ベース用コンパクトエフェクターおすすめ7選|初心者向けの商品も紹介

ベース用コンパクトエフェクターおすすめ7選|初心者向けの商品も紹介


BOSSやMXRなどが人気の「ベース用コンパクトエフェクター」。初心者はエフェクターが必要なのかも含め、つなぎ方や音質、選び方などよくわからないですよね。

本記事では、ベース用コンパクトエフェクターの選び方と、おすすめの商品をご紹介。さらに通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター
田澤 仁

90年代にプロドラマーとして活動、その後、音楽ライターとして書籍、雑誌などの執筆を行なっている。 DTM、PCオーディオ関連の著書、DTMソフト、シンセサイザーの日本語マニュアル制作など多数。 Webでは2007年~2009年までサイトAll Aboutで「ロック」のガイドを務めたほか、音楽情報サイトBARKSでは国内外の数多くの有名アーティストのインタビュー、ライブ取材などを行なっている。 得意分野はAOR、ハードロック、フュージョン、80年代。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ホビー
水貝 英斗

「ホビー」カテゴリーを担当。小学校から大学まで柔道に明け暮れた元体育会系であり、大のゲーム・アニメ好き。その他、広告関連記事の制作にも携わり、SEOの知見を活かし商品販促のプランニングも行っている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

「ベース用コンパクトエフェクター」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
BOSS『BC-1X Bass Comp』
BOSS『GEB-7 Bass Equalizer』
MXR『M102 Dyna Comp(R) Compressor』
Electro-Harmonix『BASS Soul Food』
MXR『M80 Bass D.I.+』
MXR『M83 Bass Chorus Deluxe』
BOSS『AW-3 Dynamic Wah』
商品名 BOSS『BC-1X Bass Comp』 BOSS『GEB-7 Bass Equalizer』 MXR『M102 Dyna Comp(R) Compressor』 Electro-Harmonix『BASS Soul Food』 MXR『M80 Bass D.I.+』 MXR『M83 Bass Chorus Deluxe』 BOSS『AW-3 Dynamic Wah』
商品情報
特徴 ベース専用コンプレッサーの大定番 設定が一目瞭然のグラフィックイコライザー 初心者にもおすすめのシンプルなコンプレッサー あたたかい歪みで音を図太くできるオーバードライブ DIにも使えるつぶれにくいディストーション 高域だけにかけられてぼやけないコーラス 多彩なワウサウンドをこれ1台で
エフェクター種類 コンプレッサー グラフィックイコライザー コンプレッサー オーバードライブ ディストーション+DI コーラス+フランジャー オートワウ
バッテリー 9V乾電池/ACアダプター 9V乾電池/ACアダプター 9V乾電池/ACアダプター 9V乾電池/ACアダプター 9V乾電池/ACアダプター 9V乾電池/ACアダプター 9V乾電池/ACアダプター
サイズ 73×129×59mm 73×129×59mm - 72×110×50mm 127×95.2×38.1mm - 73×129×59mm
重さ 450g 440g - - - - 420g
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

ベース用コンパクトエフェクターの選び方


それでは、ベース用コンパクトエフェクターの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の4つ。

Point.1:コンプレッサーやイコライザーを最初に選ぼう
Point.2:歪み系のオーバードライブやファズ、ディストーションを選ぶ
Point.3:ソロで目立つなら飛び道具系ワウやフェイザーを選ぶ
Point.4:ギター用エフェクターでも使えるものもある


上記の4つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

Point.1:コンプレッサーやイコライザーを最初に選ぼう

 

ベースはバンドサウンドの要です。ベースがパンチのある引き締まった音になれば、バンド全体のサウンドもグレードアップしますから、まずはベースの音を整えるエフェクターからそろえることをおすすめします。

たとえばコンプレッサーやイコライザー(EQ)といったエフェクターです。

コンプレッサーは音の粒を整えるもので、聞こえにくい成分を持ち上げてくれるので、音色も一定になり、安定感につながります。

また、EQは音色を整えるもので、不足した低域を増幅して迫力を出したり、高域を足してアタックを強調したりと、基本的な音作りをすることができます。いろいろなスタジオに行くなど、いつも同じアンプを使えないベーシストにおすすめです。

Point.2:歪み系のオーバードライブやファズ、ディストーションを選ぶ

 

ベースの迫力が今ひとつ足りないという場合には、ギターでもよく使われる歪み系のエフェクターがおすすめです。音がよく伸びてパワフルになるので、ベースの音がぐっと前に出るようになります。

歪み系にはオーバードライブやファズ、ディストーションなどがありますが、歪みすぎると音の輪郭がぼやけてしまうので、比較的マイルドなオーバードライブがベースにはおすすめです。

また、コーラスもベースではよく使われます。分厚くなり、奥行きが増して、艶(つや)やかな響きになるので、ソロを弾く場合や、メロウな曲で使うと効果的です。

Point.3:ソロで目立つなら飛び道具系ワウやフェイザーを選ぶ

ベースソロで目だつ
Pixabayのロゴ

ギターでは珍しくない、ワウやフェイザーなどの音をうねらせるものや、激しく歪むファズなどは、ベースでは飛び道具的なエフェクターとして使えます。控えめに設定すれば、個性的な音でありながらバンドアンサンブルにマッチさせることもできますし、ベースソロを弾く場合なら、過激な音に設定するのもおもしろいでしょう。

ただし、あまり過激に音を変化させると、音程がわからなくなってしまうことがあります。特殊なソロなどの場合を除いて、控えめに使うことをおすすめします。

Point.4:ギター用エフェクターでも使えるものもある

エレキギター
Pixabayのロゴ

ベースだからといって、ベース専用とされているエフェクターしか使えないということはありません。ギター用であっても、ほとんどのものはベースでも使うことができます。

ただし、ギターとベースでは出力される音域が違いますから、効き具合が違ったり、場合によってはノイズが出やすくなることもあります。もっとも心配なのは、ギター用の音域に合わせて設計されているため、ベースの音がやせてしまうことです。コーラスなどの空間系ではあまり影響ありませんが、とくに歪み系では注意が必要です。

そのことを頭に入れたうえであれば、ギター用のほうがバリエーションが豊富で、おもしろい音を作れるものもたくさんありますから、積極的に使ってみるとおもしろいでしょう。

ベース用コンパクトエフェクターおすすめ7選


先ほどご紹介したベース用のコンパクトエフェクターの選び方をもとに、おすすめ商品を紹介いたします。ぜひ参考にしてください。

エキスパートのおすすめ

BOSS『BC-1X Bass Comp』

BOSSボス/BC-1XBassCompベース用コンプレッサー BOSSボス/BC-1XBassCompベース用コンプレッサー BOSSボス/BC-1XBassCompベース用コンプレッサー BOSSボス/BC-1XBassCompベース用コンプレッサー BOSSボス/BC-1XBassCompベース用コンプレッサー
出典:Amazon この商品を見るview item
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

ベース専用コンプレッサーの大定番

コンパクトエフェクターの世界的ブランド、BOSSのベース用コンプレッサーです。原音を損なわない自然なサウンドが特徴なので、抑揚がなくなりすぎることがなく、すべてのベーシストにおすすめです。

4つのコントロールで、音量をどのくらい均一にするかを細かく設定できるので、ベストなサウンドが見つかるまで、いろいろと試してみてください。

BOSS『GEB-7 Bass Equalizer』

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

設定が一目瞭然のグラフィックイコライザー

これも定番、BOSSのベース用グラフィックイコライザーです。ベースの音で重要な中低域の周波数を細かく調整できるようになっているので、ベースらしい音をかんたんに作ることができます。

操作は7つの周波数帯域をつまみで上下するだけ。この簡単な操作だけでどんどん音が変わっていくので、とても設定がやりやすくなっています。また、つまみの位置で、現在どんな設定になっているかがわかりやすいので、初心者にもおすすめです。

エキスパートのおすすめ

MXR『M102 Dyna Comp(R) Compressor』

MXRM102DYNACOMP MXRM102DYNACOMP MXRM102DYNACOMP MXRM102DYNACOMP MXRM102DYNACOMP MXRM102DYNACOMP
出典:Amazon この商品を見るview item
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

初心者にもおすすめのシンプルなコンプレッサー

ギター用コンプレッサーの定番ですが、ベーシストにも人気があるエフェクターです。コンプレッサーで迷ったらこれ、という製品です。

つまみは「SENSITIVITY」と「OUTPUT」しかないとてもシンプルな構成で設定しやすく、効果もわかりやすいため、初心者でも気軽に使えます。抜けのよいサウンドで伸びがよく、弦ごとの音量のばらつきも抑えてくれるので、ベースの腕が1ランクアップしたように感じられるでしょう。

エキスパートのおすすめ

Electro-Harmonix『BASS Soul Food』

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

あたたかい歪みで音を図太くできるオーバードライブ

大人気のオーバードライブ『Soul Food』のベースバージョン。低域が図太く、どっしりとしたベースサウンドを作ることができます。

激しく歪むタイプではなく、原音と歪み音の比率も変えられるので、音を過激にはしたくないけれど、太さと迫力が欲しいというベーシストにおすすめです。原音のみを出力すれば、ブースターとして使うこともできます。

入力レベルを下げるスイッチを搭載するので、アクティブピックアップでもそのまま使えます。

MXR『M80 Bass D.I.+』

MXRM80BASSD.I.+ MXRM80BASSD.I.+ MXRM80BASSD.I.+ MXRM80BASSD.I.+ MXRM80BASSD.I.+ MXRM80BASSD.I.+
出典:Amazon この商品を見るview item
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

DIにも使えるつぶれにくいディストーション

図太く強い歪みが欲しい人におすすめのディストーションです。クリーンとディストーションの2つのモードがあるので、曲調に応じて切り替えて使えます。

ディストーションモードでは歪んだ音に原音もミックスされるので、強めに歪ませても音がつぶれにくいのが使いやすいところです。3バンドのEQやノイズゲートも内蔵、プリアンプやDI(ダイレクトボックス)としても使えるので、ライブやレコーディングの際にも便利です。

エキスパートのおすすめ

MXR『M83 Bass Chorus Deluxe』

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

高域だけにかけられてぼやけないコーラス

フランジャーも内蔵するベース用のコーラスです。とくに注目すべきは「X-Over」という機能で、これをオンにすると高音域だけにコーラスをかけることができます。低域がどっしりとしたまま、全体の輪郭がぼやけてしまうことがないため、ベースらしい音を保ったまま奥行きや広がりを出すことができます。

もちろんベース専用なので、“音やせ”しないのもうれしいところです。

エキスパートのおすすめ

BOSS『AW-3 Dynamic Wah』

BOSSDynamicWahAW-3 BOSSDynamicWahAW-3 BOSSDynamicWahAW-3 BOSSDynamicWahAW-3 BOSSDynamicWahAW-3
出典:Amazon この商品を見るview item
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

多彩なワウサウンドをこれ1台で

ベース専用の入力が用意されているオートワウです。ピッキングに反応して「ワウ、ワウ」というサウンドを作る一般的なワウのほか、「ミョン」といったシンセサウンド、人の声のようなサウンドなど、これ1台で多彩なワウサウンドを作ることができます。

ソロなどで効果的に使えるほか、ペダルワウのペダル位置を固定したサウンドを作れるモードもあるので、基本的なベースのトーンを作るために使うこともできます。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ベース用コンパクトエフェクターの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのベース用コンパクトエフェクターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ベースエフェクターランキング
Yahoo!ショッピング:ベースエフェクター本体ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

まとめ


本記事では、ベース用コンパクトエフェクターの選び方、そしておすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?商品を選ぶ際は、下記の4つのポイントを抑えておきましょう。

Point.1:コンプレッサーやイコライザーを最初に選ぼう
Point.2:歪み系のオーバードライブやファズ、ディストーションを選ぶ
Point.3:ソロで目立つなら飛び道具系ワウやフェイザーを選ぶ
Point.4:ギター用エフェクターでも使えるものもある


ライブや練習時などにも重宝するコンパクトエフェクター。どういった音質が自分の好みで、どんな接続がやりやすいかなど、チェックポイントは様々です。ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリの商品を見つけてくださいね。

【関連記事】ベース用コンパクトエフェクターとあわせてチェック

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ベース用プリアンプおすすめ12選|音楽ライターが選び方と厳選機種を解説

ベース用プリアンプおすすめ12選|音楽ライターが選び方と厳選機種を解説

「ベース用プリアンプ」はライブや自宅でのレコーディングなどで大活躍するエフェクターです。MXRやEDEN、Vivieといったメーカーから、原音・重低音重視、歪み系などさまざまな特徴を持つ機種が販売されています。また、ヘッドホン出力やDI機能付きなど、人気モデルから定番まで何を選べばいいか迷ってしまいますよね。本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、選び方のポイントと、おすすめの商品を紹介します。ぜひ、ベース用プリアンプ選びの参考にしてみてください。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon エレキギター・エレキベース , アンプ , 楽器

ギター用マルチエフェクターおすすめ10選|ライブ、レコーディングの音作りに必須

ギター用マルチエフェクターおすすめ10選|ライブ、レコーディングの音作りに必須

ライブやレコーディングの音作りに欠かせないギター用マルチエフェクター。この記事では、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんと編集部が厳選したギター用マルチエフェクターおすすめ初心者向けの選び方についてご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon エレキギター・エレキベース , 楽器 , 音楽機材

ギター用エフェクターおすすめ14選【BOSSやMXRなど】初心者用からプロ用まで紹介

ギター用エフェクターおすすめ14選【BOSSやMXRなど】初心者用からプロ用まで紹介

ギタリストにとってプレイの幅を広げてくれるエフェクター。音の歪みや伸び、種類、つなぎ方など初心者はどう選べばいいのか迷いますよね。この記事では音楽DTMライターの田澤 仁さんに聞いた、ギター用エフェクターの選び方とおすすめの商品を紹介します。記事後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon エレキギター・エレキベース , 音楽機材 , 音楽用品

ガンマイクおすすめ11選|映像作品の録音に必須! ソニー、ゼンハイザーなど

ガンマイクおすすめ11選|映像作品の録音に必須! ソニー、ゼンハイザーなど

録音したい音をしっかりととらえて収録できるガンマイクは、映像作品のための録音には欠かせない道具のひとつ。この記事では、音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんと編集部が厳選したガンマイクのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。記事後半には、Amazonの人気売れ筋ランキングやスペック比較表もありますのでぜひチェックしてみてください。

tag icon マイク , 音楽機材 , オーディオ

ベース用シールドおすすめ3選|ベルデン・カナレ・プロビデンスなど厳選

ベース用シールドおすすめ3選|ベルデン・カナレ・プロビデンスなど厳選

シールドとは、ベースをアンプやエフェクターにつなぐときに使うケーブルのこと。シールドにこだわりを持っているベーシストもいますが、なんとなく使っている方も少なくないようです。シールドにはさまざまな種類があり、音質はもちろん使い勝手などそれぞれ違いがあります。本記事では、ベース用シールドのおすすめ商品と選び方をご紹介します。記事の後半には通販サイトのランキングもあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

tag icon 音楽機材 , 音楽用品

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。