ベース用コンプレッサーのおすすめ7選! 人気のEBSやAGUILARなどプロが厳選

ベース用コンプレッサーのおすすめ7選! 人気のEBSやAGUILARなどプロが厳選
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター
田澤 仁

90年代にプロドラマーとして活動、その後、音楽ライターとして書籍、雑誌などの執筆を行なっている。 DTM、PCオーディオ関連の著書、DTMソフト、シンセサイザーの日本語マニュアル制作など多数。 Webでは2007年~2009年までサイトAll Aboutで「ロック」のガイドを務めたほか、音楽情報サイトBARKSでは国内外の数多くの有名アーティストのインタビュー、ライブ取材などを行なっている。 得意分野はAOR、ハードロック、フュージョン、80年代。

安定感あるベースサウンドを作るうえで必要なエフェクター「ベース用コンプレッサー」。EBSやBOSS、MXRをはじめメーカーやブランドも多様で、コントロール数や、奏でるサウンドもさまざまです。価格もエントリーモデルの安いものからプロ仕様のハイエンドまで。初心者はどのような機種を選らべばよいか迷ってしまいますよね。そこで、音楽・DTMライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ベース用コンプレッサーの選び方と、おすすめ商品を紹介します。メリットやデメリットを理解したうえで、あなたにぴったりのベース用コンプレッサーを見つけてみてください。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミをとあわせてチェックしてみてください。


ベース用コンプレッサーとは 今さら聞けない!

コンプレッサーとはどのようなものなのでしょうか。

コンプレッサー (compressor) とは、「compress=圧縮する」という英語からきた言葉で、エフェクターの一種です。音の強弱の差を縮小する効果があり、「コンプ」と略されて呼ばれることもあります。

音の粒をそろえてくれるコンプレッサーは、安定感あるベースサウンドを作るうえで欠かせません。比較的効果がわかりにくいといわれるコンプレッサーですが、ベース用につくられているのが「ベース用コンプレッサー」というわけです。

ベース用コンプレッサーの選び方 初心者のための

音楽ライターの田澤 仁さんに、ベース用コンプレッサーを選ぶときのポイントを教えてもらいました。

バンド
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

ベース用コンプレッサーは、安定感のあるサウンドを作るうえで大切な役割を果たしています。

音の好みや奏法によって選ぶ

コンプレッサーで作れる音には、それぞれの機種によって個性があります。そのため、好みや奏法にあわせてコンプレッサーを選ぶといいでしょう。

エフェクトがどれだけ効くのかをチェック

ベース
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ベース用コンプレッサーは大まかに分けると、原音に忠実な自然なサウンドを出せる機種と、いかにもコンプレッサーがかかっているという、いわば人工的なサウンドが得意な機種があります。そのため、どれぐらいエフェクト効くのかはあらかじめチェックしておくとよいでしょう。

アタック感を調整できるものが望ましい

ドラム
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

バンドとして演奏する場合、ベースのアタック感が強すぎると全体のバランスを壊してしまいかねません。そのため、ライブやレコーディングなどでは、あえてアタック感が落とせるような、調整機能がついているコンプレッサーを選ぶとよいでしょう。

とはいえ、演奏する楽曲やシーンによってはベース音を全面に打ち出せるようなものも必要ですので、このあたりも視野に入れておくとよいでしょう。

サスティンを有効に使えるものを

コンプレッサーを使用したベース音ではアタック感がおさえられるため、サスティン(音の伸び)が強調されやすくなります。そのため、楽曲や奏法にあわせて、あえてこのサスティンを有効活用できるようなものを選ぶといいでしょう。

とはいえ、実際に使用してみないと分からないことも多いので、店舗で実際に音を聴いたり、口コミなどを参考にしてみるものもいいかもしれません。

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

自然なサウンドか人工的なサウンドかを決めよう

自然なサウンドのものは、ジャンルやボーカルの有無などを問わずオールラウンドに使えます。一方、スラップのアタックを強烈にしたい、サスティン(音の伸び)を長く伸ばしたいなど、特徴のあるサウンドを出したい場合は、かかり具合がはっきりとわかるものを選ぶとよいでしょう。

最初はシンプルなコントロールの機種がおすすめ

コントロールがしやすい、シンプルなベース用コンプレッサー。

コンプレッサーの設定はむずかしいとよくいわれます。ほかのエフェクターと違ってかかり具合がわかりにくいし、つまみやスイッチなどのコントロールの名前も直感的にはよくわからないという人も多いでしょう。コントロールがたくさんあると余計に設定がむずかしくなります

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

初心者はシンプルなものからはじめよう

初心者は、コントロールの少ない、シンプルな機能のコンプレッサーを選ぶとよいでしょう。また、かかり具合をインジケーターで表示してくれる製品もあります。視覚的にわかりやすいので、設定もしやすくなります。

目的に応じてギター用を選ぶのもあり

ギター用のコンプレッサーであっても、ベースで使える製品は多くあります。

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

個性が好きならギター用、初心者はベース用が無難

一般的にはベースに向かない、とされている製品であっても、その製品の音の個性が気に入っている場合などは、あえてギター用を使うのもありでしょう。

ただ、ベースとギターでは出力される音域が違うため、エフェクターのかかり具合が違ったり、狙い通りの音が出せなかったりすることがあります。よくわからない場合は、ベース用とされているものを使うのが無難でしょう。

ベース用コンプレッサーのおすすめ7選 人気のAGUILARやEBS、BOSSなど!

うえで紹介したベース用コンプレッサーの選び方のポイントをふまえて、音楽ライターの田澤 仁さんに選んでもらったおすすめ商品と、編集部が厳選した商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BOSS『BC-1X Bass Comp』

BOSS『BC-1XBassComp』 BOSS『BC-1XBassComp』 BOSS『BC-1XBassComp』 BOSS『BC-1XBassComp』

出典:Amazon

コントロール 4、インジケーター
電源 9V乾電池、ACアダプター
サイズ 73×129×59mm
重量 450g

Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

自然なサウンドでオールラウンドに使える定番製品

原音のニュアンスを損なわず、自然な響きを得られること、そしてノイズがとても少ないことが大きな特徴で、ベース用コンプレッサーの定番製品のひとつです。

サスティンも自然で、アタックを強くしても芯があるサウンドになり、どんなジャンルにも対応します。原音に対してどの程度コンプレッションが効いているかを示すインジケーターがあるので、設定もしやすいです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MXR『M87 Bass Compressor』

MXR『M87BassCompressor』 MXR『M87BassCompressor』 MXR『M87BassCompressor』 MXR『M87BassCompressor』 MXR『M87BassCompressor』

出典:Amazon

コントロール 5、インジケーター
電源 9V乾電池、ACアダプター
サイズ -
重量 -

Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

詳細に設定できるベース用定番コンプレッサー

5つのコントロールによって、アタックの立ち上がりや音の伸び、コンプレッションの強さなどをこまかく調整できます。そのぶん設定は多少面倒に思えますが、音の変化でコンプレッサーの効き具合がよくわかるし、インジケーターもあるので、比較的初心者でも扱いやすいでしょう。

基本的には原音に忠実な自然なサウンドですが、設定によっては歪んだような図太い音など、幅広いサウンドが作れます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

tc electronic『SPECTRACOMP BASS COMPRESSOR』

tcelectronic『SPECTRACOMPBASSCOMPRESSOR』 tcelectronic『SPECTRACOMPBASSCOMPRESSOR』

出典:Amazon

コントロール 1
電源 ACアダプター
サイズ 48×48×93mm
重量 -

Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

つまみひとつだけで設定できるマルチバンドコンプ

つまみはひとつしかありませんが、これで複数のパラメータを同時に調整できるようになっていて、初心者でも使いやすい製品です。内部的には高域、中域、低域にそれぞれ個別のコンプレッションをかけられるマルチバンド方式で、狙い通りのサウンドを作ることができます。

スマホアプリで詳細に設定をすることもできるので、つまみひとつのシンプルな構成ですが、こまかく音作りをすることが可能です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

EBS『MULTICOMP Studio Edition』

EBS『MULTICOMPStudioEdition』 EBS『MULTICOMPStudioEdition』

出典:Amazon

コントロール 2、モードスイッチ
電源 9V乾電池、ACアダプター
サイズ 70×115×35mm
重量 400g

Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

シンプルながら多彩な音作りが可能

世界中に愛用者がいる、ベース用コンプレッサーの大定番の製品です。コントロールはかかり具合と音量を決める2つのつまみだけ、というシンプルな構成ですが、モード切替スイッチとの組み合わせで多彩な音を作ることができます。

自然なノーマルモード(ソリッドステート)のほか、内部にあるつまみで高域と低域を独立して調整できるマルチバンド、倍音が増えてあたたかく太いサウンドになるチューブシミュレーターの3モードがあります。とくにチューブシミュレーターは、コンプレッサーをゼロに設定してこのモードで使うベーシストも多くいるほど、その音が高く評価されています。

生産終了の話もあるので、興味のある人は急いでチェックしてください。

EBS『MULTICOMP BLUE LABEL』

EBSMULTICOMPBLUELABELベース用コンプレッサー

出典:Amazon

コントロール 3
電源 9V乾電池、ACアダプター
サイズ 67 x 115 x 48 mm
重量 315g

EBS マルチコンプが正統進化し新登場

ベース界の定番エフェクターが、先代機種Studio Editionから正統進化したBLUE LABEL。好評だった基本性能は準拠しながらも各部をアップグレード。Sens.(Threshold)コントロールが追加され、コンプレッションの効き具合により細やかなセッティングが可能になっています。またヘッドルームにさらなる余裕を生む電源電圧の18V対応(製品自体は9V以上で使用可能)など、クォリティーがより高めてられています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

AGUILAR『TLC COMPRESSOR』

AGUILAR『TLCCOMPRESSOR』

出典:Amazon

コントロール 4
電源 9V乾電池、ACアダプター
サイズ -
重量 -

Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

“コンプ臭さ”なしの自然なベースサウンド

ベースアンプメーカーとして有名なAGUILARの製品。同社独自のTLC(トランス・リニア・コントロール)回路による音質のよさで人気があります。

4つのコントロールで多少極端な設定をしても、不自然なところがまったくないほど、つねに自然なベースサウンドで鳴らすことができます。ノイズも少なく、歪みにくいので、ピックアップがアクティブでもパッシブでも対応します。

とにかく自然な音でコンプレッサーをかけたいという人におすすめです。

Vivie『FenneComp』

VivieFenneCompベース用コンプレッサーエフェクター VivieFenneCompベース用コンプレッサーエフェクター VivieFenneCompベース用コンプレッサーエフェクター

出典:Amazon

コントロール 3
電源 9V乾電池、ACアダプター
サイズ 75 x 115 x 48mm
重量 -

扱いやすいシンプルで直感的なベース用コンプ

FenneCompはコンプレッサーを使ったことのないビギナーにも非常に扱いやすいシンプルで直感的なコントロールと、高音質を両立させたベース用コンプです。Compコントロールはコンプレッサーの圧縮具合を調整できます。あらゆるベースに対応し、音圧を稼ぎ音量を均一化することで、アンサンブルにおいて存在感を損なわないまま音を馴染ませることができます。自然なコンプレッションサウンドからエフェクティブなサウンドまで幅広いサウンドメイクが可能です。Compコントロールの右下にあるLEDインジケーターは、どれだけ音を圧縮しているかを視覚的に確認することもできます。

「ベース用コンプレッサー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
BOSS『BC-1X Bass Comp』
MXR『M87 Bass Compressor』
tc electronic『SPECTRACOMP BASS COMPRESSOR』
EBS『MULTICOMP Studio Edition』
EBS『MULTICOMP BLUE LABEL』
AGUILAR『TLC COMPRESSOR』
Vivie『FenneComp』
商品名 BOSS『BC-1X Bass Comp』 MXR『M87 Bass Compressor』 tc electronic『SPECTRACOMP BASS COMPRESSOR』 EBS『MULTICOMP Studio Edition』 EBS『MULTICOMP BLUE LABEL』 AGUILAR『TLC COMPRESSOR』 Vivie『FenneComp』
商品情報
特徴 自然なサウンドでオールラウンドに使える定番製品 詳細に設定できるベース用定番コンプレッサー つまみひとつだけで設定できるマルチバンドコンプ シンプルながら多彩な音作りが可能 EBS マルチコンプが正統進化し新登場 “コンプ臭さ”なしの自然なベースサウンド 扱いやすいシンプルで直感的なベース用コンプ
コントロール 4、インジケーター 5、インジケーター 1 2、モードスイッチ 3 4 3
電源 9V乾電池、ACアダプター 9V乾電池、ACアダプター ACアダプター 9V乾電池、ACアダプター 9V乾電池、ACアダプター 9V乾電池、ACアダプター 9V乾電池、ACアダプター
サイズ 73×129×59mm - 48×48×93mm 70×115×35mm 67 x 115 x 48 mm - 75 x 115 x 48mm
重量 450g - - 400g 315g - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年10月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月28日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ベース用コンプレッサーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのベース用コンプレッサーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ベース用コンプレッサーランキング
楽天市場:ベース用コンプレッサーランキング
Yahoo!ショッピング:ベース用コンプレッサーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ベース用コンプレッサー使用時のアドバイス 音楽・DTMライターより

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

かけ過ぎには注意が必要

コンプレッサーは、音の変化が比較的わかりにくいエフェクターです。慣れないうちは効果がないような気がして、ついかけ過ぎになってしまうことがあるので注意してください。かけ過ぎると、音が引っ込んでしまったり、抑揚がなくなったり、不自然にブツ切れになったりしてしまうことがあります。

エフェクターをオン/オフしながら原音と聴き比べて、不自然なサウンドになっていないかどうか確認しながら設定するようにしましょう。

ベース用コンプレッサーに関するそのほかの記事はこちら 【関連記事】

まとめ

ベース用コンプレッサーの選び方のポイントはおわかりいただけたでしょうか。

おさらいですが、まずは自然なサウンドか人工的なサウンドか自分の好みや奏法によって選びましょう。そのうえで、とくに初心者の方は操作性がシンプルでコントロールが容易な機種を選ぶのがぶなんです。慣れてきたら、目的に応じてあえてギター用を選ぶのも選択肢のひとつです。

あなたにぴったりのベース用コンプレッサーを見つけ、音楽ライフを充実させてみてはいかがでしょうか。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/11/24 一部コンテンツと価格を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 大熊武士)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


アンプヘッドおすすめ15選|小型のパワフルモデルからクリーン音声モデルまで

アンプヘッドおすすめ15選|小型のパワフルモデルからクリーン音声モデルまで

アンプヘッドとは、ギターやベースの電気信号を増幅してスピーカーキャビネットを鳴らすための音響機器。好みのスピーカーと組み合わせることでより幅広い音作りができます。本記事では、IT&家電ライターの秋葉けんたさんへの取材のもと、アンプヘッドの選び方のポイントとおすすめ商品について教えてもらいました。また、最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


アコースティックベースおすすめ12選|旅先でも豊かなサウンドで弾き語り【初心者向けも】

アコースティックベースおすすめ12選|旅先でも豊かなサウンドで弾き語り【初心者向けも】

アコースティックベースは豊かな音が出せるため、演奏できるようになると気持ちよく弾き語りが可能です。本記事では、元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部がアコースティックベースの選び方やおすすめ商品をご紹介します。アコースティックベースには種類があり、どのタイプをが希望に合うのかを知ることが大切です。そのうえで、使用素材やそのほかの選択肢を加えてみましょう。記事後半には、アコースティックいベースの弾き方、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


ポップガードおすすめ10選|録音のリップノイズ対策【金属・布など種類に注目】

ポップガードおすすめ10選|録音のリップノイズ対策【金属・布など種類に注目】

声の配信や歌のレコーディング時にノイズを抑え湿気やツバからマイクを守る「ポップガード」。最近ではボーカル動画やゲーム実況など個人の配信も増え需要が増えてきています。しかしカゴ式やスポンジタイプなど種類もさまざま。そこで音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんに聞いた、ポップガードの選び方とおすすめ10選を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミと合わせてチェックしてみてください。


チューナーマイクおすすめ10選|【ヤマハ・コルグ・セイコー】など厳選

チューナーマイクおすすめ10選|【ヤマハ・コルグ・セイコー】など厳選

チューニングをするとき、チューナーマイクを使うことで楽器の音を拾いやすくなり、正確なチューニングができます。当記事では、サックスプレイヤーの加度克紘さんと編集部が、チューナーマイクの選び方のポイントとおすすめのチューナーマイク10選をランキングとともに紹介していきます。


2021年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2021年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


新着記事


フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

ゴツゴツした岩場や魚の鋭いヒレや歯から手を守るフィッシンググローブ。岩場で釣りをする人であれば、一双は持っておきたいもの。手の保護だけでなく、夏の紫外線や冬の寒さからも守ってくれます。ここでは、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんにお話をうかがい、フィッシンググローブの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

ワイルドライフクリエーターで山岳写真家の荒井裕介さんへの取材をもとに、シャッドルアーのおすすめ商品をご紹介します。幅広いタイプのバスにアプローチできるのがメリットのシャッドルアー。テクニックと経験が必要なワームやラバージグとは違い、一定のスピードを保ちながら巻くだけで一定層をトレースできるため、初心者にも使いやすいアイテムです。選び方も解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。


【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

フィット感や医療機器認証の有無、清潔感を保てるかどうかなど、さまざまな特徴がある磁気枕。枕に埋め込まれている磁気によって、肩や首の凝りを軽減することができます。自分にあったものを選ぶと、毎日安心して眠ることができるもの。この記事では、磁気枕の選び方と暮らしコーディネーター・瀧本真奈美さんのおすすめランキングを紹介します。記事の後半には、枕の人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

入門セットの多くはショップのオリジナルセットで、釣り具メーカーが販売しているものはほとんどありません。それは、同じ魚を狙う場合でも、地域によってタックルが異なったり、釣り人の好みもあるからです。この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんにお話をうかがい、釣り初心者入門セットの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

近年は釣りのジャンルに関わらず、PEラインの使用率が高めですが、必ずしもPEラインが良いというわけではありません。キャッチ&リリースが前提の釣りには、魚を弱らせやすいPEラインは不向きです。また、特性上タックルや仕掛けに掛かる負荷も大きく、扱いを間違えるとリールのシャフトを曲げてしまったり、スナップなど接続金具が簡単に破損してしまうこともあります。この記事では、フィッシングライター/職業釣師の田澤 晃さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介しています。


ホビーの人気記事


>>もっと見る