チャイルドシートおすすめ8選【公認チャイルドシート指導員厳選】選び方解説&ショップ限定2選も

チャイルドシートおすすめ8選【公認チャイルドシート指導員厳選】選び方解説&ショップ限定2選も
自動車生活ジャーナリスト
加藤 久美子

下関市出身 大学在学中に車に目覚め、大学時代は神奈川県内のトヨタディーラーで納車引き取りのアルバイトを経験。大学卒業後、日刊自動車新聞社に編集記者として入社。 1989年FIA 公認のクロスカントリーラリー「オーストラリアン・サファリ」に出場。 1995年会社を辞めてフリーランスの道へ。 1999-2000日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。 2000年に第一子出産後、妊婦のシートベルト着用を推進する会を立ち上げ、チャイルドシートと共に胎児と赤ちゃんの命を守る啓発活動を展開している。 月刊誌『MONOQLO』(晋遊舎)、All About、citrus、オートックワン、乗りものニュース、くるまのニュース、JAFMATEなどに自動車生活関連(運転マナー、車の税金、維持費、メンテナンス、カスタム、海外車事情など)の記事を年間300本以上寄稿している。 また、(一財)日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員としてチャイルドシートの正しい装着や子連れドライブの楽しみ方と危険回避に関する講演、啓発活動なども積極的に行っている。

生まれてすぐの赤ちゃんから6歳未満の子どもを車に乗せるとき、道路交通法により、チャイルドシートを取り付けて乗せることが義務づけられています。チャイルドシートは、使用する時期により、乳児専用タイプ、乳児・幼児兼用タイプ、学童用のジュニアシートなど、いくつかのタイプに分かれています。また、最近は取り付けがかんたんで確実なISOFIX(アイソフィックス)という固定方式が普及。この記事では、(一財)日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員である、加藤久美子さんにチャイルドシートの選び方のポイントとおすすめの製品8選を教えていただきました。またママ、パパへのアンケートをもとに人気のチャイルドシートやショップ限定商品もご紹介します。


ベビーシート・チャイルドシート・ジュニアシートの違いと兼用タイプ

チャイルドシートの赤ちゃんをのせる男性のイメージ写真
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

新生児はどんなチャイルドシートに乗せる? ベビーシートとチャイルドシートはなにが違う? 赤ちゃんのためにはじめて買う方にもわかりやすくご説明します。

乳児(~1歳ごろ)/ベビーシート

ベビーシート(乳児専用) ベビーシート・チャイルドシート兼用(乳児・幼児兼用) ベビーシート・チャイルドシート・ジュニアシート兼用(乳児・幼児・学童兼用)

幼児(1~4歳ごろ)/チャイルドシート

チャイルドシート・ジュニアシート兼用(幼児・学童兼用)

学童(4~10歳ごろ)/ジュニアシート

チャイルドシートの種類はこのようになっています。

チャイルドシートは使用する時期によって、大きく3種類に分けられます。子どもが小さいうちから順に、新生児から使える乳児用のベビーシート、幼児用のチャイルドシート、学童用のジュニアシートです。

ただし、これから赤ちゃんが生まれるママとパパはベビーシートを買えば間違いないかというと……、ちょっとお待ちください。

3種類のチャイルドシートすべてを順番に買っていくと二度も買い替える必要があります。そこで実際には、最初はベビーシートとチャイルドシートを兼用するタイプを買う人が多いのです。

販売されている商品も、使用期間が長い兼用タイプが多くなっています。

乳児専用と乳幼児兼用の違いは……?|公認チャイルドシート指導員が解説

自動車生活ジャーナリスト

新生児から使えるチャイルドシートは2種類

生まれてすぐから使えるチャイルドシートは乳児用のベビーシートは以下の2種類があります。
・乳児専用(体重2.5~13kgまで)タイプ
・乳幼児兼用(体重2.5~18kgまで)タイプ 

ベビーカーとドッキングして使ったり、ベビーキャリーとして使いたい場合は乳児専用を選びましょう。また、乳児専用はずっと後ろ向き、乳幼児兼用は10kgを超えたあたりから前向きにして使います。

日本のチャイルドシートは乳幼児兼用がほとんどで、乳児専用はブリタックスレーマーやマキシコシなど、欧州メーカー製のものが主流です。出産を終えたママが赤ちゃんと一緒に自宅に帰るときから乳児用チャイルドシートは必要になるので、出産予定日1カ月くらい前から用意しておくと安心です。

このなかから、新生児から使える乳児専用タイプ(ベビーシート)、乳児・幼児兼用タイプ(または乳幼児兼用タイプ/ベビーシート・チャイルドシート兼用)、乳児・幼児・学童兼用タイプ(ベビーシート・チャイルドシート・ジュニアシート兼用)のポイントをみていきましょう。

新生児から使える、乳児専用タイプ(ベビーシート)

首のすわっていない乳児を寝かせるタイプで、体重13kgくらい(1歳半ごろ)まで使えます。ハンドルがついているので、ベビーキャリーとして、またベビーカーとドッキングして使えるなど、マルチで使えるものが主流です。

生まれたばかりの赤ちゃんの小さな体にもフィットする大きさで安心感があるともいわれます。

赤ちゃんの成長とともに、あっという間に使えなくなってしまうのは大きなデメリットですが、下の子も続けて授かる場合には、専用タイプのほうが結果的には安く済みますね。

乳児・幼児兼用タイプ(ベビーシート・チャイルドシート兼用)

リーマン『レスティロ2』

新生児~体重18kg(4歳ごろ)まで使える乳児・幼児兼用タイプ

>> Amazonで詳細を見る

新生児から体重18kgくらい(4歳ごろ)まで使えるタイプ。最初は後ろ向きに取り付け、体重10kgくらいから前向きに取り付けなおします。

専用タイプより重く、高価になりがちですが、買い替えが一度で済むのは大きなメリットです。市販されている赤ちゃん向けのチャイルドシートの多くは兼用タイプで、もっとも人気といっていいでしょう。

乳児・幼児・学童兼用タイプ(ベビーシート・チャイルドシート・ジュニアシート兼用)

GRACO (グレコ)『マイルストーン』

新生児~体重36kg(11歳ごろ)まで使える乳児・幼児・学童兼用タイプ

>> Amazonで詳細を見る

新生児から学童期の体重36kgくらい(10~12歳ごろ)まで1台で済んでしまうタイプ。超ロングユースタイプなどの呼称でも販売されています。乳児・幼児兼用タイプと同じように、10kgを超えたら後ろ向きから前向きに取り付けなおします。

買い替え不要なのは、とくにひとりっ子の場合には大きなメリットですが、まだそれほど普及しておらず、選べる商品が少ないのが実態です。

公認チャイルドシート指導員・加藤さんに聞いた! 選び方のポイント

チャイルドシートを選ぶときにおさえておくべきポイントを、公認チャイルドシート指導員・加藤久美子さんに聞いてみました。

(1)子どもの体重や身長

チャイルドシートは子どもの体重や身長に合わせて、正しく選ばなければなりません。新生児期から使うなら、乳児専用ベビーシートか、新生児から使える乳幼児兼用タイプを選びます。

乳児専用ベビーシートは、体重13kgを超えたら(1歳半ごろ~2歳ごろ)、幼児用のチャイルドシートに切り替える必要があります。商品の使用期間(適応体重や身長)を確認して、子どもの成長に合ったものを使用しましょう。

自動車生活ジャーナリスト

チャイルドシートは子どもの体重と身長を目安に選ぶ

チャイルドシートには乳児用・幼児用・学童用の3タイプがありますが、これらは月齢や年齢ではなく、子どもの「体重」と「身長」を目安に選びます。

赤ちゃんや子どもの体に合ったチャイルドシートを選ぶことが安全上とても重要なので、体重や身長を測ってから選ぶようにしましょう。はっきりわからないときには、ベビー用品店等で試しに座らせてみることをおすすめします。

乳児用が体重2.5~13kg、幼児用が体重10~18kg、学童用が18~36kgを目安に選びます。

(2)安全基準をチェック

チャイルドシートは「ECE R44/04」という安全基準に適合しているものを選びます。インターネットで販売されていた「未承認チャイルドシート」には、事故の衝撃を吸収できない危険なものがあると、国土交通省の検証によりわかっています。

国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構では、市販のチャイルドシートの前面衝突試験と使用性評価試験を行ない、その結果を安全性能の評価として「チャイルドシートアセスメント」を公表しています。チャイルドシート選びの参考にしてください。

自動車生活ジャーナリスト

安全基準に適合していない製品は使用しないで

現在、日本国内で流通しているチャイルドシートはすべて「ECE R44/04」という安全基準に適合しています。しかし、通販のみで流通している製品のなかには「ECE R44/04」の基準を満たさないものもあります。

このようなチャイルドシートは安全性に不安があり、取り付けができないものもあるので、購入しないように気を付けてください。

(3)固定方法|シートベルト固定か、ISOFIX固定か

車への取り付け方法は2種類あります。シートベルト固定とISOFIX固定です。ISOFIXは「アイソフィックス」と読み、ISO-FIXと表示されることもあります。

ISOFIX固定は取り付けカンタン

自動車生活ジャーナリスト

チャイルドシートを車に取り付ける方法は、車のシートベルトを使うもの(ベルト固定式)と、ISOFIXの2種類があります。

取り付けがかんたんで確実なのはISOFIXです。最近は値段もリーズナブルなISOFIXが増えており、また選択肢も豊富になってきました。取り付けがかんたんで安全性が高いという点ではISOFIXがおすすめです。

ISOFIXの場合、車にISOFIXの金具がついていることが必須条件となります。2012年以降に発売された車には必ずついていますが、2009年ごろから国産車のほとんどでISOFIX金具が標準装備されています。自分の車にISOFIXがついているかどうかは、車の取扱説明書で確認できます。わからない場合は、自動車メーカーのお客様相談室に聞けば教えてくれます。

ISOFIX固定は、チャイルドシートと車の固定金具を連結し固定する方法です。誰でもかんたんに確実に取り付けができる方法のため、車から別の車へ付け替えることが多い人にとってはとても便利です。


取り付けがかんたんでしっかりと車に固定できるのが、ISOFIX(アイソフィックス)対応チャイルドシート。公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに教えていただいた、選び方とおすすめのISOFIX対応チャイルドシートをご紹介します。

シートベルト固定は選択肢が多い

シートベルト固定式はISOFIX以前からある固定方法です。取り付け方が比較的複雑で、取り付け方の間違いも多いので、きちんと取扱説明書を確認しましょう。ISOFIX取付金具の装備がない車種なら、シートベルト固定のチャイルドシートを選びます。

(4)イス型かベッド型か

乳児用ベビーシート、乳幼児兼用チャイルドシートでは、乳児期にベッド型として使うタイプ、イス型として使うタイプがあります。それぞれにメリット・デメリットがあるので確認しておきましょう。

Aprica(アップリカ) 『ディアターン プラス ISOFIX』

新生児期は平らなベッド型、首すわりから1歳前後くらいまでは後向きのイス型で、それ以降は前向きのイス型として使用できます。写真は、平らなベッド型として使うときのイメージです。

>> Amazonで詳細を見る
自動車生活ジャーナリスト

ベッド型とイス型の特徴を知って選びましょう

乳児用として使えるチャイルドシートには赤ちゃんを寝かせたような形のベッド型、通常のイス型(シート型)の2種類があります。

ベッド型は車を止めておむつ替えなどの赤ちゃんのお世話をする際に便利です。ただし横向きのベッド型の場合は、車のなかでチャイルドシートがかなり場所をとってしまうので気をつけましょう。

イス型の乳児用シートはベッド型ほど場所をとらないので軽自動車やコンパクトカーでも使いやすいでしょう。ミニバンやワゴン車に装着したい場合は多少大きくてもおそらく問題ないと思います。

チャイルドシートをどれにするか選ぶ際には、製品の横幅や奥行きを調べておくことが大切です。

(5)シートのタイプ|回転するかしないか

乗せ降ろしをするときにシートを回転できるタイプと回転できず固定されたままのタイプがあります。それぞれの特徴を確認してみましょう。

回転式は乗せ降ろしがラクチン

ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン『Child Guard(チャイルドガード)1.0 』

シートを360度回転できる機能があり、赤ちゃんの乗せ降ろしがラク。さらにこの製品は低重心設計で、シート座面が低くとても乗せ降ろししやすい工夫がされています。

>> Amazonで詳細を見る

回転式はチャイルドシートをママやパパのほうに回転でき、向かい合った状態で乗せ降ろしができるのでとてもラクです。バックルや肩ベルトも正面に見えるので留めやすいのも特徴。

デメリットとしては、本体の重量が比較的重く(10kg以上の機種が多い)、サイズも大きめ。軽自動車やコンパクトカーに取り付けると、車内の空間が狭くなる可能性があります。

固定式は軽くてコンパクト

固定式は機能がシンプルなので、本体の作りはコンパクトで軽いのが特徴。比較的軽いので、カーシェアなどでチャイルドシートを付け替える機会がある場合は重宝するでしょう。

デメリットとしては、回転式と違い、赤ちゃんを横抱っこしながら向きが固定されたシートに乗せなければならないので、大人にとってやや無理な姿勢での乗せ降ろしになり、手間もかかります。

(6)「車種別適合」を調べる

自動車生活ジャーナリスト

チャイルドシートが自分の車に正しく装着可能か確認

チャイルドシートは車のシートに載せて、車のシートベルトやISOFIXなどの金具を使ってチャイルドシートを固定します。そのため、チャイルドシートを選ぶ際にまず、そのチャイルドシートが自分の車に正しく装着できるか?(車種別適合といいます)を調べる必要があります。

ベビー用品店やカー用品店のチャイルドシート売り場にも車種別適合表は置いてありますが、各チャイルドシートメーカーの公式サイトで調べるのが確実です。

その際、チャイルドシートを装着する車の車名、メーカー名、製造された年式等が必要となります。車検証に記載されている型式番号がわかればベストです。

(7)衝撃吸収性や通気性

チャイルドシートは万が一の衝突時に衝撃を吸収して子どもの体を守るものです。衝撃を吸収する構造や使用するクッション材などをチェックしましょう。

また、赤ちゃんは大人よりもずっと汗っかきなので、通気性も大事なチェック項目です。通気性が高いシート素材を使っていたり、シート自体に通気孔があって、熱がこもらないような工夫がされている商品もあります。

(8)価格

シートが回転しないタイプは比較的リーズナブルで1万円前後から購入できるものもあります。それに対して回転式は価格が高めです。

先輩ママ・パパはどうやって選んだの?【アンケート結果より】

チャイルドシートに座る子どもの写真
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

すでにチャイルドシートを使用しているパパやママは、なにを重視してその商品を選んだのかが気になりますね。

チャイルドシートを買ったことのある先輩ママ・パパに、なにを重視して選んだかを聞いてみました。

【質問】チャイルドシートの購入に際して重視したことをすべて選んでください(複数回答)

※回答数:341名(40代までで、子どもがいて、自動車を所有している男女502名のうち、チャイルドシートを購入して使用したと回答した人)

安全基準クリア:47.2%
価格:44.9%
設置のかんたんさ:39.9%
長期間の使用可:28.2%
固定式:15.2%
回転式:14.1%
ISOFIX対応:6.2%
その他:0.6%

安全基準をクリアしていることや、価格に次いで、設置のかんたんさが上位に上がっています。また、長期間使用できることを重視したという意見も目立ちました。

公認チャイルドシート指導員おすすめのチャイルドシート8選

ここからは、チャイルドシートのエキスパート・加藤久美子さんのおすすめ8選をご紹介します。加藤さんがすべて触って確認した製品からの選りすぐりです。どうぞ参考にしてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

マキシコシ『ぺブル プラス』

出典:Amazon

取付方法 シートベルト固定/ISOFIX固定(別売りの専用ベース使用)
使用できる期間 新生児~15カ月ごろ(身長45~75cm)まで
本体の重さ 4.55kg
種類 ベビーシート
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

ベビーカー、ベビーキャリアとしても使える

チャイルドシート最先端、ヨーロッパ最新の安全基準「i-Size(R129)」に適合した乳児専用のベビーシートです。ベビーカーと合体して使えたり、車で眠ってしまった赤ちゃんを起こさずにそのまま運べたりするベビーキャリーとしても使えます。

カラーやデザインのバリエーションが多数あるので、車の内装色に合わせたり、ママやパパの好きなデザインで選べたりする楽しさもあります。ISOFIXとベルト固定いずれの方法でも固定が可能です。

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン『タカタ04 ビーンズ』

出典:Amazon

取付方法 シートベルト固定
使用できる期間 新生児~4歳ごろ(体重18kg)まで
本体の重さ 4.3kg
種類 ベビーシート・チャイルドシート兼用
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

Amazon限定の超ロング&ベストセラーモデル

新生児から体重18kg(4歳前後)くらいまで使えるタカタブランドの乳幼児兼用チャイルドシートです。軽くて小ぶりなサイズなので、持ち運びもラクで扱いやすさも抜群です。軽自動車やコンパクトカーなど小さめの車に向いています。

ただし、サイズが小さい分、体重18kgまで使うのは少し厳しいかもしれません。お子様の体のサイズとの適合をチェックしながら使いましょう。

カバーは取り外しやすく、洗濯して取り付けるときもかんたんです。ベルト固定なので確実な装着には少々コツが必要ですが、この商品には取り付けがしやすいロックオフデバイスが装備されています。

※各社通販サイトの 2019年11月19日時点 での税込価格

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ブリタックス・レーマー『ベビーセーフ アイサイズ』

出典:Amazon

取付方法 シートベルト固定/ISOFIX固定(別売りの専用ベース使用)
使用できる期間 新生児~15カ月ごろ(体重13kg/身長40~83cm)まで
本体の重さ 4.8kg
種類 ベビーシート
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

自動車メーカー純正のチャイルドシートにも採用

マキシコシ同様、欧州最新安全基準「i-Size(R129)」に適合したベビーシートです。こちらもベビーキャリー、ベビーカー、室内では床に置いてロッキングチェアとしても使えます。

メルセデス・ベンツを始め、世界の多くの自動車メーカーが純正オプションのチャイルドシートに採用する、安全性の高い信頼できるシートです。

生まれてすぐから体重13kgくらい、身長83cmくらいまでがこれ1台でカバーできます。ISOFIXとベルト固定いずれの方法でも固定可能です。

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Aprica(アップリカ)『ディアターン プラス』

出典:Amazon

取付方法 シートベルト固定
使用できる期間 新生児~4歳ごろ(体重2.5~18kg)まで
本体の重さ 13.8kg
種類 ベビーシート・チャイルドシート兼用
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

体重9kgまではほぼ完全に平らなベッド型で使える

乳幼児兼用のベッド型チャイルドシートといえばアップリカがおなじみ。こちらのディアターンはシートベルト固定で新生児~体重9kgまでは赤ちゃんをベッドに寝かせて使うことが可能です。

首がすわったらイス型(シート型)でも使用できるので、赤ちゃんの好みに応じてシートの形状を選ぶとよいでしょう。

なお、ベッド型として使う際には横向きとなるため、結構なスペースをとります。チャイルドシートを2台装着する必要がある場合はミニバンや後部座席が広いセダンなどで使うことをおすすめします。

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

カーメイト『エールベベ クルットNT2 プレミアム』

出典:Amazon

取付方法 シートベルト固定
使用できる期間 新生児~4歳ごろ(体重2.5~18kg)まで
本体の重さ 14kg(日よけを除く)
種類 ベビーシート・チャイルドシート兼用
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

ママ評価の高い回転式チャイルドシート

ベルト固定の乳幼児兼用シートです。一般的にはコツと力が必要なベルト固定シートですが、こちらの製品はママ一人でもラクに確実に取り付けられる機構となっています。

『クルット』の商品名の通り、片手でラクに360度ターンが可能。赤ちゃんの足元までを覆う大型のサンシェードやシートカバーの脱着がかんたんで、洗濯機で丸洗いできることも高く評価されています。

※各社通販サイトの 2019年12月4日時点 での税込価格

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GRACO(グレコ)『マイルストーン アルミニウムGR』

出典:Amazon

取付方法 シートベルト固定
使用できる期間 新生児~11歳ごろ(体重2.5~36kg)まで
本体の重さ 8.3kg(カップホルダー除く)
種類 ベビーシート・チャイルドシート・ジュニアシート兼用
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

新生児から11、12歳まで超ロングユースが可能

生まれてすぐから、身長150cmごろまでこれ1台で使える超ロングユースのチャイルドシートです。

新生児~2歳ごろ(体重13kg)までは後ろ向き乳児用シートとして、2~4歳(体重18kg)までは前向き幼児用として、その後も頭や肩周りをしっかりガードするフルバケットタイプのジュニアシートとして11、12歳(体重36kg)まで使えます。

通常、ロングユースシートの場合、幼児・学童兼用タイプが多いのですが、こちらは新生児から使えるのがポイント。ヘッドレストと肩ベルトが同時に動いて10段階に高さを調整できるのも◎。

さらに、ジュニアシートモードでも座面だけのブースターシートではなく、背もたれつきで使えるところが素晴らしい。アメリカのメーカーらしく、カップホルダーがついているのも人気です。

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GRACO(グレコ)『ジュニアプラスDX グレコ×ハローキティ限定モデル』

出典:Amazon

取付方法 シートベルト固定
使用できる期間 3~11歳ごろ(体重15~36kg)まで
本体の重さ 3.8kg
種類 チャイルドシート・ジュニアシート兼用(※体重15kg~)
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

3歳から11歳ごろまで使えるジュニアシート

人気のキティちゃん柄のジュニアシートです。シートベルトを使って固定するタイプで、シートベルトが子どもの体を固定するハーネスの役割も兼ねています。

ジュニアシートは座面だけでも使えますが、頭や肩回りをしっかりガードするフルバケットタイプで使うのがおすすめ。とくに、体幹がまだしっかりしていない3~4歳の子どもが使う場合は座面のみではなく、背もたれつきで使いましょう。

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

カーメイト『エールベベ サラット3ステップ クワトロST』

出典:Amazon

取付方法 シートベルト固定
使用できる期間 1~11歳ごろ(体重9~36kg)まで
本体の重さ 5.1kg
種類 チャイルドシート・ジュニアシート兼用
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

1歳から11歳まで使え、汗っかきのお子様に最適

幼児・学童兼用のロングユースシートです。軽量化と通気性を強化したモデルで、約5kgと軽いので複数の車に付け替えて使う場合も扱いやすさが◎。

また、子どもの体を固定するための装備はハーネス(ベルト)ではなく、インパクトシールドと呼ばれる大きなクッションで固定するため、締め付けが嫌いなお子様にも安心。シールドを抱き枕のようにして眠ることもできます。

3年間のロング保証がついており、保証期間で事故に遭った場合、見た目の損傷などがない場合でもチャイルドシート本体を無償交換してくれます。

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

使用時にマストで気をつけることは……|公認チャイルドシート指導員のアドバイス

車への装着も正しく、しっかり!

自動車生活ジャーナリスト

車と子どもの体に合った製品を選び、正しく使って

チャイルドシートは車に適合していること、子どもの体に合ったものを選びます。そして体重10kgまではエアバッグが作動しない席で後ろ向きに使うことがマストです。

また、せっかく安全性の高いチャイルドシートを買ってしっかりと車に装着できていても、赤ちゃんの体を固定するハーネスがユルユルだと万が一の衝突の際、赤ちゃんの体がハーネスから抜け出して車外に飛んでいってしまう危険性もあります。ハーネスは指2本入る程度で締めましょう。

チャイルドシートの人気メーカー・ブランドTOP9【アンケート回答より】

赤ちゃんのイメージ写真
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

ママやパパたちから信頼されているチャイルドシートのメーカー・ブランドはどこ?

加藤久美子さんおすすめのチャイルドシート8選をご紹介しました。

ここで、先輩ママ・パパのアンケートから、人気のあったメーカー・ブランドを紹介します。それぞれのチャイルドシートの特徴を合わせてご紹介するので、参考にしてみてください。

コンビ

国内のベビー用品メーカーのコンビは、チャイルドシートやベビーカー、抱っこひもなどのお出かけグッズから、哺乳瓶やベビー食器など育児に欠かせないグッズまで、幅広く取り扱っています。チャイルドシートにも超・衝撃吸収素材「エッグショック」を搭載して赤ちゃんの安全をサポート。通気性や遮音・遮光など快適性の機能も充実しています。

アップリカ

チャイルドシートやベビーカー、抱っこひも、ハイローベッド&チェアなどの豊富なラインナップをそろえる日本のベビーグッズメーカー。新生児から使えるチャイルドシートは、平らなベッドのようになる「ベッド型」、自然な姿勢の「イス型」、キャリーとしても使える「トラベルシステム」があります。

ピジョン

ピジョンも国内のベビーグッズメーカー。哺乳瓶や授乳グッズ、おふろやおむつ関連グッズなど、赤ちゃんに必要なグッズをトータルで展開するメーカーです。チャイルドシートの商品数は多くありませんが、新生児から4歳ごろまでのタイプ、新生児から7歳ごろまでのロングユースタイプを販売しています。

エールべべ(カーメイト)

カー用品の企画・開発・製造を行なうカーメイトのチャイルドシートブランドが「エールべべ」。新生児から使えるタイプ、1歳からのチャイルド&ジュニアシート、3歳からのジュニアシートを展開しています。新生児から使えるタイプ「クルット」シリーズは文字通り、クルッと回る回転式です。

リーマン

リーマンは日本のチャイルドシートメーカーで、シンプルな機能が特徴。新生児から使えるタイプを多数展開していますが、どれも軽量コンパクトです。また、ほとんどの車種に取り付けられるユニバーサルタイプで、車の買い替えや乗せ替えなどで車種が変わっても、そのまま取り付けることができます。

グレコ

アメリカの育児グッズメーカーで、世界80カ国以上で販売されています。そのスケールを生かした「高品質なのにリーズナブルな価格」でコスパがよく、人気があります。新生児から使えるチャイルドシートは、4歳ごろまでのものと11歳ごろまでのものの2つを販売。ジュニアシートはポップなデザインのもの、人気キャラクターとコラボしたものなど種類が豊富です。

カトージ

ベビーベッドやバウンサー、チャイルドシート、ベビーカーなどのオリジナル商品を展開しつつ、輸入の海外ブランドベビーグッズも展開しています。安全・安心な商品を前提として、トレンドや個性を取り入れたデザインが特徴です。チャイルドシートのブランドは「Joie」「nuna」「Peg-Perego」を取り扱います。

日本育児

チャイルドシートやベビーカーといったお出かけグッズ以外に、ベビーゲートやチェア・テーブル、おもちゃなどさまざまなベビーグッズを扱うメーカーです。チャイルドシートでは安全性はもちろんのこと、赤ちゃんの快適さとママ・パパの使いやすさにもこだわっています。

タカタ(ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン)

シートベルトなど、車の安全装置をつくる専門の老舗ブランドであるタカタ。チャイルドシートも子どもの命を守る「安全装置」という視点でつくられています。取り付け方が複雑なシートベルト固定タイプでも、こまかく安全・確実な取り付けができるようサポートする機能が充実しています。

このチャイルドシートもチェック! 10商品をピックアップ

ここでは先輩ママ・パパへの「チャイルドシートの人気のブランド」アンケート回答をもとに、さまざまな種類のベビーカーを10点紹介します。

コンビ『ホワイトレーベル クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック JJ-600』

出典:Amazon

取付方法 ISOFIX固定
使用できる期間 新生児~4歳ごろ(体重18kg)まで
本体の重さ 12.8kg
種類 ベビーシート・チャイルドシート兼用

車のなかでもベッドのような快適な空間

超・衝撃吸収素材「エッグショック」で赤ちゃんを振動や衝撃から守り、1秒で汗を吸い取る吸水性抜群の「1秒タオル」を使ったシーツと頭部クッションを採用。シートはもしものときの衝撃を背中で受けられる角度を保ちつつ、赤ちゃんの快適性にも配慮した、可能な限りシートを寝かせた形状です(後ろ向き使用時)。

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

アップリカ『クルリラ プラス』

出典:Amazon

取付方法 ISOFIX固定
使用できる期間 新生児~4歳ごろ(体重18kg/身長40~100cm)まで
本体の重さ 14.8kg(ほろを除く)
種類 ベビーシート・チャイルドシート兼用

乳児期からイス型で使えるチャイルドシート

ISOFIX取付タイプの回転式イス型チャイルドシート。肉厚のクッション、体圧分散機能と通気性に優れたシートを採用して、赤ちゃんをしっかり快適に守る作りになっています。アップリカのチャイルドシートは乳児期はベッド型のものが主流ですが、これは「イス型」です。

※各社通販サイトの 2019年12月4日時点 での税込価格

アップリカ『フラディア グロウ ISOFIX』

出典:Amazon

取付方法 ISOFIX固定
使用できる期間 新生児~4歳ごろ(体重18kg、身長の目安50~100cm)まで
本体の重さ 14.7kg(フレックスシェードを除く)
種類 ベビーシート・チャイルドシート兼用

360度回転式&フルリクライニング

フルリクライニングの平らなベッド状にして寝かせられるベッド型シート。首すわりごろから1歳半ごろは後ろ向きに、1歳半ごろから4歳ごろまでは前向きにシートを変化させ、成長に合わせた姿勢をサポートできます。

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン『takata04-ifix(タカタ04 アイフィックス)』

出典:Amazon

取付方法 ISOFIX固定
使用できる期間 新生児~4歳ごろ(体重18kg、身長の目安100cm)まで
本体の重さ 11.2kg
種類 ベビーシート・チャイルドシート兼用

側面衝突から守る安全機能を搭載

ISOFIXのベースと本体がセパレートになっています。そのため、ベースから本体だけを取り外してほかの車に付け替えたり持ち運んだりするのがラクです。本体の両サイドには特殊な衝撃吸収材が埋め込まれていて、側面衝突からしっかり守れます。また、シートは頭からおしりまで負担の少ない姿勢をキープする立体構造。首すわり前の赤ちゃんも安心です。

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

カーメイト『エールべべ クルット4s プレミアム』

出典:Amazon

取付方法 シートベルト固定
使用できる期間 新生児~4歳ごろ(体重18kg/身長100cm)まで
本体の重さ 15.1kg(日よけを除く)
種類 ベビーシート・チャイルドシート兼用

静かにスムーズに360度回転

赤ちゃんの乗せ降ろしが非常にラクな回転式。この機種は片手でノブを回せば、シートが静かにスムーズに回転します。寝ている赤ちゃんを起こさずにすみます。取り付けがラクにしっかりできるよう、独自の「パワーアシストシステム」を搭載。シートベルトを通して正面のパワーアシストボタンを押すだけで、力の弱い人でもガッチリ取り付けられるので安心です。

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

リーマン『レスティロ2』

出典:Amazon

取付方法 3点式シートベルトによる固定
使用できる期間 新生児~4歳頃(体重18kgまで)
本体の重さ 7.1kg
種類 ベビーシート・チャイルドシート兼用

赤ちゃんに上質なくつろぎ空間を……安心の純日本製

やさしい抱っこを再現した「クリームインナーパッド」や、新生児のくつろぎ姿勢に配慮した「モアフラット&ネックサポート構造」などが、赤ちゃんの上質なくつろぎ空間をつくります。

赤ちゃんを乗せたり降ろしたりするときに、シートベルトが邪魔になることがありますが、シートベルトを引っ掛けられる構造になっていてラクです。

部品の調達から日本で行ない、日本で縫製・組立を行なっている純日本製です。

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

GRACO(グレコ)『G-FLOW(ジーフロウ)』

出典:Amazon

取付方法 シートベルト固定
使用できる期間 新生児~4歳ごろ(体重2.5~18kg)まで
本体の重さ 5.8kg
種類 ベビーシート・チャイルドシート兼用

軽量&コンパクト&低価格

回転型に比べて軽量でコンパクトなサイズなので、軽自動車やコンパクトカーにも取り付けやすい仕様です。やわらかな素材のヘッドパッドと厚みがあるのにふわっとした感触のパッドが赤ちゃんの体にフィット。シートカバーは取り外して手洗いできるので、いつも清潔に使うことができます。

※各社通販サイトの 2019年12月4日時点 での税込価格

日本育児『バンビーノ』

出典:Amazon

取付方法 シートベルト固定
使用できる期間 新生児~4歳ごろ(体重18kg)まで
本体の重さ 約6.2kg
種類 ベビーシート・チャイルドシート兼用

コスパのよいチャイルドシート

安全性はもちろんのこと、使い勝手や快適さ、お手ごろ価格にもこだわったコスパのよいチャイルドシート。肩ベルトは滑り止めつきでズレ落ちにくく、インナーパッドは片面3Dメッシュのリバーシブルで暑い日も涼しい日も快適です。

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

ピジョン『コキーユ』

出典:Amazon

取付方法 シートベルト固定
使用できる期間 新生児~7歳ごろ(体重25kg)まで
本体の重さ 6.7kg
種類 ベビーシート・チャイルドシート・ジュニアシート兼用(※体重25kgまで)

生まれてから7歳ごろまで、長く使える

新生児から7歳ごろまで使えるロングユースタイプ。赤ちゃんの頭を守るヘッド部分は4層構造。「サイドインパクトガード」で横からの衝撃も対応してます。シートは丸洗いできるので、衛生的です。

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

ショップ限定・オリジナルのチャイルドシートを2つ紹介

チャイルドシートのなかには、特定のショップでの限定販売商品や、オリジナル商品もあります。チャイルドシートをいろいろ比べて選びたい人のために、ショップ限定・オリジナルのチャイルドシートを2製品紹介します。

コンビ『ウィゴーロング Simplight(シンプライト)』

出典:楽天市場

取付方法 シートベルト固定
使用できる期間 新生児~7歳ごろ(体重25kg以下)
本体の重さ 5.6kg
種類 ベビーシート・チャイルドシート・ジュニアシート兼用

トイザらス・ベビーザらス限定!

コンビから発売されている新生児から7歳まで使えるロングユースモデル「ウィゴーロング」シリーズのトイザらス・ベビーザらス限定モデルです。

シートには洗えるメッシュ素材を採用、下部にオリジナルの星の刺繍が入っていてデザインのアクセントになっています。

長く使える限定商品のチャイルドシートを探している人にもぴったりです。

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

西松屋 SmartAngel『ターン・レジェFIX-ST』

出典:楽天市場

取付方法 3点シートベルト固定/ISOFIX固定
使用できる期間 新生児~4歳ごろ(2.5kg~18kgまで)
本体の重さ 9.9kg
種類 ベビーシート・チャイルドシート兼用

360°回転式でISOFIXとシートベルト両対応

西松屋オリジナルの育児グッズブランド「SmartAngel」から発売されているチャイルドシートです。

シートベルトのほかISOFIX固定にも対応しているので、幅広い車種にかんたんに取り付けられるのが特徴。新生児など後ろ向きでも乗せやすい360°回転式など、使いやすい機能が豊富に搭載されていながら、手にしやすい価格も魅力になっています。

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

「チャイルドシート」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
マキシコシ『ぺブル プラス』
ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン『タカタ04 ビーンズ』
ブリタックス・レーマー『ベビーセーフ アイサイズ』
Aprica(アップリカ)『ディアターン プラス』
カーメイト『エールベベ クルットNT2 プレミアム』
GRACO(グレコ)『マイルストーン アルミニウムGR』
GRACO(グレコ)『ジュニアプラスDX グレコ×ハローキティ限定モデル』
カーメイト『エールベベ サラット3ステップ クワトロST』
コンビ『ホワイトレーベル クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック JJ-600』
アップリカ『クルリラ プラス』
アップリカ『フラディア グロウ ISOFIX』
ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン『takata04-ifix(タカタ04 アイフィックス)』
カーメイト『エールべべ クルット4s プレミアム』
リーマン『レスティロ2』
GRACO(グレコ)『G-FLOW(ジーフロウ)』
日本育児『バンビーノ』
ピジョン『コキーユ』
コンビ『ウィゴーロング Simplight(シンプライト)』
西松屋 SmartAngel『ターン・レジェFIX-ST』
商品 マキシコシ『ぺブル プラス』 ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン『タカタ04 ビーンズ』 ブリタックス・レーマー『ベビーセーフ アイサイズ』 Aprica(アップリカ)『ディアターン プラス』 カーメイト『エールベベ クルットNT2 プレミアム』 GRACO(グレコ)『マイルストーン アルミニウムGR』 GRACO(グレコ)『ジュニアプラスDX グレコ×ハローキティ限定モデル』 カーメイト『エールベベ サラット3ステップ クワトロST』 コンビ『ホワイトレーベル クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック JJ-600』 アップリカ『クルリラ プラス』 アップリカ『フラディア グロウ ISOFIX』 ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン『takata04-ifix(タカタ04 アイフィックス)』 カーメイト『エールべべ クルット4s プレミアム』 リーマン『レスティロ2』 GRACO(グレコ)『G-FLOW(ジーフロウ)』 日本育児『バンビーノ』 ピジョン『コキーユ』 コンビ『ウィゴーロング Simplight(シンプライト)』 西松屋 SmartAngel『ターン・レジェFIX-ST』
特徴 ベビーカー、ベビーキャリアとしても使える Amazon限定の超ロング&ベストセラーモデル 自動車メーカー純正のチャイルドシートにも採用 体重9kgまではほぼ完全に平らなベッド型で使える ママ評価の高い回転式チャイルドシート 新生児から11、12歳まで超ロングユースが可能 3歳から11歳ごろまで使えるジュニアシート 1歳から11歳まで使え、汗っかきのお子様に最適 車のなかでもベッドのような快適な空間 乳児期からイス型で使えるチャイルドシート 360度回転式&フルリクライニング 側面衝突から守る安全機能を搭載 静かにスムーズに360度回転 赤ちゃんに上質なくつろぎ空間を……安心の純日本製 軽量&コンパクト&低価格 コスパのよいチャイルドシート 生まれてから7歳ごろまで、長く使える トイザらス・ベビーザらス限定! 360°回転式でISOFIXとシートベルト両対応
価格 Amazon : ¥38,500
楽天市場 : ¥ 38,500
※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 11,000
※各社通販サイトの 2019年11月19日時点 での税込価格
Amazon : ¥39,600
楽天市場 : ¥ 39,600
Yahoo!ショッピング : ¥ 39,600
※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 30,250
楽天市場 : ¥ 30,250
PayPayモール : ¥ 30,250
※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 30,251
楽天市場 : ¥ 30,250
Yahoo!ショッピング : ¥ 30,250
※各社通販サイトの 2019年12月4日時点 での税込価格
Amazon : ¥23,100
※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥10,165
楽天市場 : ¥ 10,165
Yahoo!ショッピング : ¥ 10,165
※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥15,226
楽天市場 : ¥ 13,037
Yahoo!ショッピング : ¥ 13,200
※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥49,800
楽天市場 : ¥ 44,999
Yahoo!ショッピング : ¥ 44,999
※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥61,599
楽天市場 : ¥ 61,600
Yahoo!ショッピング : ¥ 87,055
※各社通販サイトの 2019年12月4日時点 での税込価格
Amazon : ¥70,399
楽天市場 : ¥ 70,400
Yahoo!ショッピング : ¥ 70,400
※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥42,422
楽天市場 : ¥ 43,780
Yahoo!ショッピング : ¥ 43,780
※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥63,800
楽天市場 : ¥ 60,499
Yahoo!ショッピング : ¥ 60,499
※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥33,131
楽天市場 : ¥ 35,200
Yahoo!ショッピング : ¥ 35,200
※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 13,037
楽天市場 : ¥ 9,880
Yahoo!ショッピング : ¥ 13,037
※各社通販サイトの 2019年12月4日時点 での税込価格
Amazon : ¥12,800
楽天市場 : ¥ 13,037
Yahoo!ショッピング : ¥ 16,280
※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥21,376
楽天市場 : ¥ 21,780
※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 21,999
Yahoo!ショッピング : ¥ 21,999
※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 22,798
Yahoo!ショッピング : ¥ 22,798
※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格
取付方法 シートベルト固定/ISOFIX固定(別売りの専用ベース使用) シートベルト固定 シートベルト固定/ISOFIX固定(別売りの専用ベース使用) シートベルト固定 シートベルト固定 シートベルト固定 シートベルト固定 シートベルト固定 ISOFIX固定 ISOFIX固定 ISOFIX固定 ISOFIX固定 シートベルト固定 3点式シートベルトによる固定 シートベルト固定 シートベルト固定 シートベルト固定 シートベルト固定 3点シートベルト固定/ISOFIX固定
使用できる期間 新生児~15カ月ごろ(身長45~75cm)まで 新生児~4歳ごろ(体重18kg)まで 新生児~15カ月ごろ(体重13kg/身長40~83cm)まで 新生児~4歳ごろ(体重2.5~18kg)まで 新生児~4歳ごろ(体重2.5~18kg)まで 新生児~11歳ごろ(体重2.5~36kg)まで 3~11歳ごろ(体重15~36kg)まで 1~11歳ごろ(体重9~36kg)まで 新生児~4歳ごろ(体重18kg)まで 新生児~4歳ごろ(体重18kg/身長40~100cm)まで 新生児~4歳ごろ(体重18kg、身長の目安50~100cm)まで 新生児~4歳ごろ(体重18kg、身長の目安100cm)まで 新生児~4歳ごろ(体重18kg/身長100cm)まで 新生児~4歳頃(体重18kgまで) 新生児~4歳ごろ(体重2.5~18kg)まで 新生児~4歳ごろ(体重18kg)まで 新生児~7歳ごろ(体重25kg)まで 新生児~7歳ごろ(体重25kg以下) 新生児~4歳ごろ(2.5kg~18kgまで)
本体の重さ 4.55kg 4.3kg 4.8kg 13.8kg 14kg(日よけを除く) 8.3kg(カップホルダー除く) 3.8kg 5.1kg 12.8kg 14.8kg(ほろを除く) 14.7kg(フレックスシェードを除く) 11.2kg 15.1kg(日よけを除く) 7.1kg 5.8kg 約6.2kg 6.7kg 5.6kg 9.9kg
種類 ベビーシート ベビーシート・チャイルドシート兼用 ベビーシート ベビーシート・チャイルドシート兼用 ベビーシート・チャイルドシート兼用 ベビーシート・チャイルドシート・ジュニアシート兼用 チャイルドシート・ジュニアシート兼用(※体重15kg~) チャイルドシート・ジュニアシート兼用 ベビーシート・チャイルドシート兼用 ベビーシート・チャイルドシート兼用 ベビーシート・チャイルドシート兼用 ベビーシート・チャイルドシート兼用 ベビーシート・チャイルドシート兼用 ベビーシート・チャイルドシート兼用 ベビーシート・チャイルドシート兼用 ベビーシート・チャイルドシート兼用 ベビーシート・チャイルドシート・ジュニアシート兼用(※体重25kgまで) ベビーシート・チャイルドシート・ジュニアシート兼用 ベビーシート・チャイルドシート兼用
商品情報

通販サイトのランキングを参考にする チャイルドシートの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのチャイルドシートの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:チャイルドシートランキング
楽天市場:チャイルドシートランキング
Yahoo!ショッピング:チャイルドシートランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

チャイルドシートが必要な理由|自家用車での装着は義務

車と赤ちゃん
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

万が一のときに赤ちゃんを命の危険から守ってくれるチャイルドシート。もう少し理解を深めていきましょう。

改めて確認しておきましょう。乳幼児を交通事故の被害から守るために、6歳未満の子どもを車に乗せる際にはチャイルドシートを使用することが法律で義務づけられています(道路交通法第71条の3第3項)。
また、6歳を過ぎても大人用シートベルトが正しく使用できるようになる身長150cmくらいまでは、ジュニアシートを使いましょう。

そもそも車には交通事故時の被害を減らすための安全装置、シートベルトやエアバッグが設置されています。ですが、これらは成人の体形を前提に設計されています。そのため、体が小さい赤ちゃんや子どもには体に合ったチャイルドシートを適切に使用して、事故のリスクから守らなければなりません。

出産後に病院から自家用車で帰宅するなら、必ずチャイルドシートを取り付けましょう。取り付けていないと法律違反になります。

バスやタクシーに乗るときにはチャイルドシートの使用義務は免除されます。しかし、チャイルドシートを取り付けてくれるタクシー会社もあります。

チャイルドシート使用義務違反は点数を引かれる

チャイルドシートを使用しないで6歳未満の乳幼児を自家用車に乗せて運転した場合(幼児用補助装置使用義務違反)の違反点数は1点です。反則金はありません。

自家用車でもチャイルドシートが免除されることはある?

自家用車でもチャイルドシートの使用が免除される場合があります。

しかし、赤ちゃんの安全のためのチャイルドシートですから、「免除規定があるからいいや」と考えるのではなく、必ずチャイルドシートを使用できるように工夫しましょう。

授乳やおむつ替えなどお世話のとき

車のなかで授乳やおむつ替えをするときにはチャイルドシートの使用義務は免除されます。

しかし、赤ちゃんや子どもの安全のために、必ず停車してからお世話をするようにしましょう。

全員が乗りきらないとき

乗車定員の範囲内でチャイルドシートを使用すると全員が乗車できなくなってしまう場合、チャイルドシートの使用義務は免除されます。ただし、乗車する子ども全員のチャイルドシート使用義務が免除されるわけではありません。できるだけ多くチャイルドシートを使用させましょう。着用しない子どもの安全は保障されません。

怪我をした子どもを病院へ送るとき

子どもが怪我をして車で病院に運ぶとき、療養上または健康保持上チャイルドシートの使用が適当でない場合には使用義務が免除されます。チャイルドシートに乗せられるなら、できるだけ乗せるようにしましょう。

そのほか、子どもがかなり太っていてチャイルドシートが合わない場合や、6歳未満でも適切に車のシートベルトを装着できる座高があれば使用義務が免除されます。この場合はシートベルトを使用させてください。

繰り返しになりますが、チャイルドシートは赤ちゃんの安全のためのもの。「免除規定があるからチャイルドシートに乗せなくていい」「少しくらいなら乗せなくてもいい」と考えるのではなく、チャイルドシートに乗せる意味を考えてきちんと使用できるような工夫をしましょう。

【要注意】他人の車でもチャイルドシートは必要

普段はチャイルドシートを取り付けていない祖父母の車や友人知人の車に乗せてもらうときも、チャイルドシートの使用は義務です。レンタカーやカーシェアの場合も、もちろん義務です。使用していないと運転者は義務違反になります。

詳細は道路交通法施行令を確認!

もっとくわしく知りたい場合は、道路交通法施行令や各都道府県警察のホームページ等をご覧ください。 

チャイルドシート不使用はこんなに危険!

チャイルドシートは子どもを交通事故の被害から守るものです。不使用だとどれだけ不利益(つまり命の危険)があるのかを知っておきましょう。

【2018年】全国使用率は66.2%

警察庁とJAF(一般社団法人日本自動車連盟)が実施したチャイルドシート使用状況の全国調査[1]の結果によると、全国平均の使用率は66.2%で、前年よりは2.1ポイント上がっています。一方で「車両シートにそのまま着座」(17.3%)、「チャイルドシートにそのまま着座」(5.6%)、「保護者の抱っこ」(4.6%)など、チャイルドシート不使用のケースも多くみられています。

チャイルドシート不使用の場合の死亡率は約16倍!

チャイルドシート不使用で事故に遭って死に至る確率は、チャイルドシートを正しく使っていた場合の約16倍にもなるそうです。万が一の事故に備えて、必ずチャイルドシートを使用させなければなりません。

また、せっかく取り付けていても、取り付け方や固定が不十分だったり、適切に座らせていなかったりした場合は、チャイルドシートの機能が発揮されず怪我につながる可能性があります。先ほどご紹介した警察庁とJAFの調査では、61.6%の人が適切に取り付けできていなかったという結果でした。適正な使用方法で子どもの命を守るようにしましょう。

チェックアップイベントを利用しよう

チャイルドシートがグラグラする、きちんと固定できているか不安といった心配があるときは、JAFのチェックアップイベントに参加してみてはいかがでしょうか。チャイルドシートの取り付け方が正しいかなどをチェックしてもらうことができます。くわしくはJAFのホームページをご覧ください。

チャイルドシートは正しい付け方が大事! 注意点をご紹介!

せっかくチャイルドシートを購入しても、正しい付け方をしなければチャイルドシートは正しく機能しないため、万が一の事故の際に安全性が損なわれてしまいます。

チャイルドシートの機能を最大限に発揮するために覚えておきたい、取り付け方の注意点について解説していきます。チャイルドシートを購入後、しっかり注意して取り付け、子どもを事故から守りましょう。

遊んでいる子どもの写真
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

チャイルドシートは正しい付け方をしてこそ真価を発揮します。子どもの安全を守るために取り付けるときの注意点をチェックしましょう!

エアバッグのある助手席に設置するのはNG!

親が運転するとき、子どもの様子がよく見えるので助手席にチャイルドシートを設置する人もなかにはいます。ところが、エアバッグ搭載車の場合、事故が起きたとき、エアバッグの開く衝撃によって、助手席にいる子どもが重大な怪我を負う危険性があります。

チャイルドシートは原則、後部座席に設置するようにしましょう。

前向きにするのは10kgを超えてから

赤ちゃんが成長して首や腰がすわり、体つきもしっかりしてくるとチャイルドシートの後ろ向きを嫌がってしまうことがあります。けれども、チャイルドシートを前向きにするタイミングは、月齢ではなく子どもの体重で判断しましょう。

ほとんどのチャイルドシートは9kgから前向き使用が可能になっていますが、できれば10kgになるまでは後ろ向きでの使用を推奨しています。また、9~10kgは1歳前後の標準体重ですが、1歳になっていても9kgに満たない場合は前向きの使用はできません。

自治体によってはチャイルドシートの補助金制度がある

子どもが生まれて車に乗せるときには、チャイルドシートを設置して乗せることが義務づけられています。けれども、子どもにかかる費用は多くチャイルドシートの出費が悩ましいこともあるでしょう。これを受けて、子育て支援の一環としてチャイルドシートの購入後、費用の一部を助成する「チャイルドシート購入補助金」を設けている自治体があります。

対象となるチャイルドシートや子どもの生まれた年度などの制限や条件がある場合も。お住まいの自治体でチャイルドシートの補助金制度がないか購入前に確認するとよいでしょう。

コインの入ったびんの写真
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

自治体によってはチャイルドシートの購入費用の助成や、レンタル補助、貸出事業を行なっている場合があります。お住まいの自治体で該当する制度はないかチャイルドシート購入前にチェックしてみましょう。

レンタル補助や貸し出し支援があるところも

購入費用の助成以外にも、自治体が行なっているチャイルドシート支援制度があります。チャイルドシートのレンタルに対して割引価格で利用できるなどの支援が受けられる「レンタル補助」、無料でチャイルドシートの貸し出しが受けられる「貸し出し支援」です。

いずれも自治体によって支援の有無や条件は異なります。まずはお住まいの自治体にチャイルドシートの支援制度があるかどうかを確認してみましょう。

車と子どもの体に合ったチャイルドシートを選ぼう

大人用のシートベルトをきちんと装着できない子どもを車に乗せるとき、チャイルドシートを使用しないと大変危険です。チャイルドシートは決して安いものではありませんが、命を守る大事な安全装置ですから、しっかり検討しましょう。安全基準を満たし、車と子どもの体に合ったものを選ぶのはマストです。

また、出産後、病院を退院するときに乗せるならば、車に取り付けておかなければいけません。後回しにせず、早めに準備してくださいね。

こちらで紹介した選び方やおすすめ商品を、納得のチャイルドシート選びに役立ててください。

◆アンケート情報
調査時期:2018年6月29日-7月30日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数:男性251名/女性251名(※40代までの方で、お子さんがいらっしゃる方)
調査方法:インターネットログイン式アンケート

[1]警察庁ホームページ「子供を守るチャイルドシート」
https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/anzen/childseat.html

いろいろなチャイルドシートを比較検討したい方はこちらの記事もご覧ください!

新生児を車に乗せるために必要なチャイルドシート。「乳児専用タイプ」のベビーシートや長い期間使えるチャイルドシートの「兼用タイプ」などを選ぶことになります。この記事では、自動車生活ジャーナリストで公認チャイルドシート指導員である加藤久美子さんへの取材をもとに、おすすめの新生児用チャイルドシートを...

日本独自仕様のベッド型チャイルドシート。この記事では、自動車生活ジャーナリストで日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに教えてもらったベッド型チャイルドシート選びのポイントとおすすめ商品についてご紹介していきます。

赤ちゃんがいるファミリーの車の安全グッズ記事をご紹介します

家電流通ライター厳選のドラレコ5選。信頼できるメーカー製のコスパ力抜群な2カメタイプ、1カメタイプをご紹介。2019年にドラレコ選ぶなら、おさえておきたいポイントも解説。

この記事では公認チャイルドシート指導員で自動車生活ジャーナリストの加藤久美子さんに、ベビーミラーの選び方やおすすめ商品をうかがいました。ベビーミラーをお探しの方はぜひ参考にしてくださいね。

※この記事は、2018/10/25にマイナビニュースの「おすすめナビ!」コーナーに掲載した内容を、エキスパートへの取材を経て、リライト・再編集の上で再公開したものです。(元記事執筆・取材・編集・リライト:マイナビおすすめナビ編集部 中村亜紀子)

※マイナビニュース会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/)

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/11/20 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(制作協力:森野ミヤ子、掲載:マイナビおすすめナビ編集部 横塚枝緒里)

※2019/12/04 商品画像の追加と価格を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 中村亜紀子)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


車高調おすすめ7選|失敗しない選び方は?信頼できるメーカーは?

車高調おすすめ7選|失敗しない選び方は?信頼できるメーカーは?

カージャーナリストの松村 透さんに、車高調についてお話をうかがいました。「車高調」は愛車をドレスアップしてくれるだけでなく、乗り心地や走行性能にも大きく影響する重要な部品。なので、商品選びは慎重に行ないましょう。本記事では、車高調を選ぶポイントとおすすめの商品を紹介しています。ぜひ参考にしてください!


車載用空気清浄機おすすめ8選【快適なドライブのための選び方】

車載用空気清浄機おすすめ8選【快適なドライブのための選び方】

カージャーナリストの松村 透さんに、車載用空気清浄機の選び方とおすすめ8選を教えていただきました。窓やドアを開け閉めしたり、走行中にベンチレーターから外気を取り入れたりして、クルマのなかは意外と空気が汚れているもの。せっかくなら車内の空気をキレイにして快適に移動したいですよね。この記事では、カージャーナリストの松村 透さんに車載用空気清浄機を選ぶポイントをうかがい、おすすめの商品を選んでいただきました。後半には各通販サイトの売れ筋商品のランキングも掲載しています。こちらも参考にしながら、お気に入りの商品を見つけてくださいね。


ホイールナットおすすめ7選【安心できる製品選びをカージャーナリストが解説】

ホイールナットおすすめ7選【安心できる製品選びをカージャーナリストが解説】

カージャーナリストの松村 透さんに、ホイールナットについて詳しく解説していただきました。小さいながらも、自動車が走るうえで重要な役割を担っているホイールナット。ただ、ホイールナットは安全にもかかわってくる大切なパーツのひとつです。値段やデザインのみではなく、信頼できるメーカーの製品を選ぶのがカギになります。この記事では、カージャーナリストの松村さんにホイールナットを選ぶポイントをじっくりうかがい、おすすめの商品を選んでいただきました。後半の各通販サイトの売れ筋ランキングと合わせて、商品選びの参考にしてみてください。


車用シートカバーのおすすめ8選と選び方! カージャーナリストに聞く|防水タイプも

車用シートカバーのおすすめ8選と選び方! カージャーナリストに聞く|防水タイプも

カージャーナリストの松村 透さんに、シートカバーのおすすめ商品や失敗しない選び方を教えていただきました。自動車のシートを汚れを守るシートカバーは、実際に使うととても便利なアイテム。簡易的なものと本格的なものの2つに大きく分けられます。簡易的なカバーは安価で購入できる反面、耐久性が劣ることもあります。一方、本格的なカバーは高価格帯ですが、車種専用のデザインや本革などの素材にこだわったものが多く、どちらにもメリットとデメリットがあります。売れ筋ランキングも参考にしながら、使い方や車種に合ったシートカバーを購入して、大切な愛車を汚れから守りましょう。


【2020年最新版】スタッドレスタイヤ おすすめ比較ランキング|カージャーナリスト特選

【2020年最新版】スタッドレスタイヤ おすすめ比較ランキング|カージャーナリスト特選

(1/6更新)2020年冬、最新おすすめスタッドレスタイヤランキングです。カージャーナリスト松村 透さんによる、各タイヤの性能分析、タイヤ選びのためのフローチャート、各購入方法のコスパ比較なども掲載しています。さて、1位はどのタイヤでしょうか? ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


ベビーマットおすすめ5選【助産師に聞いた】選び方も詳しく解説

ベビーマットおすすめ5選【助産師に聞いた】選び方も詳しく解説

助産師の河井恵美さんに、ベビーマットについて詳しくお話をうかがいました。ベビーマットには、寝返り前の赤ちゃんを寝かせるマットや、転倒したときの衝撃を軽くする目的で床に敷く大きめのマットなど、さまざまなタイプのものがあります。家庭の環境やメンテナンスのしやすさなども考えながら、用途に合ったものを選びたいですね。この記事では助産師であり、保育士の資格もお持ちの河井さんに、ベビーマットの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。後半に掲載した各通販サイトの売れ筋ランキングと合わせて、赤ちゃんが快適に過ごせるマット選びにお役立てください。


キッズ用ラッシュガードおすすめ5選【保育士ライターに聞いた】紫外線から子どもの肌を守る

キッズ用ラッシュガードおすすめ5選【保育士ライターに聞いた】紫外線から子どもの肌を守る

紫外線から肌を守り、ケガの予防にもなるラッシュガード。海やプールのレジャーはもちろん、子どもたちは水泳の授業でも着用することが多くなりました。さまざまなタイプがあるラッシュガードですが、購入するにはどのような点に着目したらよいのでしょうか。この記事では保育士ライターのすぎ けいこさんに、キッズ用のラッシュガードの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。子どもにぴったりのラッシュガードを選ぶ参考にしてみてください。


バスライトおすすめ6選|くつろぎのひとときに【アロマやプラネタリウムを楽しむ】

バスライトおすすめ6選|くつろぎのひとときに【アロマやプラネタリウムを楽しむ】

家電コンシェルジュの松本レイナさんに、バスライトの選び方とおすすめ商品についてうかがいました。備え付けの照明と違って、落ち着いた空間にもきらびやかな空間にもしてくれるバスライト。デザインやカラーもさまざまで、1つ買うといろいろな種類を試してみたくなるバスグッズのひとつです。興味はあるけれども、どの商品を選んだらよいか迷っている方も多いのではないでしょうか。本記事を参考に、自分好みの商品を見つけてみてください。


スイッチングハブおすすめ6選|通信速度を快適に!【LANポートを増やす】

スイッチングハブおすすめ6選|通信速度を快適に!【LANポートを増やす】

家電コンシェルジュの松本レイナさんに、スイッチングハブのおすすめ商品と選び方を教えてもらいました。ゲーム機やテレビなど、LANケーブルで複数の機器を接続したい場合に役立つスイッチングハブ。ルーターのLANポートと繋げるだけで、かんたんにポートの増設ができます。自分の家にはどの商品があっているのか、ぜひ本記事を参考にして選んでみてください。


【ミネラル豊富な塩】おすすめ5選! 塩料理研究家が選び方も解説

【ミネラル豊富な塩】おすすめ5選! 塩料理研究家が選び方も解説

塩料理研究家の青山志穂さんに聞いた、ミネラル豊富な塩を選ぶポイントと、おすすめの商品を紹介します。塩を構成する主たるミネラルには、「ナトリウム」「マグネシウム」「カルシウム」「カリウム」があります。塩の主成分である塩化ナトリウムもミネラルですが、本記事では「ナトリウム以外のミネラル」を多く含んだ塩にスポットを当てました。記事後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、合わせて塩選びの参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る