PR(アフィリエイト)

リクライニング式チャイルドシートのおすすめ5選【新生児・乳幼児向けも】

コンビ ISOFIX固定 クルムーヴスマート ISOFIX エッグショック JN-570 ダークグレー コンパクト チャイルドシート 0か月~
出典:Amazon
コンビ ISOFIX固定 クルムーヴスマート ISOFIX エッグショック JN-570 ダークグレー コンパクト チャイルドシート 0か月~
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2019年09月03日に公開された記事です。

リクライニング式チャイルドシートの選び方とおすすめ商品を、公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんへの取材をもとにご紹介します。

リクライニングができると、赤ちゃんは無理のない姿勢で眠ることができて快適です。新生児など、首や腰がすわっていない赤ちゃんには必要度が高い機能といえるでしょう。リクライニング式チャイルドシートを選ぶ際には、取り付ける車との適合や安全性を第一に考えて選ぶことが重要です。

ぜひこの記事を参考に、赤ちゃんが安全で快適に過ごせる、車にぴったりの商品を探してみてください。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

自動車生活ジャーナリスト
加藤 久美子
下関市出身 大学在学中に車に目覚め、大学時代は神奈川県内のトヨタディーラーで納車引き取りのアルバイトを経験。大学卒業後、日刊自動車新聞社に編集記者として入社。 1989年FIA 公認のクロスカントリーラリー「オーストラリアン・サファリ」に出場。 1995年会社を辞めてフリーランスの道へ。 1999-2000日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。 2000年に第一子出産後、妊婦のシートベルト着用を推進する会を立ち上げ、チャイルドシートと共に胎児と赤ちゃんの命を守る啓発活動を展開している。 月刊誌『MONOQLO』(晋遊舎)、All About、citrus、オートックワン、乗りものニュース、くるまのニュース、JAFMATEなどに自動車生活関連(運転マナー、車の税金、維持費、メンテナンス、カスタム、海外車事情など)の記事を年間300本以上寄稿している。 また、(一財)日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員としてチャイルドシートの正しい装着や子連れドライブの楽しみ方と危険回避に関する講演、啓発活動なども積極的に行っている。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ベビー・キッズ
中澤 彩

「ベビー・キッズ」カテゴリー担当。ベビーカー、チャイルドシート、おもちゃ・知育玩具、出産準備グッズ、保育園グッズがメイン。育児と日々の生活に忙しいママ目線での神グッズ選びに自信あり。鋭い目線で商品を見極め、少しでも日々の生活が豊かになるものを紹介すると誓う1児のママ編集者。

リクライニング式チャイルドシートの選び方

公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに、リクライニング式チャイルドシートを選ぶときのポイントを教えてもらいました。ポイントは下記の3つ。

【1】3種類のリクライニングタイプから選ぼう
【2】快適性と安全性のバランスを考慮
【3】ベッドのようにリクライニングできる「ベッド型タイプ」も

チャイルドシートは、レンタルするという選択肢もありますが、日常的に使用することが多いなら、購入するほうが長期的にみてコストパフォーマンスが高い場合もあります。しっかりとポイントをおさえて、ぴったりの商品を選びましょう。

車の近くに立つ赤ちゃんとママ
ペイレスイメージズのロゴ
車の近くに立つ赤ちゃんとママ
ペイレスイメージズのロゴ

安全性はもちろん、赤ちゃんが快適に過ごせるリクライニング式チャイルドシートですが、シートを回転させられる回転式機能をあわせもつ商品もあるのでぜひチェックしてみてくださいね。

【1】3種類のリクライニングタイプから選ぼう

 
自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

自動車生活ジャーナリスト

リクライニングシートというと、レバーを引いて背もたれが倒れるシートを想像する方が多いと思いますが、チャイルドシートにおいては大きく分けて3種類のタイプがあります。

(1)チャイルドシート本体が傾くことで背もたれが倒れるタイプ
(2)背もたれと同時に座面が前に出るタイプ
(3)車のシートのリクライニングに合わせてチャイルドシートの背もたれも一緒に傾くタイプ(チャイルドシート本体にはリクライニング機能はない。ジュニアシートに多いタイプ)

また、リクライニングの操作には
取り付ける前に調節するタイプ
子どもを乗せたままワンタッチでリクライニング操作ができるタイプ

があります。子どもが車のなかで寝ることが多いなど、頻繁(ひんぱん)にリクライニングをさせたい場合にはかんたんに操作できるものを選びましょう。

【2】快適性と安全性のバランスを考慮する

 
自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

自動車生活ジャーナリスト

前述(1)シート本体が傾くタイプのチャイルドシートは、背もたれが倒れて足部分が上がった状態になるのでシートの内角は広がりません。

一方、(2)の背もたれが倒れて同時に座面が前に出るタイプは、シート内角も大きくなるため子どもをより平らな姿勢に近づけます。

快適性でいえば後者になりますが、衝突時の安全性はリクライニングなしの状態より劣ります。そのため、衝撃を受けても子どもの体がハーネスの間から飛び出さないよう、ハーネスを規定どおり指2本入る程度にしっかり締めましょう。

【3】ベッドのようにリクライニングできる「ベッド型タイプ」も

 
自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

自動車生活ジャーナリスト

現在日本国内で新品として販売しているチャイルドシートのなかで、ベッドのように使えるチャイルドシートはアップリカとコンビの製品が代表的。アップリカは横向きのベッド型です。コンビは一般のチャイルドシートのように縦型(進行方向に対して後ろ向き)で、シートのなかでベッドに近い角度にセットできます。

ほぼ完全にフラットなシートがよければアップリカの製品を選ぶことになりますが、横向きにセットされるため、最大で80cmの設置スペースが必要です。そのため、車の後部座席のスペースを考慮して選ぶようにしましょう。

リクライニング式の安全性は? 公認チャイルドシート指導員が解説

自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

自動車生活ジャーナリスト

リクライニングできない機種の方が安全性は高い

チャイルドシートは車との適合、そして安全性を第一に考えて選びます。後向きで使う乳児用シートは背もたれと座面の角度が45度になるように装着することが推奨されています。この角度が新生児を含む乳児に圧迫感がなく、衝突安全性との兼ね合いも考慮された理想的な角度とされているからです。

国土交通省と自動車事故対策機構のチャイルドシートアセスメントにおいても、リクライニングができないシートの方が衝突安全性にすぐれているという結果が出ています。

大きくリクライニングするチャイルドシートに赤ちゃんを座らせる際には、ハーネスを指2本程度入るきつさでしっかり締めて使うようにしましょう。

リクライニング式チャイルドシートのおすすめ5選 公認チャイルドシート指導員が選ぶ

うえで紹介したリクライニング式チャイルドシートの選び方のポイントをふまえて、公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。車の適合はもちろん、安心して使える商品を見つけましょう。

いつからいつまで使用できるのか、使用対象月齢や体重をしっかりとチェックしておきましょう。

エキスパートのおすすめ

アップリカ『フォームフィット』

アップリカ『フォームフィット』 アップリカ『フォームフィット』 アップリカ『フォームフィット』 アップリカ『フォームフィット』 アップリカ『フォームフィット』 アップリカ『フォームフィット』 アップリカ『フォームフィット』
出典:Amazon この商品を見るview item
自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

自動車生活ジャーナリスト

背もたれと同時に座面も前に出てゆとり度アップ!

一般的なチャイルドシートの多くは、シート全体が傾くことでリクライニングの状態になります。ところがこちらのフォームフィットは、背もたれと座面がそれぞれ独立して動く、独自の「ムービングシート」を搭載。背もたれを倒すと座面が前に出てくるタイプのリクライニングなので、ゆとりが広がります。

チャイルドシートに座ったまま操作も可能なので、眠ったお子さんを起こすことなくラクな角度に変えることが可能です。

使用対象(月齢、体重) 1歳ごろ(9kg)~11歳ごろ(36kg)まで
重量 12.3kg
本体サイズ 幅44~48.5×奥行51.5~58×高さ64.4~82cm
リクライニング -
ISOFIX対応 対応
全てを見る全てを見る

使用対象(月齢、体重) 1歳ごろ(9kg)~11歳ごろ(36kg)まで
重量 12.3kg
本体サイズ 幅44~48.5×奥行51.5~58×高さ64.4~82cm
リクライニング -
ISOFIX対応 対応
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

コンビ『ホワイトレーベル クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック(JN-570)』

コンビ『ホワイトレーベルクルムーヴスマートISOFIXエッグショック(JN-570)』 コンビ『ホワイトレーベルクルムーヴスマートISOFIXエッグショック(JN-570)』 コンビ『ホワイトレーベルクルムーヴスマートISOFIXエッグショック(JN-570)』 コンビ『ホワイトレーベルクルムーヴスマートISOFIXエッグショック(JN-570)』 コンビ『ホワイトレーベルクルムーヴスマートISOFIXエッグショック(JN-570)』 コンビ『ホワイトレーベルクルムーヴスマートISOFIXエッグショック(JN-570)』 コンビ『ホワイトレーベルクルムーヴスマートISOFIXエッグショック(JN-570)』 コンビ『ホワイトレーベルクルムーヴスマートISOFIXエッグショック(JN-570)』 コンビ『ホワイトレーベルクルムーヴスマートISOFIXエッグショック(JN-570)』 コンビ『ホワイトレーベルクルムーヴスマートISOFIXエッグショック(JN-570)』 コンビ『ホワイトレーベルクルムーヴスマートISOFIXエッグショック(JN-570)』 コンビ『ホワイトレーベルクルムーヴスマートISOFIXエッグショック(JN-570)』 コンビ『ホワイトレーベルクルムーヴスマートISOFIXエッグショック(JN-570)』 コンビ『ホワイトレーベルクルムーヴスマートISOFIXエッグショック(JN-570)』 コンビ『ホワイトレーベルクルムーヴスマートISOFIXエッグショック(JN-570)』
出典:Amazon この商品を見るview item
自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

自動車生活ジャーナリスト

指1本の操作でどの向きでもリクライニング可能

リクライニング可能なチャイルドシートの多くは幼児・学童用となり、乳児用でリクライニング可能なタイプは数が少ないものです。しかし、こちらのシートは後ろ向きの乳児モードはもちろん、前向きの幼児モードでも、指1本の軽い操作でシート本体の角度をそれぞれ3段階に調節できます。

乳児モードでもっとも寝かせた状態では、ベッドに近い姿勢にすることも可能。後ろ向きで使用してもコンパクトなので、横幅は最大でも46cmと省スペースに収まります。

使用対象(月齢、体重) 新生児~4歳ごろまで(体重18kg以下)
重量 12.2kg
本体サイズ 後ろ向き:幅46×奥行65.5~73.5×高さ62~77cm、前向き:幅46×奥行52.6×高さ67.5~84.5cm
リクライニング 3段階
ISOFIX対応 対応
全てを見る全てを見る

使用対象(月齢、体重) 新生児~4歳ごろまで(体重18kg以下)
重量 12.2kg
本体サイズ 後ろ向き:幅46×奥行65.5~73.5×高さ62~77cm、前向き:幅46×奥行52.6×高さ67.5~84.5cm
リクライニング 3段階
ISOFIX対応 対応
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

Joie(ジョイー)『tilt(チルト)』

Joie(ジョイー)『tilt(チルト)』 Joie(ジョイー)『tilt(チルト)』 Joie(ジョイー)『tilt(チルト)』 Joie(ジョイー)『tilt(チルト)』 Joie(ジョイー)『tilt(チルト)』 Joie(ジョイー)『tilt(チルト)』 Joie(ジョイー)『tilt(チルト)』 Joie(ジョイー)『tilt(チルト)』 Joie(ジョイー)『tilt(チルト)』 Joie(ジョイー)『tilt(チルト)』 Joie(ジョイー)『tilt(チルト)』
出典:Amazon この商品を見るview item
自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

自動車生活ジャーナリスト

英国ブランドらしい、ポップなデザインのシート

乳児モードは1段階、幼児モードは3段階にリクライニング(チルト)できるチャイルドシートです。

通常時のサイズは約奥行50×高さ62cmですが、リクライニングを最大限倒したときには約奥行70×高さ49cmと、奥行きが20cmも深くなります。前向きの幼児モードでは3段階での調節が可能ですが、後ろ向きの乳児モードは45度だけの設定です。

このシートのいいところはとてもコンパクトで、価格が1万円台半ばくらいとリーズナブルな点。さらにかわいらしいポップなデザインなところにあります。1万円台半ば前後でリクライニングができるコンパクトなシートを探している人におすすめです。

使用対象(月齢、体重) 後ろ向き:新生児~1歳5カ月(体重13kg未満)まで、前向き:1歳ごろ(体重9kg)~4歳ごろ体重18kg以下)まで
重量 6.43kg(ソフトパッド無し:5.7kg)
本体サイズ 幅42×奥行49.2×高さ61.6cm
リクライニング 乳児モード時:1段階、幼児モード時:3段階
ISOFIX対応 なし(シートベルト固定のみ)
全てを見る全てを見る

使用対象(月齢、体重) 後ろ向き:新生児~1歳5カ月(体重13kg未満)まで、前向き:1歳ごろ(体重9kg)~4歳ごろ体重18kg以下)まで
重量 6.43kg(ソフトパッド無し:5.7kg)
本体サイズ 幅42×奥行49.2×高さ61.6cm
リクライニング 乳児モード時:1段階、幼児モード時:3段階
ISOFIX対応 なし(シートベルト固定のみ)
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

アップリカ『ディアターン プラス ISOFIX AB』

アップリカ『ディアターンプラスISOFIXAB』 アップリカ『ディアターンプラスISOFIXAB』 アップリカ『ディアターンプラスISOFIXAB』 アップリカ『ディアターンプラスISOFIXAB』 アップリカ『ディアターンプラスISOFIXAB』 アップリカ『ディアターンプラスISOFIXAB』 アップリカ『ディアターンプラスISOFIXAB』 アップリカ『ディアターンプラスISOFIXAB』 アップリカ『ディアターンプラスISOFIXAB』 アップリカ『ディアターンプラスISOFIXAB』 アップリカ『ディアターンプラスISOFIXAB』
出典:Amazon この商品を見るview item
自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

自動車生活ジャーナリスト

ほぼフラットな状態になり、回転機能もある!

成長に合わせて横向きのベッド型、後ろ向き、前向きと3つのモードで使える回転も可能なベッド型チャイルドシートです。ベッド型は横向きにして使いますが、ほぼフラットに赤ちゃんの体を寝かせた状態となります。

360度回転するので、赤ちゃんの乗せ降ろしや、車内で寝かせた状態でのオムツ替えなどがかんたん。ママが無理な姿勢をとることなくスムーズに行なえます。

使用対象(月齢、体重) 新生児(2.5kg)~4歳ごろ(18kg)まで
重量 14.4kg
本体サイズ 横向き:幅75×奥行62.5×高さ53.5cm(後ろ向き、前向きの条件で異なる)
リクライニング 横向きベッド:3段階、後ろ向き:2段階
ISOFIX対応 対応
全てを見る全てを見る

使用対象(月齢、体重) 新生児(2.5kg)~4歳ごろ(18kg)まで
重量 14.4kg
本体サイズ 横向き:幅75×奥行62.5×高さ53.5cm(後ろ向き、前向きの条件で異なる)
リクライニング 横向きベッド:3段階、後ろ向き:2段階
ISOFIX対応 対応
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

エールベベ『サラット・ハイバックジュニア』

エールベベ『サラット・ハイバックジュニア』 エールベベ『サラット・ハイバックジュニア』 エールベベ『サラット・ハイバックジュニア』 エールベベ『サラット・ハイバックジュニア』 エールベベ『サラット・ハイバックジュニア』 エールベベ『サラット・ハイバックジュニア』 エールベベ『サラット・ハイバックジュニア』 エールベベ『サラット・ハイバックジュニア』 エールベベ『サラット・ハイバックジュニア』
出典:Amazon この商品を見るview item
自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

自動車生活ジャーナリスト

背もたれが車のシートに合わせて角度調整できる

3歳~12歳ごろまで使えるジュニアシートです。背もたれが固定されていないタイプなので、車の座席の背もたれの角度に合わせて同じようにリクライニングが可能です。後部座席がリクライニングしないタイプであれば、ジュニアシートの背もたれも動かすことはできません。

助手席のシートはほぼすべてリクライニングが可能だと思われるため、後部座席で使えない場合は助手席で使う方法もあります。ただし、助手席で使う場合はシートを極力後ろに下げて、エアバッグによるダメージを受けないように注意しましょう。

使用対象(月齢、体重) 3歳(15kg)~11歳ごろ(36kg以下)
重量 4.1kg
本体サイズ 幅43×奥行40.5×高さ66cm(ヘッドレスト最低位置時)
リクライニング 車の背もたれの角度による
ISOFIX対応 なし(シートベルト固定のみ)
全てを見る全てを見る

使用対象(月齢、体重) 3歳(15kg)~11歳ごろ(36kg以下)
重量 4.1kg
本体サイズ 幅43×奥行40.5×高さ66cm(ヘッドレスト最低位置時)
リクライニング 車の背もたれの角度による
ISOFIX対応 なし(シートベルト固定のみ)
全てを見る全てを見る

「リクライニング式チャイルドシート」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
アップリカ『フォームフィット』
コンビ『ホワイトレーベル クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック(JN-570)』
Joie(ジョイー)『tilt(チルト)』
アップリカ『ディアターン プラス ISOFIX AB』
エールベベ『サラット・ハイバックジュニア』
商品名 アップリカ『フォームフィット』 コンビ『ホワイトレーベル クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック(JN-570)』 Joie(ジョイー)『tilt(チルト)』 アップリカ『ディアターン プラス ISOFIX AB』 エールベベ『サラット・ハイバックジュニア』
商品情報
特徴 背もたれと同時に座面も前に出てゆとり度アップ! 指1本の操作でどの向きでもリクライニング可能 英国ブランドらしい、ポップなデザインのシート ほぼフラットな状態になり、回転機能もある! 背もたれが車のシートに合わせて角度調整できる
使用対象(月齢、体重) 1歳ごろ(9kg)~11歳ごろ(36kg)まで 新生児~4歳ごろまで(体重18kg以下) 後ろ向き:新生児~1歳5カ月(体重13kg未満)まで、前向き:1歳ごろ(体重9kg)~4歳ごろ体重18kg以下)まで 新生児(2.5kg)~4歳ごろ(18kg)まで 3歳(15kg)~11歳ごろ(36kg以下)
重量 12.3kg 12.2kg 6.43kg(ソフトパッド無し:5.7kg) 14.4kg 4.1kg
本体サイズ 幅44~48.5×奥行51.5~58×高さ64.4~82cm 後ろ向き:幅46×奥行65.5~73.5×高さ62~77cm、前向き:幅46×奥行52.6×高さ67.5~84.5cm 幅42×奥行49.2×高さ61.6cm 横向き:幅75×奥行62.5×高さ53.5cm(後ろ向き、前向きの条件で異なる) 幅43×奥行40.5×高さ66cm(ヘッドレスト最低位置時)
ISOFIX対応 対応 対応 なし(シートベルト固定のみ) 対応 なし(シートベルト固定のみ)
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月12日時点 での税込価格

そのほかのチャイルドシートはこちら!

購入前にリクライニング角度の調節方法を調べておこう 公認チャイルドシート指導員からアドバイス

自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

自動車生活ジャーナリスト

乳児用でリクライニング可能なチャイルドシートは、コンビとアップリカの製品が大半を占めています。そのほかは、乳幼児兼用シートであっても乳児用は45度の角度で固定して使い、幼児モードのときにだけリクライニングができるというのが一般的です。

操作方法もさまざまで、赤ちゃんを座らせる前に角度調整しておくものや、乗せた状態で指1本の軽い力で操作できるものなど製品によって異なります。角度調整のしやすさにかなり違いがあるので、購入の際は事前にリクライニング方法を調べておくのがおすすめです。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button