ヤマハのアコギおすすめ10選【FG/FS/L/STORIA】アーティスト愛用モデルも

ヤマハ『FG830』
出典:Amazon

高級モデル「Lシリーズ」からスタンダードモデル「FGシリーズ」まで、品質に定評のあるYAMAHA(ヤマハ)のアコギ。

本記事では、アーティストに選ばれる人気シリーズや音楽ライターの田澤仁さんと編集部が厳選したおすすめのアコギを厳選。選び方のポイントもご紹介します。後半に通販サイトの人気売れ筋ランキングもありますのでぜひ参考にしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター
田澤 仁

90年代にプロドラマーとして活動、その後、音楽ライターとして書籍、雑誌などの執筆を行なっている。 DTM、PCオーディオ関連の著書、DTMソフト、シンセサイザーの日本語マニュアル制作など多数。 Webでは2007年~2009年までサイトAll Aboutで「ロック」のガイドを務めたほか、音楽情報サイトBARKSでは国内外の数多くの有名アーティストのインタビュー、ライブ取材などを行なっている。 得意分野はAOR、ハードロック、フュージョン、80年代。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ホビー
水貝 英斗

「ホビー」カテゴリーを担当。小学校から大学まで柔道に明け暮れた元体育会系であり、大のゲーム・アニメ好き。その他、広告関連記事の制作にも携わり、SEOの知見を活かし商品販促のプランニングも行っている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

人気シリーズの特徴を紹介

初心者におすすめなのが、比較的低価格で入手できるFGシリーズとFSシリーズです。もともと日本人向けに開発されたモデルなので、海外の有名メーカーの標準的なモデルに比べてボディが薄め、ネックが細めに作られていて、初心者でも弾きやすいです。

最初の1本は「FG/FSシリーズ」

 

FGは高級感あるデザインで低音も豊かに鳴らせるドレッドノートタイプ、FSは小ぶりで弾きやすいフォークシェイプ、という特徴があります。

どちらも低価格モデルですが、そこはさすがのヤマハ製。しっかりと作られています。最初の1本を選ぶなら、FG/FSシリーズをまずチェックしてみてください。

高級モデルの低価格バージョン「Lシリーズ」

 

中級者以上になると、少しよいモデルが欲しくなるでしょう。そんな方におすすめなのがLシリーズです。長年弾きこんだような豊かな鳴りを実現する独自の木材改質技術など、同社が長年培ってきた経験と技術を惜しみなく投入した製品で、音質、弾き心地などすべてがトップクラスです。

世界のトッププロも使う高級モデルのLシリーズですが、比較的手の届く価格帯のものも用意されています。低価格であっても上級モデルと同じコンセプトで作られているので、品質は間違いありません。1ランク上のアコギサウンドを手に入れたいなら、Lシリーズも検討してみてください。

見た目にこだわるなら「STORIAシリーズ」

 

ギターであっても見た目にはこだわりたいという人も多いでしょう。そんな人におすすめなのがSTORIAシリーズです。木目をいかしたオーガニックなボディにシャンパンゴールドのパーツを取り付けた、とてもかわいらしいルックスが魅力のシリーズです。

トップ材やカラーの違いで3タイプがありますが、どれもケースに入れずに部屋に置いて眺めていたくなるようなスタイリッシュな仕上げになっています。ボディは薄く小ぶり、ネックは細目なので弾きやすい作りになっていて、手の小さな女性や初心者におすすめできるモデルです。

ワンランク上の音なら「Aシリーズ」

 

広がりのある音を奏でることができる、Aシリーズ。上質でマイクで録音したような音に感動します。AボディとACボディがあり、シェイプが異なります。

「CPXシリーズ」は座って弾きたい人におすすめ

 

座奏でアコギをひくなら、CPXシリーズがおすすめです。ボディはくびれており、演奏するときに操作しやすいのが特徴です。ハリのある音が響いて、レスポンスも優秀です。

TMギターはアンプを使わなくてOK

 

生音にエフェクトやリバーブがかけられる、トランスアコースティック(TM)ギター。ギター本来の生音を奏でられます。アンプはつなげることもできるので、シーンで使い分けてみてはいかがでしょう。

エキスパートのアドバイス

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

可能なら店頭で試奏してからの購入がおすすめ

どれを選んでも品質に問題のないヤマハのアコギですが、やはり実際の音は聞いてみたいもの。できれば店頭などで一度は試奏してから選ぶことをおすすめします。初心者などで音のことはよくわからない、という人でも、持った感触やネックの握り心地などを確認するのは重要です。実際に持ってみれば、シリーズごとの微妙な作りの違いもよくわかるし、自分にぴったりのモデルを選び出すことができるでしょう。

ヤマハのアコギおすすめ10選

ヤマハのアコギの選び方のポイントをふまえて、音楽ライターの田澤仁さんと編集部が厳選したおすすめ商品をご紹介します。

エキスパートのおすすめ

ヤマハ『FG830』

ヤマハYAMAHAアコースティックギターFGSERIESナチュラルFG830裏・側板にローズウッドを採用芯のある明快なサウンドに長めのサスティン ヤマハYAMAHAアコースティックギターFGSERIESナチュラルFG830裏・側板にローズウッドを採用芯のある明快なサウンドに長めのサスティン ヤマハYAMAHAアコースティックギターFGSERIESナチュラルFG830裏・側板にローズウッドを採用芯のある明快なサウンドに長めのサスティン ヤマハYAMAHAアコースティックギターFGSERIESナチュラルFG830裏・側板にローズウッドを採用芯のある明快なサウンドに長めのサスティン ヤマハYAMAHAアコースティックギターFGSERIESナチュラルFG830裏・側板にローズウッドを採用芯のある明快なサウンドに長めのサスティン ヤマハYAMAHAアコースティックギターFGSERIESナチュラルFG830裏・側板にローズウッドを採用芯のある明快なサウンドに長めのサスティン ヤマハYAMAHAアコースティックギターFGSERIESナチュラルFG830裏・側板にローズウッドを採用芯のある明快なサウンドに長めのサスティン ヤマハYAMAHAアコースティックギターFGSERIESナチュラルFG830裏・側板にローズウッドを採用芯のある明快なサウンドに長めのサスティン ヤマハYAMAHAアコースティックギターFGSERIESナチュラルFG830裏・側板にローズウッドを採用芯のある明快なサウンドに長めのサスティン
出典:Amazon この商品を見るview item
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

初心者におすすめのバランスのよいモデル

中低音が豊かに響くドレッドノートタイプのスタンダードモデルです。トップに単板のスプルースを使用しているので歯切れよさもあり、ボリューム感のあるコードストロークを楽しめるほか、ピッキングでは立ち上がりのよいクリアな音質が得られます。

全体のバランスのよさと、アバロン貝のインレイが入れられているサウンドホールなど、ルックスからはとても低価格モデルには見えないところも魅力。初心者におすすめのモデルです。

エキスパートのおすすめ

ヤマハ『FS820』

ヤマハYAMAHAアコースティックギターFSSERIESナチュラルFS820 ヤマハYAMAHAアコースティックギターFSSERIESナチュラルFS820 ヤマハYAMAHAアコースティックギターFSSERIESナチュラルFS820 ヤマハYAMAHAアコースティックギターFSSERIESナチュラルFS820 ヤマハYAMAHAアコースティックギターFSSERIESナチュラルFS820 ヤマハYAMAHAアコースティックギターFSSERIESナチュラルFS820 ヤマハYAMAHAアコースティックギターFSSERIESナチュラルFS820 ヤマハYAMAHAアコースティックギターFSSERIESナチュラルFS820 ヤマハYAMAHAアコースティックギターFSSERIESナチュラルFS820
出典:Amazon この商品を見るview item
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

弾きやすいフォークタイプの定番

うえで紹介したFGシリーズと並んで、初心者が安心して使える低価格モデルがFSシリーズです。

フォークシェイプでボディがやや小さくネックも細目、抱え込みやすく弾きやすいので初心者や小柄な人にぴったりなモデルです。小柄なデザインからナイーブな音質のようなイメージがありますが、響きはあたたかく、パワーもあるのでオールラウンドに使えます。レッドやターコイズ、サンバーストなど、カラーバリエーションも豊富に用意されています。

エキスパートのおすすめ

ヤマハ『LL6 ARE』

ヤマハ『LL6ARE』 ヤマハ『LL6ARE』 ヤマハ『LL6ARE』 ヤマハ『LL6ARE』 ヤマハ『LL6ARE』 ヤマハ『LL6ARE』 ヤマハ『LL6ARE』
出典:Amazon この商品を見るview item
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

サウンドもルックスも1ランク上のLシリーズ

世界のトッププロも愛用するヤマハのLシリーズ。そのなかの比較的低価格なモデルがこれです。

ヤマハ独自の木質改質技術を採用したトップ材を使用、ビンテージのようなあたたかく味わいのあるサウンドでプレイできることはもちろん、美しい仕上げも上級モデルから引き継がれていて、ジャンルや奏法を問わず心地よくプレイできまるモデルです。パッシブタイプのピックアップを内蔵しているので、ライブでもそのまま使うことができます。

エキスパートのおすすめ

ヤマハ 『STORIA I』

ヤマハ『STORIAI』 ヤマハ『STORIAI』 ヤマハ『STORIAI』 ヤマハ『STORIAI』 ヤマハ『STORIAI』 ヤマハ『STORIAI』 ヤマハ『STORIAI』 ヤマハ『STORIAI』 ヤマハ『STORIAI』 ヤマハ『STORIAI』 ヤマハ『STORIAI』 ヤマハ『STORIAI』
出典:Amazon この商品を見るview item
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

思わず手に取ってみたくなるギター

メーカーサイトのキャッチコピー群にもあるように、ギターを一度も弾いたことがない人でも思わず手にしたくなる愛くるしいデザインが印象的な製品です。

ボディも小さめで、スケールも短め、細めのネックと手が小さい女性でも構えやすい作りです。ピックアップもついていますし、実際のサウンドはまさしくアコースティックギターらしい響きなので、練習用としてはもちろん、上達してもそのままライブで使える品質です。カラーや音質違いの『STORIA II』『STORIA III』もあります。

エキスパートのおすすめ

ヤマハ『トランスアコースティックギター FS-TA』

ヤマハ『トランスアコースティックギターFS-TA』 ヤマハ『トランスアコースティックギターFS-TA』 ヤマハ『トランスアコースティックギターFS-TA』 ヤマハ『トランスアコースティックギターFS-TA』
出典:Amazon この商品を見るview item
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

ギターだけでエフェクト音を鳴らせるアコギ

トランスアコースティックギターは、ギター本体だけでエフェクトのかかった音を鳴らせるという、驚きのアコギ。内蔵ピックアップで拾った弦の振動をエフェクト信号に変換し、加振器でギターを振動させることで、エフェクト音を鳴らすという仕組みです。ライブのときにエフェクターを持っていく必要がなくなりますし、なにより弾いていて気持ちがいい音なのが最大の魅力。

アンプやエフェクターを用意するのはわずらわしいけれど、心地よいエフェクトのサウンドで演奏したいなら、これがおすすめです。FSシリーズのほか、FGやLなど、多くのモデルにトランスアコースティックギターが用意されています。

ヤマハ 『FG820』

ヤマハ『FG820』 ヤマハ『FG820』 ヤマハ『FG820』 ヤマハ『FG820』 ヤマハ『FG820』 ヤマハ『FG820』 ヤマハ『FG820』 ヤマハ『FG820』
出典:Amazon この商品を見るview item

パワフルなサウンドとカラーバリエーションが魅力

ヤマハのFGシリーズは、「質のいいギターは高い」という概念を覆すモデルになっています。高い演奏性や品質を保ちながら、最高のFGサウンドを表現できます。LG820は、力強さだけでなくあたたかみを感じられるようなサウンドを楽しむことができます。

ブラック、ブルー、ブラウンなどカラーバリエーションが多いことも魅力のひとつで、様々な音楽シーンに合わせてデザインを選ぶことができます。

ヤマハ『APX-600』

ヤマハ『APX-600』 ヤマハ『APX-600』 ヤマハ『APX-600』 ヤマハ『APX-600』 ヤマハ『APX-600』 ヤマハ『APX-600』 ヤマハ『APX-600』 ヤマハ『APX-600』 ヤマハ『APX-600』
出典:Amazon この商品を見るview item

アコギでのリードプレイを可能にするサウンド

APXシリーズは、エレクトリック・アコースティックギターとしての特徴的な音を追求したオリジナルデザインです。アコギでのリードプレイも可能にするような、バンドサウンドに負けないサウンド設計がされています。

APX600特有のスリムなボディは快適な演奏性を感じられます。張りのある中高音としっかりした低音を出せるのでライブ演奏でも存在感を発揮することができるでしょう。

ヤマハ『LS26 ARE』

ヤマハ『LS26ARE』 ヤマハ『LS26ARE』 ヤマハ『LS26ARE』 ヤマハ『LS26ARE』 ヤマハ『LS26ARE』 ヤマハ『LS26ARE』 ヤマハ『LS26ARE』 ヤマハ『LS26ARE』 ヤマハ『LS26ARE』
出典:Amazon この商品を見るview item

ヴィンテージ感漂う外見とサウンドが魅力的

ヤマハのLシリーズは、演奏スタイルや音質の違いで選べる3つのタイプがあります。LSはスモールボディを意味し、フィンガーピッキングをよく使う方におすすめできます。中でもこのLS26は、落ち着きを感じられるデザインが特徴的です。

見た目のように成熟し、それでいて開放的なサウンドを楽しむことが出来るでしょう。トップにはヤマハ独自に開発された木材加工技術が施されています。

ヤマハ『LJ36 ARE』

ヤマハ『LJ36ARE』 ヤマハ『LJ36ARE』 ヤマハ『LJ36ARE』 ヤマハ『LJ36ARE』 ヤマハ『LJ36ARE』 ヤマハ『LJ36ARE』 ヤマハ『LJ36ARE』 ヤマハ『LJ36ARE』 ヤマハ『LJ36ARE』
出典:Amazon この商品を見るview item

豪華な見た目と絶妙なバランスのサウンドが特徴

LJシリーズのボディは、座って演奏する際にフィットしやすいようにデザインされています。中でもL36シリーズは「ラグジュアリー」というコンセプトを持っており、インレイや胴全体に施されたラッカー塗装まで細かい工夫が凝らされています。

ギター職人が長年磨いてきた技術をもとに、幅広いダイナミックレンジと音量バランスを実現しています。

ヤマハ『CSF3M』

ヤマハ『CSF3M』 ヤマハ『CSF3M』 ヤマハ『CSF3M』 ヤマハ『CSF3M』 ヤマハ『CSF3M』 ヤマハ『CSF3M』
出典:Amazon この商品を見るview item

サイズは小さくても音はフルサイズの豊かな響き

CSFシリーズは、一般的なクラシックギターより一回り小さいのが特徴です。サイズは小さくても、音はフルサイズギターと変わらない豊かな響きを実現しました。CSF3Mは、木のあたたかみを感じられるデザインと、粒立ちのいいぬくもりのあるサウンドが特徴的です。

ライトケースが付属しているので、気軽に持ち運んで好きなところで演奏を楽しむことが出来ます。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
ヤマハ『FG830』
ヤマハ『FS820』
ヤマハ『LL6 ARE』
ヤマハ 『STORIA I』
ヤマハ『トランスアコースティックギター FS-TA』
ヤマハ 『FG820』
ヤマハ『APX-600』
ヤマハ『LS26 ARE』
ヤマハ『LJ36 ARE』
ヤマハ『CSF3M』
商品名 ヤマハ『FG830』 ヤマハ『FS820』 ヤマハ『LL6 ARE』 ヤマハ 『STORIA I』 ヤマハ『トランスアコースティックギター FS-TA』 ヤマハ 『FG820』 ヤマハ『APX-600』 ヤマハ『LS26 ARE』 ヤマハ『LJ36 ARE』 ヤマハ『CSF3M』
商品情報
特徴 初心者におすすめのバランスのよいモデル 弾きやすいフォークタイプの定番 サウンドもルックスも1ランク上のLシリーズ 思わず手に取ってみたくなるギター ギターだけでエフェクト音を鳴らせるアコギ パワフルなサウンドとカラーバリエーションが魅力 アコギでのリードプレイを可能にするサウンド ヴィンテージ感漂う外見とサウンドが魅力的 豪華な見た目と絶妙なバランスのサウンドが特徴 サイズは小さくても音はフルサイズの豊かな響き
シリーズ FGシリーズ FSシリーズ Lシリーズ STORIAシリーズ FSシリーズ(トランスアコースティック) FGシリーズ APXシリーズ Lシリーズ Lシリーズ CSFシリーズ
タイプ ドレッドノート フォーク -(オリジナルジャンボ) フォークタイプ フォーク トラッドウェスタン - フォーク ミディアムジャンボボディ -
材質 トップ:スプルース、サイド:ローズウッド、バック:ローズウッド トップ:スプルース、サイド:マホガニー、バック:マホガニー トップ:スプルース、サイド:ローズウッド、バック:ローズウッド トップ:スプールス、サイド:マホガニー、バック:マホガニー トップ:スプルース、サイド:マホガニー、バック:マホガニー トップ:スプルース、サイド:マホガニー、バック:マホガニー トップ:メープル、サイド:ナトー、バック:ナトー トップ:イングルマンスプルース単板、サイド:ローズウッド、バック:ローズウッド トップ:イングルマンスプルース単板、サイド:インドローズ、バック:インドローズ トップ:シトカスプルース、サイド:マホガニー、バック:マホガニー
構造 トップのみ単板 トップのみ単板 トップのみ単板 トップのみ単板 トップのみ単板 トップのみ単板 - すべて単板 すべて単板 すべて単板
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年7月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月14日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ヤマハのアコギの売れ筋をチェック

楽天市場でのヤマハのアコギの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:ヤマハのアコギランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ヤマハのアコギに関するQ&A よくある質問

question iconカポタストを使ったチューニング方法を教えてください。

answer icon

カタポストを使ってチューニングする場合は、その状態の開放弦で再度チューニングし直す必要があります。たとえば、1フレットにつけた場合、6弦からF・A#・D#・G#・C・Fとなります。

question icon弦はどれくらいのサイクルで張り替えればよいですか?

answer icon

使用頻度にもよりますが、通常、1ヶ月から3ヶ月が目安と言われています。または「サビる・変色している・光沢がない」、このうちのどれかひとつでも当てはまるなら、張り替えのタイミングと考えてよいでしょう。

ヤマハのアコギを愛用している主なアーティスト

ヤマハのアコギを愛用しているアーティストは多く存在します。ここでは、現在活躍中の主な日本人アーティストを一部ご紹介します。

LL36 ARE

 

・北川悠仁(ゆず)
・寺中友将(KEYTALK)
・miwa

LJ36 ARE

 

・井上苑子

LLX36C

 

・福山雅治

LS26 ARE

 

・YUI

まとめ

本記事では、ヤマハのアコースティックギターについて、人気シリーズやおすすめ商品をご紹介いたしました。

有名アーティストも数多く使用するヤマハのアコギ。そのため、初心者から中級者、上級者まで幅広いアーティストに人気のギターですが、やはり実際に音を聞いて好みのものを選ぶのが一番です。ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリのアコギを選んでみてくださいね。

【関連記事】ヤマハのアコギに関するそのほかのおすすめ記事

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【音楽ライター監修】テイラーのアコギおすすめ12選|特徴と選び方も徹底解説

【音楽ライター監修】テイラーのアコギおすすめ12選|特徴と選び方も徹底解説

精巧な作り、音のよさ、弾きやすさが評価され、世界中のミュージシャンから愛されるアコースティックギター(アコギ)の人気ブランド「テイラー」。憧れる初心者や中級者も多いはず。そんなテイラーのアコギには、型番によってシリーズの特徴やタイプが分かれており、安いものや高価なもの、入門モデルや上級者向けモデルなど幅広くラインナップされています。本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、テイラーのアコギの特徴と選び方、おすすめの商品を紹介します。ぜひ参考にしてください。

tag icon アコースティックギター , 楽器 , ホビー・ゲーム

アコギ用ピックアップおすすめ13選|プロ愛用や取り付け重視など徹底解説

アコギ用ピックアップおすすめ13選|プロ愛用や取り付け重視など徹底解説

ライブやレコーディングの際、アコースティックギター(アコギ)には音を拾う「ピックアップ」が必要になります。FISHMANやL.R.Baggsなどのメーカーをはじめ、ピエゾ・マグネット・コンタクト・コンデンサーマイク・デュアルなど種類(タイプ)もさまざまです。アコギ本体の加工有無や取り付け方、音質も違うため、初心者の方は迷ってしまいますよね。そこで、音楽ライターの田澤 仁さんに聞いた、アコギ用ピックアップの種類や選び方のポイント、おすすめの商品をタイプ別に紹介します。ぜひ参考にしてみてください。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon アコースティックギター , 音楽用品

アコースティックギターの弦おすすめ10選|ゲージ・素材の音色を徹底解説

アコースティックギターの弦おすすめ10選|ゲージ・素材の音色を徹底解説

アコースティックギターの音色を大きく左右する「弦」。マーチンやダダリオ、エリクサーなど種類は豊富です。そのため素材や値段など、どれを選んでいいか迷ってしまうこともあるでしょう。音楽DTMライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、アコースティックギターの弦の選び方と、おすすめの弦を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon アコースティックギター , 楽器 , 音楽用品

初心者向けのアコギおすすめランキング15選|メーカーごとの特徴も解説

初心者向けのアコギおすすめランキング15選|メーカーごとの特徴も解説

きれいな音色でバラードや弾き語りに最適な「アコースティックギター」。エレキとは違った魅力です。通称アコギと呼ばれ、ヤマハ(YAMAHA)、モーリス(Morris)をはじめとした国内メーカーや、マーチン(Martin)などの海外メーカーからさまざまなタイプが発売されています。値段も安いものから高いものまで、初心者の方は何を選べいいか迷ってしまいますよね。本記事では、初心者におすすめのアコギについて、メーカーごとの特徴や選び方、そして、おすすめのモデルをランキング形式でご紹介。人気や定番など、ランキング形式で紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

tag icon アコースティックギター , 楽器 , 音楽用品

モーリスのアコギおすすめ8選|初心者練習からプロまで愛用! 音楽ライター厳選

モーリスのアコギおすすめ8選|初心者練習からプロまで愛用! 音楽ライター厳選

音楽ライターの田澤仁さんから、モーリスのアコギの選び方と、おすすめの製品をご紹介します。モーリスは、70年代から80年代のフォーク、ニューミュージックのブームをけん引した、国産のアコースティックギターメーカーです。コスパのよい低価格モデルからハンドメイドの高級モデル、さらに受注生産のシリーズまで多彩な製品があります。トップの剛性の高さやネックジョイントの堅牢さ、フレット打ちの精度の高さなど、低価格モデルを含めて品質の高さに定評があります。そんなモーリスギターの中から、自分にぴったりなモデルをどのように選んだらよいのでしょうか。

tag icon アコースティックギター , 楽器 , 音楽用品

関連するブランド・メーカー


YAMAHA(ヤマハ)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。