モーリスのアコギおすすめ8選|初心者練習からプロまで愛用! 音楽ライター厳選

モーリスのアコギおすすめ8選|初心者練習からプロまで愛用! 音楽ライター厳選

音楽ライターの田澤仁さんから、モーリスのアコギの選び方と、おすすめの製品をご紹介します。モーリスは、70年代から80年代のフォーク、ニューミュージックのブームをけん引した、国産のアコースティックギターメーカーです。コスパのよい低価格モデルからハンドメイドの高級モデル、さらに受注生産のシリーズまで多彩な製品があります。トップの剛性の高さやネックジョイントの堅牢さ、フレット打ちの精度の高さなど、低価格モデルを含めて品質の高さに定評があります。そんなモーリスギターの中から、自分にぴったりなモデルをどのように選んだらよいのでしょうか。


この記事を担当するエキスパート

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター
田澤 仁

90年代にプロドラマーとして活動、その後、音楽ライターとして書籍、雑誌などの執筆を行なっている。 DTM、PCオーディオ関連の著書、DTMソフト、シンセサイザーの日本語マニュアル制作など多数。 Webでは2007年~2009年までサイトAll Aboutで「ロック」のガイドを務めたほか、音楽情報サイトBARKSでは国内外の数多くの有名アーティストのインタビュー、ライブ取材などを行なっている。 得意分野はAOR、ハードロック、フュージョン、80年代。

マイナビおすすめナビ編集部

メディアが大好きな編集部最年少の九州男児。おすすめナビでは、主に『家電・AV機器』を担当。趣味はSEO、サッカー観戦とファッション。休日はJリーグと海外サッカーに捧げる。月に数万円は洋服に浪費していながら、オフィスには着用してこない噂も・・・。ちなみに、毎朝アレクサで起きているものの、『あと、5分寝かせて!』が決まり文句。自称・九州男児の対岸にいる人。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

モーリスのアコギを選ぶときのポイントは? 音楽ライターに聞いた!

モーリスのアコースティックギター
Pixabayのロゴ

音楽ライターの田澤仁さんに、モーリスのアコギを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

低価格から最高級まで、3つのグレードから選ぶ! ポイント1

 

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

モーリスのアコギのラインナップには、3つのグレードがあります。

まず、もっとも低価格なのがPerformers Editionです。中国工場で生産されるギターですが、国内で日本の気候に馴染むまで一定期間寝かせ、検品、調整したうえで出荷されるので、品質に不安はありません。とてもコストパフォーマンスがよく、初心者にもおすすめです。

Hand Made Premiumは、国内工場で職人が手作りでていねいに仕上げるシリーズです。価格は10万円以上になりますが、材質も作りも高級なので、ちょっといいギターが欲しいという人はこのグレードを狙いましょう。

このほか最高級の1本が欲しい人向けに、ルシアーと呼ばれる匠が全工程に携わるセミオーダーメイドのLuthier Made Premiumもあります。ただしこれは基本的に受注生産なので、通常は店頭には並びません。

「ドレッドノートのM」か「フォークのF」で選ぶ! ポイント2

 

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

型番の最初にあるアルファベットで示されているのが、ボディの形状。

おもなものとしてMとFがあります。Mシリーズはドレッドノートと呼ばれるボディ形状で、サイズは大きめでボディのくびれが浅く、低音が豊かに響き、音量も大きく鳴らせます。オールラウンドに使えるのがドレッドノートタイプなので、迷ったらMシリーズを選ぶとよいでしょう。

Fシリーズは、ボディに深いくびれがあるフォークタイプで、繊細な音色が持ち味です。ドレッドノートよりボディが少し小ぶりで弾きやすいフォークタイプは、初心者や、小柄な人に向いています。

「指弾き」なのか「エレアコ」なのかで選ぶ! ポイント3

 

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

クラシックギターのような指弾きのスタイルで演奏する人には、Sシリーズがおすすめです。指先で微妙なニュアンスを表現できるように、ボディのトップ板やその裏側の補強材も専用の構造を採用しており、弦の振動に対する反応がよく、高音から低音までバランスよく鳴らせるようになっています。ピックガードがないためトップ板の振動が妨げられないのも、指弾き用ならではの特徴です。

また、エレクトリック・アコースティック・ギター(エレアコ)のラインナップも豊富に用意されています。Performer Editionの『G-401』やHand Made Premiumの『R-14』のほか、Sシリーズでもエレアコモデルを選ぶことができます。初心者でも、将来的にライブをやりたいと思っているなら、最初からエレアコモデルを選ぶとよいでしょう。

モーリスのアコギおすすめ8選! 音楽ライターが厳選!

ここまで紹介した選び方のポイントをふまえて、音楽ライターの田澤仁さんに選んでもらったおすすめのモーリスアコギを紹介します。

エキスパートのおすすめ

Morris『F-351』

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

初心者向き、コスパ抜群の弾きやすいモデル

初心者にまずおすすめしたいのがコスパに優れたこのモデル。小ぶりなフォークタイプですが、サイドとバックにサペリという合板素材を使っていて、中低音も比較的豊かに鳴らせます。ボディがコンパクトで抱えやすいだけでなく、ネックが細めで厚みも薄いので握りやすく、初心者でも弾きやすいのが特徴です。カラーバリエーションはナチュラルのほかブラックやサンバーストなど5色が用意されています。もっと音量を出したい、もっと低音を鳴らしたいなら、同価格帯のドレッドノートモデル『M-351』がおすすめです。

エキスパートのおすすめ
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

単板トップのエントリー向け12弦モデル

初めての12弦ギターとしておすすめのモデルです。Performer Editionなので低価格ですが、トップには鳴りのよいスプルース材質の単板を使用。また、ほかの低価格な12弦ギターはバックとサイドにマホガニーやサペリなどの材質を使ったものが多いのですが、このモデルは少し豪華なローズウッドです。音にも張りがありますし、サスティン(弾いた時の音の伸びや残響)もよく伸びて、とても低価格モデルとは思えないバランスのよい音を鳴らせます。12弦ギターはネックにかかるテンションが強くなりますが、モーリスのギターは、ネックとボディが密着度の高い方式で接合されているので、“ネック起き”の心配がないのもうれしいところです。

エキスパートのおすすめ

Morris『MG-101III』

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

ピック弾き向け、豪華仕様のエレアコ

ピックで豪快にかき鳴らしたい人におすすめのエレアコです。ブレーシング(内部の補強)はピック弾きに適した形状に加工され、傷つきにくく極薄でボディの鳴りをいかせるシルクフラット塗装が施されるなど、とくにピックでのコードストロークを気持ちよく鳴らせる仕様になっています。その他の素材にも妥協がないのが上位グレードらしいところで、トップのスプルース、サイドとバックのローズウッドはすべて単板、指板とブリッジは希少材とされるエボニー、さらにナットやサドル、ブリッジピンは象牙に近い音を出せる人工素材のTUSQという仕様で、艶やかで伸びのよい音で演奏できます。ボディのバインディング、とがったデザインのヘッド、ヘッド部や指板のインレイ、ゴールド仕様のペグ、複雑な形状のピックガードなど、いたるところにゴージャスな装飾が施されているのも特徴です。

エキスパートのおすすめ

Morris『M-112ST 谷村新司 Signature Model』

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

アリスファンは要チェックの谷村新司モデル

モーリスは、有名プロのシグネチャーモデルも数多く出していて、そのひとつがアリスの谷村新司モデル。ドレッドノートタイプのボディは、スプルースとマホガニーのオール単板で構成され、アリスのようにコードストロークを力強くかき鳴らす曲にぴったりです。ヘッドにはアリスのキャラクターである3頭のペガサスが輝いているほか、ポジションマークやサウンドホール周りにも美しいインレイが施されていて、高級感のある仕上がりも魅力です。アリスのシグネチャーモデルとしては、同じくオール単板を採用したセミジャンボスタイルの『MJ-112TH 堀内孝雄 Signature Model』も用意されています。

Morris 『S-101III』

MORRISS-101IIINATエレクトリックアコースティックギター MORRISS-101IIINATエレクトリックアコースティックギター MORRISS-101IIINATエレクトリックアコースティックギター MORRISS-101IIINATエレクトリックアコースティックギター MORRISS-101IIINATエレクトリックアコースティックギター MORRISS-101IIINATエレクトリックアコースティックギター MORRISS-101IIINATエレクトリックアコースティックギター MORRISS-101IIINATエレクトリックアコースティックギター MORRISS-101IIINATエレクトリックアコースティックギター

出典:Amazon

フィンガースタイルに向いている仕様

MORRISのなかでも上位機種に位置するエレクトリック アコースティックギターです。ピックアップも装備しており、スピーカーからも洗練されたサウンドを出力することが可能です。

フィンガースタイルでの演奏に合わせて作られた製品のため、材質は生音でも響く構造を採用しています。カッタウエイなど高音域の演奏もしやすい工夫がされています。

Morris 『G-021』

Morris/G-021RBSモーリスアコースティックギター Morris/G-021RBSモーリスアコースティックギター Morris/G-021RBSモーリスアコースティックギター

出典:Amazon

メーカー伝統の形状をした初心者モデル

コストパフォーマンスがよく、音の響きもよいのがこの『G-021』です。モーリスで昔から作りつづけていた伝統のモーリス・ウェスタン(MG)スタイルを継承した製品になっています。

杢目のサイド・バックは初心者モデルとは思えないきれいな柄に仕上げられています。サウンドホール周りのロゼッタやヘッドロゴも昔のモーリスを知る人であれば懐かしいデザインを採用しています。

Morris 『R-011』

Morris/R-011NATモーリスエレクトリックアコースティックギターエレアコ Morris/R-011NATモーリスエレクトリックアコースティックギターエレアコ Morris/R-011NATモーリスエレクトリックアコースティックギターエレアコ Morris/R-011NATモーリスエレクトリックアコースティックギターエレアコ Morris/R-011NATモーリスエレクトリックアコースティックギターエレアコ Morris/R-011NATモーリスエレクトリックアコースティックギターエレアコ

出典:Amazon

プリアンプ搭載のコストパフォーマンスのよい製品

ギター初心者でも手の出しやすい価格帯で販売されているのがRシリーズです。モーリスの上位機種でも採用されているプリアンプMP-4が搭載されていることはメリットといえるでしょう。

クロマティック・チューナーも装備しているので、これ一本でギターを練習をはじめられます。バンドなどで使う場合にはアンプなどにつなげられるのでバンド内のサウンドに埋もれることなく、アコースティックギターの音を聴かせることができます。

Morris 『SA-021E』

MorrisモーリスSA-021ENATスプルース単板トップコンパクトサイズエレアコミニギター MorrisモーリスSA-021ENATスプルース単板トップコンパクトサイズエレアコミニギター

出典:Amazon

小柄な人や子どもも使いやすいモデル

弦を押さえる部分であるネックがショートスケール(短い長さ)になっている製品です。小柄な人や子どもでも弾きやすい長さに設計されています。全体的にコンパクトなので家で作曲する際に手軽に使うこともできます。

仕様に関してはほかのモーリス製品と違いはなく、ステージで使っても問題ありません。プリアンプもついているのでバンドや野外でアンプを使った弾き語り演奏などもかんたんにできます。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Morris『F-351』
Morris『MB-501』
Morris『MG-101III』
Morris『M-112ST 谷村新司 Signature Model』
Morris 『S-101III』
Morris 『G-021』
Morris 『R-011』
Morris 『SA-021E』
商品名 Morris『F-351』 Morris『MB-501』 Morris『MG-101III』 Morris『M-112ST 谷村新司 Signature Model』 Morris 『S-101III』 Morris 『G-021』 Morris 『R-011』 Morris 『SA-021E』
商品情報
特徴 初心者向き、コスパ抜群の弾きやすいモデル 単板トップのエントリー向け12弦モデル ピック弾き向け、豪華仕様のエレアコ アリスファンは要チェックの谷村新司モデル フィンガースタイルに向いている仕様 メーカー伝統の形状をした初心者モデル プリアンプ搭載のコストパフォーマンスのよい製品 小柄な人や子どもも使いやすいモデル
グレード Performer Edition Performer Edition Hand Made Premium Hand Made Premium HAND MADE PREMIUM PERFORMERS EDITION PERFORMERS EDITION PERFORMERS EDITION
シリーズ F M M M S G R SA
ボディ形状 フォーク ドレッドノート オリジナル・ドレッドノート ドレッドノート グランド・オーディトリゥム モーリス・ウェスタン グランド・オーディトリウム -
材質 トップ:スプルース、サイド:サペリ、バック:サペリ(トップのみ単板) トップ:スプルース、サイド:ローズウッド、バック:ローズウッド(トップのみ単板) トップ:スプルース、サイド:ローズウッド、バック:ローズウッド(すべて単板) トップ:スプルース、サイド:マホガニー、バック:マホガニー(すべて単板) トップ:スプルース、サイド:ローズウッド、バック:ローズウッド単板ラウンドバック トップ: スプルース、サイド:フレイム・マホガニー、バック:フレイム・マホガニー トップ:スプルース、サイド:サペリ、バック: サペリ トップ:スプルース、サイド:サペリ、バック: サペリ
ピックアップ × × B-BAND A1M&UST-29R搭載 × B.BAND A-1M&UST-29R搭載 なし Morris MP-4搭載 Morris/MP-4 MG-30搭載
カラー 5色 1色 1色 -- 1色 5色 6色 1色
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年1月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月13日時点 での税込価格

アコギなどの楽器を持つ人たち

さまざまな位置から音を試奏してみましょう!

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

アコースティックギターを購入する場合は、できれば一度は店頭などで試奏してから選ぶことをおすすめします。試奏するときは、自分で弾いてみるのはもちろんですが、友人やショップの店員さんに弾いてもらい、正面のほか左右に角度を変えるなど、さまざまな位置から音を聴いてみましょう。アコギはサウンドホールから前に向かって音が出るため、自分が弾いている位置と、演奏を聴く位置では音が違うことがあります。自分が弾いているときの音と、それを聴いたときの音を知っておけば、自分に合った1本を選びやすくなるでしょう。

あなたにおすすめの記事

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/07/02 リンク修正のため記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


アコギ用ピックアップおすすめ13選|プロ愛用や取り付け重視など徹底解説

アコギ用ピックアップおすすめ13選|プロ愛用や取り付け重視など徹底解説

ライブやレコーディングの際、アコースティックギター(アコギ)には音を拾う「ピックアップ」が必要になります。FISHMANやL.R.Baggsなどのメーカーをはじめ、ピエゾ・マグネット・コンタクト・コンデンサーマイク・デュアルなど種類(タイプ)もさまざまです。アコギ本体の加工有無や取り付け方、音質も違うため、初心者の方は迷ってしまいますよね。そこで、音楽ライターの田澤 仁さんに聞いた、アコギ用ピックアップの種類や選び方のポイント、おすすめの商品をタイプ別に紹介します。ぜひ参考にしてみてください。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon アコースティックギター , 音楽用品

初心者向けのアコギおすすめランキング15選|メーカーごとの特徴も解説

初心者向けのアコギおすすめランキング15選|メーカーごとの特徴も解説

きれいな音色でバラードや弾き語りに最適な「アコースティックギター」。エレキとは違った魅力です。通称アコギと呼ばれ、ヤマハ(YAMAHA)、モーリス(Morris)をはじめとした国内メーカーや、マーチン(Martin)などの海外メーカーからさまざまなタイプが発売されています。値段も安いものから高いものまで、初心者の方は何を選べいいか迷ってしまいますよね。本記事では、初心者におすすめのアコギについて、メーカーごとの特徴や選び方、そして、おすすめのモデルをランキング形式でご紹介。人気や定番など、ランキング形式で紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

tag icon アコースティックギター , 楽器 , 音楽用品

ヤマハのアコギおすすめ10選【FG/FS/L/STORIA】アーティスト愛用モデルも

ヤマハのアコギおすすめ10選【FG/FS/L/STORIA】アーティスト愛用モデルも

高級モデル「Lシリーズ」からスタンダードモデル「FGシリーズ」まで、品質に定評のあるYAMAHA(ヤマハ)のアコギ。本記事では、アーティストに選ばれる人気シリーズや音楽ライターの田澤仁さんと編集部が厳選したおすすめのアコギを厳選。選び方のポイントもご紹介します。後半に通販サイトの人気売れ筋ランキングもありますのでぜひ参考にしてみてください。

tag icon アコースティックギター , 楽器 , 音楽用品

アコースティックベースおすすめ14選|旅先でも豊かなサウンドで弾き語り【初心者向けも】

アコースティックベースおすすめ14選|旅先でも豊かなサウンドで弾き語り【初心者向けも】

アコースティックベースは豊かな音が出せるため、演奏できるようになると気持ちよく弾き語りが可能です。本記事では、アコースティックベースの選び方やおすすめ商品をご紹介します。アコースティックベースには種類があり、どのタイプをが希望に合うのかを知ることが大切です。そのうえで、使用素材やそのほかの選択肢を加えてみましょう。記事後半には、アコースティックいベースの弾き方、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon アコースティックギター , 楽器 , 音楽機材

【プロが選ぶ】クラシックギターのおすすめランキング15選【初心者・子ども・女性向けも!】

【プロが選ぶ】クラシックギターのおすすめランキング15選【初心者・子ども・女性向けも!】

本記事では、クラシックギターの選び方とおすすめクラシックギターランキングをご紹介!通販サイトの売れ筋人気ランキングも掲載しているのでぜひ参考にしてくださいね!

tag icon アコースティックギター , 楽器 , 音楽用品

関連するブランド・メーカー


Morris(モーリス楽器製造)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。