ピンマイクおすすめ8選|高音質・ワイヤレス・クリップ付きなど

TASCAM『ラベリアマイクロホン(TM-10LB)』
出典:Amazon

ピンマイク(ラベリアマイク)は、楽器の収音や動画撮影時の音声収録、音声通話、スピーチなど、幅広い用途で使えるマイクです。

ここでは、ナレーション・楽曲制作クリエイターのAdroaigさんと編集部が選んだおすすめピンマイクと選び方のポイントについてご紹介します。

記事後半にはAmazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングもありますのでぜひチェックしてみてください。


目次

ナレーション・楽曲制作クリエイター
Adroaig

代表・畑耕平(ナレーター)ナレーションや楽曲、イラストなど幅広いクリエイターを抱え、様々な作品を手掛けている。 テレビCM、ラジオ番組、カラオケ音源など実績は数千以上。声優を起用したボイスドラマ制作も多数実績あり。 ナレーターやギター、ボーカル講師も多数在籍。旅行会社HISのCMやBMWディーラーのCMなど、大手企業の案件も多数。

「ピンマイク」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
TASCAM『ラベリアマイクロホン(TM-10LB)』
TOMOCA『EM-700』
Panasonic『800MHz帯PLLタイピン形ワイヤレスマイクロホン(WX-4300B)』
COUNTRYMAN『ラベリアマイク(ISOMAX2C)』
audio-technica『コンデンサーマイクロホン(ATM350UcH)』
OKWINT『コンデンサーマイク』
MAONO『ミニクリップマイク(AU-100)』
サンワサプライ『クリップ付きPCマイク(MM-MC24)』
商品名 TASCAM『ラベリアマイクロホン(TM-10LB)』 TOMOCA『EM-700』 Panasonic『800MHz帯PLLタイピン形ワイヤレスマイクロホン(WX-4300B)』 COUNTRYMAN『ラベリアマイク(ISOMAX2C)』 audio-technica『コンデンサーマイクロホン(ATM350UcH)』 OKWINT『コンデンサーマイク』 MAONO『ミニクリップマイク(AU-100)』 サンワサプライ『クリップ付きPCマイク(MM-MC24)』
商品情報
特徴 超小型にも関わらず安定した音質を実現 お財布に優しいXLR型プラグモデル 高品質なワイヤレスモデル ラベリアマイクの代表的モデル 楽器収音にピッタリのワイヤレス専用モデル 服に仕込んで使うのに最適なサイズ 手元のスイッチで切り替えが簡単 ディスプレイに取付可能!スカイプやWeb会議に
収音タイプ 無指向性 全指向性 単一指向性 単一指向性 単一指向性 全指向性 全指向性 全指向性
対応デバイス PC、スマホなど ミキサーなど スピーカーなど ミキサーなど - スマホ・パソコン・カメラなど デジタル一眼レフ、ビデオカメラ、録音機、PC、スマホなど マイク入力端子・スピーカー出力端子をもつWindowsパソコン
ワイヤレス なし(コード1.6m) なし(コード4m) あり(コード0.7m) あり(コード約1.5m~3.0m(ワイヤー接続時)) ○(コード1.4m) なし(コード1.5m) なし(コード6m) なし(コード約2.5m)
周波数帯域 50Hz - 18kHz 20Hz - 20kHz 100Hz - 10kHz 20Hz - 20kHz 40Hz - 20kHz 20Hz - 16KHz - 40-16,000Hz
質量 24g 100g 120g - - 30g - 36.3 g
サイズ 6.5mm× 22mm 8.5mm 14mm x 25.5mm 8mm x 16mm x 4mm 12.2mm x 37.8mm - - 23mm × 20mm × 47mm
コネクター 3.5mm(1/8")ステレオミニプラグ (スクリューロック付) XLR型 - XLR型 小型4ピンコネクター - 3.5mm端子、6.3mm端子 3.5mmステレオミニ
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月20日時点 での税込価格

ピンマイクの選び方

それでは、ピンマイクの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の4つ。

【1】指向性
【2】デバイスとの接続
【3】周波数帯域・周波数特性
【4】有線タイプか無線タイプか


上記の4つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】指向性で選ぶ

「指向性」とは「マイクがどの方向からの音を拾いやすいか」を意味します。ピンマイクには、おもに2種類の指向性が採用されており、それぞれメリット・デメリットも違います。ご自身の使用目的に合った指向性はどちらなのか、よく検討したうえで選びましょう。

▼全指向性(無指向性)

 

マイクの向きや角度に関わらず、全方向からの音を拾います。動画撮影が目的なら全指向性のワイヤレスタイプが適しています。

【 メリット 】
・空間全体の音を収音できる
・マイクに向かってしゃべる必要がない
・1台で複数人の会話も収録可能

【 デメリット 】
・服のこすれる音や電子機器の起動音など、雑音も拾ってしまう

▼単一指向性(カーディオイド)

 

マイクの正面からの音を拾います。プレゼンや講演会など拡声目的に適しています。

【 メリット 】
・特定の音をねらって収音できるため、雑音を拾いにくい

【 デメリット 】
・複数人の会話など、たくさんの音を拾いにくい

【2】デバイスとの接続で選ぶ

 

ピンマイクにもさまざまなコネクターがあります。ステレオミニプラグは、PCやスマホ、レコーダーなど、対応機種が多くあります。XLR型は、ミキサーをはじめとした音響機器に多く見られます。

ノイズ除去でクリアな音質を求めるなら、USB端子のピンマイクがおすすめ。ただし、PCやゲーム機器にしか接続できないので、レコーダーなどと接続する場合は、端子がミニジャック、スマホならUSB Type-Cの変換コネクターが必要です。

また、ワイヤレスタイプであれば、コードが邪魔になることもありません。ただし、バッテリー残量に気を配る必要があるのと、有線に比べて音が途切れてしまう可能性もあり、やや不安定になります。

使用シーンに合わせて選ぶとよいでしょう。

【3】周波数帯域・周波数特性で選ぶ

 

「周波数帯域」とは「マイクが拾える音の高さの範囲」を意味します。人の話し声の周波数帯域はおおむね100Hz~1,000Hz、歌声では2,000Hzほどまで広がり、楽器になるとさらに範囲が広がります。

となると、「周波数帯域の広いマイクがいい」とお考えになる方もいらっしゃるかと思いますが、そうとは限りません。マイクには「周波数特性」と呼ばれるものがあります。これは「拾った音をどのように出力するのか」を意味します。

周波数特性には視覚的に表現した曲線のグラフがあり、どの周波数で盛り上がっているのかによって、そのマイクがどの音域の出力に強いのかが一目でわかります。おもにインタビュー収録や音声通話などで使われる方は、中音域の出力が安定しているマイクを、歌や楽器などの収音に使われる方は、高音域やその楽器の周波数帯の出力に適したマイクを選ぶとよいでしょう。

音響メーカー以外ではあまり見かけませんが、周波数特性をメーカーのホームページにスペックとして記載している製品もありますので、気になるモデルはメーカーのホームページでチェックしてみましょう。

【4】有線タイプか無線タイプかを選ぶ

 

ピンマイクには有線モデルと無線モデルがあります。コードの長さを気にしなくていい、省スペース化を図れる、といった点においては無線モデルは非常に頼りになりますが、弱点もあります。無線通信の飛び交った空間では、似たような周波数帯の電波により通信が阻害されて音声が途切れてしまうことも少なくありません。

有線モデルはPCなどのデバイスに直接接続して音声通話などに使える、マイク本体だけの非常にシンプルなものから、レコーダーがついているものまでさまざまです。コードの関係で行動が制限されたり、煩わしいと感じる方もいらっしゃると思いますが、コードが断線したり、プラグの接触が悪かったりしない限り、音声が途切れることは滅多に起こりません。

上記の有線・無線モデルのメリット・デメリットを把握したうえで、ご自身はどういった点を優先するのか、購入するマイクをどういったシーンで使われる予定なのかをよく吟味してから選びましょう。

ピンマイクおすすめ5選【プロが選んだ】

ナレーション・楽曲制作クリエイターのAdroaigさんにおすすめのピンマイクを厳選していただきました。プロがおすすめするピンマイクはどれなんでしょうか?

エキスパートのおすすめ

TASCAM『ラベリアマイクロホン(TM-10LB)』

TASCAM(タスカム)TM-10LBラベリアマイク TASCAM(タスカム)TM-10LBラベリアマイク TASCAM(タスカム)TM-10LBラベリアマイク

出典:Amazon

ナレーション・楽曲制作クリエイター:Adroaig

ナレーション・楽曲制作クリエイター

超小型にも関わらず安定した音質を実現

マイク本体はたったの22mmと、非常に小型なモデルです。指向性は全指向性で、周波数帯域は50Hz~18kHzと、音声通話や動画撮影時の音声収録などにおすすめです。音質も非常にクリアで、ホワイトノイズなどは入りにくくなっています。

また、プラグ部分はステレオミニプラグにネジがついたような「スクリューロック機構」というものを採用しており、同じくスクリュー機構をもつジャックに接続すれば、身につけた状態で動いても抜けにくい特徴があります。なお、こちらのマイクとレコーダーがセットになった「DR-10L」というモデルもあります。レコーダーは手のひらサイズで、電源は単4電池1本で約10時間の駆動が可能。

メモリはmicroSDですが、USBでレコーダー本体とPCを直接つないでも、録音内容が取り出し可能というすぐれものです。

エキスパートのおすすめ

TOMOCA『EM-700』

ナレーション・楽曲制作クリエイター:Adroaig

ナレーション・楽曲制作クリエイター

お財布に優しいXLR型プラグモデル

XLR型では比較的お手頃価格なモデルです。周波数帯域は20Hz~20kHzと、楽器収音にもお使いいただけます。音抜けはよいのですが、その分「音がシャリシャリしている」と感じられる方も少なくないようです。

また、マイク部に触れるとノイズが発生するといった意見もありますが、動画配信などで映像と音声を別々で収録する場合には重宝されるでしょう。指向性は全指向性のため、胸元につけても、スタンドなどに固定してもお使いいただけます。

エキスパートのおすすめ

Panasonic『800MHz帯PLLタイピン形ワイヤレスマイクロホン(WX-4300B)』

パナソニック800MHz帯PLLタイピン形ワイヤレスマイクロホンWX-4300B パナソニック800MHz帯PLLタイピン形ワイヤレスマイクロホンWX-4300B パナソニック800MHz帯PLLタイピン形ワイヤレスマイクロホンWX-4300B

出典:Amazon

ナレーション・楽曲制作クリエイター:Adroaig

ナレーション・楽曲制作クリエイター

高品質なワイヤレスモデル

価格は高いですが、その分音質も高品質です。指向性は単一指向性で、周波数帯域は100Hz〜10kHzと、ほかのモデルに比べて狭くなっているため、楽器収音よりは講演会やプレゼンなどに向いています。手のひらサイズで重さ約120gの小型送信部から、800MHz帯に対応したスピーカーなどへ音声を送信することが可能です。

マイク部分は、クッション効果の高い抗菌剤入りエンジニアプラスチックを採用しており、カビや菌類を低減してくれます。

エキスパートのおすすめ

COUNTRYMAN『ラベリアマイク(ISOMAX2C)』

【国内正規品】COUNTRYMANカントリーマンラベリアコンデンサーISOMAX2C 【国内正規品】COUNTRYMANカントリーマンラベリアコンデンサーISOMAX2C 【国内正規品】COUNTRYMANカントリーマンラベリアコンデンサーISOMAX2C 【国内正規品】COUNTRYMANカントリーマンラベリアコンデンサーISOMAX2C

出典:Amazon

ナレーション・楽曲制作クリエイター:Adroaig

ナレーション・楽曲制作クリエイター

ラベリアマイクの代表的モデル

小型コンデンサーマイクとしてベストセラーになったモデルです。指向性は単一指向性で、周波数帯域は20Hz~20kHzと、先ほどの「TM-10L」より幅広くなっています。スピーチでの使用はもちろんのこと、耐音圧にたいへんすぐれており、楽器を選ばずに収音することが可能です。

また、舞台でもその威力を発揮し、かつらの内側に仕込む「仕込みマイク」としても使われています。プラグはXLR型のため、デバイスとの相性チェックはお忘れなく。

エキスパートのおすすめ

audio-technica『コンデンサーマイクロホン(ATM350UcH)』

AUDIO-TECHNICAATM350UcHコンデンサーマイクロホン AUDIO-TECHNICAATM350UcHコンデンサーマイクロホン AUDIO-TECHNICAATM350UcHコンデンサーマイクロホン

出典:Amazon

ナレーション・楽曲制作クリエイター:Adroaig

ナレーション・楽曲制作クリエイター

楽器収音にピッタリのワイヤレス専用モデル

こちらは管楽器や弦楽器の収音に適したワイヤレス専用モデルです。指向性は単一指向性で、周波数帯域は40Hz~20kHzとなっています。楽器の響きの減衰を最小限におさえることができる点接触クリップと締め付けネジを搭載し、強固な取りつけが可能です。

また、グースネックと呼ばれる可動式ネックが付属しており、サックスやトランペット、バイオリンなどにお使いいただけます。なお、別売りの交換ユニットに付け替えることにより、指向性をハイパーカーディオイド(単一指向性からさらに収音範囲が狭くなったもの)や全指向性へと変更することが可能です。収音時にコードを気にすることなくのびのびと演奏したいという方におすすめのモデルです。

なお、ご利用いただくには『2ピーストランスミッターワイヤレスシステム(ATW-3211HH1)』が別途必要となります。

ピンマイクおすすめ3選【編集部が選んだ】

ここからは、通販サイトの人気売れ筋ランキングなどをもとに、編集部が選んだおすすめのピンマイクをご紹介します。

OKWINT『コンデンサーマイク』

服に仕込んで使うのに最適なサイズ

全方位からの集音が可能なピンマイク。ノイズ制御機能も備わっており、拾いたい音のみを拾い、周囲の雑音を低減させることが可能です。

また、小型なので服の中に隠して仕込めば、会議やイベントなどあらゆるシーンで使うことができます。

MAONO『ミニクリップマイク(AU-100)』

MAONOピンマイクPCマイクミニクリップマイクケーブル6mコンデンサーマイク全指向性高性能デジタル一眼レフカメラ/ビデオカメラ/オーディオレコーダー/PC/スマホなど用(iPhone/iPad/Android)3.5mm/6.35mm対応ミニプラグYouTubeVlog配信プレゼンテレワークゲーム実況インタビュー(AU-100) MAONOピンマイクPCマイクミニクリップマイクケーブル6mコンデンサーマイク全指向性高性能デジタル一眼レフカメラ/ビデオカメラ/オーディオレコーダー/PC/スマホなど用(iPhone/iPad/Android)3.5mm/6.35mm対応ミニプラグYouTubeVlog配信プレゼンテレワークゲーム実況インタビュー(AU-100) MAONOピンマイクPCマイクミニクリップマイクケーブル6mコンデンサーマイク全指向性高性能デジタル一眼レフカメラ/ビデオカメラ/オーディオレコーダー/PC/スマホなど用(iPhone/iPad/Android)3.5mm/6.35mm対応ミニプラグYouTubeVlog配信プレゼンテレワークゲーム実況インタビュー(AU-100) MAONOピンマイクPCマイクミニクリップマイクケーブル6mコンデンサーマイク全指向性高性能デジタル一眼レフカメラ/ビデオカメラ/オーディオレコーダー/PC/スマホなど用(iPhone/iPad/Android)3.5mm/6.35mm対応ミニプラグYouTubeVlog配信プレゼンテレワークゲーム実況インタビュー(AU-100) MAONOピンマイクPCマイクミニクリップマイクケーブル6mコンデンサーマイク全指向性高性能デジタル一眼レフカメラ/ビデオカメラ/オーディオレコーダー/PC/スマホなど用(iPhone/iPad/Android)3.5mm/6.35mm対応ミニプラグYouTubeVlog配信プレゼンテレワークゲーム実況インタビュー(AU-100) MAONOピンマイクPCマイクミニクリップマイクケーブル6mコンデンサーマイク全指向性高性能デジタル一眼レフカメラ/ビデオカメラ/オーディオレコーダー/PC/スマホなど用(iPhone/iPad/Android)3.5mm/6.35mm対応ミニプラグYouTubeVlog配信プレゼンテレワークゲーム実況インタビュー(AU-100) MAONOピンマイクPCマイクミニクリップマイクケーブル6mコンデンサーマイク全指向性高性能デジタル一眼レフカメラ/ビデオカメラ/オーディオレコーダー/PC/スマホなど用(iPhone/iPad/Android)3.5mm/6.35mm対応ミニプラグYouTubeVlog配信プレゼンテレワークゲーム実況インタビュー(AU-100) MAONOピンマイクPCマイクミニクリップマイクケーブル6mコンデンサーマイク全指向性高性能デジタル一眼レフカメラ/ビデオカメラ/オーディオレコーダー/PC/スマホなど用(iPhone/iPad/Android)3.5mm/6.35mm対応ミニプラグYouTubeVlog配信プレゼンテレワークゲーム実況インタビュー(AU-100)

出典:Amazon

手元のスイッチで切り替えが簡単

手元でオンとオフが簡単に操作できる電池内蔵のマイクです。カメラ用とスマホ用のスイッチがあり、モードに合わせた切り替えでよりクリアな録音が可能。全方向から音を拾うので、向かい合って会話しているような鮮やかな音声が録音できます。接続デバイスはPCやスマホ、デジタルカメラ、オーディオレコーダーなどさまざまな機器に対応しています。6.3mm端子アダプターが付いているので、リミックスなどのメディアオーディオ設備にも接続可能です。

サンワサプライ『クリップ付きPCマイク(MM-MC24)』

サンワサプライクリップ付きPCマイクMM-MC24 サンワサプライクリップ付きPCマイクMM-MC24 サンワサプライクリップ付きPCマイクMM-MC24 サンワサプライクリップ付きPCマイクMM-MC24 サンワサプライクリップ付きPCマイクMM-MC24 サンワサプライクリップ付きPCマイクMM-MC24 サンワサプライクリップ付きPCマイクMM-MC24 サンワサプライクリップ付きPCマイクMM-MC24 サンワサプライクリップ付きPCマイクMM-MC24 サンワサプライクリップ付きPCマイクMM-MC24 サンワサプライクリップ付きPCマイクMM-MC24 サンワサプライクリップ付きPCマイクMM-MC24 サンワサプライクリップ付きPCマイクMM-MC24 サンワサプライクリップ付きPCマイクMM-MC24

出典:Amazon

ディスプレイに取付可能!スカイプやWeb会議に

Windowsパソコンに対応した小型のPC用マイクです。広範囲に集音する全指向性タイプで、繊細な音も録音できる感度の高いコンデンサー方式のマイク。アタッチメントがあるので机に置いたり、ディスプレイの脇に取り付けたり、邪魔にならずスムーズに設置可能。アタッチメントを外せばピンマイクとしても使えます。さまざまなビデオチャットソフトに対応しており、お手持ちのヘッドホンと合わせて会話を楽しめます。PC専用なのでスカイプやWeb会議、ゲーム実況におすすめです。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ピンマイクの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのピンマイクの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ピンマイクランキング
楽天市場:ピンマイクランキング
Yahoo!ショッピング:ピンマイクランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

エキスパートのアドバイス

ナレーション・楽曲制作クリエイター

価格が高い=音質がいいとは限らない

ピンマイクに限らず言えることですが、マイクは価格が高ければ高いほど音質がいいとは限りません。とくに通信機とセットになった無線モデルは、マイク本体の性能よりも、通信機の性能によって価格が大きく左右される傾向にあります。

しかし、ピンマイクは家電量販店や楽器屋などで試させてもらおうとしても、モデルが少なかったり試させてもらえなかったりすることがほとんどかと思われます。

ご自身の耳で音質を確かめたい場合は、音質の比較や製品レビューなどの動画をご覧になるというのもひとつの手です。

そのほかのマイクのおすすめはこちら

良いピンマイクで高品質な音声を

楽器の収音や動画撮影時の音声収録、音声通話、スピーチなど幅広い用途で使えるピンマイク(ラベリアマイク)。その選び方やおすすめ商品を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

高価なピンマイクを通した音声が必ずしも高品質とは限らないため、この記事で紹介した選び方のポイントを参考にして、自分にあったものを選んでくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


コンデンサーマイクおすすめ15選|【動画配信や自宅録音、DTM、ゲーム実況に活躍!】

コンデンサーマイクおすすめ15選|【動画配信や自宅録音、DTM、ゲーム実況に活躍!】

動画配信や自宅録音、ゲーム実況などでマイクを使っていて、思ったようないい音が録音できない、と悩んでいる方がいるなら、コンデンサーマイクを使ってみましょう。この記事では、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんへの取材をもとに、コンデンサーマイクの選び方、おすすめ商品をご紹介します。記事後半には、Amazonなどの人気売れ筋ランキングやスペック比較表もありますのでぜひチェックしてみてください。

tag icon マイク , 音楽機材 , AVアクセサリ

ダイナミックマイクおすすめ13選|楽曲クリエイター厳選の高音質!

ダイナミックマイクおすすめ13選|楽曲クリエイター厳選の高音質!

マイクにはいくつか種類があり、用途も多岐に渡ります。それ故に、自分の目的に合うマイクがどれなのか、迷われる方も多いのではないでしょうか。本記事では、ダイナミックマイクについて、特徴や選び方、そしておすすめ商品をご紹介。気になる方は実際に購入を検討してみてくださいね。

tag icon マイク , 音楽機材 , 音楽用品

【2022年】家庭用カラオケマイクおすすめ7選【内蔵・カートリッジ】自宅で歌ってストレス発散

【2022年】家庭用カラオケマイクおすすめ7選【内蔵・カートリッジ】自宅で歌ってストレス発散

自粛期間中でもカラオケでストレス発散できるとして注目されているのが「家庭用カラオケマイク」。そこでこの記事では、音楽ライターの田澤 仁さんと編集部が厳選したカラオケマイクのおすすめ商品と選び方をご紹介。Bluetooth対応でいろいろな曲を歌えるものや、家族や大人数で楽しめるものまでありますよ。記事後半ではAmazonや楽天などの売れ筋ランキングも載せているので、参考にしてください。

tag icon マイク , 音楽機材 , 音楽用品

中華アンプおすすめ12選|プロも認めたコスパ最強機種を紹介

中華アンプおすすめ12選|プロも認めたコスパ最強機種を紹介

本記事では、音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんへの取材のもと、中華アンプの選び方や、メーカー別のおすすめ商品をご紹介します。Bluetooth対応から高音質なものまで幅広く紹介します。ぜひ参考にしてください。

tag icon スピーカーアクセサリ , AVアクセサリ , オーディオプレーヤー

ポータブルCDプレーヤーおすすめ10選|選び方や便利な新機能も紹介

ポータブルCDプレーヤーおすすめ10選|選び方や便利な新機能も紹介

本記事では、ポータブルCDプレーヤーの特徴や選び方、昔では考えられない便利機能、そしておすすめ商品をご紹介。また、記事後半には通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

tag icon オーディオプレーヤー , オーディオ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。