デジタルシンセサイザーおすすめ11選|初心者向けに内蔵機能や選び方も解説

デジタルシンセサイザーおすすめ11選|初心者向けに内蔵機能や選び方も解説


ピアノやギターなどのメロディ楽器だけでなく、ドラムやベースなどのサウンドも再現でき、不可思議な音色も出せるデジタルシンセサイザー。個人での曲を自作するときやDTM環境の構築に使えるのはもちろん、バンドにおいても強い存在感を出せ、荒々しいプレイから緻密な音作りまで多彩な表現が可能です。

本記事では、デジタルシンセサイザーの選び方のポイントやおすすめ商品をご紹介。さらに通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせて、ぜひチェックしてみてください。


目次

サウンドクリエーター / キーボーディスト
内藤 朗

キーボーディスト、シンセサイザープログラマー、サウンドクリエーターなど様々な側面を持ち、作編曲からレコーディング制作、ライブ演奏など多方面で活動中。 S.E.N.Sのレコーディングサポート、安部OHJIプロジェクトでのレコーディング、ライブなどから、イベント、キャンペーンソング、放送メディアのテーマ曲、BGM製作等、その活動の幅は多岐に渡る。 また、DTM黎明期より音楽制作系ライターとしても広く知られ、近著は「音楽・動画・ゲームに活用! ソフトシンセ音作り大全」(技術評論社刊)など。 数多くの音楽専門学校、ミュージック・スクールなどでおよそ30年以上に渡り講師を務め、数多くの人材を輩出する実績を持つ。 有限会社FOMIS代表取締役、一般社団法人日本シンセサイザープロフェッショナルアーツ(JSPA)正会員、MIDI検定指導研究会委員。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
YAMAHA(ヤマハ)『MONTAGE6』
ヤマハ ミュージックシンセサイザー MODX7
KORG(コルグ)『KRONOS2(61)』
KORG(コルグ)『KROSS2(61)』
Roland(ローランド)『JUNO-DS(61)』
Roland(ローランド)『FA-06-SC』
YAMAHA(ヤマハ)『 MOXF8』
Roland(ローランド)『GO:KEYS(GO-61K)』
KORG(コルグ)『 KROSS2-88 MB』
Novation『MiniNova』
Roland(ローランド)『JD-Xi』
商品名 YAMAHA(ヤマハ)『MONTAGE6』 ヤマハ ミュージックシンセサイザー MODX7 KORG(コルグ)『KRONOS2(61)』 KORG(コルグ)『KROSS2(61)』 Roland(ローランド)『JUNO-DS(61)』 Roland(ローランド)『FA-06-SC』 YAMAHA(ヤマハ)『 MOXF8』 Roland(ローランド)『GO:KEYS(GO-61K)』 KORG(コルグ)『 KROSS2-88 MB』 Novation『MiniNova』 Roland(ローランド)『JD-Xi』
商品情報
特徴 PCMとFMのハイブリッド音源を装備 『MONTAGE』と同じサウンドエンジンで軽い 機能充実のオールインワン・シンセサイザー 初心者におすすめの電池駆動デジタルシンセサイザー 老舗メーカーがシンプルな操作性を追求 プロ、アマ問わない人気モデル 豊かな表現を可能にする88鍵のフルスケール DJ気分も味わえるLOOP MIXなど遊び心満載 本物のピアノを弾いているかのようなタッチが魅力 ボコーダーも内蔵したクリエイティブな1台 アナログ音源の良さも取り入れたデジタルシンセ
音源の種類 ハイブリッド音源(AWM2音源、FM-X音源) ハイブリッド音源(AWM2音源、FM-X音源) SGX-2(ピアノ音源)、EP-1(エレクトリック・ピアノ音源)、CX-3(トーンホイール・オルガン音源) ほか EDS-i(Enhanced Definition Synthesis-integrated)音源 PCM音源 PCM音源 AWM2+アーティキュレーション機能 - EDS-i(Enhanced Definition Synthesis-integrated)音源 VA音源 SuperNATURALシンセ音源
鍵盤数 61鍵 76鍵 61鍵 61鍵 61鍵 61鍵 88鍵 61鍵 88鍵 37鍵(ミニ鍵盤) 37鍵(ミニ鍵盤)
電力方式 電源コード 電源コード(ACアダプター) 電源コード(ACコード) ACアダプター、単3アルカリ乾電池×6本またはニッケル水素電池×6本 ACアダプター、充電式ニッケル水素電池単3形×8本 ACアダプター ACアダプター ACアダプター、単3アルカリ乾電池×6本またはニッケル水素電池×6本 ACアダプター、単3アルカリ乾電池×6本またはニッケル水素電池×6本 ACアダプター、USBバスパワー ACアダプター
サイズ(幅×奥行×高さ) 1,037×396×131mm 1,144×331×134mm 1,040×364×134mm 935×269×88cm 1,008×300×97mm 1,008×300×101mm 1,320×405×168mm 877×271×82mm 1,448×383×136mm 560×250×75mm 575×245×85mm
重さ 15kg 7.4kg 14.3kg 3.8kg 5.3kg 5.7kg 14.9kg 3.9kg 12.3kg 2.52kg 2.2kg
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年10月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月11日時点 での税込価格

デジタルシンセサイザーとは

 

シンセサイザーとは「synthesize(シンセサイズ):合成する」という英語が語源となっており、電子回路を使ってさまざまな音をつくり出す楽器のことをいいます。また、「アナログ」と「デジタル」の2種類に分けられ、使い勝手の観点からも人気なのはデジタルシンセサイザーになります。

ピアノやギターなどのメロディ楽器だけでなく、ドラムやベースなどのサウンドもボタンひとつで再現でき、不思議な音色もつくり出せるのがデジタルシンセサイザーです。多数のプリセットの音色があらかあじめ用意され、どのモデルを選んでもたいていは楽しく音楽づくりを楽しむことができるでしょう。アナログシンセサイザーについては以下の記事も参考にしてみてください。

デジタルシンセサイザーの選び方


それでは、デジタルシンセサイザーの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の5つ。

【1】PCMやプリセットの音色を聴き比べて選ぶ
【2】シーケンサーやアルペジエーターなど内蔵する機能で選ぶ
【3】よく持ち出して使う場合は重量や可搬性もチェック
【4】サスティンペダルを使う際は極性に注意
【5】編集のために連携する外部入力や接続端子も要確認


上記の5つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】PCMやプリセットの音色を聴き比べて選ぶ

シンセサイザーの画像

デジタルシンセサイザーには音を鳴らす仕組み(音源方式といいます)がいくつかあり、その違いによって演奏ジャンルや用途に向き不向きがあります。幅広く使用できるのは、サンプリング技術を活用したPCM音源のモデル。

PCM音源のシンセサイザーの多くは、リアルな楽器音色から不可思議な効果音まで多くのプリセットの音色が用意されており、おおむねどのメーカーのモデルでも同じような音色で演奏することができます。ただ、同じピアノの音色でも、実際に聴き比べてみるとメーカーごとにその質感が異なるので、気になるモデルの音色を実際に弾いてみて、その違いをチェックし、好みに合う音色のモデルを選ぶとよいでしょう。

【2】シーケンサーやアルペジエーターなど内蔵する機能で選ぶ

 

デジタルシンセサイザーに内蔵されている機能には、曲作りや曲データの再生に活用できるシーケンサー(自動再生機能)、押さえた鍵盤の設定にしたがってアルペジオやフレーズなどが自動演奏できるアルペジエーター、マイクや楽器を接続してオーディオのサンプリングやハードディスク録音などができる機能、MP3やCDなどの音楽プレーヤーなどが接続できる機能があります。

ただし、すべての機能をすべてのモデルが装備しているわけではありません。自分にとって必要な機能が内蔵されているかどうか、内蔵されている場合はその性能が自分の望むレベルかどうかなど、充分チェックしましょう。

【3】よく持ち出して使う場合は重量や可搬性もチェック

 

ライブで使用する場合には、楽器本体の可搬性も非常に重要。楽器の性質上、広い音域を演奏できる76鍵や88鍵モデルだと、本体の大きさだけでなく、重量も重くなりますから、徒歩や電車などでの移動が多い場合には、持ち運びだけでもたいへんです。

個人差はあると思いますが、本体の重さが10kgを超えてくると、長距離移動などの場合には楽器の運搬自体が負担となります。持ち出す機会が多い人にとって、重量はデジタルシンセサイザーを選ぶ際の最重要ポイントといっても過言ではないでしょう。

【4】サスティンペダルを使う際は極性に注意

 

デジタルシンセサイザーの用途として、ピアノの音色を使用して演奏することは多いと思います。音の余韻を調整したい場合には、サスティンペダルを別途購入する必要があります。ほとんどの場合、デジタルシンセサイザーにはサスティンペダルが接続できる端子が装備されていますが、ペダル自体はオプションで別売りになっていることが多く、使用できる品番も決まっている場合があり、注意が必要です。

別のメーカーのペダルなどを流用した場合、極性が逆になっていると、踏んだときに音が切れて、離すと音が伸びるという逆の動作になることがあります。設定で変更できる場合もありますが、デジタルシンセサイザーを購入する際に、ペダルの仕様についても気にかけておきましょう。

【5】編集のために連携する外部入力や接続端子も要確認

 

MIDIのデータ編集が行なえるシーケンス機能を持ったモデルであれば、本体だけでも曲作りを行なうことができます。最近のデジタルシンセサイザーにはUSB端子を装備しているものも多く、パソコンを使用した曲作りにも活用できる場合があります。

もし、USB端子を装備している場合には、パソコンと接続したときにどのように曲作りができるのかもチェックしておくと、用途の幅を広げられるでしょう。

エキスパートのアドバイス

サウンドクリエーター / キーボーディスト

購入前に用途や目的を明確にすることが大切

実際にデジタルシンセサイザーを試奏してみると、各モデルともに内蔵の音色や機能などがよくできていますので、どれを選んでもそれなりに楽しむことはできるでしょう。それだけに個別に各モデルを試奏しただけでは、どれを選ぶか悩むことも多いと思います。

どのモデルにするか迷ったら、用途や目的を今一度振り返ってみることをおすすめします。優先すべきポイントを比較検討することで、より用途に適したモデルを絞り込むことができるでしょう。

デジタルシンセサイザーおすすめ11選


上記で紹介したデジタルシンセサイザーの選び方のポイントをふまえて、おすすめのデジタルシンセサイザーを紹介します。

YAMAHA(ヤマハ)『MONTAGE6』

YAMAHA(ヤマハ)『MONTAGE6』 YAMAHA(ヤマハ)『MONTAGE6』 YAMAHA(ヤマハ)『MONTAGE6』 YAMAHA(ヤマハ)『MONTAGE6』

出典:Amazon

サウンドクリエーター / キーボーディスト

PCMとFMのハイブリッド音源を装備

PCMに加え、唯一無二のエレピの音色が売りのFM音源も装備したハイブリッド音源のため、FM音源が好きな人ならすぐに本製品のサウンドに魅了されるでしょう。各種コントローラーも豊富に装備されており、さまざまな演奏表現によるパフォーマンスを行なうことができます。

とくに、ディスプレイ横のノブ「Super Knob」を使うことで、より複雑かつ多彩なサウンドコントロールも含めた演奏ができる点がよいですね。

ヤマハ ミュージックシンセサイザー MODX7

ヤマハミュージックシンセサイザーMODX7 ヤマハミュージックシンセサイザーMODX7 ヤマハミュージックシンセサイザーMODX7 ヤマハミュージックシンセサイザーMODX7 ヤマハミュージックシンセサイザーMODX7 ヤマハミュージックシンセサイザーMODX7 ヤマハミュージックシンセサイザーMODX7 ヤマハミュージックシンセサイザーMODX7

出典:Amazon

サウンドクリエーター / キーボーディスト

『MONTAGE』と同じサウンドエンジンで軽い

上で紹介した『MONTAGE』と同じサウンドエンジンが採用された、兄弟モデル的製品です。大きな特徴は、可搬性を考慮して本体重量の軽量化が図られていること。『MODX7』は、76鍵タイプながら、7.4kgと従来の製品よりかなり軽量です。

「『MONTAGE』をライブで使いたいけど、持ち運びのたいへんさを考えると……」と迷っている人は、可搬性を優先してこちらのモデルを選択してもよいでしょう。

KORG(コルグ)『KRONOS2(61)』

KORG(コルグ)『KRONOS2(61)』 KORG(コルグ)『KRONOS2(61)』 KORG(コルグ)『KRONOS2(61)』

出典:Amazon

サウンドクリエーター / キーボーディスト

機能充実のオールインワン・シンセサイザー

PCM音源の音色だけでなく、オルガンやエレピ専用音源、モデリング音源など、全9種類のシンセエンジンが搭載されています。また、サンプリング機能をはじめシーケンサー、レコーダー機能なども装備。まさにすべてがそろった真のオールインワンのシンセサイザーです。

さらに、内蔵プリセット音色には著名なミュージシャンが手掛けたプログラムも収録されているため、サウンドクオリティが高いだけでなく、ライブや制作を問わず実践で活用できる音色が多いのもおすすめしたい理由です。

KORG(コルグ)『KROSS2(61)』

KORG(コルグ)『KROSS2(61)』 KORG(コルグ)『KROSS2(61)』 KORG(コルグ)『KROSS2(61)』 KORG(コルグ)『KROSS2(61)』 KORG(コルグ)『KROSS2(61)』 KORG(コルグ)『KROSS2(61)』 KORG(コルグ)『KROSS2(61)』

出典:Amazon

サウンドクリエーター / キーボーディスト

初心者におすすめの電池駆動デジタルシンセサイザー

エントリーモデルながら、オールインワンのシンセサイザーとしての基本の機能は網羅しているので、これからシンセサイザーを始めようという方におすすめ。本体は61鍵盤モデルで、重さが3.8kgと非常に軽量なだけでなく、単3の乾電池6本で長時間使えますので、外に持ち出して使用する場合にも適しています。

また、スペシャル・エディションではグリーン、オレンジ、レッド、ブルー4色のカラーバリエーションを用意。 ステージ映えを意識して、好きなカラーのモデルを選ぶのもよいでしょう。

Roland(ローランド)『JUNO-DS(61)』

Roland(ローランド)『JUNO-DS(61)』 Roland(ローランド)『JUNO-DS(61)』 Roland(ローランド)『JUNO-DS(61)』 Roland(ローランド)『JUNO-DS(61)』

出典:Amazon

サウンドクリエーター / キーボーディスト

老舗メーカーがシンプルな操作性を追求

内蔵された音源が老舗シンセメーカーならではの本格的なサウンドです。さらにプリセットを選んだり、鍵盤の音域を分けて異なる音色を演奏したりする際には、シンプルかつ容易な操作が可能です。

一般的にシンセサイザーは多機能で、操作も複雑になりがちですが、『JUNO-DS』は操作ボタンなどの機能が必要最小限に留められているため、シンセサイザーを始める方にも使いやすいでしょう。また、内蔵のパターンシーケンサーは、とっさに思いついたフレーズなどを形にしていくための作曲ツールとして、メモ帳感覚で使うことができます。

Roland(ローランド)『FA-06-SC』

RolandFA-06-SCシンセサイザー限定ホワイト61鍵盤【島村楽器限定】【オリジナルカラー背負えるケース付属】ローランド RolandFA-06-SCシンセサイザー限定ホワイト61鍵盤【島村楽器限定】【オリジナルカラー背負えるケース付属】ローランド RolandFA-06-SCシンセサイザー限定ホワイト61鍵盤【島村楽器限定】【オリジナルカラー背負えるケース付属】ローランド RolandFA-06-SCシンセサイザー限定ホワイト61鍵盤【島村楽器限定】【オリジナルカラー背負えるケース付属】ローランド RolandFA-06-SCシンセサイザー限定ホワイト61鍵盤【島村楽器限定】【オリジナルカラー背負えるケース付属】ローランド RolandFA-06-SCシンセサイザー限定ホワイト61鍵盤【島村楽器限定】【オリジナルカラー背負えるケース付属】ローランド RolandFA-06-SCシンセサイザー限定ホワイト61鍵盤【島村楽器限定】【オリジナルカラー背負えるケース付属】ローランド RolandFA-06-SCシンセサイザー限定ホワイト61鍵盤【島村楽器限定】【オリジナルカラー背負えるケース付属】ローランド RolandFA-06-SCシンセサイザー限定ホワイト61鍵盤【島村楽器限定】【オリジナルカラー背負えるケース付属】ローランド

出典:Amazon

プロ、アマ問わない人気モデル

汎用性を実現するため、ミュージックワークステーションのあり方を徹底的に再構築して合理化を図ったRoland FAシリーズ。ノンストップ・ループ録音が可能なシーケンサーで、アイデアや曲を次々に形にし、オーディオ・データとして形にすれば、即座にDAWでの活用も可能。ライブ演奏で活用できるキーボードとしてだけでなく、音楽制作の司令塔としてミュージシャンの創作世界にも活用できる商品です。

YAMAHA(ヤマハ)『 MOXF8』

ヤマハYAMAHAシンセサイザーMOXF8 ヤマハYAMAHAシンセサイザーMOXF8 ヤマハYAMAHAシンセサイザーMOXF8

出典:Amazon

豊かな表現を可能にする88鍵のフルスケール

ヤマハのフラッグシップモデルとしてプロの定評も高いMOTIF XFのサウンドエンジンを継承し、高い音質と豊富なエフェクトが内蔵されています。音色を拡張できるフラッシュメモリーの拡張モジュールにも対応していますので、音色はさらに充実させられます

GHS(グレードハンマースタンダード)鍵盤で弾き心地にもこだわり、フルスケールの88鍵で幅広い演奏表現に応えます。A/D InputやUSB端子も備え、オーディオインターフェースとしても利用できます。

Roland(ローランド)『GO:KEYS(GO-61K)』

Rolandローランド/GO-61KGO:KEYSエントリー・キーボード Rolandローランド/GO-61KGO:KEYSエントリー・キーボード Rolandローランド/GO-61KGO:KEYSエントリー・キーボード Rolandローランド/GO-61KGO:KEYSエントリー・キーボード Rolandローランド/GO-61KGO:KEYSエントリー・キーボード Rolandローランド/GO-61KGO:KEYSエントリー・キーボード Rolandローランド/GO-61KGO:KEYSエントリー・キーボード Rolandローランド/GO-61KGO:KEYSエントリー・キーボード Rolandローランド/GO-61KGO:KEYSエントリー・キーボード

出典:Amazon

DJ気分も味わえるLOOP MIXなど遊び心満載

あまり楽器は使ったことがないけれど何か始めたい、という方にベストチョイスです。プロクオリティの500種類以上の音色を搭載していますので、どんなジャンルの音楽にもぴったりの音色が選べます。Bluetooth機能がついていて、スマホやミュージックプレーヤーの音を再生できますので、スピーカーとしても楽しめますし、憧れのミュージシャンとのセッションも思いのままです。

鍵盤をパッドに見立てて、指1本でさまざまなフレーズをミックスするLOOP MIX機能で、初心者でもかっこいい音楽を楽しめます

KORG(コルグ)『 KROSS2-88 MB』

KORGコルグ/KROSS2-88MB88鍵盤オール・イン・ワンシンセサイザー KORGコルグ/KROSS2-88MB88鍵盤オール・イン・ワンシンセサイザー KORGコルグ/KROSS2-88MB88鍵盤オール・イン・ワンシンセサイザー KORGコルグ/KROSS2-88MB88鍵盤オール・イン・ワンシンセサイザー KORGコルグ/KROSS2-88MB88鍵盤オール・イン・ワンシンセサイザー KORGコルグ/KROSS2-88MB88鍵盤オール・イン・ワンシンセサイザー KORGコルグ/KROSS2-88MB88鍵盤オール・イン・ワンシンセサイザー

出典:Amazon

本物のピアノを弾いているかのようなタッチが魅力

ラバー塗装によるスーパーマットブラックのボディカラーは、重厚感がありグランドピアノを思わせます。88鍵のフルスケールの鍵盤は、NH(ナチュラル・ウェイテッド・ハンマー・アクション)鍵盤を使用し、低音で重く、高音部では軽やかなピアノタッチを再現しています

拡張PCMモジュールを内蔵していますので、1000を超えるリアルな内蔵音源に加えて、さらに音色が追加可能です。ACアダプター以外に、電池でも駆動できますので、演奏のフィールドもぐんと広がります。

Novation『MiniNova』

NovationシンセサイザーMiniNova NovationシンセサイザーMiniNova NovationシンセサイザーMiniNova NovationシンセサイザーMiniNova NovationシンセサイザーMiniNova

出典:Amazon

ボコーダーも内蔵したクリエイティブな1台

Novation社のフラッグシップモデルUltraNovaと同じサウンドエンジンを搭載し、ミニ鍵盤37鍵のコンパクトなボディサイズからは想像もできない豊かな音色が得られます。プリセットされた音色は、コントロールノブやアニメイトボタンを駆使してリアルタイムにエディットが可能です。

エフェクトは音色ごとに5つまで同時使用できますので、まさに無限の音色が表現できます。クールなアイテム、ボコーダーも装備し、VocalTuneというエフェクトを使えば、ジャンルに応じたサウンドが作り出せます。

Roland(ローランド)『JD-Xi』

RolandSynthesizer37ミニ鍵盤JD-Xi RolandSynthesizer37ミニ鍵盤JD-Xi RolandSynthesizer37ミニ鍵盤JD-Xi RolandSynthesizer37ミニ鍵盤JD-Xi RolandSynthesizer37ミニ鍵盤JD-Xi

出典:Amazon

アナログ音源の良さも取り入れたデジタルシンセ

Roland社のINTEGRA-7を継承するSuperNATURALシンセ音源を採用したプリセット音色はもちろん、自分で音作りを楽しむアナログ音源のよさも取り入れました。オッシレーターはのこぎり波、三角波、矩形波から選べ、サブオッシレーターやローパスフィルターも備え本格的な音作りができます。

付属のグースネックマイクを使えば、オートピッチやボコーダーなどのボーカル表現も楽しめます。高音質のPCM音源のドラムキットも内蔵していますので、これ1台でバンド演奏の楽しみを満喫できます

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする デジタルシンセサイザーの売れ筋をチェック

楽天市場、Yahoo!ショッピングでのデジタルシンセサイザーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:キーボード・シンセサイザーランキング
Yahoo!ショッピング:シンセサイザーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

まとめ


本記事では、デジタルシンセサイザーの選び方、おすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?商品を選ぶ際は、下記の5つのポイントを抑えておきましょう。

【1】PCMやプリセットの音色を聴き比べて選ぶ
【2】シーケンサーやアルペジエーターなど内蔵する機能で選ぶ
【3】よく持ち出して使う場合は重量や可搬性もチェック
【4】サスティンペダルを使う際は極性に注意
【5】編集のために連携する外部入力や接続端子も要確認


ピアノやギター、ドラムやベースなど、様々なサウンドを再現できるデジタルシンセサイザー。1台あることで、きっと選曲や演奏のギミックの幅などが大きく広がるはず。ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリの商品を見つけてくださいね。

【関連記事】デジタルシンセサイザーに関するそのほかの記事

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫しながら、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドアスポーツ・レジャー全般を楽しむパパ編集者。一方平日は、おうち時間でゲーム・アニメ・マンガに没頭するインドア派の一面も。元WEBデザイナーでIT編集者という異色の経歴も持つ。

関連する記事


【プロ監修】電子キーボードおすすめ17選|初心者や子どもが楽しめるモデルも

【プロ監修】電子キーボードおすすめ17選|初心者や子どもが楽しめるモデルも

ヤマハ、カシオ、ローランドなどのメーカーからさまざまな製品が販売されている「電子キーボード」。鍵盤の数や音色、演奏支援機能などの付加機能など選ぶポイントがたくさんあります。まずは、電子キーボードを購入する前に目的を明確にすることが大切。この記事では、キーボーディストの内藤 朗さんへの取材をもとに、電子キーボードの選び方とおすすめ商品を紹介します。記事後半では、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。

シンセサイザー・キーボード , 楽器 , 音楽用品

MIDIキーボードおすすめ14選【初心者も】演奏や作曲を楽しもう

MIDIキーボードおすすめ14選【初心者も】演奏や作曲を楽しもう

MIDIキーボードは、PCを使ってオリジナル曲を作ったり編集したりするDTMの必須アイテム。この記事では、サウンドクリエイターの内藤 朗さんと編集部が選んだMIDIキーボードのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方や動画で各種ボタンやツマミの役割も解説しています。Amazonなど通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

シンセサイザー・キーボード , DTM機材 , ピアノ・電子ピアノ(鍵盤楽器)

モジュラーシンセおすすめ9選|機材選びの観点もじっくり説明

モジュラーシンセおすすめ9選|機材選びの観点もじっくり説明

さまざまなモジュールを組み合わせて、システムを構築できるモジュラーシンセ(モジュラー・シンセサイザー)。自由度も高く、自分の好みの音作りを追求できるので、楽曲制作などはもちろん、ステージでの演奏でも幅広く活躍します。しかし、構成するパーツの豊富さなどから、「欲しい!」と思っても、他のシンセよりさらに、どれを選べば良いのか分かりづらい方も多いのでは。本記事では、モジュラーシンセを選ぶ上でのポイントやおすすめ商品をご紹介。ぜひ、参考にしてください。

シンセサイザー・キーボード , DTM機材 , 楽器

接点復活剤おすすめ10選|オーディオ・ギター・車など用途別に紹介!【使い方も解説】

接点復活剤おすすめ10選|オーディオ・ギター・車など用途別に紹介!【使い方も解説】

電子機器や楽器などの動作不良、メンテナンスに潤滑油として使われる「接点復活剤」。ギターのノイズ解消や、車・バイクにも効果を発揮するスグレモノ。種類によって成分も違うため用途に合うものを選ぶ必要があります。ここでは、用途に合わせた接点復活剤の選び方とおすすめ商品をご紹介します。使い方や注意事項も解説していますので参考にしてください。また記事の最後には、楽天の最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてくださいね。

工具 , 楽器 , DIY

モニタースピーカーおすすめ21選|DTMの基礎知識や選び方も解説

モニタースピーカーおすすめ21選|DTMの基礎知識や選び方も解説

「よりリアリティのある楽曲制作をしたい」「音にこだわりを持って音楽編集をしたい」そう考えている方にピッタリなのがモニタースピーカーです。楽曲制作向きのスピーカーとして広く一般的で、音楽にこだわる方にピッタリの商品です。しかし、初めてモニタースピーカーを購入しようとすると、どんな機能があり、どこに注目していいのかわかりませんよね。本記事では、モニタースピーカーの特徴やDTMの基礎知識、選び方、そしてタイプ別におすすめ商品をご紹介。本記事を読んでいただければ、モニタースピーカーを選ぶ基本的なことを網羅できるはずですので、ぜひ参考にしてください。

DTM機材 , スピーカー , 音楽機材

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。