オーガニックドッグフードのおすすめ6選|グレインフリーのヤラー・ソルビダなど!

オーガニックドッグフードのおすすめ6選|グレインフリーのヤラー・ソルビダなど!

愛犬の体調を管理するためにも、毎日食べるドッグフードはよりよいものを与えたいという方も多いでしょう。いま注目されているのが、オーガニックドッグフードです。

現在では、オーガニック原料を使った海外産の商品も幅広く展開されています。本記事では、さまざまな基準をクリアした原料を使ったオーガニックドッグフードのおすすめ商品と選び方をご紹介します。

記事の最後には、Yahoo!ショッピングの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

ペット専門エディター&ライター
井手 綾子

編集歴は20年以上。 雑誌の編集長を経てフリーランスのライターとなる。インタビューや取材した人・お店の数は1000以上。クスっと笑えるものから、読んでタメになる読み込む記事までさまざまな記事を執筆している。 中でも、医療ものや動物関係が得意。今までに買ったことのある動物は、犬、猫、鳩、インコ、ジュウシマツ、キジ、リス、ウサギ、カメ、鶏、ウシガエル、金魚、カタツムリ、てんとう虫、カブトエビなど。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:食品・ドリンク、ペット
吉川 優美

「食品・ドリンク」「ペット」カテゴリーを担当。犬とネットショッピングをこよなく愛する主婦編集者。主婦仲間から情報収集をし、家族が喜ぶおいしい食べ物や調味料を探すのが日課となっている。

◆本記事の公開は、2020年07月17日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

そもそも「オーガニック」とは? 自然な製法で作られたもの

オーガニックとは「有機」と同じ意味で、農薬や化学肥料に頼らず、自然な製法で作られたものを指します。食品や化粧品など、できるかぎり自然由来のものを選びたいという意識が急速に高まり、ペットフードも同じようにオーガニックのものを選びたいという人が増えています。

世界各国には、それぞれオーガニック認定機関があり、その機関が定める一定の基準を満たして作られたものにオーガニック表示が認められています。日本においては、改正JAS法により、有機農産物の表示に限定して、第三者認定機関から認証されたものだけに表示できることになっています。

自然製法で作られたフードにこだわるなら、オーガニックのドッグフードを選びましょう。

オーガニックと混同しやすい「無添加」

無添加ドッグフードは、製造工程で防腐剤や着色料、保存料などの食品添加物を使用していないフードのことです。

オーガニック表示があると、化学肥料や農薬を使用しないオーガニックの特性から自然で体に良いものしかないと思い込んでしまいがちですが、必ずしも添加物を含まないわけではないことに注意をしなければなりません。「オーガニック」表示をしながら、添加物が多く含まれた商品もあるため、パッケージ裏面の原材料を確認する習慣をつけましょう。

自然由来の成分をつかった添加物もあるので、一概に添加物がだめなわけではありませんが、より自然に近いものを愛猫に食べさせたいと考えるなら、無添加のキャットフードを選んであげるとよいでしょう。

オーガニックドッグフードの選び方 品質や原料はしっかりチェック

まずはオーガニックドッグフードの選び方をチェックしていきましょう。ペット専門エディター&ライター・井手綾子さんのアドバイスもご紹介しています。自分の使い方にぴったりのオーガニックドッグフードを選ぶために参考にしてみてくださいね。

オーガニック認証をチェック

 

オーガニックドッグフードは、原産国など、海外のオーガニック認証を取得している場合が多いです。

アメリカのUSDAやドイツのBIOなど、国によって異なる制度があり、化学農薬・肥料を使わないなど、有機規則に沿って生産されているかが、認定基準となっています。複数の国からオーガニック認証を受けている商品であれば、より安全性が高いといえます。

商品によって、100%有機原料を使ったものもあれば、90%台のものもあるため、商品説明文やパッケージについている認証マークを確認してみましょう。

人工添加物が少ないもの

 

オーガニックドッグフードに関心のある方なら、ペットフードに含まれる人工添加物も気になるという場合が多いでしょう。

日本では、ペットフード安全法で添加物の上限値などが定められており、日本で販売されている商品は、この基準に従った規格になっています。

法律で使用が認められた添加物ではあるものの、愛犬の身体のためにできるだけ避けたいという場合は、人工添加物が少ないもの・無添加のものを選ぶといいでしょう。

動物性タンパク質の比率も確認

 

犬は、人と共同生活をするなかで、雑食性が進んだものの、人より多くのタンパク質を必要としています。

成長段階の子犬や妊娠・授乳期の母犬には、食事に対して最低22.5%以上のタンパク質、成犬なら最低18%以上のタンパク質が適切だとされているため、オーガニックドッグフードを選ぶ際も、タンパク質の比率を確認しておいてください。

穀物がアレルゲンの場合は配合が少ないものを

犬によっては、穀物がアレルゲンとなって、体調をくずしてしまうケースもあるため注意が必要です。また、穀物がたくさん配合されているドッグフードを食べると、うまく消化できず消化不良を起こすこともあります。

そのため、アレルゲンを避けたい場合や消化のよさを重視する場合は、穀物の割合が少なめのものや、グレンフリーのオーガニックドッグフードを選ぶといいでしょう。

オーガニック認証や成分表をチェックしよう ペット専門ライターより

ペット専門エディター&ライター

オーガニック認証とは農薬・化学肥料を使用していないなど、各国の認証機関が定めた基準にしたがって作られたものに認められます。これにメーカー独自の基準で、肉の部位や生産地・生産者などが書かれることも。愛犬の食にこだわりたいのならオーガニック認証はもちろん、肉の部位や生産地なども確認しましょう。

ちなみに、日本ではドッグフードにオーガニックの認証制度は残念ながらありません。

オーガニックドッグフードおすすめ6選 ヤラー・ソルビダ・ナチュラルセレクトなど

ペット専門エディター&ライター

ヤラーやボッシュは、EUではオーソドックスのオーガニックフードメーカーです。ヤラー『ドッグディナービーフチャンク缶』はドライが苦手な子、好ききらいが多い子におすすめ。

エキスパートのおすすめ

YARRAH(ヤラー)『ドッグディナービーフチャンク缶』

イシイヤラードッグディナービーフチャンク缶400g イシイヤラードッグディナービーフチャンク缶400g
出典:Amazon この商品を見るview item

欧州3カ国でオーガニック認証されたフード

オランダのペットフードメーカーが発売している缶詰タイプの商品で、オランダ・フランス・ドイツ3カ国でオーガニック認証を受けています。

オーガニックのチキンとビーフがたっぷり入っており、じゅうぶんなタンパク質が摂れるでしょう。グレインフリーの商品なので、小麦や米などの穀物アレルギーの愛犬にもおすすめ。ゴロッとした肉は食べ応えがあり、運動量が多い愛犬の食事にもぴったりです。

ペット専門エディター&ライター

ボッシュ『ハイプレミアム アダルト チキン&キビ』は、ミネラルが豊富で必要な栄養をバランスよく取れます。

エキスパートのおすすめ

ボッシュ『ティアナールング ハイプレミアム アダルト チキン&キビ』

ボッシュアダルトチキン&キビ1歳以上通常活動レベルの成犬用総合栄養食全犬種用ハイプレミアムドッグフード3kg ボッシュアダルトチキン&キビ1歳以上通常活動レベルの成犬用総合栄養食全犬種用ハイプレミアムドッグフード3kg ボッシュアダルトチキン&キビ1歳以上通常活動レベルの成犬用総合栄養食全犬種用ハイプレミアムドッグフード3kg ボッシュアダルトチキン&キビ1歳以上通常活動レベルの成犬用総合栄養食全犬種用ハイプレミアムドッグフード3kg
出典:Amazon この商品を見るview item

新鮮なチキンを使った成犬用のドライフード

1歳以上の成犬用に設計された、総合栄養食のオーガニックドッグフードです。活動量の多い年齢に必要なビタミン、ミネラル、微量元素をバランスよく配合し、愛犬の健やかな成長をサポート。新鮮なチキン(25%以上)、グルテンを含んでいないキビ(17.5%)をベースにおいしさにもこだわっています。

ペット専門エディター&ライター

ソルビダ『グレインフリー ターキー』はアメリカ産。小麦や鶏肉にアレルゲンがある子も不安なく食べることができます。

エキスパートのおすすめ

ソルビダ『グレインフリー ターキー』

ソルビダグレインフリーターキー室内飼育全年齢対応900g ソルビダグレインフリーターキー室内飼育全年齢対応900g ソルビダグレインフリーターキー室内飼育全年齢対応900g ソルビダグレインフリーターキー室内飼育全年齢対応900g ソルビダグレインフリーターキー室内飼育全年齢対応900g ソルビダグレインフリーターキー室内飼育全年齢対応900g
出典:Amazon この商品を見るview item

チキン・穀物アレルギーの愛犬に

チキンがアレルゲンで食べられない犬のために、開発されたオーガニックドッグフード。アメリカのオーガニック基準(USDA)をクリアした、ターキーや野菜・フルーツをミックスしています。

また、グレインフリーのため、穀物を避けて選びたいときにもぴったり。室内で飼っている犬向けに設計されており、全年齢で利用可能です。

YARRAH(ヤラー)『オーガニックドッグフード小型犬用』

ヤラー(YARRAH)ヤラーオーガニックドッグフード小型犬専用2kg ヤラー(YARRAH)ヤラーオーガニックドッグフード小型犬専用2kg ヤラー(YARRAH)ヤラーオーガニックドッグフード小型犬専用2kg ヤラー(YARRAH)ヤラーオーガニックドッグフード小型犬専用2kg ヤラー(YARRAH)ヤラーオーガニックドッグフード小型犬専用2kg
出典:Amazon この商品を見るview item

グレインフリー&ビタミンAの含有量UP

オランダのSkal認証をクリアしているオーガニックドッグフード。小型犬用で8カ月から7歳までの成犬用です。

原料の96%がオーガニック認証を受けています。鶏肉やニシン、エンドウ豆、ひまわりの種皮などをバランスよくブレンドすることで栄養価を高めつつ、食欲をそそるようなおいしい味に仕上げに。また発育を促進し、皮膚を健康にたもつためのビタミンAも配合しています。

ナチュラルセレクト『アーガイルディッシュ エバーラスティング・シニア』

アーガイルディッシュエバーラスティング・シニア4kg アーガイルディッシュエバーラスティング・シニア4kg
出典:Amazon この商品を見るview item

シニア犬や肥満犬の総合栄養食として

オーストラリアのオーガニック認証をとっている商品です。有機ラム肉・牛肉・ひまわり種子をタンパク源として、バランスよく配合しているほか、関節・軟骨のサポートに配慮して、グルコサミンとコンドロイチンもプラスしています。

成犬用フードよりも、タンパク質や脂質を低めに設計しており、シニア犬やダイエットが必要な犬にぴったりの総合栄養食です。

原料も加工工場もオーガニック認定

世界規格のオーガニック認証であるIFOAMをはじめ、イタリア・ノルウェーでも認定されている、オーガニックドッグフードです。

さらにイタリアでは、原料に加えて自社工場もオーガニック食品加工工場として認定を受けています。成犬・シニア犬の総合栄養食として安心して与えられるフードです。

「オーガニックドッグフード」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
YARRAH(ヤラー)『ドッグディナービーフチャンク缶』
ボッシュ『ティアナールング ハイプレミアム アダルト チキン&キビ』
ソルビダ『グレインフリー ターキー』
YARRAH(ヤラー)『オーガニックドッグフード小型犬用』
ナチュラルセレクト『アーガイルディッシュ エバーラスティング・シニア』
SANYpet S.p.A. FORZA10『エブリデイ ビオ チキン』
商品名 YARRAH(ヤラー)『ドッグディナービーフチャンク缶』 ボッシュ『ティアナールング ハイプレミアム アダルト チキン&キビ』 ソルビダ『グレインフリー ターキー』 YARRAH(ヤラー)『オーガニックドッグフード小型犬用』 ナチュラルセレクト『アーガイルディッシュ エバーラスティング・シニア』 SANYpet S.p.A. FORZA10『エブリデイ ビオ チキン』
商品情報
特徴 欧州3カ国でオーガニック認証されたフード 新鮮なチキンを使った成犬用のドライフード チキン・穀物アレルギーの愛犬に グレインフリー&ビタミンAの含有量UP シニア犬や肥満犬の総合栄養食として 原料も加工工場もオーガニック認定
内容量 400g 1kg、3kg、15kg 900g、1.8kg、3.6kg、5.8kg 2kg 800g、2kg、4kg、8kg、12kg、16kg 1.5kg
原材料 鶏肉、牛肉、豚肉、小麦、ミネラル類、イラクサ、トマト、カラギーナン、ビタミン類(VA、VD3、VB1、VB2、VB12)など フレッシュチキン(25%)、キビ(17.5%)、大麦、コーン、鶏肉粉、米、加水分解タンパク質、ビートパルプ(糖分除去)、魚粉 オーガニックターキー生肉、乾燥ターキー、オーガニック乾燥豆類、オーガニックエンドウ豆粉、オーガニックタピオカ粉など 鶏肉、全粒オート麦、おトウモロコシ、全粒小麦、鶏脂、大豆外皮、ニシン、えんどう豆、乾燥豚レバー、ひまわりの種皮、ほか 有機動物性タンパク質(ラム肉、牛肉) 、有機全粒シリアル(玄米、オーツ麦、白たかきび、ミレット、大麦)など 有機鶏、有機そら豆、有機スイートコーン、有機小麦、有機鶏脂肪 有機海藻(アスコフィラム結節)、ミネラル類など
原産国 オランダ ドイツ アメリカ オランダ オーストラリア イタリア
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月17日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする オーガニックドッグフードの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのオーガニックドッグフードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:オーガニックドッグフードランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

グレインフリードッグフードをお探しの方はこちら

オーガニックドッグフードで愛犬の体調ケアをしよう

オーガニックドッグフードは、愛犬の体調を維持するために、役立つアイテムです。アメリカやヨーロッパなど、世界のあらゆる地域で、オーガニック認証を取得した、良質な商品が発売されています。

どれもこだわりを持って作られているため、人工添加物が少ないものや、穀物を使わないグレインフリーの商品も多いですが、気になる方は、事前に原材料をきっちりチェックしておきましょう。

また、含まれるタンパク質の割合や、適した年齢なども確認しながら、愛犬にぴったりのオーガニックドッグフードをみつけてください。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部