クーラーボックスのメーカー別おすすめ5選【コールマン・イエティ・ロゴス ほか】

クーラーボックスのメーカー別おすすめ5選【コールマン・イエティ・ロゴス ほか】
アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®
SAM

キャンプブロガー、アウトドアライター、一般社団法人日本オートキャンプ協会公認インストラクター・講師、星のソムリエ®(星空案内人®)JAXA宇宙教育リーダー、光学機器メーカーマーケティングディレクター。 アウトドア誌、WEBマガジン、企業広報誌、新聞などへの取材協力・執筆活動、CMコーディネートを行っている傍ら、キャンプ体験・キャンプ料理レシピをまとめた自身のWEBサイト「 Sam-Home Sam-Camp / キャンプの宝物を探そう!」(2001年開設)並びにブログ「SAMのLIFEキャンプブログ Doors , In & Out !」(2004年開設)を運営。 サイトは通算700万人以上に利用され、ブログ投稿数は5000記事を超える。著書には「ベテランキャンプブロガーSAMの、お気に入りキャンプ場教えます」(ベースボールマガジン社)がある。 同時に、星のソムリエ®として全国のキャンプ場や観光施設等にて夜の魅力と星空の楽しみを広めている。

アウトドアライターのSAMさんに、クーラーボックスの選び方とおすすめ商品をお聞きしました。つりやキャンプなど、アウトドアで飲み物や食材を保冷するのに役立つクーラーボックス。いざ必要になるとどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。この記事では、コールマン、イエティ、ロゴス、イグルーなど、代表的なメーカーをはじめとして、クーラーボックスを購入するときに見るべきポイントを教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてください。


メーカー別クーラーボックスの選び方 アウトドアライターに聞く

アウトドアライターのSAMさんに、メーカー別にクーラーボックスを選ぶときのポイントを3つ教えていただきました。

水辺の岩浜にあるドリンクが入ったクーラーボックス

Photo by Sandrene Zhang on Unsplash

クーラーボックス選びにおいて、保冷力以外で注目すべきポイントは?

性能プラスアルファで選択する

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

クーラーボックスは読んで字のごとく、野外における保冷庫です。本来実用性に徹するアイテムではあるのですが、キャンプサイトをそれぞれのアイテムで全体コーディネートをしていくようになった今では、実用性とともに見栄えも重要な選択基準となってきています。

なにしろ場所を取るアイテムなのでどうしたって目立つ存在。周囲との差別化をできるだけしたいと考えるのも有意義なことです。

IGLOO(イグルー)『マックスコールド 50』

ふたと本体のツートンカラーにふちや取っ手などの白が映えるおしゃれなクーラーボックス。もちろん保冷力もしっかりしていて収納力もばっちり!

>> 楽天市場で詳細を見る

使う季節やシチュエーションをよく考えてから

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

食材というセンシティブなものを扱うとなれば実用性能は譲れません。このとき単に性能面を比べるのではなく、使用するシチュエーションを考慮することがポイント。どんなに高性能でも厳冬期(げんとうき)にそれが必要か問題ですし、逆に今や猛暑の多い夏場で性能が充分ではないものを使ったら後悔してしまいます。

また、どうしてもスペースを取るアイテムなので、車載の条件をクリアできないものを選んでしまっても無駄な選択になってしまいます。事前にサイズなどをこまかく調べておきましょう。

Daiwa(ダイワ)『プロバイザーHD SU 2700』

クーラーボックスの上に座っても大丈夫な頑丈なつくり。500mlペットボトルを縦に収納可能なのでとても使いやすい。

>> Amazonで詳細を見る

ブランドヒストリーや開発実績に注目

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

クーラーボックスは第一義に実用性を問われるアイテムなので、カタチとなって定評を得るまでにはメーカーにとってもそれなりの時間を要します。つまりブランドとして熟成を重ねられたクーラーボックスはそうそう乱立してはいなく、ある程度のターゲットに絞ることができます。

たとえばコールマンには、スチールベルトクーラーという何世代も重ねた長いブランドヒストリーが。イエティに関しても、まず他ブランドではみられない野生のクマを対象としたフィールドテストを実施したクーラボックスを展開しています。

スペックとともに製品の開発背景に注目してみると、心惹かれる製品が見つかるでしょう。

Coleman(コールマン)『54QT 60TH アニバーサリースチールベルトクーラー』

長く愛されてきた「スチールベルトクーラー」の60周年記念モデル。ヴィンテージモデルを復刻させたレトロなクーラーボックス。

>> Yahoo!ショッピングで詳細を見る

メーカー別クーラーボックスおすすめ5選 アウトドアライターが選んだ

ここまで紹介したメーカー別クーラーボックスの選び方のポイントをふまえて、キャンプライターのSAMさんに選んでもらったおすすめ商品をご紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Coleman(コールマン)『54QT 60TH アニバーサリースチールベルトクーラー』

Coleman(コールマン)『54QT60THアニバーサリースチールベルトクーラー』 Coleman(コールマン)『54QT60THアニバーサリースチールベルトクーラー』 Coleman(コールマン)『54QT60THアニバーサリースチールベルトクーラー』 Coleman(コールマン)『54QT60THアニバーサリースチールベルトクーラー』

出典:Amazon

本体サイズ 約60×42×41cm
容量 約51L
本体重量 約7.5kg
材質 スチール、 ステンレス、発泡ウレタン、ポリエチレン
Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

キャンパーに愛され続ける名品の記念モデル

「スチールベルトクーラー=スチベル」の愛称を持ち、おそらくキャンプではもっとも長く多くの方に親しまれてきたクーラーボックスといってもよいかもしれません。ここに紹介する60th アニバーサリーモデルはオールドモデルのイメージを現代版にアレンジした特別バージョン。レトロなターコイズカラーや昔風の栓抜きなど、クラシック感は他に類をみません。

長年愛されてきた理由は当然見た目だけではなく、しっかしとした機能が備わっているからこそだといえるでしょう。1泊のキャンプでは少し大きさを持て余しますが、2泊程度のキャンプのときは充分すぎる食材や飲料が入り、なおかつすぐれた保冷力を発揮してくれます。買って損はないクーラーボックスの代表格です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YETI(イエティ)『タンドラ 35』

YETI(イエティ)『タンドラ35』

出典:Amazon

本体サイズ 53.3×40.6×39.4cm
容量 28.3L
本体重量 7.7kg
材質 シェル:ポリエチレン、フォーム:ポリウレタン
Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

最強のプレミアムクーラーボックス

保冷力、頑丈さにおいては最強クラスを誇る「YETI」。タンドラ 35はとくに人気を誇るモデルです。5cmにも及ぶ分厚い内壁と分厚いインスレーション(断熱材)、密閉性の高い各種システムはきわめて高い保冷力を発揮。また、IGBC(アメリカ省庁間グリズリーベア委員会)によるベアレジスタンス容器(クマが蓋を開けることを防止した容器のこと)としての基準に適合した屈強さが魅力です。

通常のキャンプでは十分すぎるスペックであっても、「YETI」ブランドを使っているというのもひとつの満足感の証し。それゆえブランド重視のオシャレキャンパーの間では大定番品となっています。ただし価格は一般的なクーラボックスよりも高めなので注意しましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LOGOS(ロゴス)『ハイパー氷点下クーラーL』

LOGOS(ロゴス)『ハイパー氷点下クーラーL』 LOGOS(ロゴス)『ハイパー氷点下クーラーL』 LOGOS(ロゴス)『ハイパー氷点下クーラーL』 LOGOS(ロゴス)『ハイパー氷点下クーラーL』 LOGOS(ロゴス)『ハイパー氷点下クーラーL』 LOGOS(ロゴス)『ハイパー氷点下クーラーL』 LOGOS(ロゴス)『ハイパー氷点下クーラーL』

出典:Amazon

本体サイズ (約)39×30×29cm
容量 (約)20L
本体重量 (約)1.5kg
材質 EVA、PP、PE、PVC、ナイロン
Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

「氷点下パック」の性能を引き出すソフトクーラー

画期的な保冷剤として「氷点下パック」を世に送り込んだLOGOS。今やキャンパーの「一家に一台」的な存在となっています。その氷点下パックのよさを余すところなく発揮するのが「ハイパー氷点下クーラー」シリーズです。

収納や使い勝手に便利なソフトクーラーはただひとつ保冷力において難点がありますが、このモデルでは氷点下パックをはじめとする保冷剤の専用スペースを設け、保冷効率を高めていく工夫が随所にされています。

筆者もよく使用しており、晩秋や春先での1日程度のキャンプに不便を感じたことはありません。サブクーラーとしておすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

IGLOO(イグルー)『マックスコールド 50』

IGLOO(イグルー)『マックスコールド50』 IGLOO(イグルー)『マックスコールド50』 IGLOO(イグルー)『マックスコールド50』 IGLOO(イグルー)『マックスコールド50』 IGLOO(イグルー)『マックスコールド50』

出典:Amazon

本体サイズ 64.8×38.7×44.1cm
容量 47L
本体重量 5.1kg
材質 外側:プラスチック(PE)、内側:プラスチック(PP)、フタ:プラスチック(PE)、ハンドル:プラスチック(ABS)、断熱材
Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

実用性・見た目も兼ね備えて尚且つリーズナブル

イグルーは黄色いウォータージャグが有名で、オシャレキャンパーでも御用達の見た目を兼ね備えたブランドです。クーラーボックスでは多色が使われるものが多く、高性能なマックスコールドシリーズでもツートーンのカラーが採用されていてなかなかな存在感があります。

約47Lの容量は大きすぎることなくファミリーやグループの食材・飲料を入れるのに充分ですし、その名前どおり保冷力は他社に比べてもトップクラスです。

うれしいのはこのサイズと性能、デザインなのに比較的求めやすい価格であること。ビギナーにも中級者にもおススメしたいモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Daiwa(ダイワ)『プロバイザーHD SU 2700』

Daiwa(ダイワ)『プロバイザーHDSU2700』 Daiwa(ダイワ)『プロバイザーHDSU2700』 Daiwa(ダイワ)『プロバイザーHDSU2700』 Daiwa(ダイワ)『プロバイザーHDSU2700』 Daiwa(ダイワ)『プロバイザーHDSU2700』 Daiwa(ダイワ)『プロバイザーHDSU2700』

出典:Amazon

本体サイズ 35×57.5×34cm
容量 27L
本体重量 5.5kg
材質 断熱材:真空パネル、底1面:ウレタン、上フタの断熱材:スチロール
Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

日本製品の高い信頼性と、意外な「余地」が

私自身実はキャンプでの最初のクーラーボックスはDAIWAのものでした。なにしろ厳しい日本の釣り人たちに育てられているので実用的に満足にいくだろうと思ったからです。その目論見(もくろみ)は見事に当たり、長い間活躍してくれ今でもいい選択だったと思っています。

プロバイザーHD SU 2700は通常のウレタンのほか真空パネルが一部に採用されていて、驚異の80時間の氷保存率を誇ります(※DAIWA独自の算出)。

また、表面が白く滑らかなので、数々のステッカーをベタベタ張るなどオリジナル感を演出したりカスタマイズしやすいのも魅力的です。

「クーラーボックス」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Coleman(コールマン)『54QT 60TH アニバーサリースチールベルトクーラー』
YETI(イエティ)『タンドラ 35』
LOGOS(ロゴス)『ハイパー氷点下クーラーL』
IGLOO(イグルー)『マックスコールド 50』
Daiwa(ダイワ)『プロバイザーHD SU 2700』
商品名 Coleman(コールマン)『54QT 60TH アニバーサリースチールベルトクーラー』 YETI(イエティ)『タンドラ 35』 LOGOS(ロゴス)『ハイパー氷点下クーラーL』 IGLOO(イグルー)『マックスコールド 50』 Daiwa(ダイワ)『プロバイザーHD SU 2700』
商品情報
特徴 キャンパーに愛され続ける名品の記念モデル 最強のプレミアムクーラーボックス 「氷点下パック」の性能を引き出すソフトクーラー 実用性・見た目も兼ね備えて尚且つリーズナブル 日本製品の高い信頼性と、意外な「余地」が
本体サイズ 約60×42×41cm 53.3×40.6×39.4cm (約)39×30×29cm 64.8×38.7×44.1cm 35×57.5×34cm
容量 約51L 28.3L (約)20L 47L 27L
本体重量 約7.5kg 7.7kg (約)1.5kg 5.1kg 5.5kg
材質 スチール、 ステンレス、発泡ウレタン、ポリエチレン シェル:ポリエチレン、フォーム:ポリウレタン EVA、PP、PE、PVC、ナイロン 外側:プラスチック(PE)、内側:プラスチック(PP)、フタ:プラスチック(PE)、ハンドル:プラスチック(ABS)、断熱材 断熱材:真空パネル、底1面:ウレタン、上フタの断熱材:スチロール
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月18日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする クーラーボックスの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのクーラーボックスの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:クーラーボックスランキング
楽天市場:クーラーボックスランキング
Yahoo!ショッピング:クーラーボックスランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

アウトドアライターからのアドバイス クーラーボックスを選ぶうえで

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

クーラーボックスはいつでも手の届く場所に

家の冷蔵庫が家族全員のものであるように、クーラーボックスはファミリーのキャンプであればパブリックアイテム。一方ソロキャンプや仲間内のキャンプなどではパーソナルアイテムです。スタイルは違ってもどちらにも共通しているのはいつも使用者の手の届く場所にあると便利だということ。

そこが家の動かせない冷蔵庫ともっとも異なる点で、クーラーボックスのスペースをどこに持ってくるかをうまく設計できるのが、実はベテランとビギナーの分かれ道だったりします。購入の際にはそんなイメージを想像していおくのも大切なポイントです。

そのほかのクーラーボックスの関連記事はこちら 【関連記事】

クーラーボックスは食べ物の鮮度を保ったり、冷たいドリンクを飲んだりするときに重宝するアイテムです。また、釣りをする人にとっては必需品ともいえます。

キャンプやアウトドアになくてはならないクーラーボックス。特にハードタイプはソフトタイプと比べて保冷力が高いのが特徴で、さまざまな場所で役立ちます。

ハードタイプに比べ、軽くて持ち運びしやすい点が魅力のソフトクーラーボックス。気軽なアウトドアや日帰りレジャーなどに使いたいアイテムです。

釣り用クーラーボックスは、釣った魚を大事に保管するために必要不可欠。サイズや保冷効果など選ぶポイントはさまざまです。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

2020/04/24 一部修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ソフトクーラーボックスおすすめ5選|定番ブランド、コールマンもご紹介!

ソフトクーラーボックスおすすめ5選|定番ブランド、コールマンもご紹介!

軽くて収納性がよいソフトクーラーボックスを選ぶとき、保冷力や大きさが気になるかもしれませんが、果たしてどのように選ぶのがいいのでしょうか。この記事では、キャンプライターの中山一弘さんへの取材をもとに、ソフトクーラーボックスの選び方とおすすめ商品をご紹介します。アウトドアメーカー製のものから手に入れやすいものまで幅広く教えてもらいました。キャンプなどのアウトドアシーンで使うのはもちろん、日常のちょっとしたときに使うものなど、どのようなシーンで使いたいかを想像しながら読んでみてくださいね!


ハードクーラーボックス11選┃アウトドアやキャンプに【保冷力抜群!】

ハードクーラーボックス11選┃アウトドアやキャンプに【保冷力抜群!】

キャンプやバーベキュー、海水浴や釣りなどあらゆるアウトドアで活躍するハードクーラーボックス。コールマン、イグルー、キャプテンスタッグなどさまざまな企業が商品を製造・販売しています。そのため、どれを選べばいいか分からないと悩む方も少なくないようです。そこで今回は、ハードクーラーボックスの選び方とおすすめの11商品を、アウトドアライターのSAMさんと編集部がご紹介します。ぜひあなたの用途にあったものを見つけてくださいね!


【2020年版】クーラーボックスおすすめ26選|定番から人気の高保冷タイプまで

【2020年版】クーラーボックスおすすめ26選|定番から人気の高保冷タイプまで

作家でアウトドアライターの夏野栄さんへの取材をもとに、2020年版クーラーボックス26選をご紹介します。登山や魚釣りにも役立つクーラーボックスや折りたたみタイプの便利な商品をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


【かわいいクーラーボックス】おすすめ5選|容量・保冷力/インテリアとして選ぶ

【かわいいクーラーボックス】おすすめ5選|容量・保冷力/インテリアとして選ぶ

山岳写真家が選ぶかわいいクーラーボックス5選をご紹介します。キャンプなどで飲み物や食材を保冷してくれるクーラーボックス。実用的で質素なデザインのものが多いですが、インテリアとしてキャンプサイトに違和感なく溶け込むようなものを選びたいですよね。そこで、山岳写真家の荒井裕介さんに、かわいいデザインのクーラーボックスについて教えてもらいました。いままで見た目が気になって選べなかった方もぜひ参考にしてみてください。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひそちらも参考にしてみてくださいね。


1万円以下のソフトクーラーボックスおすすめ5選|アウトドア・旅ライターに取材

1万円以下のソフトクーラーボックスおすすめ5選|アウトドア・旅ライターに取材

ハードタイプに比べ、軽くて持ち運びしやすい点が魅力のソフトクーラーボックス。気軽なアウトドアや日帰りレジャーなどに使いたいアイテムです。1万円以下でも、探せば保冷力があるものが見つかります。そこで、アウトドア&旅ライターの大森弘恵さんへの取材のもと、1万円以下のソフトクーラーボックスの選び方とおすすめ商品をご紹介します。使いやすく保冷力のしっかりしているソフトクーラーボックスをお探しの方は、ぜひ参考にしてくださいね。


新着記事


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

子どものとき大好きだったミニカー。大人にとっても単なるオモチャではありません。バス、スポーツカー、パトカー、消防車など、車は今でも男の子の憧れ。そこで、大人と子どもが一緒に遊べるミニカーのおすすめ商品12選を、保育士の武田優希さんと編集部が厳選しました。選び方もあわせてご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る