シュナイダーの万年筆おすすめ9選【レイ・406など】初心者や子どもも使いやすい

シュナイダーの万年筆おすすめ9選【レイ・406など】初心者や子どもも使いやすい

ドイツの文具メーカー「シュナイダー」の万年筆は、気軽に使える機能性とリーズナブルな価格が魅力的です。万年筆をはじめて使うという方や子ども用の万年筆としても適しています。本記事では、monoライターの杉浦直樹さんに取材し、シュナイダーの万年筆のおすすめ商品9選と、選び方を紹介します。


目次

元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター
杉浦 直樹(スギウラ ナオキ)

コピーライター、歌舞伎役者、シトロエンのトップセールス、支配人兼ソムリエとしてフレンチレストラン経営、モノ系雑誌の編集ライターを経て現在好事家フリーライター。 編集時代は文房具やスーツケース、ガジェットなどに関するコンテンツを多数担当。 またブルゴーニュとシャンパーニュの「古酒」専門フレンチレストラン、オーセンティックなカウンターBarを経営していたため、ワインはもちろん、スピリッツ・リキュール・日本酒・焼酎にも造詣が深い。

「シュナイダー万年筆」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Schneider(シュナイダー)『グラム 期間限定3点セット』
Schneider(シュナイダー)『レイ ホワイト/グレー』
Schneider(シュナイダー)『カリグラフィー用万年筆セット 2本入り』
Schneider(シュナイダー)『ベース アークティックブルー』
Schneider(シュナイダー)『406 ブラック』
Schneider(シュナイダー)『ID ブラック/クローム』
Schneider(シュナイダー)『ボヤージュ グリーン』
Schneider(シュナイダー)『ベースキッド ピンク』
Schneider(シュナイダー)『ベース ブラック』
商品名 Schneider(シュナイダー)『グラム 期間限定3点セット』 Schneider(シュナイダー)『レイ ホワイト/グレー』 Schneider(シュナイダー)『カリグラフィー用万年筆セット 2本入り』 Schneider(シュナイダー)『ベース アークティックブルー』 Schneider(シュナイダー)『406 ブラック』 Schneider(シュナイダー)『ID ブラック/クローム』 Schneider(シュナイダー)『ボヤージュ グリーン』 Schneider(シュナイダー)『ベースキッド ピンク』 Schneider(シュナイダー)『ベース ブラック』
商品情報
特徴 個性的なデザインの3本セット 機能性とデザイン性にすぐれた1本 うつくしい文字を書くことに特化した2本セット シュナイダーの魅力たっぷりのベースシリーズ インクを変えて自分好みの印象に 大人の雰囲気漂うワンランク上の万年筆 入門編としても使える、手に取りやすいシリーズ 使い方が学べる子ども向け万年筆 極細ペン先を採用したブラックモデル
シリーズ グラム レイ カリグラフィー用万年筆 ベース 406 ID ボヤージュ ベースキッド ベース
長さ 約150(収納時)・約136(筆記時)mm 約142(収納時)・約160(筆記時)mm 約163.5(収納時)・約149(筆記時)mm 約142(収納時)・約160(筆記時)mm 約147(収納時)・約160(筆記時)mm 約149(収納時)・約165(筆記時)mm 約155(収納時)・約166(筆記時)mm 長軸:約150(収納時)・約130(筆記時)mm、短軸:全長約120(収納時)・約100(筆記時)mm 約142(収納時)・約160(筆記時)mm
軸径 - 約13mm 約13mm 約12mm 約9mm 約13mm 約10mm - 約12mm
重さ - 約21g 約11g 約18g 約11g 約26g 約11g - 約18g
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

シュナイダーの万年筆の選び方

ここから、シュナイダーの万年筆の選び方を解説します。あわせて、monoライターの杉浦直樹さんからのアドバイスもご紹介。各シリーズやデザインの特徴をよくチェックすることが大切です。

初心者の方に適したシリーズ

シュナイダーの万年筆には、初心者でも扱いやすいシリーズがそろっています。

リーズナブルな「ボヤージュ」

 

価格重視でシュナイダーの万年筆を選びたいという方は、「ボヤージュ」シリーズがおすすめです。気軽に購入できるので、万年筆をはじめて手にするという方にも適しています。

「ボヤージュ」は軽量なので万年筆特有の重さがなく、普通のペンと同じような感覚で使えます。価格はリーズナブルですが、機能に過不足はありません。

リタッチペンがついた「グラム」

 

「グラム」も万年筆初心者の方におすすめのシリーズです。カラフルなボディに、書いた文字を修正できるリタッチペンが付属しています。

リタッチペンを使えば、修正したい文字を消した上から、かんたんに加筆修正することも可能です。万年筆がはじめてでも、書いたり消したりを繰り返していくうちに、扱いに慣れていくでしょう。

子どもでも使いやすい「ベースキッド」

 

子ども向けに作られている「ベースキッド」シリーズ。ターゲットは子どもですが、大人が使っても違和感はありません。

万年筆を使い慣れていない方の練習用としても適しています。落としても割れにくい素材を使うといった工夫も、子ども向けの万年筆だからこそ。気軽に使える最初の1本を探している方もチェックしてみてください。

シュナイダーの万年筆はデザインにも注目

シュナイダーらしさ感じるミニマルなデザインのシリーズも要チェックです。

2色のコントラストがうつくしい「レイ」

 

シンプルでミニマルなデザインの万年筆を求めている方は、「レイ」シリーズの万年筆に注目してみましょう。「レイ」は、人間工学や機能性を考慮して作られている、シュナイダーこだわりのシリーズです。

2色のコントラストが際立つボディにはゴム素材が使われているため、独特な握り心地が楽しめます。光沢のあるプラスチック製のキャップも個性的です。

カラー展開豊富な「ベース」

 

どのシリーズを選ぼうか迷ったときには、「ベース」の万年筆をチョイスしてみてください。ミニマルなデザインと機能性を両立させているので、シュナイダーらしさをじゅうぶんに満喫できます。

樹脂製の軽量ボディと、スムーズな書き心地を実現するイリジウム製のペン先も「ベース」の特徴です。ローズやルビーレッドなどがそろう、多彩なカラーバリエーションも魅力です。

インクの色が際立つ透明ボディの「406」

 

透明なボディが特徴の「406」シリーズ。グリップ部も透明になっているため、インクの色がそのままボディの色になって目を楽しませてくれます

レッド、ブルー、イエローといったカラフルなインクカートリッジが用意されているのもうれしいポイント。「406」シリーズは価格も手頃なので、色違いを複数本そろえてみてもいいでしょう。

ビジネスシーンでも使えるハイクラス「ID」

 

「ID」は、質の高い万年筆を使いたいという方におすすめのハイクラスなシリーズです。贈り物としても活用できる上質さがありながらも、3,000円前後で購入できるリーズナブルな価格も魅力。

書き心地を優先させたいという方も「ID」シリーズを使ってみてください。重厚感のあるデザインは、ビジネスシーンにも似合います。

書くことにこだわる方は「カリグラフィー用万年筆」

 

万年筆でもきれいでうつくしい文字を書きたいという方は、カリグラフィー(文字をうつくしく見せるための手法)用の万年筆を選んでみましょう。

カリグラフィー用の万年筆は書くことにこだわって作られているため、あらゆる書体をさまざまなスペースに書けるように、ペン先のサイズが異なる2本セットになっています。軽量で安定感のある使い心地も特徴です。

ドイツのクラフトマンシップをリーズナブルに monoライターがアドバイス

元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター

ドイツ製の万年筆といえば1本数万円もする文豪御用達のものがずらり。そんななかでシュナイダーの万年筆は、機能に妥協しないドイツらしいクラフトマンシップを発揮しながら、ふだん使い用に気軽に購入できるリーズナブルな価格が魅力です。

また、子どもが正しい持ち方を学べるようにデザインされた『ベースキッド』や、修正用のリタッチペンが付属する『グラム』など、万年筆ビギナーにも向いています。

シュナイダーの万年筆おすすめ9選!

monoライターの杉浦直樹さんと編集部で選んだ、おすすめのシュナイダーの万年筆を9商品紹介します。愛用できるシュナイダーの万年筆を選ぶ際に役立ててください。

元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター

万年筆ビギナーの方がはじめて選ぶ1本におすすめなのが『グラム』です。間違えてしまっても修正できるリタッチペンが付属しているため、何度でも書きなおすことができます。

Schneider(シュナイダー)『グラム 期間限定3点セット』

Schneider(シュナイダー)『グラム期間限定3点セット』 Schneider(シュナイダー)『グラム期間限定3点セット』 Schneider(シュナイダー)『グラム期間限定3点セット』 Schneider(シュナイダー)『グラム期間限定3点セット』 Schneider(シュナイダー)『グラム期間限定3点セット』 Schneider(シュナイダー)『グラム期間限定3点セット』 Schneider(シュナイダー)『グラム期間限定3点セット』

出典:Amazon

個性的なデザインの3本セット

加筆修正ができるリタッチペンが付属した「グラム」シリーズの特別モデルです。

白とブルーのメカニカルなデザイン「サイバー」、ライトブルーと爽やかな白模様が際立つ「ハート」、ロンドンの日常が描かれた「ロンドン」の3種類がセットになっています。インクカートリッジが6本付属しているので、長く愛用したい方にもぴったりです。

元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター

万年筆に慣れてきてたくさんの文字を書くようになってきたら『レイ』シリーズを。人間工学に基づいたこだわりの素材、形状は、手にしっくりとなじみ、書き疲れることがありません。

Schneider(シュナイダー)『レイ ホワイト/グレー』

Schneider(シュナイダー)『レイホワイト/グレー』 Schneider(シュナイダー)『レイホワイト/グレー』 Schneider(シュナイダー)『レイホワイト/グレー』 Schneider(シュナイダー)『レイホワイト/グレー』 Schneider(シュナイダー)『レイホワイト/グレー』 Schneider(シュナイダー)『レイホワイト/グレー』 Schneider(シュナイダー)『レイホワイト/グレー』

出典:Amazon

機能性とデザイン性にすぐれた1本

光沢プラスチックやゴム素材を採用して、見た目と使いやすさにこだわった「レイ」シリーズ。人間工学にもとづいて設計されているので、その書き味もスムーズです。

好みのボトルインクが使えるインクカートリッジとコンバーターの両用タイプ。ホワイト&グレーのほかにも、ブルー&ライトグレーのような2色のコントラストが楽しめるカラーが用意されています。

元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター

万年筆で文字を書くことにはまったら『カリグラフィー用万年筆』をどうぞ。

Schneider(シュナイダー)『カリグラフィー用万年筆セット 2本入り』

Schneider(シュナイダー)『カリグラフィー用万年筆セット2本入り』 Schneider(シュナイダー)『カリグラフィー用万年筆セット2本入り』 Schneider(シュナイダー)『カリグラフィー用万年筆セット2本入り』 Schneider(シュナイダー)『カリグラフィー用万年筆セット2本入り』 Schneider(シュナイダー)『カリグラフィー用万年筆セット2本入り』 Schneider(シュナイダー)『カリグラフィー用万年筆セット2本入り』

出典:Amazon

うつくしい文字を書くことに特化した2本セット

万年筆でうつくしい字を書きたいという方は、こちらのカリグラフィー用万年筆を選択してみてください。カリグラフィーに特化した安定感と手になじみやすいグリップで、スラスラと文字を書けます。

1.5mmと1.1mmが2本セットになっているので、細字と太字の使いわけも可能。インクフローもスムーズで書き心地がよいです。

Schneider(シュナイダー)『ベース アークティックブルー』

Schneider(シュナイダー)『ベースアークティックブルー』 Schneider(シュナイダー)『ベースアークティックブルー』 Schneider(シュナイダー)『ベースアークティックブルー』 Schneider(シュナイダー)『ベースアークティックブルー』 Schneider(シュナイダー)『ベースアークティックブルー』

出典:Amazon

シュナイダーの魅力たっぷりのベースシリーズ

シュナイダーの万年筆選びで迷ったときには、シュナイダーらしさを満喫できる「ベース」シリーズに注目です。強度があるイリジウム製のペン先が、安定感のあるスムーズな書き心地を実現します。

しっかりとしたホールド感のあるグリップもベースシリーズの特徴です。鮮やかなアークティックブルーのボディは、手元をおしゃれに演出してくれるでしょう。

Schneider(シュナイダー)『406 ブラック』

Schneider(シュナイダー)『406ブラック』 Schneider(シュナイダー)『406ブラック』 Schneider(シュナイダー)『406ブラック』 Schneider(シュナイダー)『406ブラック』 Schneider(シュナイダー)『406ブラック』 Schneider(シュナイダー)『406ブラック』 Schneider(シュナイダー)『406ブラック』 Schneider(シュナイダー)『406ブラック』 Schneider(シュナイダー)『406ブラック』

出典:Amazon

インクを変えて自分好みの印象に

スケルトンボディの「406」シリーズは、インクを交換するだけで印象が変わる個性的な万年筆です。こちらの商品には、黒インクカートリッジ1本とコンバーターが付属しています。

ペン先には頑丈なイリジウムを使用。グリップにはすべり止めと三角のくぼみが設けてあるので指が安定し、複雑な文字もスムーズに書けます。

Schneider(シュナイダー)『ID ブラック/クローム』

Schneider(シュナイダー)『IDブラック/クローム』 Schneider(シュナイダー)『IDブラック/クローム』 Schneider(シュナイダー)『IDブラック/クローム』 Schneider(シュナイダー)『IDブラック/クローム』

出典:Amazon

大人の雰囲気漂うワンランク上の万年筆

ハイクラスなシリーズ「ID」のブラック/クロームモデルです。スタイリッシュで落ち着きある「ID」シリーズに似合うブラック/クロームは、ビジネスシーンでも使える大人の印象。

インクの残量がひとめでわかる半透明なボディもIDシリーズの特徴です。ペン先はイリジウム製なので、なめらかにサラサラと書ける万年筆を探している方にもぴったり。

Schneider(シュナイダー)『ボヤージュ グリーン』

Schneider(シュナイダー)『ボヤージュグリーン』 Schneider(シュナイダー)『ボヤージュグリーン』 Schneider(シュナイダー)『ボヤージュグリーン』 Schneider(シュナイダー)『ボヤージュグリーン』 Schneider(シュナイダー)『ボヤージュグリーン』 Schneider(シュナイダー)『ボヤージュグリーン』 Schneider(シュナイダー)『ボヤージュグリーン』

出典:Amazon

入門編としても使える、手に取りやすいシリーズ

使いやすいカートリッジ式の万年筆が、リーズナブルな価格で購入できる「ボヤージュ」シリーズ。こちらは明るいグリーンカラーですが、シックなイメージのグレーも用意されています。

スリムで握りやすいボディに、ドット柄のグラデーションも魅力。スケルトンプラスチックのキャップに丈夫なクリップがついているので、携帯にも便利です。

Schneider(シュナイダー)『ベースキッド ピンク』

Schneider(シュナイダー)『ベースキッドピンク』 Schneider(シュナイダー)『ベースキッドピンク』 Schneider(シュナイダー)『ベースキッドピンク』 Schneider(シュナイダー)『ベースキッドピンク』 Schneider(シュナイダー)『ベースキッドピンク』 Schneider(シュナイダー)『ベースキッドピンク』 Schneider(シュナイダー)『ベースキッドピンク』 Schneider(シュナイダー)『ベースキッドピンク』 Schneider(シュナイダー)『ベースキッドピンク』 Schneider(シュナイダー)『ベースキッドピンク』 Schneider(シュナイダー)『ベースキッドピンク』

出典:Amazon

使い方が学べる子ども向け万年筆

「ベースキッド」は子ども向けのシリーズですが、なめらかな書き心地と、すぐれたデザイン性を実現しているので、万年筆初心者の方にも適しています

成長に合わせて長短の軸を変えられるので、長く愛用できます。子どもへの贈り物にもぴったりです。キュートな絵柄とピンク色合いは、万年筆を身近な文具に感じさせてくれるはず。

Schneider(シュナイダー)『ベース ブラック』

Schneider(シュナイダー)『ベースブラック』 Schneider(シュナイダー)『ベースブラック』 Schneider(シュナイダー)『ベースブラック』 Schneider(シュナイダー)『ベースブラック』 Schneider(シュナイダー)『ベースブラック』 Schneider(シュナイダー)『ベースブラック』 Schneider(シュナイダー)『ベースブラック』

出典:Amazon

極細ペン先を採用したブラックモデル

シュナイダーの代表的シリーズ「ベース」のブラックモデルです。こちらの商品は、日本仕様にカスタマイズされたペン先EF(極細)の黒インクタイプ

軽量ながらも強度の高い樹脂製ボディと握りやすいグリップを採用しているので、なめらかな文字が書けるでしょう。ペン先には、強度にすぐれたイリジウムが用いられています。

初心者にも使いやすいシュナイダーの万年筆

リーズナブルな価格で、初心者でも万年筆の楽しさを体感できるシュナイダーの万年筆。シリーズごとに個性や特徴がありますが、用途に合ったモデルを選べば、安価でも長く使える万年筆に出会えるでしょう。

ビジネスシーンでも違和感なく使えるタイプや、子ども向けシリーズもあるので、贈り物にもぴったりです。ご紹介した選び方や厳選商品を参考にしながら、自分にとって使いやすいシュナイダーの万年筆を選んでみてください。

【関連記事】その他の万年筆や関連アイテムをチェック

もっと初心者向けの基本的な選び方を見る

値段別に万年筆の選び方とおすすめ商品を見る

ブランド別に万年筆の選び方とおすすめ商品を見る

万年筆の関連アイテムを見る

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する記事


レシーフ万年筆おすすめ11選|使い方に合ったシリーズの選び方も解説!

レシーフ万年筆おすすめ11選|使い方に合ったシリーズの選び方も解説!

パリ郊外の工房で、職人が1本ずつ手作りしている万年筆「レシーフ」。本記事では、数寄monoライター・杉浦直樹さんと編集部が選んだレシーフ万年筆のおすすめ商品と選び方を紹介します。シリーズごとに特徴を詳しく解説していますので、購入を迷っている方はぜひ参考にしてください。

tag icon 万年筆 , 筆記用具 , 文具

ペリカン万年筆のおすすめ6選!【萬年筆くらぶ会長が厳選】

ペリカン万年筆のおすすめ6選!【萬年筆くらぶ会長が厳選】

万年筆に詳しい、萬年筆くらぶ会長の中谷でべそさんに、ペリカン万年筆の選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。世界中で愛用されているペリカン万年筆。ふだんはボールペンやシャーペンを使っているという方でも、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか? この記事では、数あるペリカン万年筆の中から中谷でべそさんが厳選した商品6つを紹介。ペリカン万年筆をはじめて購入するという方も、すでに持っていて2本目以降を検討している方も、ぜひ商品選びの参考にしてください。

tag icon 万年筆 , 筆記用具 , 文具

【文具のプロと502名が選ぶ】万年筆おすすめ33選&人気ランキング|価格帯別にご紹介!

【文具のプロと502名が選ぶ】万年筆おすすめ33選&人気ランキング|価格帯別にご紹介!

今まで万年筆を使ったことがないので、「ボールペンで十分」「わざわざ万年筆を使う必要もないのでは」と考えている方も多いのではないでしょうか。確かに、どちらかと言うとプレゼントや記念品といったイメージも強いかもしれません。しかし、万年筆は字を書くための実用品でありながら、単なる筆記具にはとどまらない特別な魅力をもつアイテムでもあります。また、高級品だけでなく、数百円程度のものまで、日常使いから高級ブランドまで幅広く展開されています。本記事では、万年筆を初めて購入する方に向け、ボールペンと何が違うか、購入時に意識したいポイント、おすすめの商品、そして長く使うコツなど、幅広く紹介します。本記事を読めば、基本的な万年筆の選び方や有名メーカーなど、選ぶ基準ができますので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 万年筆 , 文具 , 新社会人

パーカー万年筆おすすめ5選|メーカーの特徴やシリーズのいちおしを紹介

パーカー万年筆おすすめ5選|メーカーの特徴やシリーズのいちおしを紹介

100年以上の歴史を持つ「PARKER(パーカー)」は、これまで数多くの筆記具を世に送り出してきました。高級ブランドのイメージがありますが、実は初心者が扱いやすいモデルから、愛好者を納得させる万年筆まで幅広い製品をそろえています。この記事では、パーカー万年筆の選び方とおすすめ商品をご紹介します。自分の手になじむ一本を探している方は、ぜひ参考にしてください。記事の最後には、楽天など通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。

tag icon 万年筆 , 筆記用具 , 文具

万年筆ケースおすすめ6選|1本差しや革製、布製、木製の商品も!

万年筆ケースおすすめ6選|1本差しや革製、布製、木製の商品も!

高価な筆記具のひとつである万年筆。仕事などで大切に使っている方も多いことでしょう。そんな万年筆を保護したり、持ち運んだりするのに便利な「万年筆ケース」。いざ購入しようと思っても、ケースの種類は形や色、素材や収納力などさまざまで、どれを選べばいいか悩んでしまいますよね。そこで、目利きライターの納富廉邦さんに、万年筆ケースの選び方やおすすめの商品をうかがいました。記事の後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

tag icon 万年筆 , 筆記用具 , 文具

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。