PR(アフィリエイト) article type icon アンケート・調査

ジュニアシートおすすめ11選|何歳から? ISOFIX固定ができる商品も!

MAXI-COSI(マキシコシ) ISOFIX・シートベルト固定両対応 MORION i-SIZE モリオン アイサイズ ベーシックレッド 3歳半~ (保証付き) QNY8742871110
出典:Amazon
MAXI-COSI(マキシコシ) ISOFIX・シートベルト固定両対応 MORION i-SIZE モリオン アイサイズ ベーシックレッド 3歳半~ (保証付き) QNY8742871110
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2019年05月24日に公開された記事です。

自動車生活ジャーナリストの加藤久美子さんへの取材をもとに、ジュニアシートの選び方とおすすめ商品をご紹介します。アップリカやコンビなど人気メーカーの商品もピックアップしています。

また、マイナビおすすめナビで、未就学児がいるママ100人にチャイルドシート・ジュニアシートに関するアンケート調査を行っています。

ママたちの人気メーカーランキングやジュニアシート選びの重視ポイントも紹介するので、チャイルドシートから買い替えを考えている方はぜひ参考にしてください。


この記事を担当するエキスパート

自動車生活ジャーナリスト
加藤 久美子
下関市出身 大学在学中に車に目覚め、大学時代は神奈川県内のトヨタディーラーで納車引き取りのアルバイトを経験。大学卒業後、日刊自動車新聞社に編集記者として入社。 1989年FIA 公認のクロスカントリーラリー「オーストラリアン・サファリ」に出場。 1995年会社を辞めてフリーランスの道へ。 1999-2000日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。 2000年に第一子出産後、妊婦のシートベルト着用を推進する会を立ち上げ、チャイルドシートと共に胎児と赤ちゃんの命を守る啓発活動を展開している。 月刊誌『MONOQLO』(晋遊舎)、All About、citrus、オートックワン、乗りものニュース、くるまのニュース、JAFMATEなどに自動車生活関連(運転マナー、車の税金、維持費、メンテナンス、カスタム、海外車事情など)の記事を年間300本以上寄稿している。 また、(一財)日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員としてチャイルドシートの正しい装着や子連れドライブの楽しみ方と危険回避に関する講演、啓発活動なども積極的に行っている。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ベビー・キッズ
中澤 彩

「ベビー・キッズ」カテゴリー担当。ベビーカー、チャイルドシート、おもちゃ・知育玩具、出産準備グッズ、保育園グッズがメイン。育児と日々の生活に忙しいママ目線での神グッズ選びに自信あり。鋭い目線で商品を見極め、少しでも日々の生活が豊かになるものを紹介すると誓う1児のママ編集者。

ジュニアシートは学童用のチャイルドシート 何歳から乗せれるの?

 

ジュニアシートはチャイルドシートなどと同様、車に乗る際4〜10歳頃で身長が140cm未満の子どもを安全に乗車させるために適したチャイルドシートのこと。学童用シートとも呼ばれています。

ジュニアシートは車に装備された大人用のシートベルトを使って体をホールドします。子どもの小さい体でも、正しい位置で車のシートベルトを装着できるように補助するシートになります。

体の小さい子どもが大人と同じようにシートベルトをすると、顔や首などにシートベルトがかかってしまいますよね。ジュニアシートを使用することで、子どもの小さな骨盤や鎖骨といった骨格の要所にシートベルトが確実にかかるようにサポートしてくれます。

自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

自動車生活ジャーナリスト

ジュニアシートの多くは、身長145~150cm前後まで使える仕様となっています。これは、車のシートベルトが身長140cm以上の大人が運転することを想定して、正しく使えるように設計されているため。

大人と子どもでは、同じ身長140cmでも肩の位置や頭身が異なるため、身長145~150cmくらいまではジュニアシートを使うようにしましょう。

▼チャイルドシートの義務年齢はついて詳しく知りたい方はこちら

ジュニアシートの選び方のポイント 購入する前に必ず押さえておこう!

ここからは、ジュニアシートを選ぶときのポイントについてご紹介していきます。

(1)車のサイズに合ったタイプを選ぶ ジュニアシートは主に3種類ある

アンケート調査でわかったジュニアシートを取り付ける車タイプの棒グラフ
アンケート調査でわかったジュニアシートを取り付ける車タイプの棒グラフ

ジュニアシートを取り付ける車がワゴンタイプやSUVなど、中型車以上であればジュニアシートのサイズをそこまで気にする必要はないですが、上の図表でもわかる通り、軽自動車などコンパクトカーを利用している家庭が今の時代特に多いのです。また、カーシェアリングで毎回取り付ける車のサイズが違うという方もいるかもしれません。

軽自動車やコンパクトカーに設置する場合は、その車の後部座席のサイズに合ったタイプを選ぶようにするのが適切。 お出かけする際の荷物を置けるスペースをしっかり確保できるくらいのサイズ感がおすすめですよ。

コンパクトなサイズが多いジュニアシートは主に3種類のタイプに分けられます。
◆軽量コンパクトな「ブースターシート」
◆安定性が高い「ハイバックシート」
◆超ロングユースタイプが多い「フルサイズハイバックシート」

▼ブースターシートやハイバックシートの特徴を詳しくチェックしよう

(2)座面への取り付け方法で選ぶ ISOFIX式か、シートベルト式か

 

ジュニアシートは、シートベルトで固定するタイプと、ISOFIX固定タイプのものがあります。そのまま置くタイプだと、ジュニアシートがぐらつくことが多いため、車の固定金具と連携して装着できるISOFIX固定のものを選ぶとよいでしょう。

ただし、ISOFIX対応のジュニアシートを検討する場合は、所有車にISOFIXの金具が付いているか必ずチェックしてください。2012年以降に発売された車には必ず付いていますが、念のため車の取扱説明書などで確認しておくと安心。

(3)安全基準をクリアしているものを選ぶ 「R129」「R44」など

 

ジュニアシートは、子どもの身を守るために必要不可欠な装備になります。選ぶ際は、安全基準に達しているものを選ぶとよいでしょう。

安全基準を満たしているかどうかは、国土交通省の安全基準に適合している場合表示できる、Eマークもしくは自マークでの確認できます。また、最新基準のi-Size R129(アイサイズ)や旧基準のECE R44/04の基準を満たしていれば、安心して使用することができるでしょう。

(4)選ぶ基準は「適応身長」と「適応体重」 適応年齢も大切だけど…

 

ジュニアシートは、幼児用チャイルドシートが小さくなった場合に使います。「3歳になったらジュニア」「すぐ大きくなるから」という理由ではなく、現在の我が子の身長や体重を目安にします。身長100cm、体重18kgを超えたあたりからが、切り替えのタイミングとなります。

また、見た目の目安としては、子どもの頭の半分以上、背もたれの上端からはみ出したら切り替えどきです(頭の半分位までは使用可能)。

体に合ったチャイルドシートを正しく使うことは大切な我が子を事故の衝撃から守るための必須条件であり、正しい愛情といえるでしょう。

(5)ジュニアシートの機能面をチェックして選ぶ 折りたたみや寝やすい工夫も

 

使い勝手のよさを求めるなら、ジュニアシートの機能面にも着目してみましょう! 以下があると便利な機能と便利なポイントになるので購入前に一度チェックしてみてくださいね。

「折りたたみ機能」があると帰省や旅行の時に持ち運びができる
「コンパクトサイズ」は車内のスペースを有効に使える
「インパクトシールド式」は首カックンの負担が少ない
「シートが丸洗い可能」ならいつでも清潔に使える
「ヘッドレスト・ベルトの位置を調節」できると長く使える
 

▼機能性を重視したチャイルドシートをもっと詳しく理解しておこう!

人気メーカーランキングを発表! ジュニアシート

マイナビおすすめナビで、7歳未満のお子さんがいるママ100人にチャイルドシート・ジュニアシートに関するアンケート調査を行いました。人気のメーカー・ブランドはどれでしょうか? 早速結果を発表します!!

アンケート調査によるジュニアシートの人気メーカーランキングのグラフ
アンケート調査によるジュニアシートの人気メーカーランキングのグラフ

国内大手メーカーのコンビやアップリカの支持が高い結果に! インパクトシールドやハイバックタイプのチャイルドシートやジュニアシートを販売しているエールベベも3位にランクインしていますね。

ジュニアシート選びに迷っている方、安くない買い物だから失敗したくないママ・パパは先輩ママから支持の高いメーカーを参考にしてみましょう!

▼人気のメーカーに関して詳しくこちらの記事で解説!

ジュニアシートおすすめ11選 2・3歳から使用可能なチャイルド・ジュニアシート&口コミも!

ご紹介したジュニアシートの選び方のポイントをふまえて、さまざまなタイプのおすすめ商品をご紹介します。ぜひ商品選びの参考にしてみてください。

エールベベ『パパット2』

エールベベ『パパット2』 エールベベ『パパット2』 エールベベ『パパット2』 エールベベ『パパット2』 エールベベ『パパット2』 エールベベ『パパット2』 エールベベ『パパット2』 エールベベ『パパット2』 エールベベ『パパット2』 エールベベ『パパット2』 エールベベ『パパット2』
出典:Amazon この商品を見るview item

安全性だけでなく、ママ&パパのことも考えた設計

座面が低い安心の低重心設計に加え、肩ハーネス跳ね上げ機構と相まって乗せ降ろしがしやすいシートです。

1~11歳頃まで使用可能で、ISOFIXでの取り付けのほかシートベルトでの固定も可能(ISOFIXコネクタは収納できます)。背もたれナシのブースターシートはシートベルトを使って固定しますが、身長125cm、体重22kgを超えてからの使用が義務付けられています。

サイズ -
重量 10kg
取り付け方法 ISOFIX、シートベルト
参考年齢/身長の目安 身長125cm、体重22kg
安全基準 R44
背もたれの取り外し -
水洗い -
全てを見る全てを見る

サイズ -
重量 10kg
取り付け方法 ISOFIX、シートベルト
参考年齢/身長の目安 身長125cm、体重22kg
安全基準 R44
背もたれの取り外し -
水洗い -
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

Combi(コンビ)『ジョイキッズ ムーバー エッグショック KH』

Combi(コンビ)『ジョイキッズムーバーエッグショックKH』 Combi(コンビ)『ジョイキッズムーバーエッグショックKH』 Combi(コンビ)『ジョイキッズムーバーエッグショックKH』 Combi(コンビ)『ジョイキッズムーバーエッグショックKH』 Combi(コンビ)『ジョイキッズムーバーエッグショックKH』 Combi(コンビ)『ジョイキッズムーバーエッグショックKH』 Combi(コンビ)『ジョイキッズムーバーエッグショックKH』 Combi(コンビ)『ジョイキッズムーバーエッグショックKH』 Combi(コンビ)『ジョイキッズムーバーエッグショックKH』 Combi(コンビ)『ジョイキッズムーバーエッグショックKH』 Combi(コンビ)『ジョイキッズムーバーエッグショックKH』
出典:Amazon この商品を見るview item
自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

自動車生活ジャーナリスト

ハイバックタイプを11歳ごろまで使える

日本製ジュニアシートの多くは、背もたれつき(ハイバック)で使えるのは7~8歳ごろですが、こちらの製品は安全性が高いヘッドガードつきハイバックの状態で身長145cm、11~12歳ごろまでずっと使えるのが大きなポイントです。より安全性を重視するならこのシートを推薦します。

座面のみのブースターで使用することも可能で、その際は肩ベルトが子どもの肩の高さにジャストフィットするベルトポジショナーが大変効果的に機能します。

通気性にすぐれた構造なので、長距離ドライブをすることが多い家族におすすめです。

サイズ 幅455×高さ670~810×奥行465mm
重量 4.2kg
取り付け方法 3点式シートベルト
参考年齢/身長の目安 3~11歳ごろ/95~145cm
安全基準 UN R44/04
背もたれの取り外し
水洗い
全てを見る全てを見る

サイズ 幅455×高さ670~810×奥行465mm
重量 4.2kg
取り付け方法 3点式シートベルト
参考年齢/身長の目安 3~11歳ごろ/95~145cm
安全基準 UN R44/04
背もたれの取り外し
水洗い
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

GRACO(グレコ)『ジュニアプラス メトロポリタン』

GRACO(グレコ)『ジュニアプラスメトロポリタン』 GRACO(グレコ)『ジュニアプラスメトロポリタン』 GRACO(グレコ)『ジュニアプラスメトロポリタン』 GRACO(グレコ)『ジュニアプラスメトロポリタン』 GRACO(グレコ)『ジュニアプラスメトロポリタン』 GRACO(グレコ)『ジュニアプラスメトロポリタン』 GRACO(グレコ)『ジュニアプラスメトロポリタン』 GRACO(グレコ)『ジュニアプラスメトロポリタン』 GRACO(グレコ)『ジュニアプラスメトロポリタン』 GRACO(グレコ)『ジュニアプラスメトロポリタン』
出典:Amazon この商品を見るview item
自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

自動車生活ジャーナリスト

両サイドの格納式カップホルダーが便利!

3歳ごろから11歳ごろまで背もたれつきで使えます。ヘッドレストやアームレストは高さ調整が可能で子どもの体にしっかりフィットします。子どもが体重22kgくらいになると、背もたれを外してブースターのみでも使えますが、安全上、積極的に推奨はできません。

グレコはアメリカのブランドですが、こちらのシートの安全基準は欧州のECE R44に適応しています。日本は欧州安全基準を採用しているので日本での使用も問題ありません。

座面の両サイドには、便利な収納式カップホルダーがついており、意外にもこれが子どもに人気です。カップホルダーとして使うのではなく、ミニカーやお菓子、小さなおもちゃなど、自分の大切なものを隠しておける秘密の小箱として使えるのが楽しいようです。

サイズ ハイバックタイプ:幅400×高さ690~820×奥行400mm、ブースタータイプ:幅400×高さ220×奥行400mm
重量 3.6kg(ブースターのみ 2.5kg)
取り付け方法 3点式シートベルト
参考年齢/身長の目安 3~11歳ごろ/-
安全基準 ECE R44/04
背もたれの取り外し
水洗い
全てを見る全てを見る

サイズ ハイバックタイプ:幅400×高さ690~820×奥行400mm、ブースタータイプ:幅400×高さ220×奥行400mm
重量 3.6kg(ブースターのみ 2.5kg)
取り付け方法 3点式シートベルト
参考年齢/身長の目安 3~11歳ごろ/-
安全基準 ECE R44/04
背もたれの取り外し
水洗い
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

Aprica(アップリカ)『エアライド AB』

Aprica(アップリカ)『エアライドAB』 Aprica(アップリカ)『エアライドAB』 Aprica(アップリカ)『エアライドAB』 Aprica(アップリカ)『エアライドAB』 Aprica(アップリカ)『エアライドAB』 Aprica(アップリカ)『エアライドAB』 Aprica(アップリカ)『エアライドAB』
出典:Amazon この商品を見るview item

長女も以前、同じシリーズを購入して良かったので2人目のジュニアシートデビューに購入。使い易いし、洗えるので良い買い物をしました。頭の高さも変えれて長い期間使えそうな上、頭を包み込まれるようなホールド感があるからか、下の子は良く寝てくれます! 寝やすいジュニアシートを探している方にはおすすめ!(Nさん/5歳・3歳女の子ママ)

3歳から使えるジュニアシート!

頭・肩・腰を守る大型のヘッドサポートが特徴で、子どもが眠った場合も頭を安全な位置にサポートします。快適性やメンテナンスのしやすさもこの商品のすぐれたところです。

背中部・側面部はメッシュ生地で、通気孔から空気が流れやすい構造となっています。シートカバーは脱着しやすく、手洗いできるので清潔さを保つことができます。

座面裏には滑り止めのゴムがついており、シートのズレが少なく、滑りにくい仕様となっていることも◎。

サイズ ハイバックタイプ:幅442×高さ660~740×奥行470mm、ブースタータイプ: 幅434×高さ223×奥行380mm
重量 4.9kg(ブースターのみ1.7kg)
取り付け方法 3点式シートベルト
参考年齢/身長の目安 3~11歳ごろ/95~145cm
安全基準 UN ECE-R16
背もたれの取り外し
水洗い
全てを見る全てを見る

サイズ ハイバックタイプ:幅442×高さ660~740×奥行470mm、ブースタータイプ: 幅434×高さ223×奥行380mm
重量 4.9kg(ブースターのみ1.7kg)
取り付け方法 3点式シートベルト
参考年齢/身長の目安 3~11歳ごろ/95~145cm
安全基準 UN ECE-R16
背もたれの取り外し
水洗い
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

カーメイト『エールベベ・サラット ハイバックジュニア』

カーメイト『エールベベ・サラットハイバックジュニア』 カーメイト『エールベベ・サラットハイバックジュニア』 カーメイト『エールベベ・サラットハイバックジュニア』 カーメイト『エールベベ・サラットハイバックジュニア』 カーメイト『エールベベ・サラットハイバックジュニア』 カーメイト『エールベベ・サラットハイバックジュニア』 カーメイト『エールベベ・サラットハイバックジュニア』 カーメイト『エールベベ・サラットハイバックジュニア』 カーメイト『エールベベ・サラットハイバックジュニア』
出典:Amazon この商品を見るview item
自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

自動車生活ジャーナリスト

暑いときも快適な通気性抜群の軽量モデル

背もたれつきのハイバックシート(身長120cmくらいまで)と、座面のみのブースターシート(身長145cmくらいまで)の2WAYで使用可能です。

ハイバックには、頭部を保護するヘッドプロテクション機能が充実しており、子どもの成長に合わせてかんたんに高さ調整ができる「可動式ヘッドレスト」の使い勝手がいいです。

また、「サラット」の商品名とおり、シート本体には子どもの頭部・背面部・座面部に合わせて、通気口が22個あります。大口径のヘッドレストや広範囲のメッシュ生地との相乗効果によって、夏の暑い時期はもちろん、暖房が効いた冬の車内でも通気性が抜群です。

汗っかきの子どもも快適に過ごせるつくりになっています。

サイズ 幅430×高さ660×奥行405mm
重量 4.1kg
取り付け方法 3点式シートベルト
参考年齢/身長の目安 3~11歳ごろ/100~145cm以下
安全基準 UN(ECE)R44/04
背もたれの取り外し
水洗い -
全てを見る全てを見る

サイズ 幅430×高さ660×奥行405mm
重量 4.1kg
取り付け方法 3点式シートベルト
参考年齢/身長の目安 3~11歳ごろ/100~145cm以下
安全基準 UN(ECE)R44/04
背もたれの取り外し
水洗い -
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

GRACO(グレコ)『コンパクトジュニア』

GRACO(グレコ)『コンパクトジュニア』 GRACO(グレコ)『コンパクトジュニア』 GRACO(グレコ)『コンパクトジュニア』 GRACO(グレコ)『コンパクトジュニア』 GRACO(グレコ)『コンパクトジュニア』 GRACO(グレコ)『コンパクトジュニア』
出典:Amazon この商品を見るview item
自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

自動車生活ジャーナリスト

祖父母の車に乗るときなどにひとつあると安心

面を上げて車のシートベルトを安全に使えるようにするためのブースターシートです。取扱説明書には、体重15kg・3歳ごろから利用可能という記述がありますが、安全に使うには身長120cm以上、小学生以上での使用をおすすめします。

もちろん車のシートベルトをそのまま使うよりは、はるかに安全なので、祖父母やお友達の家の車、タクシーなどに乗る際には備えておくと安心です。

アームレストは子どもの成長に合わせて2段階で調整可能。左右両方に便利な収納式カップホルダーがついていますよ。

サイズ 幅410×高さ220×奥行410mm
重量 2.5kg
取り付け方法 3点式シートベルト
参考年齢/身長の目安 3~11歳ごろ/-
安全基準 ECE R44/04
背もたれの取り外し -
水洗い
全てを見る全てを見る

サイズ 幅410×高さ220×奥行410mm
重量 2.5kg
取り付け方法 3点式シートベルト
参考年齢/身長の目安 3~11歳ごろ/-
安全基準 ECE R44/04
背もたれの取り外し -
水洗い
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

LEAMAN(リーマン)『リーマンジュニアEX』

LEAMAN(リーマン)『リーマンジュニアEX』 LEAMAN(リーマン)『リーマンジュニアEX』 LEAMAN(リーマン)『リーマンジュニアEX』 LEAMAN(リーマン)『リーマンジュニアEX』 LEAMAN(リーマン)『リーマンジュニアEX』 LEAMAN(リーマン)『リーマンジュニアEX』 LEAMAN(リーマン)『リーマンジュニアEX』 LEAMAN(リーマン)『リーマンジュニアEX』 LEAMAN(リーマン)『リーマンジュニアEX』
出典:Amazon この商品を見るview item
自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

自動車生活ジャーナリスト

厚めのウレタンで座り心地も快適

値段も安く、軽量で扱いやすいので根強い人気があるブースタータイプ(背もたれのない座面だけ)のジュニアシートです。

厚めのウレタンを使っているので、クッション性も良好で長時間座っていてもお尻が痛くなりにくい設計となっています。

このサイズと価格なら、所有車がない方の場合でも1つ持っておくと、実家の車やママ友の車に乗せてもらうときなどに便利です。

また、ジュニアシート世代の子どもが多い家庭の車であっても、サイズが小さいのでシートベルト(3点式)の数のみ装着が可能です

サイズ 幅420×高さ210×奥行350mm
重量 1.2kg
取り付け方法 3点式シートベルト
参考年齢/身長の目安 3~10歳ごろ/100〜138cm
安全基準 E8-046135
背もたれの取り外し -
水洗い -
全てを見る全てを見る

サイズ 幅420×高さ210×奥行350mm
重量 1.2kg
取り付け方法 3点式シートベルト
参考年齢/身長の目安 3~10歳ごろ/100〜138cm
安全基準 E8-046135
背もたれの取り外し -
水洗い -
全てを見る全てを見る

MAXI-COSI(マキシコシ)『 MORION i-SIZE 』

MAXI-COSI(マキシコシ)『MORIONi-SIZE』 MAXI-COSI(マキシコシ)『MORIONi-SIZE』 MAXI-COSI(マキシコシ)『MORIONi-SIZE』 MAXI-COSI(マキシコシ)『MORIONi-SIZE』 MAXI-COSI(マキシコシ)『MORIONi-SIZE』 MAXI-COSI(マキシコシ)『MORIONi-SIZE』 MAXI-COSI(マキシコシ)『MORIONi-SIZE』 MAXI-COSI(マキシコシ)『MORIONi-SIZE』 MAXI-COSI(マキシコシ)『MORIONi-SIZE』 MAXI-COSI(マキシコシ)『MORIONi-SIZE』 MAXI-COSI(マキシコシ)『MORIONi-SIZE』
出典:Amazon この商品を見るview item

3歳半~12歳頃まで使えるロングユースタイプ!

3歳半~12歳頃までの成長に合わせて、シートの高さを11段階で調整が可能。車のシートにフィットするように、90°~120°でフレキシブルに調整できる上、ISOFIXとシートベルトの両方で装着可能なマキシコシ最高峰のジュニアシート。

安全性や機能性と同時に、カラバリも豊富でマキシコシらしい、ファッション性にも注目!

サイズ ‎44 x 49 x 60 cm
重量 ‎5.7 kg
取り付け方法 ISOFIX、シートベルト
参考年齢/身長の目安 4~12歳ごろ/-
安全基準 ‎R129
背もたれの取り外し -
水洗い -
全てを見る全てを見る

サイズ ‎44 x 49 x 60 cm
重量 ‎5.7 kg
取り付け方法 ISOFIX、シートベルト
参考年齢/身長の目安 4~12歳ごろ/-
安全基準 ‎R129
背もたれの取り外し -
水洗い -
全てを見る全てを見る

日本育児『トラベルベストECプラス』

日本育児『トラベルベストECプラス』 日本育児『トラベルベストECプラス』 日本育児『トラベルベストECプラス』 日本育児『トラベルベストECプラス』 日本育児『トラベルベストECプラス』 日本育児『トラベルベストECプラス』 日本育児『トラベルベストECプラス』 日本育児『トラベルベストECプラス』 日本育児『トラベルベストECプラス』 日本育児『トラベルベストECプラス』
出典:Amazon この商品を見るview item

重量わずか2.9kg!かばんやケースで持ち運び可

軽量、かつコンパクトで持ち運びに便利な小さめのジュニアシートを探している人に向いている商品です。1~4歳まで使用できるジュニアシートで、本体重量はわずか2.9kg。かばんやケースのなかに入れて持ち運びもできます。

帰省や旅行用、カーシェアリングやレンタカー用のジュニアシートとしても使えます。

サイズ 約幅340×高さ540-590×奥行300mm、折りたたみ時:幅340×高さ550×奥行190mm
重量 約2.9kg
取り付け方法 3点式シートベルト
参考年齢/身長の目安 1~4歳まで/-
安全基準 ECE R44/04
背もたれの取り外し -
水洗い -
全てを見る全てを見る

サイズ 約幅340×高さ540-590×奥行300mm、折りたたみ時:幅340×高さ550×奥行190mm
重量 約2.9kg
取り付け方法 3点式シートベルト
参考年齢/身長の目安 1~4歳まで/-
安全基準 ECE R44/04
背もたれの取り外し -
水洗い -
全てを見る全てを見る

Combi(コンビ)『ジョイトリップ エアスルーGH』

Combi(コンビ)『ジョイトリップエアスルーGH』 Combi(コンビ)『ジョイトリップエアスルーGH』 Combi(コンビ)『ジョイトリップエアスルーGH』 Combi(コンビ)『ジョイトリップエアスルーGH』 Combi(コンビ)『ジョイトリップエアスルーGH』 Combi(コンビ)『ジョイトリップエアスルーGH』 Combi(コンビ)『ジョイトリップエアスルーGH』 Combi(コンビ)『ジョイトリップエアスルーGH』 Combi(コンビ)『ジョイトリップエアスルーGH』 Combi(コンビ)『ジョイトリップエアスルーGH』 Combi(コンビ)『ジョイトリップエアスルーGH』 Combi(コンビ)『ジョイトリップエアスルーGH』 Combi(コンビ)『ジョイトリップエアスルーGH』 Combi(コンビ)『ジョイトリップエアスルーGH』 Combi(コンビ)『ジョイトリップエアスルーGH』
出典:Amazon この商品を見るview item

軽量エアスルーモデルのジュニアシート

全面3Dメッシュシートと本体エアゲートを搭載した、通気性抜群の「爽快シート」が特徴のジュニアシートです。さらに、ヘッドサポートとランバーサポートは子どもをやさしく包むふわふわ素材のため、長時間のドライブでも快適さが持続します。

本体重量は軽量5.3kgのため、設置もラク。さらに本体サイズもコンパクト仕様のため、車内のスペースを広く確保できるでしょう。

サイズ 幅440×高さ670×奥行450mm(ドリンクホルダー含まず)
重量 5.3kg
取り付け方法 3点式シートベルト
参考年齢/身長の目安 1~11歳ごろ/70~145cm
安全基準 -
背もたれの取り外し
水洗い
全てを見る全てを見る

サイズ 幅440×高さ670×奥行450mm(ドリンクホルダー含まず)
重量 5.3kg
取り付け方法 3点式シートベルト
参考年齢/身長の目安 1~11歳ごろ/70~145cm
安全基準 -
背もたれの取り外し
水洗い
全てを見る全てを見る

mifold(マイフォールド)『マイフォールド ジュニアシート』

mifold(マイフォールド)『マイフォールドジュニアシート』 mifold(マイフォールド)『マイフォールドジュニアシート』 mifold(マイフォールド)『マイフォールドジュニアシート』 mifold(マイフォールド)『マイフォールドジュニアシート』 mifold(マイフォールド)『マイフォールドジュニアシート』 mifold(マイフォールド)『マイフォールドジュニアシート』
出典:Amazon この商品を見るview item

コンパクトなのでさまざまなシーンで活用可能

15~36kgまで使える、コンパクトでスリムなデザインが革新的なジュニアシートです。コンパクトなデザインながらも安全基準にはしっかりと適合しているので安心して使用できる商品です。カラーも豊富で子どもの好みから選べますよ。

レンタカーやタクシー、旅行先など自家用車以外でお出かけの時でも置くだけで活用できるので、1つ持っておくと便利でしょう。

サイズ 幅235×高さ45×奥行120mm
重量 700g
取り付け方法 3点式シートベルト
参考年齢/身長の目安 3~11歳ごろ/~140cm以下
安全基準 UN-R44/04
背もたれの取り外し ×
水洗い ×
全てを見る全てを見る

サイズ 幅235×高さ45×奥行120mm
重量 700g
取り付け方法 3点式シートベルト
参考年齢/身長の目安 3~11歳ごろ/~140cm以下
安全基準 UN-R44/04
背もたれの取り外し ×
水洗い ×
全てを見る全てを見る

おすすめ商品比較一覧表 ジュニアシート

画像
エールベベ『パパット2』
Combi(コンビ)『ジョイキッズ ムーバー エッグショック KH』
GRACO(グレコ)『ジュニアプラス メトロポリタン』
Aprica(アップリカ)『エアライド AB』
カーメイト『エールベベ・サラット ハイバックジュニア』
GRACO(グレコ)『コンパクトジュニア』
LEAMAN(リーマン)『リーマンジュニアEX』
MAXI-COSI(マキシコシ)『 MORION i-SIZE 』
日本育児『トラベルベストECプラス』
Combi(コンビ)『ジョイトリップ エアスルーGH』
mifold(マイフォールド)『マイフォールド ジュニアシート』
商品名 エールベベ『パパット2』 Combi(コンビ)『ジョイキッズ ムーバー エッグショック KH』 GRACO(グレコ)『ジュニアプラス メトロポリタン』 Aprica(アップリカ)『エアライド AB』 カーメイト『エールベベ・サラット ハイバックジュニア』 GRACO(グレコ)『コンパクトジュニア』 LEAMAN(リーマン)『リーマンジュニアEX』 MAXI-COSI(マキシコシ)『 MORION i-SIZE 』 日本育児『トラベルベストECプラス』 Combi(コンビ)『ジョイトリップ エアスルーGH』 mifold(マイフォールド)『マイフォールド ジュニアシート』
商品情報
特徴 安全性だけでなく、ママ&パパのことも考えた設計 ハイバックタイプを11歳ごろまで使える 両サイドの格納式カップホルダーが便利! 3歳から使えるジュニアシート! 暑いときも快適な通気性抜群の軽量モデル 祖父母の車に乗るときなどにひとつあると安心 厚めのウレタンで座り心地も快適 3歳半~12歳頃まで使えるロングユースタイプ! 重量わずか2.9kg!かばんやケースで持ち運び可 軽量エアスルーモデルのジュニアシート コンパクトなのでさまざまなシーンで活用可能
サイズ - 幅455×高さ670~810×奥行465mm ハイバックタイプ:幅400×高さ690~820×奥行400mm、ブースタータイプ:幅400×高さ220×奥行400mm ハイバックタイプ:幅442×高さ660~740×奥行470mm、ブースタータイプ: 幅434×高さ223×奥行380mm 幅430×高さ660×奥行405mm 幅410×高さ220×奥行410mm 幅420×高さ210×奥行350mm ‎44 x 49 x 60 cm 約幅340×高さ540-590×奥行300mm、折りたたみ時:幅340×高さ550×奥行190mm 幅440×高さ670×奥行450mm(ドリンクホルダー含まず) 幅235×高さ45×奥行120mm
重量 10kg 4.2kg 3.6kg(ブースターのみ 2.5kg) 4.9kg(ブースターのみ1.7kg) 4.1kg 2.5kg 1.2kg ‎5.7 kg 約2.9kg 5.3kg 700g
取り付け方法 ISOFIX、シートベルト 3点式シートベルト 3点式シートベルト 3点式シートベルト 3点式シートベルト 3点式シートベルト 3点式シートベルト ISOFIX、シートベルト 3点式シートベルト 3点式シートベルト 3点式シートベルト
参考年齢/身長の目安 身長125cm、体重22kg 3~11歳ごろ/95~145cm 3~11歳ごろ/- 3~11歳ごろ/95~145cm 3~11歳ごろ/100~145cm以下 3~11歳ごろ/- 3~10歳ごろ/100〜138cm 4~12歳ごろ/- 1~4歳まで/- 1~11歳ごろ/70~145cm 3~11歳ごろ/~140cm以下
安全基準 R44 UN R44/04 ECE R44/04 UN ECE-R16 UN(ECE)R44/04 ECE R44/04 E8-046135 ‎R129 ECE R44/04 - UN-R44/04
背もたれの取り外し - - - - - ×
水洗い - - - - - ×
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月27日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ジュニアシートの売れ筋をチェック

Amazonでのジュニアシートの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ジュニアシートランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ジュニアシート選びの重視ポイントTOP7 先輩ママ100人に聞いた!

ジュニアシート選び重視ポイント
ジュニアシート選び重視ポイント

ジュニアシートは車への適合や子供の体のサイズを確認して最適な商品を選ぶのが基本です。それ以外の機能性や操作性、使いやすさといった点で、先輩ママたちが重視したTOP3は…

◆安さを重視した価格
◆車への取り付けが簡単かどうか
◆3~4歳頃から使い始められるかどうか


先輩ママ達が重視するポイントを押さえることで、大きな失敗は回避できそう! 経験したからこそわかる重視ポイントについてママ達が詳しく解説してくれています。 早速チェックしてみましょう!

「価格」を重視したママの意見

予算にあっていて、安全基準テストをクリアしたものを選ぶといいと思います!新生児期に使用するものではないので、高いものでなくて、型落ちでも全然ありだと思う。( 車のタイプ:ワゴンタイプ/0歳・3歳児ママ)

「取り付けが簡単か」を重視したママの意見

取り外し頻度を考えて選ぶのが良いと思います。ほとんど取り外さないなら、重いものでも良いですが、掃除や乗り換えで取り外し回数が多いと、どんどん不便に感じます。

ただ、がっしり重厚感があるほうが、安全な気がするので新生児~3,4歳くらいで買い替えを視野に入れて選ぶのがおすすめです。(車のタイプ:ワゴンタイプ/6歳・8歳児ママ)

「3歳頃から使える商品か」を重視したママの意見

うちは3歳差で子供がいるので、上の子のチャイルド&ジュニアシートを下の子が一歳になったときに下の子に移し、上の子は年齢と体重を満たしていたのでブースターシートに切り替えました。シートが無駄にならずうまく移行できてよかったです。きょうだいがいる、あるいはこれから子供を複数もつことを予定している方は、年齢差なども考慮しつつタイプを選ぶと良いと思います。(車のタイプ:軽自動車/2歳・5歳児ママ)

ジュニアシートに関してのQ&A

ジュニアシートで寝る子どもの姿勢が辛そう…寝やすい方法はある?

チャイルドシートで気持ちよさそうに寝る子供の首カックンは、心配で運転に集中できないし、見てるのも辛い上、何より危ないですよね。そんな時は家にあるタオルを使ってお子さんの頭を固定してみましょう。

子どもが左右どちらかに傾いて寝てしまったとき、傾いた方の顔と肩の間に、そっと折りたたんだタオルを挟みます。また、タオル2枚を顔の左右に挟んで使う方法や、タオルを細長く丸めて首に巻き、簡易的なU字型のネックピローとして使う方法も首カックン防止になりおすすめです。

※子どもの口や鼻をふさがないように気をつけて使用するようにしましょう。

ジュニアシートは2歳からでも使用可能?

コストが抑えられること、コンパクトで使い勝手の良さなどから、買い替えのタイミングでジュニアシートやブースターシートを使い始める方もいます。しかし、ジュニアシートの利用基準は身長100㎝以上、体重15㎏以上(目安年齢は3歳~4歳頃)が一般的。2歳児の平均的な体型ではこの基準には達していないため、早めの使用はできません。

安全性を第一に考え体型に合ったチャイルドシートを選ぶことがもっとも重要です。

ジュニアシートの必須知識 違反しないためにもおさえておこう

チャイルドシート
チャイルドシート

ベビーシートやチャイルドシートと同じく、ジュニアシートも万が一の事故から子どもを守るために設置します。ジュニアシートが機能するには、正しく設置することが大切です。

ここでは、ジュニアシートを設置する際の注意点をご紹介します。

助手席に設置するのはNG!

助手席にジュニアシートを設置するのは法律上禁止されていませんが、安全を考え、助手席に設置するのはやめておきましょう。

とくにエアバッグが搭載されている車種の場合、万が一の事故の際に助手席のエアバッグがふくらむ衝撃で子どもがたたきつけられてしまい、重大なケガを負う可能性があるのです。

「ブースターシート」の装着位置はシートの奥深くに

 

背もたれのないブースターシートは、シートの奥深くに設置しないと正しい位置でシートベルトが通せなかったり、ベルトとバックルが届かなかったりします。

装着方法はまず、ブースターシートをシートの一番奥の位置に置いてから子どもが座ります。座ったらシートベルトを肩に通し、腰部分のベルトと一緒にブースターシートのツメ部分に通してバックルで留めましょう。

お手入れの際は、パーツをバラバラにした方が綺麗になる

 

子どもが使うものは、汚れやすいと感じる人も多いのではないでしょうか。お手入れを怠ってしまうと、汚れが落ちなくなったり、カビなどの細菌が発生してしまう可能性もあるので早めに対応した方がいいです。

まず、カバーやクッションなどのバラせるパーツはすべてバラします。カバーの水洗いがOKの場合は歯ブラシ等を使って洗うときれいに洗えます。洗濯機を使用して丸洗いOKなのか、手洗いのみOKなのかを確認してから洗うことも大事なポイントです。

パーツを外したあとは掃除機でゴミをきれいに取ってしまい、タオルなどで拭きあげましょう。そして、すべてしっかりと乾かしてから組み立て直してください。

各ジュニアシートには取扱説明書がついています。各商品についている取扱説明書に書かれた方法でお手入れをすることが大切なので、しっかりと説明書を見てお手入れを行いましょう。

公認チャイルドシート指導員からのアドバイス

自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

自動車生活ジャーナリスト

チャイルドシートの装着義務があるのは5歳まで(6歳未満)ですが、そのあとはジュニアシートを使って子どもの安全を守りましょう。

ジュニアシートというと、座面を持ち上げるブースターシートのイメージが強いかもしれませんが、ブースターシートは身長125cm・体重22kg・7~8歳を超えてから使うのが安全。

欧州ではブースターシートは最新の安全基準を満たさないとして、やがて新規の販売ができなくなる予定です。とはいえ、車のシートベルトをつけるだけで乗せるよりはいいので、たとえば祖父母の車に月に1、2回乗る程度ならブースターシートを用意しておくといいでしょう。

ジュニアシートで快適なドライブを!

ジュニアシートの上手な選び方とおすすめ商品、設置や移動がしやすい軽量ハイバックシートやジュニアシートの知識を紹介しました。

ジュニアシートは子どもの体型や成長に合わせ、適したものを選ぶのが重要です。さらに、安全性だけでなく快適なドライブができる機能豊富なジュニアシートも多く発売されています。納得の商品を選んで、子どもとのドライブを楽しみましょう。

◆アンケート情報
調査時期:2023年5月29日-6月8日
調査対象:7歳未満のお子さんがいるママ
調査数:女性100名
調査方法:インターネットアンケートフォーム

※記事中に掲載しているクチコミはアンケート調査時の回答データを使用しております。回答者個人の意見に基づくものになりますので、商品選びのご参考にされる場合には、ご注意ください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button