5弦ベースおすすめ5選! レコーディングエンジニアが選ぶ|初心者でも使いやすい

5弦ベースおすすめ5選! レコーディングエンジニアが選ぶ|初心者でも使いやすい
レコーディングエンジニア
小野寺 孝樹

1989年株式会社ゼロスタジオに入社。 アシスタントを経て、1992年チーフエンジニアに昇格。 その後、数々のレコーディングに携わる。 2001年ゼロスタジオを退社、フリーランスとなる。 以降、レコーディング・ミックスからプログラミングまで、またアイドルソングからプログレまでなんでもこなす便利な人として、活躍中。"

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんへの取材をもとに、おすすめの5弦ベースと選び方のポイントを紹介します。5弦ベースは、通常のベースより弦が1本多いタイプで、4弦のベースより出せる音が多いためプロのミュージシャンにも愛用者が多い楽器です。プロのミュージシャンにも愛用者が増えており、購入したいと思う方も多いのでは。しかし、ピックアップの種類や出力のちがいなど気にするポイントはたくさんあります。本記事を参考に、自分に合う5弦ベースを探してくださいね。


5弦ベースの選び方! レコーディングエンジニアに聞く

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに、5弦ベースを選ぶときのポイントを3つ教えていただきました。

5弦ベース
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

5弦ベースは出せる音の範囲が広いだけでなく、運指がかんたんになるというメリットも。

自分なりの選択ポイントをしぼる

レコーディングエンジニア

演奏性や自由度など自分のこだわりを見つける

そもそも、5弦ベースを購入するのはなぜでしょうか。「好きなミュージシャンが使っている」「サウンドに広がりを持たせるため」など理由はさまざまでしょう。選択するポイントがはっきりすれば、自然と選ぶ楽器も決まってきます。

たとえば、演奏性を優先するならばネックが細く弦間の広いもの、サウンドの自由度を重視するなら多機能でフレキシブルなものなど、あれもこれもと欲張るのではなく、選択ポイントをある程度しぼりこむとよいでしょう。

アイバニーズ ジオ『GSR205』

こちらの商品はネックがスリムなので、手の小さい方や女性でも弾きやすい5弦ベースです。初心者の方も手軽にはじめられる1本。

>> Amazonで詳細を見る

ピックアップの種類で選ぶ

レコーディングエンジニア

ピックアップによる音の違いにも注目

ピックアップの違いも選択の重要なポイント。シングルコイルのジャズベタイプ、ハムバッキングのプレベタイプの大きく2つに分けられます。シングルコイルは繊細(せんさい)でクリアな音、ハムバッキングは音が太くノイズに強いなど、それぞれに特徴があるので、音色の好みや演奏スタイルにあわせて選びましょう。

また、その両方をそなえたPJタイプもあります。サウンドに多彩さを求める方は、こちらもチェックしてみてください。

出力がパッシブかアクティブかで選ぶ

レコーディングエンジニア

出力回路の違いによる弾き心地もチェック

出力回路にはパッシブとアクティブの2種類があり、どちらを選ぶかによって使い心地がかわってきます。パッシブはナチュラルで演奏のタッチに素直に反応してくれますが、ノイズに弱く、接続する機器の影響を受けやすいという弱点がありますね。

いっぽう、アクティブは立ち上がりが早く、力強いサウンドが得られ、ノイズにも強いのが利点。その反面、回路をドライブするための電源を必要とし、かための音色になる傾向があります。

それぞれメリット・デメリットがありますが、自分がなにを求めているかを明確にして選びましょう。機種によっては両方の機能をスイッチで切り替えられるものもあるので、音色にバリエーションを求める方には、切り替え可能なタイプをおすすめします。

ヤマハ『TRBX505』

こちらの商品は、スイッチによってパッシブとアクティブを切り替えることができます。演奏シーンにあわせて音色をかえられるのがうれしいポイントです。

>> Amazonで詳細を見る

5弦ベースおすすめ5選! レコーディングエンジニアが厳選

うえでご紹介した5弦ベースの選び方のポイントをふまえて、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに選んでもらったおすすめの5弦ベース5選をご紹介します。

5弦ベース
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

どんな楽器を選ぶかによって、出せる音色がかわってきます。どんな音が好みかを考えながら、商品の特徴をチェックしてみましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エピフォン『トビーデラックス5』

エピフォン『トビーデラックス5』

出典:Amazon

ピックアップ フロント:Tobias SCR、リア:Tobias SCT
出力回路 アクティブ
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

トバイアスとエピフォンのコラボモデル

伝説のベースメーカーであるトバイアスの創設者マイケル・トバイアスと、ギブソンの直系ブランドエピフォンとのコラボレーションで製作された5弦ベースです。

シングルコイルピックアップを2基搭載。出力はアクティブ回路なので、ノイズにも強く音量もじゅうぶんです。また、Tone expressorというベースエンハンサーで幅広くサウンド作りができ、弦ベースの特色でもある低音弦の音の太さをいかした設計になっています。

アシンメトリー(非対称)デザインのネックは弾きやすさもばつぐん。はじめて5弦ベースの購入を考えている方におすすめのモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

フジゲン J-Standard『JMJ-ASH-M/SBB』

フジゲンJ-Standard『JMJ-ASH-M/SBB』 フジゲンJ-Standard『JMJ-ASH-M/SBB』 フジゲンJ-Standard『JMJ-ASH-M/SBB』

出典:楽天市場

ピックアップ フロント:Seymour Duncan Quarter-Pound SJ5-3n、リア:Seymour Duncan SMB-5
出力回路 パッシブ
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

驚異のコストパフォーマンスを誇る5弦ベース

技術の高さで世界中のミュージシャンに評価されているフジゲン。多くのブランドのOEM生産をしていることでも有名です。こちらは、もともと海外輸出向けのモデルとして展開されていた、J-Standardの5弦ベース。

実際に演奏してみるとわかるのですが、ボディはエルゴノミックデザインによって体にフィットし、バランスもよく安定感があるのでとても弾きやすくなっています。

また、独自のC.F.S(サークル・フレッティング・システム)で、ピッチや音色の安定度が非常によくなっています。ビギナーが購入するにはすこしハードルが高いですが、価格からは考えられないほどの充実ぶり。ワンランク上を目指す方におすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

アイバニーズ ジオ『GSR205』

アイバニーズジオ『GSR205』 アイバニーズジオ『GSR205』 アイバニーズジオ『GSR205』 アイバニーズジオ『GSR205』

出典:Amazon

ピックアップ フロント・リア:Std. neck pickup
出力回路 パッシブ
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

これから5弦ベースをはじめたい方におすすめ

海外でも定評のある老舗(しにせ)国産メーカーのアイバニーズ。定番SRシリーズのエントリーラインナップであるジオの5弦ベース、『GSR205』です。5弦ながらSRシリーズの特徴ともいえる、コンパクトなボディとスリムなネックを踏襲しており、女性や手の小さい方でも扱いやすくなっています。

とにかく手軽に5弦ベースをはじめてみたいという方におすすめの、コストパフォーマンスにすぐれたモデル。フロントとリアのピックアップバランス、トーンコントロールに加え、低域をブーストするPHAT-II EQで多彩な音作りが可能です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ヤマハ『TRBX505』

ヤマハ『TRBX505』

出典:Amazon

ピックアップ フロント・リア:アルニコV
出力回路 アクティブ、パッシブ(切り替え可能)
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

アクティブとパッシブの切り替えが可能

ヤマハのベースラインアップのなかでも多機能な、TRBX500シリーズの5弦モデルです。このシリーズの特徴は、スリムなネックとコンパクトで軽量なボディ。これらが演奏のしやすさにかなり貢献しているといえるでしょう。

ベース・ミドル・トレブルの3バンドEQと、アクティブ・パッシブの切り替えスイッチで、幅広い音作りができるのが最大のポイント。

アクティブタイプの弱点であるバッテリー切れを未然に防ぐため、ボディ背面にはバッテリーアラートがついています。これが地味ながらも非常に助かる機能! ベースがはじめてのビギナーから中級者にまでおすすめのモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

フェルナンデス『FJB5-DLX PCS』

フェルナンデス『FJB5-DLXPCS』 フェルナンデス『FJB5-DLXPCS』 フェルナンデス『FJB5-DLXPCS』

出典:楽天市場

ピックアップ フロント: BTJA5-N、リア:BTJA5-B
出力回路 アクティブ、パッシブ(切り替え可能)
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

P.C.Sで16とおりのピックアップを選択可能

フェルナンデスのJazzBassスタイルの5弦ベースです。トグルスイッチでかんたんにアクティブとパッシブの切り替えができます。そのため、Midが可変の3バンドEQで音作りをしたアクティブと、ナチュラルトーンのパッシブを瞬時に切り替えることも可能に。

さらにP.C.S.(Programmable Coil-Tapping System)で、ピックアップのコイルのオン・オフも変更できるなど、音作りの自由度が非常に高く、幅広いジャンルに対応できます。複数のバンドを掛け持ちしている方など、多様なサウンドを求める方にうってつけのモデルです。

「5弦ベース」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
エピフォン『トビーデラックス5』
フジゲン J-Standard『JMJ-ASH-M/SBB』
アイバニーズ ジオ『GSR205』
ヤマハ『TRBX505』
フェルナンデス『FJB5-DLX PCS』
商品名 エピフォン『トビーデラックス5』 フジゲン J-Standard『JMJ-ASH-M/SBB』 アイバニーズ ジオ『GSR205』 ヤマハ『TRBX505』 フェルナンデス『FJB5-DLX PCS』
商品情報
特徴 トバイアスとエピフォンのコラボモデル 驚異のコストパフォーマンスを誇る5弦ベース これから5弦ベースをはじめたい方におすすめ アクティブとパッシブの切り替えが可能 P.C.Sで16とおりのピックアップを選択可能
ピックアップ フロント:Tobias SCR、リア:Tobias SCT フロント:Seymour Duncan Quarter-Pound SJ5-3n、リア:Seymour Duncan SMB-5 フロント・リア:Std. neck pickup フロント・リア:アルニコV フロント: BTJA5-N、リア:BTJA5-B
出力回路 アクティブ パッシブ パッシブ アクティブ、パッシブ(切り替え可能) アクティブ、パッシブ(切り替え可能)
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年10月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月30日時点 での税込価格

5弦ベースの選択ポイントを知ろう! レコーディングエンジニアからのアドバイス

レコーディングエンジニア

続々と新モデルが登場する5弦ベースは今が買い!

最近は5弦ベースが一般的になってきたということもあり、各メーカーが新しいモデルを出してきています。とくに最近のアクティブモデルは機能が満載で、音作りの幅が広くなっていますので、今よりもサウンドの幅を広げようと思っている方にはぴったりではないでしょうか。

パッシブモデルでも改良が進み、弱点といわれていたLOW B弦のテンション不足なども改善。それにより、従来のモデルより抜けがよい機種が出てきています。5弦ベースが気になっている方は、そろそろ導入を考えてみてはいかがでしょうか。購入の際には、ピックアップの種類や出力回路などを考慮して選択してください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/11/19 一部コンテンツと価格を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 秋元清香)

 

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


チューナーおすすめ5選|ギターの種類やシーンに応じて選ぼう

チューナーおすすめ5選|ギターの種類やシーンに応じて選ぼう

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんにギターや楽器の演奏に欠かせないチューナーの選び方をうかがいました。チューナーは値段だけで選んでしまうと本当に求める機能が備わっていないことがあります。すえ置きタイプやクリップタイプなど操作性をはじめ、メトロノーム機能やキャリブレーション機能など使用するシーンに合ったものを選ぶことが大切です。本記事では、使用するシーンに合った機能付きチューナーでおすすめ商品を5つご紹介します。チューナーを買おうと思っているけど、たくさんの種類からどれを選べばいいのかわからない方は、プロが教えるポイントを参考に探してみましょう!


ギタースタンドおすすめ5選|吊り下げタイプのものもご紹介!

ギタースタンドおすすめ5選|吊り下げタイプのものもご紹介!

本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ギタースタンドの選び方と、おすすめ商品をご紹介します。ギタリストにとって、あると便利なギタースタンド。演奏の合間にちょっとギターを置くだけでなく、インテリアの一部としてギターを飾るなど、日常の保管場所として便利に使えるものもあります。日ごろからギタースタンドで手の届くところにギターを置いておけば、億劫がらずにすぐに練習しようという気になるかもしれませんね。ぜひ、本記事を参考にあなたに合ったギタースタンドを選んでみましょう!


エレキギターの弦おすすめ6選|弦の太さで音色が変わる!

エレキギターの弦おすすめ6選|弦の太さで音色が変わる!

ギタリストなら、こだわりをもって弦を選んでいるという人も多いでしょう。その一方で、安ければなんでもよい、という人もいるようです。しかし、素材や太さ、形状など、弦の種類によって、音色や弾き心地は違ってきます。では、自分のギターや奏法にぴったりの弦をどのように選べばよいのでしょうか。本記事では音楽ライターの田澤 仁さんに、エレキギター用弦の選び方とおすすめのエレキギター弦を教えてもらいましたのでご紹介します。


ギター用マルチエフェクターおすすめ5選|初心者向けに選び方も紹介

ギター用マルチエフェクターおすすめ5選|初心者向けに選び方も紹介

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんが、マルチエフェクター選びのポイントとおすすめ商品5選を解説します。1台で複数のエフェクターの役割を果たし、コンパクトエフェクターでは難しい音作りを実現するマルチエフェクター。なかでもギター用に設計されたものは、著名なアンプのシミュレーションなど、エフェクターの守備範囲を超える音作りをサポート。ギターの音作りにはまり、足元がコンパクトエフェクターなどのデバイスでいっぱいというギタリストの方、セッティングを見直しませんか? BOSSやZOOM、MOOERなどの商品が厳選されていますので、参考にしてワンランク上のギターサウンドに挑戦してみてください。通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。


【レスポールおすすめ5選!】音楽ライターが選び方も解説

【レスポールおすすめ5選!】音楽ライターが選び方も解説

音楽ライターの田澤 仁さんに聞いた、レスポールのおすすめ商品を紹介します。あらゆるギタープレイヤーが必ず持っているといわれる定番エレキギターの代表「レスポール」。それだけ魅力たっぷりのギターであることはもちろんですが、ギブソンオリジナルでもかなりの種類があり、サードパーティー製などを含めると、数えきれないほどのモデルが存在しています。そんななか、自分にぴったりのレスポールを見つけるにはどうすればよいでしょう? 本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんに聞いたレスポールの選び方も掲載。ぜひ参考にしてみてくださいね。


関連するブランド・メーカー


YAMAHA(ヤマハ)

新着記事


外壁塗装会社一括検索サイトおすすめ7選|ぴったりな会社からお見積りまですべておまかせ

外壁塗装会社一括検索サイトおすすめ7選|ぴったりな会社からお見積りまですべておまかせ

外壁塗装は、施工を依頼する会社によって工事費が大幅に異なります。しかも、仕上がり具合もまちまちであるため、どこの塗装会社に依頼していいのか迷う人も多いのではないでしょうか。そこで今注目されているのが、外壁塗装会社一括検索サイトです。このサイトを活用することで、条件にぴったりマッチした優良な塗装会社を選択することができるのです。建築基準適合判定資格者の切塗よしをさんの解説とともに、外壁塗装会社一括検索サイトをご紹介します。


デーツのおすすめ11選|食べやすい粒タイプや料理に使えるペーストタイプなど!

デーツのおすすめ11選|食べやすい粒タイプや料理に使えるペーストタイプなど!

日本ではあまりなじみのないデーツですが、世界ではメジャーなフルーツとして多くの人に食べられています。栄養価が高く強い甘みとクセになる味わいが特徴。ここでは、フードスタイリストの江口恵子さんと編集部で、デーツの選び方とおすすめのデーツをご紹介します。


スムージーシェイカーおすすめ12選|使いやすいシェイカーで【ダイエットにも】

スムージーシェイカーおすすめ12選|使いやすいシェイカーで【ダイエットにも】

毎日の健康をサポートするためにスムージーを飲む人が増えています。粉末タイプは溶けにくかったりしますが、そんなときに便利なのがスムージーシェイカー。ミキサーボール付きの便利な商品などもありますので、用途やシーンに合わせて選んでください。この記事では、管理栄養士の横川仁美さんと編集部が、スムージーシェイカーの選び方とおすすめ12選をご紹介します。


ボールプールおすすめ12選|子どもが喜ぶ多彩な遊び方【安心して遊べる】

ボールプールおすすめ12選|子どもが喜ぶ多彩な遊び方【安心して遊べる】

休園中や自宅待機などで外遊びができないと体力が有り余ってしまい、生活リズムが崩れてしまう場合も。そんなとき、子ども向けの遊具施設などにあるボールプールが自宅にあれば、体を動かして遊ぶことができます。商品によってサイズや仕様が異なるため、自宅に置けるものやどのように遊ばせるかで選ぶのが重要です。この記事では、保育士・武田優希さんと編集部でボールプールの選び方とおすすめ12商品を紹介します。


花粉対策メガネのおすすめ商品12選|紫外線カット・曇り止めなど

花粉対策メガネのおすすめ商品12選|紫外線カット・曇り止めなど

花粉が飛ぶシーズンになると悩まされるのが花粉性結膜炎。ゴロゴロとした不快な異物感も症状のひとつです。本記事では、花粉対策に役立つメガネの選び方をご紹介します。医療ライターの宮座美帆さんからのアドバイスと編集部が選んだおすすめ商品12選もチェックしていきましょう。


人気の記事


>>総合ランキングを見る