オーディオインターフェイスおすすめ12選|使いやすくて高音質な商品も紹介

YAMAHA(ヤマハ)『Steinberg UR-RT2』
出典:Amazon

オーディオインターフェイスは、パソコンと楽器・オーディオ機器とをつなぎ、入出力させるための機材です。

本記事では、オーディオインターフェイスについて、選び方やおすすめ商品をご紹介します。さらに、記事後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミも参考にしてみてください。


目次

ライター
藤本 健

DTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオを中心に執筆するライター。 自身のブログサイトDTMステーションを運営するほか、インプレスのAV WatchでもDigital Audio Laboratoryを2001年より連載中。 「Cubase徹底操作ガイド」(リットーミュージック)、「ボーカロイド技術論」(ヤマハミュージックメディア)などの著書も多数ある。 趣味は太陽光発電、2004年より自宅の電気を太陽光発電で賄うほか、現在3つの発電所を運用する発電所長でもある。

オーディオインターフェイスとは

オーディオインターフェイス
Pixabayのロゴ

オーディオインターフェイスとは、楽器などの音をパソコンに取り込んだり、パソコンの音をスピーカーに送るなどするためにパソコンとオーディオとをつなぎ、入出力させるための機材です。オーディオインターフェイスと接続できる機器はキーボードやギター、マイクのほか、音楽ミキサー・外部エフェクターなど、多岐にわたっており、アンプ代わりに使用することもできます。

オーディオインターフェイスを使って録音・再生時の音質向上が期待できるため、楽曲制作や録音の際に欠かせない音楽機材です。なお、その便利さから、ゲーム実況などに使用されたりもします。

『オーディオインターフェイスのおすすめ商品』を今すぐ見る

オーディオインターフェイスの選び方

それでは、オーディオインターフェイスの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の6つ。

【1】パソコンとの接続端子
【2】端子の種類(形状)
【3】端子数
【4】音質(性能)
【5】機能面
【6】機能性


上記の6つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】パソコンとの接続端子をチェック

パソコンとオーディオインターフェイスとをつなぐ接続端子を確認しましょう。

これまでは、「USB」「Firewire」「Thunderbolt」の3タイプがありましたが、最近ではFirewireがほぼ使われなくなりましたので、USBとThunderboltの2タイプで選ぶと間違いはありません。それぞれについて解説していきます。

USB

USB端子
ペイレスイメージズのロゴ

ほとんどのパソコンでUSB端子が備わっているはずです。ただ、使用しているパソコンがUSB3.0なら、オーディオインターフェイス側もUSB3.0に対応している必要がありますので、事前に確認してください。

Thunderbolt

 

AppleとIntelが共同開発で進めている規格のため、Mac製品に多く採用されています。お使いのパソコンがMac製品であれば、ThunderboltもMac用オーディオインターフェイスの候補のひとつになります。

Thunderboltには、「Thunderbolt」「Thunderbolt 2」「Thunderbolt 3」の3つの規格が存在しますので、お使いのMacがどれに対応しているかを事前に確認しましょう。

【2】端子の種類(形状)をチェック

 

オーディオインターフェイスの端子には次の3種類があります。

・「標準ジャック」(標準フォン端子)
・「マイクジャック」(キャノン端子)
・「コンボジャック」


これらの端子がいくつ搭載されているかが選ぶときのポイントです。他にも端子の種類は、「MIDI端子」や「デジタル端子」(S/PDIF、adat、AES/EBU など)が存在しますが、最近のMIDIキーボードはUSBで接続するため、オーディオインターフェイスにMIDI端子が装備されていなくても問題なしです。

【3】端子数をチェック

 

端子がいくつ必要かは用途によっても変わってきますが、自宅で使うのであればコンボジャックが2つ搭載してあるモデルがおすすめです。これなら、マイク(USBマイク)とギターを同時に接続しておくこともできますし、ステレオレコーディングも可能です。

【4】音質(性能)をチェック

 

音質、すなわちオーディオインターフェイスの性能を表す単位(数値)はkHz(サンプリングレート)bit(量子化ビット数)で表されるもので、音質比較の指標となります。これらの数値が高いほど、録音または再生のクオリティを重視した高音質オーディオインターフェイスということになります。

サンプリングレート……1秒間に何回の音をサンプリング(記録)できるかを表す数値。
量子化ビット……サンプリングした音をどの程度の精度で読み込めるかを表す数値。

ほとんどの場合「24bit/48kHz」または「96kHz」で扱うことが多いため、音質重視モデルでは最低でも24bit/96kHz以上に対応しているものを選ぶようにしましょう。

「192kHz」や「384kHz」に対応しているモデルなども存在しますが、よほどの理由がないといらないものといえます。そもそも値段が高かったり、録音するときのデータ容量が大きくなってしまったりというデメリットがあるのです。

【5】機能面をチェック

 

最低限必要な機能は、「ファンタム電源」と「ハイインピーダンス(Hi-z)」モードです。ファンタム電源はコンデンサーマイクを使用するときに必要な「+48V」の電源を供給するもので、これがないとレコーディングなどでよく使われる繊細な音を拾うためのマイクが使えません。

またハイインピーダンス(Hi-z)モードはギターやベースを直接接続するときに必要で、これがないと本来の音を録音できません。

といっても、これらの機能は最近のオーディオインターフェイスであればほぼ搭載してあります。ですが、一応確認しておくようにしましょう。

【6】機能性をチェック

 

オーディオインターフェイスの中には個性的な機能を装備したモデルが存在します。

たとえば、ギターをレコーディングするときに最適なインピーダンスを設定できる『IK Multimeda AXE I/O』や内部に「DSP」(オーディオの弱点を克服すべくデジタル技術で補正する機器)を有し、パソコンに負担をかけず高品質なエフェクトを使用できる『Apollo』シリーズや『Arrow』。そして、「384kHz/32bitINTEGER」対応の『AXR4T』。圧倒的低「レイテシー」(データ処理に伴 う発音の遅延)を実現した『ZOOM UAC-2』、Rupert Neve Designsとヤマハ(Steinberg)が共同開発した『UR-RT』シリーズ。

こういった個性的な機能を自分の音楽スタイルに合わせて選ぶのも手です。

(★)ポイント:付属している「DAW」ソフトも確認しよう

 

付属しているDAW(Digital Audio Workstation)からオーディオインターフェイスを選ぶという方法もあります。

DAWとは、打ち込みやレコーディング、ミックス、マスタリングなどといったことができる音楽制作ソフトです。そのDAWがオーディオインターフェイスに付属している機種もあるので、まだDAWを持っていない人はDAW付属のものを選択するといいでしょう。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
YAMAHA(ヤマハ)『Steinberg UR22mkII』
YAMAHA(ヤマハ)『Steinberg UR-RT2』
ZOOM『UAC-2』
M-Audio『M-Track 2X2』
BEHRINGER『UMC22 U-PHORIA』
PreSonus DTMセット AudioBox Studio Ultimate Bundle 25th Anniversary
IK Multimedia『AXE I/O』
Universal Audio『Arrow』
Universal Audio『Apollo Twin X DUO/QUAD Thunderbolt 10イン/6アウト』
Native instruments『KOMPLETE AUDIO 2』
SOLID STATE LOGIC『SSL2』
Focusrite『Scarlett Solo』
商品名 YAMAHA(ヤマハ)『Steinberg UR22mkII』 YAMAHA(ヤマハ)『Steinberg UR-RT2』 ZOOM『UAC-2』 M-Audio『M-Track 2X2』 BEHRINGER『UMC22 U-PHORIA』 PreSonus DTMセット AudioBox Studio Ultimate Bundle 25th Anniversary IK Multimedia『AXE I/O』 Universal Audio『Arrow』 Universal Audio『Apollo Twin X DUO/QUAD Thunderbolt 10イン/6アウト』 Native instruments『KOMPLETE AUDIO 2』 SOLID STATE LOGIC『SSL2』 Focusrite『Scarlett Solo』
商品情報
特徴 初心者におすすめ、付属DAWはCUBASE AI アコースティックサウンドにこだわりたいなら! DTMだけでなく、DJや動画配信にも活躍 ProTools|First、音源など多数付属 マイクプリ目的だけでも購入価値あり! 付属ソフトだけでもお得なオールインワンセット ギターサウンドの録音にこだわるなら必携! 録音マニア心をくすぐる期待の逸品 多種多様なエフェクトを備えたプロ絶賛のモデル 低価格そしてコンパクトなサイズ感 インプットの音質に特化したすぐれもの 高コスパ! シリーズ中最小・最軽量モデル
パソコンとの接続端子 USB Type-C(変換ケーブル付属) USB2.0 USB3.0/USB2.0 USB Type-C(変換ケーブル付属) Thunderbolt 3 (USB Type-Cポート経由) USB2.0 USB2.0 Thunderbolt 3 (USB Type-Cポート経由) Thunderbolt 3 (USB Type-Cポート経由) USB 2.0 USB 2.0 USB2.0、Type-C
音声の入力端子 MIC/LINE 1/2 端子 (XLR/TRS コンボ) x 2 MIC/LINE 1/2 端子 (XLR/TRS コンボ) x 2 XLRインプット x 2 XLR+1/4"バランス・コンボ入力端子 XLR x 2、1/4フォーン x 1(ギター用) XLR x 2 1/4インチ端子 x 2(ギター、ベース用)、XLRマイク&標準ライン・コンボ端子 x 2 XLR x 2、1/4フォーン x 1(ギター用) XLR x 2 XLR x 2、1/4フォーン x 1 XLR x 2 キャノン端子×1
音質 24bit/192kHz対応 24bit/192kHz 24bit/192kHz 24bit/192kH 16bit、32/44.1/48kHz 24bit/96kHz 24bit/192kHz 24bit/192kHz 24bit/192kHz 24bit/192kHz 24bit/192kHz 24bit/192kHz
ファンタム電源 対応 対応 対応 対応 1系統の高品位MIDAS設計マイクプリアンプを搭載、ファンタム電源を提供 対応 XLR側のみ対応 対応 - 対応 - -
ハイインピーダンス INPUT2を切り替えで対応 INPUT1を切り替えで対応 INPUT1、2ともに切り替えで対応 対応 対応 対応 1/4インチ端子のみ対応 対応 対応 - - -
DAW付属 Cubase AI ダウンロード版バンドル、iPad用の「Cubasis LE」ダウンロードバンドル Cubase AI/Cubasis LE (for iPad) ダウンロード版 Cubase LE9/ミキサーアプリケーション「UAC-2 MixEfx」がダウンロード可能 DAW : Pro Tools|First M-AUDIO EDITION/Ableton Live Liteなど behringer.comにて、プラグインなどダウンロード可能 Studio One Artistのライセンスバンドル、ほかプラグイン多数 DAW : Ableton Live 10 Lite、ギター関連のプラグイン多数バンドル なし - DAW:Ableton Live 10 Lite 、KOMPLETEインストゥルメント&エフェクトのコレクション ほか SSL Native Vocalstrip 2、Drumstrip DAW プラグイン Ableton Live簡易版
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年8月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月6日時点 での税込価格

オーディオインターフェイスおすすめ12選

ここまで紹介したオーディオインターフェイスの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品を紹介します。エントリーモデルからややマニアックなモデルまで紹介されているので、楽しみながら目を通してみてください。

YAMAHA(ヤマハ)『Steinberg UR22mkII』

YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR22mkII』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR22mkII』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR22mkII』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR22mkII』

出典:Amazon

ライター

初心者におすすめ、付属DAWはCUBASE AI

『UR22mkII』は価格、機能ともにもっともスタンダードなオーディオインターフェイスと言えるでしょう。

エントリーモデルでいうとPreSonus、Focusrite、Roland、TASCAMなどからも同価格帯の製品が販売されていますが、機能や音質に大きな差は感じられません。

選ぶ基準としては、バンドルされているDAWやプラグインが多少異なるので、そういったところから判断するといいでしょう。

YAMAHA(ヤマハ)『Steinberg UR-RT2』

YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR-RT2』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR-RT2』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR-RT2』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR-RT2』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR-RT2』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR-RT2』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR-RT2』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR-RT2』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR-RT2』

出典:Amazon

ライター

アコースティックサウンドにこだわりたいなら!

『UR-RT2』はRupert Neve Designs(以下、RND)とヤマハ(Steinberg)が共同開発したオーディオインターフェイスです。

このモデルのフロントパネルにはスイッチがあり、それをオンにすることでRND社製の「トランスフォーマー」(変圧器)を通したサウンドとなります。このトランスフォーマーというのが、RNDの音の決め手となっており、独特のサウンドへと変わるのです。

従来、非常に高価だった「Neveサウンド」が、手頃な価格で手に入るので、一段上を行くサウンドを求める方におすすめです。

ZOOM『UAC-2』

ZOOM『UAC-2』 ZOOM『UAC-2』 ZOOM『UAC-2』 ZOOM『UAC-2』 ZOOM『UAC-2』

出典:Amazon

ライター

DTMだけでなく、DJや動画配信にも活躍

『UAC-2』は圧倒的な低レイテンシーを実現するUSB3.0のオーディオインターフェイスです。

レイテンシーとは日本語で遅延を意味し、MIDIキーボードを弾いてからソフトシンセが鳴るまでの遅延時間やオーディオインターフェイスに接続したエレキギターを弾いてから、パソコンを通りモニターにかえってくるまでの遅延時間を指します。

そのレイテンシーが一般的なオーディオインターフェイスの半分程度の値となっており、またUSB3.0接続というのも特徴のオーディオインターフェイスです。

M-Audio『M-Track 2X2』

ライター

ProTools|First、音源など多数付属

『M-TRACK 2x2M』は世界で初めてPCとの接続にUSB Type-C(以下、USB C)のコネクタを採用したUSBオーディオ・インターフェイスです。

トップパネルにツマミが装備されているのも、このUSB接続対応オーディオインターフェイスの特徴であり、操作性に優れたモデルとなっています。

付属品にはUSB C同士を接続するケーブル以外に、従来のUSB端子に接続するためのケーブルも付属しているので、USB Cポート以外にも接続は可能です。

BEHRINGER『UMC22 U-PHORIA』

BEHRINGER『UMC22U-PHORIA』 BEHRINGER『UMC22U-PHORIA』 BEHRINGER『UMC22U-PHORIA』 BEHRINGER『UMC22U-PHORIA』

出典:Amazon

ライター

マイクプリ目的だけでも購入価値あり!

『UMC22』はオーディオインターフェイスでも、もっともシンプルで安い価格帯です。

この下のグレードにさらに安い価格の「UM2」が存在しますが、出力がRCAしかなく、「MIDAS(マイダス)」というイギリスの老舗オーディオコンソールメーカーブランドのマイクプリが未搭載なので、ボーカル録音や楽器を録音するのであれば『UMC22』以上のモデルがおすすめです。

また、このオーディオインターフェイスにはDAWが付属していないので、別途用意する必要があります。そのため最初は『Studio One 4 Prime』『Cakewalk by BandLab』など、無料で入手可能なDAWを使うといいでしょう。

PreSonus DTMセット AudioBox Studio Ultimate Bundle 25th Anniversary

PreSonusDTMセットAudioBoxStudioUltimateBundle25thAnniversary PreSonusDTMセットAudioBoxStudioUltimateBundle25thAnniversary PreSonusDTMセットAudioBoxStudioUltimateBundle25thAnniversary PreSonusDTMセットAudioBoxStudioUltimateBundle25thAnniversary PreSonusDTMセットAudioBoxStudioUltimateBundle25thAnniversary

出典:Amazon

ライター

付属ソフトだけでもお得なオールインワンセット

『AudioBox 96 STUDIO Ultimate Bundle』は、「AudioBox USB 96オーディオインターフェイス」「Eris E3.5モニタースピーカー」「コンデンサーマイク」「ヘッドホン」「各種ケーブル」が入った、全部入りセットです。

まだ何も機材を持っていないけれど、これからDTMを始めたいと思っている人におすすめです。

またAudioBox USB 96には、付属プラグインとして『Studio Magicプラグインスイート』がついてきます。この付属プラグインは7つあり、トータル5万円以上の価値のあるソフトたちでもあるので、買っても損はないと思います。

IK Multimedia『AXE I/O』

IKMultimedia『AXEI/O』 IKMultimedia『AXEI/O』 IKMultimedia『AXEI/O』 IKMultimedia『AXEI/O』 IKMultimedia『AXEI/O』 IKMultimedia『AXEI/O』

出典:Amazon

ライター

ギターサウンドの録音にこだわるなら必携!

『AXE I/O』は入力インピーダンスを自由に変えられるオーディオインターフェイスです。

ギターのレコーディングにとって重要になってくるHi-z(ハイ・インピーダンス)、インピーダンス・マッチングに最適化した作りになっており、ギターサウンドを最大限に引き出せるオーディオインターフェイスとなっています。

また「リアンプ」という、とりあえずギターは生のまま録音しておいて、後で録ったギターを再生して外部のアンプを鳴らし、録音しなおすという手法が可能であるなど、ギタリストであればDTMに限らず幅広く使用できる機材です。

Universal Audio『Arrow』

ライター

録音マニア心をくすぐる期待の逸品

『Arrow』はUniversal Audioが誇るDSP機能搭載のオーディオインターフェイスです。

「UADプラグイン」に加え、「Unison プリアンプ・テクノロジー」が搭載されているので、ビンテージ機材のインピーダンス、回路動作、ゲインの変わり方を忠実に再現してくれる機能も装備しています。

また、プロのレコーディング現場で使われているビンテージアナログ機材をシミュレートしたプラグインが14種類付属しています。

Universal Audio『Apollo Twin X DUO/QUAD Thunderbolt 10イン/6アウト』

UniversalAudioApolloTwinMKII/QUADアナログ2イン/6アウトThunderbolt対応オーディオインターフェイス【国内正規品】 UniversalAudioApolloTwinMKII/QUADアナログ2イン/6アウトThunderbolt対応オーディオインターフェイス【国内正規品】 UniversalAudioApolloTwinMKII/QUADアナログ2イン/6アウトThunderbolt対応オーディオインターフェイス【国内正規品】 UniversalAudioApolloTwinMKII/QUADアナログ2イン/6アウトThunderbolt対応オーディオインターフェイス【国内正規品】 UniversalAudioApolloTwinMKII/QUADアナログ2イン/6アウトThunderbolt対応オーディオインターフェイス【国内正規品】 UniversalAudioApolloTwinMKII/QUADアナログ2イン/6アウトThunderbolt対応オーディオインターフェイス【国内正規品】

出典:Amazon

多種多様なエフェクトを備えたプロ絶賛のモデル

最新モデル『Apollo Twin X』では、起動エフェクト数の異なる「DUO」「QUAD」の2製品がラインナップ。QUADのほうがエフェクト数がより多いモデルです。今回紹介している『AROOW』同様、DSPプロセッサ内蔵で 海外有名エンジニアも絶賛のマイクプリアンプエミュレーション搭載。使用マシンの CPU を気にせず、ミックスからマスタリングまでおこなえる数々のエフェクトが魅力です。

また、『AROOW』との主な違いはインプット数が最大10チャンネルも使用できること(8ch分は別途IFが必要)。モニターコントローラーとして必須のDIMやトークバック機能もあり、レコーディングにおいてとても心強い存在です。

Native instruments『KOMPLETE AUDIO 2』

NATIVEINSTRUMENTSネイティブインストゥルメンツ/KOMPLETEAUDIO2 NATIVEINSTRUMENTSネイティブインストゥルメンツ/KOMPLETEAUDIO2 NATIVEINSTRUMENTSネイティブインストゥルメンツ/KOMPLETEAUDIO2 NATIVEINSTRUMENTSネイティブインストゥルメンツ/KOMPLETEAUDIO2 NATIVEINSTRUMENTSネイティブインストゥルメンツ/KOMPLETEAUDIO2 NATIVEINSTRUMENTSネイティブインストゥルメンツ/KOMPLETEAUDIO2

出典:Amazon

低価格そしてコンパクトなサイズ感

オーディオインターフェイスとして必要な機能は全て備えつつMASCHINE Essentials、MONARK、NI製エフェクトなど、音楽制作に必要なソフトウェアが付属されています。

また、DAWの決定版『Ableton Live 10 Lite』も付属しており、今すぐこれ一台で音楽制作が可能なミュージシャンにとってはとても使い勝手のよいインターフェイス。

SOLID STATE LOGIC『SSL2』

SolidStateLogic(SSL)ソリッド・ステート・ロジック/SSL2オーディオインターフェース SolidStateLogic(SSL)ソリッド・ステート・ロジック/SSL2オーディオインターフェース SolidStateLogic(SSL)ソリッド・ステート・ロジック/SSL2オーディオインターフェース SolidStateLogic(SSL)ソリッド・ステート・ロジック/SSL2オーディオインターフェース SolidStateLogic(SSL)ソリッド・ステート・ロジック/SSL2オーディオインターフェース SolidStateLogic(SSL)ソリッド・ステート・ロジック/SSL2オーディオインターフェース

出典:Amazon

インプットの音質に特化したすぐれもの

レコーディング用ミキサー最大手、SOLID STATE LOGIC社のオーディオインターフェイス。エンジニア憧れのSSL社製コスパ重視モデルです。

最大の特徴は、音の輪郭を強調する4KスイッチというSSL社ならではの機能が装備されていること。サイズもコンパクトで、遅延問題をカバーしたモニターミックスコントロールも搭載しています。

Focusrite『Scarlett Solo』

FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス

出典:Amazon

高コスパ! シリーズ中最小・最軽量モデル

iPad ProおよびUSB Type Cモデルに公式対応しているScarlettシリーズ中最小・最軽量モデル。持ち運ぶことも可能なサイズなので、iPadと一緒にどこでも楽曲制作をすることができます。

また、シンプルなボリュームダイヤル調整や出力ソースの切り替えがかんたんなため、DJプレイ時でも大活躍してくれます。同価格帯のモデルとくらべてもトップクラスの性能といえます。iPadオーディオインターフェイスのおすすめモデルです。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする オーディオインターフェイスの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのオーディオインターフェイスの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:オーディオインターフェイスランキング
楽天市場:オーディオインターフェイスランキング
Yahoo!ショッピング:オーディオインターフェイスランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかの関連アイテムをチェック

最後に|エキスパートのアドバイス

ライター

人気機種や知人が使っているものを選ぶのも手

様々なメーカーから販売されているオーディオインターフェイスですが、1万前後の製品にはほとんど差はないので、友人や知人が使っている機材と同じものを選ぶ、付属しているDAWが同じものを選ぶといった基準で選ぶのもひとつの手です。

DAWが一緒であれば、データの受け渡しが楽というメリットもあります。あとは人気のオーディオインターフェイスであれば、ネットに情報がたくさんあるので、困ったときにすぐ解決できたり、そもそも使い方がわからないときでも、すぐ調べられたりします。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


HDMI切替器おすすめ9選|ポート数・切り替え方式・4K対応で選ぶ【使い方も】

HDMI切替器おすすめ9選|ポート数・切り替え方式・4K対応で選ぶ【使い方も】

テレビ画面とブルーレイレコーダーやゲーム機、PC、HDDレコーダーなどをつなぐのに便利な「HDMI切替器」。切替器があればケーブルを差し替えることなくカンタンに操作することが可能です。この記事では、HDMI切替器の選び方とおすすめの製品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon テレビゲーム・ゲームソフト , 4Kテレビ , ブルーレイレコーダー・プレーヤー

光デジタルケーブルおすすめ10選|オーディオやゲーム機器を高音質化!PS4にも

光デジタルケーブルおすすめ10選|オーディオやゲーム機器を高音質化!PS4にも

機器とサウンドプレーヤーをつなぎ、高音質で楽しむために必要なのが光デジタルケーブルです。これを使うことで、より臨場感のある音楽やゲームを楽しむことができるのですが、種類が豊富で見た目も似ているので選び方が難しいところ。この記事では、こだわりの音を実現するための光デジタルケーブルの選び方を解説するとともに、おすすめの商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon テレビゲーム・ゲームソフト , ゲーム , AVアクセサリ

MHL変換アダプタおすすめ7選+番外編|スマホの画像や動画をテレビで再生

MHL変換アダプタおすすめ7選+番外編|スマホの画像や動画をテレビで再生

スマホの画像や動画をテレビやプロジェクターにつないで観られるようにするのが、MHL変換アダプタ。Type-Cといったスマホの端子とHDMIなど映像出力端子とをつなぎ、映像を映し出します。MHL変換アダプタの選び方とおすすめ商品を紹介します。

tag icon テレビ , AVアクセサリ , オーディオ

【2022年】HDMI分配器おすすめ14選|4K対応・1入力2出力対応・同時出力に

【2022年】HDMI分配器おすすめ14選|4K対応・1入力2出力対応・同時出力に

プレゼンや会議などで、複数台のモニターに同じ映像や音声を出力したい場合は、HDMI分配器があると容易に映像を映したり、音声を流したりすることができとても便利です。HDMI分配器は、端子の出力数や電源のタイプなど、さまざまな種類があり、どれがいいのか迷うこともあるでしょう。この記事では、HDMI分配器を選ぶ際のポイントに加え、厳選したおすすめの商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon テレビゲーム・ゲームソフト , パソコン周辺機器 , ゲーム

スピーカーセレクター5選|同時出力できる! 人気ランキングも

スピーカーセレクター5選|同時出力できる! 人気ランキングも

スピーカーは、それぞれ個性が少しずつ違います。ジャズ向き、クラシック向き、テクノ向きなど、いくつかのスピーカーをそろえている方もいるでしょう。このようなケースでは、1つのAV機器から、楽曲に適したスピーカーを選んで音楽を楽しみたいもの。そんな要望に応えるのが「スピーカーセレクター」です。こちらの記事では、複数のスピーカーを使い分けられるスピーカーセレクターの選び方をIT&家電ライターの秋葉けんたさんが解説。おすすめの商品も合わせて紹介します! 記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon スピーカー , AVアクセサリ , オーディオ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。