ベースの人気おすすめ6選|重厚感のあるサウンドを楽しむ!

Fender(フェンダー)MADE IN JAPAN TRADITIONAL『70S PRECISION BASS』
出典:Amazon


重厚感のある音色でバンドのアンサンブルを支える楽器の「ベース」。ベーシストがいないと曲の厚みが欠けてしまう、まさに縁の下の力持ちとして担当するパートの楽器です。

本記事では、ベースの選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事後半には、Amazonなどの人気売れ筋ランキングやスペック比較表もありますのでぜひチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

レコーディングエンジニア
小野寺 孝樹

1989年株式会社ゼロスタジオに入社。 アシスタントを経て、1992年チーフエンジニアに昇格。 その後、数々のレコーディングに携わる。 2001年ゼロスタジオを退社、フリーランスとなる。 以降、レコーディング・ミックスからプログラミングまで、またアイドルソングからプログレまでなんでもこなす便利な人として、活躍中。"

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ホビー
水貝 英斗

「ホビー」カテゴリーを担当。小学校から大学まで柔道に明け暮れた元体育会系であり、大のゲーム・アニメ好き。その他、広告関連記事の制作にも携わり、SEOの知見を活かし商品販促のプランニングも行っている。

◆本記事の公開は、2019年05月31日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

『おすすめ商品』を今すぐ見る
『商品の比較一覧表』を今すぐ見る

ベースの選び方


それでは、ベースの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の4つ。

【1】パッシブかアクティブか
【2】演奏スタイルやジャンル
【3】価格帯
【4】好きなアーティストと同じモデルか


上記の4つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】パッシブかアクティブか、チェック

 

ベースには、パッシブタイプとアクティブタイプの2種類があります。

ピックアップで拾った信号がそのまま出力されるのがパッシブタイプで、プレシジョンベースやジャズベースが代表例。

アクティブタイプはベース本体にプリアンプを内蔵し、出力を大きくすることで、力強い音色や自由な音作りを実現しています。MUSICMANのStingRayはアクティブタイプの代表例です。

どちらのタイプもメリット・デメリットがあるので、その特色をよくつかむことが必要。かんたんに言うなら、パッシブはナチュラルでふくよかな音色、アクティブはノイズに強くてはっきりと前に出る音色です。

【2】演奏スタイルやジャンルをチェック

ベースを弾く手
ペイレスイメージズのロゴ

エレクトリック・ベースといってもさまざまな機種があり、それぞれに音色の特徴や得手不得手があります。ベースごとの特色をよく知ることが、選択の際の重要なポイントです。

たとえば、ハードロックやオルタナティブ、パンクロックに向いてる機種として、GibsonのThunderbirdやMusicmanのStingRayがあります。

また、ピック弾きならプレシジョンベース、親指で弦を叩き、人差し指で弦を引っ張るスラップ奏法を多用するのであれば、ジャズベースやアクティブタイプがいいでしょう。

【3】価格帯をチェック

 

ベースは安ければ1万円以下から、高いと数百万円するものまであるので、どの価格帯のものを選べばいいのか迷うはず。

総予算が5万円だとして、はじめてベースを購入する方は、周辺機材も含めて考えないといけないので、ベース本体にかけられるのは2~3万円前後でしょう。

すでに楽器を持っていて2本目の購入などを考えている方なら、その限りではありません。

その場合は、シールドやエフェクターなど、周辺機材のアップグレードを同時に行うのがおすすめです。楽器のアップグレード以上の効果を得られます。

【4】好きなアーティストと同じモデルかチェック

 

みなさんそれぞれ好きなバンドやミュージシャンがいると思いますが、好きなアーティストと同じ機材を選ぶのも、選択肢としては有効。憧れやミーハー的な意味だけではなく、同じものを使えば出てくる音をイメージしやすいからです。

もちろん同じ機材を使ったところでまったく同じ音が出るわけではありませんが、少しでも近づくために努力することはいいことだと思います。

ベースおすすめ6選


前述してきたベースの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

YAMAHA(ヤマハ)『TRBX505 (TRBX505TBR)』

ヤマハYAMAHAエレキベース5弦TRBX505TBR ヤマハYAMAHAエレキベース5弦TRBX505TBR ヤマハYAMAHAエレキベース5弦TRBX505TBR
出典:Amazon この商品を見るview item

初心者でも使いやすい5弦ベース!

5本弦となっているため、通常のベースとは形状が違っています。しかし、ヘッドデザインが、弦をまっすぐ張れるようにデザインされているため、扱いに慣れていない初心者でも、4本弦のものと同様に簡単に扱うことができます。

パッシブとアクティブの切り替えスイッチのおかげで、様々な楽曲に対応できる
のも、うれしいポイントです。

Fender(フェンダー)『MIJ Traditional '60s Jazz Bass (5350060300)』

FenderエレキベースMIJTraditional'60sJazzBass®Rosewood3-ColorSunburst FenderエレキベースMIJTraditional'60sJazzBass®Rosewood3-ColorSunburst FenderエレキベースMIJTraditional'60sJazzBass®Rosewood3-ColorSunburst FenderエレキベースMIJTraditional'60sJazzBass®Rosewood3-ColorSunburst FenderエレキベースMIJTraditional'60sJazzBass®Rosewood3-ColorSunburst FenderエレキベースMIJTraditional'60sJazzBass®Rosewood3-ColorSunburst FenderエレキベースMIJTraditional'60sJazzBass®Rosewood3-ColorSunburst
出典:Amazon この商品を見るview item

これぞまさにフェンダーベース!

ベース業界で王道となっている、フェンダーの「ジャズベース」。62年製のジャズベースがモデルとなっているため、しっかりと低音はおさえつつも、メリハリがあるサウンドを実現しています。これぞまさに、フェンダーベースという商品。少し高い商品ではありますが、長く使い続けられるベースなので、納得の値段となっています。

Bacchus『Universe Series IKEBE ORIGINAL HWL-ALL (WJB-ALL-BLK/R)』

BacchusバッカスエレキベースUniverseSeriesIKEBEORIGINALHWL-ALLBLACK BacchusバッカスエレキベースUniverseSeriesIKEBEORIGINALHWL-ALLBLACK
出典:Amazon この商品を見るview item

唯一無二のオールブラックのベース

ボディだけでなく、全てのパーツがブラックとなっている、おしゃれなデザインのベース。
コストパフォーマンスに優れたバッカス・ユニヴァース・シリーズから販売されている限定モデル。弾きやすさやサウンドは、もちろんクオリティは高く、デザイン製と両立させている商品。限定モデルのため、この機会をお見逃しのないように。

エキスパートのおすすめ

Fender(フェンダー)MADE IN JAPAN TRADITIONAL『70S PRECISION BASS』

Fender/MadeinJapanTraditional70sPrecisionBassRosewoodFingerboardArcticWhite《超豪華アクセサリーバッグプレゼント!/+2308111890007》【YRK】 Fender/MadeinJapanTraditional70sPrecisionBassRosewoodFingerboardArcticWhite《超豪華アクセサリーバッグプレゼント!/+2308111890007》【YRK】 Fender/MadeinJapanTraditional70sPrecisionBassRosewoodFingerboardArcticWhite《超豪華アクセサリーバッグプレゼント!/+2308111890007》【YRK】
出典:楽天市場 この商品を見るview item
レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹

レコーディングエンジニア

1970年代のプレシジョンベースを再現した逸品

現在の形のエレクトリックベースの元祖が、Fenderのプレシジョンベース(通称プレベ)です。プリミティブでシンプルかつ、ストレートでパワフルなサウンドが魅力。

アンプで音を出すためのマイクであるピックアップがひとつなので、音作りの幅は広くありません。ピック弾きするときの独特の太いサウンドは、バンドのなかに埋もれることなく存在感を発揮します。

プレベの愛用ミュージシャンは、アメリカ発祥のモータウン・レコードにおいて1960年代~70年代にかけて数々のヒット曲で演奏したベーシストのジェームス・ジェマーソンや、イギリスのヘヴィメタルバンドIRON MAIDEN(アイアン・メイデン)のスティーブ・ハリス、シド・ヴィシャスが有名。日本ではロックバンドOKAMOTO'Sのハマ・オカモト氏などがいます。

この機種はプレベならではの荒々しさを活かしつつ、若干モダンにリファインされているので演奏しやすく、どなたにもおすすめできます。

エキスパートのおすすめ

MUSICMAN(ミュージックマン)『StingRay4 Vintage Sunburst』

SterlingbyMUSICMAN/SUBSeriesRay4VintageSunburstSatinスターリンミュージックマン SterlingbyMUSICMAN/SUBSeriesRay4VintageSunburstSatinスターリンミュージックマン SterlingbyMUSICMAN/SUBSeriesRay4VintageSunburstSatinスターリンミュージックマン SterlingbyMUSICMAN/SUBSeriesRay4VintageSunburstSatinスターリンミュージックマン SterlingbyMUSICMAN/SUBSeriesRay4VintageSunburstSatinスターリンミュージックマン SterlingbyMUSICMAN/SUBSeriesRay4VintageSunburstSatinスターリンミュージックマン
出典:Amazon この商品を見るview item
レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹

レコーディングエンジニア

ハードロックやパンクロックにぴったりの定番モデル

StingRayは1976年の発表から揺るぎない地位を確立しているMUSICMANのベースのなかでも、一番人気の大定番モデルです。

大きく特徴的なピックアップはブリッジ寄りに1基。アクティブタイプなのでノイズに強く、3バンドイコライザー搭載で、幅広い音作りが可能。強烈な個性を感じます。

アメリカのロックバンドRed Hot Chili Peppers(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)のベーシストであるフリーが使用していることでも有名。

しっかりとした低域がありながらもクリアでヌケのいい高域が特徴で、ハードロックからオルタナまで、またスラップを多用するベーシストにもおすすめです。

エキスパートのおすすめ

Fender(フェンダー)『Squier AFFINITY SERIES PRECISION BASS PJ』

SquierbyFenderエレキベースAffinitySeries™PrecisionBass®PJ,MapleFingerboard,BlackPickguard,OlympicWhite SquierbyFenderエレキベースAffinitySeries™PrecisionBass®PJ,MapleFingerboard,BlackPickguard,OlympicWhite SquierbyFenderエレキベースAffinitySeries™PrecisionBass®PJ,MapleFingerboard,BlackPickguard,OlympicWhite SquierbyFenderエレキベースAffinitySeries™PrecisionBass®PJ,MapleFingerboard,BlackPickguard,OlympicWhite SquierbyFenderエレキベースAffinitySeries™PrecisionBass®PJ,MapleFingerboard,BlackPickguard,OlympicWhite SquierbyFenderエレキベースAffinitySeries™PrecisionBass®PJ,MapleFingerboard,BlackPickguard,OlympicWhite
出典:Amazon この商品を見るview item
レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹

レコーディングエンジニア

プレべとジャズベのよさを兼ね備えたモデル

こちらはFenderの弟的ブランドのSquierによる、AffinityシリーズのPRECISION BASS PJです。

PJタイプのピックアップレイアウトで、プレシジョンベースのパワフルなサウンドとジャズベースの音作りの自由度をあわせ持ったハイブリッドモデル。弾きやすく、お求めやすい価格の機種です。

あらゆるジャンルに対応し、幅広くおすすめできる一台です。プレベとジャズベのいいとこ取りのような機種なので、とくにビギナーの方には、初めて購入する一台に最適だと思います。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
YAMAHA(ヤマハ)『TRBX505 (TRBX505TBR)』
Fender(フェンダー)『MIJ Traditional '60s Jazz Bass (5350060300)』
Bacchus『Universe Series IKEBE ORIGINAL HWL-ALL (WJB-ALL-BLK/R)』
Fender(フェンダー)MADE IN JAPAN TRADITIONAL『70S PRECISION BASS』
MUSICMAN(ミュージックマン)『StingRay4 Vintage Sunburst』
Fender(フェンダー)『Squier AFFINITY SERIES PRECISION BASS PJ』
商品名 YAMAHA(ヤマハ)『TRBX505 (TRBX505TBR)』 Fender(フェンダー)『MIJ Traditional '60s Jazz Bass (5350060300)』 Bacchus『Universe Series IKEBE ORIGINAL HWL-ALL (WJB-ALL-BLK/R)』 Fender(フェンダー)MADE IN JAPAN TRADITIONAL『70S PRECISION BASS』 MUSICMAN(ミュージックマン)『StingRay4 Vintage Sunburst』 Fender(フェンダー)『Squier AFFINITY SERIES PRECISION BASS PJ』
商品情報
特徴 初心者でも使いやすい5弦ベース! これぞまさにフェンダーベース! 唯一無二のオールブラックのベース 1970年代のプレシジョンベースを再現した逸品 ハードロックやパンクロックにぴったりの定番モデル プレべとジャズベのよさを兼ね備えたモデル
弦数 5弦 4弦 4弦 4弦 4弦 4弦
表板の材質 マホガニー バスウッド ポプラ アルダー - アルダー
指板材の種類 ローズウッド ローズウッド ローズウッド メイプル インディアンローレル
スケールの長さ 86.4cm 86.4cm 86.4cm 86.4cm - 86.4cm
パッシブ/アクティブ パッシブ パッシブ アクティブ パッシブ
カラー ブラウン・ブラック・ホワイト 3カラーサンバースト・アークティックホワイト・ウォルナット・キャンディアップルレッド・ソニックブルー・ダフネブルー ブラック アークティックホワイト、ブラック ヴィンテージサンバースト ブラック、オリンピックホワイト、レースレッド
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月22日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ベースの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのベースの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:エレキベースランキング
楽天市場:エレキベースランキング
Yahoo!ショッピング:エレキベース本体ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ベースに関するQ&A

ここでは、ベースに関するQ&Aをご紹介します。

question iconそもそもベースとギターの違いって?

answer icon

まず、ベースとギターは基本の弦の数が異なります。ベースは4本なのに対し、ギターは6本。ただし、ベースにもギターにも「多弦」といって基本の数より多くの弦を使っているモデルもあります。

ほかの違いとしては、音域や本体サイズ、バンド内での役割など。ベースよりもギターのほうが音域が高く、本体サイズはギターよりもベースのほうが少し大きめです。バンド内での役割としては、ベースはメロディラインを支えるのに対し、ギターはメロディラインなど華やかな部分を担当します。

question iconベースの弦交換はするべき?

answer icon

ベースの弦は交換しない人もいますが、使用していくうちに弦がサビたり、音質が劣化したりというデメリットがあります。プロでも頻繁に取り換える人や全く交換しない人などさまざまなので、デメリットを理解したうえで判断するといいでしょう。

実際にベースの音色を聴いて判断しよう


ベース選択の決め手となるポイントを一部あげてきましたが、結局決め手となるのは各々の好みです。他人の意見よりも自分の感覚を信じたほうが後悔しないでしょう。

後悔しないベース選びのためには、自分のなかに基準となるものを持つことが大事。ネットや雑誌を利用した情報収集も大切ですが、ビギナーの方もまずは実際に楽器に触ってサウンドを確認してから選ぶのが一番いいと思います。

とはいえ、実際に楽器に触る機会のない方は写真や文章の情報だけではなく、動画サイトの楽器レビューなど、実際に音を出して演奏しているものを参考にしてみてください。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部