チャイルドシート保護マットおすすめ12選|車の座席をキズ汚れから守る!

TMJ(ティーエムジェイ) シートプロテクター グレー
出典:Amazon

車の座席をキズや汚れから守ってくれる、チャイルドシート保護マット。チャイルドシートの滑り止めにも役立ちます!

この記事では、公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんへの取材をもとに、チャイルドシート保護マットの選び方とおすすめ商品を紹介。西松屋やアップリカなど、人気商品を厳選しました。

さらにAmazonなど通販サイトの最新人気ランキングや口コミも掲載するので、ぜひチェックしてくださいね。


自動車生活ジャーナリスト
加藤 久美子

下関市出身 大学在学中に車に目覚め、大学時代は神奈川県内のトヨタディーラーで納車引き取りのアルバイトを経験。大学卒業後、日刊自動車新聞社に編集記者として入社。 1989年FIA 公認のクロスカントリーラリー「オーストラリアン・サファリ」に出場。 1995年会社を辞めてフリーランスの道へ。 1999-2000日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。 2000年に第一子出産後、妊婦のシートベルト着用を推進する会を立ち上げ、チャイルドシートと共に胎児と赤ちゃんの命を守る啓発活動を展開している。 月刊誌『MONOQLO』(晋遊舎)、All About、citrus、オートックワン、乗りものニュース、くるまのニュース、JAFMATEなどに自動車生活関連(運転マナー、車の税金、維持費、メンテナンス、カスタム、海外車事情など)の記事を年間300本以上寄稿している。 また、(一財)日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員としてチャイルドシートの正しい装着や子連れドライブの楽しみ方と危険回避に関する講演、啓発活動なども積極的に行っている。

「保護マット」のおすすめ商品比較一覧表

画像
DG Japan『Active Winner チャイルドシート マット 保護シート』
monamour(モナムール)『monamour チャイルドシートマット(キックガード付き)』
日本育児『グリップイット』
cybex(サイベックス)『チャイルドシート用保護マット』
笑顔一番『チャイルドシート 保護マット』
Rollibot『チャイルドシートマット』
TMJ『シートプロテクター』
Prince Lionheart(プリンスライオンハート)『2ステージ シートセーバー』
Combi(コンビ)『Combi フィットマット』
Joyson Safety Systems『タカタ チャイルドシート用スペーサーマット』
Aprica(アップリカ)『シート保護マット』
Combi(コンビ)『ズレ防止・保護シート』
商品名 DG Japan『Active Winner チャイルドシート マット 保護シート』 monamour(モナムール)『monamour チャイルドシートマット(キックガード付き)』 日本育児『グリップイット』 cybex(サイベックス)『チャイルドシート用保護マット』 笑顔一番『チャイルドシート 保護マット』 Rollibot『チャイルドシートマット』 TMJ『シートプロテクター』 Prince Lionheart(プリンスライオンハート)『2ステージ シートセーバー』 Combi(コンビ)『Combi フィットマット』 Joyson Safety Systems『タカタ チャイルドシート用スペーサーマット』 Aprica(アップリカ)『シート保護マット』 Combi(コンビ)『ズレ防止・保護シート』
商品情報
特徴 厚めのマットで座面をしっかりガード! ISOFIXシートにも対応した使いやすいマット 大きめサイズで広い範囲を保護できる 滑り止め効果はないのでISOFIXに使用して 耐久性3倍アップ! 収納力抜群のチャイルドシート 吸水性の表地で赤ちゃんが飲みこぼしても安心 両面滑り止め加工でチャイルドシートをしっかり固定 飲みこぼしがほかの座席に流れにくいトレイ型 ヘッドレストがなくても使えるタイプ 置くだけで使える! 厚み十分でしっかり保護 やわらかい素材でチャイルドシートをしっかり固定 チャイルドシートのズレを防ぐ薄型の保護シート
サイズ 縦122.0×幅47.0cm(背面縦:57.0cm、座面縦:45.0cm) 縦123×幅48cm、キックガード:縦77×幅44cm 縦106.5×幅48.0cm(背面縦:56.5cm、座面縦:46.0cm) 縦90×幅45cm(背面縦:40cm、座面縦:40cm) 縦123×幅47cm(背面縦:58cm、座面縦:43cm) 縦122.0×幅48.5cm 縦110×幅49cm 縦105×幅52cm 縦45×幅41cm 縦32.5×幅32.5cm 縦45×幅40cm 縦45×幅39cm
重量 499g 649g 500g 159g 680g 640g 570g 771g 490g 231g - 50g
ISOFIX対応 不明 - - × - -
滑り止め あり あり あり なし あり あり あり あり - - あり あり
キックガード あり あり なし なし あり あり あり なし なし なし なし なし
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月24日時点 での税込価格

チャイルドシート保護マットとは? なぜ必要?

チャイルドシートの取り付け時、下敷きにして車のシートがキズつかないように守る「保護マット」。本当に必要なの? と迷っている方に向けて、使うメリットについて紹介します!

『チャイルドシート保護マット』のおすすめ商品を今すぐ見る

座席のキズや汚れを防止 メリット1

 

チャイルドシート設置時のキズや子供の食べこぼしから、座席をしっかり守ります。

使用する一番のメリットは、車内の座席シートをキズや汚れから守れること。チャイルドシートによっては底に、キズやケガのもとになるプラスチックの「バリ」が付いていることも。保護マットを敷けば座席をキズから守れます。

さらに、子供の食べこぼしや靴で座席まわりが汚れるのも防いでくれます

チャイルドシートのズレを防いでしっかり固定 メリット2

 

滑り止め付きチャイルドシート用保護マットなら、しっかりチャイルドシートを固定してくれます。

保護マットのもうひとつの役割が「滑り止め」。チャイルドシート本体を座席に取りつける際、ガッチリと確実に取りつける必要がありますが、チャイルドシートの底面と座席の座面の相性が悪ければ滑りやすくなってしまいます。

滑り止めを兼ねる保護マットを1枚敷いておけば、滑ることなくしっかりチャイルドシートを固定できます。なお、ISOFIXで装着できる場合は滑り止めは不要です。

このほか、学童用のジュニアシートを使用している場合は、乗り降り時にシートが固定されていないため、ジュニアシートごと車の座席から滑り落ちる危険があります。ジュニアシートを使う際には滑り止め防止として保護マットを敷いておくと安心でしょう。

チャイルドシート保護マットの選び方 座席をカバーしてキズ汚れを防ぐ!

公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに、チャイルドシート保護マットの使い方と選び方を教えてもらいました。

保護マットのサイズで選ぶ

 

保護マットの最大の目的は、車の座席をキズつけないことや、滑らないようしっかり安定させて装着すること。そのため、保護マットのサイズはチャイルドシートの底面サイズよりも大きい必要があります。

サイズはおもに「大判タイプ」と「コンパクトタイプ」があるので、それぞれの違いをチェックしてきましょう。

背もたれまで保護できる「大判タイプ」

 

大判タイプは、車の座面部分だけでなく背もたれまでカバーできます。車内で飲食をする場合も食べこぼしで汚れる心配がなく、汚れたらマットを拭いたり洗ったりすればOKなので車内を清潔に保てます。

また、子どもが自分でチャイルドシートに乗り降りできるようになると、靴でシートが汚れてしまうことがあります。そんなときも、大判タイプのマットなら広い範囲を保護できるので汚れを防ぐことができるでしょう。

しかし、取り付けに時間がかかるので、常時取り付けておく場合におすすめです。

『大判タイプ』保護マットのおすすめを見る

装着が簡単な「コンパクトタイプ」

 

子どもと出かけるときだけチャイルドシートを取りつけるという場合には、座面のみのコンパクトなタイプがおすすめです。コンパクトなのでかさばらず持ち運びができ、シートに敷くだけで取り付けが完了するので忙しいパパやママも安心。

取りつけが簡単な反面、背もたれの部分まではカバーできないので、社内での飲食で食べこぼしには注意しましょう。

『コンパクトタイプ』保護マットのおすすめを見る

保護マットの機能性で選ぶ

滑り止めやキックガードなど、便利な機能についても着目しましょう。

シートベルト固定なら「滑り止め加工」をチェック

 

チャイルドシートを設置しても滑りやすいと安定感がなく、安全面でも心配になってしまいますよね。

保護マットに滑り止め加工が施されていれば、チャイルドシートをしっかり座席に固定できます。ISOFIXの場合は問題ありませんが、シートベルトで固定するタイプのチャイルドシートは固定力が低く滑りやすいので注意しましょう。

座席汚れを防ぎたいなら「キックガード付き」

 

子どもが成長してくると足が長くなり、座席を蹴って汚れやキズをつけてしまうことがあります。そこで役立つのが「キックガード」です。キックガードが付いていれば、子どもが足で座席を蹴ってもキズをつけたり汚してしまう心配をせずにすみます。

また、前席用のキックガードとセット販売されている保護マットは、しっかり汚れやキズの対策をしたいという方におすすめです。

子供用品の収納に便利な「収納ポケット付き」

 

チャイルドシート保護マットのなかには、キックガード部分に収納ポケットが付いているものもあります。

子どもがいると荷物が多くなりがちの車内も整理でき、おむつや飲みものなどを入れておけば必要なときにバッグのなかを探さずに済むのでとても便利。また、おもちゃを収納しておけば、ドライブ中に子どもがぐずってもすぐに取り出して与えられます。

「ISOFIX対応」かどうかも確認を

 

ISOFIXタイプのチャイルドシートを使用している場合は、保護マットもISOFIXに対応しているか確認する必要があります。とくに背面から座面までカバーできる大判タイプは、ISOFIXに対応していないとコネクター部分と重なって設置の邪魔になってしまいます。

ISOFIX対応チャイルドシートに保護マットを使う場合は、保護マットの切り欠き部分が細いもの(ISOFIXの金具の間に入る幅)を選びましょう。

保護マットおすすめ8選【大判タイプ】 チャイルドシートの背面もカバー!

ここからは、公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんと編集部が選ぶ、おすすめのチャイルドシート保護マットを、背面までカバーする「大判タイプ」と、座席のみの「コンパクトタイプ」に分けて紹介していきます。

DG Japan『Active Winner チャイルドシート マット 保護シート』

DGJapan『ActiveWinnerチャイルドシートマット保護シート』 DGJapan『ActiveWinnerチャイルドシートマット保護シート』 DGJapan『ActiveWinnerチャイルドシートマット保護シート』 DGJapan『ActiveWinnerチャイルドシートマット保護シート』 DGJapan『ActiveWinnerチャイルドシートマット保護シート』 DGJapan『ActiveWinnerチャイルドシートマット保護シート』 DGJapan『ActiveWinnerチャイルドシートマット保護シート』 DGJapan『ActiveWinnerチャイルドシートマット保護シート』 DGJapan『ActiveWinnerチャイルドシートマット保護シート』

出典:Amazon

自動車生活ジャーナリスト

厚めのマットで座面をしっかりガード!

保護マットを敷いているとシートベルトを脱着しにくいことがありますが、こちらのマットは独自考案のオリジナルデザインで脱着のしやすさまでが考慮されています。

ほどよい厚みのあるマットなので、チャイルドシート装着による座面のへこみもほとんどなく、また防水機能も強力です。

裏面全体に撥水加工がされているので、ペットのゲージを載せたり、海や川でのレジャーにも役立ちます。足もとのメッシュポケットはやや小さめですが、小物収納に便利。もちろん、子どもの靴汚れからも座席を保護します。

monamour(モナムール)『monamour チャイルドシートマット(キックガード付き)』

monamour(モナムール)『monamourチャイルドシートマット(キックガード付き)』 monamour(モナムール)『monamourチャイルドシートマット(キックガード付き)』 monamour(モナムール)『monamourチャイルドシートマット(キックガード付き)』 monamour(モナムール)『monamourチャイルドシートマット(キックガード付き)』 monamour(モナムール)『monamourチャイルドシートマット(キックガード付き)』 monamour(モナムール)『monamourチャイルドシートマット(キックガード付き)』 monamour(モナムール)『monamourチャイルドシートマット(キックガード付き)』 monamour(モナムール)『monamourチャイルドシートマット(キックガード付き)』 monamour(モナムール)『monamourチャイルドシートマット(キックガード付き)』

出典:Amazon

自動車生活ジャーナリスト

ISOFIXシートにも対応した使いやすいマット

日本で企画されたモナムールのオリジナル商品です。汎用性の高い設計により、どんな車種にもかんたんに取りつけが可能。ISOFIXの金具間隔に合わせて設計されているので、近年急増しているISOFIXチャイルドシートにも安心して使用できます。

表面には600Dポリエステルオックスフォードを採用しており、撥水力は完璧。水遊びのあとの濡れた靴や、シート上でお漏らしをしてもかんたんに拭き取るだけできれいになります。

保護マットのほか、前席の背もたれを子どもの蹴りから守ってくれる、キックガードとの2枚セットとなります。

日本育児『グリップイット』

日本育児『日本育児グリップイット』 日本育児『日本育児グリップイット』 日本育児『日本育児グリップイット』 日本育児『日本育児グリップイット』

出典:Amazon

自動車生活ジャーナリスト

大きめサイズで広い範囲を保護できる

育児用品会社の日本育児が販売する保護マット。保護マットなどの輸入ベビー用品は販売元の連絡先などがわかりにくいことが多いので、安心感があります。

こちらもヘッドレストにバックルで止めてセットする方法で、設置が簡単。保護マットの素材は滑りにくい特殊素材を使っており、チャイルドシートをしっかり安定させ、シートの座面をキズや汚れ、へこみから守ってくれます

cybex(サイベックス)『チャイルドシート用保護マット』

CTPJAPAN『cybex(サイベックス)チャイルドシート用保護マット』

出典:Amazon

自動車生活ジャーナリスト

滑り止め効果はないのでISOFIXに使用して

サイベックスはドイツのブランドですが、この保護シートは日本製です。滑り止めの効果はないため、サイベックスに限らずISOFIXチャイルドシートに使うのがよいでしょう。ISO-FIXの金具があたる部分は狭くなっており、ISOFIXシートの脱着も問題ありません。

防水機能をもったマットとは違い、車の座席とマットの間に湿気がこもらず、通気性は良好です。

笑顔一番『チャイルドシート 保護マット』

笑顔一番『チャイルドシート保護マット』 笑顔一番『チャイルドシート保護マット』 笑顔一番『チャイルドシート保護マット』 笑顔一番『チャイルドシート保護マット』 笑顔一番『チャイルドシート保護マット』 笑顔一番『チャイルドシート保護マット』 笑顔一番『チャイルドシート保護マット』 笑顔一番『チャイルドシート保護マット』 笑顔一番『チャイルドシート保護マット』

出典:Amazon

耐久性3倍アップ! 収納力抜群のチャイルドシート

従来品よりも耐久性が3倍アップした、 ISOFIX対応のチャイルドシート用保護マットです。裏地には滑り止め加工が施されていて、シートベルトで装着するタイプのチャイルドシートもしっかり固定できます。

また、取りつけが2ステップでとてもかんたん。仕切りつきの収納ポケットは、おむつや哺乳瓶も入れておきやすいサイズで、とてもいい使い勝手となっています。

Rollibot『チャイルドシートマット』

Rollibot『チャイルドシートマット』 Rollibot『チャイルドシートマット』 Rollibot『チャイルドシートマット』 Rollibot『チャイルドシートマット』 Rollibot『チャイルドシートマット』 Rollibot『チャイルドシートマット』 Rollibot『チャイルドシートマット』 Rollibot『チャイルドシートマット』 Rollibot『チャイルドシートマット』

出典:Amazon

吸水性の表地で赤ちゃんが飲みこぼしても安心

バックルでかんたんに取りつけができるチャイルドシート用保護マットです。滑り止め加工が施されているのでチャイルドシートをしっかり固定。表地は吸水性のあるフリース素材なので、飲みこぼしが隣の座席に流れずに済みます

また、キックガード部分はふたつに仕切りのあるポケットになっていて、おもちゃやお菓子などを分けて収納しておくことができます。

TMJ『シートプロテクター』

TMJ『シートプロテクター』 TMJ『シートプロテクター』 TMJ『シートプロテクター』

出典:Amazon

両面滑り止め加工でチャイルドシートをしっかり固定

背面から足もとまでカバーできるチャイルドシート用保護マットです。両面に滑り止め加工が施されていて、車のシートとチャイルドシートをしっかり固定。通気性のいい抗菌素材でつくられたシートは清潔に使えるので、食べこぼしが気になる方におすすめです。

また、深さのある収納ポケットは3つに仕切られていて、哺乳瓶やおむつなどもきれいに整頓できます。

Prince Lionheart(プリンスライオンハート)『2ステージ シートセーバー』

PrinceLionheart『2ステージシートセーバー』 PrinceLionheart『2ステージシートセーバー』 PrinceLionheart『2ステージシートセーバー』 PrinceLionheart『2ステージシートセーバー』 PrinceLionheart『2ステージシートセーバー』

出典:Amazon

飲みこぼしがほかの座席に流れにくいトレイ型

摩擦で毛玉ができにくい耐久性のある素材でつくられた、チャイルドシート用保護マット。背面と座面部分は面ファスナー(マジックテープ)で取り外しができ、使用するチャイルドシートの向きにあわせて使い分けることが可能

さらに、飲みこぼしが隣の座席に流れにくいトレイ型なので、飲み物を安心して与えられるデザインです。裏面は座席シートで滑らないように網目状になっていて、チャイルドシートを装着しても安定感があります。

保護マットおすすめ4選【コンパクトタイプ】 チャイルドシートの下敷きに! 持ち運びも簡単!

Combi(コンビ)『Combi フィットマット』

コンビ『Combiフィットマット』 コンビ『Combiフィットマット』 コンビ『Combiフィットマット』 コンビ『Combiフィットマット』 コンビ『Combiフィットマット』

出典:Amazon

自動車生活ジャーナリスト

ヘッドレストがなくても使えるタイプ

コンビのチャイルドシート用オプション製品ですが、底面のサイズがこのシート(縦45×横41)のなかに収まればコンビに限らずどんなメーカーのチャイルドシートにも使えます

車の座席を保護する目的のほか、車のシートがやわらかすぎる場合や、車のシートベルトを受けるバックルが長すぎるときなどに使うとチャイルドシートがしっかり安定して装着できます。こちらはヘッドレストの有無に関係なく、置くだけで使えます。

Joyson Safety Systems『タカタ チャイルドシート用スペーサーマット』

JoysonSafetySystems『タカタチャイルドシート用スペーサーマット』 JoysonSafetySystems『タカタチャイルドシート用スペーサーマット』 JoysonSafetySystems『タカタチャイルドシート用スペーサーマット』 JoysonSafetySystems『タカタチャイルドシート用スペーサーマット』

出典:Amazon

自動車生活ジャーナリスト

置くだけで使える! 厚み十分でしっかり保護

分厚いクッションは座面を保護すると同時に、チャイルドシートを安定して装着することに大変役立ちます。こちらは車の座席にそのまま置いて使うタイプなので、ヘッドレストのほかに固定する必要はありません。

座面に置いて安定させたりキズつきを防止させたりするほか、背もたれに使ってチャイルドシートと背もたれのすき間を埋めるなどして安定させるために使うのもおすすめ。

コンビに比べて8.5×12.5cm小さい(縦32.5×横32.5)ので、使用の際にはチャイルドシート底面のサイズを要確認です。

Aprica(アップリカ)『シート保護マット』

アップリカ・チルドレンズプロダクツ『Aprica(アップリカ)シート保護マット』 アップリカ・チルドレンズプロダクツ『Aprica(アップリカ)シート保護マット』 アップリカ・チルドレンズプロダクツ『Aprica(アップリカ)シート保護マット』

出典:Amazon

やわらかい素材でチャイルドシートをしっかり固定

かんたんに取りつけられるチャイルドシート用保護マットです。背面の保護はできませんが、座面はチャイルドシートの摩擦などからしっかり守られます。やわらかい素材なのでチャイルドシートにぴったりフィット。

また、滑り止め効果もあるので安定して固定できます。対応機種が公式サイトに記載されているので、購入前に確認するといいでしょう。

Combi(コンビ)『ズレ防止・保護シート』

Combi『ズレ防止・保護シート』 Combi『ズレ防止・保護シート』 Combi『ズレ防止・保護シート』 Combi『ズレ防止・保護シート』 Combi『ズレ防止・保護シート』

出典:Amazon

チャイルドシートのズレを防ぐ薄型の保護シート

コンビのチャイルドシートとジュニアシート専用の保護マットです。装着したチャイルドシートの滑りを防ぎ、重みや摩擦のダメージから座面シートを保護。とても軽量なつくりで、女性でも取り外しがかんたんです。

また、燃えにくい特徴をもつ素材を使用しており、シンプルなデザインですが万が一のことを考えてつくられています。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする チャイルドシート保護マットの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのチャイルドシート保護マットの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:チャイルドシート用マット・シートランキング
楽天市場:チャイルドシート保護用品ランキング
Yahoo!ショッピング:チャイルドシート用品ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

公認チャイルドシート指導員からのアドバイス

自動車生活ジャーナリスト

後席のヘッドレストがない車には使用できない場合も

保護マットは多くの場合、後部座席にセットします。その際、ヘッドレストの支柱を使って取りつけるタイプが多いので、ヘッドレストがない座席に保護マットを使うのは不可能となる場合もあります。

ただし固定せず、ただ敷いて使う方法でよければ、ヘッドレストなしでも保護マットを使うことが可能。保護マットのタイプによって取りつけ方法が異なるので、選ぶ際には必ず確認しましょう。

チャイルドシート関連グッズのおすすめはこちら 子供とのドライブをさらに快適に!

チャイルドシート保護マットを使用して安全にドライブを

公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんへの取材をもとに、チャイルドシート保護マットの選び方とおすすめ商品を紹介しました。

赤ちゃんとのドライブはゆっくりできる幸せなひととき。お気に入りのチャイルドシート保護マットをみつけて、ぜひ快適なドライブをしてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

おすすめナビでは、主に『ベビーキッズ』『美容健康』を担当。犬とネットショッピングをこよなく愛する20代編集部員。いかに安く、お得に買えるかがモットーで、セール情報や特集も見逃さない!!なかでも某大手ECサイトを愛用し、買い物だけで年間10万以上のポイントを稼ぐ。コスメやお取り寄せスイーツを買い漁るのが大好き。プライベートはほぼ愛犬のポメラニアンに注いでいる。

関連する記事


ドライブポケットおすすめ13選|車内のベビー用品をおしゃれにスッキリ収納!

ドライブポケットおすすめ13選|車内のベビー用品をおしゃれにスッキリ収納!

この記事では、助産師セラピストの松浦 淳さんへの取材をもとに、ベビー用品を収納するのにおすすめのドライブポケットと選び方をご紹介します。赤ちゃんとのドライブに便利なベビー用品ドライブポケット。シートバックポケットやシートポケットと呼ばれることもあり、助手席や運転席の後ろに取りつけて、ティッシュやおもちゃ、着替えなどの必需品をまとめて収納できます。取り出しもスムーズ! ひとつあると便利ですよ。

チャイルドシート便利グッズ , カーアクセサリー , ベビー収納

チャイルドシートの汗取りパッドおすすめ4選【公認チャイルドシート指導員が厳選】

チャイルドシートの汗取りパッドおすすめ4選【公認チャイルドシート指導員が厳選】

この記事では、公認チャイルドシート指導員・自動車生活ジャーナリストの加藤久美子さんに、赤ちゃんや子どもをチャイルドシートに乗せるときに便利な汗取りパッドの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。赤ちゃんや子どもは大人に比べてたくさん汗をかきます。特に車に乗っているときに、汗で蒸れたり、あせもになったり、汗が冷えて風邪をひいたりしないか心配ですね。そんなとき役立つのが「汗取りパッド」。背中に差し込むだけで使えるもの、ジェルを入れて保冷・保温ができるもの、ズレないようチャイルドシートに取り付けられるもの、ハーネスに巻いて使うタイプなど、赤ちゃんや子どもが、車の中でも快適に過ごせる汗取りパッドをいろいろご紹介します。

チャイルドシート便利グッズ , チャイルドシート(ベビーシート) , チャイルドシート(幼児用)

チャイルドシート用サンシェードおすすめ12選【日よけに】簡単に後付け可能!

チャイルドシート用サンシェードおすすめ12選【日よけに】簡単に後付け可能!

子供を車に乗せる機会の多いママやパパにとって、ドライブ中に降りそそぐ強い日差しは気になるもの。新生児や赤ちゃんのデリケートな肌を紫外線から守るために、チャイルドシート用サンシェードがあると便利です。この記事では、公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに取材のもと、チャイルドシート用サンシェードの選び方とおすすめ商品を紹介! チャイルドシートに後付けで設置できるもの、窓に吸着させるものなどさまざまな商品を厳選しました。後半には、通販の人気ランキングや口コミ情報も掲載。ぜひ最後までチェックしてくださいね。

チャイルドシート便利グッズ , チャイルドシート(ベビーシート) , チャイルドシート(幼児用)

【車用】ベビーミラーのおすすめ9選|公認チャイルドシート指導員監修!

【車用】ベビーミラーのおすすめ9選|公認チャイルドシート指導員監修!

ベビーミラーは車内に設置してドライバーから後部座席の赤ちゃんの様子を確認できるようにするグッズです。後ろ向きの乳児用チャイルドシートに座る赤ちゃんの様子を見るために使うのがもともとのベビーミラーのねらいです。この記事では、公認チャイルドシート指導員で自動車生活ジャーナリストの加藤久美子さんに、ベビーミラーの選び方やおすすめ商品をうかがいました。Amazonや楽天市場の売れ筋ランキングや口コミも参考にしてみましょう。

チャイルドシート便利グッズ , カーアクセサリー , チャイルドシート(ベビーシート)

【快適!】チャイルドシートの汗取りマットおすすめ9選|アップリカなど純正品も

【快適!】チャイルドシートの汗取りマットおすすめ9選|アップリカなど純正品も

チャイルドシートに長時間赤ちゃんや子どもを座らせていると、汗のむれやあせもが気になります。チャイルドシート用汗取りマットを使うと過ごしやすくなりますよ。本記事では、チャイルドシート用汗取りマットの上手な選び方とおすすめ商品を、自動車生活ジャーナリストで公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに聞きました。記事後半の通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミも確認してみて。

チャイルドシート便利グッズ , チャイルドシート(ベビーシート) , チャイルドシート(幼児用)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。