フェンダーのベースおすすめ5選|プレシジョン・ジャズなど厳選

Fender エレキベース American Performer Jazz Bass®, Rosewood Fingerboard, 3-Color Sunburst
出典:Amazon

エレキベースの大定番といえば「フェンダーのベース」。ベース選びに迷ったら、フェンダーを買っておけばまず間違いはありません。とはいえ、フェンダーのベースにもさまざまな種類があります。

本記事では、音楽ライターの田澤さんが厳選したフェンダーのベースのおすすめと選び方をご紹介します。フェンダーのベースには高価なモデルも数多くありますが、ここでは比較的低価格で入手できるモデルを中心に紹介します。

後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミも参考にしてみてください。


音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター
田澤 仁

90年代にプロドラマーとして活動、その後、音楽ライターとして書籍、雑誌などの執筆を行なっている。 DTM、PCオーディオ関連の著書、DTMソフト、シンセサイザーの日本語マニュアル制作など多数。 Webでは2007年~2009年までサイトAll Aboutで「ロック」のガイドを務めたほか、音楽情報サイトBARKSでは国内外の数多くの有名アーティストのインタビュー、ライブ取材などを行なっている。 得意分野はAOR、ハードロック、フュージョン、80年代。

フェンダーのベース選びのポイントは? 音楽ライターに聞く

ベースを弾く人
Pixabayのロゴ

エレキベースの定番「フェンダー」は、さまざまなシリーズのベースを販売しています。

音楽ライターの田澤 仁さんに、フェンダーのベースを選ぶときのポイントを教えてもらいました。

ポイントは下記の4つ。

【1】フェンダーベースの2大定番モデル
【2】個性をアピールするなら「ジャガー」や「ムスタング」
【3】価格帯別にシリーズ(生産国)を決めてから選ぶ
【4】超有名ベーシストの使用モデルで選ぶ

上記のポイントを押えることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】フェンダーベースの2大定番モデル 「プレシジョン・ベース」と「ジャズ・ベース」

フェンダーのベースの中でも大定番といえるのが、「プレシジョン・ベース(プレベ)」と「ジャズ・ベース(ジャズベ)」です。

プレシジョン・ベース(プレベ) メタルやパンク、ロック系に適した

 

Fender フェンダー エレキベース STEV HARRIS P BASS MN OWT STRP

歴史が長いのは、世界初のエレキベースとして登場したプレシジョン・ベース(プレベ)。太くパワフルなサウンドが持ち味で、ピックアップ1つのシンプルな構成で使いやすいところも人気です。

ジャズ・ベース(ジャズベ) ジャズやR&Bに適した

 

フェンダー『AMERICAN PERFORMER JAZZ BASS』

ジャズ・ベース(ジャズベ)は2つのピックアップによってより幅広い音作りができ、抜けがよく明るい音を出せるので、スラップも派手に決まります。

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

プレベかジャズベで迷ったら見た目で選んでよし

どちらも世界のエレキベースの標準ともいえる存在ですから、迷ったらこのどちらかを選んでおけば間違いなしです。

あえて言うならメタルやパンク、ロック系ならプレベ、ジャズやR&Bならジャズべ、という分け方もできますが、どちらもオールラウンドに使えるベースです。見た目の好みで選んでしまってもまったく問題ありません。

【2】個性をアピールするなら「ジャガー」や「ムスタング」

みんなと同じ定番のベースなんてつまらない、という人もいるでしょう。そんな人におすすめなのが、「ジャガー」や「ムスタング」です。

ジャガー・ベース 多彩な音色を楽しめる

 

フェンダー『PLAYER JAGUAR』

ジャガー・ベースは、ボディに数多くのスイッチを備えた特徴的なルックスを持ち、アクティブとパッシブの切り替えにより瞬時に音のキャラクターを変えられることで人気があります。

ムスタング・ベース 女性や手が小さい方に最適な

 

Fender エレキベース American Performer Mustang Bass®, Rosewood Fingerboard, Aubergine

ムスタング・ベースもかわいらしいルックスがユニークなベースです。ショートスケールで指が届きやすく、弦のテンションも低めなので押さえやすいし、ボディも小ぶりなので女性でも持ちやすいです。弾きやすさを重視する人におすすめのモデルです。

【3】価格帯別にシリーズ(生産国)を決めてから選ぶ メキシコ・日本・アメリカ

世界地図
Pixabayのロゴ

フェンダーのベースには生産国ごとにさまざまなシリーズがあり、価格も違います。価格に見合ったシリーズから選ぶのもひとつです。

「プレイヤーシリーズ」「デラックスシリーズ」 価格重視ならメキシコ製

価格重視なら全モデルの中でエントリーモデルにあたるメキシコ製がねらい目です。幅広いモデルがある「プレイヤーシリーズ」や、アクティブピックアップ搭載の「デラックスシリーズ」がメキシコ製です。

「トラディショナル」「ハイブリッド」 中程度の価格なら日本製

中程度の価格になるのが日本製で、ビンテージを再現した「トラディショナル」と、もう少し高級モデルの「ハイブリッド」があり、どちらも作りのよさとコストパフォーマンスが魅力です。

「アメリカンパフォーマー」「アメリカンプロフェッショナル」 多少高価でも本家を味わいたいならアメリカ製

アメリカ製では、比較的手の届きやすい価格帯の「アメリカンパフォーマー」、現代的な仕様を取り入れた「アメリカンプロフェッショナル」などがあります。他シリーズより少し高価になりますが、本家USAフェンダーの雰囲気を味わいたいならアメリカ製シリーズを選んでください。

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

予算も考慮しながら自身に最適なシリーズを

メキシコ製、日本製、アメリカ製、シリーズごとに特徴があり、価格帯もおおむね決まっているので、まずシリーズを決め、そのなかから選ぶのもひとつの方法です。

【4】超有名ベーシストの使用モデルで選ぶ アーティストシリーズ

 

メタル系ベーシスト向きスティーヴ・ハリスモデル

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

憧れのベーシストがいれば同じモデルを

フェンダーのベースは、もちろん世界中のトッププロに使われています。そんな著名ベーシストの使用モデルと同じ仕様のベースは、アーティストシリーズとしてラインナップされています。

たとえば、ジャズやR&Bの名プレイヤーのジャコ・パストリアスや、アイアン・メイデンのスティーヴ・ハリス、プログレの大御所ラッシュのゲディ・リーなど、さまざまなベーシストのモデルがあります。憧れのベーシストと同じベースを使いたい人は、アーティストシリーズを探してみるとよいでしょう。

フェンダーのベースを購入する前に 音楽ライターからアドバイス

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

一度は店頭で試奏するのがおすすめ

楽器で気になるのが個体差です。フェンダーのベースの場合、メイドイン・ジャパンシリーズならほとんど気にする必要はありませんが、海外製の場合は個体差がある場合もあります。

とくに初めてのベースを選ぶときには、できれば一度はショップに足を運んで試奏させてもらうことをおすすめします。その場合には、たとえば同じジャズ・ベースを何本か弾いてみるのもよいですし、プレベやジャガーなど違うタイプのベースを弾き比べてみるのもよいでしょう。いろいろと試してみて、自分にぴったりのベースを見つけてください。

フェンダーのベースおすすめ5選 音楽ライターが厳選

ここまで紹介したフェンダーベースの選び方のポイントをふまえて、音楽ライターの田澤 仁さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

エキスパートのおすすめ

フェンダー『AMERICAN PERFORMER JAZZ BASS』

フェンダー『AMERICANPERFORMERJAZZBASS』 フェンダー『AMERICANPERFORMERJAZZBASS』 フェンダー『AMERICANPERFORMERJAZZBASS』 フェンダー『AMERICANPERFORMERJAZZBASS』 フェンダー『AMERICANPERFORMERJAZZBASS』 フェンダー『AMERICANPERFORMERJAZZBASS』 フェンダー『AMERICANPERFORMERJAZZBASS』

出典:Amazon

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

オールラウンドに使える米国製ジャズ・ベース

カリフォルニアの工場でハンドメイドで作られる、アメリカンパフォーマーシリーズのジャズ・ベースです。フェンダーはUSAに限るという人にはもちろん、米国製としては比較的低価格なので、初心者にもおすすめです。

中音域がよく伸び、抜けのよい音を鳴らせるアルダー材をボディに使用し、本シリーズ用に開発されたパワフルなサウンドが持ち味のYosemiteピックアップを搭載。ジャズからハードロック系まで、ジャンルを問わずオールラウンドに使えるベースに仕上がっています。

※通販サイトのリンク先のカラーはすべて「3-Color Sunburst」となっています。

エキスパートのおすすめ

フェンダー『MADE IN JAPAN HYBRID 50S PRECISION BASS』

フェンダー『MADEINJAPANHYBRID50SPRECISIONBASS』 フェンダー『MADEINJAPANHYBRID50SPRECISIONBASS』 フェンダー『MADEINJAPANHYBRID50SPRECISIONBASS』 フェンダー『MADEINJAPANHYBRID50SPRECISIONBASS』 フェンダー『MADEINJAPANHYBRID50SPRECISIONBASS』 フェンダー『MADEINJAPANHYBRID50SPRECISIONBASS』 フェンダー『MADEINJAPANHYBRID50SPRECISIONBASS』

出典:Amazon

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

ていねいな作りの日本製プレシジョン・ベース

歴史あるフェンダー・ベースらしい伝統的なデザインに、弾きやすさを考慮した現代的な仕様を取り入れたのが日本製のメイドイン・ジャパン・ハイブリッドシリーズです。

このプレベも、まさにプレベど真ん中のルックスですが、握り心地のよいサテンフィニッシュのネック、比較的フラットで弦高を低くしやすい250Rの指板、押さえやすいミディアムジャンボフレットを採用しており、弾きやすさは抜群。細部まで緻密に作られているのも日本製の特徴なので、作りのよさを重視する人にもおすすめです。

ブラックやサンバーストの定番カラーのほか、チャコールやグリーンのメタリックなどカラーバリエーションも豊富です。

※通販サイトのリンク先のカラーはすべて「2-Color Sunburst」となっています。

エキスパートのおすすめ

フェンダー『PLAYER JAGUAR』

フェンダー『PLAYERJAGUAR』 フェンダー『PLAYERJAGUAR』 フェンダー『PLAYERJAGUAR』 フェンダー『PLAYERJAGUAR』 フェンダー『PLAYERJAGUAR』 フェンダー『PLAYERJAGUAR』

出典:Amazon

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

コスパのよいプレイヤーシリーズのジャガー・ベース

コストパフォーマンスを重視する人におすすめの、メキシコ製プレイヤーシリーズのジャガー・ベースです。高価なモデルのような、ピックアップのアクティブとパッシブの切り替え機能は持っていませんが、プレベタイプとジャズベタイプの2個のパッシブピックアップを備える、いわゆるPJタイプなので、幅広い音作りが可能です。

スイッチも少なめでシンプルなデザインですが、左右のくびれの位置をずらしたオフセットボディは抱えやすいし、まさにジャガー・ベースらしいルックス。定番以外のベースを探している人にもおすすめです。

※通販サイトのリンク先のカラーはすべて「Capri Orange」となっています。

エキスパートのおすすめ

フェンダー『AMERICAN PERFORMER MUSTANG BASS』

フェンダー『AMERICANPERFORMERMUSTANGBASS』 フェンダー『AMERICANPERFORMERMUSTANGBASS』 フェンダー『AMERICANPERFORMERMUSTANGBASS』 フェンダー『AMERICANPERFORMERMUSTANGBASS』 フェンダー『AMERICANPERFORMERMUSTANGBASS』 フェンダー『AMERICANPERFORMERMUSTANGBASS』

出典:Amazon

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

小ぶりなサイズで弾きやすいムスタング・ベース

弾きやすさを重視する人におすすめなのが、ムスタング・ベース。通常のベースより約10センチ短いスケールなので、弦の張りが弱く押さえやすいこと、ボディも小型で抱えやすいことなど、手の小さい人や小柄な人でも弾きやすい設計です。

アメリカンパフォーマーシリーズの本製品は、リア側にジャズベースタイプのピックアップを追加した2ピックアップの構成。どちらも新開発のYosemiteピックアップで、ムスタング・ベースらしく抜けがよく、パワフルなサウンドを鳴らせるので、ロック系ベーシストにおすすめです。

※通販サイトのリンク先のカラーはすべて「Aubergine」となっています。

エキスパートのおすすめ

フェンダー『STEVE HARRIS PRECISION BASS』

フェンダー『STEVEHARRISPRECISIONBASS』 フェンダー『STEVEHARRISPRECISIONBASS』 フェンダー『STEVEHARRISPRECISIONBASS』

出典:Amazon

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

メタル系ベーシスト向きスティーヴ・ハリスモデル

メタル系ベーシストにぴったりのプレベ。アイアン・メイデンのベーシストとしてカリスマ的人気を誇る、スティーヴ・ハリスの使用モデルです。ピンストライプの縁取り、West Ham United FCの紋章、ミラータイプのピックガードという特徴あるルックスがそのまま再現されています。

中域の抜け、高域の張りがある専用のダンカン製ピックアップを搭載、さらにボディがやや重めに作られていて引き締まった重低音も出せるので、全域に渡ってパワフルに鳴らせます。本人と同じように指弾きであの音を出すのは難しいですが、ピックを使えばかなり近づけるかもしれません。

「フェンダーのベース」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
フェンダー『AMERICAN PERFORMER JAZZ BASS』
フェンダー『MADE IN JAPAN HYBRID 50S PRECISION BASS』
フェンダー『PLAYER JAGUAR』
フェンダー『AMERICAN PERFORMER MUSTANG BASS』
フェンダー『STEVE HARRIS PRECISION BASS』
商品名 フェンダー『AMERICAN PERFORMER JAZZ BASS』 フェンダー『MADE IN JAPAN HYBRID 50S PRECISION BASS』 フェンダー『PLAYER JAGUAR』 フェンダー『AMERICAN PERFORMER MUSTANG BASS』 フェンダー『STEVE HARRIS PRECISION BASS』
商品情報
特徴 オールラウンドに使える米国製ジャズ・ベース ていねいな作りの日本製プレシジョン・ベース コスパのよいプレイヤーシリーズのジャガー・ベース 小ぶりなサイズで弾きやすいムスタング・ベース メタル系ベーシスト向きスティーヴ・ハリスモデル
シリーズ アメリカンパフォーマー メイドイン・ジャパン・ハイブリッド プレイヤー アメリカンパフォーマー アーティスト
タイプ ジャズ・ベース プレシジョン・ベース ジャガー・ベース ムスタング・ベース プレシジョン・ベース
カラー 4色(3-Color Sunburst、Arctic White、Penny、Satin Surf Green) 7色(2-Color Sunburst、Black、Charcoal Frost Metallic、ほか) 3色(Silver、Capri Orange、Tidepool) 4色(3-Color Sunburst、 Arctic White、Aubergine、Satin Surf Green) -
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年6月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月25日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする フェンダーのベースの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのフェンダーのベースの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:フェンダーのベースランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

フェンダーのベースに関するそのほかの記事はこちら 【関連記事】

生産国に応じたシリーズでお気に入りの1本を探そう

フェンダーベースの特徴や選び方はおわかりいただけたでしょうか。

おさらいですが、迷ったら「プレシジョン・ベース」と「ジャズ・ベース」のフェンダーベースの2大定番モデルから選びましょう。個性をアピールするなら「ジャガー」や「ムスタング」もおすすめです。そのうえで、メキシコ・日本・アメリカといった生産国に応じたシリーズでお気に入りの1本を探してみてください。

あなたにぴったりのフェンダーベースを見つけ、音楽ライフを充実させてみてはいかがでしょうか。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫しながら、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドアスポーツ・レジャー全般を楽しむパパ編集者。一方平日は、おうち時間でゲーム・アニメ・マンガに没頭するインドア派の一面も。元WEBデザイナーでIT編集者という異色の経歴も持つ。

関連する記事


【ヤマハ】エレキギターおすすめ7選|PASIFICA・SG・RGXなど厳選

【ヤマハ】エレキギターおすすめ7選|PASIFICA・SG・RGXなど厳選

エレキギターを選ぶときに、必ずチェックしておきたいメーカーのひとつがヤマハです。幅広いラインナップがあり、低価格なモデルも含めて高品質です。ヤマハのエレキギターには、伝統の「SG」をはじめ、SGの発展形である「REVSTAR」、バリエーション豊かで初心者にもおすすめの「PACIFICA」などさまざまなシリーズがあります。ここでは、音楽ライターの田澤 仁さんが厳選したヤマハのエレキギターのおすすめのと選び方をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミも参考にしてみてください。

tag icon エレキギター・エレキベース , 楽器 , 音楽用品

フレットレスベースおすすめ10選|魅力と選び方を解説

フレットレスベースおすすめ10選|魅力と選び方を解説

金属のフレットがなくやわらかいあたたかみのある音が特徴の「フレットレスベース」。プロに愛用者が多く、音階の区切りがない分、弾くのが難しいといわれています。しかし、音色の幅が広がるため、初心者やベース経験者でも憧れている人は多いのではないでしょう。そこで音楽ライターの田澤 仁さん、フレットレスベースの選び方とおすすめ商品を紹介します。

tag icon エレキギター・エレキベース , 楽器 , 音楽機材

初心者におすすめのベースランキング16選! プロ厳選の低価格モデルやセットも

初心者におすすめのベースランキング16選! プロ厳選の低価格モデルやセットも

元プロミュージシャンの田澤 仁さんに、失敗しないベースの選び方と、初心者におすすめのベースを教えてもらいました。比較的低価格な値段で購入できるベースや、フェンダーなど各メーカーのエントリーモデルを厳選し、ランキング形式で紹介しています。これからベースをはじめようと思っているが、どんなモデルやメーカーを選べばいいかわからないという方は、自分にあったベース選びの参考にしてみてください。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon エレキギター・エレキベース , 楽器 , 音楽用品

エレキギターの弦おすすめランキング15選|音や弾きやすさの特徴も解説

エレキギターの弦おすすめランキング15選|音や弾きやすさの特徴も解説

音質や日着心地を体現する弦。ギターにこだわり、良質な音作りをしたい場合は、弦にもこだわりたいところ。しかし、ギターを初めて間もない方にとっては、全て同じに見えてしまいますよね。本記事では、エレキギターの弦について、太さ素材といった基本的な選び方の他、音楽機材選びのプロ、田澤 仁さんへの取材のもと、制作したエレキギター用弦のおすすめランキングをご紹介。きっと、自分の求める音質や奏法に最適なものが見つかるはずですので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon エレキギター・エレキベース , 楽器 , 音楽用品

SGギターおすすめ10選【ギブソン・エピフォン】特徴と魅力を徹底解説!

SGギターおすすめ10選【ギブソン・エピフォン】特徴と魅力を徹底解説!

ギブソンがレスポールの後継機種として設計した「SGギター」は世界中に多くの愛用者がいます。この記事では、メーカーやピックアップの種類、ピックガードのデザインなど、初心者でも安心なSGギター選びのポイントをわかりやすく解説。ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が厳選したSGギターのおすすめをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon エレキギター・エレキベース , 楽器 , 音楽機材

関連するブランド・メーカー


Fender(フェンダー)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。