ベースのおすすめ5選|レコーディングエンジニアが選び方も解説

ベースのおすすめ5選|レコーディングエンジニアが選び方も解説
レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹
レコーディングエンジニア
小野寺 孝樹

1989年株式会社ゼロスタジオに入社。 アシスタントを経て、1992年チーフエンジニアに昇格。 その後、数々のレコーディングに携わる。 2001年ゼロスタジオを退社、フリーランスとなる。 以降、レコーディング・ミックスからプログラミングまで、またアイドルソングからプログレまでなんでもこなす便利な人として、活躍中。"

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに聞いた、ベースの選び方とおすすめの商品を紹介します。重厚感のある音色でバンドのアンサンブルを支える楽器の「ベース」。ベーシストがいないと曲の厚みが欠けてしまう、まさに縁の下の力持ちとして担当するパートの楽器です。そんなベースを選ぶ際、初心者にかぎらず見ためや価格、電気の出力の違いなど、種類が豊富なため、どのように選ぶといいのかわからない方も多いのでは。レコーディングエンジニアのアドバイスを参考に、自分の理想の1本をさがしてみましょう。記事の最後では、通販サイトのベースランキングも紹介します。


ベースの選び方|レコーディングエンジニアに聞く

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに、ベースを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

ベースを弾く手
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

ベースは、演奏スタイルやジャンルによって使い分けることが大切です。ベースを選ぶときには、どのようなスタイル・ジャンルの演奏をしたいのかも確認しましょう。

パッシブとアクティブ、どっちにする?

レコーディングエンジニア

ナチュラルなパッシブ、ノイズに強いアクティブ

ベースには、パッシブタイプとアクティブタイプの2種類があります。ピックアップで拾った信号がそのまま出力されるのがパッシブタイプで、プレシジョンベースやジャズベースが代表例。アクティブタイプはベース本体にプリアンプを内蔵し、出力を大きくすることで、力強い音色や自由な音作りを実現しています。MUSICMANのStingRayはアクティブタイプの代表例です。

どちらのタイプもメリット・デメリットがあるので、その特色をよくつかむことが必要。かんたんに言うなら、パッシブはナチュラルでふくよかな音色、アクティブはノイズに強くてはっきりと前に出る音色です。

Fender(フェンダー)『Made in Japan Hybrid Jazz Bass V』

パッシブタイプのベース。ナチュラルな音色が特徴です。

>> Amazonで詳細を見る

MUSICMAN(ミュージックマン)『StingRay4 Vintage Sunburst』

アクティブタイプのベースはこちら。ハッキリと力強い音です。

>> Rakuten市場で詳細を見る

演奏スタイルやジャンルによって選ぼう

レコーディングエンジニア

音楽のジャンルによるベースの向き不向きをチェック

エレクトリック・ベースといってもさまざまな機種があり、それぞれに音色の特徴や得手不得手があります。ベースごとの特色をよく知ることが、選択の際の重要なポイントです。

たとえば、ハードロックやオルタナティブ、パンクロックに向いてる機種として、GibsonのThunderbirdやMusicmanのStingRayがあります。また、ピック弾きならプレシジョンベース、親指で弦を叩き、人差し指で弦を引っ張るスラップ奏法を多用するのであれば、ジャズベースやアクティブタイプがいいでしょう。

価格帯はどのくらいがいい?

レコーディングエンジニア

楽器以外の周辺機材の費用も考慮しよう

ベースは安ければ1万円以下から、高いと数百万円するものまであるので、どの価格帯のものを選べばいいのか迷うところだと思います。総予算が5万円だとして、はじめてベースを購入する方は、周辺機材も含めて考えないといけないので、ベース本体にかけられるのは2~3万円前後でしょう。

すでに楽器を持っていて2本目の購入などを考えている方なら、その限りではありません。その場合はシールドやエフェクターなど、周辺機材のアップグレードを同時に行うのがおすすめです。楽器のアップグレード以上の効果を得られます。

好きなアーティストと同じモデルを選ぼう

レコーディングエンジニア

理想のサウンドに迫るには楽器から

みなさんそれぞれ好きなバンドやミュージシャンがいると思いますが、好きなアーティストと同じ機材を選ぶのも、選択肢としては有効。憧れやミーハー的な意味だけではなく、同じものを使えば出てくる音をイメージしやすいからです。

もちろん同じ機材を使ったところでまったく同じ音が出るわけではありませんが、少しでも近づくために努力することはいいことだと思います。

Fender(フェンダー)『Made in Japan Traditional 70s Precision Bass』

アメリカのベーシストのジェームス・ジェマーソンや、イギリスのヘヴィメタルバンドIRON MAIDEN(アイアン・メイデン)のスティーブ・ハリス、シド・ヴィシャス、日本のロックバンドOKAMOTO'Sのハマ・オカモト氏などが愛用。

>> Amazonで詳細を見る

ベースおすすめ5選! レコーディングエンジニアが厳選

前述してきたベースの選び方のポイントをふまえて、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんが選んだおすすめ商品を5つ紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Fender(フェンダー)MADE IN JAPAN TRADITIONAL『70S PRECISION BASS』

出典:Amazon

弦数
4弦
表板の材質
アルダー
指板材の種類
ローズウッド
スケールの長さ
86.4cm
パッシブ/アクティブ
パッシブ
カラー
アークティックホワイト、ブラック
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45
レコーディングエンジニア

1970年代のプレシジョンベースを再現した逸品

現在の形のエレクトリックベースの元祖が、Fenderのプレシジョンベース(通称プレベ)です。プリミティブでシンプルかつ、ストレートでパワフルなサウンドが魅力。

アンプで音を出すためのマイクであるピックアップがひとつなので、音作りの幅は広くありません。ピック弾きするときの独特の太いサウンドは、バンドのなかに埋もれることなく存在感を発揮します。

プレベの愛用ミュージシャンは、アメリカ発祥のモータウン・レコードにおいて1960年代~70年代にかけて数々のヒット曲で演奏したベーシストのジェームス・ジェマーソンや、イギリスのヘヴィメタルバンドIRON MAIDEN(アイアン・メイデン)のスティーブ・ハリス、シド・ヴィシャスが有名。日本ではロックバンドOKAMOTO'Sのハマ・オカモト氏などがいます。

この機種はプレベならではの荒々しさを活かしつつ、若干モダンにリファインされているので演奏しやすく、どなたにもおすすめできます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Fender(フェンダー)MADE IN JAPAN HYBRID『JAZZ BASS V』

出典:Amazon

弦数
5弦
表板の材質
アルダー
指板材の種類
ローズウッド
スケールの長さ
86.4cm
パッシブ/アクティブ
パッシブ
カラー
アークティックホワイト、チャコールフロストメタリック、シャーウッドグリーンメタリック、トリノレッド
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45
レコーディングエンジニア

迷ったらこれ! 愛用者多数のフェンダーのジャズベ

定番中の定番、Fenderのジャズベース(通称ジャズベ)。アメリカのベーシストであるマーカス・ミラーや、イギリスのロックバンドLed Zeppelin(レッド・ツェッペリン)のジョン・ポール・ジョーンズ、日本ではミュージシャンの細野晴臣氏や音楽プロデューサー・ベーシストの亀田誠二氏が使用していることでも有名です。

ナチュラルな低音が特徴で、ウォームな音色から輪郭のハッキリした音色まで、複数のピックアップの組み合わせで幅広く音作りができます。Fender Japan製ということで、製品ごとの当たり外れが少ないのもポイント。

とにかくあらゆるジャンルに対応できるので、困ったらこれを選べばまず間違いありません。比較的ネックが細身なこともあり、ビギナーや手の小さい方にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MUSICMAN(ミュージックマン)『StingRay4 Vintage Sunburst』

出典:楽天市場

弦数
4弦
表板の材質
-
指板材の種類
メイプル
スケールの長さ
-
パッシブ/アクティブ
アクティブ
カラー
ヴィンテージサンバースト
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45
レコーディングエンジニア

ハードロックやパンクロックにぴったりの定番モデル

StingRayは1976年の発表から揺るぎない地位を確立しているMUSICMANのベースのなかでも、一番人気の大定番モデルです。

大きく特徴的なピックアップはブリッジ寄りに1基。アクティブタイプなのでノイズに強く、3バンドイコライザー搭載で、幅広い音作りが可能。強烈な個性を感じます。アメリカのロックバンドRed Hot Chili Peppers(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)のベーシストであるフリーが使用していることでも有名。

しっかりとした低域がありながらもクリアでヌケのいい高域が特徴で、ハードロックからオルタナまで、またスラップを多用するベーシストにもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Fender(フェンダー)『Squier AFFINITY SERIES PRECISION BASS PJ』

出典:Amazon

弦数
4弦
表板の材質
アルダー
指板材の種類
インディアンローレル
スケールの長さ
86.4cm
パッシブ/アクティブ
パッシブ
カラー
ブラック、オリンピックホワイト、レースレッド
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45
レコーディングエンジニア

プレべとジャズベのよさを兼ね備えたモデル

こちらはFenderの弟的ブランドのSquierによる、AffinityシリーズのPRECISION BASS PJです。PJタイプのピックアップレイアウトで、プレシジョンベースのパワフルなサウンドとジャズベースの音作りの自由度をあわせ持ったハイブリッドモデル。弾きやすく、お求めやすい価格の機種です。

あらゆるジャンルに対応し、幅広くおすすめできる一台です。プレベとジャズベのいいとこ取りのような機種なので、とくにビギナーの方には、初めて購入する一台に最適だと思います。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Gibson(ギブソン)『Thunderbird Bass 2019』

出典:Amazon

弦数
4弦
表板の材質
マホガニー
指板材の種類
ローズウッド
スケールの長さ
約86.3cm
パッシブ/アクティブ
パッシブ
カラー
ヘリテージチェリーサンバースト
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45
レコーディングエンジニア

個性派の人におすすめの独特なシェイプ

同じGibsonのエレクトリック・ギターにFirebirdがありますが、同時期に開発されたエレクトリック・ベースがこのThunderbird。

とにかく音が太く、ほかの楽器の音に負けない「ロック!」という音がします。大げさでなく「ロックベース=サンダーバード」という人もいるくらいです。

アメリカのヘヴィメタルバンドMotley Crueのニッキー・シックスは、Thunderbirdをベースにしたオリジナル仕様の「ブラックバード」というモデルを愛用しています。ハムバッカー・ピックアップの太い音は、どちらかというと抜けのよい音ではないのでスラップなどには向いていませんが、ピック弾きでゴリゴリ演奏したい方におすすめです。

「ベース」のおすすめ商品の比較一覧表

画像

Fender(フェンダー)MADE IN JAPAN TRADITIONAL『70S PRECISION BASS』
Fender(フェンダー)MADE IN JAPAN HYBRID『JAZZ BASS V』
MUSICMAN(ミュージックマン)『StingRay4 Vintage Sunburst』
Fender(フェンダー)『Squier AFFINITY SERIES PRECISION BASS PJ』
Gibson(ギブソン)『Thunderbird Bass 2019』

商品

Fender(フェンダー)MADE IN JAPAN TRADITIONAL『70S PRECISION BASS』 Fender(フェンダー)MADE IN JAPAN HYBRID『JAZZ BASS V』 MUSICMAN(ミュージックマン)『StingRay4 Vintage Sunburst』 Fender(フェンダー)『Squier AFFINITY SERIES PRECISION BASS PJ』 Gibson(ギブソン)『Thunderbird Bass 2019』

特徴

1970年代のプレシジョンベースを再現した逸品 迷ったらこれ! 愛用者多数のフェンダーのジャズベ ハードロックやパンクロックにぴったりの定番モデル プレべとジャズベのよさを兼ね備えたモデル 個性派の人におすすめの独特なシェイプ

価格

Amazon : ¥ 110,000
楽天市場 : ¥ 99,000
Yahoo!ショッピング : ¥ 105,671
※各社通販サイトの 2019年11月11日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 148,500
楽天市場 : ¥ 133,650
Yahoo!ショッピング : ¥ 133,650
※各社通販サイトの 2019年11月11日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 248,800
※各社通販サイトの 2019年11月11日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 38,500
楽天市場 : ¥ 34,650
Yahoo!ショッピング : ¥ 34,650
※各社通販サイトの 2019年11月11日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 343,200
楽天市場 : ¥ 239,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 239,800
※各社通販サイトの 2019年11月11日時点 での税込価格

弦数

4弦 5弦 4弦 4弦 4弦

表板の材質

アルダー アルダー - アルダー マホガニー

指板材の種類

ローズウッド ローズウッド メイプル インディアンローレル ローズウッド

スケールの長さ

86.4cm 86.4cm - 86.4cm 約86.3cm

パッシブ/アクティブ

パッシブ パッシブ アクティブ パッシブ パッシブ

カラー

アークティックホワイト、ブラック アークティックホワイト、チャコールフロストメタリック、シャーウッドグリーンメタリック、トリノレッド ヴィンテージサンバースト ブラック、オリンピックホワイト、レースレッド ヘリテージチェリーサンバースト

商品情報

通販サイトのランキングを参考にする ベースの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのベースの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:エレキベースランキング
楽天市場:エレキベースランキング
Yahoo!ショッピング:エレキベース本体ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ベース選びで気をつけたいことは? レコーディングエンジニアより

レコーディングエンジニア

実際にベースの音色を聴いて判断しよう

ベース選択の決め手となるポイントを一部あげてきましたが、結局決め手となるのは各々の好みです。他人の意見よりも自分の感覚を信じたほうが後悔しないでしょう。

後悔しないベース選びのためには、自分のなかに基準となるものを持つことが大事。ネットや雑誌を利用した情報収集も大切ですが、ビギナーの方もまずは実際に楽器に触ってサウンドを確認してから選ぶのが一番いいと思います。

とはいえ、実際に楽器に触る機会のない方は写真や文章の情報だけではなく、動画サイトの楽器レビューなど、実際に音を出して演奏しているものを参考にしてみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/11/12 おもに商品情報の修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 秋元清香)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


初心者も安心、おすすめのベース弦10選|楽器選びのプロと編集部で厳選!

初心者も安心、おすすめのベース弦10選|楽器選びのプロと編集部で厳選!

元プロミュージシャンで楽器選びのプロ・田澤仁さんへの取材をもとに、失敗しないベース弦の選び方とおすすめ10選をご紹介します。ベース弦には、材質や形状、太さなどの要素がありますが、張り替えの際などに、どれを選んでよいか迷ってしまうこともあるでしょう。こちらの記事を参考にし、シーンや演奏スタイルにぴったりの弦を選んでください。


フェンダーのベースおすすめ5選! 音楽ライターが選ぶ|タイプやシリーズに注目

フェンダーのベースおすすめ5選! 音楽ライターが選ぶ|タイプやシリーズに注目

音楽ライターの田澤 仁さんに聞いた、フェンダーのベースおすすめ商品5選掲載。エレキベースの大定番といえばフェンダー。ベース選びに迷ったら、フェンダーのベースを買っておけばまず間違いはありません。とはいえ、フェンダーのベースにもさまざまな種類があります。ジャズ・ベースやプレシジョン・ベースなどタイプにもいろいろあり、プレイヤー、アメリカンパフォーマーなどのシリーズごとにそれぞれ少しずつ違いもあります。本記事では、音楽ライターの田澤さんに、フェンダーのベース選びのポイントも伺いましたので、ぜひ参考にしてくださいね。フェンダーのベースには高価なモデルも数多くありますが、ここでは比較的低価格で入手できるモデルを中心にご紹介します。


ストラトキャスターおすすめ6選! 音楽ライターが選ぶ|ピックアップ構成やアームの種類をチェック

ストラトキャスターおすすめ6選! 音楽ライターが選ぶ|ピックアップ構成やアームの種類をチェック

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ストラトキャスター(およびストラトタイプのギター)の選び方と、おすすめの6製品を掲載。ストラトキャスターは、エレキギターを代表する機種のひとつ。もともとはフェンダーが開発・販売してきたギターですが、現在では「ストラトタイプ」としてさまざまなメーカーからこのタイプのギターが出ています。ストラトといってもその内容はバラティに富んでいて、ピックアップの構成やトレモロアームの種類など、多彩な仕様のギターがあります。なおストラトタイプのギターはとても数が多く、ビンテージなど高価な製品もたくさんありますが、本記事では比較的手の届きやすい価格帯の製品を中心にご紹介します。


【音楽ライターがおすすめする譜面台7選】高さや機能で選ぼう!

【音楽ライターがおすすめする譜面台7選】高さや機能で選ぼう!

楽器の演奏中に、見やすい位置に譜面を置くことができる譜面台。オーケストラや吹奏楽の奏者には必須ですが、それ以外の人にとっても便利なもの。ほとんど譜面を使わないというバンド系のプレイヤーでも、コード表や歌詞カードなど、演奏しながら見たいものは意外に多いものです。また、譜面台はどれも同じように見えますが、調整できる高さや、調整の方法など、少しずつ違いがあり、使い方に合わせて選ぶ必要があります。そこでこの記事では、音楽ライターの田澤 仁さんに取材し、譜面台の選び方とおすすめの譜面台を教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてくださいね。


カラオケマイクおすすめ5選【音楽ライター厳選】アプリ利用ができるものも!

カラオケマイクおすすめ5選【音楽ライター厳選】アプリ利用ができるものも!

この記事では音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、カラオケマイクの選び方と、おすすめ商品をご紹介します。カラオケ店に行かなくても、ひとつ持っていれば家庭でカラオケを楽しめるのがカラオケマイク。マイク内蔵のカラオケ楽曲を再生して歌えるのはもちろん、エコーなどのエフェクトをかけたり、ライトが点滅したり、歌声を録音できたりといった機能を持つものもあるし、スマホやPCに接続して使えるタイプも続々登場していますよ。


新着記事


メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別トースターの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。朝はトーストにコーヒーという人も多いと思います。トーストを焼くにはトースターが必要ですが、メーカー別にどのような違いがあるのでしょうか? この記事ではフードコーディネーターの國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーの中から、バルミューダ、デロンギ、アラジンを厳選。焼き加減にこだわっていたり、おしゃれなデザインだったりと、それぞれ特徴がみえてくると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。


ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別ホットプレートの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。家族や友人を呼んでわいわい焼き肉やお好み焼き、たこ焼きパーティーなど、ホットプレートは欠かせませんよね。最近では、料理に合わせてプレートを変えられたりと各メーカーで独自の進化を続けています。この記事では國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーから象印、パナソニック、YAMAZEN、アイリスオーヤマ、ブルーノを厳選。それぞれのメーカーごとの特徴やおすすめの商品を紹介しています。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

料理研究家の上田のりこさんへの取材のもと、手軽にパン作りを楽しめるホームベーカリーを、メーカー別にご紹介します。パンを本格的に作るとなると生地をこねるところから始まり、焼きあがるまでにさまざまな工程を経て、早くても3時間ほどかかります。パンの種類や大きさによっては、さらに時間がかかることも。ところがホームベーカリーがあれば、家庭で手軽にパンを作れるうえ、焼き立てを毎日でも楽しむことができます。この記事では数あるホームベーカリーの中から、厳選したシロカ、ツインバード、タイガー、象印、パナソニックをご紹介します。はじめて購入しようとしている方も、買い替えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。


【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

モバイル情報ブロガーが選ぶゲーミングスマホおすすめ商品5選をご紹介します。ゲームのなかには、高スペックゲーミングPCのようなゲーム向けパソコンを推奨するゲームがあります。同じくスマホゲームにおいても、高いスペックのスマートフォンが必要なゲームがあります。そこで、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんにお話をうかがい、ゲーミングスマホの選び方とおすすめ機種について教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

フードコーディネーターの倉田沙也加さんに、ハンドミキサーの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。ケーキの生地をまぜたり、クリームを泡立てたりするのに使うハンドミキサー。最近ではアタッチメントを付け替えて1台で複数の調理に活用できるもの、ハイパワーで時短調理できるもの、安全性や取り扱いに工夫があるものなど、各メーカーからさまざまなハンドミキサーが発売されています。この記事では、ブラウン、クイジナート、テスコム、タイガー、貝印を厳選。それぞれの特徴とおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る