【2020年版】オーディオインターフェースおすすめ12選|DTMやネット配信に!

YAMAHA(ヤマハ)『Steinberg UR-RT2』
出典:Amazon
ライター
藤本 健

DTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオを中心に執筆するライター。 自身のブログサイトDTMステーションを運営するほか、インプレスのAV WatchでもDigital Audio Laboratoryを2001年より連載中。 「Cubase徹底操作ガイド」(リットーミュージック)、「ボーカロイド技術論」(ヤマハミュージックメディア)などの著書も多数ある。 趣味は太陽光発電、2004年より自宅の電気を太陽光発電で賄うほか、現在3つの発電所を運用する発電所長でもある。

オーディオインターフェースは、パソコンと楽器・オーディオ機器とをつなぎ、入出力させるための機材です。この記事では、DTMに精通するオーディオライターの藤本 健さんと編集部が厳選した、最強のオーディオインターフェース12選をご紹介します。また、各機能の役割を動画で解説。さらに選び方のポイントも解説していきます。


オーディオインターフェースとは

オーディオインターフェイス
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

パソコンと楽器を一体化させてくれるオーディオインターフェース。

オーディオインターフェースとは、楽器などの音をパソコンに取り込んだり、パソコンの音をスピーカーに送るなどするためにパソコンとオーディオとをつなぎ、入出力させるための機材です。オーディオインターフェースと接続できる機器はキーボードやギター、マイクのほか、音楽ミキサー・外部エフェクターなど、多岐にわたっており、アンプ代わりに使用することもできます。

オーディオインターフェースを使って録音・再生時の音質向上が期待できるため、楽曲制作や録音の際に欠かせない音楽機材です。なお、その便利さから、ゲーム実況などに使用されたりもします。

オーディオインターフェースの機能紹介 ZOOM『UAC-2』で解説!

この動画では、記事の中でも紹介されているZOOM『UAC-2』を使用して、オーディオインターフェースの接続・操作方法を説明しています。

「GAIN」「HI-Z」「+48V」「OUTPUT」「PHONE」など、文字ではよくわからないオーディオインターフェースの各機能の使い方がわかります。

オーディオインターフェースの選び方 オーディオライター・藤本 健に聞く

ライター藤本 健さんに、オーディオインターフェースを選ぶときのポイントを教えてもらいました。DTMに興味はあっても、機材関連が難しく踏み出せずにいた方にはぜひ読んでいただきたいポイントばかりです。

パソコンとの接続端子で選ぶ

パソコンとオーディオインターフェースとをつなぐ接続端子を確認しましょう。これまでは、「USB」「Firewire」「Thunderbolt」の3タイプがありましたが、最近ではFirewireがほぼ使われなくなりましたので、USBとThunderboltの2タイプで選ぶとよいでしょう。また、最近ではUSB Type-Cに対応した製品もでてきました。今後はType-Cも増えてくるはずなので、こちらに対応している製品もチェックしておくとよいでしょう。

USB

USB端子
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

USB端子。原稿のバージョンは「USB3.0」パソコン、オーディオインターフェースの双方がUSB3.0に対応しているのが理想。

ほとんどのパソコンでUSB端子が備わっているはずです。ただ、使用しているパソコンがUSB3.0なら、オーディオインターフェース側もUSB3.0に対応している必要がありますので、事前に確認してください。

Thunderbolt

Tunderbolt端子
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

Tunderbolt端子。AppleとIntelの共同開発による接続規格。

AppleとIntelが共同開発で進めている規格のため、Mac製品に多く採用されています。お使いのパソコンがMac製品であれば、ThunderboltもMac用オーディオインターフェースの候補のひとつになります。

また、Thunderboltにも「Thunderbolt」「Thunderbolt 2」「Thunderbolt 3」の3つの規格が存在しますので、お使いのMacがどれに対応しているかを事前に確認しましょう。

USBが主流のWindowsと、USB Type-Cと互換性のあるThunderboltが主流になってきつつあるMac。今後はUSBに対応したWindows用オーディオインターフェース・Mac用オーディオインターフェースが主流となっていくでしょう。

端子の種類(形状)で選ぶ

コンボジャック搭載。高感度マイクや大出力のライン機器など幅広い入力ソースに対応したYAMAHA(ヤマハ)『Steinberg UR22mkII』。

オーディオインターフェースの端子には次の3種類があります。

・「標準ジャック」(標準フォン端子)
・「マイクジャック」(キャノン端子)
・「コンボジャック」


これらの端子がいくつ搭載されているかが選ぶときのポイントです。他にも端子の種類は、「MIDI端子」や「デジタル端子」(S/PDIF、adat、AES/EBU など)が存在しますが、最近のMIDIキーボードはUSBで接続するため、オーディオインターフェースにMIDI端子が装備されていなくても問題なしです。

端子数で選ぶ

2IN/5OUT(AMP OUTを含む)、2つの超低ノイズ・マイク/標準バランス入力、3種のトポロジーを備えたZ-TONEギター入力など、ギタリストのためにつくられたオーディオインターフェース。

端子がいくつ必要かは用途によっても変わってきますが、自宅で使うのであればコンボジャックが2つ搭載してあるモデルがおすすめです。これなら、マイク(USBマイク)とギターを同時に接続しておくこともできますし、ステレオレコーディングも可能です。

音質(性能)で選ぶ

音質、すなわちオーディオインターフェースの性能を表す単位(数値)はkHz(サンプリングレート)bit(量子化ビット数)で表されるもので、音質比較の指標となります。これらの数値が高いほど、録音または再生のクオリティを重視した高音質オーディオインターフェースということになります。

サンプリングレート……1秒間に何回の音をサンプリング(記録)できるかを表す数値。
量子化ビット……サンプリングした音をどの程度の精度で読み込めるかを表す数値。

ほとんどの場合「24bit/48kHz」または「96kHz」で扱うことが多いため、音質重視モデルでは最低でも24bit/96kHz以上に対応しているものを選ぶようにしましょう。

「192kHz」や「384kHz」に対応しているモデルなども存在しますが、よほどの理由がないといらないものといえます。そもそも値段が高かったり、録音するときのデータ容量が大きくなってしまったりというデメリットがあるのです。

機能面で選ぶ

最低限必要な機能は、「ファンタム電源」と「ハイインピーダンス(Hi-z)」モードです。ファンタム電源はコンデンサーマイクを使用するときに必要な「+48V」の電源を供給するもので、これがないとレコーディングなどでよく使われる繊細な音を拾うためのマイクが使えません。

またハイインピーダンス(Hi-z)モードはギターやベースを直接接続するときに必要で、これがないと本来の音を録音できません。

といっても、これらの機能は最近のオーディオインターフェースであればほぼ搭載してあります。ですが、一応確認しておくようにしましょう。

個性的な機能で選ぶ

オーディオインターフェースの中には個性的な機能を装備したモデルが存在します。

たとえば、ギターをレコーディングするときに最適なインピーダンスを設定できる『IK Multimeda AXE I/O』や内部に「DSP」(オーディオの弱点を克服すべくデジタル技術で補正する機器)を有し、パソコンに負担をかけず高品質なエフェクトを使用できる『Apollo』シリーズや『Arrow』。そして、「384kHz/32bitINTEGER」対応の『AXR4T』。圧倒的低「レイテシー」(データ処理に伴 う発音の遅延)を実現した『ZOOM UAC-2』、Rupert Neve Designsとヤマハ(Steinberg)が共同開発した『UR-RT』シリーズ。

こういった個性的な機能を自分の音楽スタイルに合わせて選ぶのも手です。

付属している「DAW」ソフトで選ぶ

付属しているDAW(Digital Audio Workstation)からオーディオインターフェースを選ぶという方法もあります。

DAWとは、打ち込みやレコーディング、ミックス、マスタリングなどといったことができる音楽制作ソフトです。そのDAWがオーディオインターフェースに付属している機種もあるので、まだDAWを持っていない人はDAW付属のものを選択するといいでしょう。

またソフトシンセやプラグインが付属している製品もあるので、そういったこともチェックしてみましょう。

オーディオインターフェースおすすめ12選 接続・入力端子・音質・ファンタム電源対応・ハイインピーダンス・付属DAWもチェック!

ここまで紹介したオーディオインターフェースの選び方のポイントをふまえて、オーディオライターの藤本 健さんと編集部で選んだおすすめ商品を紹介します。エントリーモデルからややマニアックなモデルまで紹介されているので、楽しみながら目を通してみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA(ヤマハ)『Steinberg UR22mkII』

YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR22mkII』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR22mkII』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR22mkII』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR22mkII』

出典:Amazon

パソコンとの接続端子 USB Type-C(変換ケーブル付属)
音声の入力端子 MIC/LINE 1/2 端子 (XLR/TRS コンボ) x 2
音質 24bit/192kHz対応
ファンタム電源 対応
ハイインピーダンス INPUT2を切り替えで対応
DAW付属 Cubase AI ダウンロード版バンドル、iPad用の「Cubasis LE」ダウンロードバンドル

Thumb lg 07a20a76 267c 4988 8065 8c14bb6ec0ef

ライター

初心者におすすめ、付属DAWはCUBASE AI

『UR22mkII』は価格、機能ともにもっともスタンダードなオーディオインターフェースと言えるでしょう。

エントリーモデルでいうとPreSonus、Focusrite、Roland、TASCAMなどからも同価格帯の製品が販売されていますが、機能や音質に大きな差は感じられません。

選ぶ基準としては、バンドルされているDAWやプラグインが多少異なるので、そういったところから判断するといいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA(ヤマハ)『Steinberg UR-RT2』

YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR-RT2』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR-RT2』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR-RT2』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR-RT2』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR-RT2』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR-RT2』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR-RT2』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR-RT2』 YAMAHA(ヤマハ)『SteinbergUR-RT2』

出典:Amazon

パソコンとの接続端子 USB2.0
音声の入力端子 MIC/LINE 1/2 端子 (XLR/TRS コンボ) x 2
音質 24bit/192kHz
ファンタム電源 対応
ハイインピーダンス INPUT1を切り替えで対応
DAW付属 Cubase AI/Cubasis LE (for iPad) ダウンロード版

Thumb lg 07a20a76 267c 4988 8065 8c14bb6ec0ef

ライター

アコースティックサウンドにこだわりたいなら!

『UR-RT2』はRupert Neve Designs(以下、RND)とヤマハ(Steinberg)が共同開発したオーディオインターフェースです。

このモデルのフロントパネルにはスイッチがあり、それをオンにすることでRND社製の「トランスフォーマー」(変圧器)を通したサウンドとなります。このトランスフォーマーというのが、RNDの音の決め手となっており、独特のサウンドへと変わるのです。

従来、非常に高価だった「Neveサウンド」が、手頃な価格で手に入るので、一段上を行くサウンドを求める方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ZOOM『UAC-2』

ZOOM『UAC-2』 ZOOM『UAC-2』 ZOOM『UAC-2』 ZOOM『UAC-2』 ZOOM『UAC-2』

出典:Amazon

パソコンとの接続端子 USB3.0/USB2.0
音声の入力端子 XLRインプット x 2
音質 24bit/192kHz
ファンタム電源 対応
ハイインピーダンス INPUT1、2ともに切り替えで対応
DAW付属 Cubase LE9/ミキサーアプリケーション「UAC-2 MixEfx」がダウンロード可能

Thumb lg 07a20a76 267c 4988 8065 8c14bb6ec0ef

ライター

DTMだけでなく、DJや動画配信にも活躍

『UAC-2』は圧倒的な低レイテンシーを実現するUSB3.0のオーディオインターフェースです。

レイテンシーとは日本語で遅延を意味し、MIDIキーボードを弾いてからソフトシンセが鳴るまでの遅延時間やオーディオインターフェースに接続したエレキギターを弾いてから、パソコンを通りモニターにかえってくるまでの遅延時間を指します。

そのレイテンシーが一般的なオーディオインターフェースの半分程度の値となっており、またUSB3.0接続というのも特徴のオーディオインターフェースです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

M-Audio『M-Track 2X2』

M-Audio『M-Track2X2』

出典:Amazon

パソコンとの接続端子 USB Type-C(変換ケーブル付属)
音声の入力端子 XLR+1/4"バランス・コンボ入力端子
音質 24bit/192kH
ファンタム電源 対応
ハイインピーダンス 対応
DAW付属 DAW : Pro Tools|First M-AUDIO EDITION/Ableton Live Liteなど

Thumb lg 07a20a76 267c 4988 8065 8c14bb6ec0ef

ライター

ProTools|First、音源など多数付属

『M-TRACK 2x2M』は世界で初めてPCとの接続にUSB Type-C(以下、USB C)のコネクタを採用したUSBオーディオ・インターフェースです。

トップパネルにツマミが装備されているのも、このUSB接続対応オーディオインターフェースの特徴であり、操作性に優れたモデルとなっています。

付属品にはUSB C同士を接続するケーブル以外に、従来のUSB端子に接続するためのケーブルも付属しているので、USB Cポート以外にも接続は可能です。

BEHRINGER『UMC22 U-PHORIA』

BEHRINGER『UMC22U-PHORIA』 BEHRINGER『UMC22U-PHORIA』 BEHRINGER『UMC22U-PHORIA』 BEHRINGER『UMC22U-PHORIA』

出典:Amazon

パソコンとの接続端子 Thunderbolt 3 (USB Type-Cポート経由)
音声の入力端子 XLR x 2、1/4フォーン x 1(ギター用)
音質 16bit、32/44.1/48kHz
ファンタム電源 1系統の高品位MIDAS設計マイクプリアンプを搭載、ファンタム電源を提供
ハイインピーダンス 対応
DAW付属 behringer.comにて、プラグインなどダウンロード可能

Thumb lg 07a20a76 267c 4988 8065 8c14bb6ec0ef

ライター

マイクプリ目的だけでも購入価値あり!

『UMC22』はオーディオインターフェースでも、もっともシンプルで安い価格帯です。

この下のグレードにさらに安い価格の「UM2」が存在しますが、出力がRCAしかなく、「MIDAS(マイダス)」というイギリスの老舗オーディオコンソールメーカーブランドのマイクプリが未搭載なので、ボーカル録音や楽器を録音するのであれば『UMC22』以上のモデルがおすすめです。

また、このオーディオインターフェースにはDAWが付属していないので、別途用意する必要があります。そのため最初は『Studio One 4 Prime』『Cakewalk by BandLab』など、無料で入手可能なDAWを使うといいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

PreSonus『AudioBox 96 STUDIO Ultimate Bundle』

PreSonus『AudioBox96STUDIOUltimateBundle』

出典:Amazon

パソコンとの接続端子 USB2.0
音声の入力端子 XLR x 2
音質 24bit/96kHz
ファンタム電源 対応
ハイインピーダンス 対応
DAW付属 Studio One Artistのライセンスバンドル、ほかプラグイン多数

Thumb lg 07a20a76 267c 4988 8065 8c14bb6ec0ef

ライター

付属ソフトだけでもお得なオールインワンセット

『AudioBox 96 STUDIO Ultimate Bundle』は、「AudioBox USB 96オーディオインターフェイス」「Eris E3.5モニタースピーカー」「コンデンサーマイク」「ヘッドホン」「各種ケーブル」が入った、全部入りセットです。

まだ何も機材を持っていないけれど、これからDTMを始めたいと思っている人におすすめです。

またAudioBox USB 96には、付属プラグインとして『Studio Magicプラグインスイート』がついてきます。この付属プラグインは7つあり、トータル5万円以上の価値のあるソフトたちでもあるので、買っても損はないと思います。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

IK Multimedia『AXE I/O』

IKMultimedia『AXEI/O』 IKMultimedia『AXEI/O』 IKMultimedia『AXEI/O』 IKMultimedia『AXEI/O』 IKMultimedia『AXEI/O』 IKMultimedia『AXEI/O』

出典:Amazon

パソコンとの接続端子 USB2.0
音声の入力端子 1/4インチ端子 x 2(ギター、ベース用)、XLRマイク&標準ライン・コンボ端子 x 2
音質 24bit/192kHz
ファンタム電源 XLR側のみ対応
ハイインピーダンス 1/4インチ端子のみ対応
DAW付属 DAW : Ableton Live 10 Lite、ギター関連のプラグイン多数バンドル

Thumb lg 07a20a76 267c 4988 8065 8c14bb6ec0ef

ライター

ギターサウンドの録音にこだわるなら必携!

『AXE I/O』は入力インピーダンスを自由に変えられるオーディオインターフェースです。

ギターのレコーディングにとって重要になってくるHi-z(ハイ・インピーダンス)、インピーダンス・マッチングに最適化した作りになっており、ギターサウンドを最大限に引き出せるオーディオインターフェースとなっています。

また「リアンプ」という、とりあえずギターは生のまま録音しておいて、後で録ったギターを再生して外部のアンプを鳴らし、録音しなおすという手法が可能であるなど、ギタリストであればDTMに限らず幅広く使用できる機材です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Universal Audio『Arrow』

UniversalAudio『Arrow』 UniversalAudio『Arrow』 UniversalAudio『Arrow』 UniversalAudio『Arrow』 UniversalAudio『Arrow』 UniversalAudio『Arrow』 UniversalAudio『Arrow』

出典:Amazon

パソコンとの接続端子 Thunderbolt 3 (USB Type-Cポート経由)
音声の入力端子 XLR x 2、1/4フォーン x 1(ギター用)
音質 24bit/192kHz
ファンタム電源 対応
ハイインピーダンス 対応
DAW付属 なし

Thumb lg 07a20a76 267c 4988 8065 8c14bb6ec0ef

ライター

録音マニア心をくすぐる期待の逸品

『Arrow』はUniversal Audioが誇るDSP機能搭載のオーディオインターフェースです。

「UADプラグイン」に加え、「Unison プリアンプ・テクノロジー」が搭載されているので、ビンテージ機材のインピーダンス、回路動作、ゲインの変わり方を忠実に再現してくれる機能も装備しています。

また、プロのレコーディング現場で使われているビンテージアナログ機材をシミュレートしたプラグインが14種類付属しています。

Universal Audio『Apollo Twin X DUO/QUAD』

UniversalAudioApolloTwinX/DUOオーディオインターフェースThunderbolt10イン/6アウト【国内正規品】 UniversalAudioApolloTwinX/DUOオーディオインターフェースThunderbolt10イン/6アウト【国内正規品】 UniversalAudioApolloTwinX/DUOオーディオインターフェースThunderbolt10イン/6アウト【国内正規品】 UniversalAudioApolloTwinX/DUOオーディオインターフェースThunderbolt10イン/6アウト【国内正規品】 UniversalAudioApolloTwinX/DUOオーディオインターフェースThunderbolt10イン/6アウト【国内正規品】 UniversalAudioApolloTwinX/DUOオーディオインターフェースThunderbolt10イン/6アウト【国内正規品】

出典:Amazon

パソコンとの接続端子 Thunderbolt 3 (USB Type-Cポート経由)
音声の入力端子 XLR x 2
音質 24bit/192kHz
ファンタム電源 -
ハイインピーダンス 対応
DAW付属 -

多種多様なエフェクトを備えたプロ絶賛のモデル

最新モデル『Apollo Twin X』では、起動エフェクト数の異なる「DUO」「QUAD」の2製品がラインナップ。QUADのほうがエフェクト数がより多いモデルです。今回紹介している『AROOW』同様、DSPプロセッサ内蔵で 海外有名エンジニアも絶賛のマイクプリアンプエミュレーション搭載。使用マシンの CPU を気にせず、ミックスからマスタリングまでおこなえる数々のエフェクトが魅力です。

また、『AROOW』との主な違いはインプット数が最大10チャンネルも使用できること(8ch分は別途IFが必要)。モニターコントローラーとして必須のDIMやトークバック機能もあり、レコーディングにおいてとても心強い存在です。

Native instruments『KOMPLETE AUDIO 2』

NATIVEINSTRUMENTSネイティブインストゥルメンツ/KOMPLETEAUDIO2 NATIVEINSTRUMENTSネイティブインストゥルメンツ/KOMPLETEAUDIO2 NATIVEINSTRUMENTSネイティブインストゥルメンツ/KOMPLETEAUDIO2 NATIVEINSTRUMENTSネイティブインストゥルメンツ/KOMPLETEAUDIO2 NATIVEINSTRUMENTSネイティブインストゥルメンツ/KOMPLETEAUDIO2 NATIVEINSTRUMENTSネイティブインストゥルメンツ/KOMPLETEAUDIO2

出典:Amazon

パソコンとの接続端子 USB 2.0
音声の入力端子 XLR x 2、1/4フォーン x 1
音質 24bit/192kHz
ファンタム電源 対応
ハイインピーダンス -
DAW付属 DAW:Ableton Live 10 Lite 、KOMPLETEインストゥルメント&エフェクトのコレクション ほか

低価格そしてコンパクトなサイズ感

オーディオインターフェースとして必要な機能は全て備えつつMASCHINE Essentials、MONARK、NI製エフェクトなど、音楽制作に必要なソフトウェアが付属されています。

また、DAWの決定版『Ableton Live 10 Lite』も付属しており、今すぐこれ一台で音楽制作が可能なミュージシャンにとってはとても使い勝手のよいインターフェース。

SOLID STATE LOGIC『SSL2』

SolidStateLogic(SSL)/SSL2【CubasePRO/Rセット!】USBオーディオ・インターフェイス SolidStateLogic(SSL)/SSL2【CubasePRO/Rセット!】USBオーディオ・インターフェイス SolidStateLogic(SSL)/SSL2【CubasePRO/Rセット!】USBオーディオ・インターフェイス

出典:Amazon

パソコンとの接続端子 USB 2.0
音声の入力端子 XLR x 2
音質 24bit/192kHz
ファンタム電源 -
ハイインピーダンス -
DAW付属 SSL Native Vocalstrip 2、Drumstrip DAW プラグイン

インプットの音質に特化したすぐれもの

レコーディング用ミキサー最大手、SOLID STATE LOGIC社のオーディオインターフェース。エンジニア憧れのSSL社製コスパ重視モデルです。

最大の特徴は、音の輪郭を強調する4KスイッチというSSL社ならではの機能が装備されていること。サイズもコンパクトで、遅延問題をカバーしたモニターミックスコントロールも搭載しています。

Focusrite『Scarlett Solo』

FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス FocusriteScarlettSolo3rdGenオーディオインターフェイス

出典:Amazon

パソコンとの接続端子 USB2.0、Type-C
音声の入力端子 キャノン端子×1
音質 24bit/192kHz
ファンタム電源 -
ハイインピーダンス -
DAW付属 Ableton Live簡易版

高コスパ! シリーズ中最小・最軽量モデル

iPad ProおよびUSB Type Cモデルに公式対応しているScarlettシリーズ中最小・最軽量モデル。持ち運ぶことも可能なサイズなので、iPadと一緒にどこでも楽曲制作をすることができます。

また、シンプルなボリュームダイヤル調整や出力ソースの切り替えがかんたんなため、DJプレイ時でも大活躍してくれます。同価格帯のモデルとくらべてもトップクラスの性能といえます。iPadオーディオインターフェースのおすすめモデルです。

「オーディオインターフェース」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
YAMAHA(ヤマハ)『Steinberg UR22mkII』
YAMAHA(ヤマハ)『Steinberg UR-RT2』
ZOOM『UAC-2』
M-Audio『M-Track 2X2』
BEHRINGER『UMC22 U-PHORIA』
PreSonus『AudioBox 96 STUDIO Ultimate Bundle』
IK Multimedia『AXE I/O』
Universal Audio『Arrow』
Universal Audio『Apollo Twin X DUO/QUAD』
Native instruments『KOMPLETE AUDIO 2』
SOLID STATE LOGIC『SSL2』
Focusrite『Scarlett Solo』
商品名 YAMAHA(ヤマハ)『Steinberg UR22mkII』 YAMAHA(ヤマハ)『Steinberg UR-RT2』 ZOOM『UAC-2』 M-Audio『M-Track 2X2』 BEHRINGER『UMC22 U-PHORIA』 PreSonus『AudioBox 96 STUDIO Ultimate Bundle』 IK Multimedia『AXE I/O』 Universal Audio『Arrow』 Universal Audio『Apollo Twin X DUO/QUAD』 Native instruments『KOMPLETE AUDIO 2』 SOLID STATE LOGIC『SSL2』 Focusrite『Scarlett Solo』
商品情報
特徴 初心者におすすめ、付属DAWはCUBASE AI アコースティックサウンドにこだわりたいなら! DTMだけでなく、DJや動画配信にも活躍 ProTools|First、音源など多数付属 マイクプリ目的だけでも購入価値あり! 付属ソフトだけでもお得なオールインワンセット ギターサウンドの録音にこだわるなら必携! 録音マニア心をくすぐる期待の逸品 多種多様なエフェクトを備えたプロ絶賛のモデル 低価格そしてコンパクトなサイズ感 インプットの音質に特化したすぐれもの 高コスパ! シリーズ中最小・最軽量モデル
パソコンとの接続端子 USB Type-C(変換ケーブル付属) USB2.0 USB3.0/USB2.0 USB Type-C(変換ケーブル付属) Thunderbolt 3 (USB Type-Cポート経由) USB2.0 USB2.0 Thunderbolt 3 (USB Type-Cポート経由) Thunderbolt 3 (USB Type-Cポート経由) USB 2.0 USB 2.0 USB2.0、Type-C
音声の入力端子 MIC/LINE 1/2 端子 (XLR/TRS コンボ) x 2 MIC/LINE 1/2 端子 (XLR/TRS コンボ) x 2 XLRインプット x 2 XLR+1/4"バランス・コンボ入力端子 XLR x 2、1/4フォーン x 1(ギター用) XLR x 2 1/4インチ端子 x 2(ギター、ベース用)、XLRマイク&標準ライン・コンボ端子 x 2 XLR x 2、1/4フォーン x 1(ギター用) XLR x 2 XLR x 2、1/4フォーン x 1 XLR x 2 キャノン端子×1
音質 24bit/192kHz対応 24bit/192kHz 24bit/192kHz 24bit/192kH 16bit、32/44.1/48kHz 24bit/96kHz 24bit/192kHz 24bit/192kHz 24bit/192kHz 24bit/192kHz 24bit/192kHz 24bit/192kHz
ファンタム電源 対応 対応 対応 対応 1系統の高品位MIDAS設計マイクプリアンプを搭載、ファンタム電源を提供 対応 XLR側のみ対応 対応 - 対応 - -
ハイインピーダンス INPUT2を切り替えで対応 INPUT1を切り替えで対応 INPUT1、2ともに切り替えで対応 対応 対応 対応 1/4インチ端子のみ対応 対応 対応 - - -
DAW付属 Cubase AI ダウンロード版バンドル、iPad用の「Cubasis LE」ダウンロードバンドル Cubase AI/Cubasis LE (for iPad) ダウンロード版 Cubase LE9/ミキサーアプリケーション「UAC-2 MixEfx」がダウンロード可能 DAW : Pro Tools|First M-AUDIO EDITION/Ableton Live Liteなど behringer.comにて、プラグインなどダウンロード可能 Studio One Artistのライセンスバンドル、ほかプラグイン多数 DAW : Ableton Live 10 Lite、ギター関連のプラグイン多数バンドル なし - DAW:Ableton Live 10 Lite 、KOMPLETEインストゥルメント&エフェクトのコレクション ほか SSL Native Vocalstrip 2、Drumstrip DAW プラグイン Ableton Live簡易版
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年10月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月30日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする オーディオインターフェースの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのオーディオインターフェースの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:オーディオインターフェースランキング
楽天市場:オーディオインターフェースランキング
Yahoo!ショッピング:オーディオインターフェースランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

オーディオインターフェースに関するそのほかの商品 【関連記事】

人気機種や知人が使っているものを選ぶのも手 オーディオライター・藤本 健のアドバイス

ライター

様々なメーカーから販売されているオーディオインターフェースですが、1万前後の製品にはほとんど差はないので、友人や知人が使っている機材と同じものを選ぶ、付属しているDAWが同じものを選ぶといった基準で選ぶのもひとつの手です。

DAWが一緒であれば、データの受け渡しが楽というメリットもあります。あとは人気のオーディオインターフェースであれば、ネットに情報がたくさんあるので、困ったときにすぐ解決できたり、そもそも使い方がわからないときでも、すぐ調べられたりします。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:拝島 祐子、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/11/13 コンテンツ修正のため記事を更新しました。(制作協力:NOIZ'n GIRL 掲載:マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


地デジ用アンテナおすすめ10選|室内用・屋外用・兼用をご紹介

地デジ用アンテナおすすめ10選|室内用・屋外用・兼用をご紹介

プロの家電販売員のたろっささんへの取材のもと、地デジ用アンテナを選ぶポイントとおすすめの商品を教えていただきました。ケーブルテレビや光回線の契約をしていない、または集合住宅などで共聴アンテナを使用していないといった場合、地上デジタル放送(地デジ)を視聴するには、アンテナを設置する必要があります。地デジ用のアンテナは従来からある八木アンテナに加え、室内に設置できるものや景観にマッチしたスタイリッシュなアンテナなども販売されていて、選択肢が広がってきています。記事後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


BS/CSを快適に受信!アンテナ分波器おすすめ9選|初心者が間違えやすい点も解説

BS/CSを快適に受信!アンテナ分波器おすすめ9選|初心者が間違えやすい点も解説

マンションなどでBS/CSや地上波のアンテナからの信号を分ける「アンテナ分波器」。必要だけどどの製品がいいのかよくわからないという人に、アンテナ分波器の選び方をIT&家電ライターの秋葉けんたさんが解説します。また、アンテナ分波器のおすすめ製品5選も合わせて紹介します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


スピーカースタンドおすすめ10選|デザイン性豊かで低音も表現する!

スピーカースタンドおすすめ10選|デザイン性豊かで低音も表現する!

せっかく高価なスピーカーを買ったのに、床やラックの上に無造作に置いたまま……なんてことはありませんか? オーディオシステムのなかでも、スピーカーはユーザーの個性をもっとも反映させることができる部分であり、スピーカースタンドはその一部です。スタンドの選択の良し悪しで、スピーカーは価格以上のクオリティを発揮することがありますし、逆もまた然りです。ここでは、アンプやスピーカーなどオーディオ機器を制作・販売する株式会社ムジカコーポレーションCEOの眞壁征生さんへの取材をもとに、スピーカースタンドの選び方とおすすめ商品を紹介します。


【IT&家電ライターが選ぶ】液晶テレビ保護パネルおすすめ5選|パネルタイプ・ノングレアタイプも

【IT&家電ライターが選ぶ】液晶テレビ保護パネルおすすめ5選|パネルタイプ・ノングレアタイプも

液晶テレビの画面を保護する「液晶テレビ保護パネル」。本記事では液晶テレビ保護パネルの選び方をIT&家電ライターの秋葉 けんたさんが解説します。画面サイズのほか、アクリルタイプかフィルムタイプか、グレア(光沢)タイプか、アンチグレア(ノングレア)タイプかなど、製品の特徴もさまざまです。液晶テレビ保護パネルのおすすめ製品5選、売れ筋ランキングも合わせて紹介していますので、参考にしてください。


スピーカーセレクター6選|同時出力できる! 人気ランキングも

スピーカーセレクター6選|同時出力できる! 人気ランキングも

スピーカーは、それぞれ個性が少しずつ違います。ジャズ向き、クラシック向き、テクノ向きなど、いくつかのスピーカーをそろえている方もいるでしょう。このようなケースでは、1つのAV機器から、楽曲に適したスピーカーを選んで音楽を楽しみたいもの。そんな要望に応えるのが「スピーカーセレクター」です。こちらの記事では、複数のスピーカーを使い分けられるスピーカーセレクターの選び方をIT&家電ライターの秋葉けんたさんが解説。おすすめの商品も合わせて紹介します! 記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


新着記事


発色がよくてイラストにも向いている? アルコールマーカー『コピック』の画材の特徴や魅力を検証レビュー

発色がよくてイラストにも向いている? アルコールマーカー『コピック』の画材の特徴や魅力を検証レビュー

アナログでイラストを描くとき、画材としても活躍するカラーマーカー。そのなかでも『コピック』は、幅広い分野で多くのプロや漫画家に愛用されているアルコールマーカーです。自分も使ってみたい! という方や、具体的にどういうマーカーなのか気になっている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は『コピック』について、実際に使い方や書き味をチェックしてみました! 気になる方はぜひ参考にしてみてください。


がんこな尿石落としに!『サンポール』の洗浄力を検証レビュー

がんこな尿石落としに!『サンポール』の洗浄力を検証レビュー

毎日使うトイレは、きれいにしておきたいもの。来客など家族以外の方も使うことがありますので、見た目や匂いなど気になるものです。「サンポール」という商品名は、ご存知の方も多いのではないかと思います。この「サンポール」の洗浄力を検証するため、実際に使用してみました。トイレ洗浄剤の商品選びに迷っている方、『サンポール』の購入を検討されている方、この記事をトイレ洗浄剤選びの参考にしてみてください。


アテニアのトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

アテニアのトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

年齢とともにお肌の悩みが増えていき、鏡を見るのがちょっと憂うつになることはありませんか? そんなお肌の悩みには、年齢に応じたケアができる化粧品がおすすめです。美容成分を使うだけでなく、余計な添加物を使わないスキンケアでやさしくお肌を整えられたらいいですよね。今回は、肌の元気のなさが気になっていた筆者が『アテニア ドレスリフト』のトライアルセットを使用してみました。さまざまな独自原料や独自成分を使用し、添加物もできるだけ省いている『アテニア ドレスリフト』の使い心地をお伝えします。


化粧くずれしにくい! 『プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地』のキープ力を検証レビュー

化粧くずれしにくい! 『プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地』のキープ力を検証レビュー

『プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地』は、メイクを長時間キープしたい方にぴったりの化粧下地。皮脂によるテカリ・くずれが気になりにくく、ファンデーションも取れにくいのが特徴です。この記事では、『プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地』を実際に試して、使用感をたっぷりレビューしていきます。ぜひ記事を読んで、あなたのお悩み軽減に役立つ化粧下地かどうかチェックしてみてくださいね!


アクアレーベルのトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

アクアレーベルのトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

大人ニキビや毛穴の目立ち、インナードライが気になり出したら、お肌にたっぷりうるおいを与えるスキンケアをしたくなります。季節に関係なく、肌あれしやすくなった大人の女性にピッタリのスキンケアアイテムはないのでしょうか? そんな肌をうるおいで満たし、大人の悩みに寄り添ってくれるのは、『アクアレーベル』。忙しい日々でも自分らしくきれいになりたい人のスキンケアです。有名ブランドの定番商品なので、口コミも多いようですが、実際使い心地やコスパはどうなのでしょうか? 今回は、毛穴開きが気になる筆者が、赤いスキンケアシリーズのトライアルセット『バランスアップセット』を使用してみました。


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る