使いやすさと音で選ぶ! ベース用コンプレッサーおすすめ5選【音楽ライター厳選】

使いやすさと音で選ぶ! ベース用コンプレッサーおすすめ5選【音楽ライター厳選】
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター
田澤 仁

90年代にプロドラマーとして活動、その後、音楽ライターとして書籍、雑誌などの執筆を行なっている。 DTM、PCオーディオ関連の著書、DTMソフト、シンセサイザーの日本語マニュアル制作など多数。 Webでは2007年~2009年までサイトAll Aboutで「ロック」のガイドを務めたほか、音楽情報サイトBARKSでは国内外の数多くの有名アーティストのインタビュー、ライブ取材などを行なっている。 得意分野はAOR、ハードロック、フュージョン、80年代。

音の粒をそろえてくれるコンプレッサーは、安定感あるベースサウンドを作るうえで欠かせないエフェクターです。比較的効果がわかりにくいといわれるコンプレッサーですが、ベース用に限ってもさまざまな種類があり、作れる音もそれぞれ個性があります。どれを選べばいいか分からないという方のために、本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ベース用コンプレッサーの選び方と、おすすめのベース用コンプレッサーを紹介します。


ベース用コンプレッサーの選び方は? 音楽ライターに聞いた

音楽ライターの田澤 仁さんに、ベース用コンプレッサーを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

バンド
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

ベース用コンプレッサーは、安定感のあるサウンドを作るうえで大切な役割を果たしています。

音の好みや奏法によって選ぶ

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

コンプレッサーで作れる音には、それぞれの機種によって個性があります。大まかに分けると、原音に忠実な自然なサウンドを出せる機種と、いかにもコンプレッサーがかかっているという、いわば人工的なサウンドが得意な機種があります。

自然なサウンドのものは、ジャンルやボーカルの有無などを問わずオールラウンドに使えます。一方、スラップのアタックを強烈にしたい、サスティンを長く伸ばしたいなど、特徴のあるサウンドを出したい場合は、かかり具合がはっきりとわかるものを選ぶとよいでしょう。

最初はシンプルなコントロールの機種を

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

コンプレッサーの設定はむずかしいとよくいわれます。ほかのエフェクターと違ってかかり具合がわかりにくいし、つまみやスイッチなどのコントロールの名前も直感的にはよくわからないという人も多いでしょう。コントロールがたくさんあると余計に設定がむずかしくなります。

初心者は、コントロールの少ない、シンプルな機能のコンプレッサーを選ぶとよいでしょう。また、かかり具合をインジケーターで表示してくれる製品もあります。視覚的にわかりやすいので、設定もしやすくなります。

tc electronic『SPECTRACOMP BASS COMPRESSOR』

コントロールがしやすい、シンプルなベース用コンプレッサー。

>> Amazonで詳細を見る

目的に応じてギター用を選ぶのもあり

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

ギター用のコンプレッサーであっても、ベースで使える製品は多くあります。一般的にはベースに向かない、とされている製品であっても、その製品の音の個性が気に入っている場合などは、あえてギター用を使うのもありでしょう。

ただ、ベースとギターでは出力される音域が違うため、エフェクターのかかり具合が違ったり、狙い通りの音が出せなかったりすることがあります。よくわからない場合は、ベース用とされているものを使うのが無難でしょう。

BOSS『BC-1X Bass Comp』

ノイズの少ないベース用コンプレッサー。レコーディングなどで使いやすい製品です。

>> Amazonで詳細を見る

ベース用コンプレッサーのおすすめ5選! 音楽ライターが厳選

うえで紹介したベース用コンプレッサーの選び方のポイントをふまえて、音楽ライターの田澤 仁さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BOSS『BC-1X Bass Comp』

BOSS『BC-1XBassComp』 BOSS『BC-1XBassComp』 BOSS『BC-1XBassComp』 BOSS『BC-1XBassComp』

出典:Amazon

コントロール 4、インジケーター
電源 9V乾電池、ACアダプター
サイズ 73×129×59mm
重量 450g

Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

自然なサウンドでオールラウンドに使える定番製品

原音のニュアンスを損なわず、自然な響きを得られること、そしてノイズがとても少ないことが大きな特徴で、ベース用コンプレッサーの定番製品のひとつです。

サスティンも自然で、アタックを強くしても芯があるサウンドになり、どんなジャンルにも対応します。原音に対してどの程度コンプレッションが効いているかを示すインジケーターがあるので、設定もしやすいです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MXR『M87 Bass Compressor』

MXR『M87BassCompressor』 MXR『M87BassCompressor』 MXR『M87BassCompressor』 MXR『M87BassCompressor』 MXR『M87BassCompressor』

出典:Amazon

コントロール 5、インジケーター
電源 9V乾電池、ACアダプター
サイズ -
重量 -

Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

詳細に設定できるベース用定番コンプレッサー

5つのコントロールによって、アタックの立ち上がりや音の伸び、コンプレッションの強さなどをこまかく調整できます。そのぶん設定は多少面倒に思えますが、音の変化でコンプレッサーの効き具合がよくわかるし、インジケーターもあるので、比較的初心者でも扱いやすいでしょう。

基本的には原音に忠実な自然なサウンドですが、設定によっては歪んだような図太い音など、幅広いサウンドが作れます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

tc electronic『SPECTRACOMP BASS COMPRESSOR』

tcelectronic『SPECTRACOMPBASSCOMPRESSOR』 tcelectronic『SPECTRACOMPBASSCOMPRESSOR』

出典:Amazon

コントロール 1
電源 ACアダプター
サイズ 48×48×93mm
重量 -

Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

つまみひとつだけで設定できるマルチバンドコンプ

つまみはひとつしかありませんが、これで複数のパラメータを同時に調整できるようになっていて、初心者でも使いやすい製品です。内部的には高域、中域、低域にそれぞれ個別のコンプレッションをかけられるマルチバンド方式で、狙い通りのサウンドを作ることができます。

スマホアプリで詳細に設定をすることもできるので、つまみひとつのシンプルな構成ですが、こまかく音作りをすることが可能です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

EBS『MULTICOMP Studio Edition』

EBS『MULTICOMPStudioEdition』 EBS『MULTICOMPStudioEdition』

出典:Amazon

コントロール 2、モードスイッチ
電源 9V乾電池、ACアダプター
サイズ 70×115×35mm
重量 400g

Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

シンプルながら多彩な音作りが可能

世界中に愛用者がいる、ベース用コンプレッサーの大定番の製品です。コントロールはかかり具合と音量を決める2つのつまみだけ、というシンプルな構成ですが、モード切替スイッチとの組み合わせで多彩な音を作ることができます。

自然なノーマルモード(ソリッドステート)のほか、内部にあるつまみで高域と低域を独立して調整できるマルチバンド、倍音が増えてあたたかく太いサウンドになるチューブシミュレーターの3モードがあります。とくにチューブシミュレーターは、コンプレッサーをゼロに設定してこのモードで使うベーシストも多くいるほど、その音が高く評価されています。

生産終了の話もあるので、興味のある人は急いでチェックしてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

AGUILAR『TLC COMPRESSOR』

AGUILAR『TLCCOMPRESSOR』

出典:Amazon

コントロール 4
電源 9V乾電池、ACアダプター
サイズ -
重量 -

Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

“コンプ臭さ”なしの自然なベースサウンド

ベースアンプメーカーとして有名なAGUILARの製品。同社独自のTLC(トランス・リニア・コントロール)回路による音質のよさで人気があります。

4つのコントロールで多少極端な設定をしても、不自然なところがまったくないほど、つねに自然なベースサウンドで鳴らすことができます。ノイズも少なく、歪みにくいので、ピックアップがアクティブでもパッシブでも対応します。

とにかく自然な音でコンプレッサーをかけたいという人におすすめです。

「ベース用コンプレッサー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
BOSS『BC-1X Bass Comp』
MXR『M87 Bass Compressor』
tc electronic『SPECTRACOMP BASS COMPRESSOR』
EBS『MULTICOMP Studio Edition』
AGUILAR『TLC COMPRESSOR』
商品名 BOSS『BC-1X Bass Comp』 MXR『M87 Bass Compressor』 tc electronic『SPECTRACOMP BASS COMPRESSOR』 EBS『MULTICOMP Studio Edition』 AGUILAR『TLC COMPRESSOR』
商品情報
特徴 自然なサウンドでオールラウンドに使える定番製品 詳細に設定できるベース用定番コンプレッサー つまみひとつだけで設定できるマルチバンドコンプ シンプルながら多彩な音作りが可能 “コンプ臭さ”なしの自然なベースサウンド
コントロール 4、インジケーター 5、インジケーター 1 2、モードスイッチ 4
電源 9V乾電池、ACアダプター 9V乾電池、ACアダプター ACアダプター 9V乾電池、ACアダプター 9V乾電池、ACアダプター
サイズ 73×129×59mm - 48×48×93mm 70×115×35mm -
重量 450g - - 400g -
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年10月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月13日時点 での税込価格

通販サイトのベース用コンプレッサーランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのベース用コンプレッサーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ベースエフェクト・コンプレッサーランキング
楽天市場:ベース用エフェクターランキング
Yahoo!ショッピング:ベースエフェクター本体ランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

コンプレッサーはかけ過ぎに要注意! 音楽ライターからのアドバイス

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

コンプレッサーは、音の変化が比較的わかりにくいエフェクターです。慣れないうちは効果がないような気がして、ついかけ過ぎになってしまうことがあるので注意してください。かけ過ぎると、音が引っ込んでしまったり、抑揚がなくなったり、不自然にブツ切れになったりしてしまうことがあります。

エフェクターをオン/オフしながら原音と聴き比べて、不自然なサウンドになっていないかどうか確認しながら設定するようにしましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年版】オーディオインターフェイスおすすめ12選|DTMや配信に!

【2020年版】オーディオインターフェイスおすすめ12選|DTMや配信に!

オーディオインターフェイスは、パソコンと楽器・オーディオ機器とをつなぎ、入出力させるための機材です。この記事では、DTMに精通するオーディオライターの藤本 健さんと編集部が厳選したオーディオインターフェイス12選をご紹介します。また、各機能の役割を動画で解説。さらに選び方のポイントも解説していきます。


ベース用マルチエフェクターおすすめ8選! レコーディングエンジニアが選び方を解説

ベース用マルチエフェクターおすすめ8選! レコーディングエンジニアが選び方を解説

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんへの取材をもとに、ベースの音づくりに必要な「ベース用マルチエフェクター」の選び方とおすすめ商品を紹介します。ベース用マルチエフェクターは、使用する状況によって最適な機種が異なるほか、操作性のよさも見逃せません。音質がよく使いやすい一台は、どのように選べばよいのでしょうか。屋内や屋外、つなぎ方などで商品の選び方のポイントや商品を選定していますので、初心者の人から、ライブ用など用途に合う商品を探している人まで、ぜひ参考にしてください。


DJコントローラーおすすめ8選|初心者からプロ向けモデルまで選び方を紹介

DJコントローラーおすすめ8選|初心者からプロ向けモデルまで選び方を紹介

DJコントローラーの選び方とおすすめ商品を紹介します。DJプレイ特有の操作をつまみやレバーなどでかんたんにすばやく操作できるのがDJコントローラー。PCやiPadなどのタブレット、スマートフォンなどでDJプレイを楽しみたい方にとっては必須アイテムです。Serato DJなどの対応ソフトやPioneerなどの著名なメーカー、初心者向けなど幅広いタイプのDJコントローラーの選び方とおすすめ商品を音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、紹介していますのでぜひ参考にしてください。


マイク用XLRケーブルおすすめ12選|【音質向上】音声をキレイに録音

マイク用XLRケーブルおすすめ12選|【音質向上】音声をキレイに録音

マイクと機器をつなぐマイク用XLRケーブルは、ノイズを抑えてよりクリアな音質を実現できるアイテムです。また逆に、ノイズの原因になることもあります。本記事では、ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が選んだ12種類のおすすめのマイク用XLRケーブルと選び方のポイントをご紹介します。


ドラムマシンおすすめ12選|MIDI・PC対応・サンプリング機能つきも

ドラムマシンおすすめ12選|MIDI・PC対応・サンプリング機能つきも

ドラマーがいないバンドや、自宅での録音、DTMなどで役立つ「ドラムマシン(リズムマシン)」。作曲や編曲などをするときにもあると便利なアイテムです。そこで本記事では、元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が選んだドラムマシンのおすすめ12選と選び方をご紹介します。


新着記事


【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

保温性にすぐれており、ウインタースポーツで活躍するメンズスノーボードウェア。さまざまな商品が販売されており、素材や機能性も異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでここでは、メンズスノーボードウェアの選び方のポイントをご紹介していきます。プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、デザイン性と機能性にすぐれたおすすめの商品も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

冬に楽しみたいレジャーは「スノーボード」という方も多いでしょう。スノーボードを思い切り楽しむためにはウェア選びは重要です。おしゃれなウェアを身にまとうと、さらにテンションが上がりますよね。しかし「滑っているうちにびしょ濡れになった」など、ウェア選びに失敗したことがある方も多いようです。この記事では、レディーススノーボードウェアの選び方を解説し、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめ21商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

サーフィンをするときに忘れてはいけないのが、サーフボードを体につなぎとめておくリーシュコードです。ただ、「大事なのは知っているけれど、どう選べばいいのかわからない」という声もよく聞かれます。リーシュコードは長さや太さなどの種類が多く、なにを選べばいいのか悩む方が多いようです。この記事ではリーシュコードの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

寒い地域や冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィングローブ」。防寒だけではなく、紫外線やけがなども防いでくれる便利なアイテムです。しかし、各メーカーからさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いですよね。ここでは、サーフィングローブの選び方のポイントを解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ11商品をご紹介します。自分にぴったりのグローブを見つけて、快適にサーフィンを楽しみましょう!


【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

衝撃や紫外線、潮風などで傷みやすいサーフボードを守るために欠かせない「サーフボードケース」。購入しようと思うと種類が多く、サイズやデザインもさまざまで正直どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事では、サーフボードケースの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


ホビーの人気記事


>>もっと見る