アコースティックギターの弦おすすめ10選|ゲージ・素材の音色を徹底解説

アコースティックギターの弦おすすめ10選|ゲージ・素材の音色を徹底解説

アコースティックギターの音色を大きく左右する「弦」。マーチンやダダリオ、エリクサーなど種類は豊富です。そのため素材や値段など、どれを選んでいいか迷ってしまうこともあるでしょう。

音楽DTMライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、アコースティックギターの弦の選び方と、おすすめの弦を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター
田澤 仁

90年代にプロドラマーとして活動、その後、音楽ライターとして書籍、雑誌などの執筆を行なっている。 DTM、PCオーディオ関連の著書、DTMソフト、シンセサイザーの日本語マニュアル制作など多数。 Webでは2007年~2009年までサイトAll Aboutで「ロック」のガイドを務めたほか、音楽情報サイトBARKSでは国内外の数多くの有名アーティストのインタビュー、ライブ取材などを行なっている。 得意分野はAOR、ハードロック、フュージョン、80年代。

マイナビおすすめナビ編集部

2歳の子供のイヤイヤ期に奮闘中の新米ママ。仕事と育児の合間にSNSでメイク動画や美容アカウントをチェックするのが趣味。新作コスメカレンダーが頭に入っているほどのコスメ好き。担当カテゴリは、『ベビー・キッズ』と『美容・健康』。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

アコースティックギターの弦の選び方 張り替えるなら素材や種類に注目!

アコースティックギター

Photo by Kelly Sikkema on Unsplash

さまざまなタイプのアコースティックギター弦のなかから選ぶ前に、専門家の選び方を読んで参考にしましょう。

音楽ライターの田澤 仁さんに、アコースティックギター弦を選ぶときのポイントを教えてもらいました。

弦の太さ(ゲージ)で選ぶ

アコギの画像
Pixabayのロゴ

アコースティックギターの弦は、ゲージ、つまり弦の太さによって、出せる音色や演奏のしやすさが違ってきます。

エクストラライトゲージ:繊細な音色とやわらかさが魅力

 

「エクストラライトゲージ」は、カスタムライトやスーパーライトとも呼ばれる細い弦です。張りが弱いのであまり力を入れずに押さえられますが、音量はあまり出せず、繊細なプレイ向きといえるでしょう。指の力に自信がない方はこちらがおすすめです。

ライトゲージ:バランスのよさが魅力で初心者におすすめ

アコースティックギターの弦選び
Pixabayのロゴ

市販のギターにも標準装備されている太さの弦が「ライトゲージ」です。ジャンルやギターのタイプを問わず使えます。ギターにはったときのテンション具合と、音色のバランスがちょうどよいのが特徴。初心者やこれからはじようと思っている方が、弦選びに迷ったらまずライトゲージを選んでおけば間違いないでしょう。

ミディアムゲージ:低音の力強い音色が魅力

 

非常に薄いコーティングを施しているため、自然な弾き心地を楽しめるのが特長。さびも防いでくれます。

現在よく使われている弦の中でもっとも太いのが「ミディアムゲージ」です。張りは強くなりますが、とくに低音の音量が出るので、ロックバンドで使う場合や、コードストローク中心の人に向いています。

弦の素材で選ぶ

 

1974年から生産がはじまったフォスファーブロンズ弦で、今なおプロやアマチュアを問わず愛用されています。豊富なラインナップが用意されているのも、長らく愛されている理由のひとつです。

弦の素材は、おおまかに分けて2種類あるのですが、ほかにもコーディング加工されているものなどもあり、それぞれ特徴が異なるので紹介します。

80/20ブロンズ弦:中低音がよくコードストロークにおすすめ

アコースティックギターの弦選び
Pixabayのロゴ

「80/20ブロンズ弦」は、単に「ブロンズ」と呼ばれることもあるのが80/20ブロンズで、銅とスズを80対20で混ぜたものです。中低音がよく出るやわらかいサウンドが特徴です。強いていうなら80/20ブロンズはコードストロークに向いているといえるでしょう。

フォスファーブロンズ弦:高音が特徴でアルペジオにおすすめ

アコースティックギターの弦選び
Pixabayのロゴ

「フォスファーブロンズ」は、銅にリンを少し混ぜたもので、耐久性が若干高められています。ブロンズ弦に比べて高音が出るため明るい音色で、アタックが明瞭になります。フォスファーブロンズはアルペジオに向いているといえますが、ブロンズと音の違いはそれほど大きくないので、両方を試してみて好みのものを選ぶとよいでしょう。

コーティング弦:耐久性にすぐれ張り替え頻度を減らしたい人におすすめ

アコースティックギターの弦選び
Pixabayのロゴ

アコースティックギターの弦は、湿気や汗でさびやすいものですが、特殊なコーティングをすることでさびにくくした「コーティング弦」と呼ばれるものもあります。以前のコーティング弦は、音の輪郭が不明瞭になるものもありましたが、最近はほとんど気にならないレベルになっているので、弦の耐久性が気になる人は使ってみるとよいでしょう。

なお、80/20ブロンズ弦、フォスファーブロンズ弦どちらも対応しています。

コンパウンド弦:指が痛くなってしまったら

ほかにも、巻き弦の芯にシルクを使ったコンパウンド弦というのもあります。やわらかいので押さえる力があまり必要ないのですが、音の伸びはあまりなく、控えめな音色になるので、通常の演奏にはあまり向いていません。

普通の弦ではどうしても指が痛くて押さえられないという人は、試してみてもよいかもしれません。

アコースティックギターの弦はセットがおすすめ

 

アコースティックギターの弦は1本単位でばら売りしているものから、1~6弦までの6本セットになったもの、1つの弦が複数入っているセットものなどさまざまです。

はじめは6本セットになったものがぶなんでおすすめです。ただ、チューニング中やストローク中に切れやすいのは細い5弦や6弦です。そのためこのあたりが複数入っているものをストックしておくのもおすすめです。

アコースティックギターの弦おすすめ10選 人気のダダリオやマーチン、エリクサーなど!

ここまでに紹介したアコースティックギター弦の選び方のポイントをふまえて、音楽ライターの田澤 仁さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。

エキスパートのおすすめ

D'Addario(ダダリオ)『Phosphor Bronze Wound Light(EJ16)』

D'Addario(ダダリオ)『PhosphorBronzeWoundLight(EJ16)』 D'Addario(ダダリオ)『PhosphorBronzeWoundLight(EJ16)』 D'Addario(ダダリオ)『PhosphorBronzeWoundLight(EJ16)』 D'Addario(ダダリオ)『PhosphorBronzeWoundLight(EJ16)』 D'Addario(ダダリオ)『PhosphorBronzeWoundLight(EJ16)』

出典:Amazon

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

プロの使用者も多いアコギ弦の大定番

プロもよく使っている弦で、迷ったらこれを買っておいてまず間違いはないという、アコギ弦の大定番です。フォスファーブロンズなので抜けがよく明るく、輪郭がはっきりしていて音の伸びもよいので、ジャンルや奏法を問わず使えます。同じシリーズの型番違いで、エクストラライトやミディアムなど幅広いラインナップがあるので、まずはこの『EJ16』からはじめて、少しずつ太さを変えて試してみるのもよいでしょう。

エキスパートのおすすめ

Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』

Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』 Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』 Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』 Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』 Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』 Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』 Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』

出典:Amazon

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

耐久性の高いコーティング弦

コーティング処理を施した、耐久性の高いフォスファーブロンズ弦です。巻き弦を丸ごと覆(おお)う独自のコーティングにより、巻き弦の隙間に汚れがつきにくいのが特徴で、通常の弦に比べてかなり長寿命です。フィンガーノイズは抑えられますが、音があまり控えめにならず、明るく粒立ちのよいサウンドなので、コーティング弦であることを気にせず使えます。

エキスパートのおすすめ

Martin(マーチン)『Clapton's Choice Light(MEC-12)』

Martin(マーチン)『Clapton'sChoiceLight(MEC-12)』 Martin(マーチン)『Clapton'sChoiceLight(MEC-12)』 Martin(マーチン)『Clapton'sChoiceLight(MEC-12)』 Martin(マーチン)『Clapton'sChoiceLight(MEC-12)』

出典:Amazon

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

エリック・クラプトンが選んだアコギ弦

あのエリック・クラプトンがチョイスし、自らもステージで使っているという、ファン垂涎(すいぜん)の弦です。音質もクラプトンの演奏で聞くことができるサウンドどおり、フォスファーブロンズらしく歯切れのよいきらびやかな響きです。マーチンギターとの相性も抜群で、マーチンギターでクラプトンの曲を弾くなら必須の弦といえそうです。ミディアムゲージもあります。

エキスパートのおすすめ

YAMAHA(ヤマハ)『FS50BT』

ヤマハ『FS50BT』 ヤマハ『FS50BT』 ヤマハ『FS50BT』 ヤマハ『FS50BT』

出典:Amazon

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

自然な弾き心地のコーティング弦

長渕 剛さんも使っているという、ヤマハのコーティング弦です。3弦から6弦までの巻き弦に、薄いコーティングが施されています。さびにくいため、かなり長い間張りっぱなしにしておいても大丈夫です。音の粒立ちやトーンはコーティング弦であることがわからないほど自然なのが特徴で、弾き心地も自然なので、違和感なく弾くことができるでしょう。

エキスパートのおすすめ

ERNIE BALL(アーニーボール)『Earthwood 80/20 Bronze Medium Light 2003』

ERNIEBALL(アーニーボール)『Earthwood80/20BronzeMediumLight2003』 ERNIEBALL(アーニーボール)『Earthwood80/20BronzeMediumLight2003』

出典:Amazon

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

中音域が豊かに鳴る80/20ブロンズ弦

国内外のプロにも使用者が多いERNIE BALL(アーニーボール)の『Earthwood』シリーズの弦です。中音域が豊かに鳴る80/20ブロンズ弦ですが、高音域も明るく抜けがよく、全体のバランスのよさに定評があります。この『2003』は1弦が「.012」のミディアムライトで、一般的なライトゲージに比べてやや張りが強く、芯のしっかりした鳴りを楽しめます。

同シリーズには、エクストラライトやミディアムのほか、ロックやブルース向けの「.010」~.052という特殊なゲージの組み合わせもラインナップされています。

エキスパートのおすすめ

D'Addario(ダダリオ)『85/15アメリカンブロンズ Light(EZ910)』

D'Addario(ダダリオ)『85/15アメリカンブロンズLight(EZ910)』 D'Addario(ダダリオ)『85/15アメリカンブロンズLight(EZ910)』 D'Addario(ダダリオ)『85/15アメリカンブロンズLight(EZ910)』 D'Addario(ダダリオ)『85/15アメリカンブロンズLight(EZ910)』 D'Addario(ダダリオ)『85/15アメリカンブロンズLight(EZ910)』

出典:Amazon

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

ブロンズなのにブライトな響き

通常の80/20ブロンズのスズの割合を少し減らし、銅とスズを85対15で配合したのが、D'Addario(ダダリオ)の『アメリカンブロンズ』シリーズです。サウンドは80/20ブロンズ弦にかなり近いですが、ブロンズの豊かな中音域はそのままで、やや高音域が明るく粒立ちがよくなっています。

フォスファーブロンズぼど華やかサウンドはいらないけれど、今のブロンズの音をもう少しだけ明るくしたい、という人にぴったりの弦です。

YAMAHA(ヤマハ)『ライトゲージ フォークギター用セット弦』

ヤマハYAMAHAライトゲージフォークギター用セット弦FS520012~053インチ ヤマハYAMAHAライトゲージフォークギター用セット弦FS520012~053インチ ヤマハYAMAHAライトゲージフォークギター用セット弦FS520012~053インチ

出典:Amazon

初心者向けエントリーモデルの定番

ヤマハから販売されている初心者向けエントリーモデルの定番で長年愛されています。ライトゲージのほかに、スーパーライトゲージとコンパウンドゲージも用意されており、コスパ重視で弦選びに迷ったら、この商品がおすすめです。

Aria(アリア)『フォークギター弦 3セットパック 11-50 Extra Light エクストラライト AGS-203XL』

Ariaアリアフォークギター弦3セットパック11-50ExtraLightエクストラライトAGS-203XL Ariaアリアフォークギター弦3セットパック11-50ExtraLightエクストラライトAGS-203XL

出典:Amazon

音色と低価格のバランスがとれた柔らかい弦

ハイクオリティな弦を低価格で提供するコスパ重視のエクストラライト弦です。6角芯を採用したアコースティックギター弦で、素材は高音が特徴のフォスファーブロンズ。弦じたいも柔らかいため、女性や初心者におすすめです。

S.Yairi(エスヤイリ)『アコースティックギター弦 SY-1000L-3 3セットパック ライト』

S.Yairiアコースティックギター弦SY-1000L-33セットパックライト(012-052)SY-1000L-3 S.Yairiアコースティックギター弦SY-1000L-33セットパックライト(012-052)SY-1000L-3

出典:Amazon

日本のギターブランドS.Yairiの弦

SY-1000シリーズはハイコストパフォーマンスなアコースティックギター弦です。値段が手ごろなのも魅力で、練習用や予備の弦としても重宝します。弦はすべて酸化防止の個包装タイプで、お得な3本ずつのセットもあります。

Martin(マーチン)『アコースティックギター弦 ACOUSTIC (80/20 Bronze) M-170 Extra Light』

Martinアコースティックギター弦ACOUSTIC (80/20Bronze)M-170ExtraLight.010-.047 Martinアコースティックギター弦ACOUSTIC (80/20Bronze)M-170ExtraLight.010-.047 Martinアコースティックギター弦ACOUSTIC (80/20Bronze)M-170ExtraLight.010-.047 Martinアコースティックギター弦ACOUSTIC (80/20Bronze)M-170ExtraLight.010-.047

出典:Amazon

初心者でも弾きやすいマーチンのアコギ弦

人気メーカーのマーチンが展開するスタンダードなエクストラライト弦です。扱いやすい80/20ブロンズの弦で弾きやすい弦を求めている初心者の方におすすめです。もちろん、エクストラライト以外のゲージもラインナップされているので、好みに応じて違いを楽しむのもおすすめです。

「アコースティックギター弦」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
D'Addario(ダダリオ)『Phosphor Bronze Wound Light(EJ16)』
Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』
Martin(マーチン)『Clapton's Choice Light(MEC-12)』
YAMAHA(ヤマハ)『FS50BT』
ERNIE BALL(アーニーボール)『Earthwood 80/20 Bronze Medium Light 2003』
D'Addario(ダダリオ)『85/15アメリカンブロンズ Light(EZ910)』
YAMAHA(ヤマハ)『ライトゲージ フォークギター用セット弦』
Aria(アリア)『フォークギター弦 3セットパック 11-50 Extra Light エクストラライト AGS-203XL』
S.Yairi(エスヤイリ)『アコースティックギター弦 SY-1000L-3 3セットパック ライト』
Martin(マーチン)『アコースティックギター弦 ACOUSTIC (80/20 Bronze) M-170 Extra Light』
商品名 D'Addario(ダダリオ)『Phosphor Bronze Wound Light(EJ16)』 Elixir(エリクサー)『フォスファーブロンズNANOWEBコーティング(16052)』 Martin(マーチン)『Clapton's Choice Light(MEC-12)』 YAMAHA(ヤマハ)『FS50BT』 ERNIE BALL(アーニーボール)『Earthwood 80/20 Bronze Medium Light 2003』 D'Addario(ダダリオ)『85/15アメリカンブロンズ Light(EZ910)』 YAMAHA(ヤマハ)『ライトゲージ フォークギター用セット弦』 Aria(アリア)『フォークギター弦 3セットパック 11-50 Extra Light エクストラライト AGS-203XL』 S.Yairi(エスヤイリ)『アコースティックギター弦 SY-1000L-3 3セットパック ライト』 Martin(マーチン)『アコースティックギター弦 ACOUSTIC (80/20 Bronze) M-170 Extra Light』
商品情報
特徴 プロの使用者も多いアコギ弦の大定番 耐久性の高いコーティング弦 エリック・クラプトンが選んだアコギ弦 自然な弾き心地のコーティング弦 中音域が豊かに鳴る80/20ブロンズ弦 ブロンズなのにブライトな響き 初心者向けエントリーモデルの定番 音色と低価格のバランスがとれた柔らかい弦 日本のギターブランドS.Yairiの弦 初心者でも弾きやすいマーチンのアコギ弦
素材 フォスファーブロンズ コーティング(フォスファーブロンズ) フォスファーブロンズ コーティング 80/20ブロンズ 85/15ブロンズ - フォスファーブロンズ ブロンズ 80/20ブロンズ
ゲージ ライト ライト ライト ライト ミディアムライト ライト ライト エクストラライト ライト エクストラライト
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年11月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月15日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする アコースティックギター弦の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのアコースティックギター弦の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:アコースティックギター弦ランキング
楽天市場:アコースティックギター弦ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

アコースティックギターの弦に関するQ&A

question icon弦の寿命や張り替え時期の目安は?

answer icon

ブロンズ・フォスワーは1か月、コーティング弦は2~3か月といわれています。もちろん使用頻度によっても変わってきますが、交換時期の目安とするとよいでしょう。

question iconエレアコでエレキの弦は使用できますか?

answer icon

使用できますがおすすめはしません。もし、ゲージが細いものを探しているなら、エクストラライトの弦はエレキ弦とさほど太さは変わらないので、こちらをおすすめします。

アコースティックギターのおすすめはこちら マーチン、テイラー、モーリスなど

弦はこまめに新しいものに替えるようにしましょう

ギターの弦の寿命は意外と短いものです。弾いていなくても湿気などで劣化し、張りがなく伸びない音になってしまいます。コーティング弦は比較的長寿命ですが、それでも時間がたてば確実に劣化します。弦は消耗品であると割り切って、こまめに新しいものに替えるようにしましょう。

また、弦を交換する際、毎回違ったタイプの弦を使ってみるのもよいでしょう。とくにはじめのうちは、ひとつのタイプにこだわらず、いろいろな弦を使って、自分にぴったりの弦を探してみることをおすすめします。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


初心者向けのアコギおすすめランキング15選|メーカーごとの特徴も解説

初心者向けのアコギおすすめランキング15選|メーカーごとの特徴も解説

きれいな音色でバラードや弾き語りに最適な「アコースティックギター」。エレキとは違った魅力です。通称アコギと呼ばれ、ヤマハ(YAMAHA)、モーリス(Morris)をはじめとした国内メーカーや、マーチン(Martin)などの海外メーカーからさまざまなタイプが発売されています。値段も安いものから高いものまで、初心者の方は何を選べいいか迷ってしまいますよね。本記事では、初心者におすすめのアコギについて、メーカーごとの特徴や選び方、そして、おすすめのモデルをランキング形式でご紹介。人気や定番など、ランキング形式で紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

tag icon アコースティックギター , 楽器 , 音楽用品

ヤマハのアコギおすすめ10選【FG/FS/L/STORIA】アーティスト愛用モデルも

ヤマハのアコギおすすめ10選【FG/FS/L/STORIA】アーティスト愛用モデルも

高級モデル「Lシリーズ」からスタンダードモデル「FGシリーズ」まで、品質に定評のあるYAMAHA(ヤマハ)のアコギ。本記事では、アーティストに選ばれる人気シリーズや音楽ライターの田澤仁さんと編集部が厳選したおすすめのアコギを厳選。選び方のポイントもご紹介します。後半に通販サイトの人気売れ筋ランキングもありますのでぜひ参考にしてみてください。

tag icon アコースティックギター , 楽器 , 音楽用品

アコースティックベースおすすめ14選|旅先でも豊かなサウンドで弾き語り【初心者向けも】

アコースティックベースおすすめ14選|旅先でも豊かなサウンドで弾き語り【初心者向けも】

アコースティックベースは豊かな音が出せるため、演奏できるようになると気持ちよく弾き語りが可能です。本記事では、アコースティックベースの選び方やおすすめ商品をご紹介します。アコースティックベースには種類があり、どのタイプをが希望に合うのかを知ることが大切です。そのうえで、使用素材やそのほかの選択肢を加えてみましょう。記事後半には、アコースティックいベースの弾き方、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon アコースティックギター , 楽器 , 音楽機材

【プロが選ぶ】クラシックギターのおすすめランキング15選【初心者・子ども・女性向けも!】

【プロが選ぶ】クラシックギターのおすすめランキング15選【初心者・子ども・女性向けも!】

本記事では、クラシックギターの選び方とおすすめクラシックギターランキングをご紹介!通販サイトの売れ筋人気ランキングも掲載しているのでぜひ参考にしてくださいね!

tag icon アコースティックギター , 楽器 , 音楽用品

【音楽ライター監修】テイラーのアコギおすすめ13選|特徴と選び方も徹底解説

【音楽ライター監修】テイラーのアコギおすすめ13選|特徴と選び方も徹底解説

精巧な作り、音のよさ、弾きやすさが評価され、世界中のミュージシャンから愛されるアコースティックギター(アコギ)の人気ブランド「テイラー」。憧れる初心者や中級者も多いはず。そんなテイラーのアコギには、型番によってシリーズの特徴やタイプが分かれており、安いものや高価なもの、入門モデルや上級者向けモデルなど幅広くラインナップされています。本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、テイラーのアコギの特徴と選び方、おすすめの商品を紹介します。ぜひ参考にしてください。

tag icon アコースティックギター , 楽器 , ホビー・ゲーム

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。