Macマシンおすすめ6選と選び方! | IT・サイエンスライターに聞く

Macマシンおすすめ6選と選び方! | IT・サイエンスライターに聞く

Macマシンと連携しやすいiPhoneユーザーならずとも、おしゃれなデザインで軽快に立ち上がり、持ち運びが楽なノートも多いMacは気になる存在です。

この記事では、IT・サイエンスライターの島田祥輔さんからMacマシンの選び方についてアドバイスをいただきました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


目次

この記事を担当するエキスパート

IT・サイエンスライター
島田 祥輔

パソコンやインターネットサービスを初心者向けに解説する書籍や記事を執筆。他にもサイエンス一般について雑誌やニュースサイトで執筆。 著書に『おもしろ遺伝子の氏名と使命』(オーム社)、『遺伝子「超」入門』(パンダ・パブリッシング)、編集協力に『池上彰が聞いてわかった生命のしくみ 東工大で生命科学を学ぶ』(朝日新聞出版)、『ゲノム解析は「私」の世界をどう変えるのか』(高橋祥子著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)がある。また、腸内細菌検査サービス「マイキンソー」のオウンドメディア「Mykinsoラボ」の編集長も務める。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ
天野 駿太郎

「家電・AV機器」「PC・スマホ・カメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。モノを極力持ちたくないミニマリストで、趣味は断捨離。とはいえ、最新ガジェットには興味津々で、多機能な家電に目がない。

◆本記事の公開は、2019年04月19日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

【Macマシン】の選び方 IT・サイエンスライターに聞く

iMac
Pixabayのロゴ

Mac売り場には様々なタイプの機種が所狭しと並んでいます。初心者ならずとも一体どの製品を選んでよいのか迷ってしまいます。選ぶべきポイントをおさえて自分に合ったMacを購入したいですね。

IT・サイエンスライターの島田祥輔さんより、Macマシンを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。理想のMacマシンと出会うために機種選定の参考にしてみてください。

ノート型の場合Touch IDの有無で選ぶ

 

Macのノート型にはMacBook、MacBook Air、MacBook Proの3種類があります。このうちMacBook AirとMacBook Proの上位モデルにはTouch IDという指紋認証機能が搭載されています。Touch IDはパスワードを手入力するときの代わりに使え、例えばスリープを解除する、アプリを買うときに使います。

ノート型を外で使うときには盗難や置き忘れによる情報漏洩のリスクがあるため、外で頻繁に使うのであればTouch ID付きの機種をおすすめします。家の中で使うことがほとんどである、なるべく予算を抑えたいのであれば、価格の安い非搭載機種を選んでも構いません。

USBの形式で選ぶ

 

Windows搭載のパソコンと同様、以前のMacはDVDドライブや外付けハードディスクをつなげる方法はUSBの2.0や3.0という、裏表のある形式(端子)でした。ところが最近のMacシリーズのほとんどは、USB-Cという裏表のない端子を採用しています

互換性がないので、USB-Cでつなげたいときには、外付け機器を新しく購入するか、USB-Cに変換する部品を買う必要があります。Macを購入するときにはUSB端子にも注意しましょう。

メモリで選ぶ

 

ここでいうメモリとは、同時に複数のアプリケーションを動かしているときに同時並行で処理できるかどうかの能力のことをいいます。現在のMacのほとんどは標準で8GBを搭載しており、テキストを書いたり表計算ソフトを使ったりする程度ならじゅうぶんの性能です。

ただし、デジタル一眼レフで撮影したものを現像する、4K動画を編集する、プログラムを自分で書いて高度なデータ処理を行うのであれば、オプションで16GBを選択するのがよいでしょう

ストレージで選ぶ

Appleメモリの画像
ペイレスイメージズのロゴ

保存容量のことで、ファイルをどれだけ保存できるかを示すものです。特にファイルサイズが大きいものは写真と動画ですが、最近は画質が向上してファイルサイズが大きくなっています。

また、以前はハードディスクドライブ(HDD)が多かったのですが、最近は処理速度の高いソリッドステートドライブ(SSD)が好まれています。可能であればSSDの256GB以上を選ぶことをおすすめします

【Macマシン】おすすめ10選!

上で紹介したMacマシンの選び方のポイントをふまえて、IT・サイエンスライターの島田祥輔さんおすすめ商品など、いろいろご紹介します。ご自分の利用環境に適したMacマシンを探してみてください。

エキスパートのおすすめ

Apple(アップル)『MacBook Pro(MR9Q2J/A)』

IT・サイエンスライター:島田 祥輔

IT・サイエンスライター

大型ディスプレイと処理速度の速さが魅力

指紋認証のTouch IDだけでなく、使っているアプリに応じて表示が変化するTouch Barを搭載しています。13インチと15インチの2種類があり、さらにメモリやストレージの選択肢も多くあるので、予算をもとに柔軟に性能を求めたい人におすすめです。

また、「クアッドコア」(CPUを4個搭載したモデル)により、処理速度が格段に向上。仕事で写真や動画を編集する用途に向いています。

エキスパートのおすすめ

Apple(アップル)『Mac mini(MRTT2J/A)』

IT・サイエンスライター:島田 祥輔

IT・サイエンスライター

手持ちのディスプレイを有効活用できるMac

2018年11月発売。デスクトップに分類されますが、iMacとは違ってディスプレイ、キーボード、マウスなどは付属していません。その代わり、高性能でありながら価格をおさえたものになっています。

すでにWindowsで使っていたディスプレイなどを持っている方に特におすすめ。iMacよりも安くMacを導入できます。USB 3.0端子を2つ、USB-C端子を4つ、さらにディスプレイ接続用のHDMI端子を備えています

Apple(アップル)『iMac(MXWT2J/A)』

グラフィックを駆使した作業にぴったり

10億色を再現、500ニトの輝度を持つRetinaディスプレイを採用した2020年版のiMacです。27インチモデルでも、光の映り込みを最小限にし、より自然に見えるTrue Toneテクノロジーを選べるようになりました。

負荷の大きい作業でもスピーディにこなせる10コアのIntel Core i9プロセッサや、16GBのGDDR6メモリを持つAMD Radeon Pro 5000シリーズグラフィックスを搭載。編集作業やグラフィック作業にも申し分ないスペックを持っています。

Apple(アップル)『MacBook Air(MWTJ2J/A)』

最新AppleMacBookAirAppleM1Chip(13インチPro,8GBRAM,256GBSSD)-ゴールド 最新AppleMacBookAirAppleM1Chip(13インチPro,8GBRAM,256GBSSD)-ゴールド 最新AppleMacBookAirAppleM1Chip(13インチPro,8GBRAM,256GBSSD)-ゴールド 最新AppleMacBookAirAppleM1Chip(13インチPro,8GBRAM,256GBSSD)-ゴールド 最新AppleMacBookAirAppleM1Chip(13インチPro,8GBRAM,256GBSSD)-ゴールド 最新AppleMacBookAirAppleM1Chip(13インチPro,8GBRAM,256GBSSD)-ゴールド
出典:Amazon この商品を見るview item

Apple M1チップを搭載した軽量モデル

AppleのMacbookシリーズのなかでもっとも軽いAirに、Apple M1チップを搭載し作業効率や処理能力が上がったモデルです。CPUは3.5倍、GPUは5倍高速化し、負荷のかかる作業もサクサク動くようになりました。

Neural Engineを搭載し、機械学習能力も9倍に。今まででもっとも長時間バッテリー稼働やファンレス静音設計など、モバイルで使いやすい機能も搭載されています。

Apple(アップル)『MacBook Pro(MYD82J/A)』

リモート会議などでも使いやすい

RetinaディスプレイとApple M1システムオンチップを搭載した、13インチモデルのMacbookProです。画像はリアルに、文字はクリアに映し出されLEDバックライトとTrue Toneテクノロジーによって鮮明かつ自然なディスプレイを実現しました。

もっとも新しい画像信号プロセッサをFaceTime HDカメラで活用できるようになるなど、リモートワークの画質や音質もあがりました。

Apple(アップル)『Apple Mac mini Apple M1 Chip』

最新AppleMacminiAppleM1Chip(8GBRAM,256GBSSD) 最新AppleMacminiAppleM1Chip(8GBRAM,256GBSSD)
出典:楽天市場 この商品を見るview item

デザインはそのままでパワーを向上

手持ちのディスプレイやマウス、キーボードなどをそのまま流用できるデスクトップマシンMac miniに、Apple M1システムオンチップを搭載したモデルです。前世代にくらべて3倍高速化した8コアCPUの処理能力、グラフィックス性能は6倍、機械学習能力も高速化しました。

従来のコンパクトなボディはそのままに、スペックが大幅に高くなっています。

「Macマシン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Apple(アップル)『MacBook Pro(MR9Q2J/A)』
Apple(アップル)『Mac mini(MRTT2J/A)』
Apple(アップル)『iMac(MXWT2J/A)』
Apple(アップル)『MacBook Air(MWTJ2J/A)』
Apple(アップル)『MacBook Pro(MYD82J/A)』
Apple(アップル)『Apple Mac mini Apple M1 Chip』
商品名 Apple(アップル)『MacBook Pro(MR9Q2J/A)』 Apple(アップル)『Mac mini(MRTT2J/A)』 Apple(アップル)『iMac(MXWT2J/A)』 Apple(アップル)『MacBook Air(MWTJ2J/A)』 Apple(アップル)『MacBook Pro(MYD82J/A)』 Apple(アップル)『Apple Mac mini Apple M1 Chip』
商品情報
特徴 大型ディスプレイと処理速度の速さが魅力 手持ちのディスプレイを有効活用できるMac グラフィックを駆使した作業にぴったり Apple M1チップを搭載した軽量モデル リモート会議などでも使いやすい デザインはそのままでパワーを向上
画面サイズ・重量 画面サイズ:13インチ/重量:1.37kg 画面サイズ:15インチ/重量:1.83kg 1.3kg(HDDのみ機種) 画面サイズ:27インチ/重量:8.92 kg 画面サイズ:13.3インチ/重量:1.29kg 画面サイズ:13.3インチ/重量:1.4kg 1.2kg(HDDのみ機種)
CPU 2.3GHzクアッドコアIntel Core i5 3.0GHz 6コアIntel Core i5 3.1GHz 6コアIntel Core i5 8コアCPU、7コアGPU、16コアNeural Engine 8コアCPU、7コアGPU、16コアNeural Engine 8コアCPU、8コアGPU、16コアNeural Engine
ストレージ SSD・256GB SSD・256GB SSD・256GB SSD・256GB(オプションで512GB、1TB、2TB変更可能) SSD・256GB(オプションで512GB、1TB、2TB変更可能) SSD・512GB
メモリ 8GB 8GB 8GB 8GB(オプションで16GB変更可能) 8GB(オプションで16GB変更可能) 8GB(オプションで16GBへ変更可能)
OS macOS Mojave macOS Mojave macOS macOS macOS macOS
通信 Wi-Fi・Bluetooth Wi-Fi・Bluetooth Wi-Fi・Bluetooth Wi-Fi・Bluetooth Wi-Fi・Bluetooth Wi-Fi・Bluetooth
バッテリー 最大10時間(ワイヤレスインターネット閲覧時) - - 最大15時間のワイヤレスインターネット 最大17時間のワイヤレスインターネット -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月16日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする Macマシンの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのMacマシンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:Macマシンランキング
楽天市場:Macマシンランキング
Yahoo!ショッピング:Macマシンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

Macマシンに関連する記事のご紹介

使いやすいMacの見極めには店頭で相談もおすすめ

ノート型を検討しているなら、ぜひ店頭で実物を見て、自分に合った大きさや重さを確認しておきましょう。もし近くにアップルストアがあるなら、スタッフが丁寧に教えてくれるので、相談するのもひとつの手です。

また、保証期間を3年に延長できるApple Careもオプションで用意されています。持ち運ぶことが多いなど、故障が心配という人は加入を検討しましょう

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部