【初心者向け】ベースのおすすめ7選|音楽ライターが厳選! 低価格モデルも

【初心者向け】ベースのおすすめ7選|音楽ライターが厳選! 低価格モデルも
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター
田澤 仁

90年代にプロドラマーとして活動、その後、音楽ライターとして書籍、雑誌などの執筆を行なっている。 DTM、PCオーディオ関連の著書、DTMソフト、シンセサイザーの日本語マニュアル制作など多数。 Webでは2007年~2009年までサイトAll Aboutで「ロック」のガイドを務めたほか、音楽情報サイトBARKSでは国内外の数多くの有名アーティストのインタビュー、ライブ取材などを行なっている。 得意分野はAOR、ハードロック、フュージョン、80年代。

音楽ライターの田澤 仁さんに、ベース選びの基本と初心者におすすめのベースを7つ教えてもらいました。プロが使うようなベースは音も性能もすぐれていますが、とても高価。もちろんはじめから高価なベースを使ってもいいのですが、気軽にはじめるにはできるだけ出費も抑えたいものです。本記事では、比較的低価格で入手できる商品を厳選して紹介します。ベースをはじめるにあたって、どんなベースを選んだらいいか悩んでいる方は必見です! ぜひこの記事を参考に、お気に入りの1本をみつけてみてください。


初心者向けベースの選び方|音楽ライターが解説!

音楽ライターの田澤 仁さんに、初心者向けベースを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

初心者向けベースの画像
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

これからベースをはじめる方は、まずは初心者向けのベースからチャレンジするといいですね。

まずは見た目の印象で!

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

愛着を持てるベースなら、練習が楽しく上達も早い

はじめてのベースは、見た目の印象だけで気に入ったものを選んでもまったく問題ありません。一目見たときに、カッコいい! と思ったものがあれば、迷わずそれを選びましょう。ベースをはじめるときに、あれこれ悩んで時間を使うよりも、とにかくベースを入手して練習をスタートするのが大事です。

愛着を持てるベースなら練習も楽しくできますから、上達も早くなるでしょう。万が一、欲しいと思ったものがとても高価だったとしても、同様のデザイン、似たようなタイプでもっと低価格なものがあることが多いので、あきらめずに探してみましょう。

SQUIER by FENDER『FSR Affinity Jazz Bass』

本家FENDERのオリジナルモデル受け継いだ低価格モデル。豊富なカラーも取りそろえ、弾きやすさを実現した初心者向けモデルです。

>> Amazonで詳細を見る

憧れのベーシストの使用モデルを選ぶ

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

憧れのベーシストと同じモデルを

憧れのベーシスト、好きなベーシストがいるなら、その人の使用モデルを選ぶのもよい方法です。プロのミュージシャンなら、出したい音や自分の奏法に合うベースを使っているなずなので、必ずしもまったく同じモデルでなくても、同じタイプのベースを使えば、同じような演奏をしやすくなるのは間違いないでしょう。

ただし、同じベースを使ったからといって、すぐに同じような演奏ができるわけではありません。練習が必要なことを忘れないようにしてくださいね。

体格に応じてスケールを選ぶ

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

小柄な女性ならショートスケールを

ベースにはいくつかのサイズがあり、「スケール」と呼ばれています。もっとも一般的なのは、弦の長さが約86cmのロングスケールで、重厚でもっともベースらしい音を出せるものです。ただし、小柄な人は扱いにくいことがあるかもしれませんので注意しましょう。

その場合は、ロングに比べて5cmほど短いミディアムスケールを選ぶとよいでしょう。ムスタングベースなど、さらに約5cm短いショートスケールのものもあるので、これなら小柄な女性でも楽に扱うことができます。体格や弾きやすさに応じて最適なスケールを選んでください。

YAMAHA『BB434』

YAMAHAのエレキベースの代名詞として、世界中のベーシストから愛されている『BBシリーズ』。クリアでパワフルなサウンドが特徴です。

>> Amazonで詳細を見る

ベースのタイプで選ぶなら

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

パワフルな「プレベ」、繊細で明瞭な「ジャズベ」

ベースの定番モデルといば、プレシジョン・ベース(プレベ)とジャズ・ベース(ジャズベ)です。プレベは太くパワフルで、どっしりとした重量感のあるサウンドが特徴。ピックアップがひとつだけのシンプルな構成なので、使いやすいところも人気です。

一方でジャズべには2つのピックアップがあり、それぞれの音量バランスを調整できるので、プレベより繊細に音作りができます。基本的にはプレベよりも抜けがよく、アタックも明瞭(めいりょう)で、スラップも決めやすいので、ジャズ系やR&B系によく使われます。どちらもオールラウンドに使えるので、見た目の好みで選んでも問題ありませんが、手の小さい人はネックが細めのジャズベのほうが弾きやすいでしょう。

初心者向けベースのおすすめ7選|音楽ライターが厳選

うえで紹介した初心者向けベースの選び方のポイントをふまえて、音楽ライターの田澤 仁さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SQUIER by FENDER『FSR Affinity Jazz Bass』

SQUIERbyFENDER『FSRAffinityJazzBass』 SQUIERbyFENDER『FSRAffinityJazzBass』 SQUIERbyFENDER『FSRAffinityJazzBass』 SQUIERbyFENDER『FSRAffinityJazzBass』 SQUIERbyFENDER『FSRAffinityJazzBass』 SQUIERbyFENDER『FSRAffinityJazzBass』

出典:Amazon

タイプ ジャズ・ベース
スケール ロングスケール
カラー展開 3トーンサンバースト、オリンピックホワイト、グラフィティイエロー、スリックシルバー、ソニックブルー ほか全9色
付属品 ソフトケース
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

低価格な正統派ジャズ・ベース

エレキベースを代表するジャズ・ベース。各社からジャズ・ベースタイプのベースが出ていますが、SQUIERはFENDER傘下のブランドなので、正式にジャズ・ベースの名がつけられています。

作りや音は本家FENDERのジャズ・ベースを受け継いだもので、2つのピックアップで自在に音作りができ、抜けのよいサウンドでプレイできます。それでいて比較的低価格なところが最大の魅力。正統派ジャズ・ベースは欲しいけれどFENDERには手が出ない、という人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

FENDER『MIJ Traditional '70s Precision Bass』

FENDER『MIJTraditional'70sPrecisionBass』 FENDER『MIJTraditional'70sPrecisionBass』 FENDER『MIJTraditional'70sPrecisionBass』 FENDER『MIJTraditional'70sPrecisionBass』 FENDER『MIJTraditional'70sPrecisionBass』 FENDER『MIJTraditional'70sPrecisionBass』 FENDER『MIJTraditional'70sPrecisionBass』

出典:Amazon

タイプ プレシジョン・ベース
スケール ロングスケール
カラー展開 アークティックホワイト、ブラック
付属品 ギグバッグ
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

ロック向き、日本製のプレシジョン・ベース

こちらはプレシジョン・ベースで、パワフルで図太く甘いサウンドは、バンドのボトムをしっかり支えてくれるので、とくにロック系ベーシストに人気があります。

この『MIJ Traditional '70s』は、70年代のモデルを再現しつつ、従来より細めのネックを採用するなど、弾きやすさも向上した日本製のモデル。パワフルなロックベースを弾きたいなら、これを選んでおいて間違いありません。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SQUIER by FENDER『Affinity Series Precision Bass PJ』

SQUIERbyFENDER『AffinitySeriesPrecisionBassPJ』 SQUIERbyFENDER『AffinitySeriesPrecisionBassPJ』 SQUIERbyFENDER『AffinitySeriesPrecisionBassPJ』 SQUIERbyFENDER『AffinitySeriesPrecisionBassPJ』 SQUIERbyFENDER『AffinitySeriesPrecisionBassPJ』

出典:Amazon

タイプ PJ
スケール ロングスケール
カラー展開 オリンピックホワイト、ブラック
付属品 -
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

多彩な音作りができるPJベース

ボディはバランスのよいプレシジョン・ベースのシェイプを採用し、リアにジャズ・ベースのピックアップを追加した、いわゆる「PJ」と呼ばれるタイプのベースです。いわばジャズ・ベースとプレシジョン・ベースの「いいとこ取り」をしたモデルで、図太いフロントと抜けのよいリアのピックアップの組み合わせで、多彩な音を作れます。

ジャンルを問わず、オールラウンドに使えるベースです。

YAMAHA『BB434』

YAMAHA『BB434』 YAMAHA『BB434』 YAMAHA『BB434』 YAMAHA『BB434』 YAMAHA『BB434』 YAMAHA『BB434』 YAMAHA『BB434』

出典:Amazon

タイプ 独自(BB)
スケール ロングスケール
カラー展開 タバコブラウンサンバースト、ティールブルー、ブラック
付属品 -
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

40年の伝統ある国産ベースの雄

YAMAHAの『BBシリーズ』は、80年代に世界的ヒットとなり、今も世界中に愛用者がいる国産ベースです。サウンドはクリアでパワフル。ジャズやR&B、フュージョン系ベーシストにとくに人気があります。

この『BB434』はスタンダードモデルですが、ネックとボディを強固に密着させる固定方式や、ボディ裏側から45度の角度で弦を通すブリッジ、メイプルとマホガニーの5ピースネックなどの独自の構造は、プロモデルと共通。ですから、BBシリーズならではのクリアなサウンドで演奏することができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

STERLING by MUSICMAN『Ray24CA』

STERLINGbyMUSICMAN『Ray24CA』 STERLINGbyMUSICMAN『Ray24CA』 STERLINGbyMUSICMAN『Ray24CA』 STERLINGbyMUSICMAN『Ray24CA』 STERLINGbyMUSICMAN『Ray24CA』 STERLINGbyMUSICMAN『Ray24CA』

出典:Amazon

タイプ 独自(スティングレイ)
スケール ロングスケール
カラー展開 3トーンサンバースト
付属品 -
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

初期型スティングレイを再現した低価格モデル

世界的に有名なMUSICMANの、スティングレイ低価格バージョンです。MUSICMAN傘下のSTERLING製で、パーツはすべてMUSICMANのデザインによるものなので、クォリティもお墨付きです。

『Ray24CA』は初期型スティングレイを再現したモデルで、中央の丸いピックガードに1つの大きなピックアップという、スティングレイならではの特徴的なルックスがカッコいいですね。ピックアップはアクティブタイプでプリアンプを内蔵しており、多彩な音を作れます。ファンクやミクスチャー系など派手なプレイをするベーシストが使うイメージもありますが、クイーンのジョン・ディーコンなども使っていますので、幅広いジャンルのベーシストに愛用されているモデルです。表情のあるベースプレイをしたい人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Fujigen『NJB10RAL』

Fujigen『NJB10RAL』 Fujigen『NJB10RAL』 Fujigen『NJB10RAL』 Fujigen『NJB10RAL』 Fujigen『NJB10RAL』 Fujigen『NJB10RAL』 Fujigen『NJB10RAL』

出典:Amazon

タイプ ジャズ・ベース
スケール ロングスケール
カラー展開 3トーンサンバースト
付属品 オリジナルギグバッグ
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

堅牢でていねいな作り、仕上げも美しい国産ベース

Fujigenは、60年代からさまざまなブランドのギターをOEM製造してきた国産の楽器メーカー。自社ブランド製品も高品質で、海外でも人気があります。

『NJB10RAL』はクラシカルなジャズ・ベース・タイプですが、弦とフレットが必ず直角に交差するよう、フレットが円弧状に打つシステムや、ステンレスプレートでがっちりとネックを固定するジョイントなど、同社独自の技術がふんだんに盛り込まれています。ていねいに作られていて、仕上げも美しいので、愛着を持って長く使い続けられるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Bacchus『WJB-330M』

Bacchus『WJB-330M』 Bacchus『WJB-330M』

出典:Amazon

タイプ ジャズ・ベース
スケール ロングスケール
カラー展開 キャンディ・アップル・レッド、マリン・ブルー、オレンジ、ソニック・ブルー、トランスレッド・サンバースト、イエロー ほか
付属品 ソフトケース
Thumb lg 3980f664 6177 422e 861f ab7651c928d6

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

コストパフォーマンス抜群の国産ベース

人気上昇中の国産ブランド、Bacchusのジャズ・ベースです。最大の魅力はなんといってもその価格。2万円前後という安さにもかかわらず、さすがは日本製というしっかりとした作り。コストパフォーマンスは文句なく最高といえます。

カラーバリエーションも豊富で、サンバーストなどの渋いカラーから、パステルカラーなどポップなものまであり、指板もローズウッドとメイプルが用意されているので、きっと好みのものがみつかるでしょう。

「初心者向けベース」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
SQUIER by FENDER『FSR Affinity Jazz Bass』
FENDER『MIJ Traditional '70s Precision Bass』
SQUIER by FENDER『Affinity Series Precision Bass PJ』
YAMAHA『BB434』
STERLING by MUSICMAN『Ray24CA』
Fujigen『NJB10RAL』
Bacchus『WJB-330M』
商品名 SQUIER by FENDER『FSR Affinity Jazz Bass』 FENDER『MIJ Traditional '70s Precision Bass』 SQUIER by FENDER『Affinity Series Precision Bass PJ』 YAMAHA『BB434』 STERLING by MUSICMAN『Ray24CA』 Fujigen『NJB10RAL』 Bacchus『WJB-330M』
商品情報
特徴 低価格な正統派ジャズ・ベース ロック向き、日本製のプレシジョン・ベース 多彩な音作りができるPJベース 40年の伝統ある国産ベースの雄 初期型スティングレイを再現した低価格モデル 堅牢でていねいな作り、仕上げも美しい国産ベース コストパフォーマンス抜群の国産ベース
タイプ ジャズ・ベース プレシジョン・ベース PJ 独自(BB) 独自(スティングレイ) ジャズ・ベース ジャズ・ベース
スケール ロングスケール ロングスケール ロングスケール ロングスケール ロングスケール ロングスケール ロングスケール
カラー展開 3トーンサンバースト、オリンピックホワイト、グラフィティイエロー、スリックシルバー、ソニックブルー ほか全9色 アークティックホワイト、ブラック オリンピックホワイト、ブラック タバコブラウンサンバースト、ティールブルー、ブラック 3トーンサンバースト 3トーンサンバースト キャンディ・アップル・レッド、マリン・ブルー、オレンジ、ソニック・ブルー、トランスレッド・サンバースト、イエロー ほか
付属品 ソフトケース ギグバッグ - - - オリジナルギグバッグ ソフトケース
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ベースの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのベースの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:エレキベースランキング
楽天市場:エレキベースランキング
Yahoo!ショッピング:エレキベースランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

入門用セットは内容をよく確認しよう|音楽ライターからのアドバイス

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

低価格に惑わされず、自分が欲しいベースを選ぼう

初心者向けに、ベースのほかにケーブルやケース、アンプなどをセットにした入門用のセットも販売されています。ベースをはじめるにあたって最低限必要なものを一度に入手できること、そして比較的低価格であることが、セットのメリットです。

ただし、ベース本体の選択肢はあまりありませんし、ほかの付属品についても品質はそれなりのものであることが多いです。安いからといって安易にセットに飛びつかず、本当に自分が欲しいもの、必要なものがそろっているかをよく確認するようにしましょう。

本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ベースケースの選び方とおすすめ商品6選をご紹介します。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/11/12 一部コンテンツと価格を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 桑野美帆子)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ギターピックのおすすめ8選! かっこいいピックを音楽ライターが厳選

ギターピックのおすすめ8選! かっこいいピックを音楽ライターが厳選

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、おすすめのギターピック8選と選び方のポイントを紹介します。ギター演奏に必須のアクセサリであるピックは、形や材質、厚さなどさまざまなため、とくに初心者はどれを選んだらよいか悩んでしまうこともあるでしょう。選ぶときにはギターピックの形や材質、厚さなど気にすべき大切なポイントがいくつかあります。本記事を参考に自分の演奏スタイルにマッチするギターピック選びの参考にしてくださいね。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


チューナーおすすめ5選|ギターの種類やシーンに応じて選ぼう

チューナーおすすめ5選|ギターの種類やシーンに応じて選ぼう

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんにギターや楽器の演奏に欠かせないチューナーの選び方をうかがいました。チューナーは値段だけで選んでしまうと本当に求める機能が備わっていないことがあります。すえ置きタイプやクリップタイプなど操作性をはじめ、メトロノーム機能やキャリブレーション機能など使用するシーンに合ったものを選ぶことが大切です。本記事では、使用するシーンに合った機能付きチューナーでおすすめ商品を5つご紹介します。チューナーを買おうと思っているけど、たくさんの種類からどれを選べばいいのかわからない方は、プロが教えるポイントを参考に探してみましょう!


ギタースタンドおすすめ5選|吊り下げタイプのものもご紹介!

ギタースタンドおすすめ5選|吊り下げタイプのものもご紹介!

本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ギタースタンドの選び方と、おすすめ商品をご紹介します。ギタリストにとって、あると便利なギタースタンド。演奏の合間にちょっとギターを置くだけでなく、インテリアの一部としてギターを飾るなど、日常の保管場所として便利に使えるものもあります。日ごろからギタースタンドで手の届くところにギターを置いておけば、億劫がらずにすぐに練習しようという気になるかもしれませんね。ぜひ、本記事を参考にあなたに合ったギタースタンドを選んでみましょう!


エレキギターの弦おすすめ6選|弦の太さで音色が変わる!

エレキギターの弦おすすめ6選|弦の太さで音色が変わる!

ギタリストなら、こだわりをもって弦を選んでいるという人も多いでしょう。その一方で、安ければなんでもよい、という人もいるようです。しかし、素材や太さ、形状など、弦の種類によって、音色や弾き心地は違ってきます。では、自分のギターや奏法にぴったりの弦をどのように選べばよいのでしょうか。本記事では音楽ライターの田澤 仁さんに、エレキギター用弦の選び方とおすすめのエレキギター弦を教えてもらいましたのでご紹介します。


新着記事


司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

最近は実にたくさんの法律事務所が、過払い金請求のCMなどで宣伝をしています。しかし債務整理の相談はデリケートな問題であり、周囲に知られたくないという方もいるでしょう。また、CMなどで有名なところよりも、さらに実績があって信頼できる司法書士事務所もたくさんあります。そこで本記事では、司法書士事務所のおすすめ11選をFP2級技能士の逆瀬川勇造さんの解説とともにご紹介します。債務整理以外の相談ができるところもありますので、ぜひ参考にしてくださいね。


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る