オート万年筆おすすめ8選|セルサスやマジェスティックなどシリーズ別に紹介!

オート万年筆おすすめ8選|セルサスやマジェスティックなどシリーズ別に紹介!
元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター
杉浦 直樹(スギウラ ナオキ)

コピーライター、歌舞伎役者、シトロエンのトップセールス、支配人兼ソムリエとしてフレンチレストラン経営、モノ系雑誌の編集ライターを経て現在好事家フリーライター。 編集時代は文房具やスーツケース、ガジェットなどに関するコンテンツを多数担当。 またブルゴーニュとシャンパーニュの「古酒」専門フレンチレストラン、オーセンティックなカウンターBarを経営していたため、ワインはもちろん、スピリッツ・リキュール・日本酒・焼酎にも造詣が深い。

リーズナブルな価格と質の高さを両立したのが「オート万年筆」。本記事では、数寄monoライター・杉浦直樹さんに監修いただき、オート万年筆のおすすめ商品8選と選び方を紹介します。文字を書くのが楽しくなる万年筆を、ぜひ選んでみてください。


オートの万年筆の魅力とは?

万年筆のペン先
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

リーズナブルでありながらも、高級感のあるデザインが特徴のオート万年筆。はじめて万年筆を購入するという方でも使いやすさを体感できるでしょう。

コストパフォーマンスの高さが魅力のオート万年筆。知名度はそれほど高くありませんが、質の高い万年筆が1,000円前後から用意されているので、初心者でも気軽に購入することができます。

シンプルなデザインに真鍮などを用いた、高級感のあるフォルムも特徴です。ニブ(ペン先)には、なめらかな書き心地を実現するドイツ・シュミット社の製品を採用しています。

オートの万年筆の選び方

ではさっそく、オート万年筆の選び方のポイントについて解説します。デザインやシリーズの特徴をよくチェックすることが大切です。ぜひ参考にしてください。

リーズナブルながら高品質

オート万年筆のなかでも、品質の高さを実感できるシリーズをご紹介します。

オートを代表するシリーズ「プラウド」

シュミット社製のニブが、なめらかな書き心地を実現するシリーズ「プラウド」。落ち着きあるフォルムと、レトロでありながらも斬新なヨーロピアンスタイルのデザインが特徴。

2,000円以下という価格帯の万年筆とは思えない質の高さも魅力です。はじめて万年筆を購入する方でも、万年筆で文字を書くことの楽しさを実感できるでしょう。

オートの最新シリーズ「セルサス」

1本1本ていねいに組み上げられた本格仕様の「セルサス」。長さや重さのバランスにすぐれたボディと握りやすいグリップは、長時間の筆記による手の疲れを軽減してくれます。

太軸タイプで、重厚感も漂っています。長く愛用できる万年筆を探している方にもぴったり。ギフトとしてもよろこばれます。

オートの万年筆はデザインにも注目

オートの万年筆には、洗練されたデザインのシリーズも用意されています。

高級感のある「ジャズ」「F-ラパ」

高級感のある万年筆を探している方は、「ジャズ」か「F-ラパ」シリーズがおすすめです。ペン先が丸みを帯びているエレガントな「ジャズ」は、男女を問わず、さまざまなシーンで活用できます。

軸の細いスリムなフォルムの万年筆を求めているなら、「F-ラパ」シリーズを選んでみてください。どちらのシリーズも、ゴールドのクリップとリングが高級感を演出しています。

スタイリッシュなデザインの「マジェスティック」「デュード」

スタイリッシュでリーズナブルな万年筆を探している方は、「マジェスティック」と「デュード」シリーズをチェックしてみましょう。

「マジェスティック」は、光沢のあるボディが魅力的なシリーズです。金色の格子模様が高級感を漂わせています。「デュード」は六角形のボディが特徴。金属製で、クールな印象を与えます。

ボディにレザーと真鍮を使った「ギザ」

5,000円以下の価格帯とは思えない、上質で重厚感のあるデザインが魅力的な「ギザ」シリーズ。レザーで巻かれたボディは握りやすく、落ち着きある知的な大人の印象を放ちます。

細かい凹凸をつける「ローレット加工」が施された真鍮製のキャップと、リサイクルレザーを使用した軸の質感も特徴です。

携帯に便利な「タッシェ」

「タッシェ」は、全長98.8mmにまでサイズを短くできるコンパクトなシリーズです。使用時には144.8mmの使いやすいサイズになるので、携帯にも便利。

自宅やビジネスシーンだけではなく、外出先などでサッと万年筆を使いたいときにも役立ちます。ペン先は細字タイプなので、メモ用の万年筆としても活用できるでしょう。

万年筆ビギナーの気持ちを代弁する一本 数寄monoライターより

元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター

ボールペンとは違う特別感がほしい。でもはじめてなのでいきなり高価なものは使いこなせるか不安。とはいえせっかく購入するのだからチープなのもイヤ。はじめて自分で万年筆を買おうとする方の多くは、このように考えるのではないでしょうか?

そんな万年筆ビギナーにピッタリなのがオートの万年筆です。リーズナブルでありながら所有欲も満たしてくれるデザインで、文字を書くのが楽しくなります。

オート万年筆おすすめ8選!

ここからは、数寄monoライター・杉浦直樹さんと編集部で選んだ、おすすめのオート万年筆を紹介します。ぜひお気に入りの1本を見つけてください。

元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター

価格を見て思わず「えっ!」と二度見してしまうのが『マジェスティック』です。太めのバレル(軸)と適度な重さが高級万年筆のような書き心地をもたらし、ゴールドの格子のデザインが所有欲を満たしてくれます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

オート『マジェスティック レッド(FF-20MJ-RD)』

オート『マジェスティックレッド(FF-20MJ-RD)』 オート『マジェスティックレッド(FF-20MJ-RD)』 オート『マジェスティックレッド(FF-20MJ-RD)』 オート『マジェスティックレッド(FF-20MJ-RD)』 オート『マジェスティックレッド(FF-20MJ-RD)』 オート『マジェスティックレッド(FF-20MJ-RD)』

出典:Amazon

シリーズ マジェスティック
全長 143mm
重さ 36g

文字をたくさん書きたいときにぴったり

ゴールドの格子が高級感を演出する「マジェスティック」シリーズの万年筆です。36gの重みによる安定感が、しなやかな書き味をサポートしてくれます。

引っかかりなくなめらかに動くペン先で、疲れを感じさせません。論文などをゆっくりと仕上げたいときにもぴったりです。カラーはレッドのほかに、ブルーとブラックが用意されています。

元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター

ポケットやバックにいつも忍ばせておきたいのが『タッシェ』。キャップを閉じれば約10cm、20gのコンパクトサイズです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

オート『タッシェ ピンク(FF-10T)』

オート『タッシェピンク(FF-10T)』 オート『タッシェピンク(FF-10T)』 オート『タッシェピンク(FF-10T)』 オート『タッシェピンク(FF-10T)』 オート『タッシェピンク(FF-10T)』 オート『タッシェピンク(FF-10T)』 オート『タッシェピンク(FF-10T)』

出典:Amazon

シリーズ タッシェ
全長 約98.8mm(収納時)/約144.8mm(筆記時)
重さ 20g

コンパクトに持ち運べる軽量万年筆

キャップを閉じるだけで約10cmのポケットサイズに早変わりする「タッシェ」シリーズ。重さ20gという軽量タイプなので、持ち運びにも便利です。

キャップをはずして後軸につければ、約14cmの筆記に適したサイズになります。コンパクトでかわいらしいデザインに合うピンクが用意されているのは、タッシェシリーズのみ。

オート『F-Lapa ブラウン(FF-10NB)』

オート『F-Lapaブラウン(FF-10NB)』 オート『F-Lapaブラウン(FF-10NB)』 オート『F-Lapaブラウン(FF-10NB)』 オート『F-Lapaブラウン(FF-10NB)』 オート『F-Lapaブラウン(FF-10NB)』 オート『F-Lapaブラウン(FF-10NB)』 オート『F-Lapaブラウン(FF-10NB)』

出典:Amazon

シリーズ F-ラパ
全長 142.3mm
重さ 20.6g

手の小さい方でも握りやすい細軸モデル

スリムなボディで高級感もある「F-ラパ」シリーズの万年筆です。こちらは、クラシカルなデザインにぴったり合うブラウンカラーとなっています。

金属軸の重量感は、はじめて万年筆を手にする方でも使いやすいでしょう。F-ラパシリーズの万年筆は最大径が13.5mmなので、手の小さい方でも握りやすく書きやすいという特徴もあります。

オート『セルサス ブラック(FF-20C-BK)』

オート万年筆セルサスCELSUSブラックFF-20C-BK/B オート万年筆セルサスCELSUSブラックFF-20C-BK/B オート万年筆セルサスCELSUSブラックFF-20C-BK/B オート万年筆セルサスCELSUSブラックFF-20C-BK/B

出典:Amazon

シリーズ セルサス
全長 142mm
重さ 21.7g

バランスにすぐれた使い心地が特徴

幅広いシーンで違和感なく使えるデザインが特徴の「セルサス」シリーズ。こちらのブラックタイプは、贈り物にも適した落ち着きあるイメージに仕上がっています。

軸とキャップはアルミニウム製、ペン先はスチール製なので、バランスにすぐれた使い心地も楽しめるでしょう。長く愛用したい方にもぴったりのインクカートリッジ2本つきです。

オート『デュード シルバー(FF-15DD-SV)』

オート『デュードシルバー(FF-15DD-SV)』 オート『デュードシルバー(FF-15DD-SV)』 オート『デュードシルバー(FF-15DD-SV)』 オート『デュードシルバー(FF-15DD-SV)』 オート『デュードシルバー(FF-15DD-SV)』 オート『デュードシルバー(FF-15DD-SV)』 オート『デュードシルバー(FF-15DD-SV)』

出典:Amazon

シリーズ デュード
全長 136mm
重さ 25g

六角形のスタイリッシュなデザイン

ペン軸に真鍮を使用したほどよい重さで筆記をサポートする「デュード」シリーズ。六角形のシェイプになったアルミニウム製のスタイリッシュなボディがクールです。

細字タイプですがインクフローがよく、スムーズな書き味を実現しています。オートの万年筆らしいリーズナブルな価格なので、手帳などと合わせて1本用意しておきたいシリーズです。

オート『F-Lapa ワイン(FF-10NB-WI)』

オート『F-Lapaワイン(FF-10NB-WI)』 オート『F-Lapaワイン(FF-10NB-WI)』 オート『F-Lapaワイン(FF-10NB-WI)』 オート『F-Lapaワイン(FF-10NB-WI)』 オート『F-Lapaワイン(FF-10NB-WI)』 オート『F-Lapaワイン(FF-10NB-WI)』 オート『F-Lapaワイン(FF-10NB-WI)』 オート『F-Lapaワイン(FF-10NB-WI)』

出典:Amazon

シリーズ F-ラパ
全長 142.3mm
重さ 20.5g

女性でも使いやすいワインカラー

女性でも持ちやすい中軸ボディを採用している「F-ラパ」シリーズのワインカラーです。手元にも個性を主張したいという方にもぴったり。

クリップや尾栓にゴールドがあしらわれたクラシカルなデザインは、1,000円前後のリーズナブルな万年筆とは思えない優雅さを演出しています。なめらかな書き味が楽しめるインクフローのよさも特徴です。

オート『ジャズ ブルー(FF-13J-BL)』

オート万年筆ジャズFF-13J-BLブルー オート万年筆ジャズFF-13J-BLブルー オート万年筆ジャズFF-13J-BLブルー オート万年筆ジャズFF-13J-BLブルー

出典:Amazon

シリーズ ジャズ
全長 142mm
重さ 25.8g

クラシカルな雰囲気がステキ

「持ち物にはこだわりたい」というおしゃれさんにおすすめなのが、ジャズシリーズのブルーです。ブルーの軸に、ペン先とクリップ等の各パーツにシルバーを配色することで、アンティーク調に仕上げています。

キャップ部分の「JAZZ」の文字も一層際立ち、クラシックな雰囲気が所有欲を高めてくれるでしょう。

オート『セルサス ブラウン(FF-20C-BN/B)』

オート万年筆セルサスCELSUSブラウンFF-20C-BN/B オート万年筆セルサスCELSUSブラウンFF-20C-BN/B オート万年筆セルサスCELSUSブラウンFF-20C-BN/B オート万年筆セルサスCELSUSブラウンFF-20C-BN/B

出典:Amazon

シリーズ セルサス
全長 142mm
重さ 23.7g

男女問わず使いやすい普遍的なデザインカラー

先ほどご紹介したセルサスシリーズのブラウンカラーです。年齢や性別問わず、持つ人を選ばない上品な色合いは、長年使い続けたいと思わせる1本。

グリッパー付きで握りやすく、カートリッジタイプなので使いやすいです。これから万年筆を使いたいという方にもおすすめの普遍的なモデルです。

「オート万年筆」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
オート『マジェスティック レッド(FF-20MJ-RD)』
オート『タッシェ ピンク(FF-10T)』
オート『F-Lapa ブラウン(FF-10NB)』
オート『セルサス ブラック(FF-20C-BK)』
オート『デュード シルバー(FF-15DD-SV)』
オート『F-Lapa ワイン(FF-10NB-WI)』
オート『ジャズ ブルー(FF-13J-BL)』
オート『セルサス ブラウン(FF-20C-BN/B)』
商品名 オート『マジェスティック レッド(FF-20MJ-RD)』 オート『タッシェ ピンク(FF-10T)』 オート『F-Lapa ブラウン(FF-10NB)』 オート『セルサス ブラック(FF-20C-BK)』 オート『デュード シルバー(FF-15DD-SV)』 オート『F-Lapa ワイン(FF-10NB-WI)』 オート『ジャズ ブルー(FF-13J-BL)』 オート『セルサス ブラウン(FF-20C-BN/B)』
商品情報
特徴 文字をたくさん書きたいときにぴったり コンパクトに持ち運べる軽量万年筆 手の小さい方でも握りやすい細軸モデル バランスにすぐれた使い心地が特徴 六角形のスタイリッシュなデザイン 女性でも使いやすいワインカラー クラシカルな雰囲気がステキ 男女問わず使いやすい普遍的なデザインカラー
シリーズ マジェスティック タッシェ F-ラパ セルサス デュード F-ラパ ジャズ セルサス
全長 143mm 約98.8mm(収納時)/約144.8mm(筆記時) 142.3mm 142mm 136mm 142.3mm 142mm 142mm
重さ 36g 20g 20.6g 21.7g 25g 20.5g 25.8g 23.7g
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月15日時点 での税込価格

低価格で質の高いオート万年筆

低価格ながらもなめらかな書き心地を実現しているオートの万年筆。見た目の高級感もあるので、贈り物にも適しています。インク吸入の手間がかからないカートリッジ式を採用しているのも見逃せないポイントです。

万年筆をはじめて購入するという方から、今使っている万年筆の買い換えを検討している方まで幅広くカバーする品質もオートの魅力といえるでしょう。

今回ご紹介したオート万年筆の選び方や厳選商品を参考にして、長く愛用したくなる1本を見つけてみてください。

【関連記事】その他の万年筆や関連アイテムをチェック

もっと初心者向けの基本的な選び方を見る

値段別に万年筆の選び方とおすすめ商品を見る

ブランド別に万年筆の選び方とおすすめ商品を見る

万年筆の関連アイテムを見る

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:山岡光、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/01/15 コンテンツ追加・価格修正のため記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 下田結賀子)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


シェーファー万年筆おすすめ9選【ギフトにも!】とっておきの1本を見つけよう

シェーファー万年筆おすすめ9選【ギフトにも!】とっておきの1本を見つけよう

アメリカを代表する万年筆メーカーのシェーファー。1907年にレバー充填式万年筆を開発して以来、次々と万年筆の新しい機構を開発し、歴代のアメリカ大統領にも愛用される存在です。この記事では数寄monoライター・杉浦直樹さんと編集部おすすめの商品を紹介。風格がありながらも、手ごろな値段で手に入れられます。こだわりの1本をぜひ選んでみてください。


アウロラの万年筆おすすめ12選【88やタレンタムなど名モデルを紹介!】

アウロラの万年筆おすすめ12選【88やタレンタムなど名モデルを紹介!】

数寄monoライター・杉浦直樹さんと編集部が選んだアウロラ社製の万年筆12選を紹介します。アウロラ社は、1919年創業のイタリアの筆記具メーカーです。ペン先からボディまで自社工場で生産している数少ないメーカーで、自社製ペン先の書き心地はもちろん、そのおしゃれなデザインも魅力です。この記事では選び方のポイントも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


クロス万年筆のおすすめ10選|代表シリーズ・太さや持ちやすさで選ぶ

クロス万年筆のおすすめ10選|代表シリーズ・太さや持ちやすさで選ぶ

長い歴史をもつ高級筆記具ブランドのクロスの万年筆は、贈り物にもぴったりなアイテムです。この記事では、クロス万年筆の魅力や代表シリーズ、太さや持ちやすさなど選び方の解説、そしてJSA認定ソムリエの数寄monoライター・杉浦直樹さんと編集部が選んだクロス万年筆10選をご紹介します。


カランダッシュ万年筆のおすすめ13選【849・レマン・バリアスなど】魅力や選び方を解説!

カランダッシュ万年筆のおすすめ13選【849・レマン・バリアスなど】魅力や選び方を解説!

スイスメイドの品質をたもち、独創的なデザインの万年筆を製造するカランダッシュ。過去にはギネスブックに登録されるほど高価な「ラ・モデルニスタ ダイヤモンド」を発売するなど革新的なメーカーです。この記事では、数寄monoライター・杉浦直樹さんへの取材をもとに、カランダッシュ万年筆の選び方とおすすめの商品を紹介します。女性でも握りやすいスリムタイプの万年筆もあり、ギフトにもおすすめです! 記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


レシーフ万年筆おすすめ11選|使い方に合ったシリーズの選び方も解説!

レシーフ万年筆おすすめ11選|使い方に合ったシリーズの選び方も解説!

パリ郊外の工房で、職人が1本ずつ手作りしている万年筆「レシーフ」。本記事では、数寄monoライター・杉浦直樹さんと編集部が選んだレシーフ万年筆のおすすめ商品11選と選び方を紹介します。シリーズごとに特徴を詳しく解説していますので、購入を迷っている方はぜひ参考にしてください。


関連するブランド・メーカー


OHTO(オート)

新着記事


フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

ゴツゴツした岩場や魚の鋭いヒレや歯から手を守るフィッシンググローブ。岩場で釣りをする人であれば、一双は持っておきたいもの。手の保護だけでなく、夏の紫外線や冬の寒さからも守ってくれます。ここでは、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんにお話をうかがい、フィッシンググローブの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

ワイルドライフクリエーターで山岳写真家の荒井裕介さんへの取材をもとに、シャッドルアーのおすすめ商品をご紹介します。幅広いタイプのバスにアプローチできるのがメリットのシャッドルアー。テクニックと経験が必要なワームやラバージグとは違い、一定のスピードを保ちながら巻くだけで一定層をトレースできるため、初心者にも使いやすいアイテムです。選び方も解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。


【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

フィット感や医療機器認証の有無、清潔感を保てるかどうかなど、さまざまな特徴がある磁気枕。枕に埋め込まれている磁気によって、肩や首の凝りを軽減することができます。自分にあったものを選ぶと、毎日安心して眠ることができるもの。この記事では、磁気枕の選び方と暮らしコーディネーター・瀧本真奈美さんのおすすめランキングを紹介します。記事の後半には、枕の人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

入門セットの多くはショップのオリジナルセットで、釣り具メーカーが販売しているものはほとんどありません。それは、同じ魚を狙う場合でも、地域によってタックルが異なったり、釣り人の好みもあるからです。この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんにお話をうかがい、釣り初心者入門セットの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

近年は釣りのジャンルに関わらず、PEラインの使用率が高めですが、必ずしもPEラインが良いというわけではありません。キャッチ&リリースが前提の釣りには、魚を弱らせやすいPEラインは不向きです。また、特性上タックルや仕掛けに掛かる負荷も大きく、扱いを間違えるとリールのシャフトを曲げてしまったり、スナップなど接続金具が簡単に破損してしまうこともあります。この記事では、フィッシングライター/職業釣師の田澤 晃さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介しています。


生活雑貨・日用品の人気記事


>>もっと見る