アコースティックギターの弦おすすめ7選|種類や素材で音色を徹底解説

アコースティックギターの弦おすすめ7選|種類や素材で音色を徹底解説
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター
田澤 仁

90年代にプロドラマーとして活動、その後、音楽ライターとして書籍、雑誌などの執筆を行なっている。 DTM、PCオーディオ関連の著書、DTMソフト、シンセサイザーの日本語マニュアル制作など多数。 Webでは2007年~2009年までサイトAll Aboutで「ロック」のガイドを務めたほか、音楽情報サイトBARKSでは国内外の数多くの有名アーティストのインタビュー、ライブ取材などを行なっている。 得意分野はAOR、ハードロック、フュージョン、80年代。

アコースティックギターの音色を大きく左右する「弦」。マーチンやダダリオ、エリクサーなど種類は豊富です。そのため素材や値段など、どれを選んでいいか迷ってしまうこともあるでしょう。音楽DTMライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、アコースティックギターの弦の選び方と、おすすめの弦を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


アコースティックギターの弦の選び方 張り替えるなら素材や種類に注目!

音楽ライターの田澤 仁さんに、アコースティックギター弦を選ぶときのポイントを教えてもらいました。

アコースティックギター

Photo by Kelly Sikkema on Unsplash

さまざまなタイプのアコースティックギター弦のなかから選ぶ前に、専門家の選び方を読んで参考にしましょう。

弦の太さで選ぶ

アコースティックギターの弦は、ゲージ、つまり弦の太さによって、出せる音色や演奏のしやすさが違ってきます。

Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

エクストラライトゲージ:繊細な音色とやわらかさが魅力

「エクストラライトゲージ」は、カスタムライトやスーパーライトとも呼ばれる細い弦です。張りが弱いのであまり力を入れずに押さえられますが、音量はあまり出せず、繊細なプレイ向きといえるでしょう。指の力に自信がない方はこちらがおすすめです。

ライトゲージ:バランスのよさが魅力で初心者におすすめ

アコースティックギターの弦選び
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

市販のギターにも標準装備されている太さの弦が「ライトゲージ」です。ジャンルやギターのタイプを問わず使えます。ギターにはったときのテンション具合と、音色のバランスがちょうどよいのが特徴。初心者やこれからはじようと思っている方が、弦選びに迷ったらまずライトゲージを選んでおけば間違いないでしょう。

ミディアムゲージ:低音の力強い音色が魅力

現在よく使われている弦の中でもっとも太いのが「ミディアムゲージ」です。張りは強くなりますが、とくに低音の音量が出るので、ロックバンドで使う場合や、コードストローク中心の人に向いています。

非常に薄いコーティングを施しているため、自然な弾き心地を楽しめるのが特長。さびも防いでくれます。

弦の素材で選ぶ

1974年から生産がはじまったフォスファーブロンズ弦で、今なおプロやアマチュアを問わず愛用されています。豊富なラインナップが用意されているのも、長らく愛されている理由のひとつです。

弦の素材は、おおまかに分けて2種類あるのですが、ほかにもコーディング加工されているものなどもあり、それぞれ特徴が異なるので紹介します。

80/20ブロンズ弦:中低音がよくコードストロークにおすすめ

アコースティックギターの弦選び
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

「80/20ブロンズ弦」は、単に「ブロンズ」と呼ばれることもあるのが80/20ブロンズで、銅とスズを80対20で混ぜたものです。中低音がよく出るやわらかいサウンドが特徴です。強いていうなら80/20ブロンズはコードストロークに向いているといえるでしょう。

フォスファーブロンズ弦:高音が特徴でアルペジオにおすすめ

アコースティックギターの弦選び
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

「フォスファーブロンズ」は、銅にリンを少し混ぜたもので、耐久性が若干高められています。ブロンズ弦に比べて高音が出るため明るい音色で、アタックが明瞭になります。フォスファーブロンズはアルペジオに向いているといえますが、ブロンズと音の違いはそれほど大きくないので、両方を試してみて好みのものを選ぶとよいでしょう。

コーティング弦:耐久性にすぐれ張り替え頻度を減らしたい人におすすめ

アコースティックギターの弦選び
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

アコースティックギターの弦は、湿気や汗でさびやすいものですが、特殊なコーティングをすることでさびにくくした「コーティング弦」と呼ばれるものもあります。以前のコーティング弦は、音の輪郭が不明瞭になるものもありましたが、最近はほとんど気にならないレベルになっているので、弦の耐久性が気になる人は使ってみるとよいでしょう。

なお、80/20ブロンズ弦、フォスファーブロンズ弦どちらも対応しています。

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

コンパウンド弦:指が痛くなってしまったら

ほかにも、巻き弦の芯にシルクを使ったコンパウンド弦というのもあります。やわらかいので押さえる力があまり必要ないのですが、音の伸びはあまりなく、控えめな音色になるので、通常の演奏にはあまり向いていません。でも普通の弦ではどうしても指が痛くて押さえられないという人は、試してみてもよいかもしれません。

アコースティックギターの弦おすすめ7選 人気のダダリオやマーチン、エリクサーなど!

ここまでに紹介したアコースティックギター弦の選び方のポイントをふまえて、音楽ライターの田澤 仁さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

D'Addario(ダダリオ)『Phosphor Bronze Wound Light(EJ16)』

D'Addario(ダダリオ)『PhosphorBronzeWoundLight(EJ16)』 D'Addario(ダダリオ)『PhosphorBronzeWoundLight(EJ16)』 D'Addario(ダダリオ)『PhosphorBronzeWoundLight(EJ16)』 D'Addario(ダダリオ)『PhosphorBronzeWoundLight(EJ16)』 D'Addario(ダダリオ)『PhosphorBronzeWoundLight(EJ16)』

出典:Amazon

素材 フォスファーブロンズ
ゲージ ライト

Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

プロの使用者も多いアコギ弦の大定番

プロもよく使っている弦で、迷ったらこれを買っておいてまず間違いはないという、アコギ弦の大定番です。フォスファーブロンズなので抜けがよく明るく、輪郭がはっきりしていて音の伸びもよいので、ジャンルや奏法を問わず使えます。同じシリーズの型番違いで、エクストラライトやミディアムなど幅広いラインナップがあるので、まずはこの『EJ16』からはじめて、少しずつ太さを変えて試してみるのもよいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』

Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』 Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』 Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』 Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』 Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』 Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』 Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』

出典:Amazon

素材 コーティング(フォスファーブロンズ)
ゲージ ライト

Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

耐久性の高いコーティング弦

コーティング処理を施した、耐久性の高いフォスファーブロンズ弦です。巻き弦を丸ごと覆(おお)う独自のコーティングにより、巻き弦の隙間に汚れがつきにくいのが特徴で、通常の弦に比べてかなり長寿命です。フィンガーノイズは抑えられますが、音があまり控えめにならず、明るく粒立ちのよいサウンドなので、コーティング弦であることを気にせず使えます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Martin(マーチン)『Clapton's Choice Light(MEC-12)』

Martin(マーチン)『Clapton'sChoiceLight(MEC-12)』 Martin(マーチン)『Clapton'sChoiceLight(MEC-12)』 Martin(マーチン)『Clapton'sChoiceLight(MEC-12)』 Martin(マーチン)『Clapton'sChoiceLight(MEC-12)』

出典:Amazon

素材 フォスファーブロンズ
ゲージ ライト

Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

エリック・クラプトンが選んだアコギ弦

あのエリック・クラプトンがチョイスし、自らもステージで使っているという、ファン垂涎(すいぜん)の弦です。音質もクラプトンの演奏で聞くことができるサウンドどおり、フォスファーブロンズらしく歯切れのよいきらびやかな響きです。マーチンギターとの相性も抜群で、マーチンギターでクラプトンの曲を弾くなら必須の弦といえそうです。ミディアムゲージもあります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ヤマハ『FS50BT』

ヤマハ『FS50BT』 ヤマハ『FS50BT』 ヤマハ『FS50BT』 ヤマハ『FS50BT』

出典:Amazon

素材 コーティング
ゲージ ライト

Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

自然な弾き心地のコーティング弦

長渕 剛さんも使っているという、ヤマハのコーティング弦です。3弦から6弦までの巻き弦に、薄いコーティングが施されています。さびにくいため、かなり長い間張りっぱなしにしておいても大丈夫です。音の粒立ちやトーンはコーティング弦であることがわからないほど自然なのが特徴で、弾き心地も自然なので、違和感なく弾くことができるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ERNIE BALL(アーニーボール)『Earthwood 80/20 Bronze Medium Light 2003』

ERNIEBALL(アーニーボール)『Earthwood80/20BronzeMediumLight2003』 ERNIEBALL(アーニーボール)『Earthwood80/20BronzeMediumLight2003』

出典:Amazon

素材 80/20ブロンズ
ゲージ ミディアムライト

Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

中音域が豊かに鳴る80/20ブロンズ弦

国内外のプロにも使用者が多いERNIE BALL(アーニーボール)の『Earthwood』シリーズの弦です。中音域が豊かに鳴る80/20ブロンズ弦ですが、高音域も明るく抜けがよく、全体のバランスのよさに定評があります。この『2003』は1弦が「.012」のミディアムライトで、一般的なライトゲージに比べてやや張りが強く、芯のしっかりした鳴りを楽しめます。

同シリーズには、エクストラライトやミディアムのほか、ロックやブルース向けの「.010」~.052という特殊なゲージの組み合わせもラインナップされています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

D'Addario(ダダリオ)『85/15アメリカンブロンズ Light(EZ910)』

D'Addario(ダダリオ)『85/15アメリカンブロンズLight(EZ910)』 D'Addario(ダダリオ)『85/15アメリカンブロンズLight(EZ910)』 D'Addario(ダダリオ)『85/15アメリカンブロンズLight(EZ910)』 D'Addario(ダダリオ)『85/15アメリカンブロンズLight(EZ910)』 D'Addario(ダダリオ)『85/15アメリカンブロンズLight(EZ910)』

出典:Amazon

素材 85/15ブロンズ
ゲージ ライト

Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

ブロンズなのにブライトな響き

通常の80/20ブロンズのスズの割合を少し減らし、銅とスズを85対15で配合したのが、D'Addario(ダダリオ)の『アメリカンブロンズ』シリーズです。サウンドは80/20ブロンズ弦にかなり近いですが、ブロンズの豊かな中音域はそのままで、やや高音域が明るく粒立ちがよくなっています。

フォスファーブロンズぼど華やかサウンドはいらないけれど、今のブロンズの音をもう少しだけ明るくしたい、という人にぴったりの弦です。

YAMAHA(ヤマハ)『ライトゲージ フォークギター用セット弦』

ヤマハYAMAHAライトゲージフォークギター用セット弦FS520012~053インチ ヤマハYAMAHAライトゲージフォークギター用セット弦FS520012~053インチ ヤマハYAMAHAライトゲージフォークギター用セット弦FS520012~053インチ

出典:Amazon

素材 -
ゲージ ライト

初心者向けエントリーモデルの定番

ヤマハから販売されている初心者向けエントリーモデルの定番で長年愛されています。ライトゲージのほかに、スーパーライトゲージとコンパウンドゲージも用意されており、コスパ重視で弦選びに迷ったら、この商品がおすすめです。

「アコースティックギター弦」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
D'Addario(ダダリオ)『Phosphor Bronze Wound Light(EJ16)』
Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』
Martin(マーチン)『Clapton's Choice Light(MEC-12)』
ヤマハ『FS50BT』
ERNIE BALL(アーニーボール)『Earthwood 80/20 Bronze Medium Light 2003』
D'Addario(ダダリオ)『85/15アメリカンブロンズ Light(EZ910)』
YAMAHA(ヤマハ)『ライトゲージ フォークギター用セット弦』
商品名 D'Addario(ダダリオ)『Phosphor Bronze Wound Light(EJ16)』 Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』 Martin(マーチン)『Clapton's Choice Light(MEC-12)』 ヤマハ『FS50BT』 ERNIE BALL(アーニーボール)『Earthwood 80/20 Bronze Medium Light 2003』 D'Addario(ダダリオ)『85/15アメリカンブロンズ Light(EZ910)』 YAMAHA(ヤマハ)『ライトゲージ フォークギター用セット弦』
商品情報
特徴 プロの使用者も多いアコギ弦の大定番 耐久性の高いコーティング弦 エリック・クラプトンが選んだアコギ弦 自然な弾き心地のコーティング弦 中音域が豊かに鳴る80/20ブロンズ弦 ブロンズなのにブライトな響き 初心者向けエントリーモデルの定番
素材 フォスファーブロンズ コーティング(フォスファーブロンズ) フォスファーブロンズ コーティング 80/20ブロンズ 85/15ブロンズ -
ゲージ ライト ライト ライト ライト ミディアムライト ライト ライト
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年10月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月30日時点 での税込価格

アコースティックギターの通販サイト弦ランキング

Amazon、楽天市場でのアコースティックギター弦の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ギター弦ランキング
楽天市場:アコースティックギター弦ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

アコースティックギターの弦は値段も考慮して 初心者はとくに意識してほしい!

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

弦はこまめに交換しましょう

ギターの弦の寿命は意外と短いものです。弾いていなくても湿気などで劣化し、張りがなく伸びない音になってしまいます。コーティング弦は比較的長寿命ですが、それでも時間がたてば確実に劣化します。弦は消耗品であると割り切って、こまめに新しいものに替えるようにしましょう。

また、弦を交換する際、毎回違ったタイプの弦を使ってみるのもよいでしょう。とくにはじめのうちは、ひとつのタイプにこだわらず、いろいろな弦を使って、自分にぴったりの弦を探してみることをおすすめします。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/12/03 コンテンツ修正のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 大熊武士)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【音楽ライターに聞いた】ピックホルダーおすすめ9選|マイクスタンドからボディ・ヘッド用まで

【音楽ライターに聞いた】ピックホルダーおすすめ9選|マイクスタンドからボディ・ヘッド用まで

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ピックホルダーの選び方や、おすすめのピックホルダー9選を紹介します。マイクスタンド用、ボディ用、ヘッド用から厳選。ギタリストの演奏スタイルに合わせて、どう選んだらよいかポイントをお聞きしました。ショッピングサイトの人気ランキングも参考にしてください。ピックホルダーがあれば、演奏中にピックを落としたときでも予備のピックをすばやく取り出せますし、ピックの保管場所として使うことも可能です。自分のスタイルに合ったピックホルダーを見つけてください。


アコギ用エフェクターおすすめ8選!音楽ライターが選び方を解説

アコギ用エフェクターおすすめ8選!音楽ライターが選び方を解説

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、アコースティックギター(アコギ)で使えるエフェクターの選び方と、おすすめのエフェクターを紹介します。アコギでエフェクターを使う場合は、エレキギターのように音を積極的に変化させるのではなく、生楽器ならではの響きを補足するなど、よりアコギらしいサウンドを作るのがおもな使い方です。ではどんなエフェクターがアコギに適しているのでしょうか。人気のZOOMやBOSS、FISHMANなど、プリアンプからコンプレッサーまで、さまざまな機材を紹介していますので、納得の商品選びに役立ててください。


アコギ用ピックアップのおすすめ13選! プロ愛用や取り付け重視など徹底解説

アコギ用ピックアップのおすすめ13選! プロ愛用や取り付け重視など徹底解説

ライブやレコーディングの際、アコースティックギター(アコギ)には音を拾う「ピックアップ」が必要になります。FISHMANやL.R.Baggsなどのメーカーをはじめ、ピエゾ・マグネット・コンタクト・コンデンサーマイク・デュアルなど種類(タイプ)もさまざまです。アコギ本体の加工有無や取り付け方、音質も違うため、初心者の方は迷ってしまいますよね。そこで、音楽ライターの田澤 仁さんに聞いた、アコギ用ピックアップの種類や選び方のポイント、おすすめの商品をタイプ別に紹介します。ぜひ参考にしてみてください。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


カポタストおすすめ20選&プロ厳選ランキング|アコギ・エレキ兼用も!

カポタストおすすめ20選&プロ厳選ランキング|アコギ・エレキ兼用も!

元プロミュージシャンで音楽機材のプロ、田澤 仁さんに聞いたカポタスト選びのポイントと、おすすめのカポタストランキングを発表! 初心者でも使いやすいものや、アコギ・エレキ兼用、かわいいものやおしゃれなものなどを幅広く紹介します。記事の後半には、Amazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングや、ウクレレ用のカポもあります。ぜひ最後までチェックして、自分の演奏スタイル、楽器に合うカポタストをさがしてみてくださいね。


アコギ初心者におすすめの17選【女性にも】プロが選ぶタイプ別人気ランキング

アコギ初心者におすすめの17選【女性にも】プロが選ぶタイプ別人気ランキング

きれいな音色でバラードや弾き語りに最適な「アコースティックギター」。エレキとは違った魅力です。通称アコギと呼ばれ、ヤマハ(YAMAHA)、モーリス(Morris)をはじめとした国内メーカーや、マーチン(Martin)などの海外メーカーからさまざまなタイプが発売されています。値段も安いものから高いものまで、初心者の方は何を選べいいか迷ってしまいますよね。そこで、音楽機材選びのプロ田澤 仁さんに、メーカーの特徴や選び方、おすすめのモデルを伺いました。人気や定番など、ランキング形式で紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


新着記事


発色がよくてイラストにも向いている? アルコールマーカー『コピック』の画材の特徴や魅力を検証レビュー

発色がよくてイラストにも向いている? アルコールマーカー『コピック』の画材の特徴や魅力を検証レビュー

アナログでイラストを描くとき、画材としても活躍するカラーマーカー。そのなかでも『コピック』は、幅広い分野で多くのプロや漫画家に愛用されているアルコールマーカーです。自分も使ってみたい! という方や、具体的にどういうマーカーなのか気になっている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は『コピック』について、実際に使い方や書き味をチェックしてみました! 気になる方はぜひ参考にしてみてください。


がんこな尿石落としに!『サンポール』の洗浄力を検証レビュー

がんこな尿石落としに!『サンポール』の洗浄力を検証レビュー

毎日使うトイレは、きれいにしておきたいもの。来客など家族以外の方も使うことがありますので、見た目や匂いなど気になるものです。「サンポール」という商品名は、ご存知の方も多いのではないかと思います。この「サンポール」の洗浄力を検証するため、実際に使用してみました。トイレ洗浄剤の商品選びに迷っている方、『サンポール』の購入を検討されている方、この記事をトイレ洗浄剤選びの参考にしてみてください。


アテニアのトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

アテニアのトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

年齢とともにお肌の悩みが増えていき、鏡を見るのがちょっと憂うつになることはありませんか? そんなお肌の悩みには、年齢に応じたケアができる化粧品がおすすめです。美容成分を使うだけでなく、余計な添加物を使わないスキンケアでやさしくお肌を整えられたらいいですよね。今回は、肌の元気のなさが気になっていた筆者が『アテニア ドレスリフト』のトライアルセットを使用してみました。さまざまな独自原料や独自成分を使用し、添加物もできるだけ省いている『アテニア ドレスリフト』の使い心地をお伝えします。


化粧くずれしにくい! 『プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地』のキープ力を検証レビュー

化粧くずれしにくい! 『プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地』のキープ力を検証レビュー

『プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地』は、メイクを長時間キープしたい方にぴったりの化粧下地。皮脂によるテカリ・くずれが気になりにくく、ファンデーションも取れにくいのが特徴です。この記事では、『プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地』を実際に試して、使用感をたっぷりレビューしていきます。ぜひ記事を読んで、あなたのお悩み軽減に役立つ化粧下地かどうかチェックしてみてくださいね!


アクアレーベルのトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

アクアレーベルのトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

大人ニキビや毛穴の目立ち、インナードライが気になり出したら、お肌にたっぷりうるおいを与えるスキンケアをしたくなります。季節に関係なく、肌あれしやすくなった大人の女性にピッタリのスキンケアアイテムはないのでしょうか? そんな肌をうるおいで満たし、大人の悩みに寄り添ってくれるのは、『アクアレーベル』。忙しい日々でも自分らしくきれいになりたい人のスキンケアです。有名ブランドの定番商品なので、口コミも多いようですが、実際使い心地やコスパはどうなのでしょうか? 今回は、毛穴開きが気になる筆者が、赤いスキンケアシリーズのトライアルセット『バランスアップセット』を使用してみました。


ホビーの人気記事


>>もっと見る