PR(アフィリエイト)

【ドッグフード記事まとめ】犬種・年齢・悩みなどに合うおすすめ記事を読んで、商品を選ぼう!

【ドッグフード記事まとめ】犬種・年齢・悩みなどに合うおすすめ記事を読んで、商品を選ぼう!
【ドッグフード記事まとめ】犬種・年齢・悩みなどに合うおすすめ記事を読んで、商品を選ぼう!

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2022年07月05日に公開された記事です。

愛犬の成長や健康に欠かせないドッグフード。しかし、さまざまな商品があり、どの商品をどんな基準で選んだらいいか悩みますよね。

そこで本記事では、私たちのサイトで掲載されているドッグフードの記事を一覧でご紹介します!選び方の解説やおすすめの商品、その他お役立ち情報などを各記事でまとめていますので犬の健康や大きさ、年齢、犬種、また、ドッグフードのタイプや味ごとに目的に合う記事を見つけて、リンク先の記事を参考に、商品を選んでみてくださいね。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:ペット
吉川 優美

「ペット」カテゴリーを担当。犬とネットショッピングをこよなく愛する主婦編集者。主婦仲間から情報収集をし、家族が喜ぶおいしい食べ物や調味料を探すのが日課となっている。

犬の「健康・悩み」を意識して選ぶ

本記事では、おすすめナビにあるドッグフードの記事を一覧でご紹介!

まずは、犬の「健康・悩み」を意識して選びたいという飼い主さんに向けておすすめの記事を紹介します。

▼国産ドッグフード

 

日本は比較的に小型犬を飼っている家庭が多いため、国産ドッグフードは小型犬に特化した商品が多い傾向にあります。また、作られてから自宅に届くまでの時間が短く、品質が劣化する可能性が低いので安心して食べさせられるのがメリットです。

国産食材を使ったものや添加物を使わずに作られているものもたくさんあるため、愛犬にふさわしい商品を見つけられるでしょう。

▼オーガニックドッグフード

 

オーガニックとは「有機」と同じ意味で、農薬や化学肥料に頼らず、自然な製法で作られたもの。

世界各国には、それぞれオーガニック認定機関があり、その機関が定める一定の基準を満たして作られたものにオーガニック表示が認められています。できるかぎり自然由来のものを選びたいという飼い主さんはオーガニックのドッグフードを選ぶと良いでしょう。

▼グレインフリードッグフード

 

グレインフリードッグフードとは、小麦や大麦、米、トウモロコシなどの穀物が一切使用されていないフードのこと。犬に必要な動物性たんぱく質が多く摂取できたり、穀物アレルギーのある犬でも安心して食べられるといったメリットがあります。

▼無添加ドッグフード

 

無添加ドッグフードとは、酸化防止剤や保存料、香料、着色料などの添加物が使われていないフードのこと。できるだけ添加物の少ないものを求める飼い主さんにおすすめです。

▼食物アレルギー対策ドッグフード

 

ひとくちに「食物アレルギー」といっても、原因となる食材やアレルギーの程度は犬によってさまざまです。まずは、動物病院で診察を受けたうえでアレルギーの原因となるものが入っていないドッグフードを選ぶと良いでしょう。

▼ダイエットドッグフード

 

ダイエットドッグフードは、基本的にカロリーを抑えた栄養設計になっているので肥満が気になるワンちゃんにおすすめです。

できるだけ、魚や肉をおもな原料とした高たんぱくで低脂肪のダイエットドッグフードを選んで体に負担をかけずに減量するようにしましょう。

犬の「サイズ」で選ぶ

ここからは、小型犬・中型犬・大型犬と犬の「サイズ」に合わせてドッグフードを選びたいという飼い主さんに向けておすすめの記事をご紹介します。

▼小型犬用ドッグフード

 

犬のからだのサイズは、厳密に決まっているわけではありませんが、4kg以下が超小型犬、5~10kgの子が小型犬とされています。小型犬におすすめのドッグフードを探している飼い主さんは下記の記事をチェックしてみてください。

▼中型犬用ドッグフード

 

犬のからだのサイズは、厳密に決まっているわけではありませんが、11~25kgの子が中型犬とされています。中型犬におすすめのドッグフードを探している飼い主さんは下記の記事をチェックしてみてください。

▼大型犬用ドッグフード

 

犬のからだのサイズは、厳密に決まっているわけではありませんが、25kg以上の子が大型犬とされています。大型犬におすすめのドッグフードを探している飼い主さんは下記の記事をチェックしてみてください。

犬の「年齢」で選ぶ

ここからは、犬の「年齢」に合わせてドッグフードを選びたいという飼い主さんに向けておすすめの記事をご紹介します。

▼子犬用ドッグフード

子犬 ペイレスイメージズのロゴ
子犬 ペイレスイメージズのロゴ

子犬用のドッグフードは、タンパク質やカルシウムなどの栄養素が豊富です。

一般的には、超小型犬であれば生後9ヵ月以降、小型犬であれば11ヵ月以降、中型犬は13ヵ月以降、大型犬は16ヵ月目以降を目安に成犬用のドッグフードに切り替える必要がありますが、子犬の時期は歯が未発達で噛み切れないということもあるので、少しでも消化や吸収のしやすい子犬用のドッグフードを選んであげましょう。

▼シニア犬用ドッグフード

ゴールデンレトリバー ペイレスイメージズのロゴ
ゴールデンレトリバー ペイレスイメージズのロゴ

愛犬が高齢になるにつれて、気をつけたいのが食事管理です。

シニア犬用のドッグフードの特徴は、高血圧に備えて塩分がおさえられていたり、腎機能の低下を考慮して過剰なたんぱく質を避けるように設計されているものが多いです。また、ドライフードよりやわらかい「セミドライ・セミモイストフード」や「ウェットフード」もあるのでシニア犬を飼っている方はチェックしてみてください。

犬の「種類」で選ぶ

ここからは、犬の「種類」に合わせてドッグフードを選びたいという飼い主さんに向けておすすめの記事をご紹介します。

▼チワワ向けドッグフード

 

チワワは、華奢で体が小さく食べる量も比較的少ない犬種。少量でも必要な栄養素がカバーできるドッグフードを選ぶことが大切です。

下記の記事で、チワワにおすすめの商品や選び方を解説しているので、チワワを飼っている人は要チェックです!

▼トイプードル向けドッグフード

 

ふわふわでかわいらしいトイプードルですが実は狩猟犬のルーツもあり、良質なたんぱく質を食事でしっかり補う必要があります。

下記の記事で、トイプードルにおすすめの商品や選び方を解説しているので、トイプードルを飼っている人は要チェックです!

▼柴犬向けドッグフード

 

柴犬は、賢く飼い主に忠実な犬種です。活発な子も多いので活動量にあったドッグフードを選んであげましょう。

下記の記事で、柴犬におすすめの商品や選び方を解説しているので、柴犬を飼っている人は要チェックです!

▼ポメラニアン向けドッグフード

 

かわいい顔立ちとふわふわな毛並みが人気のポメラニアン。関節に負担がかかりやすい犬種でもあるのでしっかりサポートできるご飯を選んであげることが大切です。

下記の記事で、ポメラニアンにおすすめの商品や選び方を解説しているので、ポメラニアンを飼っている人は要チェックです!

▼ヨークシャーテリア向けドッグフード

 

愛らしい表情がかわいいヨークシャーテリア。なめらかな被毛を維持するためにも犬種に適したドッグフードを選べるとベストです。

下記の記事で、ヨークシャーテリアにおすすめの商品や選び方を解説しているので、ヨークシャーテリアを飼っている人は要チェックです!

ドッグフードの「タイプ」で選ぶ

ドッグフードは、主に「ドライフード」と「ウェットフード」の2種類のタイプに分けられます。おすすめナビでは「ウェットフード」に特化した記事もあるのでぜひ、参考にしてみてください。

▼ウェットフード

 

ウェットフードは、やわらかい食感で水分をしっかりとれるのがメリット。一度開封してしまうと日持ちはしませんが、風味豊かで食いつきもいいので主食としてはもちろんご飯のトッピングにもおすすめです。

▼半生タイプ

 

半生ドッグフードは、一般的なドライフードよりも柔らかいフードのこと。さらに細かく分けると「ソフトドライフード」と「セミモイストフード」の2種類ありますが、どちらにしても水分含有量が約25~35%と高いのがメリット。

嗜好性が高くおいしいので食いつきの悪さを解消したいときや噛む力が弱いシニア犬に選ばれています。

▼缶詰

 

缶詰はウェットフードに含まれるドッグフードで、ドライフードと合わせて栄養バランスを整えたり、いつもと違う味つけをしたいときにおすすめです。

ドッグフードの「味」で選ぶ

ドッグフードを「味」で選びたいという飼い主さんに向けておすすめの記事をご紹介します。

▼ラム肉ベースのドッグフード

 

低脂質で低カロリーのラム肉ベースのドッグフードは、豚や牛にアレルギーを持つ犬や体重管理が必要な犬におすすめです。

▼魚ベースのドッグフード

 

魚はDHAやEPAを含むため、愛犬の健康維持にも取り入れたい食べ物。肉類にアレルゲンがあるワンちゃんやシニア犬にもおすすめです。

「ご褒美にあげたい食べ物」はこちら

ここからは、犬用の「おやつ・ケーキ・チーズ・ミルク」の記事をご紹介します。

▼犬用おやつ

おやつを持ってる女性 ペイレスイメージズのロゴ
おやつを持ってる女性 ペイレスイメージズのロゴ

おやつは、愛犬のしつけやお留守番のご褒美などコミュニケーションを図るのに効果的。また、おやつで栄養補給するのもおすすめです。

犬にとって、おやつをもらえる時間は幸せなひとときなので与えすぎには十分注意して、効果的におやつを与えましょう。

▼犬用ケーキ

 

愛犬の誕生日やクリスマスなど、特別な日には美味しいケーキでお祝いしたいと考える飼い主さんもいるのではないでしょうか。肉や魚で作られたものなど犬専用のケーキがたくさん販売されているので原材料をチェックしながら選んでみると良いでしょう。

▼犬用チーズ

 

犬用のチーズは、人間用のチーズに比べて塩分や脂肪分が少なく、たんぱく質やカルシウム、ビタミン類を豊富に含む栄養価の高い食品です。いつものフードにトッピングするのはもちろん、しつけやご褒美にもおすすめです。

▼犬用ミルク

 

ミルクは、子犬に与えるイメージが多いかもしれませんが、実は、栄養バランスが高く、子犬から成犬、シニア犬まで年齢問わず与えることができます。

食欲があまりないときや水分補給がうまくできていないときなどいろいろな用途で活用できます。

「犬用付属アイテム」はこちら

最後は、犬用の食器や保存容器の記事をご紹介します。ドッグフードと合わせてぜひ、こちらも参考にしてくださいね。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ドッグフードの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのドッグフードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ドッグフードランキング
楽天市場:ドッグフードランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ご飯を食べたら口内をきれいにしよう!

愛犬に合うドッグフードを見つけよう!

本記事では、おすすめナビで掲載しているドッグフードの記事をまとめてご紹介しましたがいかがでしたか?

ドッグフードは、毎日与えるものなので金銭的に無理なく続けられるものを選ぶことも大切です。

食事は大切な愛犬が健やかな生活を送るために重要な要素のひとつです。ライフステージや悩み、健康状態によっても選ぶドッグフードは異なってくると思いますのでぜひ、気になるのドッグフード記事を読んでいただき、愛犬にぴったりの商品を選んでみてくださいね。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button