5,000円以下の万年筆おすすめ5選!文具の専門家に取材|価格帯別にも徹底比較

5,000円以下の万年筆おすすめ5選!文具の専門家に取材|価格帯別にも徹底比較
フリーライター、小物王
納富 廉邦(のうとみ やすくに)

文化、飲食、メディア、ガジェット、雑貨、伝統芸能など、娯楽全般をフィールドに雑誌、書籍、テレビ、ラジオ、講演などで活動する。 文具系、カバンなどの装身具、お茶、やかん、ガジェット、小説、落語などに関する著書もある。テレビ「マツコの知らない世界」ではボールペンの人、「嵐にしやがれ」ではシステム手帳の人として出演。

目利きライターの納富廉邦さんへの取材をもとに、5,000円以下の万年筆の選び方とおすすめ商品をご紹介します。5,000円以下で万年筆を探してみると、意外にも種類が豊富で自分にピッタリな1本を見つけるのは結構大変です。ペン先や軸径、軸の材質、インクの充填方法など選ぶポイントはさまざま。この記事の選び方を参考におすすめ商品を眺めてみると、自分が欲しいと思える万年筆がわかってくるでしょう。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!


5,000円以下の万年筆の選び方! 目利きライターに聞きました

目利きライターの納富廉邦さんに、5,000円以下の万年筆を選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。初めて万年筆を購入する方はもちろん、2本目以降で新しいものをお探し方も、エキスパートが注目するポイントをチェックして購入する際に役立ててみてください。

万年筆とインクと紙
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

万年筆のスタイリッシュな見た目にグッとくる方も多いのではないでしょうか。ぜひお気に入りの1本を見つけて、心ゆくまで使ってみてください。

ボトルインクが使えるか

フリーライター、小物王

現在の万年筆ブームを支えているのは、豊富なボトルインクが使えることです。カートリッジではなく、さまざまな色のボトルインクを使うためには、インク吸入式に対応した万年筆である必要があります。通常、安価な万年筆はカートリッジ式が主流です。しかし、コンバーター(着脱が可能なインク吸入器)を使うことでインク吸入式として使える製品もあります。

購入前に「コンバーターが使用できるか」「その場合対応するコンバーターはなにか」などについて、きちんとチェックすることが必要です。もちろん、インク吸入式万年筆ならコンバーターなしでボトルインクが使えます。

パイロット『コクーン万年筆 チタン 中字』

こちらは美しいラインが魅力的なパイロットの万年筆です。同社のコンバーター(CON-40)を使えば、ボトルインクを使うことができます。

>> Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ペン先の種類を確認する

フリーライター、小物王

意外に誤解されることが多いのですが、万年筆は特殊な形状のペン先でない限り、筆記時に筆のように筆圧で描線の太さを変えることはできません。そのため、購入前に自分の用途にあわせて、細字(F)、中字(M)、太字(B)などのペン先の種類を選ぶ必要があります。

ボールペンでいえば、0.5mmくらいが細字、0.8mmくらいが中字、1.2mmくらいが太字といった感じです。しかし、メーカーや製品によって違うのであくまで目安として考えてみてください。

持ち方・書き方の違いを考慮する

フリーライター、小物王

万年筆はボールペンや鉛筆と違って、ペンを寝かせ気味にして筆圧をかけずに書きます。そのため、ふだんの調子で持ってみて、それで購入しても実際に書くときには思ったような持ち心地ではない場合があります。

寝かせて持つと重心のバランスも変わりますから、まずは安い万年筆を買って、寝かせて筆圧をかけない書き方に慣れてからあらためて選ぶのもいいでしょう。

パイロット『万年筆 カクノ 透明軸 M(中字)』

書き心地、安定性にすぐれています。また、万年筆の正しい持ち方や使い方が書かれた説明書がついているため、万年筆に慣れやすい商品です。

>> Amazonで詳細を見る

もっと知りたい! 5,000円以下の万年筆の選び方

5,000円以下の万年筆を選ぶときに、ほかに知っておくといいポイントをご紹介します。

万年筆とインク
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

お気に入りの万年筆を見つけるために、こだわって選びたいですね。

インクの補充方法で選ぶ

カートリッジ式

もっとも手軽にインクを補充できる方法です。インクがなくなったカートリッジを抜き、新しいカートリッジを万年筆の本体に差しこんで使用します。手があまり汚れずラクなのですが、豊富な色のボトルインクが使えないという点がデメリットです。

好きな色のボトルインクを使いたいと考えている場合は、ほかの方法でインクを補充できる万年筆を選びましょう。

吸入式

ペン先からインクを吸いあげて補充する方法が吸入式です。昔からあるインクの補充方法で、好きなボトルインクを使うことができます。吸入式のデメリットは、インクを吸入した後にペン先をきれいにするなど、少し手間がかかり手が汚れることもある点。ただ、手間をかけてメンテナンスすることで、愛着がわいてくるという側面もあります。

コンバーター式

カートリッジ式と吸入式のハイブリッド型をコンバーター式と呼びます。コンバーターと呼ばれる吸入器でインクを吸いあげられるだけでなく、コンバーターを外してカートリッジを装着することでもインクを補充できます。近年は、この仕組みを持っている万年筆が主流ですが、使い方は商品によって違いがあります。

ペン先の素材で選ぶ

万年筆のペン先に金を用いているものが多く見られますが、その理由はインクの成分にあります。万年筆のインクには、硫酸や塩酸などかなり腐食性の強い成分が含まれています。そのため、ペン先には腐食に強い素材が用いられてきました。

金のペン先は書き味に弾力がある、という表現をする方が多くいます。書き味は好みによりますので、実際に店頭で試せる場合は試してみて、実際に確認するのが一番です。

ステンレス

ステンレスは、金に比べて安価で腐食に弱いですが、金以外の金属に比べれば腐食に強いので、金の次にペン先でよく用いられています。価格が安価になるため、安い価格帯の万年筆はステンレスのペン先になっていることがほとんどです。

ステンレスのペン先は、金に比べてかための書き味が特徴。金とどちらがいいかというと、好みによるため一概にはいえません。さまざまな種類のものを試して自分自身の好みを探っていくのも、万年筆の醍醐味です。

目利きライターが厳選! おすすめの5,000円以下の万年筆5選|パイロットやプラチナ万年筆など

上で紹介した5,000円以下の万年筆の選び方のポイントをふまえて、目利きライターの納富廉邦さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。各商品のスペックをよくチェックして、自分の用途にあったタイプの万年筆を選んでみてくださいね。

万年筆の筆先
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

このペン先の美しさは万年筆ならでは。装飾がほどこされたものもありますので、細部にこだわって選んでみるのも楽しいかもしれません。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

パイロット『万年筆 カクノ 透明軸 M(中字)』

パイロット『万年筆カクノ透明軸M(中字)』 パイロット『万年筆カクノ透明軸M(中字)』 パイロット『万年筆カクノ透明軸M(中字)』

出典:Amazon

ペン先 特殊合金
字幅 中字
インク カートリッジ/コンバーター両用式
サイズ 全長131×最大径16.0mm

Thumb lg 49aaa36d 1124 4159 93a5 8717eb802870

フリーライター、小物王

バランスのよさにすぐれた初心者におすすめの1本

価格、デザイン、書き心地、安定性といった基本的な筆記具としての性能のバランスがとれた、最初に持つ万年筆として、現在、最も手ごろで高性能な万年筆です。別売のコンバーター(CON-40、CON-50、CON-70対応)を使えば、ボトルインクの使用も可能。

自然と正しい持ち方になるグリップ、正しい使い方が書かれた説明書もついて、初心者でも間違いなく快適に書けるようになっているのもポイント。

クリップのない独特のデザインは握りやすくて軽いので扱いやすく、ペン先はスチール製で多少荒く扱っても壊れません。そのため、とにかく書きながら万年筆に慣れることができます。最初は万年筆らしい文字が書ける中字がおすすめ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

プラチナ万年筆『プレジール ノバオレンジ 中字』

プラチナ万年筆『プレジールノバオレンジ中字』 プラチナ万年筆『プレジールノバオレンジ中字』

出典:Amazon

ペン先 ステンレス
字幅 中字
インク カートリッジ式
サイズ 全長142.5×最大径15.0mm

Thumb lg 49aaa36d 1124 4159 93a5 8717eb802870

フリーライター、小物王

金属の軸でシックな雰囲気を演出

金属軸で美しい仕上げなので、メーカー希望小売価格は1,000円には見えないのが『プレジール』の魅力です。太めの軸は筆圧をかけずに書くのに向いていて、スルスルと書きやすいペン先も価格以上の感触があります。

また、プラチナ万年筆独自の技術「スリップシール機構」によって、インクを入れたままでもキャップさえ閉めておけば1年放置してもペン先が乾かず、そのまま筆記できます。

プラチナ万年筆用コンバーターを装着できるので、ボトルインクの使用が可能です。軸色は多彩ですが、なかでも仕上げが見事なノバオレンジはおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ラミー『サファリ スケルトン 細字』

ラミー『サファリスケルトン細字』 ラミー『サファリスケルトン細字』

出典:Amazon

ペン先 スチール
字幅 中字
インク コンバーター式
サイズ 全長138.5×最大径14mm

Thumb lg 49aaa36d 1124 4159 93a5 8717eb802870

フリーライター、小物王

力強く書けるタフな万年筆

もともと世界中の学生向けに、安価で屋外でも安心して使えるタフな万年筆をという意図で開発された、ドイツのラミーの世界的ベストセラー商品です。そのすぐれたデザイン性と、正しい持ち方になるように自然と指がかかるグリップ、タフで適当に書いても壊れにくいペン先といった使い勝手のよさで、ふだん使いの万年筆として誰にでもおすすめできます。

もちろん、ラミーのコンバーターが使用可能。このコンバーターはダイヤル部分が赤くなっていて、透明軸のサファリに装着する仕様になっています。海外製のペン先は国産に比べやや太いので、この商品では細字をおすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

パイロット『コクーン万年筆 チタン 中字』

パイロット『コクーン万年筆チタン中字』 パイロット『コクーン万年筆チタン中字』 パイロット『コクーン万年筆チタン中字』 パイロット『コクーン万年筆チタン中字』

出典:Amazon

ペン先 特殊合金
字幅 中字
インク コンバーター式
サイズ 全長138×最大径13.2mm

Thumb lg 49aaa36d 1124 4159 93a5 8717eb802870

フリーライター、小物王

まゆのように美しい曲線のフォルム

ギフトにも使える、流線型のボディラインの美しさと握りやすさが、コクーン万年筆の一番の特徴です。また、ふだん使いに適した、スルスルと書けるワンランク上のペン先や、金属軸の仕上げのよさなど、人前でも充分に使えるクオリティもコクーンの魅力。チタンは色の名前として使われているだけで、実際にチタン製ではないので注意しましょう。

コンバーターはパイロットのCON-40が使用可能。ペン先は、MとFがありますが、初心者にはM(中字)の方がスムーズに書けるうえ、線が途切れにくいのでおすすめです。同じデザインでボールペンなどもあるので、そろえて持つのもかっこいいです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

プラチナ万年筆『プロシオン ターコイズブルー M』

プラチナ万年筆『プロシオンターコイズブルーM』 プラチナ万年筆『プロシオンターコイズブルーM』 プラチナ万年筆『プロシオンターコイズブルーM』 プラチナ万年筆『プロシオンターコイズブルーM』 プラチナ万年筆『プロシオンターコイズブルーM』 プラチナ万年筆『プロシオンターコイズブルーM』

出典:Amazon

ペン先 ステンレス
字幅 中字
インク コンバーター式
サイズ 全長139.7×最大径14.4mm

Thumb lg 49aaa36d 1124 4159 93a5 8717eb802870

フリーライター、小物王

スムーズなインク吸引で使い勝手抜群

万年筆のエントリーモデルとしては珍しい5,000円という価格は、初心者向けと2本め以降の万年筆のちょうど中間に位置していて、どちらの用途にも使えます。コンバーターにも対応しているのですが、すばらしいのはそのコンバーターを使ったときのインク吸入のしやすさ。

通常の万年筆がペン先全体をインクにひたさなければならないところ、プロシオンはペン先を少しインクにつければOKなのです。

そのため、インクが少なくなったインク瓶からもスムーズにインク吸入ができます。しかも、キャップをすれば2年間放置しても筆記が可能。軸のカラーは新鮮な色が多く、ターコイズブルーのようなビビッドなものもあって使っていて楽しい製品です。

まずは中字、軸は透明がおすすめです! 目利きライターからのアドバイス

フリーライター、小物王

万年筆らしい書き心地は、太いペン先ほど味わえるのですが、太いペン先は慣れないと線が途切れやすい上に、細すぎると紙にペン先がこすれてカリカリした書き味になります。そのため、まずは中字からはじめて、用途にあわせながら太さを変えていくといいでしょう。

軸色はインクの残量がわかりやすい透明軸がおすすめ。何色のインクを入れたかもわかりやすいです。基本的に、長く使えるものですからデザインをよく見て、本当に気にいった形のものを選ぶのも重要になります。

リーズナブルでも機能じゅうぶん! 5,000円以下の万年筆をさらに紹介!

いろいろ比べて選びたい人のために、さらにいくつかの商品を価格帯別にご紹介します。各商品の分類は、記事掲載時点での価格を参考にしているため変動している場合がありますので、ご了承ください。

【3,000円~5,000円】万年筆を4点ご紹介 高級感のある万年筆も選べる!

5,000円近い価格帯であれば高級感のある万年筆も選ぶことができます。自分用にまたプレゼント用にもよいでしょう。今回は万年筆を4つご紹介します。5,000円以下で買える商品をピックアップしていますが、ECサイトによって、一部商品は5,000円超の売価のものがありますので、ご了承ください。

パーカー『アーバン ファーストトラック 細字』

パーカー『アーバンファーストトラック細字』 パーカー『アーバンファーストトラック細字』 パーカー『アーバンファーストトラック細字』

出典:Amazon

ペン先 ステンレススチール
字幅 細字
インク カートリッジ・コンバーター両用
サイズ 全長156(キャップをボディエンドに取り付けた状態)×最大径11mm

握りやすいシェイプに高級感のあるボディ

まんなかが少し細くなっていて握りやすい万年筆。シンプルながら上質なボディは少し重みを感じます。ペン先はステンレススチール製で丈夫さと美しさを兼ねそなえ、細字タイプなのでこまかい字を書く人にも向いています。

インク補充方式は、カートリッジ・コンバーター両用なので、使いたいボトルインクがある人もそのインクが使えるので安心です。落ち着いたデザインなので、ビジネスの場やオフィスなど、仕事用に使う万年筆にするのもよいでしょう。

オート『万年筆 ギザ ブラウン』

ペン先 スチール
字幅 -
インク カートリッジ/コンバーター両用式
サイズ 全長136×最大径16.3mm

ボディは革巻きで握り心地良好

リサイクルレザーでボディを巻き、握りやすくした万年筆。キャップにはローレット加工(金属の表面にこまかい凹凸をつける加工)がほどこされ、とても大人っぽいデザインとなっています。見た目では、5,000円以下で購入できる万年筆に見えないほど高級感あふれるデザインです。

ペン先の太さは公式サイトに書かれていませんが、目安としては太めになります。大きめの字を書く人に適した万年筆です。

セーラー万年筆『ヤング・プロフィット 銀 万年筆 中字』

セーラー万年筆『ヤング・プロフィット銀万年筆中字』

出典:Amazon

ペン先 ステンレス
字幅 中字
インク コンバーター式(コンバーターは別売)
サイズ 全長136×最大径15mm

5,000円以下の万年筆でトップクラスのスペック

セーラー万年筆が、はじめて万年筆を使う若い人をイメージして作った万年筆。価格を抑えながら、コンバーター式でボトルインクを使用する楽しさも感じられる商品です。

ボディはブラックメインでシルバーがポイントとして入っており、仕事でも勉強でもどこででも使えるスタンダートなデザインになっています。予算内で少しでもよい万年筆を買いたい、という方は検討の価値がある万年筆です。

パイロット『プレラ 色彩逢い 細字』

パイロット『プレラ色彩逢い細字』 パイロット『プレラ色彩逢い細字』 パイロット『プレラ色彩逢い細字』

出典:Amazon

ペン先 特殊合金
字幅 細字
インク コンバーター式
サイズ 全長120.4×最大径13.4mm

透けるボディでインクのカラーを楽しむ万年筆

少し太めのボディですが、透明ですので実際よりも見た目では軽い印象を受ける万年筆です。パイロットの人気ボトルインク「色彩(いろ)雫(しずく)」シリーズのインクを入れると、その色がボディから透けて見え、書く前からインクの色を楽しめます。

また、同シリーズにはカリグラフィ用のペン先も用意されているので、カリグラフィが趣味の方にも適した商品です。

【1,000円~3,000円】万年筆を3点ご紹介 日常使いにぴったりの価格帯

このクラスでも高級感のあるタイプからポップなものまでさまざまです。日常からどんな使い方をしたいかによっで選ぶとよいでしょう。タイプの違う万年筆を3つご紹介します。

パイロット『カヴァリエ ピンク 中字』

パイロット『カヴァリエピンク中字』

出典:Amazon

ペン先 特殊合金
字幅 中字
インク コンバーター式
サイズ 全長136×最大径9.8mm

スリムボディでカラーリングが美しい人気の万年筆

ボディのメタリックなマーブル模様とカラーリングが美しく、スリムな万年筆。5,000円以下の万年筆とは思えないほど高級感があります。インク補充方式はコンバーター式なので、専用のカートリッジ以外にボトルインクも使用可能。

万年筆デビューのため、自分用に購入するだけでなく、進学祝いなどのプレゼントとしてもよろこんでもらえるでしょう。

ペリカン『万年筆 ツイスト 極細字』

ペリカン『万年筆ツイスト極細字』 ペリカン『万年筆ツイスト極細字』 ペリカン『万年筆ツイスト極細字』 ペリカン『万年筆ツイスト極細字』 ペリカン『万年筆ツイスト極細字』

出典:Amazon

ペン先 ステンレススチール
字幅 極細字
インク カートリッジ/コンバーター両用式(コンバーター別売)
サイズ 全長140×最大径17mm

個性的なビビッドカラーと書き味のよさが魅力

ヨーロッパの老舗(しにせ)文房具メーカー「ペリカン」。5,000円以下の遊び心あるデザインの万年筆です。目立つ色の組み合わせが印象的ですが、書き味はステンレス製のペン先とは思えない弾力があるという人もいるほど。

ボディはかなり太めですので、太めの筆記用具が好きな方に適しています。人とはちがった個性的な万年筆を探している方や、プレゼントにも向いた商品です。

シュナイダー『Base ブラック EF』

シュナイダー『BaseブラックEF』 シュナイダー『BaseブラックEF』 シュナイダー『BaseブラックEF』 シュナイダー『BaseブラックEF』 シュナイダー『BaseブラックEF』 シュナイダー『BaseブラックEF』 シュナイダー『BaseブラックEF』

出典:Amazon

ペン先 イリジウム(プラチナ系金属)
字幅 極細字
インク カートリッジ式
サイズ 全長160×最大径12mm

日本限定の極細字!画数の多い漢字もきれいに書ける

ドイツには世界的に有名な文房具メーカーが多いですが、シュナイダーも万年筆メーカーとして有名です。こちらは、シュナイダーが日本限定で作成した極細字の万年筆。画数の多い漢字を書いてもつぶれずきれいに書ける有能さです。

ボディは樹脂製ですが、その書き味は本物。5,000円以下で買える万年筆のなかでもかなりコストパフォーマンスが高いと言えます。

【1,000円まで】万年筆を6点ご紹介 ここまで低価格な万年筆もある!

とにかく安く手に入れたい方に、1,000円以下で購入できる万年筆を6つご紹介します。

セーラー万年筆『ハイエース ネオ クリア万年筆 シルバー 細字』

セーラー万年筆『ハイエースネオクリア万年筆シルバー細字』 セーラー万年筆『ハイエースネオクリア万年筆シルバー細字』 セーラー万年筆『ハイエースネオクリア万年筆シルバー細字』 セーラー万年筆『ハイエースネオクリア万年筆シルバー細字』 セーラー万年筆『ハイエースネオクリア万年筆シルバー細字』 セーラー万年筆『ハイエースネオクリア万年筆シルバー細字』 セーラー万年筆『ハイエースネオクリア万年筆シルバー細字』 セーラー万年筆『ハイエースネオクリア万年筆シルバー細字』 セーラー万年筆『ハイエースネオクリア万年筆シルバー細字』

出典:Amazon

ペン先 ステンレス
字幅 細字
インク コンバーター式(コンバーターは別売)
サイズ 全長136×最大径13.5mm

ボディもペン芯も透明でインクの残量がわかりやすい

細くて軽く、はじめて万年筆を使う方にとっても使いやすい万年筆。ボディからペン先までが透明になっているため、インクの残量がひと目で分かり、インクがなくなってきたら前もって補充しておくことができます。

ただし、コンバーターは別売ですので、ボトルインクを使いたい場合はあわせて購入しましょう。日常生活で気軽に使う万年筆としてお手ごろな価格なのも魅力です。

セーラー万年筆『ふでDEまんねん (11-0127)』

セーラー万年筆『ふでDEまんねん(11-0127)』 セーラー万年筆『ふでDEまんねん(11-0127)』 セーラー万年筆『ふでDEまんねん(11-0127)』 セーラー万年筆『ふでDEまんねん(11-0127)』

出典:Amazon

ペン先 ステンレス 金色メッキ、特殊ペン
字幅 細字~太字
インク カートリッジ式/コンバーター両用式
サイズ 全長169×最大径15mm

万年筆でも筆文字が! 初心者にも優しいつくり

万年筆で筆文字が書けるというすぐれもの。ペン先を立てた場合は細字で書くことができる一方、ペン先を寝かせれば太字を書くことができる構造となっており、初心者でも表現豊かに文字が書けます。

ペン先の扱いやすさに加えて、小ぶりで軽量と握りやすさも配慮されています。リーズナブルな価格設定のため、カンタンにきれいな筆文字が書きたい方にぴったりの万年筆です。

プレピー『SOU万年筆(ひなたぼっこ)(H078-49)』

プレピー『SOU万年筆(ひなたぼっこ)(H078-49)』 プレピー『SOU万年筆(ひなたぼっこ)(H078-49)』 プレピー『SOU万年筆(ひなたぼっこ)(H078-49)』 プレピー『SOU万年筆(ひなたぼっこ)(H078-49)』 プレピー『SOU万年筆(ひなたぼっこ)(H078-49)』 プレピー『SOU万年筆(ひなたぼっこ)(H078-49)』 プレピー『SOU万年筆(ひなたぼっこ)(H078-49)』

出典:Amazon

ペン先 ステンレス
字幅 細字
インク カートリッジ式
サイズ 全長138×最大径13mm

かわいらしい色合いとデザインで楽しく使える

SOU・SOUのとてもかわいらしいデザインが目を惹く万年筆。ペン先の太さは線幅0.3mmと細字で、手帳や手紙、メモ書きなどで小さい字を書くときにも向いています。

なかのインクはフタをしていれば乾きにくく、いつでも書き味が変わらないのも特長。インクがなくなったら交換すればいいだけのカートリッジ式なので使い勝手もよいです。

オート『万年筆 タッシェ(FF-10T)』

オート『万年筆タッシェ(FF-10T)』 オート『万年筆タッシェ(FF-10T)』 オート『万年筆タッシェ(FF-10T)』 オート『万年筆タッシェ(FF-10T)』 オート『万年筆タッシェ(FF-10T)』 オート『万年筆タッシェ(FF-10T)』 オート『万年筆タッシェ(FF-10T)』

出典:Amazon

ペン先 アルミニウム
字幅 細字
インク カートリッジ式
サイズ 全長98.8(使用時144.8)×最大径9.7mm

コンパクトでかわいい万年筆

コンパクトなサイズ感とスタイリッシュなデザインの見た目が特徴的。キャップを閉じると約10cmとポケットにおさまる仕様で、気軽に持ち運びができます。細字タイプの万年筆で、ペン先もかたすぎず、やらわかすぎずと使い勝手はGOOD。初心者向けの商品です。

カラーバリエーションも豊富なため、お持ちの文房具に合わせてそろえるのもいいかもしれませんね。

Hemore『万年筆ペン』

Hemore『万年筆ペン』 Hemore『万年筆ペン』 Hemore『万年筆ペン』 Hemore『万年筆ペン』 Hemore『万年筆ペン』 Hemore『万年筆ペン』

出典:Amazon

ペン先 ステンレス
字幅 細字
インク カートリッジ式
サイズ -

トラディショナルな味わいの万年筆

シンプルながらもボディのシルバーが洗練された高級感を漂わせています。シンプルな万年筆といえばこれでしょう。書き味は滑らかで、紙に引っ掛けてしまうことなくスラスラと筆が進みます。

内部が特殊な構造でできており、インクが乾燥しにくい仕様。耐水性や耐光性が高いものの固まりやすいという欠点のある顔料インクも安心して使うことができます。

プラチナ万年筆『プレピー(PSQ-400)』

プラチナ万年筆『プレピー(PSQ-400)』 プラチナ万年筆『プレピー(PSQ-400)』 プラチナ万年筆『プレピー(PSQ-400)』

出典:Amazon

ペン先 ステンレス
字幅 極細字
インク カートリッジ式
サイズ 全長138×最大径13mm

カラフルでリーズナブルな万年筆

ボディがインクの色に合わせた半透明ボディになっている万年筆。最初はボディに合わせたカラーインクのカートリッジが備わっていますが、ほかの色のカートリッジを入れることも可能です。

ペン先はステンレス材で摩耗に強い特殊合金ポイントでできていて、とてもいい書き味を味わえます。また、カートリッジインクを差し込んだままでもフタをした状態であれば、1年くらい不使用でもインクが乾かないという特許取得の「スリップシール機構」も搭載。リーズナブルなのにこだわりを持った逸品です。

そのほか個性的な5,000円以下の万年筆を3点ご紹介

それぞれ独特な特徴を持った、5,000円以下の万年筆を3つご紹介します。

Asixx『フェザーペン』

Asixx『フェザーペン』 Asixx『フェザーペン』 Asixx『フェザーペン』 Asixx『フェザーペン』 Asixx『フェザーペン』 Asixx『フェザーペン』 Asixx『フェザーペン』 Asixx『フェザーペン』 Asixx『フェザーペン』

出典:Amazon

ペン先 合金
字幅 極細字
インク
サイズ 全長300mm

アンティークな雰囲気の羽根つきペン

中世の雰囲気が漂う、アンティークな羽根つきペン。自然な羽根と合金を組み合わせて作られています。ペン先の合金は非常にしっかりした素材で書きやすく、さらに耐摩耗性もあり損傷しにい特徴が。

文字を書くときにはペン先にインクを浸して使用します。これもアンティーク調を感じさせる特徴のひとつ。そのほかにも太さの異なる交換用のペン先が5つ同梱されていて遊び心も実用性も満載です。

Wing Sung『万年筆(3008A)』

WingSung『万年筆(3008A)』 WingSung『万年筆(3008A)』 WingSung『万年筆(3008A)』 WingSung『万年筆(3008A)』 WingSung『万年筆(3008A)』 WingSung『万年筆(3008A)』 WingSung『万年筆(3008A)』

出典:Amazon

ペン先
字幅 極細字
インク コンバーター式
サイズ 全長138×最大径14mm

4色セット! 残インクが見える半透明ボディ

カラフルな色がとても印象的な万年筆。インクの供給はカートリッジ式ではなく、ペン先からのインク吸い上げ式。使うまでが難しそうだと感じるかもしれませんが、そこも万年筆の楽しみのひとつでしょう。

さらに、半透明ボディなので供給したインクが色どりを添えながらも、残インクとして見えるのも大きな特徴。透明なボディと金色の部分、さらにはインクの色のアクセントが見事です。

Moonman『万年筆(S3)』

Moonman『万年筆(S3)』 Moonman『万年筆(S3)』 Moonman『万年筆(S3)』 Moonman『万年筆(S3)』 Moonman『万年筆(S3)』 Moonman『万年筆(S3)』

出典:Amazon

ペン先 イジリウム合金
字幅 極細字
インク カートリッジ/コンバーター両用式
サイズ 全長138×最大径14mm

軽くて、高級感もあるデザイン性の高い万年筆

軽量のセルロイドをボディに使用している昔懐かしき一品。ボディの軽さに加えてデザインや仕上がりにとても高級感があり美しい見た目です。セルロイド自体はレトロ調ですが、そのうえの斬新な模様が現代的でおしゃれ。通常の万年筆に比べてカジュアルな印象を与えてくれるため、気軽に使いたい方に向いています。

ペン先はイリジウム合金となっており、極細字でも滑るように文字を書くことが可能。 デザインも極細字なペン先も手帳にピッタリで、自宅でも職場でも使いやすさは群を抜いています。

「5,000円以下の万年筆」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
パイロット『万年筆 カクノ 透明軸 M(中字)』
プラチナ万年筆『プレジール ノバオレンジ 中字』
ラミー『サファリ スケルトン 細字』
パイロット『コクーン万年筆 チタン 中字』
プラチナ万年筆『プロシオン ターコイズブルー M』
パーカー『アーバン ファーストトラック 細字』
オート『万年筆 ギザ ブラウン』
セーラー万年筆『ヤング・プロフィット 銀 万年筆 中字』
パイロット『プレラ 色彩逢い 細字』
パイロット『カヴァリエ ピンク 中字』
ペリカン『万年筆 ツイスト 極細字』
シュナイダー『Base ブラック EF』
セーラー万年筆『ハイエース ネオ クリア万年筆 シルバー 細字』
セーラー万年筆『ふでDEまんねん (11-0127)』
プレピー『SOU万年筆(ひなたぼっこ)(H078-49)』
オート『万年筆 タッシェ(FF-10T)』
Hemore『万年筆ペン』
プラチナ万年筆『プレピー(PSQ-400)』
Asixx『フェザーペン』
Wing Sung『万年筆(3008A)』
Moonman『万年筆(S3)』
商品名 パイロット『万年筆 カクノ 透明軸 M(中字)』 プラチナ万年筆『プレジール ノバオレンジ 中字』 ラミー『サファリ スケルトン 細字』 パイロット『コクーン万年筆 チタン 中字』 プラチナ万年筆『プロシオン ターコイズブルー M』 パーカー『アーバン ファーストトラック 細字』 オート『万年筆 ギザ ブラウン』 セーラー万年筆『ヤング・プロフィット 銀 万年筆 中字』 パイロット『プレラ 色彩逢い 細字』 パイロット『カヴァリエ ピンク 中字』 ペリカン『万年筆 ツイスト 極細字』 シュナイダー『Base ブラック EF』 セーラー万年筆『ハイエース ネオ クリア万年筆 シルバー 細字』 セーラー万年筆『ふでDEまんねん (11-0127)』 プレピー『SOU万年筆(ひなたぼっこ)(H078-49)』 オート『万年筆 タッシェ(FF-10T)』 Hemore『万年筆ペン』 プラチナ万年筆『プレピー(PSQ-400)』 Asixx『フェザーペン』 Wing Sung『万年筆(3008A)』 Moonman『万年筆(S3)』
商品情報
特徴 バランスのよさにすぐれた初心者におすすめの1本 金属の軸でシックな雰囲気を演出 力強く書けるタフな万年筆 まゆのように美しい曲線のフォルム スムーズなインク吸引で使い勝手抜群 握りやすいシェイプに高級感のあるボディ ボディは革巻きで握り心地良好 5,000円以下の万年筆でトップクラスのスペック 透けるボディでインクのカラーを楽しむ万年筆 スリムボディでカラーリングが美しい人気の万年筆 個性的なビビッドカラーと書き味のよさが魅力 日本限定の極細字!画数の多い漢字もきれいに書ける ボディもペン芯も透明でインクの残量がわかりやすい 万年筆でも筆文字が! 初心者にも優しいつくり かわいらしい色合いとデザインで楽しく使える コンパクトでかわいい万年筆 トラディショナルな味わいの万年筆 カラフルでリーズナブルな万年筆 アンティークな雰囲気の羽根つきペン 4色セット! 残インクが見える半透明ボディ 軽くて、高級感もあるデザイン性の高い万年筆
ペン先 特殊合金 ステンレス スチール 特殊合金 ステンレス ステンレススチール スチール ステンレス 特殊合金 特殊合金 ステンレススチール イリジウム(プラチナ系金属) ステンレス ステンレス 金色メッキ、特殊ペン ステンレス アルミニウム ステンレス ステンレス 合金 イジリウム合金
字幅 中字 中字 中字 中字 中字 細字 - 中字 細字 中字 極細字 極細字 細字 細字~太字 細字 細字 細字 極細字 極細字 極細字 極細字
インク カートリッジ/コンバーター両用式 カートリッジ式 コンバーター式 コンバーター式 コンバーター式 カートリッジ・コンバーター両用 カートリッジ/コンバーター両用式 コンバーター式(コンバーターは別売) コンバーター式 コンバーター式 カートリッジ/コンバーター両用式(コンバーター別売) カートリッジ式 コンバーター式(コンバーターは別売) カートリッジ式/コンバーター両用式 カートリッジ式 カートリッジ式 カートリッジ式 カートリッジ式 コンバーター式 カートリッジ/コンバーター両用式
サイズ 全長131×最大径16.0mm 全長142.5×最大径15.0mm 全長138.5×最大径14mm 全長138×最大径13.2mm 全長139.7×最大径14.4mm 全長156(キャップをボディエンドに取り付けた状態)×最大径11mm 全長136×最大径16.3mm 全長136×最大径15mm 全長120.4×最大径13.4mm 全長136×最大径9.8mm 全長140×最大径17mm 全長160×最大径12mm 全長136×最大径13.5mm 全長169×最大径15mm 全長138×最大径13mm 全長98.8(使用時144.8)×最大径9.7mm - 全長138×最大径13mm 全長300mm 全長138×最大径14mm 全長138×最大径14mm
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 万年筆の売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでの万年筆の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:万年筆ランキング
Yahoo!ショッピング:万年筆ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかの万年筆のおすすめ商品はこちら

【関連記事】インクや万年筆ケースなどのおすすめ商品はこちら

5,000円以下の万年筆について8つのポイントをおさらい

(1)ボトルインクが使えるか確認する
(2)細字(F)、中字(M)、太字(B)など、ペン先の種類を確認する
(3)カートリッジ式は色が限られてしまうがインク補充はかんたん
(4)吸入式は好きなボトルインクを使うことができる
(5)ペン先が金のものは、インクの成分による腐食に強い
(6)ペン先がステンレスのものは、金に比べてリーズナブルだが腐食に弱い
(7)はじめての方は中字でインクの残量がわかりやすい透明軸のものが使いやすい
(8)まずはリーズナブルな商品を購入し、万年筆特有の書き方に慣れてからあらためて買いなおすのもよい

ペン先の材質などに注意して5,000円以下の万年筆を選ぼう

ペン先と文字
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

万年筆は材質から書き味まで、こだわりがあることでしょう。ぴったりの商品が見つかるとよいですね。

文房具ライターの納富 廉邦さんにお話をうかがい、5,000円以下で買える万年筆の選び方とおすすめ商品をご紹介しました。納富廉邦さんのアドバイスにあったように、インクの補充方式やペン先の材質などを確認して、自分にあった万年筆を選ぶようにしましょう。

5,000円以下でも、書き味がよい、握りやすいなどの魅力を持った万年筆はたくさんあります。そのなかから「これは!」と思う1本を見つけて購入し、万年筆で書くよろこびを体感してみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/11/22 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


万年筆用インク消しのおすすめ4選&ランキング【書き間違えても大丈夫!】

万年筆用インク消しのおすすめ4選&ランキング【書き間違えても大丈夫!】

万年筆用のインク消しは、万年筆で書き間違いをしてしまっても修正ができる便利なアイテム。万年筆の愛好家の方にとってはなくてはならないものではないでしょうか? この記事では、文具研究家の秋月千津子さんにお話をうかがい、万年筆用インク消しの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介します。


万年筆インクおすすめ14選【人気のパイロット、ペリカンなど厳選】カートリッジも

万年筆インクおすすめ14選【人気のパイロット、ペリカンなど厳選】カートリッジも

文房具のエキスパートである他故壁氏(たこかべうじ)さんへの取材をもとに、万年筆インクの選び方とおすすめの商品を紹介します! 好きな色合いが楽しめるのが、万年筆インクのいいところ。定番のブラック以外にも、深みのあるレッドやブルーブラック、和のテイストを取り入れたものなど、カラーバリエーションが豊富です。記事の後半には、各通販サイトの人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


オート万年筆おすすめ8選|セルサスやマジェスティックなどシリーズ別に紹介!

オート万年筆おすすめ8選|セルサスやマジェスティックなどシリーズ別に紹介!

リーズナブルな価格と質の高さを両立したのが「オート万年筆」。本記事では、数寄monoライター・杉浦直樹さんに監修いただき、オート万年筆のおすすめ商品8選と選び方を紹介します。文字を書くのが楽しくなる万年筆を、ぜひ選んでみてください。


【2020年】ローラーボールペンのおすすめ8選! 文具のエキスパートが選び方ポイントも解説

【2020年】ローラーボールペンのおすすめ8選! 文具のエキスパートが選び方ポイントも解説

ローラーボールペンはローラーペンとも呼ばれ、世界的には認知されている筆記具ですが、日本国内ではまだあまり知られていません。水性インクを使用したなめらかな書き心地で、かすれやインクむらも少なく、軽い筆圧でもくっきりした文字を書けるのが特徴です。万年筆ではちょっと仰々しいかなというときのための筆記具として、ペンケースに忍ばせておきましょう! 本記事では、文具のエキスパートである出雲義和さんに聞いた、ローラーボールペンの選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


中屋万年筆おすすめ11選│手作りで高品質【個性的な背鰭や女性向けピッコロも紹介】

中屋万年筆おすすめ11選│手作りで高品質【個性的な背鰭や女性向けピッコロも紹介】

プラチナ万年筆の製造工場で、40年以上勤務してきた万年筆職人が開いた手作り万年筆ショップである「中屋万年筆」。ひとりひとりに合った書き心地の万年筆を、ていねいに1本1本作り上げています。中屋万年筆では「ロング」や「ポータブル」などの定番商品から、特注品までさまざまな万年筆を扱っています。この記事では、小物王の納富廉邦(のうとみやすくに)さんと編集部が、中屋万年筆を選ぶときのポイントや、おすすめ商品をご紹介します。


新着記事


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月25日:ワンタッチテント

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月25日:ワンタッチテント

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはSoarmax『ワンタッチテント』。


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月24日:空気清浄機

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月24日:空気清浄機

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはシャープの空気清浄機『プラズマクラスター 7000』。


【プロ厳選ランキング】小型スマホおすすめ11選|高性能なものやおサイフケータイ対応のものも

【プロ厳選ランキング】小型スマホおすすめ11選|高性能なものやおサイフケータイ対応のものも

ITライターである酒井麻里子さんへの取材をもとに、小型スマホのおすすめ商品と選び方をご紹介します。ほどよい大きさで手におさまりやすい小型スマホ。大型化が進むスマホですが、扱いづらさを感じることもあり、小さいサイズを求めている方も多いのではないでしょうか? どれを選べばいいか悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてください。


車ハンドルカバーおすすめ15選|シンプルからかわいい・デザイン性が高いものまで!

車ハンドルカバーおすすめ15選|シンプルからかわいい・デザイン性が高いものまで!

車の内装グッズのなかでも、手軽に車内の雰囲気を変えられる「ハンドルカバー」。しかし、デザインや素材、サイズなどが幅広く、どれを選べばいいのか悩みますよね。この記事では、車ハンドルカバーの選び方のポイントを解説していきます。また、自動車ライターの塚田勝弘さんと編集部が、タイプ別に選んだ魅力的な商品15点もご紹介します。すてきなハンドルカバーを選んで、愛車でのドライブを楽しみましょう。


【2020年最新版】iPhone対応スピーカーおすすめランキング16選| Bluetooth対応&安定の有線タイプの商品を紹介!

【2020年最新版】iPhone対応スピーカーおすすめランキング16選| Bluetooth対応&安定の有線タイプの商品を紹介!

iPhoneに収録してある音楽を、本格的なイヤホンで楽しみたい人もいるのではないでしょうか。持ち運びのしやすいポータブルスピーカーなら、車内や旅行先でも音楽を楽しめますし、大きめで音質にこだわったスピーカーならば家でのリラックスタイムに重宝します。ここでは、ITライターの傍島康雄さんへの取材をもとに、iPhoneに対応しているスピーカーの選び方とおすすめの商品を全部で16商品ご紹介します。


生活雑貨・日用品の人気記事


>>もっと見る