を他の機器に伝わりにくくしてくれるので、誰でもかんたんに音質を変えることができます。この本記事では、インシュレーターの選び方の解説をしながら、音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんと編集部がおすすめのインシュレーターを紹介します。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


真空管アンプおすすめ21選|低価格で高音質なモデルも紹介

真空管アンプおすすめ21選|低価格で高音質なモデルも紹介

本記事では、音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんと編集部が選んだおすすめ21選と選び方を紹介します。ギターにピッタリのモデルや中華の安いモデル、小型モデルまで紹介しています。また通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


新着記事


ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

『ジョッター』は、英国王室御用達(ロイヤルワラント)の称号をふたつも獲得する高級筆記具ブランド「パーカー」のコレクションのひとつ。万年筆やボールペンだけでなく、シャーペンもラインナップされています。「パーカー」の象徴である矢羽をモチーフにしたクリップをそなえたシャーペンは、上質な雰囲気でスタイリッシュ。特別感があって、所有するよろこびを感じさせてくれます。しかも、1,000円台で販売されており手を出しやすいのがうれしいところ。本記事では、『ジョッター』のシャーペンを実際に試したレビューをご紹介していきます。手に取ってみないと分からない持ち心地や書き心地もくわしく見ていくので、ぜひ記事を読んで購入の参考にしてくださいね。


コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

フェイスパウダーは、ベースメイクの仕上げに欠かせないアイテムのひとつ。たくさんの種類のアイテムがあり、カバー力やキープ力などその特徴もさまざまです。そこで今回は、プチプラコスメの『マシュマロフィニッシュパウダー』をご紹介。カバー力や使い心地などについて、徹底検証してみました!


汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

メイクの仕上がりを左右するといっても過言ではない、フェイスパウダー。選ぶアイテムによって仕上がる肌の質が異なり、販売されている種類もさまざまです。そこで今回は、汗に強くキープ力が高いと評価されているチャコットの『フィニッシングパウダー』をご紹介。カバー力や使用感などの評価について、実際に検証してみました。ぜひ参考にしてみてください。


【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

2021年度の手帳をどうしようかいろいろ情報収集していくなかで、よく見かける「クオバディス」のビジネス手帳。海外製の手帳で自分に合っているのかどうか不安に思っていたり、どのように使えばいいのかわからず購入をためらっている人もいるのではないでしょうか。そこで、ここでは『クオバディス手帳』の「ビジネスプレステージ・クラブ」を実際に購入したので、カバーの質感や気になる手帳の中身を、写真を交えながら徹底レビューします。『クオバディス手帳』の中身や機能性が気になる人は、当記事を参考にしてみてくださいね。


乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

毎日のスキンケア。保湿力が高くても、なかには肌トラブルを起こしてしまう刺激の強いものもあり、購入したものの肌に合わず使用を中止した経験がある方もいるのではないでしょうか。とくに敏感肌の方などは、スキンケアのアイテム選びはなかなか難しいですよね。そんな方におすすめなのが、乾燥性敏感肌のためにつくられた『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』。肌へのやさしさを考慮しつつも、しっとり保湿し軽やかな使い心地が魅力の保湿クリームですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に使って、商品の特徴や使用感を詳しく検証。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る