公認チャイルドシート指導員おすすめのチャイルドシート用保護マット8選

公認チャイルドシート指導員おすすめのチャイルドシート用保護マット8選
自動車生活ジャーナリスト
加藤 久美子

下関市出身 大学在学中に車に目覚め、大学時代は神奈川県内のトヨタディーラーで納車引き取りのアルバイトを経験。大学卒業後、日刊自動車新聞社に編集記者として入社。 1989年FIA 公認のクロスカントリーラリー「オーストラリアン・サファリ」に出場。 1995年会社を辞めてフリーランスの道へ。 1999-2000日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。 2000年に第一子出産後、妊婦のシートベルト着用を推進する会を立ち上げ、チャイルドシートと共に胎児と赤ちゃんの命を守る啓発活動を展開している。 月刊誌『MONOQLO』(晋遊舎)、All About、citrus、オートックワン、乗りものニュース、くるまのニュース、JAFMATEなどに自動車生活関連(運転マナー、車の税金、維持費、メンテナンス、カスタム、海外車事情など)の記事を年間300本以上寄稿している。 また、(一財)日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員としてチャイルドシートの正しい装着や子連れドライブの楽しみ方と危険回避に関する講演、啓発活動なども積極的に行っている。

チャイルドシートを座席に設置するときに役立つチャイルドシート用保護マット。チャイルドシートの滑り止めや座席シートの汚れを防止してくれます。しかし、機能性や装着しやすさなど、気にするポイントが多くてどれを買えばよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。この記事では、(一財)日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんへの取材をもとに、おすすめのチャイルドシート用保護マットをご紹介します。


チャイルドシート用保護マットの選び方|公認チャイルドシート指導員のおすすめ

公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに、チャイルドシート用保護マットの使い方と選ぶときのポイントを教えていただきました。

チャイルドシートで寝る子
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

チャイルドシートをしっかり固定することにもひと役買ってくれるのが保護シートです。

保護マットの第一の目的はキズ汚れ防止

自動車生活ジャーナリスト

保護マットはさまざまなタイプ、大きさがあります。保護マットの目的は車の座席をキズつけないことや滑らないようしっかり安定させて装着すること。ですので保護マットのサイズはチャイルドシートの底面サイズよりも大きい必要があります。そうでないとチャイルドシートが不安定になり、本末転倒に。

また、ISOFIX(自動車の座席に利用するチャイルドシートの固定方式に関する国際標準規格)シート用に保護マットを使う場合は、保護マットの切り欠き部分が細いもの(ISOFIXの金具の間に入る幅)を選びましょう。基本的にISOFIXであれば、滑り止めの機能をもった保護シートは必要ないでしょう。

チャイルドシートをしっかり固定したい方に

自動車生活ジャーナリスト

保護マットの用途のひとつが滑り止めのためです。チャイルドシート本体を座席に取りつける際、ガッチリと確実に取りつける必要があります。手で揺らしたときのぐらつきの許容範囲は2cm以内です。しかし、どんなにガッチリつけてもチャイルドシートの底面と座席の座面の相性が悪ければ滑りやすくなり、確実な装着が難しくなります。

滑り止めを兼ねる保護マットを1枚敷いておけば、滑ることなく確実にチャイルドシートを固定できます。なお、ISOFIXで装着できる場合は、滑り止めは不要です。

BESTLINE 『チャイルドシートマット シートプロテクター』

滑り止めのしっかりしたチャイルドシート用保護マットなら、1枚挟むだけでガッチリとチャイルドシートを固定してくれます。

>> Amazonで詳細を見る

滑り止めとしての用途ならジュニアシートには必須

自動車生活ジャーナリスト

一般的に、座席に幼児の体を固定する補助装置を「チャイルドシート」と呼びますが、年齢や成長に合わせて3種類に使い分けます。乳児用がベビーシート、幼児用がチャイルドシート、学童用がジュニアシートと言い換えられております。

ほとんどのジュニアシートは、車のシートベルトを使ってジュニアシート本体とそこに座る子どもの体を一緒に固定します。ベビーシートはシートをまずベルトかISOFIXで固定して、子どもの体はシートについているハーネス(ベルト)やインパクトシールド(セーフティクッションなどとも)で拘束します。

ジュニアシートを使わないときや乗り降りの際は、シートが固定されていないため、場合によってはジュニアシートごと車の座席から滑り落ちる危険があります。ジュニアシートを使う際には滑り止め防止として保護マットを敷いておくと安心です。

キックガードとセットになったものに注目!

自動車生活ジャーナリスト

保護マットのなかには、単体で販売されているものもあれば同じ保護マットが2枚、また、前席の背もたれの裏(子どもの足があたって汚れやすいところ)に使うキックガードとセットになったものも販売されています。チャイルドシートの装着場所や、前席背もたれとの距離(子どもの足が届くか)など、車内での使用状況をよく考えて購入しましょう。

monamour(モナムール)『monamour チャイルドシートマット(キックガード付き)』

キックガードが付いているので座席の汚れも安心!

>> Amazonで詳細を見る

後席のヘッドレストがない車には使用できない場合も

自動車生活ジャーナリスト

保護マットは多くの場合、後部座席にセットします。その際、ヘッドレストの支柱を使って取りつけるタイプが多いので、ヘッドレストがない座席に保護マットを使うのは不可能となる場合もあります。

ただし固定せず、ただ敷いて使う方法でよければ、ヘッドレストなしでも保護マットを使うことが可能。保護マットのタイプによって取りつけ方法が異なるので、選ぶ際には必ず確認しましょう。

ここもチェック! チャイルドシート用保護マットを選ぶポイント

チャイルドシート用保護マットに備えられた様々な機能にも注目し、機能別の商品の選び方も教えて頂きました。

チャイルドシート用保護マットの機能で選ぶ

ISOFIX対応

ISOFIXタイプのチャイルドシートを使用している場合は、ISOFIX対応のチャイルドシート保護マットかを事前に確認する必要があります。とくに背面から座面までカバーできるタイプは、ISOFIXに対応していないとコネクター部分と重なって設置の邪魔になってしまいます。

また、座面のみのタイプでも厚みがあるなど、ISOFIXに対応していないものもあるので注意してください。

滑り止め加工

チャイルドシート用保護マットに滑り止め加工が施されていれば、チャイルドシートをしっかり座席に固定できます。チャイルドシートを設置しても滑りやすいと安定感がなく、安全面でも心配になってしまいます。とくにシートベルトで固定するタイプのチャイルドシートは固定力が低く滑りやすいので、滑り止め加工が施されている保護マットを選ぶようにしましょう。

固定力の高いISOFIXタイプのチャイルドシートならば、滑り止め加工が施されていないチャイルドシート用保護マットも使用できます。

キックガードつき

子どもが成長してくると足が長くなり、座席を蹴って汚れやキズをつけてしまうことがあります。そこで役立つのがキックガードです。キックガードがついていれば子どもが足で座席を蹴っても、キズをつけたり汚してしまう心配をせずにすみます。

また、前席用のキックガードとセット販売されているチャイルドシート用保護マットもあるので、しっかり汚れやキズの対策をしたいという方におすすめです。

収納ポケットつき

チャイルドシート用保護マットのなかには、キックガード部分に収納ポケットがついているものもあります。子どもがいると荷物が多くなりがちの車内も整理でき、おむつや飲みものなどを入れておけば必要なときにバッグのなかを探さずに済むのでとても便利。

また、おもちゃを収納しておけば、ドライブ中に子どもがぐずってもすぐに取り出して与えられます。

チャイルドシート用保護マット8選|公認チャイルドシート指導員のおすすめ

ここまでに紹介したチャイルドシート用保護マットの選び方のポイントをふまえて、公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BESTLINE『チャイルドシートマット シートプロテクター』

BESTLINE『チャイルドシートマットシートプロテクター』 BESTLINE『チャイルドシートマットシートプロテクター』 BESTLINE『チャイルドシートマットシートプロテクター』 BESTLINE『チャイルドシートマットシートプロテクター』 BESTLINE『チャイルドシートマットシートプロテクター』 BESTLINE『チャイルドシートマットシートプロテクター』 BESTLINE『チャイルドシートマットシートプロテクター』 BESTLINE『チャイルドシートマットシートプロテクター』 BESTLINE『チャイルドシートマットシートプロテクター』

出典:Amazon

サイズ 縦122.0×幅48.5cm(背面縦:57.5cm、座面縦:45.0cm)
重量 558g
材質 600Dポリエステル、PU素材
ISOFIX対応
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32

自動車生活ジャーナリスト

6つの滑り止めパッドでガッチリ固定できる

こちらの保護マットの表面は耐久性&防水にすぐれたやや厚めのPU素材を使っており、キズつき防止はもちろん滑り止めの効果も期待できます。裏面には6つの滑り止めパットがついており、座席の座面との間でも滑らないようじゅうぶんな加工がされています。また、保護マットはエプロン状態で垂れ下がるため、子どもの靴で座面を汚すことも防いでくれるメリットも。

マットの下のほうにはボトルや携帯電話などの小物が収納できるポケットがついていて便利に使える点もよいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DG Japan『Active Winner チャイルドシート マット 保護シート』

DGJapan『ActiveWinnerチャイルドシートマット保護シート』 DGJapan『ActiveWinnerチャイルドシートマット保護シート』 DGJapan『ActiveWinnerチャイルドシートマット保護シート』 DGJapan『ActiveWinnerチャイルドシートマット保護シート』 DGJapan『ActiveWinnerチャイルドシートマット保護シート』 DGJapan『ActiveWinnerチャイルドシートマット保護シート』 DGJapan『ActiveWinnerチャイルドシートマット保護シート』 DGJapan『ActiveWinnerチャイルドシートマット保護シート』 DGJapan『ActiveWinnerチャイルドシートマット保護シート』

出典:Amazon

サイズ 縦122.0×幅47.0cm(背面縦:57.0cm、座面縦:45.0cm)
重量 499g
材質 合皮レザーなど
ISOFIX対応 不明
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32

自動車生活ジャーナリスト

厚めのマットで座面をしっかりガード

保護マットを敷いているとシートベルトを脱着しにくいことがありますが、こちらの保護マットは独自考案のオリジナルデザインで脱着のしやすさまでが考慮されています。ほどよい厚みのあるマットなので、チャイルドシート装着による座面のへこみもほとんどなく、また防水機能も強力です。

裏面全体に撥水加工がされており、チャイルドシート用の保護マットととしてだけではなく、ペットのゲージを載せたり、海や川でのレジャーにも役立ちます。足もとのメッシュポケットはやや小さめですが、小物収納に便利。もちろん、子どもの靴汚れからも座席を保護します。

monamour(モナムール)『monamour チャイルドシートマット(キックガード付き)』

monamour(モナムール)『monamourチャイルドシートマット(キックガード付き)』 monamour(モナムール)『monamourチャイルドシートマット(キックガード付き)』 monamour(モナムール)『monamourチャイルドシートマット(キックガード付き)』 monamour(モナムール)『monamourチャイルドシートマット(キックガード付き)』 monamour(モナムール)『monamourチャイルドシートマット(キックガード付き)』 monamour(モナムール)『monamourチャイルドシートマット(キックガード付き)』 monamour(モナムール)『monamourチャイルドシートマット(キックガード付き)』 monamour(モナムール)『monamourチャイルドシートマット(キックガード付き)』 monamour(モナムール)『monamourチャイルドシートマット(キックガード付き)』

出典:Amazon

サイズ 縦123×幅48cm、キックガード:縦77×幅44cm
重量 649g
材質 表面:600Dポリエステル、裏面:PU素材
ISOFIX対応
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32

自動車生活ジャーナリスト

ISOFIXシートにも対応した使いやすいマット

日本で企画されたモナムールのオリジナル商品です。汎用性の高い設計により、どんな車種にもかんたんに取りつけができます。ISOFIXの金具間隔に合わせて設計されているので、近年急増しているISOFIXチャイルドシートにも安心して使用可能です。表面には600Dポリエステルオックスフォードを採用しており、撥水力は完璧。水遊びのあとの濡れた靴や、シート上でお漏らしをしてもかんたんに拭き取るだけできれいになります。

保護マットのほか、前席の背もたれを子どもの蹴りから守ってくれる、キックガードとの2枚セットとなります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ベル二コ『bellunico 遮熱カバー付きシート保護マット シャーネッツ』

ベル二コ『bellunico遮熱カバー付きシート保護マットシャーネッツ』 ベル二コ『bellunico遮熱カバー付きシート保護マットシャーネッツ』

出典:楽天市場

サイズ 縦90×幅48cm
重量 392g
材質 マット部:PVC、ナイロンカバー部:ポリエステル・ナイロン
ISOFIX対応
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32

自動車生活ジャーナリスト

炎天下に必須の遮熱カバーとセットでお得!

炎天下に置いた車のなかは、非常に高温となります。ハンドルが熱せられて握れなくなったり、シートベルトのタングプレート(金属部分)が非常に熱くて火傷をする危険性も。こちらの保護マットはチャイルドシートを丸ごと覆う保護カバー(遮熱カバー)とのセットなので、遮熱カバーを使えば金属部分が高温になるのを防げます。

ISOFIX対応にした形状をしているので、ベルト固定含め多くのチャイルドシートに対応します。使わないときには専用ポケットに収納できるので邪魔になりません。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コンビ『Combi フィットマット』

コンビ『Combiフィットマット』 コンビ『Combiフィットマット』 コンビ『Combiフィットマット』 コンビ『Combiフィットマット』 コンビ『Combiフィットマット』

出典:Amazon

サイズ 縦45×幅41cm
重量 490g
材質 ポリエチレン
ISOFIX対応 ×
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32

自動車生活ジャーナリスト

ヘッドレストがなくても使えるタイプ

コンビのチャイルドシート用オプション製品ですが、底面のサイズがこのシート(縦45×横41)のなかに収まればコンビに限らずどんなメーカーのチャイルドシートにも使えます。

車の座席を保護する目的のほか、車のシートがやわらかすぎる場合や、車のシートベルトを受けるバックルが長すぎるときなどに使うとチャイルドシートがしっかり安定して装着できます。こちらはヘッドレストの有無に関係なく、置くだけで使えます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Joyson Safety Systems『タカタ チャイルドシート用スペーサーマット』

JoysonSafetySystems『タカタチャイルドシート用スペーサーマット』 JoysonSafetySystems『タカタチャイルドシート用スペーサーマット』 JoysonSafetySystems『タカタチャイルドシート用スペーサーマット』 JoysonSafetySystems『タカタチャイルドシート用スペーサーマット』

出典:Amazon

サイズ 縦32.5×幅32.5cm
重量 231g
材質 ポリエチレン
ISOFIX対応 -
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32

自動車生活ジャーナリスト

置くだけで使える! 厚みじゅうぶんでしっかり保護

分厚いクッションは座面を保護すると同時に、チャイルドシートを安定して装着することにたいへん役立ちます。こちらは車の座席にそのまま置いて使うタイプなので、ヘッドレストのほかに固定する必要はありません。座面に置いて安定させたりキズつきを防止させたりするほか、背もたれに使ってチャイルドシートと背もたれのすき間を埋めるなどして安定させるために使うこともおすすめです。

コンビに比べて8.5×12.5cm小さい(縦32.5×横32.5)ので、使用の際にはチャイルドシート底面のサイズを要確認です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

日本育児『日本育児 グリップイット』

日本育児『日本育児グリップイット』 日本育児『日本育児グリップイット』 日本育児『日本育児グリップイット』 日本育児『日本育児グリップイット』

出典:Amazon

サイズ 縦106.5×幅48.0cm(背面縦:56.5cm、座面縦:46.0cm)
重量 500g
材質 塩化ビニール
ISOFIX対応 -
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32

自動車生活ジャーナリスト

大きめサイズで広い範囲を保護できる

育児用品会社の日本育児が販売する保護マット。保護マットなどの輸入ベビー用品は販売元の連絡先などがわかりにくいことが多いので、安心感があります。こちらもヘッドレストにバックルで止めてセットする方法でかんたんにおこなうことができます。保護マットの素材は滑りにくい特殊素材を使っており、チャイルドシートをしっかり安定させ、シートの座面をキズや汚れ、へこみから守ってくれます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CTP JAPAN『cybex(サイベックス) チャイルドシート用保護マット』

CTPJAPAN『cybex(サイベックス)チャイルドシート用保護マット』

出典:Amazon

サイズ 縦90×幅45cm(背面縦:40cm、座面縦:40cm)
重量 159g
材質 ポリエステル100%
ISOFIX対応
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32

自動車生活ジャーナリスト

滑り止め効果はないのでISOFIXに使用

サイベックスはドイツのブランドですが、この保護シートは日本製です。滑り止めの効果はないため、サイベックスに限らずISOFIXチャイルドシートに使うのがよいでしょう。ISO-FIXの金具があたる部分は狭くなっており、ISOFIXシートの脱着も問題ありません。

防水機能をもったマットとはちがって、車の座席とマットの間に湿気がこもらず、通気性は良好です。

底面サイズをしっかり確認! 公認チャイルドシート指導員からアドバイス

自動車生活ジャーナリスト

チャイルドシートは車の座席の上に敷いて使います。目的のひとつはチャイルドシートの底部分が車の座面にあたって、座面をキズつけないようにするため。とくに本革シートなどキズがつきやすい座席には敷いておくと安心です。

もちろん、チャイルドシート使用の義務化がスタートした2000(平成12)年当初に比べると、チャイルドシートの底部分は滑らかに仕上げられており、キズやケガのもとになるプラスチックの「バリ」などはぐっと減っていますが、気になる場合にはお使いになるとよいでしょう。また、キズと同時に食べこぼしや子どもの靴で座席まわりが汚れることも防いでくれます。

機能充実! チャイルドシート用保護マットをさらに紹介

公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに教えていただいた商品のほかにも、それぞれ特徴を持ったさまざまな商品があったので、ご紹介します。

笑顔一番『チャイルドシート 保護マット』

笑顔一番『チャイルドシート保護マット』 笑顔一番『チャイルドシート保護マット』 笑顔一番『チャイルドシート保護マット』 笑顔一番『チャイルドシート保護マット』 笑顔一番『チャイルドシート保護マット』 笑顔一番『チャイルドシート保護マット』 笑顔一番『チャイルドシート保護マット』 笑顔一番『チャイルドシート保護マット』 笑顔一番『チャイルドシート保護マット』

出典:Amazon

サイズ 縦123×幅47cm(背面縦:58cm、座面縦:43cm)
重量 680g
材質 新1680D素材
ISOFIX対応

耐久性3倍アップ! 収納力抜群のチャイルドシート

従来品よりも耐久性が3倍アップした、 ISOFIX対応のチャイルドシート用保護マットです。裏地には滑り止め加工が施されていて、シートベルトで装着するタイプのチャイルドシートもしっかり固定できます。また、取りつけが2ステップでとてもかんたん。仕切りつきの収納ポケットは、おむつや哺乳瓶も入れておきやすいサイズで、とてもいい使い勝手となっています。

Rollibot『チャイルドシートマット』

Rollibot『チャイルドシートマット』 Rollibot『チャイルドシートマット』 Rollibot『チャイルドシートマット』 Rollibot『チャイルドシートマット』 Rollibot『チャイルドシートマット』 Rollibot『チャイルドシートマット』 Rollibot『チャイルドシートマット』 Rollibot『チャイルドシートマット』 Rollibot『チャイルドシートマット』

出典:Amazon

サイズ 縦122.0×幅48.5cm
重量 640g
材質 600Dポリエステル、滑り止めフェイクレザーPU
ISOFIX対応

吸水性の表地で赤ちゃんが飲みこぼしても安心

バックルでかんたんに取りつけができるチャイルドシート用保護マットです。滑り止め加工が施されているのでチャイルドシートをしっかり固定。表地は吸水性のあるフリース素材なので、飲みこぼしが隣の座席に流れずに済みます。また、キックガード部分はふたつに仕切りのあるポケットになっていて、おもちゃやお菓子などを分けて収納しておくことができます。

アップリカ・チルドレンズプロダクツ『Aprica(アップリカ) シート保護マット』

アップリカ・チルドレンズプロダクツ『Aprica(アップリカ)シート保護マット』 アップリカ・チルドレンズプロダクツ『Aprica(アップリカ)シート保護マット』 アップリカ・チルドレンズプロダクツ『Aprica(アップリカ)シート保護マット』

出典:Amazon

サイズ 縦45×幅40cm
重量 -
材質 表地:ポリエステル100% 、滑り止め:アクリル樹脂
ISOFIX対応

やわらかい素材でチャイルドシートをしっかり固定

かんたんに取りつけられるチャイルドシート用保護マットです。背面の保護はできませんが、座面はチャイルドシートの摩擦などからしっかり守られます。やわらかい素材なのでチャイルドシートにぴったりフィット。

また、滑り止め効果もあるので安定して固定できます。対応機種が公式サイトに記載されているので、購入前に確認するといいでしょう。

Little Princess『(Little Princess)リトルプリンセス カーシートプロテクター』

LittlePrincess『(LittlePrincess)リトルプリンセスカーシートプロテクター』 LittlePrincess『(LittlePrincess)リトルプリンセスカーシートプロテクター』

出典:楽天市場

サイズ 縦68×幅45cm
重量 667g
材質 TPE
ISOFIX対応 -

TPE素材で滑り止め効果抜群

座面に置くだけで取りつけられるチャイルドシート用保護マットです。TPE(熱可塑性エラストマー)素材なのでゴムのような弾力があり、滑り止め効果抜群。撥水性にもすぐれているため、赤ちゃんの飲みこぼし汚れからもシートを守れます。

背面はカバーできませんが、足もとにはキックガードがついているので元気な子どもが足をばたつかせてもシートが汚れずに済みます。

TMJ『シートプロテクター』

TMJ『シートプロテクター』 TMJ『シートプロテクター』 TMJ『シートプロテクター』

出典:Amazon

サイズ 縦110×幅49cm
重量 570g
材質 表:ポリエステル、裏:ナイロン
ISOFIX対応

両面滑り止め加工でチャイルドシートをしっかり固定

背面から足もとまでカバーできるチャイルドシート用保護マットです。両面に滑り止め加工が施されていて、車のシートとチャイルドシートをしっかり固定。通気性のいい抗菌素材でつくられたシートは清潔に使えるので、食べこぼしが気になる方におすすめです。

また、深さのある収納ポケットは3つに仕切られていて、哺乳瓶やおむつなどもきれいに整頓できます。

Normei『シートバックポケット キックガード』

Normei『シートバックポケットキックガード』 Normei『シートバックポケットキックガード』 Normei『シートバックポケットキックガード』 Normei『シートバックポケットキックガード』 Normei『シートバックポケットキックガード』 Normei『シートバックポケットキックガード』 Normei『シートバックポケットキックガード』

出典:Amazon

サイズ 縦82.8×幅48.3cm(背面縦:57.4cm、座面縦:45.0cm)、キックガード:縦61.0×幅40.6cm
重量 739g
材質 600Dオックスフォード、滑り止めPU
ISOFIX対応

収納力抜群のキックガード付で車内の整理整頓が可能

チャイルドシート保護マットと前席用のキックガードのセットです。前席用のキックガードには本などを入れておける仕切りが多数あり、子どもがドライブ中でもあきないようにタブレット端末が入るクリアな収納スペースもあるというすぐれもの。

保護マットとキックガードのセットですが購入しやすい価格なので、車内の汚れ対策を徹底的におこないたい方におすすめです。

Prince Lionheart『2ステージ シートセーバー』

PrinceLionheart『2ステージシートセーバー』 PrinceLionheart『2ステージシートセーバー』 PrinceLionheart『2ステージシートセーバー』 PrinceLionheart『2ステージシートセーバー』 PrinceLionheart『2ステージシートセーバー』

出典:Amazon

サイズ 縦105×幅52cm
重量 771g
材質 PVC、ポリウレタン
ISOFIX対応 -

飲みこぼしがほかの座席に流れにくいトレイ型

摩擦で毛玉ができにくい耐久性のある素材でつくられた、チャイルドシート用保護マット。背面と座面部分はマジックテープで取り外しができ、使用するチャイルドシートの向きにあわせて使い分けることが可能。さらに、飲みこぼしが隣の座席に流れにくいトレイ型なので、飲み物を安心して与えられるデザインです。裏面は座席シートで滑らないように網目状になっていて、チャイルドシートを装着しても安定感があります。

Combi『ズレ防止・保護シート』

Combi『ズレ防止・保護シート』 Combi『ズレ防止・保護シート』 Combi『ズレ防止・保護シート』 Combi『ズレ防止・保護シート』 Combi『ズレ防止・保護シート』

出典:Amazon

サイズ 縦45×幅39cm
重量 50g
材質 ビニロン
ISOFIX対応 -

チャイルドシートのズレを防ぐ薄型の保護シート

コンビのチャイルドシートとジュニアシート専用の保護マットです。装着したチャイルドシートの滑りを防ぎ、重みや摩擦のダメージから座面シートを保護。とても軽量なつくりで、女性でも取り外しがかんたんです。また、燃えにくい特徴をもつ素材を使用しており、シンプルなデザインですが万が一のことを考えてつくられています。

THANKO(サンコー)『シートガードマット』

THANKO(サンコー)『シートガードマット』

出典:Amazon

サイズ 縦100×幅45cm
重量 299g
材質 生地:ポリエステル、裏面:アクリル樹脂
ISOFIX対応 -

薄くて取りつけがかんたんなガードマット

背面から足もとまでカバーできる保護マット。座席に載せるだけで取りつけられ、チャイルドシートからジュニアシートに変えても使用できます。また、汚れたらすぐに洗濯ができ、飲みこぼしをしても清潔に保てるのはうれしいポイントです。

しかし、滑り止めがついていないので革や合成皮革製の座席であると、滑りやすくなってしまうので使用は避けてください。

「チャイルドシート用保護マット」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
BESTLINE『チャイルドシートマット シートプロテクター』
DG Japan『Active Winner チャイルドシート マット 保護シート』
monamour(モナムール)『monamour チャイルドシートマット(キックガード付き)』
ベル二コ『bellunico 遮熱カバー付きシート保護マット シャーネッツ』
コンビ『Combi フィットマット』
Joyson Safety Systems『タカタ チャイルドシート用スペーサーマット』
日本育児『日本育児 グリップイット』
CTP JAPAN『cybex(サイベックス) チャイルドシート用保護マット』
笑顔一番『チャイルドシート 保護マット』
Rollibot『チャイルドシートマット』
アップリカ・チルドレンズプロダクツ『Aprica(アップリカ) シート保護マット』
Little Princess『(Little Princess)リトルプリンセス カーシートプロテクター』
TMJ『シートプロテクター』
Normei『シートバックポケット キックガード』
Prince Lionheart『2ステージ シートセーバー』
Combi『ズレ防止・保護シート』
THANKO(サンコー)『シートガードマット』
商品名 BESTLINE『チャイルドシートマット シートプロテクター』 DG Japan『Active Winner チャイルドシート マット 保護シート』 monamour(モナムール)『monamour チャイルドシートマット(キックガード付き)』 ベル二コ『bellunico 遮熱カバー付きシート保護マット シャーネッツ』 コンビ『Combi フィットマット』 Joyson Safety Systems『タカタ チャイルドシート用スペーサーマット』 日本育児『日本育児 グリップイット』 CTP JAPAN『cybex(サイベックス) チャイルドシート用保護マット』 笑顔一番『チャイルドシート 保護マット』 Rollibot『チャイルドシートマット』 アップリカ・チルドレンズプロダクツ『Aprica(アップリカ) シート保護マット』 Little Princess『(Little Princess)リトルプリンセス カーシートプロテクター』 TMJ『シートプロテクター』 Normei『シートバックポケット キックガード』 Prince Lionheart『2ステージ シートセーバー』 Combi『ズレ防止・保護シート』 THANKO(サンコー)『シートガードマット』
商品情報
特徴 6つの滑り止めパッドでガッチリ固定できる 厚めのマットで座面をしっかりガード ISOFIXシートにも対応した使いやすいマット 炎天下に必須の遮熱カバーとセットでお得! ヘッドレストがなくても使えるタイプ 置くだけで使える! 厚みじゅうぶんでしっかり保護 大きめサイズで広い範囲を保護できる 滑り止め効果はないのでISOFIXに使用 耐久性3倍アップ! 収納力抜群のチャイルドシート 吸水性の表地で赤ちゃんが飲みこぼしても安心 やわらかい素材でチャイルドシートをしっかり固定 TPE素材で滑り止め効果抜群 両面滑り止め加工でチャイルドシートをしっかり固定 収納力抜群のキックガード付で車内の整理整頓が可能 飲みこぼしがほかの座席に流れにくいトレイ型 チャイルドシートのズレを防ぐ薄型の保護シート 薄くて取りつけがかんたんなガードマット
サイズ 縦122.0×幅48.5cm(背面縦:57.5cm、座面縦:45.0cm) 縦122.0×幅47.0cm(背面縦:57.0cm、座面縦:45.0cm) 縦123×幅48cm、キックガード:縦77×幅44cm 縦90×幅48cm 縦45×幅41cm 縦32.5×幅32.5cm 縦106.5×幅48.0cm(背面縦:56.5cm、座面縦:46.0cm) 縦90×幅45cm(背面縦:40cm、座面縦:40cm) 縦123×幅47cm(背面縦:58cm、座面縦:43cm) 縦122.0×幅48.5cm 縦45×幅40cm 縦68×幅45cm 縦110×幅49cm 縦82.8×幅48.3cm(背面縦:57.4cm、座面縦:45.0cm)、キックガード:縦61.0×幅40.6cm 縦105×幅52cm 縦45×幅39cm 縦100×幅45cm
重量 558g 499g 649g 392g 490g 231g 500g 159g 680g 640g - 667g 570g 739g 771g 50g 299g
材質 600Dポリエステル、PU素材 合皮レザーなど 表面:600Dポリエステル、裏面:PU素材 マット部:PVC、ナイロンカバー部:ポリエステル・ナイロン ポリエチレン ポリエチレン 塩化ビニール ポリエステル100% 新1680D素材 600Dポリエステル、滑り止めフェイクレザーPU 表地:ポリエステル100% 、滑り止め:アクリル樹脂 TPE 表:ポリエステル、裏:ナイロン 600Dオックスフォード、滑り止めPU PVC、ポリウレタン ビニロン 生地:ポリエステル、裏面:アクリル樹脂
ISOFIX対応 不明 × - - - - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

通販サイトのチャイルドシート保護マットランキングを参考にする

Amazonでのチャイルドシート保護マットの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:チャイルドシート保護マットランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

チャイルドシート用保護マットを使用して安全にドライブを

公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんへの取材をもとに、チャイルドシート用保護マットの選び方とおすすめ商品をご紹介しました。赤ちゃんとのドライブはゆっくりできる幸せなひととき。お気に入りのチャイルドシート用保護マットをみつけて、快適なドライブをしてください。

生まれてすぐの赤ちゃんから5歳までの子どもを車に乗せるとき、道路交通法により、チャイルドシートを取り付けて乗せることが義務づけられています。チャイルドシートは、使用する時期により、乳児専用タイプ、乳児・幼児兼用タイプ、学童用のジュニアシートなど、いくつかのタイプに分かれています。また、最近は取...

ベビーミラーは車内に設置してドライバーから後部座席の赤ちゃんの様子を確認できるようにするグッズです。なかでも後ろ向きの乳児用チャイルドシートに座る赤ちゃんの様子を見るために使うのがもともとのベビーミラーのねらいです。赤ちゃんと一緒に車で移動する際には便利なアイテムですが、実際に購入しようと思っ...

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/4/20 商品情報の修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 中村亜紀子)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


チャイルドシートおすすめランキング20選|チャイルドシート指導員厳選

チャイルドシートおすすめランキング20選|チャイルドシート指導員厳選

公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さん特選の【新生児から用】【1歳から用】のチャイルドシート各ベスト10をご紹介。ほかにも失敗しないチャイルドシートの選び方や、先輩ママ・パパ502名に聞いた人気メーカーや購入する際のポイント、さらにはお得に購入するポイントや設置の注意点まで幅広く紹介しています。ぜひ参考にしてください!


【公認チャイルドシート指導員が紹介】ロングユースのチャイルドシートおすすめ6選

【公認チャイルドシート指導員が紹介】ロングユースのチャイルドシートおすすめ6選

チャイルドシートは車に装着して使うことが前提なため、まずは車に正しく安全に装着できるかどうか適合を調べてから購入しなければいけません。さらに、ロングユースタイプでは、乳児用では後ろ向き、幼児用では前向きと、子どもの成長に合わせて使用する向きも変わります。そのため、装着できる幅や安全性など、チェック項目が多くどのようなチャイルドシートが最適なのか迷ってしまうことが多いですよね。この記事では、公認チャイルドシート指導員で自動車生活ジャーナリストの加藤久美子さんにロングユースのチャイルドシートの選び方やおすすめの商品を紹介していただきました。


【公認チャイルドシート指導員が選ぶ】チャイルドシートキックガードのおすすめ8選

【公認チャイルドシート指導員が選ぶ】チャイルドシートキックガードのおすすめ8選

自動車生活ジャーナリストで、(一財)日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに、キックガードの選び方とおすすめ商品8選をお聞きしました。5歳まで着用が義務づけられているチャイルドシートですが、お子さんが前の座席を蹴るなどしてシートが汚れてしまい、困っている方も多いのではないでしょうか。そんなときに活躍してくれるのがキックガードです。ただ汚れるのを防ぐだけでなく、おもちゃなどを収納できるタイプの商品もあるので、愛車にピッタリあったキックガードを見つけてみてください。


R129(i-Size)対応チャイルドシートおすすめ8選【公認チャイルドシート指導員が解説】

R129(i-Size)対応チャイルドシートおすすめ8選【公認チャイルドシート指導員が解説】

自動車生活ジャーナリストで公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんにR129(i-Size)対応チャイルドシートの選び方とおすすめ商品をうかがいました。法律で義務づけられているチャイルドシート。その中でも、「R129(i-Size)」は、ISOFIX対応のチャイルドシートに関わる最新の安全基準です。これまでの、子どもの「体重」を基準としていたものから「身長」を目安に使用をすることになります。日本国内ではまだ「R129(i-Size)」に対応した機種は少なめですが、欧州ブランドを中心に増えてきています。新しい基準のチャイルドシートだけに、どのように選んだらいいか迷う方もいるでしょう。ぜひこちらの記事を参考にしてください。


ISOFIX対応のチャイルドシートおすすめ10選【公認チャイルドシート指導員に取材】

ISOFIX対応のチャイルドシートおすすめ10選【公認チャイルドシート指導員に取材】

取り付けがかんたんでしっかりと車に固定できるのが、ISOFIX(アイソフィックス)対応チャイルドシート。装着方法、ISOFIXベース、シートベルト固定との違いなど、注意すべき点が多くて選び方がわからないという人も多いのではないでしょうか。さらに日本で採用されているヨーロッパの安全基準「R44」や、前方だけなく側面からの衝撃緩和にも着目した新しい基準の「R129(i-Size)」といった安全性も気になるところですね。自動車生活ジャーナリスト・公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに取材をして、選び方とおすすめのISOFIX対応チャイルドシートを教えてもらいました。


新着記事


アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

背負子は荷物の形状を問わず積載できる便利アイテム。本格的なタイプから使い勝手抜群の多機能タイプまであります。この記事では、背負子の特徴を含め、素材や形状、スペックなど選び方のポイントと、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。


【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

サムライ香水は気軽に使えるさわやかな香りのイメージですが、スパイシーな香りやセクシーで官能的な香りの香水も発売されています。本記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表 K.Denny B.さんと編集部が選んだおすすめ商品12選と、サムライ香水の選び方を紹介します。


クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

上品な大人の女性をイメージさせるハイブランドのクロエ。バッグやアクセサリーに加えて香水の人気も高く、多くの女性から愛され続けています。この記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表K.Denny B.さんと編集部が選んだクロエの香水のおすすめ12選と選び方をご紹介していきます。


ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレはコンパクトで価格も高額ではないため、趣味として人気が高まっている楽器です。本記事では、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部がウクレレ初心者楽譜の選び方やおすすめ12商品をご紹介します。これから、ウクレレ初心者楽譜を購入予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。


ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトは、リビングや玄関をおしゃれな空間に演出してくれる壁掛け灯です。配線工事が必要なものも多いですが、なかには取りつけがかんたんなコンセントタイプもあります。ここでは、ブラケットライトを選び方のポイントを解説し、インテリアコーディネーターの坂口 愛さんと編集部が選ぶおすすめ18商品をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る