太さや素材で選ぶ! 音楽ライターが厳選|アコースティックギター弦のおすすめ6選

太さや素材で選ぶ! 音楽ライターが厳選|アコースティックギター弦のおすすめ6選
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター
田澤 仁

90年代にプロドラマーとして活動、その後、音楽ライターとして書籍、雑誌などの執筆を行なっている。 DTM、PCオーディオ関連の著書、DTMソフト、シンセサイザーの日本語マニュアル制作など多数。 Webでは2007年~2009年までサイトAll Aboutで「ロック」のガイドを務めたほか、音楽情報サイトBARKSでは国内外の数多くの有名アーティストのインタビュー、ライブ取材などを行なっている。 得意分野はAOR、ハードロック、フュージョン、80年代。

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、アコースティックギター用の弦の選び方と、おすすめの弦を6つご紹介します。アコースティックギター用の弦は、古くなると、張ってすぐの音質が出なくなっていくので、切れたりしなくても定期的な交換が必要です。とはいえ楽器店に行くと、あまりにたくさんの弦が並んでいます。そのため価格をはじめ、どれを選んでよいか迷ってしまうこともあるでしょう。こちらの記事を参考にし、自分にぴったりの弦を選んでください。


アコースティックギター弦の選び方|音楽ライターに聞きました

音楽ライターの田澤 仁さんに、アコースティックギター弦を選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

アコースティックギター

Photo by Kelly Sikkema on Unsplash

さまざまなタイプのアコースティックギター弦のなかから選ぶ前に、専門家の選び方を読んで参考にしましょう。

弦の太さで選ぶ

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

アコースティックギターの弦は、ゲージ、つまり弦の太さによって、出せる音色や演奏のしやすさが違ってきます。

標準的な太さはライトゲージと呼ばれるもので、ジャンルやギターのタイプを問わず使えます。迷ったらライトを選んでおけば間違いないでしょう。

エクストラライトやカスタムライトと呼ばれる細い弦は、張りが弱いのであまり力を入れずに押さえられますが、音量はあまり出せず、繊細なプレイ向きといえるでしょう。

そして、現在よく使われている弦の中でもっとも太いのがミディアムです。張りは強くなりますが、とくに低音の音量が出るので、ロックバンドで使う場合や、コードストローク中心の人に向いています。

ヤマハ『FS50BT』

非常に薄いコーティングを施しているため、自然な弾き心地を楽しめるのが特長。さびも防いでくれます。

>> Amazonで詳細を見る

弦の素材はおおまかに2種類

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

弦の素材は、おおまかに分けて2種類あります。単に「ブロンズ」と呼ばれることもあるのが80/20ブロンズで、銅とスズを80対20で混ぜたもの。中低音がよく出るやわらかいサウンドが特徴です。

もう一つのフォスファーブロンズは、銅にリンを少し混ぜたもので、耐久性が若干高められています。ブロンズ弦に比べて高音が出るため明るい音色で、アタックが明瞭になります。

強いていうなら80/20ブロンズはコードストローク、フォスファーブロンズはアルペジオに向いているといえますが、音の違いはそれほど大きくないので、両方を試してみて好みのものを選ぶとよいでしょう。

D'Addario(ダダリオ)『Phosphor Bronze Wound Light(EJ16)』

1974年から生産がはじまったフォスファーブロンズ弦で、今なおプロやアマチュアを問わず愛用されています。豊富なラインナップが用意されているのも、長らく愛されている理由のひとつです。

>> Amazonで詳細を見る

高耐久の弦、やわらかい弦もある

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

アコースティックギターの弦は、湿気や汗でさびやすいものですが、特殊なコーティングをすることでさびにくくしたコーティング弦と呼ばれるものもあります。以前のコーティング弦は、音の輪郭が不明瞭になるものもありましたが、最近はほとんど気にならないレベルになっているので、弦の耐久性が気になる人は使ってみるとよいでしょう。

また、巻き弦の芯にシルクを使ったコンパウンド弦というのもあります。やわらかいので押さえる力があまり必要ないのですが、音の伸びはあまりなく、控えめな音色になるので、通常の演奏にはあまり向いていません。でも普通の弦ではどうしても指が痛くて押さえられないという人は、試してみてもよいかもしれません。

アコースティックギター弦おすすめ6選!音楽ライターが厳選

ここまでに紹介したアコースティックギター弦の選び方のポイントをふまえて、音楽ライターの田澤 仁さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

D'Addario(ダダリオ)『Phosphor Bronze Wound Light(EJ16)』

出典:Amazon

素材
フォスファーブロンズ
ゲージ
ライト
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

プロの使用者も多いアコギ弦の大定番

プロもよく使っている弦で、迷ったらこれを買っておいてまず間違いはないという、アコギ弦の大定番です。フォスファーブロンズなので抜けがよく明るく、輪郭がはっきりしていて音の伸びもよいので、ジャンルや奏法を問わず使えます。同じシリーズの型番違いで、エクストラライトやミディアムなど幅広いラインナップがあるので、まずはこの『EJ16』からはじめて、少しずつ太さを変えて試してみるのもよいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』

出典:Amazon

素材
コーティング(フォスファーブロンズ)
ゲージ
ライト
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

耐久性の高いコーティング弦

コーティング処理を施した、耐久性の高いフォスファーブロンズ弦です。巻き弦を丸ごと覆(おお)う独自のコーティングにより、巻き弦の隙間に汚れがつきにくいのが特徴で、通常の弦に比べてかなり長寿命です。フィンガーノイズは抑えられますが、音があまり控えめにならず、明るく粒立ちのよいサウンドなので、コーティング弦であることを気にせず使えます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Martin(マーチン)『Clapton's Choice Light(MEC-12)』

出典:Amazon

素材
フォスファーブロンズ
ゲージ
ライト
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

エリック・クラプトンが選んだアコギ弦

あのエリック・クラプトンがチョイスし、自らもステージで使っているという、ファン垂涎(すいぜん)の弦です。音質もクラプトンの演奏で聞くことができるサウンドどおり、フォスファーブロンズらしく歯切れのよいきらびやかな響きです。マーチンギターとの相性も抜群で、マーチンギターでクラプトンの曲を弾くなら必須の弦といえそうです。ミディアムゲージもあります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ヤマハ『FS50BT』

出典:Amazon

素材
コーティング
ゲージ
ライト
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

自然な弾き心地のコーティング弦

長渕 剛さんも使っているという、ヤマハのコーティング弦です。3弦から6弦までの巻き弦に、薄いコーティングが施されています。さびにくいため、かなり長い間張りっぱなしにしておいても大丈夫です。音の粒立ちやトーンはコーティング弦であることがわからないほど自然なのが特徴で、弾き心地も自然なので、違和感なく弾くことができるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ERNIE BALL(アーニーボール)『Earthwood 80/20 Bronze Medium Light 2003』

出典:Amazon

素材
80/20ブロンズ
ゲージ
ミディアムライト
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

中音域が豊かに鳴る80/20ブロンズ弦

国内外のプロにも使用者が多いERNIE BALL(アーニーボール)の『Earthwood』シリーズの弦です。中音域が豊かに鳴る80/20ブロンズ弦ですが、高音域も明るく抜けがよく、全体のバランスのよさに定評があります。この『2003』は1弦が「.012」のミディアムライトで、一般的なライトゲージに比べてやや張りが強く、芯のしっかりした鳴りを楽しめます。

同シリーズには、エクストラライトやミディアムのほか、ロックやブルース向けの「.010」~.052という特殊なゲージの組み合わせもラインナップされています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

D'Addario(ダダリオ)『85/15アメリカンブロンズ Light(EZ910)』

出典:Amazon

素材
85/15ブロンズ
ゲージ
ライト
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

ブロンズなのにブライトな響き

通常の80/20ブロンズのスズの割合を少し減らし、銅とスズを85対15で配合したのが、D'Addario(ダダリオ)の『アメリカンブロンズ』シリーズです。サウンドは80/20ブロンズ弦にかなり近いですが、ブロンズの豊かな中音域はそのままで、やや高音域が明るく粒立ちがよくなっています。

フォスファーブロンズぼど華やかサウンドはいらないけれど、今のブロンズの音をもう少しだけ明るくしたい、という人にぴったりの弦です。

「アコースティックギター弦」のおすすめ商品の比較一覧表

画像

D'Addario(ダダリオ)『Phosphor Bronze Wound Light(EJ16)』
Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』
Martin(マーチン)『Clapton's Choice Light(MEC-12)』
ヤマハ『FS50BT』
ERNIE BALL(アーニーボール)『Earthwood 80/20 Bronze Medium Light 2003』
D'Addario(ダダリオ)『85/15アメリカンブロンズ Light(EZ910)』

商品

D'Addario(ダダリオ)『Phosphor Bronze Wound Light(EJ16)』 Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』 Martin(マーチン)『Clapton's Choice Light(MEC-12)』 ヤマハ『FS50BT』 ERNIE BALL(アーニーボール)『Earthwood 80/20 Bronze Medium Light 2003』 D'Addario(ダダリオ)『85/15アメリカンブロンズ Light(EZ910)』

特徴

プロの使用者も多いアコギ弦の大定番 耐久性の高いコーティング弦 エリック・クラプトンが選んだアコギ弦 自然な弾き心地のコーティング弦 中音域が豊かに鳴る80/20ブロンズ弦 ブロンズなのにブライトな響き

価格

Amazon : ¥ 2,420
楽天市場 : ¥ 920
Yahoo!ショッピング : ¥ 920
※各社通販サイトの 2019年10月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,680
楽天市場 : ¥ 1,986
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,813
※各社通販サイトの 2019年10月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 2,310
楽天市場 : ¥ 1,078
Yahoo!ショッピング : ¥ 896
※各社通販サイトの 2019年10月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 2,052
楽天市場 : ¥ 1,540
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,540
※各社通販サイトの 2019年10月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,080
楽天市場 : ¥ 660
Yahoo!ショッピング : ¥ 737
※各社通販サイトの 2019年10月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 654
楽天市場 : ¥ 638
Yahoo!ショッピング : ¥ 733
※各社通販サイトの 2019年10月8日時点 での税込価格

素材

フォスファーブロンズ コーティング(フォスファーブロンズ) フォスファーブロンズ コーティング 80/20ブロンズ 85/15ブロンズ

ゲージ

ライト ライト ライト ライト ミディアムライト ライト

商品情報

通販サイトのアコースティックギター弦ランキングを参考にする

Amazon、楽天市場でのアコースティックギター弦の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ギター弦ランキング
楽天市場:アコースティックギター弦ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

弦はこまめに交換しましょう|音楽ライターからのアドバイス

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

ギターの弦の寿命は意外と短いものです。弾いていなくても湿気などで劣化し、張りがなく伸びない音になってしまいます。コーティング弦は比較的長寿命ですが、それでも時間がたてば確実に劣化します。弦は消耗品であると割り切って、こまめに新しいものに替えるようにしましょう。

また、弦を交換する際、毎回違ったタイプの弦を使ってみるのもよいでしょう。とくにはじめのうちは、ひとつのタイプにこだわらず、いろいろな弦を使って、自分にぴったりの弦を探してみることをおすすめします。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


初心者も安心、おすすめのベース弦10選|楽器選びのプロと編集部で厳選!

初心者も安心、おすすめのベース弦10選|楽器選びのプロと編集部で厳選!

元プロミュージシャンで楽器選びのプロ・田澤仁さんへの取材をもとに、失敗しないベース弦の選び方とおすすめ10選をご紹介します。ベース弦には、材質や形状、太さなどの要素がありますが、張り替えの際などに、どれを選んでよいか迷ってしまうこともあるでしょう。こちらの記事を参考にし、シーンや演奏スタイルにぴったりの弦を選んでください。


フェンダーのベースおすすめ5選! 音楽ライターが選ぶ|タイプやシリーズに注目

フェンダーのベースおすすめ5選! 音楽ライターが選ぶ|タイプやシリーズに注目

音楽ライターの田澤 仁さんに聞いた、フェンダーのベースおすすめ商品5選掲載。エレキベースの大定番といえばフェンダー。ベース選びに迷ったら、フェンダーのベースを買っておけばまず間違いはありません。とはいえ、フェンダーのベースにもさまざまな種類があります。ジャズ・ベースやプレシジョン・ベースなどタイプにもいろいろあり、プレイヤー、アメリカンパフォーマーなどのシリーズごとにそれぞれ少しずつ違いもあります。本記事では、音楽ライターの田澤さんに、フェンダーのベース選びのポイントも伺いましたので、ぜひ参考にしてくださいね。フェンダーのベースには高価なモデルも数多くありますが、ここでは比較的低価格で入手できるモデルを中心にご紹介します。


ストラトキャスターおすすめ6選! 音楽ライターが選ぶ|ピックアップ構成やアームの種類をチェック

ストラトキャスターおすすめ6選! 音楽ライターが選ぶ|ピックアップ構成やアームの種類をチェック

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ストラトキャスター(およびストラトタイプのギター)の選び方と、おすすめの6製品を掲載。ストラトキャスターは、エレキギターを代表する機種のひとつ。もともとはフェンダーが開発・販売してきたギターですが、現在では「ストラトタイプ」としてさまざまなメーカーからこのタイプのギターが出ています。ストラトといってもその内容はバラティに富んでいて、ピックアップの構成やトレモロアームの種類など、多彩な仕様のギターがあります。なおストラトタイプのギターはとても数が多く、ビンテージなど高価な製品もたくさんありますが、本記事では比較的手の届きやすい価格帯の製品を中心にご紹介します。


【音楽ライターがおすすめする譜面台7選】高さや機能で選ぼう!

【音楽ライターがおすすめする譜面台7選】高さや機能で選ぼう!

楽器の演奏中に、見やすい位置に譜面を置くことができる譜面台。オーケストラや吹奏楽の奏者には必須ですが、それ以外の人にとっても便利なもの。ほとんど譜面を使わないというバンド系のプレイヤーでも、コード表や歌詞カードなど、演奏しながら見たいものは意外に多いものです。また、譜面台はどれも同じように見えますが、調整できる高さや、調整の方法など、少しずつ違いがあり、使い方に合わせて選ぶ必要があります。そこでこの記事では、音楽ライターの田澤 仁さんに取材し、譜面台の選び方とおすすめの譜面台を教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてくださいね。


カラオケマイクおすすめ5選【音楽ライター厳選】アプリ利用ができるものも!

カラオケマイクおすすめ5選【音楽ライター厳選】アプリ利用ができるものも!

この記事では音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、カラオケマイクの選び方と、おすすめ商品をご紹介します。カラオケ店に行かなくても、ひとつ持っていれば家庭でカラオケを楽しめるのがカラオケマイク。マイク内蔵のカラオケ楽曲を再生して歌えるのはもちろん、エコーなどのエフェクトをかけたり、ライトが点滅したり、歌声を録音できたりといった機能を持つものもあるし、スマホやPCに接続して使えるタイプも続々登場していますよ。


関連するタグ


音楽用品 楽器

新着記事


メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別トースターの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。朝はトーストにコーヒーという人も多いと思います。トーストを焼くにはトースターが必要ですが、メーカー別にどのような違いがあるのでしょうか? この記事ではフードコーディネーターの國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーの中から、バルミューダ、デロンギ、アラジンを厳選。焼き加減にこだわっていたり、おしゃれなデザインだったりと、それぞれ特徴がみえてくると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。


ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別ホットプレートの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。家族や友人を呼んでわいわい焼き肉やお好み焼き、たこ焼きパーティーなど、ホットプレートは欠かせませんよね。最近では、料理に合わせてプレートを変えられたりと各メーカーで独自の進化を続けています。この記事では國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーから象印、パナソニック、YAMAZEN、アイリスオーヤマ、ブルーノを厳選。それぞれのメーカーごとの特徴やおすすめの商品を紹介しています。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

料理研究家の上田のりこさんへの取材のもと、手軽にパン作りを楽しめるホームベーカリーを、メーカー別にご紹介します。パンを本格的に作るとなると生地をこねるところから始まり、焼きあがるまでにさまざまな工程を経て、早くても3時間ほどかかります。パンの種類や大きさによっては、さらに時間がかかることも。ところがホームベーカリーがあれば、家庭で手軽にパンを作れるうえ、焼き立てを毎日でも楽しむことができます。この記事では数あるホームベーカリーの中から、厳選したシロカ、ツインバード、タイガー、象印、パナソニックをご紹介します。はじめて購入しようとしている方も、買い替えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。


【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

モバイル情報ブロガーが選ぶゲーミングスマホおすすめ商品5選をご紹介します。ゲームのなかには、高スペックゲーミングPCのようなゲーム向けパソコンを推奨するゲームがあります。同じくスマホゲームにおいても、高いスペックのスマートフォンが必要なゲームがあります。そこで、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんにお話をうかがい、ゲーミングスマホの選び方とおすすめ機種について教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

フードコーディネーターの倉田沙也加さんに、ハンドミキサーの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。ケーキの生地をまぜたり、クリームを泡立てたりするのに使うハンドミキサー。最近ではアタッチメントを付け替えて1台で複数の調理に活用できるもの、ハイパワーで時短調理できるもの、安全性や取り扱いに工夫があるものなど、各メーカーからさまざまなハンドミキサーが発売されています。この記事では、ブラウン、クイジナート、テスコム、タイガー、貝印を厳選。それぞれの特徴とおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る