【ベースケースのおすすめ6選】音楽ライターが厳選! リュックタイプからハードケースまで

【ベースケースのおすすめ6選】音楽ライターが厳選! リュックタイプからハードケースまで
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター
田澤 仁

90年代にプロドラマーとして活動、その後、音楽ライターとして書籍、雑誌などの執筆を行なっている。 DTM、PCオーディオ関連の著書、DTMソフト、シンセサイザーの日本語マニュアル制作など多数。 Webでは2007年~2009年までサイトAll Aboutで「ロック」のガイドを務めたほか、音楽情報サイトBARKSでは国内外の数多くの有名アーティストのインタビュー、ライブ取材などを行なっている。 得意分野はAOR、ハードロック、フュージョン、80年代。

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ベースケースの選び方とおすすめ商品6選を紹介します。ベースケースにはソフトケース、ギグバッグ、リュックタイプ、ハードケースなどさまざまなタイプがあります。そして保護性能はもちろん、ストラップの担ぎやすさや収納力などそれぞれに特徴があります。自分のベースに合うケースはどれなのか、移動や保管時の利便性はどうかなど、想像しながら記事をチェックしてみてください。


ベースケースの選び方! 音楽ライターに聞く

音楽ライターの田澤 仁さんに、ベースケースを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。どんな点に注目してベースケースを選べばいいのか悩んでいる方は、エキスパートの視点を参考にしてみてください。

ベースケースに入ったベース
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ベースの保護性能はもちろん、収納力や持ち運びのしやすさなど使い勝手もチェックしましょう。

オールラウンドに使えるのはギグバッグ

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

楽器保護、持ち運びやすさのバランスよさが特徴

ベースケースには、ベースをどの程度保護できるかによっていくつかのタイプがあります。硬い素材のハードケース、とても軽いソフトケース、そしてその中間にあたるギグバッグ(セミハードケース)です。

移動時の持ち運びのしやすさを考えると、それほど重くなく、ある程度クッションが入っていてベースの保護も期待できる、ギグバッグがもっともおすすめです。機材車を使うなら、ベースをがっちり保護してくれるハードケースがよいでしょう。ただし重くてかさばるので、徒歩や電車などの移動には使いにくいことを頭に入れておいてください。

移動はほとんどせず、家の中でのほこり除け程度が目的なら、ソフトケースでもかまいません。

MUSENT『MSGBSEB1200』

ケース全体はもちろん、ヘッド部分にも保護用のクッションが入っている商品です。大小2つのポケットがあるのもポイントです。

>> Amazonで詳細を見る

体格も考慮して、ラクに持てるものを

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

意外に大きなベースは持ち運びやすさも考慮しよう

ケースについているストラップの種類も確認しましょう。ベースはギターに比べてかなり大きくネックも長いため、移動時にバランスよく持てるかどうかも重要なポイントです。

もっともラクに持てるのはリュックサックのように背負えるタイプで、こちらのタイプはほとんどの方におすすめできます。ショルダーバッグのように肩からさげられるものは、手軽に持つことができますが、とくに小柄な方はバランスがとりにくいため、意図せず振り回してしまったり、思わぬところにぶつけたりしないよう注意してください。

体格に応じて、ラクに持ち運びができるものを選びましょう。

収納力は最低限あればよい

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

詰め込みすぎはベースを痛める原因にも

ポケット類などが充実したケースなら、ベースといっしょにいろいろなものを入れられるので便利です。ただしベースそのものが重いので、たくさんのものを入れると持ち運びがしにくくなってしまいます。また、やわらかいケースの場合かたいものを入れるとベースを傷つけることがあります。

なにを入れる必要があるかを考えて、シールドケーブルとチューナーなど必要最低限のもの、プラス少しだけ余裕のあるケースがベストです。

ベースのサイズ、形状の確認も忘れずに

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

ケース内で動かないサイズの合ったケースを

ケースを購入する前に、ベースのサイズや形状も確認しておきましょう。一般的に販売されているケースのほとんどは、さまざまなベースに使用可能ですが、ハードケースの場合は、対応するボディの形状が決まっていることがあります。

ギグバッグやソフトケースでも、ヘッドの形状や角度によって、ベースが入りきらないこともあります。また、ケースが大きすぎても、ケースの中で動いてしまいベースを傷つける可能性もあります。ぴったり収まるケースを選んでください。

MONO『M80 VERTIGO』

こちらは高い保護力をほこるベースケース。幅広いベースに対応している汎用性の高い商品です。

>> Amazonで詳細を見る

音楽ライターが厳選! おすすめのベースケース6選

上でご紹介したベースケースの選び方のポイントをふまえて、音楽ライターの田澤 仁さんに選んでもらったおすすめ商品をご紹介します。各商品を比較して、お持ちの楽器にピッタリあった商品を選んでみてくださいね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

FENDER『FB405 ELECTRIC BASS GIG BAG』

FENDER『FB405ELECTRICBASSGIGBAG』 FENDER『FB405ELECTRICBASSGIGBAG』 FENDER『FB405ELECTRICBASSGIGBAG』

出典:Amazon

ケースタイプ ギグバッグ
内寸 全長:1290mm、幅:380mm
ストラップのタイプ リュックタイプ
収納 フロントスリップポケット
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

フェンダーベースにベストマッチのギグバッグ

ジャズベースやプレシジョンベースなど、フェンダー系ベースにベストマッチの、しっかりした作りのギグバッグです。強度のあるポリエステル製の外装は、短時間の小雨ならあまり気にしなくても大丈夫です。

保護材として5mm厚のパッドも入っていて、少しぶつけたくらいなら影響ありません。フロントのポケットは大容量ではありませんが、開口部が斜めになっていて意外と出し入れがしやすく、最低限のものを持ち運ぶにはちょうどよいケースです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

KC『BA150』

KC『BA150』 KC『BA150』 KC『BA150』 KC『BA150』 KC『BA150』 KC『BA150』

出典:Amazon

ケースタイプ ハードケース
内寸 長さ:ヘッド部/290mm、ボディ部/550mm、全長/1,190mm、幅:350mm
ストラップのタイプ なし
収納 小物収納スペース
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

軽量で堅牢なABS製ハードケース

軽いハードケースがほしい方におすすめの、ABS製の丈夫なケースです。一般的なジャズベース、プレシジョンベースに対応しています。

四隅が丸みを帯びた形なので、角をあちこちにぶつけるような事態も減らせるでしょう。ネック部分には小物収納用のスペースがあるだけですが、シールドケーブルやストラップなど最低限のものは持ち運べます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MUSENT『MSGBSEB1200』

MUSENT『MSGBSEB1200』 MUSENT『MSGBSEB1200』 MUSENT『MSGBSEB1200』 MUSENT『MSGBSEB1200』 MUSENT『MSGBSEB1200』 MUSENT『MSGBSEB1200』 MUSENT『MSGBSEB1200』 MUSENT『MSGBSEB1200』

出典:Amazon

ケースタイプ ギグバッグ
内寸 長さ:全長/1,220mm、ボディ部/500mm、幅:ネック部/190mm、ボディ上部/310mm、ボディ下部410mm
ストラップのタイプ リュックタイプ
収納 大容量ポケット、小物ポケット
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

ヘッド保護にも配慮したギグバッグ

リュックサックのように背負えるストラップつきで、ラクに持ち運びができるギグバッグです。全体に20mm厚のウレタンクッションが入っているほか、フタをしめたときにヘッド部分を覆うようにクッションが配置されているので、万が一落としたときにも衝撃を最小限で食い止めてくれます。

A4サイズの譜面も入れられる大容量ポケットと、ピックなどを入れる小物ポケットがあり、こまかいものも整理して入れることができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MONO『M80 VERTIGO』

MONO『M80VERTIGO』 MONO『M80VERTIGO』 MONO『M80VERTIGO』 MONO『M80VERTIGO』 MONO『M80VERTIGO』

出典:Amazon

ケースタイプ ギグバッグ
内寸 長さ:約1,050mm、幅:ボディ下部/約360mm、ボディ上部/約300mm、ヘッド部/約200mm
ストラップのタイプ リュックタイプ
収納 -
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

ベース保護がほぼ完ぺきなギグバッグ

保護機能が充実していることで最近人気上昇中の、アメリカ製MONOのベース用ギグバッグです。外装には、軍用品レベルの耐久性を持つ素材が使用され、分厚いクッションが使われるほか、底部にはしっかりとしたスニーカーのようなゴムを配置。

ネックをホールドしてヘッドをケースから浮かせるようになっているなど、少々ラフに扱ってもよいだろうという気になってしまうほど、保護機能が充実しています。それでいて比較的軽量で、背負えるストラップもついています。ひんぱんに持ち歩く方におすすめしたいケースです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

KC『CB100』

KC『CB100』 KC『CB100』 KC『CB100』

出典:Amazon

ケースタイプ ギグバッグ
内寸 全長:1,190mm 、 最大幅:330mm
ストラップのタイプ リュックタイプ
収納 大型ポケット、アクセサリーポケット
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

ポケット充実で収納力の高いギグバッグ

ややソフトな作りのギグバッグで、保護機能はそれなりといったところ。それより注目は収納力で、ボディ部分の外側に大型のポケットがついています。マチが広がるようになっているため、小さめのものならマルチエフェクターも入れられます。

ネック部分にもポケットがあって、こちらもコンパクトエフェクター2個程度は余裕で入れられるほど大きいものです。いろいろなものが入れられますが、重くなりすぎないよう注意しましょう。いろいろ収納したい方はもちろん、低価格なのではじめてギグバッグを購入する方にも最適です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

IGIG『G315B』

IGIG『G315B』

出典:Amazon

ケースタイプ ソフトケース
内寸 全長:1,230mm、幅:390mm
ストラップのタイプ リュックタイプ
収納 フロント大型ポケット、内部ポケット
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

機能満載のユニークなソフトケース

ユニークなデザインのケースですが、おどろきの収納力をそなえています。フタになるフロント部分は、ほぼ全体がポケットになっていて、とても大容量です。ギタースタンドやマイクスタンドなど長いものを持ちたいときにも対応してくれます。そのほか、内部にはタブレットなども入る大型ポケットや、ケーブルホルダーもそなえています。

ソフトケースとされていますが、取り外して位置を調整できるネックピローを装備。側面、背面にはクッションが入るなど、保護の機能はギグバッグ並みです。レインカバーが付属し、雨の日でも安心して持ち運べるところもうれしいポイントです。

「ベースケース」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
FENDER『FB405 ELECTRIC BASS GIG BAG』
KC『BA150』
MUSENT『MSGBSEB1200』
MONO『M80 VERTIGO』
KC『CB100』
IGIG『G315B』
商品名 FENDER『FB405 ELECTRIC BASS GIG BAG』 KC『BA150』 MUSENT『MSGBSEB1200』 MONO『M80 VERTIGO』 KC『CB100』 IGIG『G315B』
商品情報
特徴 フェンダーベースにベストマッチのギグバッグ 軽量で堅牢なABS製ハードケース ヘッド保護にも配慮したギグバッグ ベース保護がほぼ完ぺきなギグバッグ ポケット充実で収納力の高いギグバッグ 機能満載のユニークなソフトケース
ケースタイプ ギグバッグ ハードケース ギグバッグ ギグバッグ ギグバッグ ソフトケース
内寸 全長:1290mm、幅:380mm 長さ:ヘッド部/290mm、ボディ部/550mm、全長/1,190mm、幅:350mm 長さ:全長/1,220mm、ボディ部/500mm、幅:ネック部/190mm、ボディ上部/310mm、ボディ下部410mm 長さ:約1,050mm、幅:ボディ下部/約360mm、ボディ上部/約300mm、ヘッド部/約200mm 全長:1,190mm 、 最大幅:330mm 全長:1,230mm、幅:390mm
ストラップのタイプ リュックタイプ なし リュックタイプ リュックタイプ リュックタイプ リュックタイプ
収納 フロントスリップポケット 小物収納スペース 大容量ポケット、小物ポケット - 大型ポケット、アクセサリーポケット フロント大型ポケット、内部ポケット
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月10日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ベースケースの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのベースケースの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ベースケースランキング
楽天市場:ケースランキング
Yahoo!ショッピング:ベースケースランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ケースの防水性も要チェック! 音楽ライターからのアドバイス

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

雨天時の移動も想定したベースケース選びを

ベースを持ち運ぶうえで気になるのが、雨天の場合です。傘ではベースケース全体をカバーすることはできません。ベースが濡れるのは絶対に避けたいですから、とくに徒歩や電車での移動が多い方は、ケースの防水性もチェックしておくとよいでしょう。

自分のケースには防水性がないけれど、お気に入りなのでどうしても使いたい、という方は、ケースの上からかぶせられるベース用のレインカバーを使いましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/11/20 一部コンテンツと価格を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 秋元清香)

 

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ギターピックのおすすめ8選! かっこいいピックを音楽ライターが厳選

ギターピックのおすすめ8選! かっこいいピックを音楽ライターが厳選

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、おすすめのギターピック8選と選び方のポイントを紹介します。ギター演奏に必須のアクセサリであるピックは、形や材質、厚さなどさまざまなため、とくに初心者はどれを選んだらよいか悩んでしまうこともあるでしょう。選ぶときにはギターピックの形や材質、厚さなど気にすべき大切なポイントがいくつかあります。本記事を参考に自分の演奏スタイルにマッチするギターピック選びの参考にしてくださいね。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


2020年【アナログミキサー】おすすめ12選|用途・入出力・チャンネル数で選ぶ

2020年【アナログミキサー】おすすめ12選|用途・入出力・チャンネル数で選ぶ

最近はDJや音楽制作はPCの上だけでこなしてしまう人も多いかと思いますが、さまざまなチャンネルをまとめるのであれば、アナログミキサーを使うのもおすすめです。そこで、大手楽器メーカー出身のライターである、山野辺祥子さんと編集部で選んだ最新アナログミキサー12選と選び方を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


初心者におすすめのアコギ16選|価格帯別、タイプ別ランキング

初心者におすすめのアコギ16選|価格帯別、タイプ別ランキング

音楽機材選びのプロ、田澤 仁さんに初心者に最適なアコギを価格帯別、タイプ別に16本選んでもらいました。ヤマハ、モーリスからマーチン、テイラーまで、厳選ピックアップ! また、プロならではの選び方のコツも伝授していますので、ぜひ参考にしてください。


リコーダーのおすすめ8選【小学生だけでなく大人の趣味にも】ソプラノ・アルト別に紹介!

リコーダーのおすすめ8選【小学生だけでなく大人の趣味にも】ソプラノ・アルト別に紹介!

リコーダーと聞くと、小学校のころ音楽の授業で苦戦した思い出のある方も多いのではないでしょうか。覚えてしまえば吹き方もかんたんなものではありますが、実は意外と奥が深いのを知っていますか。この記事では、ピアノ講師で大手楽器メーカーで勤務経験のある山野辺祥子さんにお話をうかがい、リコーダーのおすすめ8選と、選び方を詳しく解説します。


関連するブランド・メーカー


Fender(フェンダー) KC(ケーシー)

新着記事


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

子どものとき大好きだったミニカー。大人にとっても単なるオモチャではありません。バス、スポーツカー、パトカー、消防車など、車は今でも男の子の憧れ。そこで、大人と子どもが一緒に遊べるミニカーのおすすめ商品12選を、保育士の武田優希さんと編集部が厳選しました。選び方もあわせてご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る