万年筆用インク消しのおすすめ5選&ランキング【書き間違えても大丈夫!】

万年筆用インク消しのおすすめ5選&ランキング【書き間違えても大丈夫!】

万年筆用のインク消しは、万年筆で書き間違いをしてしまっても修正ができる便利なアイテム。万年筆の愛好家の方にとってはなくてはならないものではないでしょうか?

この記事では、文具研究家の秋月千津子さんにお話をうかがい、万年筆用インク消しの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介します。

記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

文具研究家
秋月 千津子

文具研究家、ISOT (国際文具・紙製品展。国内外のメーカーが集う日本最大級の「文具PR商談会」)PRサポーター、「文房具カフェ」会員。 文具についての情報をさまざまなメディアで発信中。 得意ジャンルはノートなどの紙類、ボールペン。 オフィスや文房具屋に必ず置いてあるような定番文具を好む。 推しメーカーは三菱鉛筆、リヒトラブ、クルーシャル。

マイナビおすすめナビ編集部

主に『ベビー・キッズ』『美容・健康』『食品・ドリンク』カテゴリを担当する、40代編集者。マタニティ・育児雑誌、美容系雑誌、モノ系雑誌の編集経験をもとに、「ユーザー目線で本当にいい物をおすすめする」が信条。最近はスキンケアグッズよりも、健康食品や健康グッズに興味・関心が移りつつある。趣味:食べる、寝る 特技:大食い、子供とすぐ仲良くなる

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

「万年筆用インク消し」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ライオン事務器『インキ消液』
カズキ高分子『ガンヂー インキ消し』
LAMY(ラミー)『インクイレーサー』
ライオン事務器『はがせるミスノン A-18R』
ペリカン日本『スーパーシェリフ』
商品名 ライオン事務器『インキ消液』 カズキ高分子『ガンヂー インキ消し』 LAMY(ラミー)『インクイレーサー』 ライオン事務器『はがせるミスノン A-18R』 ペリカン日本『スーパーシェリフ』
商品情報
特徴 老舗メーカーのプチプラアイテム 吸い取り紙つきで素早く乾く 細かい箇所もらくらく修正 万年筆にも対応可能な万能修正液 ロイヤルブルーのインクが嘘みたいに消える
内容量 1液:18ml、2液:18ml 各20ml 9g 18ml 10g
成分 塩酸、次亜塩素酸 メチルシクロヘキサン -
対応インク 万年筆ブルーブラック・赤インキ専用 万年筆インキ用 万年筆ブルーインク専用 油性・水性インキ共用 ロイヤルブルーインク修正用
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年5月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月30日時点 での税込価格

万年筆用インク消しとは?

万年筆とインク
Pixabayのロゴ

万年筆は水性インクなので、修正液や修正テープを使用しても、はじいてしまってなかなかうまく対処ができません。また、ペン先が鋭いため、引っかかってしまうという点も問題です。

万年筆で書き間違えをしてしまったときは、万年筆用のインク消しの出番。化学反応によりインクを透明にして見えないようにしてくれます。インクの種類や色によっては消すことができないので、購入する際は自分の使っているインクに使えるかよく確認して選びましょう

万年筆用インク消しの選び方 きれいに消そう!

万年筆用インク消しにはさまざまな種類があります。使用用途や好みの機能性に合わせてぴったりのものを探してみましょう。タイプや機能性など、選ぶうえでチェックしておきたいポイントを詳しくご紹介します。ポイントは下記の4つ。

【1】用途に合ったタイプで選ぶ
【2】自分の万年筆に対応しているかチェック
【3】速乾性や細かい修正ができるかにも注目
【4】成分表示があると安心

上記のポイントを押えることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】用途に合ったタイプで選ぶ

万年筆用インク消しは、おもに2液タイプと1液タイプの2種類があります。万年筆の使用シーンに合わせて、自分好みのタイプを選びましょう。

汎用性の高い「2液タイプ」

 

2種類の液体がセットになっている2液タイプ。交互に使用することで、化学反応により万年筆インクの色素を消すことができます。比較的低価格で容量が多く、コストパフォーマンスにすぐれているのも特徴。職場や自宅での使用頻度が高い方に向いている商品です。

ただし、消せない色があったり、インクの色によっては液を使う順番が違ったりと、使用には注意が必要。説明書をよく読んでから使いましょう。

持ち運びに便利な「ペン型1液タイプ」

 

外出先で使えるインク消しが欲しいという方には、ペン型の1液タイプが適しています。両サイドにキャップがついており、片側には誤字を漂白できる特殊液剤を染み込ませたインク消しが、もう一方には消した上から書くことのできる専用ペンがついています。

1本で修正から上書きまでできる手軽さが魅力です。容量は少ないため頻繁に使用する方には向いていませんが、出先で使用したいときは便利なタイプ。自分の万年筆の色と専用ペンの色が一致していないと、上書きした際に違和感が生じてしまうため、しっかりインクの色を確認して選ぶようにしましょう。

【2】自分の万年筆に対応しているかチェック

万年筆とインクの画像
ペイレスイメージズのロゴ

万年筆のインク消しを選ぶ際は、自分が使用している万年筆のインクに対応するかどうかを必ずチェックするようにしましょう。インク消しを使って消すことができるのは、水性の染料インクのみに限られています。顔料インクは消すことができず、染料インクであっても、万年筆のメーカーによっては色素の種類や配合量によって、うまく消すことができない場合もあります。

対応しているインクの種類がしっかりと明記されているものを選ぶと安心です。また、青色のインクは比較的きれいに消すことができるため、誤記が心配な方はチェックしてみてください。反対に、黒や赤は消えにくいので注意しましょう。

【3】速乾性や細かい修正ができるかにも注目

 

万年筆用のインク消しは、通常の修正液を選ぶ際と同じく、乾きやすいものを選ぶと使いやすいです。乾きが悪いと手間がかかるのはもちろん、乾いていない間に上書きしてしまい滲んでしまうということも。なかには吸い取り紙つきの商品などもあり、余分な液を吸い取りすばやく修正できますよ。

また、細かい箇所を消したい場合には、スリムなペンタイプや、キャップに細い刷毛がついているものが便利。ピンポイントで修正ができるので、万年筆でノートを取っている方はぜひチェックしてみてください。

【4】成分表示があると安心

 

万年筆用インク消しの成分は、商品によってさまざま。化学反応を利用して消すものなので、なるべく安全な成分が使われているものを選びたいですよね。一般的にはシュウ酸や塩酸、クエン酸、次亜塩素酸ナトリウムなどが使われていますが、濃度などにも注意して、しっかりと成分が明記されている商品を選ぶと安心。

小さな子どものいる家庭ではとくに、できるだけ安全なものを選び、保管方法にも充分注意をして使用しましょう。

インクとの相性は必ず確認しよう 文具研究家によるアドバイス

文具研究家

購入前に、ふだん使っている万年筆ブランドやインク色との相性を必ず確認しましょう。最近はさまざまな色のインクが発売されていて、消せない色もあります。ブルー系のインクは比較的落ちやすいです。

2液タイプは手間がかかりますが、多くのブランドに対応し、汎用的に使えます。ペン型の1液タイプは対応メーカーが限られるのが難点ですが、消した後には専用ペンで上書きするのできれいに修正ができます。

万年筆用インク消しおすすめ5選

ここからは、万年筆用インク消しのおすすめ商品をご紹介します。2液タイプやペンタイプなど、さまざまな商品をピックアップしました。使用用途や求める機能性に合わせて、自分にぴったり合うものを見つけてみてください!

ライオン事務器『インキ消液』

ライオン事務器修正液インク消し万年筆用No.100 ライオン事務器修正液インク消し万年筆用No.100 ライオン事務器修正液インク消し万年筆用No.100 ライオン事務器修正液インク消し万年筆用No.100 ライオン事務器修正液インク消し万年筆用No.100 ライオン事務器修正液インク消し万年筆用No.100

出典:Amazon

老舗メーカーのプチプラアイテム

気軽に購入できる価格が魅力の高コスパアイテム。1792年に創業された、歴史と伝統のある老舗文具メーカー「ライオン」のインク消しです。2種類の液がセットになった2液タイプで、ブルーブラックのインクと、赤色のインクを消すことができます

幅広いインクに対応した使い勝手のよさが魅力。ガラス瓶ではなくプラスチックの容器に入っているため、誤って落としてしまっても割れる心配がなく安心です。

カズキ高分子『ガンヂー インキ消し』

吸い取り紙つきで素早く乾く

ブルーやブルーブラックのインクを使用している方にぴったりなのがこちらのインク消し。黒インクには対応していませんが、素早くきれいに消すことができる商品です。

余分な液を吸い取ってくれる、便利な吸い取り紙つき。乾くのを待っている煩わしさから解放され、ストレスフリーに使用できますよ。ただし、ガラス瓶の容器なので、持ち運びには向いていません。自宅や職場で頻繁に使用する方におすすめのアイテムです。

LAMY(ラミー)『インクイレーサー』

細かい箇所もらくらく修正

1930年にドイツで創業され、長くに渡り世界中から愛されている「ラミー」の万年筆用インク消し。細字のペンタイプなので、細かな箇所の修正にも使いやすいのが魅力。

基本的には、ラミー製のブルーインク万年筆用に対応するようにつくられています。ラミー製の万年筆を愛用している方や、外出先での使用が多い方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。

ライオン事務器『はがせるミスノン A-18R』

ライオン事務器修正液消しゴムではがせるミスノン18ml共用タイプA-18R ライオン事務器修正液消しゴムではがせるミスノン18ml共用タイプA-18R ライオン事務器修正液消しゴムではがせるミスノン18ml共用タイプA-18R ライオン事務器修正液消しゴムではがせるミスノン18ml共用タイプA-18R ライオン事務器修正液消しゴムではがせるミスノン18ml共用タイプA-18R ライオン事務器修正液消しゴムではがせるミスノン18ml共用タイプA-18R ライオン事務器修正液消しゴムではがせるミスノン18ml共用タイプA-18R

出典:Amazon

万年筆にも対応可能な万能修正液

こちらは元祖修正液の「ミスノン」ですが、共用タイプを選べば、万年筆のインクも消すことができます。

キャップについた刷毛を使用して、修正箇所に塗るタイプ。細かい箇所から広い面まで幅広く対応し、かんたんに消すことができます。さらに、修正箇所を間違えてしまっても、消しゴムで剥がすことができるというすぐれもの。乾きも早く、使い勝手のいいアイテムです。

ペリカン日本『スーパーシェリフ』

ロイヤルブルーのインクが嘘みたいに消える

高級万年筆を手がけている、ペリカン製のロイヤルブルーのインク専用修正液。罫線や印刷などを消さずにきれいに修正できるのが特徴です。

コンパクトなペン型デザインなので、持ち運びが簡単なのも大きな魅力。手軽に使えるものをお探しの人におすすめです。

エキスパートのおすすめランキング【TOP3】 万年筆用インク消しTOP3を選出!

ご紹介した商品のなかから、文具研究家の秋月千津子さんおすすめの万年筆用インク消しランキングを3位から1位の順に発表します。ぜひ商品選びの参考にしてみてください。

3位 LAMY(ラミー)『インクイレーサー』

文具研究家

LAMY『インクイレーサー』はペンタイプなので素早く修正ができ、持ち運びしやすいです。ブルーインクのみに対応なので、インク色には注意が必要。気軽に使える万年筆としてラミーを愛用している方が多いので、あわせて持ち歩いてはいかがでしょうか。

2位 カズキ高分子『ガンヂー インキ消し』

文具研究家

カズキ高分子『ガンヂー インキ消し』は日本初の修正液を開発した丸十化成が生み出した、創業当初からの人気商品です(現在は販売会社が変更)。しっかりした厚みの吸い取り紙がついているので、余分な液を吸うことができ、液の広がりや紙の傷みを最小限にしてくれます。

1位 ライオン事務器『インキ消液』

文具研究家

ライオン事務器『インキ消液』はコスパ抜群なうえ、容器もプラスチック製で安全。赤色インクも消せるのは、なかなかすごいことです。赤色を消す際には液を使う順番が変わりますので、使い方には気をつけてくださいね。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 万年筆インク消しの売れ筋をチェック

Amazonでの万年筆インク消しの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:修正液ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

万年筆用インク消しの注意点

万年筆用インク消しを使う際には、いくつかの注意点があります。「失敗した!」とならないよう、事前に知っておきましょう。

まず、顔料インクは消すことができない点です。また、染料インクであっても黒色のインクは消せないことが多いので注意しましょう。

そして、万年筆用インク消しで消したあと、同じ場所に上から描こうとしても透明になってしまい書けないことが多いというのもポイント。そんなときのために、消した上から書くことができるペン先がついているインク消しもありますよ。

その他の万年筆や関連アイテムをチェック 【関連記事】

もっと初心者向けの基本的な選び方を見る

値段別に万年筆の選び方とおすすめ商品を見る

使っている万年筆と相性のいいインク消しを

万年筆用インク消しのおすすめ4選をご紹介しました。使用用途に応じて、求める条件に合ったタイプを選びましょう。自分の万年筆に対応しているか、しっかりチェックしてから購入してみてくださいね。

そのほかの機能性や、成分表示も確認し、比較検討してみましょう。好みの使用感に合った万年筆用インクを見つければ、書き誤っても安心。お気に入りの万年筆とセットで揃えておきたいですね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


スティック消しゴムおすすめ16選&ランキング|ノック・スライド・電動式

スティック消しゴムおすすめ16選&ランキング|ノック・スライド・電動式

消しゴムはどれも一緒と思っている方に、ぜひ試してもらいたいのが「スティック消しゴム」。ここでは、文房具ライター&ブロガーの猪口フミヒロさんと編集部が厳選したスティック消しゴムのおすすめと選び方をランキングとともにご紹介します。トンボ鉛筆やぺんてる、コクヨ、なかには鉛筆やシャープペンだけでなく、ボールペンやコピー用紙のインクを消すことができる画期的なアイテムも。

tag icon 消しゴム , 筆記用具 , 文具

砂消しゴムのおすすめ11選|ボールペンの文字消し・イラストに【消し方のコツも伝授!】

砂消しゴムのおすすめ11選|ボールペンの文字消し・イラストに【消し方のコツも伝授!】

砂消しゴムは、ボールペンやサインペンでミスをしたときに活躍する文房具。修正テープのように紙を傷めずに、文字だけを消せる優れモノです! 文字消しとしてだけではなく、イラストや漫画、図面を描くアイテムとしても活躍します。本記事では、一級建築士の神村さゆりさん監修のもと、砂消しゴムの選び方とおすすめ商品をご紹介します。掃除に便利な代用術もご紹介するので、最後までチェックしてみてくださいね。

tag icon 消しゴム , 筆記用具 , 文具

消しゴムおすすめ26選|一番消えるのはどれ? かわいいタイプ・砂消しゴムも

消しゴムおすすめ26選|一番消えるのはどれ? かわいいタイプ・砂消しゴムも

勉強や事務仕事などに欠かせない「消しゴム」。100均などでも売られており、「どれも変わらない」「どれがいいの?」と思っている方も多いのでは? しかし、トンボ鉛筆やコクヨ、パイロットなどさまざまな文具メーカーから種類豊富な消しゴムが販売されていて、どれがよいのか迷ってしまいますよね。この記事では、そんな消しゴムの選び方とおすすめの商品を厳選! 定番のmono消し以外にも、砂消しや練消しなど幅広い商品を紹介します。記事後半には、Amazonや楽天市場など通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミも合わせてチェックしてみてくださいね。

tag icon 消しゴム , 筆記用具 , 文具

軽い力で楽に消せる!『エアイン』の驚きの使いやすさを検証レビュー

軽い力で楽に消せる!『エアイン』の驚きの使いやすさを検証レビュー

『エアイン』は、素材にAIR(エアー)を入れ、どれだけ使い続けても、いつでもカドで消す感触を実感できる新感覚の消しゴムです。また、軽い力で鉛筆で書いた文字や図形などがきれいに素早く消せます。市販の消しゴムに大きな違いがあるのか疑問に思いながらも使い心地が気になる人もいるでしょう。本記事では、『エアイン』と、関連商品である『ダブルエアイン』の機能性について比較しながら検証してみました。購入を検討している人はもちろん、少しでも興味のある人はぜひ読んでみてください。

tag icon 消しゴム , 筆記用具 , 文具

修正したい部分をピンポイントで消せる! 『クリックイレーザー』の機能性を検証レビュー

修正したい部分をピンポイントで消せる! 『クリックイレーザー』の機能性を検証レビュー

『クリックイレーザー』は、紙との接地面が小さく細かい部分の修正がしやすい消しゴムです。細長く薄い形状で、カッターの刃を出すように少しずつ繰り出して使います。通常であれば、修正液や修正テープを使って訂正しなければならない印刷文字やボールペン文字を消せると話題ですが、本当に消えるのと疑問に思う人も多いはず。この記事では、『クリックイレーザー』を実際に購入し、使い心地や機能性について検証してみました。購入を検討している人はもちろん、興味をもった人はぜひ一度読んでみてください。

tag icon 消しゴム , 筆記用具 , 文具

関連するブランド・メーカー


LAMY(ラミー) ライオン事務器

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。