サンプラーおすすめ10選|DTM・ライブ・演劇のポン出しに! ジャンル別に厳選

Native Instruments(ネイティブ・インストゥルメンツ)『MASCHINE MK3』
出典:Amazon

サンプリングした音を好きなタイミングで再生できるサンプラー。ヒップホップやレゲエからハウス、テクノ、トランスなどライブやDJ・楽曲制作の現場で使用されています。

ここでは、レコーディングエンジニア・小野寺孝樹さんと編集部がジャンル別に厳選したサンプラーのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。


この記事を担当するエキスパート

レコーディングエンジニア
小野寺 孝樹

1989年株式会社ゼロスタジオに入社。 アシスタントを経て、1992年チーフエンジニアに昇格。 その後、数々のレコーディングに携わる。 2001年ゼロスタジオを退社、フリーランスとなる。 以降、レコーディング・ミックスからプログラミングまで、またアイドルソングからプログレまでなんでもこなす便利な人として、活躍中。"

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ホビー
水貝 英斗

「ホビー」カテゴリーを担当。小学校から大学まで柔道に明け暮れた元体育会系であり、大のゲーム・アニメ好き。その他、広告関連記事の制作にも携わり、SEOの知見を活かし商品販促のプランニングも行っている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

サンプラーとは? DJ(ライブ)・サンプリング(作曲活動)に必須の機材

パーティーでプレイ中のDJ
ペイレスイメージズのロゴ

レコーディング現場や演劇のポン出しだけでなく、クラブやライブのDJ機材としても用いられるサンプラー。

サンプラーとは、サンプリング(録音)した楽器や音声を加工し、ライブやレコーディングなどの現場で再生する電子機器です。

レコードなどの音源の一部を抽出(サンプリング)し、PC機材などで再編集することで新しい曲として再構築します。

おもに、ヒップホップやテクノ、ハウスのトラックメイキング、そしてライブや演劇などイベントの効果音やポン出しに用いられます。

サンプラーの選び方 使用目的・機種の種類・プリセット音源が多い機種など

サンプル音源の操作ができるコントローラーの画像
Pixabayのロゴ

DJプレイでも、DTM作業でも、持っていると表現の自由度が上がるサンプラー。

ここからは、サンプラーの選び方のポイントについてご紹介していきます。

使用目的で選ぶ レコーディング? ライブ?

ひと口にサンプラーといっても、各社から色々な機種が出ており、それぞれに得意な分野があります。それを知った上で選択しないと機能に物足りなさを感じたり、逆に多機能を持て余したりすることになりかねません。

とくに使用目的が、楽器としてのレコーディングがメインなのか、またはDJなどのライブパフォーマンスが中心なのかで大きく変わってきますので、そのあたりは明確にしたほうが後悔しないで済むと思います。

下記で紹介するサンプラーを参考に、楽器演奏向けなのか、DJ&ライブパフォーマンス向けなのかを見極めてみましょう。メーカーの特色でサンプラーは変わります。

パッドの数で選ぶ

 

搭載されているパッドの数は、サンプラーによって異なります。用途に合わせて使いやすいものを選ぶとよいでしょう。

初心者におすすめは6~8パッド

サンプラーをはじめて購入する方や、あまり音源は必要ないという方は、パッドが6~8個のものがおすすめです。

比較的シンプルで扱いやすいので、まずは少なめのパッドで操作に慣れていくのもよいでしょう。

10パッド以上は表現の幅が広がる

より多くの音源を扱いたい方や、演劇などの効果音に使用したいという方は、パッド数が16個のものを選ぶとよいでしょう。

パッド数が多いと、表現の幅も広がるので、ライブパフォーマンスを盛り上げたいときにもおすすめです。

機種のタイプを確認 スタンドアローンかPC使用か

 

あらゆるサンプル波形を取り込み、ビート・メイクすることが可能。イメージを素早く形にするハイクオリティなプリセット・サンプル音源を多数内蔵したKORG『electribe sampler electribe2s』。

サンプラーには単体で使える機種(スタンドアローン)と、PCと同時に使うことを念頭に置いた機種があります。それぞれの特徴をチェックしてみましょう。

スタンドアローン:本体に録音・編集が可能

スタンドアローンは、PCがなくても本体に録音・編集ができるタイプのサンプラーです。PC接続が不要なので、場所を選ばず、すぐに作業が進められるので便利です。

コンパクトなデザインのものは、持ち運んで使用する機会が多い方におすすめです。

PC使用タイプ:音楽の拡張性が増す、視認性がよくなる

PCと一緒に使うことで音源の拡張性が増したり、エディットの視認性が良くなったりする場合があります。
ただし、PCとの連携が必要な機種だと、ライブパフォーマンスをする際は、当然ノートPCが必要。

一から機材を揃えようという方は注意しましょう。

プリセット音源が多い機種を オーディオ入力の有無もチェック

 

KORG『electribe sampler electribe2S』は、300を超える楽器系プリセットとサンプル、全237種類のサウンド、フレーズ、シーケンスを含んだボーナス・パターンをメーカーサイトからダウンロード可能。

本来サンプラーは音源、つまりサンプルネタがなければ何もできません。ただ最近の機種は、ブレイクビーツやループネタが大量に用意されているものがほとんどですので、これから始める方はなるべくプリセットなどが多い機種を選択すると良いと思います。

また、自分でターンテーブルからサンプリングしたい場合、オーディオ入力がある機種を選ぶ必要があります。ほとんどの機種には何らかの入力端子がありますが、ごく一部の機種は、別途オーディオインターフェイスが必要になります。

機能性で選ぶ

 

サンプラーには、さまざまな機能が搭載されている製品があります。ビートを作るときの入力方法の違いについてもチェックしてみましょう。

「リアルタイム入力」

リアルタイム入力とは、その名の通り、リアルタイムにパッドを叩いて入力する方法です。

メトロノームのリズムに合わせて、タイミングよくパッドを叩く必要があるので、上手に入力するには慣れや技術が必要です。

「ステップ入力」

ステップ入力は、ボタンを押すだけでビートを作り出すことができる方法です。リズムが崩れることもなく、初心者の方でもかんたんに操作できるところもポイントです。

EDMやテクノ、ダンスミュージックのビートメイキングに用いられることが多い方法です。

「ベロシティ」対応かどうか

ベロシティとは、音の強さを数値化したものです。ベロシティ対応のサンプラーは、パッドを叩く強さによって、音の大きさを調整することができます。

機種によっては、ベロシティの切り替えが可能な製品もあるので、シーンに合わせて便利に使い分けることもできます。

「エフェクター」や「パラアウト」

エフェクターとは、音に歪みや響きを持たせたり、遅らせたりなど、あらゆる変化を与える機能のことです。エフェクターを使用すると、同じ音楽でもイメージを大きく変えることができます。

サンプラーにはこのエフェクト機能が搭載されている製品があります。どのような種類のエフェクターが内蔵されているか、事前にチェックしておきましょう。

また、パラアウトという出力方法が可能な機材は、音を個別にオーディオ出力することができるます。特に、ドラム音源を使用するときに便利な機能です。

サンプラーのおすすめメーカー 厳選して紹介

サンプラーの人気メーカーをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

「AKAI Professional(アカイプロフェッショナル)」

サンプラーといえばアカイというほど名の知れたメーカー。中でも人気があるのは『MPCシリーズ』です。手頃な値段のものから、機能性に優れた本格的なものまで、幅広い製品を取りそろえています。

スタンドアローンで多機能なサンプラーは、音楽制作やパフォーマンスどちらの場面でも活躍することができそうです。

「Roland(ローランド)」

Roland(ローランド)は、電子ピアノやDJ関連製品を取り扱う電子楽器で有名なブランドです。

人気のサンプラーは小型でコンパクトなデザインですが、機能性も兼ね備えており、あらゆるシーンで
使い勝手よく活躍できる製品です。

サンプラーおすすめ4選【トラックメイキング】 ハウス・トランス・テクノなど

ここまで紹介したサンプラーの選び方をもとに、レコーディングエンジニア・小野寺孝樹さんと編集部がおすすめするサンプラーをご紹介します。

ほかのデバイスにつなぐことなく単体で使用できるスタンドアローンの機種や、PCなどに接続してエディットができる多機能なモデル、割り当てたサウンドをシーンにあわせてサッと音出しする「ポン出し」に向いた機種、付属音源が豊富な機種など、各メーカーこだわりのマシーンがずらり。

まずは、ハウスやトランス、テクノなどのトラックメイキングに適したサンプラーからご紹介します。

Roland(ローランド)『TR-6S』

Rolandローランド/TR-6S6トラックコンパクト・リズム・マシン Rolandローランド/TR-6S6トラックコンパクト・リズム・マシン Rolandローランド/TR-6S6トラックコンパクト・リズム・マシン Rolandローランド/TR-6S6トラックコンパクト・リズム・マシン Rolandローランド/TR-6S6トラックコンパクト・リズム・マシン Rolandローランド/TR-6S6トラックコンパクト・リズム・マシン
出典:Amazon この商品を見るview item

小さなボディに機能を凝縮

コンパクトなボディながらも、スピーカーや部屋を震わせるような力強さを備えたサンプラーです。クラシックサウンドはもちろん、トレンドを意識したサウンドも備えているため、壮大なトラックが生み出せるでしょう。

また、膨大なプリセットサンプルライブラリを持つので、これからはじめる人にもぴったり。ACB・サンプル・FMサウンドを合わせた、ハイブリッドなサウンドを実現します。

エキスパートのおすすめ

KORG(コルグ)『electribe sampler (electribe2s)』

KORG(コルグ)サンプラーシーケンサーelectribesamplerelectribe2Sエレクトライブメタリックレッドダンスミュージック音楽制作ライブパフォーマンスに最適AbletonLiveと連携ELECTRIBE2SRD KORG(コルグ)サンプラーシーケンサーelectribesamplerelectribe2Sエレクトライブメタリックレッドダンスミュージック音楽制作ライブパフォーマンスに最適AbletonLiveと連携ELECTRIBE2SRD KORG(コルグ)サンプラーシーケンサーelectribesamplerelectribe2Sエレクトライブメタリックレッドダンスミュージック音楽制作ライブパフォーマンスに最適AbletonLiveと連携ELECTRIBE2SRD KORG(コルグ)サンプラーシーケンサーelectribesamplerelectribe2Sエレクトライブメタリックレッドダンスミュージック音楽制作ライブパフォーマンスに最適AbletonLiveと連携ELECTRIBE2SRD KORG(コルグ)サンプラーシーケンサーelectribesamplerelectribe2Sエレクトライブメタリックレッドダンスミュージック音楽制作ライブパフォーマンスに最適AbletonLiveと連携ELECTRIBE2SRD KORG(コルグ)サンプラーシーケンサーelectribesamplerelectribe2Sエレクトライブメタリックレッドダンスミュージック音楽制作ライブパフォーマンスに最適AbletonLiveと連携ELECTRIBE2SRD KORG(コルグ)サンプラーシーケンサーelectribesamplerelectribe2Sエレクトライブメタリックレッドダンスミュージック音楽制作ライブパフォーマンスに最適AbletonLiveと連携ELECTRIBE2SRD KORG(コルグ)サンプラーシーケンサーelectribesamplerelectribe2Sエレクトライブメタリックレッドダンスミュージック音楽制作ライブパフォーマンスに最適AbletonLiveと連携ELECTRIBE2SRD
出典:Amazon この商品を見るview item
レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹

レコーディングエンジニア

ライブで活躍するシンセサイザーベースのサンプラー

『SP-404』の対抗馬的な位置づけとなるシンセサイザーベースのサンプラーです。エフェクト、フィルター、リサンプリングなど編集機能も豊富。メーカーが電子楽器で知られているKORG(コルグ)ですし、どちらかというと楽器寄りのサンプラーですので、即興でビートを演奏するのに適した1台だと思います。サンプリング周波数が48kHzということで、音質もなかなかのもの。

また、ドラムス、ループ、楽器系などのプリセット・サンプルは300を超え、全237種類のサウンド、フレーズ、シーケンスを含んだボーナス・パターンをメーカーサイトからダウンロード可能ですので、導入後、すぐにでもストレスなくトラックメイクできるでしょう。パッドなどのリアルタイムコントローラーが充実しているので、ライブパフォーマンスでもとても見映えします。

elektron(エレクトロン)『Model:Samples(ES-MSM)』

elektronModel:Samplesグルーブボックス【エレクトロン】 elektronModel:Samplesグルーブボックス【エレクトロン】
出典:楽天市場 この商品を見るview item

軽量で持ち運びやすい

6トラックのグルーブボックスです。見た目は小さく軽量ですが、大きいサウンドを生み出す力を持っています。Spliceの300種類のプリセットと、豊富な独自サウンド用スペースが用意されているため、使い勝手もばっちりです。

プリセットサウンドには、ベーシックなキックやハイハットのほか、エキゾチックなものや珍しいものまで幅広くあり、微調整するだけで手軽にカスタマイズできます。

エキスパートのおすすめ

Pioneer(パイオニア)『DJS-1000』

PioneerDJパフォーマンスDJサンプラーDJS-1000 PioneerDJパフォーマンスDJサンプラーDJS-1000 PioneerDJパフォーマンスDJサンプラーDJS-1000
出典:Amazon この商品を見るview item
レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹

レコーディングエンジニア

パフォーマンスで活躍! プロ愛用のマシーン

DJブースでよく見かける、愛用しているプロの方も多い機種です。CDJプレイヤーとセットで使うのにこれほど適した機種はないと思います。その理由はMIDIクロック以外に、同社のPRO DJ LINK機能に対応したDJシステムとの同期もできて、小節単位でのシンクロがかんたんだから。

さらに、外部USBストレージが使えるのもポイント。PCなしでもデータのバックアップや拡張が可能で、スタンドアローンで安心して使えます。正直、価格も筐体(きょうたい)もコンパクトとは言いがたいですが、大型な分、ディスプレイも見やすく、ベロシティ付きのパフォーマンスパッドとステップシーケンサー用パッドが別に用意されていることはポイントが高いです。DJ&ライブパフォーマンスを中心にされている方は、積極的に検討してみることをおすすめします。

サンプラーおすすめ3選【ビートメイキング】 ヒップホップ・レゲエなど

続いて、ヒップホップやR&B、レゲエなどブラックミュージックのビートメイキングに適したサンプラーをご紹介します。

AKAI Professional(アカイプロフェッショナル)『MPC ONE』

AkaiProfessionalビートパット・シンセエンジン・タッチディスプレイ搭載スタンドアローン/ドラムマシン/サンプラー/MIDIコントローラーMPCOne AkaiProfessionalビートパット・シンセエンジン・タッチディスプレイ搭載スタンドアローン/ドラムマシン/サンプラー/MIDIコントローラーMPCOne AkaiProfessionalビートパット・シンセエンジン・タッチディスプレイ搭載スタンドアローン/ドラムマシン/サンプラー/MIDIコントローラーMPCOne AkaiProfessionalビートパット・シンセエンジン・タッチディスプレイ搭載スタンドアローン/ドラムマシン/サンプラー/MIDIコントローラーMPCOne AkaiProfessionalビートパット・シンセエンジン・タッチディスプレイ搭載スタンドアローン/ドラムマシン/サンプラー/MIDIコントローラーMPCOne AkaiProfessionalビートパット・シンセエンジン・タッチディスプレイ搭載スタンドアローン/ドラムマシン/サンプラー/MIDIコントローラーMPCOne AkaiProfessionalビートパット・シンセエンジン・タッチディスプレイ搭載スタンドアローン/ドラムマシン/サンプラー/MIDIコントローラーMPCOne AkaiProfessionalビートパット・シンセエンジン・タッチディスプレイ搭載スタンドアローン/ドラムマシン/サンプラー/MIDIコントローラーMPCOne
出典:Amazon この商品を見るview item

機能性にすぐれたスタンドアローンタイプ

PCをつながず、本体だけで動作するスタンドアローンタイプのサンプラーです。

複雑なタスク処理ができるマルチコア・プロセッサを搭載しており、プログラミングやエディット、ミキシング用FXなどを使いながら、スピーディかつ上質な音楽制作ができます。

また、タッチスクリーン搭載で、タッチ操作でサンプルのエディット&チョップが可能なのも便利です。

エキスパートのおすすめ

AKAI(アカイ)『MPC LIVE2』

AkaiProfessional充電式バッテリードラムマシンサンプラー【内蔵モニタースピーカー/ビートパッド/シンセエンジン/タッチスクリーン搭載】MPCLiveII AkaiProfessional充電式バッテリードラムマシンサンプラー【内蔵モニタースピーカー/ビートパッド/シンセエンジン/タッチスクリーン搭載】MPCLiveII AkaiProfessional充電式バッテリードラムマシンサンプラー【内蔵モニタースピーカー/ビートパッド/シンセエンジン/タッチスクリーン搭載】MPCLiveII AkaiProfessional充電式バッテリードラムマシンサンプラー【内蔵モニタースピーカー/ビートパッド/シンセエンジン/タッチスクリーン搭載】MPCLiveII AkaiProfessional充電式バッテリードラムマシンサンプラー【内蔵モニタースピーカー/ビートパッド/シンセエンジン/タッチスクリーン搭載】MPCLiveII AkaiProfessional充電式バッテリードラムマシンサンプラー【内蔵モニタースピーカー/ビートパッド/シンセエンジン/タッチスクリーン搭載】MPCLiveII AkaiProfessional充電式バッテリードラムマシンサンプラー【内蔵モニタースピーカー/ビートパッド/シンセエンジン/タッチスクリーン搭載】MPCLiveII AkaiProfessional充電式バッテリードラムマシンサンプラー【内蔵モニタースピーカー/ビートパッド/シンセエンジン/タッチスクリーン搭載】MPCLiveII
出典:Amazon この商品を見るview item
レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹

レコーディングエンジニア

直感的に演奏できる操作性の高さが自慢

国産サンプラーの元祖AKAI(アカイ)の、名シリーズ『MPC』。『MPC TOUCH』ではPCとの連携が必要でしたが、この『MPC LIVE2』はスタンドアローンでの動作が可能で、MPC初のスピーカー搭載。ユーザー待望のWi-FiやBluetoothにも対応。それでいてとても『MPC』らしい機種です。

大きく見やすいカラータッチパネルで音源の編集も感覚的に行なえますし、パッドを叩いた感覚も快適で楽器としての完成度も高いです。もちろん『MPC TOUCH』と同様にPCと接続して使えますから、プラグインを駆使して、自宅での編集作業も問題なく行なえます。

エキスパートのおすすめ

Native Instruments(ネイティブ・インストゥルメンツ)『MASCHINE MK3』

NativeInstrumentsグルーヴ制作システムMASCHINEMK3Black NativeInstrumentsグルーヴ制作システムMASCHINEMK3Black NativeInstrumentsグルーヴ制作システムMASCHINEMK3Black NativeInstrumentsグルーヴ制作システムMASCHINEMK3Black NativeInstrumentsグルーヴ制作システムMASCHINEMK3Black NativeInstrumentsグルーヴ制作システムMASCHINEMK3Black NativeInstrumentsグルーヴ制作システムMASCHINEMK3Black NativeInstrumentsグルーヴ制作システムMASCHINEMK3Black NativeInstrumentsグルーヴ制作システムMASCHINEMK3Black NativeInstrumentsグルーヴ制作システムMASCHINEMK3Black NativeInstrumentsグルーヴ制作システムMASCHINEMK3Black NativeInstrumentsグルーヴ制作システムMASCHINEMK3Black NativeInstrumentsグルーヴ制作システムMASCHINEMK3Black
出典:Amazon この商品を見るview item
レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹

レコーディングエンジニア

豊富な付属音源とサウンドライブラリーが大きな魅力

『MASCHINE MK3』は(Macや)PCと接続して、『MASCHINE』ソフトウェアやその他のバンドルソフトをコントロールするためのオーディオ&フィジカルインターフェイスです。ソフトウェアシンセサイザーやプラグインの傑作を数多くリリースしているNative Instruments(ネイティブ・インストゥルメンツ)社製だけあって、付属音源やサウンドライブラリーの豊富さは群を抜いています。これらを入手して使用できるだけでも、非常にお得です。

ハードのクオリティも素晴らしく、96kHz/24-bitのオーディオインターフェイスでサンプリング、オーディオの取り込みもかんたんに高音質でできます。豊富な付属ソフトウエアはPCだけでも操作可能ですが、『MACHINE MK3』を使うと格段に使いやすくなります。正直これ1台あれば、しばらくは何もいらないとさえ思ってしまいます。PCとの組み合わせで1台で完結したいという方におすすめです。

サンプラーおすすめ3選【BGM・効果音のポン出し】 演劇・舞台など

最後に、演劇や舞台などの効果音やポン出しに適したサンプラーをご紹介します。

AKAI Professional(アカイプロフェッショナル)『MPX16』

AkaiProfessionalサンプラー16パッドSDカードスロットMPX16 AkaiProfessionalサンプラー16パッドSDカードスロットMPX16 AkaiProfessionalサンプラー16パッドSDカードスロットMPX16 AkaiProfessionalサンプラー16パッドSDカードスロットMPX16 AkaiProfessionalサンプラー16パッドSDカードスロットMPX16 AkaiProfessionalサンプラー16パッドSDカードスロットMPX16 AkaiProfessionalサンプラー16パッドSDカードスロットMPX16 AkaiProfessionalサンプラー16パッドSDカードスロットMPX16 AkaiProfessionalサンプラー16パッドSDカードスロットMPX16 AkaiProfessionalサンプラー16パッドSDカードスロットMPX16 AkaiProfessionalサンプラー16パッドSDカードスロットMPX16
出典:Amazon この商品を見るview item

パッド操作でかんたんに音出しできる

ずらっと並んだ16個のパッドが印象的な、サンプラーです。SDカードに手持ちの素材をサンプリングし、好きなパッドに割り当てておけば、かんたんにプレイバックできます。

音楽制作やパフォーマンスのほか、イベント・演劇シーンでの効果音出しにも活躍するでしょう。サンプリングした素材は、トリミングやフィルタなど、こまかい編集が可能です。

AKAI Professional(アカイプロフェッショナル)『MPX8』

AkaiProfessionalサンプラー8パッドSDカードスロットMPX8 AkaiProfessionalサンプラー8パッドSDカードスロットMPX8 AkaiProfessionalサンプラー8パッドSDカードスロットMPX8 AkaiProfessionalサンプラー8パッドSDカードスロットMPX8 AkaiProfessionalサンプラー8パッドSDカードスロットMPX8 AkaiProfessionalサンプラー8パッドSDカードスロットMPX8 AkaiProfessionalサンプラー8パッドSDカードスロットMPX8 AkaiProfessionalサンプラー8パッドSDカードスロットMPX8 AkaiProfessionalサンプラー8パッドSDカードスロットMPX8 AkaiProfessionalサンプラー8パッドSDカードスロットMPX8
出典:Amazon この商品を見るview item

便利なサンプルキットエディタが付属

バックライトつきパットを8つ備えた、コンパクトなサンプラーです。SDカードに保存された音声サンプルをロードして振り分ければ、パッドをたたいて再生が可能。

また、付属のサンプルキットエディタを使うと、音声サンプルのロード前に、チューニングやトリガのパラメータの設定を、コンピュータから手軽に行えて便利です。

エキスパートのおすすめ

Roland(ローランド)『SP-404SX』

RolandローランドコンパクトサンプラーSP-404SX RolandローランドコンパクトサンプラーSP-404SX RolandローランドコンパクトサンプラーSP-404SX RolandローランドコンパクトサンプラーSP-404SX RolandローランドコンパクトサンプラーSP-404SX RolandローランドコンパクトサンプラーSP-404SX RolandローランドコンパクトサンプラーSP-404SX
出典:Amazon この商品を見るview item
レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹

レコーディングエンジニア

ポン出しや即興演奏に適したコンパクトなマシーン

スタンドアローン・サンプラーの定番機種『SP404』の後継機種です。なにより、コンパクトで長時間電池駆動できるのが魅力。サンプルを録音して鳴らすという作業がかんたんかつすばやくできるので、即興でビート演奏をするのに向いています。

また事前にパッドにSEをアサインしてタイミングに合わせて手動で音出しをする、いわゆる「ポン出し」マシーンとして、演劇やイベント、放送の現場などでよく使われています。反面、1曲をこれ1台だけで組み上げることはできなくはないですが、そこそこたいへんなので、PCのDAWソフトなどと組み合わせて使うことをおすすめします。

「サンプラー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Roland(ローランド)『TR-6S』
KORG(コルグ)『electribe sampler (electribe2s)』
elektron(エレクトロン)『Model:Samples(ES-MSM)』
Pioneer(パイオニア)『DJS-1000』
AKAI Professional(アカイプロフェッショナル)『MPC ONE』
AKAI(アカイ)『MPC LIVE2』
Native Instruments(ネイティブ・インストゥルメンツ)『MASCHINE MK3』
AKAI Professional(アカイプロフェッショナル)『MPX16』
AKAI Professional(アカイプロフェッショナル)『MPX8』
Roland(ローランド)『SP-404SX』
商品名 Roland(ローランド)『TR-6S』 KORG(コルグ)『electribe sampler (electribe2s)』 elektron(エレクトロン)『Model:Samples(ES-MSM)』 Pioneer(パイオニア)『DJS-1000』 AKAI Professional(アカイプロフェッショナル)『MPC ONE』 AKAI(アカイ)『MPC LIVE2』 Native Instruments(ネイティブ・インストゥルメンツ)『MASCHINE MK3』 AKAI Professional(アカイプロフェッショナル)『MPX16』 AKAI Professional(アカイプロフェッショナル)『MPX8』 Roland(ローランド)『SP-404SX』
商品情報
特徴 小さなボディに機能を凝縮 ライブで活躍するシンセサイザーベースのサンプラー 軽量で持ち運びやすい パフォーマンスで活躍! プロ愛用のマシーン 機能性にすぐれたスタンドアローンタイプ 直感的に演奏できる操作性の高さが自慢 豊富な付属音源とサウンドライブラリーが大きな魅力 パッド操作でかんたんに音出しできる 便利なサンプルキットエディタが付属 ポン出しや即興演奏に適したコンパクトなマシーン
ディスプレイ有無 あり あり あり あり あり あり あり あり あり あり
電力方式 USB、単3乾電池×4本 ACアダプター、単3電池×6本 DC アダプター 電源コード 電源アダプター リチウムイオンバッテリー(連続稼働時間最大5時間) USB、電源アダプター ACアダプター、USB USB(パワーアダプタ同梱) ACアダプター、単3電池×6本
音源保存方式 SDカード(SDHC対応)、バックアップ/リストア、SAMPLEインポート用 SDカード(512MB〜2GB)、SDHCカード(最大32GBまで) 1GBのストレージ、サンプルメモリ64MB USBストレージデバイス対応 4GBのストレージ、SDカード、USBメモリー MicroSDカード(16GB)、SSDまたはHDDドライブ接続用2.5インチSATAドライブベイ搭載、USBメモリー用端子装備 PC SDカード SDカード、SDHCカード SDカード
サイズ(幅×奥行×高さ) 224×132×61mm 339×189×44mm 270x180×40 mm 320×421.6×110.1mm 約272×272×53mm 41.5×243.8×45.7mm 320×301×41mm 約295×147×30mm 約295x102x33mm 177.6×256.7×72.1mm
重さ 0.705kg 1.6kg 約0.814kg 5.4kg 約2.1kg 3.38kg 2.2kg 約0.68kg 約0.44kg 1.2kg
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月31日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする サンプラーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのサンプラーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:サンプラーランキング
楽天市場:ランプラーランキング
Yahoo!ショッピング:サンプラーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

サンプラーに関するQ&A よくある質問

question iconパッド・トラックの音をオーディオ化することは可能ですか?

answer icon

可能です。パソコン側のDAWを使ってリアルタイムで録音する方法と、WAV形式でエクスポートし、SDカード内に保存する方法とがあります。いずれの場合もオーディオ化するにはPCとDAWが必要です。

question iconシーケンサーとは何ですか?

answer icon

シーケンサーとは、パッドを叩いたり、つまみをいじったりといったアクションを記録・再生する装置です。シーケンサー単体でも販売されていますが、ほとんどのサンプラーはシーケンサーと一体型です。

サンプラーに関するそのほかのおすすめ 【関連記事】

サイズと操作性は一長一短 レコーディングエンジニアからのアドバイス

レコーディングエンジニア

使いやすさと持ち運びやすさは相反しやすいので注意

ライブパフォーマンス中心であるならば、サンプラー選択のポイントとしては、筐体の大きさも重視するべきだと思います。コンパクトな機種は可搬性に優れる反面、視認性や操作性が犠牲になっています。

逆に大きい機種、特に『Pioneer DJ DJS-1000』などは、圧倒的に使いやすいですが、サイズも大きく重さも5kg以上あるため気軽にヒョイヒョイと徒歩で運ぶ、という訳わけにはいかないと思います。また『MASCHINE MK3』のように、PCとセットで使う機種はノートPCの用意も必要となり、可搬性が劣る点も考慮に入れるべきです。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


アナログシンセサイザーおすすめ7選|サウンドクリエーターが初心者向けに徹底解説

アナログシンセサイザーおすすめ7選|サウンドクリエーターが初心者向けに徹底解説

電圧や音の波形を自由に調整することで独特なサウンドを作り出す「アナログシンセサイザー」。比較的音の調整がしやすいデジタルシンセサイザーと比べて、より個性的なサウンドを作ることができる点が魅力の楽器です。本記事では、サウンドクリエーターでシンセサイザープログラマーとして活躍されている内藤 朗さんへの取材をもとに、アナログシンセサイザーの選び方とおすすめ商品を紹介。さらに記事の最後では各通販サイトの売れ筋人気ランキングも紹介します! お気に入りのアナログシンセサイザーをみつけて、音作りを存分に楽しんでみてくださいね。

tag icon シンセサイザー・キーボード , DTM機材 , 楽器

ソフトシンセサイザーおすすめ11選|SERUM、KOMPLETEなど厳選

ソフトシンセサイザーおすすめ11選|SERUM、KOMPLETEなど厳選

ソフトシンセ(ソフトウェア・シンセサイザー)は、ピアノやギターなどのメロディ楽器だけでなく、多様なシンセシス(音の合成方式)によって、実在しないような楽器のサウンドも含め非常に多様な音色が使い分けられるソフトです。複雑なシステムにより音を合成する機種も多く、決して全てが安価なわけでもありません。とくに初心者は失敗なく見極めたいですよね。そこで現役サウンドクリエイターの内藤 朗さんにソフトシンセ選びのポイントとおすすめの商品を伺いました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon シンセサイザー・キーボード , DTM機材 , 楽器

完成度の高い音作りを目指す!アナログミキサーおすすめ11選

完成度の高い音作りを目指す!アナログミキサーおすすめ11選

アナログミキサーを購入しようと考えているけど、何を基準に選んでいいのかわからないという方は多いのではないでしょうか。実は、アナログミキサーは何の用途で使用したいかによって、チャンネル数やエフェクターの有無など、選ぶ機能や商品が変わってきます。本記事では、これからアナログミキサーを購入しようと考えている方に向け、どんな種類があるのか、選び方はあるのか、おすすめ商品はどれか、など、初心者向けに詳しく解説いたします。本記事を読めば、目的に応じた選び方、自分が求める商品がどれなのかを見つけられるはずです。ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon DTM機材 , 音楽機材 , 音楽用品

フィジカルコントローラーおすすめ10選|音楽制作の作業効率アップに不可欠

フィジカルコントローラーおすすめ10選|音楽制作の作業効率アップに不可欠

音楽制作やミックスのシーンにおいて、直感的な操作を可能にするフィジカルコントローラー。これを使えば作業効率もアップするので、音楽制作やミックスをしている人はチェックしておきたいところですね。当記事では、フィジカルコントローラーのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon DTM機材 , パソコン周辺機器 , 音楽機材

音楽編集ソフトの選び方&おすすめ5選|サウンドクリエーターが機能を解説

音楽編集ソフトの選び方&おすすめ5選|サウンドクリエーターが機能を解説

趣味のダンスやカラオケ、子どもの音楽発表会など、幅広いシーンで活躍する音楽編集ソフト。ただ、購入を考えている人の中には、何を購入すべきか悩む人も多いのではないでしょうか。この記事では、サウンドクリエーターでキーボーディストの内藤朗さんにお話をうかがい、おすすめの音楽編集ソフトをご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon DTM機材 , 音楽機材 , Mac

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。