【コンデンサーマイク】のおすすめ商品5選|レコーディングエンジニアが解説

【コンデンサーマイク】のおすすめ商品5選|レコーディングエンジニアが解説
レコーディングエンジニア
小野寺 孝樹

1989年株式会社ゼロスタジオに入社。 アシスタントを経て、1992年チーフエンジニアに昇格。 その後、数々のレコーディングに携わる。 2001年ゼロスタジオを退社、フリーランスとなる。 以降、レコーディング・ミックスからプログラミングまで、またアイドルソングからプログレまでなんでもこなす便利な人として、活躍中。"

動画配信や自宅録音などのためマイクをお使いの方のなかには、なかなか思ったようにいい音が録音できない、ということで今よりも質のいいマイクを導入したいとお考えの方も多いかと思います。いろいろなマイクがあるなかの選択肢のひとつがコンデンサーマイクです。ここでは、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんによるコンデンサーマイクの選び方と、おすすめ商品5選を紹介します。使ってみないと分からないという性質のものだからこそ、実体験にもとづいたアドバイスを有効に活用してください。また、最後にECサイトでの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!


コンデンサーマイクの選び方|レコーディングエンジニアが解説

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに、コンデンサーマイクを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。ここで紹介する事柄を参考にして、使用目的にあったコンデンサーマイクを選んでください。

コンデンサーマイク
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ボーカルの繊細な表現までを収録したければコンデンサーマイクという選択があります。

ダイナミックマイクとコンデンサーマイクの違い

レコーディングエンジニア

「ダイナミックマイクよりもコンデンサーマイクのほうが質がいい」と思っている方がいらっしゃいますが、それは間違いとは言えませんが正しくもありません。

なぜならダイナミックマイクとコンデンサーマイクでは、音を電気信号に変換する方式が違います。そのため、音響特性や周波数特性が違うので、それぞれに収録できるサウンドの得意・不得意があります。

たとえば、コンデンサーマイクは高域の特性がすぐれているので、サラサラと繊細な音での録音が可能。ドラムのシンバルやアコースティックギターのアルペジオ、透き通った女性ボーカルなどの録音はもっとも得意とするものです。

コンデンサーマイクを選ぶ際には、このようなダイナミックマイクとの違いも考慮に入れましょう。

Georg Neumann GmbH『TLM 103 Studio Set』

全体的にフラットな周波数特性をもつのが特徴。

>> Amazonで詳細を見る

収録するソース・目的によって選ぶ

レコーディングエンジニア

宅録(自宅での録音)などでは、ボーカルだけでなくいろいろな楽器を録音することや、プロのレコーディングのようにマイクを何本も用意して状況に応じて使い分けるということは難しいと思います。

そのため、マイク1本でできるだけいろいろなシーンに対応するには、指向性の切り替えや不要な低域をカットできる「ローパスフィルター」を装備した機種を選ぶのがおすすめ。

たとえばひとりで録音する場合は「単一指向性」を、ふたりの場合は向かい合って「双指向性」を。また、大勢の場合はマイクのまわりを囲んで「無指向」で録音すれば、録音の幅が広がります。

ただ、機能が追加されるぶん価格に反映されますので、マイクそのもののクオリティーと予算を考慮に入れてチョイスしましょう。

周辺機器とのバランスを考えよう

レコーディングエンジニア

コンデンサーマイクの一番の特徴は、外部に電源が必要なことです。

新たに導入するにあたっては、ご自分の持っているオーディオインターフェースやミキサーなどに、「ファンタム電源」(マイクにXLRキャノンケーブルを通じて送られる48Vなどの直流電源)を供給する方法があるかどうか確認しておいたほうがよいでしょう。

また、いくらマイクをよいものにしても、インターフェースやマイクプリアンプがそれに見合ったものでなければ、その性能をじゅうぶんに発揮できない場合があります。

マイクだけを高級品に替えるよりも、ほかの機材もあわせてグレードアップするほうが、全体のクオリティーは格段に上がると言えます。

Blue Microphones Blue『yeti』

「ステレオ・モード」をはじめ、指向性を4種類のなかから切り替えられるマイク。

>> Amazonで詳細を見る

おすすめコンデンサーマイク5選|レコーディングエンジニアが厳選

上で紹介したコンデンサーマイクの選び方のポイントをふまえて、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。PCとの接続性や指向性などマイクによって特性はさまざまですから、使用シーンに合わせた商品を選んでください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

audio-technica『USBマイクロホン(AT2020USB+)』

audio-technica『USBマイクロホン(AT2020USB+)』 audio-technica『USBマイクロホン(AT2020USB+)』 audio-technica『USBマイクロホン(AT2020USB+)』 audio-technica『USBマイクロホン(AT2020USB+)』 audio-technica『USBマイクロホン(AT2020USB+)』 audio-technica『USBマイクロホン(AT2020USB+)』 audio-technica『USBマイクロホン(AT2020USB+)』

出典:Amazon

指向性 単一指向性
マイク感度 -
周波数特性 20~20,000Hz
最大入力音圧レベル -
PC用
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

USB接続でかんたんにデジタルレコーディング

低価格帯コンデンサーマイクの定番、AT2020のUSB接続仕様のモデルです。オーディオインターフェースを必要とせず直接PCと接続できるので、ポッドキャストや動画配信の収録にはとくにおすすめ。ヘッドホンジャックでレイテンシー(遅延)のない「ダイレクトモニタリング」が可能で、卓上スタンドが付属しているのも高ポイントです。

ボーカルに使用してもなかなかの音質で録音できますが、やや低域が不足気味です。極端に言うと「スカスカした感じがする」ので、楽器を録音する場合などソースを選ぶかもしれません。ですが、それが逆に余計なノイズを拾いすぎず、音声などを録音するときには有利に働くので、宅録でも非常に重宝する機種です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Blue Microphones『yeti』

BlueMicrophones『yeti』 BlueMicrophones『yeti』 BlueMicrophones『yeti』 BlueMicrophones『yeti』 BlueMicrophones『yeti』 BlueMicrophones『yeti』 BlueMicrophones『yeti』 BlueMicrophones『yeti』 BlueMicrophones『yeti』 BlueMicrophones『yeti』 BlueMicrophones『yeti』 BlueMicrophones『yeti』 BlueMicrophones『yeti』 BlueMicrophones『yeti』 BlueMicrophones『yeti』 BlueMicrophones『yeti』 BlueMicrophones『yeti』 BlueMicrophones『yeti』

出典:Amazon

指向性 単一指向性、双指向性、無指向性、ステレオ
マイク感度 -
周波数特性 20~20,000Hz
最大入力音圧レベル 120dB
PC用
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

シーンに応じて指向性の切り替えができる

Blue Microphones社はユニークなフォルムの高品質な製品を生み出している、アメリカのメーカーです。このモデルはUSB接続で直接PCに接続できますから、インターフェースやプリアンプは不要。

ヘッドフォン端子もあって至れり尽くせりの感がありますが、yetiはデジタル出力のみの仕様となっているため、別途アナログ出力が必要な方には上位機種の「yeti PRO」がおすすめです。

指向特性が4種類もあり、なかでも「ステレオ・モード」が装備されているのは非常に便利。たとえばピアノやコーラス、環境音など1台で臨場感ある録音ができます。そのため宅録や配信など、いろいろなソースをレコーディングしようと思っている方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

RODE Microphones『マルチパターン・デュアル1インチ・コンデンサーマイク(NT2-A)』

RODEMicrophones『マルチパターン・デュアル1インチ・コンデンサーマイク(NT2-A)』

出典:Amazon

指向性 単一指向性、双指向性、無指向性
マイク感度 -36.0dBV/Pa
周波数特性 20~20,000Hz
最大入力音圧レベル 147dB
PC用 ×
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

低価格コンデンサーマイクの定番モデル

同社の「NT1-A」とともに低価格コンデンサーマイクの先駆けとも言えるモデル。今ではこの価格帯の機種も豊富になりましたが、発売された当時はそのコストパフォーマンスに驚かされたものです。

音質はやや高域のギラツキが気になりますが、比較的フラットで高域から低域までバランスよく録音することが可能。ヴォーカルやナレーションも非常にクリアに録音できます。

また、マイクセッティング次第では若干中低域が膨らんだ感じになりますが、アコギなどもしっかりと録音できます。

指向性切り替えやハイパスフィルター、大音量にも歪(ひず)まずに対応できるPADなど、あらゆるシーンに対応できるオールマイティーな機種。最初の1本におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

AKG『プロフェッショナルラージダイアフラムコンデンサーマイク(C214)』

AKG『プロフェッショナルラージダイアフラムコンデンサーマイク(C214)』 AKG『プロフェッショナルラージダイアフラムコンデンサーマイク(C214)』 AKG『プロフェッショナルラージダイアフラムコンデンサーマイク(C214)』 AKG『プロフェッショナルラージダイアフラムコンデンサーマイク(C214)』 AKG『プロフェッショナルラージダイアフラムコンデンサーマイク(C214)』 AKG『プロフェッショナルラージダイアフラムコンデンサーマイク(C214)』 AKG『プロフェッショナルラージダイアフラムコンデンサーマイク(C214)』

出典:Amazon

指向性 単一指向性
マイク感度 20mV/Pa
周波数特性 20~20,000Hz
最大入力音圧レベル 136dB
PC用 ×
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

上位機種のノウハウを注ぎ込んだハイコスパなモデル

ドイツの老舗音響メーカーAKG(アーカーゲー)の定番モデル「C414」の設計思想を受け継ぎながら、最低限の機能にしぼった、コストパフォーマンスの高いモデルです。

指向性は単一指向性のみですが、大音量でも歪まずに収録できるPADや、不要な低域をカットするローカットフィルターを装備しているので、ナレーションやヴォーカルはもちろん楽器の収録にも機能的にじゅうぶんだと思います。

音質はややハイ上がりですが、変な嫌味がなくシャッキリした印象。シンバル系やアコギ、女性ヴォーカルに使うと、ヌケがよく存在感のあるサウンドが得られます。

サウンドをワンラックアップしたい、本格的に録音をしたいという方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Georg Neumann GmbH『TLM 103 Studio Set』

GeorgNeumannGmbH『TLM103StudioSet』

出典:Amazon

指向性 単一指向性
マイク感度 23mV/Pa
周波数特性 20~20,000Hz
最大入力音圧レベル 138dB
PC用 ×
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

スタジオのプロユースクオリティーを自宅でも!

プロのレコーディングスタジオでは同社の「U87」が定番中の定番ですが、同設計カプセルを採用しながらもアマチュアにも手の届く価格を実現した機種です。

ノイマンのマイクは全体的に比較的フラットな周波数特性ながら、高域と中域にあえてピークをもたせ、ボーカルや楽器を平坦ではなく音楽的に聴かせます。強烈な個性はないですが、オールラウンドに末永く使えるモデル。やや重量があるので、サスペンションとしっかりとしたスタンドは必須です。

ボーカルをよりよく録りたい方にはとくにおすすめの機種で、マイクプリやインターフェース次第では、プロクオリティーの録音が可能になります。

「コンデンサーマイク」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
audio-technica『USBマイクロホン(AT2020USB+)』
Blue Microphones『yeti』
RODE Microphones『マルチパターン・デュアル1インチ・コンデンサーマイク(NT2-A)』
AKG『プロフェッショナルラージダイアフラムコンデンサーマイク(C214)』
Georg Neumann GmbH『TLM 103 Studio Set』
商品名 audio-technica『USBマイクロホン(AT2020USB+)』 Blue Microphones『yeti』 RODE Microphones『マルチパターン・デュアル1インチ・コンデンサーマイク(NT2-A)』 AKG『プロフェッショナルラージダイアフラムコンデンサーマイク(C214)』 Georg Neumann GmbH『TLM 103 Studio Set』
商品情報
特徴 USB接続でかんたんにデジタルレコーディング シーンに応じて指向性の切り替えができる 低価格コンデンサーマイクの定番モデル 上位機種のノウハウを注ぎ込んだハイコスパなモデル スタジオのプロユースクオリティーを自宅でも!
指向性 単一指向性 単一指向性、双指向性、無指向性、ステレオ 単一指向性、双指向性、無指向性 単一指向性 単一指向性
マイク感度 - - -36.0dBV/Pa 20mV/Pa 23mV/Pa
周波数特性 20~20,000Hz 20~20,000Hz 20~20,000Hz 20~20,000Hz 20~20,000Hz
最大入力音圧レベル - 120dB 147dB 136dB 138dB
PC用 × × ×
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

ECサイトのコンデンサーマイクランキングを参考にする

Amazon、Yahoo!ショッピングでのコンデンサーマイクの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:コンデンサーマイクランキング
Yahoo!ショッピング:コンデンサーマイクランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法がやや異なる場合があります。

そのほかのマイクのおすすめはこちら 【関連記事】

ピンマイク(ラベリアマイクとも呼ばれます)は、楽器の収音や動画撮影時の音声収録、音声通話、スピーチなど、幅広くお使いいただけるマイクです。また、スピーチや音声通話向きなのか、楽器収音向きなのか、アクティブなシーンでも使えるのかそうでないのかなど、製品の性能で大きく変わります。そこで、ナレーショ...

マイクにはいくつか種類があり、用途も多岐に渡ります。それ故に、自分の目的に合うマイクがどれなのか、迷われる方も多いのではないでしょうか。そこで、ナレーション/楽曲クリエイターのAdroaigさんにお話をうかがい、ダイナミックマイクについて解説していただきました。おすすめのダイナミックマイクも教...

レコーディングエンジニアの注目ポイント|マイクに衝撃や湿気は大敵! 保管方法に注意

レコーディングエンジニア

コンデンサーマイクは湿気や振動に弱いので、できれば湿度管理したうえで、頑丈なクッションつきのケースで保管したいところ。使用後に出しっぱなしにしておいたりすると性能が劣化してしまうので、注意が必要です。

とはいえ、家庭ではなかなかそうもいかないことも多いと思います。そんなときは簡易的な方法ですが、マイクを緩衝材(いわゆるプチプチ)で巻いて乾燥剤を入れたジッパーつきビニール袋に入れ、密閉できる保存容器で保管しましょう。

100円ショップで売っているものでもじゅうぶんな効果が期待できます。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:tsuge-line、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/11/29 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレはコンパクトで価格も高額ではないため、趣味として人気が高まっている楽器です。本記事では、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部がウクレレ初心者楽譜の選び方やおすすめ12商品をご紹介します。これから、ウクレレ初心者楽譜を購入予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。


キーボードケースおすすめ12選|ソフト・ハード・鍵盤のサイズで選ぶ!

キーボードケースおすすめ12選|ソフト・ハード・鍵盤のサイズで選ぶ!

キーボードの持ち運びや保管時には、キーボードケースに入れておく必要があります。タイプはハードとソフトの2タイプ。ほかに鍵盤のサイズや商品によって対応している機種も異ってきます。そこで、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部が選んだキーボードケースのおすすめ商品12選と、キーボードケースの選び方をご紹介します。


キーボードスタンドおすすめ12選|【X型・Z型・テーブル型】タイプで選ぶ

キーボードスタンドおすすめ12選|【X型・Z型・テーブル型】タイプで選ぶ

自宅やライブイベントなどでキーボードを演奏するときに欠かせない、キーボードスタンド。X型やZ型、テーブル型など、さまざまな種類があります。そこで、ピアノ講師の山野辺祥子さんにお話をうかがい、キーボードスタンドを選ぶときのポイントと、山野辺祥子さんと編集部が選んだおすすめの商品を12選ご紹介します。


アコースティックベースおすすめ12選|旅先でも豊かなサウンドで弾き語り

アコースティックベースおすすめ12選|旅先でも豊かなサウンドで弾き語り

アコースティックベースは豊かな音が出せるため、演奏できるようになると気持ちよく弾き語りが可能です。本記事では、元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部がアコースティックベースの選び方やおすすめ商品をご紹介します。アコースティックベースには種類があり、どのタイプをが希望に合うのかを知ることが大切です。そのうえで、使用素材やそのほかの選択肢を加えてみましょう。


チューナーおすすめ5選|ギターの種類やシーンに応じて選ぼう

チューナーおすすめ5選|ギターの種類やシーンに応じて選ぼう

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんにギターや楽器の演奏に欠かせないチューナーの選び方をうかがいました。チューナーは値段だけで選んでしまうと本当に求める機能が備わっていないことがあります。すえ置きタイプやクリップタイプなど操作性をはじめ、メトロノーム機能やキャリブレーション機能など使用するシーンに合ったものを選ぶことが大切です。本記事では、使用するシーンに合った機能付きチューナーでおすすめ商品を5つご紹介します。チューナーを買おうと思っているけど、たくさんの種類からどれを選べばいいのかわからない方は、プロが教えるポイントを参考に探してみましょう!


新着記事


アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

背負子は荷物の形状を問わず積載できる便利アイテム。本格的なタイプから使い勝手抜群の多機能タイプまであります。この記事では、背負子の特徴を含め、素材や形状、スペックなど選び方のポイントと、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。


【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

サムライ香水は気軽に使えるさわやかな香りのイメージですが、スパイシーな香りやセクシーで官能的な香りの香水も発売されています。本記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表 K.Denny B.さんと編集部が選んだおすすめ商品12選と、サムライ香水の選び方を紹介します。


クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

上品な大人の女性をイメージさせるハイブランドのクロエ。バッグやアクセサリーに加えて香水の人気も高く、多くの女性から愛され続けています。この記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表K.Denny B.さんと編集部が選んだクロエの香水のおすすめ12選と選び方をご紹介していきます。


ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレはコンパクトで価格も高額ではないため、趣味として人気が高まっている楽器です。本記事では、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部がウクレレ初心者楽譜の選び方やおすすめ12商品をご紹介します。これから、ウクレレ初心者楽譜を購入予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。


ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトは、リビングや玄関をおしゃれな空間に演出してくれる壁掛け灯です。配線工事が必要なものも多いですが、なかには取りつけがかんたんなコンセントタイプもあります。ここでは、ブラケットライトを選び方のポイントを解説し、インテリアコーディネーターの坂口 愛さんと編集部が選ぶおすすめ18商品をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る