【公認チャイルドシート指導員が紹介】ロングユースのチャイルドシートおすすめ6選

【公認チャイルドシート指導員が紹介】ロングユースのチャイルドシートおすすめ6選
自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子
自動車生活ジャーナリスト
加藤 久美子

下関市出身 大学在学中に車に目覚め、大学時代は神奈川県内のトヨタディーラーで納車引き取りのアルバイトを経験。大学卒業後、日刊自動車新聞社に編集記者として入社。 1989年FIA 公認のクロスカントリーラリー「オーストラリアン・サファリ」に出場。 1995年会社を辞めてフリーランスの道へ。 1999-2000日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。 2000年に第一子出産後、妊婦のシートベルト着用を推進する会を立ち上げ、チャイルドシートと共に胎児と赤ちゃんの命を守る啓発活動を展開している。 月刊誌『MONOQLO』(晋遊舎)、All About、citrus、オートックワン、乗りものニュース、くるまのニュース、JAFMATEなどに自動車生活関連(運転マナー、車の税金、維持費、メンテナンス、カスタム、海外車事情など)の記事を年間300本以上寄稿している。 また、(一財)日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員としてチャイルドシートの正しい装着や子連れドライブの楽しみ方と危険回避に関する講演、啓発活動なども積極的に行っている。

チャイルドシートは車に装着して使うことが前提なため、まずは車に正しく安全に装着できるかどうか適合を調べてから購入しなければいけません。さらに、ロングユースタイプでは、乳児用では後ろ向き、幼児用では前向きと、子どもの成長に合わせて使用する向きも変わります。そのため、装着できる幅や安全性など、チェック項目が多くどのようなチャイルドシートが最適なのか迷ってしまうことが多いですよね。この記事では、公認チャイルドシート指導員で自動車生活ジャーナリストの加藤久美子さんにロングユースのチャイルドシートの選び方やおすすめの商品を紹介していただきました。


ロングユースのチャイルドシートの選び方|公認チャイルドシート指導員が教えるポイント

公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに、ロングユースのチャイルドシートを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。長期間使用するロングユースタイプだからこそ、選び方のポイントをおさえて目的に合ったものを購入してくださいね。

チャイルドシートで眠る子ども
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

ロングユースのチャイルドシートは、子どもの成長に合わせて長く使えます。

汎用性の高いものを選ぶ

自動車生活ジャーナリスト

ロングユースが可能なチャイルドシートのなかには、長いものだと10年以上使えるものもあります。10年間も1台で使えるのはオトク! と思ってしまいますが、10年の間には車を買い替える可能性もあります。

そこで、できるだけ汎用性が高い適合車種が多いものを選ぶのがおすすめです。たとえば、ISOFIX(固定金具による連結方法)※とシートベルト両方で装着できる、できるだけコンパクトでサポートレッグがないものがいいでしょう。

※ISO(国際標準化機構)で定められたチャイルドシートの固定方法の規格。

cybex(サイベックス)『パラス Sフィックス』

ISOFIXでもシートベルトでも装着できる、ロングユースのチャイルドシート。リクライニングができて、車ですぐに寝てしまうお子さんも快適に使えます。

>> Amazonで詳細を見る

カバーの脱着や洗濯しやすいものを選ぶ

自動車生活ジャーナリスト

ロングユースチャイルドシートは長く使うことが前提なので、洗濯回数も増えます。洗濯しやすい素材で、脱着がかんたんなタイプがおすすめです。また、ロングユースに限らずチャイルドシートは清潔さを保つため、1~2カ月に1度はカバーを外して洗濯をしましょう。

とくに、車内で飲食する機会が多いと、食べこぼしなどがダニ発生の原因になる場合もあり、衛生上も好ましくありません。

成長しても背もたれつきで使えるものを選ぶ

自動車生活ジャーナリスト

身長150cmくらい(12歳ごろ)まで使えるロングユースのチャイルドシートのなかには、身長120cm(7~8歳)を超えると背もたれを外して、座面だけのブースターシートで使うタイプがあります。

ただ、安全性を考慮するなら、背もたれなどの保護性能は大事です。そのため、身長120cmを超えても頭まわりを保護するヘッドサポートや、肩まわりを保護するショルダーサポートがついた状態で使えるタイプを選びましょう。

LEAMAN(リーマン)『カイナS』

0~7歳ごろまで使え、ヘッドサポート、背もたれつきで子どもの身体を守ってくれます。

>> Amazonで詳細を見る

ロングユースタイプへ買い替える選択肢も

自動車生活ジャーナリスト

後部座席が狭く、とくに前後方向に余裕がない車の場合、後ろ向きで使う乳児モードでは使えない場合があります。このような車の場合は、乳児期には場所をとらない、マキシコシ『ぺブル』や、レーマー『ベビーセーフ』などの乳児専用シート(体重13kg、だいたい2歳過ぎくらいまで)を使用しましょう。

そして、前向きで使う幼児用から、身長150cmごろまで使えるロングユースのチャイルドシートへ買い替えるのがおすすめです。

ロングユースのチャイルドシートのおすすめ6選|公認チャイルドシート指導員が特徴を紹介

うえで紹介したロングユースのチャイルドシートの選び方のポイントをふまえて、公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。取り付け方や使い方など、それぞれの特徴を詳しく紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GRACO(グレコ)『マイルストーン』

出典:Amazon

使用対象
体重:2.5~36kgまで(新生児から11歳ごろまで)
サイズ
後ろ向き使用時:W480×D725~885×H516~711mm
重量
8.3kg(カップホルダー除く)
固定方法
シートベルト固定
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

新生児から12年間使える超ロングユース

一般的にロングユースのチャイルドシートは、幼児、学童兼用のタイプが大半を占めます。こちらは、新生児から11歳ごろまで使える、希少な超ロングユースのチャイルドシートです。

体重10kgまでは後ろ向き、10kgを超えたら前向きの幼児用として18kgぐらいまで使え、それ以降はジュニアシートとして使用できます。使用期間の中でもっとも長いジュニアシートが、ヘッドサポート&背もたれつきの状態で安全に使えることがこのシートの素晴らしいところです。

さらに、ジュニアシートでは不要となるハーネスが、本体内にかんたんに収納できるのもポイント。左右どちらにもつけられるカップホルダーも、標準装備されています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

cybex(サイベックス)『パラス Sフィックス』

出典:Amazon

使用対象
体重:9~36kgまで(9カ月ごろ~12歳ごろまで)
サイズ
W500×D430×H685mm
重量
10kg
固定方法
ISO-FIX、シートベルト固定
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

ハーネスぎらいのお子さんにおすすめ!

ISOFIXでも、シートベルトでも装着できるチャイルドシートです。体重9~36kgの子どもに前向きで使用します。このシートのユニークなところはハーネスではなく、「セーフティクッション(インパクトシールド)」と呼ばれるクッションで、子どもの身体を衝撃から守る仕組みになっている点です。

そのため、ハーネスを締めるのがきらいなお子さんにもおすすめです。リクライニング可能で、クッションを枕代わりにして眠ることも。車に乗るとすぐ寝てしまうお子さんにも快適に使えます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LEAMAN(リーマン)『カイナS』

出典:Amazon

使用対象
体重:25kgまで(新生児~7歳ごろまで)
サイズ
W412×D507×H617mm
重量
5.3kg
固定方法
3点式シートベルトによる固定
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

リーズナブルな値段でコスパがいい

シート本体の幅41.2cm、重量5.3kgとかなりコンパクトで軽量なチャイルドシートです。0~7歳ごろまで使えて、国土交通省と自動車事故対策機構のチャイルドシートアセスメント(安全性能評価試験)でも乳児用、幼児用ともに「優」評価を得ている安全性の高いチャイルドシートです。

ジュニアモードでも座面だけのブースターではなく、ヘッドサポート、背もたれつきでしっかりと子どもの身体を守るので、安心して使うことができます。値段的にもお求めやすく、コスパが高いです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Combi(コンビ)『ジョイトリップ AMZ(Amazon限定モデル)』

出典:Amazon

使用対象
体重:9~36kgまで (1歳ごろ~11歳ごろまで)
サイズ
W440×D450×H670mm
重量
5.3kg
固定方法
シートベルト固定
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

通気性抜群! 暑い時期も快適に使える

コンビのロングユース、ジョイトリップシリーズ(チャイルド&ジュニアシート)のAmazon限定モデルです。高い通気性を実現したコンビ独自の空気循環構造「ココチエアー」で、快適に過ごすことができます。

Amazon限定モデルとあって、一般のジョイトリップと比べると価格が安くなっているのがポイント。全幅44cmと省スペース設計なので、定員3名の後部座席に同シートを兄弟でふたつ使っても、残りの1座席に大人1名がしっかり座れます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Aprica(アップリカ)『フォームフィット』

出典:Amazon

使用対象
体重:9~36kgまで(1歳ごろ~11歳ごろまで)
サイズ
W440~485×D518~580×H644~822mm
重量
12.4kg
固定方法
ISOFIX
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

「ムービングシート」で大きくゆったり座れる

体重9~36kgまで使えるシートです。ジュニアモードで使う場合も、ヘッドサポート&背もたれつきで安全に使えるのがポイント。高さだけではなく、横幅もひとつのレバーで9段階の調整ができるので、子どもの成長に合わせて身体にフィットして使うことが可能です。

もっとも特徴的な機能は、リクライニングのシステムの「ムービングシート」です。フォームフィットのリクライニングレバーを操作すると、背もたれが倒れるだけではなくシート座面が前にせり出す仕様。内角が大きくなり子どもが眠ったときにも快適さがアップします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

AILEBEBE(エールベベ)『サラット3ステップ クワトロプレミアムW』

出典:Amazon

使用対象
体重:9~36kgまで(1~11歳ごろまで)
サイズ
W440×D405×H660mm(ヘッドレスト最低位置時)
重量
5.2kg
固定方法
シートベルト固定
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

設置がかんたんなインパクトシールドタイプ

肩ベルトを使わず、脚の上に衝撃吸収材(インパクトシールド)を置いて、子どもの腰まわりを支える仕様のチャイルドシートです。車の座席の上において車のシートベルトをとおして固定するので、設置もかんたん。子どもの乗せ降ろしもスムーズに行なえます。

成長に合わせてヘッドサポートは6段階で調節でき、正しい位置で子どもの頭を支えてくれる設計です。また、エールベベ独自のトリプル保証(3年間製品ロング保証、万一の交通事故の際にチャイルドシート無料交換3年間など)によって長く安心して使うことができます。

「ロングユースのチャイルドシート」のおすすめ商品の比較一覧表

画像

GRACO(グレコ)『マイルストーン』
cybex(サイベックス)『パラス Sフィックス』
LEAMAN(リーマン)『カイナS』
Combi(コンビ)『ジョイトリップ AMZ(Amazon限定モデル)』
Aprica(アップリカ)『フォームフィット』
AILEBEBE(エールベベ)『サラット3ステップ クワトロプレミアムW』

商品

GRACO(グレコ)『マイルストーン』 cybex(サイベックス)『パラス Sフィックス』 LEAMAN(リーマン)『カイナS』 Combi(コンビ)『ジョイトリップ AMZ(Amazon限定モデル)』 Aprica(アップリカ)『フォームフィット』 AILEBEBE(エールベベ)『サラット3ステップ クワトロプレミアムW』

特徴

新生児から12年間使える超ロングユース ハーネスぎらいのお子さんにおすすめ! リーズナブルな値段でコスパがいい 通気性抜群! 暑い時期も快適に使える 「ムービングシート」で大きくゆったり座れる 設置がかんたんなインパクトシールドタイプ

価格

Amazon : ¥23,100
楽天市場 : ¥ 24,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 22,000
※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格
Amazon : ¥51,700
楽天市場 : ¥ 51,700
Yahoo!ショッピング : ¥ 51,700
※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格
Amazon : ¥14,436
Yahoo!ショッピング : ¥ 12,980
※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格
Amazon : ¥17,636
Yahoo!ショッピング : ¥ 21,836
※各社通販サイトの 2019年12月7日時点 での税込価格
Amazon : ¥37,108
楽天市場 : ¥ 37,074
Yahoo!ショッピング : ¥ 33,000
※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格
Amazon : ¥25,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 17,800
※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

使用対象

体重:2.5~36kgまで(新生児から11歳ごろまで) 体重:9~36kgまで(9カ月ごろ~12歳ごろまで) 体重:25kgまで(新生児~7歳ごろまで) 体重:9~36kgまで (1歳ごろ~11歳ごろまで) 体重:9~36kgまで(1歳ごろ~11歳ごろまで) 体重:9~36kgまで(1~11歳ごろまで)

サイズ

後ろ向き使用時:W480×D725~885×H516~711mm W500×D430×H685mm W412×D507×H617mm W440×D450×H670mm W440~485×D518~580×H644~822mm W440×D405×H660mm(ヘッドレスト最低位置時)

重量

8.3kg(カップホルダー除く) 10kg 5.3kg 5.3kg 12.4kg 5.2kg

固定方法

シートベルト固定 ISO-FIX、シートベルト固定 3点式シートベルトによる固定 シートベルト固定 ISOFIX シートベルト固定

商品情報

最低でも7年は使うことを考えて耐久性のいいものを|公認チャイルドシート指導員からのアドバイス

自動車生活ジャーナリスト

ロングユースのチャイルドシートとして長く使うことを考えると、洗濯がしやすい、掃除がしやすいなど、清潔に使い続けられるものを選びます。シートのカバーは摩擦(まさつ)に強いしっかりした素材がおすすめです。

また、ロングユースのチャイルドシートの多くは、横幅が45cm以下。そのため、弟や妹ができて後部座席に乳児用シートと並べても、設置しやすいのはうれしいですね。

ロングユースのチャイルドシート以外も検討したい方はこちらの記事もご覧ください!

生まれてすぐの赤ちゃんから5歳までの子どもを車に乗せるとき、道路交通法により、チャイルドシートを取り付けて乗せることが義務づけられています。チャイルドシートは、使用する時期により、乳児専用タイプ、乳児・幼児兼用タイプ、学童用のジュニアシートなど、いくつかのタイプに分かれています。また、最近は取...

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。

※2019/12/07 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ローチェアおすすめ8選【育児グッズライターに聞く】離乳食にも便利!

ローチェアおすすめ8選【育児グッズライターに聞く】離乳食にも便利!

育児グッズライターのSATOさんに聞いた、ローチェアのおすすめ8選をご紹介します。赤ちゃんの離乳食が始まったら「いすに座る」という習慣をつけさせるためにも、食事用のベビーチェアを用意してあげましょう。ローチェアなら座面が低くて安定感があるので、3~4カ月の首がすわる時期から使えるものがあります。折りたためるチェアも多く、ラクに持ち運べて場所を選ばずに使えるというメリットも。この記事では育児グッズライター・SATOさんにローチェアを選ぶポイントとおすすめの商品を教えていただきました。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。合わせてローチェアを選ぶ際の参考にしてみてください。


ベビー靴下おすすめ6選+α【小さな足をあたたかく快適に!】育児グッズライターに聞く

ベビー靴下おすすめ6選+α【小さな足をあたたかく快適に!】育児グッズライターに聞く

育児グッズライターのSATOさんに、ベビー靴下を選ぶポイントとおすすめの商品を教えていただきました。赤ちゃん用に靴下を購入するには、サイズをはじめ、安全な素材が使われているかなど、いくつかチェックしておきたい項目があります。もちろん、かわいいデザインかどうかも大切な要素。とはいえ、数多くの商品があるため、どうやって選んだらよいのか迷ってしまうママやパパは多いようです。そこで、育児グッズライターであり、先輩ママでもあるSATOさんにベビー靴下についてじっくりと解説していただきました。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングを掲載していますので、合わせて参考にしてみてください。


ベビーサークルおすすめ5選【ベビーグッズ・コンシェルジュが選び方も解説!】

ベビーサークルおすすめ5選【ベビーグッズ・コンシェルジュが選び方も解説!】

ベビーグッズ・コンシェルジュの白石佳子さんにベビーサークルのおすすめを教えてもらいました。赤ちゃんの成長にともない、行動範囲が広がってくると、安全対策としてベビーサークルが必要になってきますね。部屋の空間の広さやライフスタイルを考慮し、適切なものを選びたいですよね。この記事では、安心して使えてデザイン性も兼ね備えたベビーサークルをご紹介します。ぜひ参考にしていただき、ぴったりの1台を見つけてくださいね。


【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

汗や皮脂を吸収して、赤ちゃんの敏感な肌をサラサラに保ってくれるベビーパウダー。最近は赤ちゃんだけではなく、美容アイテムとして大人の女性からも人気を集めています。この記事では、美容ライターの田島えり子さんへの取材をもとに、美容アイテムとしてベビーパウダーを使いたい人向けに、その選び方とおすすめ商品6つをピックアップして紹介。さらに記事の最後では、通販サイトのベビーパウダーランキングも掲載しています。ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。


砂場セットのおすすめ8選+α! おもちゃコンサルタントマスターが解説

砂場セットのおすすめ8選+α! おもちゃコンサルタントマスターが解説

この記事では、おもちゃコンサルタントマスター・加藤理香さんに砂場セットの選び方と、おすすめ商品をお聞きしました。セットになっているものに加えて、買い足しにもうれしい単品アイテムも紹介しています。幼いころ、砂場で泥だらけになって遊んだ思い出のある人は多いのではないでしょうか。そんな砂遊びには、スコップやバケツなどがセットになった「砂場セット」が便利です。商品によって、セット内容も異なりますので、お子さまにぴったりの砂場セットをみつけてあげましょう。


新着記事


メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別トースターの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。朝はトーストにコーヒーという人も多いと思います。トーストを焼くにはトースターが必要ですが、メーカー別にどのような違いがあるのでしょうか? この記事ではフードコーディネーターの國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーの中から、バルミューダ、デロンギ、アラジンを厳選。焼き加減にこだわっていたり、おしゃれなデザインだったりと、それぞれ特徴がみえてくると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。


ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別ホットプレートの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。家族や友人を呼んでわいわい焼き肉やお好み焼き、たこ焼きパーティーなど、ホットプレートは欠かせませんよね。最近では、料理に合わせてプレートを変えられたりと各メーカーで独自の進化を続けています。この記事では國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーから象印、パナソニック、YAMAZEN、アイリスオーヤマ、ブルーノを厳選。それぞれのメーカーごとの特徴やおすすめの商品を紹介しています。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

料理研究家の上田のりこさんへの取材のもと、手軽にパン作りを楽しめるホームベーカリーを、メーカー別にご紹介します。パンを本格的に作るとなると生地をこねるところから始まり、焼きあがるまでにさまざまな工程を経て、早くても3時間ほどかかります。パンの種類や大きさによっては、さらに時間がかかることも。ところがホームベーカリーがあれば、家庭で手軽にパンを作れるうえ、焼き立てを毎日でも楽しむことができます。この記事では数あるホームベーカリーの中から、厳選したシロカ、ツインバード、タイガー、象印、パナソニックをご紹介します。はじめて購入しようとしている方も、買い替えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。


【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

モバイル情報ブロガーが選ぶゲーミングスマホおすすめ商品5選をご紹介します。ゲームのなかには、高スペックゲーミングPCのようなゲーム向けパソコンを推奨するゲームがあります。同じくスマホゲームにおいても、高いスペックのスマートフォンが必要なゲームがあります。そこで、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんにお話をうかがい、ゲーミングスマホの選び方とおすすめ機種について教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

フードコーディネーターの倉田沙也加さんに、ハンドミキサーの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。ケーキの生地をまぜたり、クリームを泡立てたりするのに使うハンドミキサー。最近ではアタッチメントを付け替えて1台で複数の調理に活用できるもの、ハイパワーで時短調理できるもの、安全性や取り扱いに工夫があるものなど、各メーカーからさまざまなハンドミキサーが発売されています。この記事では、ブラウン、クイジナート、テスコム、タイガー、貝印を厳選。それぞれの特徴とおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る