電子キーボードおすすめ13選【プロが解説】初心者や子どもも楽しめる!

電子キーボードおすすめ13選【プロが解説】初心者や子どもも楽しめる!
サウンドクリエーター / キーボーディスト
内藤 朗

キーボーディスト、シンセサイザープログラマー、サウンドクリエーターなど様々な側面を持ち、作編曲からレコーディング制作、ライブ演奏など多方面で活動中。 S.E.N.Sのレコーディングサポート、安部OHJIプロジェクトでのレコーディング、ライブなどから、イベント、キャンペーンソング、放送メディアのテーマ曲、BGM製作等、その活動の幅は多岐に渡る。 また、DTM黎明期より音楽制作系ライターとしても広く知られ、近著は「音楽・動画・ゲームに活用! ソフトシンセ音作り大全」(技術評論社刊)など。 数多くの音楽専門学校、ミュージック・スクールなどでおよそ30年以上に渡り講師を務め、数多くの人材を輩出する実績を持つ。 有限会社FOMIS代表取締役、一般社団法人日本シンセサイザープロフェッショナルアーツ(JSPA)正会員、MIDI検定指導研究会委員。

キーボーディストの内藤 朗さんへの取材をもとに、電子キーボードの選び方とおすすめの商品を掲載。ヤマハ、カシオ、ローランドなどのメーカーからさまざまなものが販売されている「電子キーボード」。鍵盤の数や音色、演奏支援機能などの付加機能と購入時に気にするポイントがたくさんあります。まずは、電子キーボードでなにがしたいのか、目的を明確にすることが大切です。内藤 朗さんのアドバイスを参考に、自分の目的に合う電子キーボードをみつけてくださいね。


電子キーボードの選び方 キーボーディストに聞く

電子キーボードを弾く手
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

電子キーボードにもいくつかサイズがあります。どのように使いたいかでサイズを決めるのがポイントです。

キーボーディストの内藤 朗さんへの取材をもとに、電子キーボードを選ぶときのポイントを紹介します。

目的に合わせて選ぶ 自宅で練習するためなら鍵盤サイズや鍵盤数を重視!

サウンドクリエーター / キーボーディスト

目的でが変わる電子キーボードに必要な機能

いざ電子キーボードを購入すると決めたら、まずは「何がしたいのか」「何のために必要なのか」など、目的をできるかぎり明確にしておくことが重要です。目的が明確であれば、より合致したものを選ぶことができるでしょう。

たとえば、音楽教室のレッスンなどのための自宅練習用であれば、鍵盤のサイズや鍵盤数などを優先して検討するのがよいでしょう。また、趣味でヒットソングなどの演奏をひとりで楽しみたいのであれば、自動伴奏機能などの付加機能を優先して検討するほうがよいでしょう。

鍵盤数と大きさで選ぶ 88鍵? 76鍵? 61鍵? 標準鍵盤orミニ鍵盤?

サウンドクリエーター / キーボーディスト

ピアノのように弾きたい? 気軽に持ち出したい?

演奏するうえで一番肝心なのは、鍵盤の数や大きさです。鍵盤数は約3オクターブ(37鍵前後)、約5オクターブ(61鍵)、約6オクターブ(76鍵)など、演奏音域の広さに違いがあります。ちなみに生ピアノの鍵盤数は、現在ほとんどが88鍵です。

鍵盤サイズ(鍵盤自体の大きさ)は、生ピアノと同じ大きさの標準鍵盤タイプ、ミニ鍵盤タイプがあります。

自宅でのレッスン用であれば、61鍵以上で標準鍵盤のモデルがおすすめです。充分な演奏音域が確保できますし、両手でしっかり演奏したい方にも適しています。自宅以外でも使用する場合は、ミニ鍵盤サイズのものがおすすめです。鍵盤数にもよりますが、気軽に外に持ち出せます。

鍵盤のタッチや内臓音で選ぶ 実際に試奏して好みで選ぶのが一番

サウンドクリエーター / キーボーディスト

好みのタッチや音色を見つけるには試奏が一番

電子キーボードの場合は、見た目はピアノ鍵盤と同じ形状をしている場合もありますが、ほとんどの商品がオルガンと同じタッチの鍵盤です。生ピアノのタッチ感との違いほどではないものの、実際に弾いてみると機種によってタッチ感が異なるのに気がつくと思います。鍵盤タッチは良し悪しというよりは、実際に試奏してみて自分の弾きやすさで選びたいところです。

また、内蔵音色も最近のモデルはどれも豊富な音色を装備していますが、音の質感はメーカーごとに特徴が現れます。ピアノの音色をはじめ、よく使用する音色をそれぞれで弾き比べて、より自分の好みの音色のモデルを選ぶとよいでしょう。

「タッチレスポンス機能」で生ピアノに近い打鍵感に

「タッチレスポンス機能」とは、鍵盤を弾く強さに応じて、音に強弱がつく機能です。ピアノの練習用にキーボードを買うなら、ぜひついていてほしい機能です。

「同音連打」で鍵盤の性能を確認しよう

実際に触ってみて選ぶ機会があるなら、同じ音を連続して出す「同音連打」を試してみてください。どの程度の速さまで藩王で切るのか、ひとつひとつの音が切れていないか、などに、性能があらわれます。

連打性能だけでキーボードの性能がはかれるわけではありませんが、同一価格帯で迷ったときは、ひとつの目安になります。

自動伴奏機能、演奏支援機能など付加機能の有無

YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(EZ-J220)』は鍵盤が光って演奏をサポートしてくれます。

サウンドクリエーター / キーボーディスト

メーカーや機種で異なる電子キーボードの付加機能

ピアノの音色でシンプルに曲を演奏するのもひとつの楽しみ方ですが、オリジナル曲をひとりで弾き語りしたり、ヒット曲を伴奏つきで楽しんだりしたいときなどには、ドラムやベースをはじめとしたさまざまな楽器の演奏がバックにあるといっそう楽しさが増すでしょう。

電子キーボードには、ジャズやロック、EDMなどのリズムが内蔵されていたり、コードや鍵盤などを押さえると、それに見合ったバッキング(伴奏)を自動演奏してくれたりなど、演奏支援機能を内蔵しているモデルが多くあります。これらの機能はメーカーよって異なりますし、同一メーカーの製品ラインナップによっても内蔵数や有無が異なりますので、充分にチェックしましょう。

付属品の有無やオプションなども忘れずに

サウンドクリエーター / キーボーディスト

必要なオプション品の価格チェックも忘れずに

電子キーボードはACアダプター以外に乾電池で動作するものが多く、商品によってはACアダプターは別売となっている場合があります。自宅で長時間使用するような場合には、乾電池よりはACアダプターを使用したほうが安定した動作が得られますし、経済的です。最初にACアダプターが付属しているのかどうかを確認しておくとよいでしょう。

また、商品によっては楽曲の演奏データなどさまざまなコンテンツを本体に読み込んで、カラオケ的な使い方ができるものもありますが、最初から付属するものとオプションで別売になるものもあります。これらについてもあらかじめ確認しておくと、初期導入費用の予算見積の目安になります。

持ち運ぶなら重量をチェック

路上や音楽教室などで演奏するために持ち運びたい、という方も多いと思います。持ち運びが多い方には、重さ4kg程度の61鍵盤か、それ以下の鍵盤数の電子キーボードが向いています。

目安として76鍵盤は7kg、88鍵盤は10kg程度とかなり重たく、キーボードケースの重さも加味すると持ち運びがかなりたいへんになります。特に88鍵盤は安全のためにも、大人ふたりで持ち運ぶ必要がありあすので、この点も考慮に入れて選ぶとよいでしょう。

49鍵以下のおすすめ電子キーボード2選

お子さまのはじめての鍵盤楽器に、コンパクトで収納に困らない49鍵以下の電子キーボードをさらにご紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CASIO(カシオ)『32ミニ鍵盤 電子キーボード(SA-46)』

CASIO(カシオ)『32ミニ鍵盤電子キーボード(SA-46)』 CASIO(カシオ)『32ミニ鍵盤電子キーボード(SA-46)』 CASIO(カシオ)『32ミニ鍵盤電子キーボード(SA-46)』 CASIO(カシオ)『32ミニ鍵盤電子キーボード(SA-46)』 CASIO(カシオ)『32ミニ鍵盤電子キーボード(SA-46)』 CASIO(カシオ)『32ミニ鍵盤電子キーボード(SA-46)』

出典:Amazon

サイズ 幅44.6×奥行20.8×高さ5.1cm
重量 約1.0kg(乾電池除く)
鍵盤数 32鍵
内蔵音色数 100
機能 自動演奏、レッスン機能、内蔵曲10曲(ソングバンク)、ピアノ音色/オルガン音色ワンタッチ切替、50内蔵リズム ほか
カラー ブラック×グリーン
付属品 楽譜

Thumb lg 5e947903 373c 4bcc a871 e0a03392f756

サウンドクリエーター / キーボーディスト

音楽に触れる楽しさを伝えるはじめての楽器に

32鍵のミニ鍵盤モデルです。約1kgと軽く、どこでも気軽に持ち運んで使えます。

本体には多くの方に親しまれている楽曲が10曲内蔵されているほか、叩くと音が鳴るパッドがついていたり、100種類のいろいろな音色が気軽に楽しめたりと、小さなお子さまでも気軽に扱えます。はじめて音楽に触れるきっかけづくりや、情操教育にも役立つでしょう。

CASIO(カシオ)『CTK-240』

CASIO(カシオ)『CTK-240』 CASIO(カシオ)『CTK-240』 CASIO(カシオ)『CTK-240』 CASIO(カシオ)『CTK-240』 CASIO(カシオ)『CTK-240』 CASIO(カシオ)『CTK-240』

出典:Amazon

サイズ 幅91.4×奥行23.7×高さ7.5cm
重量 約2.8kg(乾電池除く)
鍵盤数 49鍵
内蔵音色数 100
機能 内蔵曲50曲(ソングバンク)、レッスン機能、自動伴奏、100内蔵リズム ほか
カラー ブラック
付属品 楽譜集、譜面立て、ACアダプター

非常に安価な49鍵盤のカシオ製電子キーボード

スリムで置き場所に困らず、使いやすい商品です。低価格モデルながら、高音質な100音色、多彩な100リズム、自動伴奏機能を内蔵。液晶画面も搭載しており、さまざまな情報を表示します。

ピアノや楽器に興味を持ち始めたお子さまへのプレゼントにうってつけの価格と機能性を備えています。

61鍵のおすすめ電子キーボード7選

自宅でのレッスンに最低限ほしい、5オクターブ弾ける61鍵の電子キーボードをご紹介します。

CASIO(カシオ)『LK-228』

CASIO(カシオ)『LK-228』 CASIO(カシオ)『LK-228』 CASIO(カシオ)『LK-228』 CASIO(カシオ)『LK-228』 CASIO(カシオ)『LK-228』

出典:Amazon

サイズ 幅94.8×奥行35.0×高さ10.3cm
重量 約4.5kg(乾電池除く)
鍵盤数 61鍵
内蔵音色数 600
機能 自動伴奏、光鍵盤(オンオフ可能)、内蔵曲200曲、レッスン機能、録音機能、サンプリング機能 ほか
カラー -
付属品 マイク(コード長さ3m)、マイクホルダー、オーディオケーブル、楽譜集、歌詞集、譜面立て、ACアダプター

光る鍵盤が演奏をナビゲート!

鍵盤が光って次に弾くところを教えてくれるので、初心者の方でもすぐに弾くことができます。ほかにも、3ステップで練習できるステップアップレッスン、弾く指を教えてくれる音声ガイドや上達度がわかる採点機能など、練習機能がとても充実しています。

また、パソコンでダウンロードしたお好みの曲をSDカードなどで本体に取り込み、レッスンに利用できます。音質もよく、音色数・リズム数・曲数のすべてが充実している商品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(PSR-E363)』

YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(PSR-E363)』 YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(PSR-E363)』 YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(PSR-E363)』

出典:Amazon

サイズ 幅94.5×奥行36.9×高さ11.8cm
重量 約4.6kg(乾電池除く)
鍵盤数 61鍵
内蔵音色数 574(197パネル音色+18ドラム/SFXキット+20アルペジオ音色+339XGlite音色)
機能 タッチレスポンス機能、自動伴奏(165スタイル)、アルペジオ機能(150タイプ)、デュオ機能 ほか
カラー ブラック
付属品 譜面立て、ACアダプター、ソングブック

Thumb lg 5e947903 373c 4bcc a871 e0a03392f756

サウンドクリエーター / キーボーディスト

充実した機能と拡張性で多目的に使える

老舗楽器メーカーならではの高品位な内蔵音色、多彩な自動伴奏スタイル機能を搭載。鍵盤を押さえるだけで分散和音(150種類)を演奏できるアルペジオ機能など、演奏を楽しむための機能がとても充実しています。

また、ひとりで楽しむだけではなく、1台のキーボードを左右に分割してふたりで演奏できるデュオ機能で連弾を楽しんだり、パソコンと接続して曲づくりにも活用できるなど拡張性も充分です。演奏を楽しむ以外にも幅広い用途で使用できる電子キーボードです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(EZ-J220)』

YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(EZ-J220)』 YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(EZ-J220)』 YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(EZ-J220)』 YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(EZ-J220)』 YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(EZ-J220)』 YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(EZ-J220)』

出典:Amazon

サイズ 幅94.5×奥行34.8×高さ11.1cm
重量 約4.4kg(乾電池除く)
鍵盤数 61鍵
内蔵音色数 392(ステレオグランドピアノ+361XGlite+17XGliteオプション+12ドラムキット+サウンドエフェクトキット)
機能 ソングレッスン機能、ライトガイド、指使いガイド、音符ガイド、自動譜めくり機能(iPad)、内蔵曲100+9練習曲 ほか
カラー ピュアホワイト×マーメイドブルー
付属品 譜面立て、ACアダプター、ソングブック(105曲掲載)

Thumb lg 5e947903 373c 4bcc a871 e0a03392f756

サウンドクリエーター / キーボーディスト

キーボードをこれから始める方ならコレ

「いざキーボードを始めたものの、練習方法で悩んでいる」という方は多いと思います。そのような悩みを解決してくれる機能を備えたのが、この電子キーボードです。

クラシックからポップスまで幅広いジャンルの曲を内蔵し、演奏するフレーズの鍵盤位置をLEDの光でナビゲートしてくれるガイド機能を備えています。独学でも演奏力のスキルアップが目指せる商品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Roland(ローランド)『GO:KEYS(GO-61K)』

Roland(ローランド)『GO:KEYS(GO-61K)』 Roland(ローランド)『GO:KEYS(GO-61K)』 Roland(ローランド)『GO:KEYS(GO-61K)』 Roland(ローランド)『GO:KEYS(GO-61K)』 Roland(ローランド)『GO:KEYS(GO-61K)』 Roland(ローランド)『GO:KEYS(GO-61K)』 Roland(ローランド)『GO:KEYS(GO-61K)』 Roland(ローランド)『GO:KEYS(GO-61K)』 Roland(ローランド)『GO:KEYS(GO-61K)』 Roland(ローランド)『GO:KEYS(GO-61K)』 Roland(ローランド)『GO:KEYS(GO-61K)』 Roland(ローランド)『GO:KEYS(GO-61K)』

出典:Amazon

サイズ 幅87.7×奥行27.1×高さ8.2cm
重量 約3.9kg(ACアダプター除く)
鍵盤数 61鍵
内蔵音色数 554(GM2音色を含む)
機能 ループ・ミックス機能、内蔵レコーダー搭載、Bluetoothオーディオ機能 ほか
カラー レッド
付属品 取扱説明書、「安全上のご注意」チラシ、ACアダプター、保証書、ローランドユーザー登録カード

Thumb lg 5e947903 373c 4bcc a871 e0a03392f756

サウンドクリエーター / キーボーディスト

クリエイティビティを喚起する個性派モデル

電子キーボードのイメージを一新する洗練されたモダンなデザインが印象的です。この電子キーボードは、自動伴奏機能に大きな特徴があります。

多くのモデルでは、自動伴奏の各楽器のリズムパターンがひとつのまとまった形で用意されていますが、この商品では各パートのフレーズを自由に組み合わせて「ループミックス」というバックトラックをつくることができます。この「ループミックス」をもとにさらにフレーズを重ねて録音をすることもでき、クリエイティブな演奏者にとっては魅力的な機能です。

既存曲を演奏して楽しむという使い方よりは、曲づくりをより楽しむためのキーボードとして重宝するでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

KORG(コルグ)『PROFESSIONAL ARRANGER(プロフェッショナル・アレンジャー)(Pa700)』

KORG(コルグ)『PROFESSIONALARRANGER(プロフェッショナル・アレンジャー)(Pa700)』 KORG(コルグ)『PROFESSIONALARRANGER(プロフェッショナル・アレンジャー)(Pa700)』

出典:Amazon

サイズ 幅103.0×奥行37.8×高さ13.2cm
重量 約9.9kg
鍵盤数 61鍵
内蔵音色数 1,700以上
機能 アーティキュレーション技術DNC搭載、オート・フィル機能、エフェクトタイプ148種類、スタイル370種類以上 ほか
カラー -
付属品 譜面立て、クイック・ガイド・マニュアル、AC電源コード

Thumb lg 5e947903 373c 4bcc a871 e0a03392f756

サウンドクリエーター / キーボーディスト

プロ・上級者ユースに耐えうる本格派

内蔵音色は奏法による変化も再現されるなど、音質クオリティが高くなっています。また、自動伴奏機能や曲づくりの機能など、すべてにおいて上級スペックを持ち合わせているモデルです。自動伴奏機能などを活用すれば、ストリートライブのようなパフォーマンスを行う方も重宝するでしょう。

操作するボタンやスイッチなどは多くなりますが、ディスプレイがタッチパネルになっていますので、スマホやタブレット端末のような感覚で容易にメニュー操作できる点がよいと思います。ある程度キーボードが上達した方や、中~上級者などの演奏力が充分にある方ほど、楽しめるのがこの電子キーボードです。

YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(PSR-S670)』

YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(PSR-S670)』 YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(PSR-S670)』 YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(PSR-S670)』 YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(PSR-S670)』

出典:Amazon

サイズ 幅100.4×奥行41.0×高さ13.4cm
重量 約8.1kg
鍵盤数 61鍵
内蔵音色数 416ボイス+34ドラム/SFXキット+480XGボイス
機能 リアルタイムコントロール機能、録音機能、レジストレーション機能、伴奏スタイル230種類 ほか
カラー メタリック・ダーク・グレー
付属品 取扱説明書、電源アダプター、電源コード、保証書、譜面立て、メンバー製品ユーザー登録のご案内、和文シート

ライブでの使用を想定したハイスペックモデル

930種類の音色と豊富なエフェクト機能があるうえ、本体ふたつのノブに機能を割り当て、演奏中に音質を変化させたり、音量をコントロールしたりできます。

USBメモリー内のオーディオファイルを再生することも可能。シンプルで操作がやさしい、ライブパフォーマンスにもすぐれたハイスペックモデルです。

KORG(コルグ)『PROFESSIONAL ARRANGER(プロフェッショナル・アレンジャー)(Pa300)』

KORG(コルグ)『PROFESSIONALARRANGER(プロフェッショナル・アレンジャー)(Pa300)』 KORG(コルグ)『PROFESSIONALARRANGER(プロフェッショナル・アレンジャー)(Pa300)』 KORG(コルグ)『PROFESSIONALARRANGER(プロフェッショナル・アレンジャー)(Pa300)』 KORG(コルグ)『PROFESSIONALARRANGER(プロフェッショナル・アレンジャー)(Pa300)』 KORG(コルグ)『PROFESSIONALARRANGER(プロフェッショナル・アレンジャー)(Pa300)』 KORG(コルグ)『PROFESSIONALARRANGER(プロフェッショナル・アレンジャー)(Pa300)』 KORG(コルグ)『PROFESSIONALARRANGER(プロフェッショナル・アレンジャー)(Pa300)』

出典:Amazon

サイズ 幅103.0×奥行37.8×高さ12.7cm
重量 8.35kg
鍵盤数 61鍵
内蔵音色数 950以上
機能 STS(シングル・タッチ・セッティング)機能、タッチ・ビュー・インターフェイス搭載、ギター・モード搭載、スコア表示機能 ほか
カラー ブラック
付属品 クイック・ガイド、ACアダプター、譜面立て、アクセサリー・ディスク

作曲者向けのコルグ製電子キーボード

思い描いた楽曲イメージを、手軽に形にすることを目的としてつくられている電子キーボードです。そのため、エフェクターやシーケンサーも非常に多機能。鍵盤も精密につくられており、コルグならではの高品位かつ豊富なサウンドにより、ライブ演奏やリハーサルで実力を発揮する高機能モデルです。

また、楽譜をクリアに見やすく表示するスコア・ビューワー機能より、次に演奏する音符をハイライト表示することも可能です。

Roland(ローランド)『 GO:PIANO(GO-61P)』

Roland(ローランド)『GO:PIANO(GO-61P)』 Roland(ローランド)『GO:PIANO(GO-61P)』 Roland(ローランド)『GO:PIANO(GO-61P)』 Roland(ローランド)『GO:PIANO(GO-61P)』 Roland(ローランド)『GO:PIANO(GO-61P)』 Roland(ローランド)『GO:PIANO(GO-61P)』 Roland(ローランド)『GO:PIANO(GO-61P)』 Roland(ローランド)『GO:PIANO(GO-61P)』 Roland(ローランド)『GO:PIANO(GO-61P)』 Roland(ローランド)『GO:PIANO(GO-61P)』 Roland(ローランド)『GO:PIANO(GO-61P)』 Roland(ローランド)『GO:PIANO(GO-61P)』 Roland(ローランド)『GO:PIANO(GO-61P)』

出典:Amazon

サイズ 幅87.7×奥行27.1×高さ8.2cm
重量 約3.9kg(譜面立て、ACアダプター除く)
鍵盤数 61鍵
内蔵音色数 40
機能 内蔵曲15曲、Bluetooth機能、録音機能、メトロノーム ほか
カラー ブラック
付属品 取扱説明書、「安全上のご注意」チラシ、譜面立て、ACアダプター、ペダル・スイッチ、保証書、ローランドユーザー登録カード

電子ピアノ機能がそろったタッチレスポンス機能つき

譜面たてやペダルスイッチがついているため、電子ピアノのような特徴があります。音源はローランドのデジタルピアノサウンドを継承しているため、非常に美しく豊かに響きます。

鍵盤も象牙調のボックス型でピアノに似せたつくりになっており、キータッチの重さも3段階で調節できるため、自分の好みに合わせたタッチを選ぶことができます。この製品は電子ピアノのように、高品質の音源で手軽に演奏を楽しみたい方に向いている商品です。

76鍵のおすすめ電子キーボード3選

61鍵よりワングレード上、6オクターブ演奏できる76鍵の電子キーボードをご紹介します。

YAMAHA(ヤマハ)『piaggero(ピアジェーロ)NP-32』

YAMAHA(ヤマハ)『piaggero(ピアジェーロ)』 YAMAHA(ヤマハ)『piaggero(ピアジェーロ)』 YAMAHA(ヤマハ)『piaggero(ピアジェーロ)』

出典:Amazon

サイズ 幅124.4×奥行25.9×高さ10.5cm
重量 約5.7kg(乾電池除く)
鍵盤数 76鍵
内蔵音色数 10
機能 内蔵曲10音色デモ+10ピアノ曲、グレードソフトタッチ鍵盤、録音機能 ほか
カラー ブラック、ホワイト
付属品 譜面立て、ACアダプタ

コンパクトなデザインのタッチレスポンス機能つき

高品位でリアルな音はヤマハのコンサートグランドピアノなど、厳選された楽器からサンプリングされています。5.7kgと鍵盤数のわりに比較的軽量なため、らくに持ち運べます。

音域によって鍵盤のタッチが変わるのも特徴のひとつで、低音部は重く高音部は軽く、ピアノのタッチを再現しています。

高品位な音と本物のピアノに近いタッチを求めている方におすすめです。

CASIO(カシオ)『WK-6600』

CASIO(カシオ)76鍵盤電子キーボードWK-6600[ベーシック] CASIO(カシオ)76鍵盤電子キーボードWK-6600[ベーシック] CASIO(カシオ)76鍵盤電子キーボードWK-6600[ベーシック] CASIO(カシオ)76鍵盤電子キーボードWK-6600[ベーシック] CASIO(カシオ)76鍵盤電子キーボードWK-6600[ベーシック]

出典:Amazon

サイズ 幅116.1×奥行38.5×高さ14.7cm
重量 約7.2kg(乾電池除く)
鍵盤数 76鍵
内蔵音色数 700(ステレオサンプリングピアノ音色含む)、10ユーザー音色
機能 自動伴奏、録音機能、内蔵曲数5曲(デモ曲)、SDカード対応、32チャンネルミキサー機能、タッチレスポンス機能 ほか
カラー ブラック
付属品 譜面立て、ACアダプター

音楽制作に特化したタッチレスポンス機能つきモデル

アコースティック楽器のサンプリングにより700種類の音色を内蔵、さらに本機で作成した音色を10種類まで保存できます。

多彩なエフェクターやエディターがついており、音づくりには欠かせない機能がそろっていて、非常に多くの音色やリズムを内蔵、タッチレスポンス機能もついています。電子キーボードを使って曲づくりをしたい方に特に向いている商品です。

88鍵のおすすめ電子キーボード1選

生ピアノと同じ88鍵の本格的な電子キーボードをご紹介します。

KORG(コルグ)『STAGE VINTAGE PIANO(ステージ・ビンテージ・ピアノ)(SV-1 88)』

KORG(コルグ)『STAGEVINTAGEPIANO(ステージ・ビンテージ・ピアノ)(SV-188)』 KORG(コルグ)『STAGEVINTAGEPIANO(ステージ・ビンテージ・ピアノ)(SV-188)』 KORG(コルグ)『STAGEVINTAGEPIANO(ステージ・ビンテージ・ピアノ)(SV-188)』

出典:Amazon

サイズ 幅135.6×奥行34.7×高さ15.7cm
重量 約20.6kg(譜面立てを除く)
鍵盤数 88鍵
内蔵音色数 36(6サウンド・タイプ×6バリエーション)
機能 エディット機能、ペダル機能、デモ・ソング36曲(サウンドごとに各1曲)、ValveReactor搭載 ほか
カラー ブラック
付属品 電源コード、取扱説明書、アクセサリー・ディスク、譜面立て、ダンパー・ペダル(コルグDS-2H)

美しいフォルムが特徴的なステージ用電子キーボード

鍵盤のタッチには充分な重みがあり、また、厳選された36種類の音色はアコースティック楽器の質感まで艶やかに表現しています。演奏時の直感的操作を可能にするインターフェイスと、イコライザーやリバーブなどの6系統のエフェクトがステージでの多様なパフォーマンスを実現。電子ピアノの最上級モデルです。

「電子キーボード」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
CASIO(カシオ)『32ミニ鍵盤 電子キーボード(SA-46)』
CASIO(カシオ)『CTK-240』
CASIO(カシオ)『LK-228』
YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(PSR-E363)』
YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(EZ-J220)』
Roland(ローランド)『GO:KEYS(GO-61K)』
KORG(コルグ)『PROFESSIONAL ARRANGER(プロフェッショナル・アレンジャー)(Pa700)』
YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(PSR-S670)』
KORG(コルグ)『PROFESSIONAL ARRANGER(プロフェッショナル・アレンジャー)(Pa300)』
Roland(ローランド)『 GO:PIANO(GO-61P)』
YAMAHA(ヤマハ)『piaggero(ピアジェーロ)NP-32』
CASIO(カシオ)『WK-6600』
KORG(コルグ)『STAGE VINTAGE PIANO(ステージ・ビンテージ・ピアノ)(SV-1 88)』
商品名 CASIO(カシオ)『32ミニ鍵盤 電子キーボード(SA-46)』 CASIO(カシオ)『CTK-240』 CASIO(カシオ)『LK-228』 YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(PSR-E363)』 YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(EZ-J220)』 Roland(ローランド)『GO:KEYS(GO-61K)』 KORG(コルグ)『PROFESSIONAL ARRANGER(プロフェッショナル・アレンジャー)(Pa700)』 YAMAHA(ヤマハ)『PORTATONE(ポータトーン)(PSR-S670)』 KORG(コルグ)『PROFESSIONAL ARRANGER(プロフェッショナル・アレンジャー)(Pa300)』 Roland(ローランド)『 GO:PIANO(GO-61P)』 YAMAHA(ヤマハ)『piaggero(ピアジェーロ)NP-32』 CASIO(カシオ)『WK-6600』 KORG(コルグ)『STAGE VINTAGE PIANO(ステージ・ビンテージ・ピアノ)(SV-1 88)』
商品情報
特徴 音楽に触れる楽しさを伝えるはじめての楽器に 非常に安価な49鍵盤のカシオ製電子キーボード 光る鍵盤が演奏をナビゲート! 充実した機能と拡張性で多目的に使える キーボードをこれから始める方ならコレ クリエイティビティを喚起する個性派モデル プロ・上級者ユースに耐えうる本格派 ライブでの使用を想定したハイスペックモデル 作曲者向けのコルグ製電子キーボード 電子ピアノ機能がそろったタッチレスポンス機能つき コンパクトなデザインのタッチレスポンス機能つき 音楽制作に特化したタッチレスポンス機能つきモデル 美しいフォルムが特徴的なステージ用電子キーボード
サイズ 幅44.6×奥行20.8×高さ5.1cm 幅91.4×奥行23.7×高さ7.5cm 幅94.8×奥行35.0×高さ10.3cm 幅94.5×奥行36.9×高さ11.8cm 幅94.5×奥行34.8×高さ11.1cm 幅87.7×奥行27.1×高さ8.2cm 幅103.0×奥行37.8×高さ13.2cm 幅100.4×奥行41.0×高さ13.4cm 幅103.0×奥行37.8×高さ12.7cm 幅87.7×奥行27.1×高さ8.2cm 幅124.4×奥行25.9×高さ10.5cm 幅116.1×奥行38.5×高さ14.7cm 幅135.6×奥行34.7×高さ15.7cm
重量 約1.0kg(乾電池除く) 約2.8kg(乾電池除く) 約4.5kg(乾電池除く) 約4.6kg(乾電池除く) 約4.4kg(乾電池除く) 約3.9kg(ACアダプター除く) 約9.9kg 約8.1kg 8.35kg 約3.9kg(譜面立て、ACアダプター除く) 約5.7kg(乾電池除く) 約7.2kg(乾電池除く) 約20.6kg(譜面立てを除く)
鍵盤数 32鍵 49鍵 61鍵 61鍵 61鍵 61鍵 61鍵 61鍵 61鍵 61鍵 76鍵 76鍵 88鍵
内蔵音色数 100 100 600 574(197パネル音色+18ドラム/SFXキット+20アルペジオ音色+339XGlite音色) 392(ステレオグランドピアノ+361XGlite+17XGliteオプション+12ドラムキット+サウンドエフェクトキット) 554(GM2音色を含む) 1,700以上 416ボイス+34ドラム/SFXキット+480XGボイス 950以上 40 10 700(ステレオサンプリングピアノ音色含む)、10ユーザー音色 36(6サウンド・タイプ×6バリエーション)
機能 自動演奏、レッスン機能、内蔵曲10曲(ソングバンク)、ピアノ音色/オルガン音色ワンタッチ切替、50内蔵リズム ほか 内蔵曲50曲(ソングバンク)、レッスン機能、自動伴奏、100内蔵リズム ほか 自動伴奏、光鍵盤(オンオフ可能)、内蔵曲200曲、レッスン機能、録音機能、サンプリング機能 ほか タッチレスポンス機能、自動伴奏(165スタイル)、アルペジオ機能(150タイプ)、デュオ機能 ほか ソングレッスン機能、ライトガイド、指使いガイド、音符ガイド、自動譜めくり機能(iPad)、内蔵曲100+9練習曲 ほか ループ・ミックス機能、内蔵レコーダー搭載、Bluetoothオーディオ機能 ほか アーティキュレーション技術DNC搭載、オート・フィル機能、エフェクトタイプ148種類、スタイル370種類以上 ほか リアルタイムコントロール機能、録音機能、レジストレーション機能、伴奏スタイル230種類 ほか STS(シングル・タッチ・セッティング)機能、タッチ・ビュー・インターフェイス搭載、ギター・モード搭載、スコア表示機能 ほか 内蔵曲15曲、Bluetooth機能、録音機能、メトロノーム ほか 内蔵曲10音色デモ+10ピアノ曲、グレードソフトタッチ鍵盤、録音機能 ほか 自動伴奏、録音機能、内蔵曲数5曲(デモ曲)、SDカード対応、32チャンネルミキサー機能、タッチレスポンス機能 ほか エディット機能、ペダル機能、デモ・ソング36曲(サウンドごとに各1曲)、ValveReactor搭載 ほか
カラー ブラック×グリーン ブラック - ブラック ピュアホワイト×マーメイドブルー レッド - メタリック・ダーク・グレー ブラック ブラック ブラック、ホワイト ブラック ブラック
付属品 楽譜 楽譜集、譜面立て、ACアダプター マイク(コード長さ3m)、マイクホルダー、オーディオケーブル、楽譜集、歌詞集、譜面立て、ACアダプター 譜面立て、ACアダプター、ソングブック 譜面立て、ACアダプター、ソングブック(105曲掲載) 取扱説明書、「安全上のご注意」チラシ、ACアダプター、保証書、ローランドユーザー登録カード 譜面立て、クイック・ガイド・マニュアル、AC電源コード 取扱説明書、電源アダプター、電源コード、保証書、譜面立て、メンバー製品ユーザー登録のご案内、和文シート クイック・ガイド、ACアダプター、譜面立て、アクセサリー・ディスク 取扱説明書、「安全上のご注意」チラシ、譜面立て、ACアダプター、ペダル・スイッチ、保証書、ローランドユーザー登録カード 譜面立て、ACアダプタ 譜面立て、ACアダプター 電源コード、取扱説明書、アクセサリー・ディスク、譜面立て、ダンパー・ペダル(コルグDS-2H)
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年9月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月25日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする キーボードの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのキーボードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:キーボードランキング
楽天市場:ピアノ・キーボードランキング
Yahoo!ショッピング:キーボードランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

初心者もベテランも、意外と見落としがちな注意点 キーボーディストからアドバイス

サウンドクリエーター / キーボーディスト

電子キーボードの置き場所には若干の余裕を持って

電子キーボードも楽器ですので、演奏性だけでなく「どんな音が出るのか」という点は非常に重要です。音については、Webサイトなどの情報だけでは判断しにくい部分が多いので、やはり実物を自分で見て、試奏してチェックするのがよいでしょう。

また、意外と見落としがちなのが、楽器の置き場所です。据え置き状態にする場合には、楽器の横と後ろには少し余裕をもたせておくことも忘れずに。ペダルの接続端子やヘッドフォンなどの抜き差しがしやすくなります。

ライフスタイルにあった電子キーボードを!

キーボーディストの内藤 朗さんへの取材をもとに、電子キーボードの選び方のポイントや各商品の特徴をふまえたおすすめ商品についてご紹介しました。さまざまなメーカーや機能など、幅広い選択肢がありますが、皆さまが電子キーボードを購入する際の参考になれば幸いです。

初心者の方も気軽に使える機能をもった商品から上級者も満足できる高機能商品までいろいろな種類の電子キーボードがあります。ご自分にぴったりの電子キーボードを選び、毎日の生活を豊かにしましょう!

ピアニストであり、音楽教室を主宰する神田朝子さんへの取材をもとに、自宅演奏用のおすすめ電子ピアノベスト10などや、失敗しない選び方を掲載。ローランド、コルグ、カシオ、ヤマハ、カワイなどから発売されている電子ピアノの中から、厳選した機種をご紹介します。さらに、自宅で思いきり演奏するためのヘッドホ...

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/09/25 本文・価格修正のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 下田結賀子)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


モジュラーシンセおすすめ9選! サウンドクリエーターが機材選びの観点もじっくり説明

モジュラーシンセおすすめ9選! サウンドクリエーターが機材選びの観点もじっくり説明

さまざまなモジュールを組み合わせて、システムを構築できるモジュラーシンセ(モジュラー・シンセサイザー)。自由度も高く、自分の好みの音作りを追求できるので、楽曲制作などはもちろん、ステージでの演奏でも幅広く活躍します。しかし、構成するパーツの豊富さなどから、「欲しい!」と思っても、他のシンセよりさらに、どれを選べば良いのか分かりづらい方も多いのでは。本記事ではサウンドクリエーター・内藤 朗さんのアドバイスをもとに、モジュラーシンセを選ぶ上でのポイントを解説します。あわせて、内藤さんに選んでいただいた、おすすめの機種を7つご紹介します。


アナログシンセサイザーのおすすめ6選! サウンドクリエーターが機能や選び方を解説

アナログシンセサイザーのおすすめ6選! サウンドクリエーターが機能や選び方を解説

電圧や音の波形を自由に調整することでサウンドを作り出すアナログシンセサイザー。比較的音の調整がしやすいデジタルシンセサイザーと比べて、より独特で個性的なサウンドを作ることができる点が魅力の楽器です。しかし、オシレーターやフィルターなど、機能が多くて、何を重視すべきか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、サウンドクリエーターでシンセサイザープログラマーとして活躍されている内藤 朗さんへの取材をもとに、アナログシンセサイザーの選び方とおすすめ商品を紹介。さらに記事の最後では各通販サイトの売れ筋ランキングも紹介します! お気に入りのアナログシンセサイザーをみつけて、音作りを存分に楽しんでみてくださいね。


デジタルシンセサイザーのおすすめ6選! サウンドクリエーターが内蔵機能や選び方を解説

デジタルシンセサイザーのおすすめ6選! サウンドクリエーターが内蔵機能や選び方を解説

ピアノやギターなどのメロディ楽器だけでなく、ドラムやベースなどのサウンドも再現でき、不可思議な音色も出せるデジタルシンセサイザー。本記事ではサウンドクリエーター・内藤 朗さんへの取材をもとに、機材選びのポイントとおすすめを紹介します。デジタルシンセサイザーは、個人での曲を自作するときやDTM環境の構築に使えるのはもちろん、バンドにおいても強い存在感を出せ、荒々しいプレイから緻密な音作りまで多彩な表現が可能です。現代のシンセサイザーの花形ともいえるだけあってシーケンサー、アルペジエーターといった内蔵する機能、入力端子、本体の重さの特色も機種によって多種多様。初心者の方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。


ソフトシンセおすすめ10選! 現役サウンドクリエイターが機材選びのポイントや注意点も解説

ソフトシンセおすすめ10選! 現役サウンドクリエイターが機材選びのポイントや注意点も解説

ソフトシンセ(ソフトウェア・シンセサイザー)は、ピアノやギターなどのメロディ楽器だけでなく、多様なシンセシス(音の合成方式)によって、実在しないような楽器のサウンドも含め非常に多様な音色が使い分けられるソフトウェアです。複雑なシステムにより音を合成する機種も多く、決して全てが安価なわけでもありません。そのため失敗なく優れたソフトを見極めるためにも、現役サウンドクリエイターである内藤 朗さんにソフトシンセ選びのポイントとおすすめの商品を伺いました。


【2020年】MIDIキーボードおすすめ11選|鍵盤数・機能・接続端子で選ぶ!

【2020年】MIDIキーボードおすすめ11選|鍵盤数・機能・接続端子で選ぶ!

MIDIキーボードは、PCを使ってオリジナル曲を作ったり編集したりするDTMの必須アイテム。そこで、サウンドクリエイターの内藤 朗さんと編集部が選んだMIDIキーボードのおすすめ商品11選をご紹介します。また、選び方や動画で各種ボタンやツマミの役割も解説しています。ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

保温性にすぐれており、ウインタースポーツで活躍するメンズスノーボードウェア。さまざまな商品が販売されており、素材や機能性も異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでここでは、メンズスノーボードウェアの選び方のポイントをご紹介していきます。プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、デザイン性と機能性にすぐれたおすすめの商品も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

冬に楽しみたいレジャーは「スノーボード」という方も多いでしょう。スノーボードを思い切り楽しむためにはウェア選びは重要です。おしゃれなウェアを身にまとうと、さらにテンションが上がりますよね。しかし「滑っているうちにびしょ濡れになった」など、ウェア選びに失敗したことがある方も多いようです。この記事では、レディーススノーボードウェアの選び方を解説し、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめ21商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

サーフィンをするときに忘れてはいけないのが、サーフボードを体につなぎとめておくリーシュコードです。ただ、「大事なのは知っているけれど、どう選べばいいのかわからない」という声もよく聞かれます。リーシュコードは長さや太さなどの種類が多く、なにを選べばいいのか悩む方が多いようです。この記事ではリーシュコードの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

寒い地域や冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィングローブ」。防寒だけではなく、紫外線やけがなども防いでくれる便利なアイテムです。しかし、各メーカーからさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いですよね。ここでは、サーフィングローブの選び方のポイントを解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ11商品をご紹介します。自分にぴったりのグローブを見つけて、快適にサーフィンを楽しみましょう!


【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

衝撃や紫外線、潮風などで傷みやすいサーフボードを守るために欠かせない「サーフボードケース」。購入しようと思うと種類が多く、サイズやデザインもさまざまで正直どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事では、サーフボードケースの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


ホビーの人気記事


>>もっと見る