【2020年版】クーラーボックスおすすめ26選|キャンプやアウトドア、釣りに便利な高保冷タイプまで

【2020年版】クーラーボックスおすすめ26選|キャンプやアウトドア、釣りに便利な高保冷タイプまで

作家でアウトドアライターの夏野栄さんへの取材をもとに、2020年版クーラーボックス26選をご紹介します。登山や魚釣りにも役立つクーラーボックスや折りたたみタイプの便利な商品をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

クーラーボックスの選び方 キャンプやアウトドア、バーベキューや釣りに!

使用する目的や状況・人数によって、クーラーボックスの選び方は変わります。どんなサイズや材質の商品を選べばいいのか迷ってしまう方は、ぜひ参考にしてみてください。

クーラーボックスの中で冷えている飲み物

Photo by Sandrene Zhang on Unsplash

クーラーボックスは種類がいろいろとあるので、選ぶべきポイントをおさえて賢く買いましょう!

使用する時間からタイプを選ぶ ハードタイプかソフトタイプか

クーラーボックスは「ハードタイプ」と「ソフトタイプ」の2種類にわけることができます。使用する時間にあわせてタイプを選ぶとよいでしょう。

キャンプや釣り、長時間の保冷ならハードタイプ

キャンプ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

キャンプや釣りなど長時間の利用に適しているのはハードタイプのクーラーボックスです。丈夫さが一番の特徴ではありますが、密閉性と保冷性にすぐれているため、食材や飲み物を長時間保冷することができます。

またその丈夫さから、釣りの場合など、イス代わりにも利用しつつ、釣った魚の鮮度もキープできるのでおすすめです。

ピクニックやスポーツ観戦の短時間ならソフトタイプ

ピクニック
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

やわらかい材質のソフトタイプは、ピクニックやスポーツ観戦といった短時間での利用におすすめです。ハードタイプと比べると密閉性が劣ってしまうため、保冷時間が短くなってしまいますが、コンパクトに折りたためる点や、軽さが一番の魅力です。

持ち運びの利便性も重視したいという方はソフトタイプを選ぶとよいでしょう。

断熱材の種類をみて保冷力で選ぶ

クーラーボックスの断熱材には発泡スチロール、発泡ウレタン、真空断熱パネルなどがあります。

発砲スチロール

発泡スチロールはとても軽いですが、保冷力も低く何回も使えるものではないので、臨時で必要なときなどに便利です。ただ、リーズナブルなモデルが多いのでコスト重視という方には選択肢としてよいでしょう。

発砲ウレタン

発泡ウレタンは一般的なクーラーボックスに使用されており、分厚いほど保冷力が高くなります。1泊程度であれば充分に使用できます。

ただ、厚さが増せばその分重量も増すので、軽いものやタイヤ付きのものを選ぶなど、持ち運びのことも念頭に入れて選ぶことをおすすめします。

真空断熱パネル

クーラーボックスの内部が真空構造になっており、保冷力は抜群です。比較的大容量の上位モデルに採用される断熱材のため値段が高くなる傾向にあります。

保冷力をもっとも重視したいという方は値段も気にしつつこのタイプを選ぶとよいでしょう。

作家/アウトドアライター

重要な点は保冷力!

クーラーボックスといえば、重要な点は保冷力。電動の冷蔵庫と違い、ボディ素材や断熱材、構造などによって保冷力は大きく違ってきます。

保冷力が高いクーラーボックスの場合、厚い断熱材が使われているため、ボディサイズに対して収納力は低くなります。また、保冷力と価格の高さはほぼ比例します。

まずは最低限の保冷力があることを基準に、収納力と金額面を踏まえて選んでみてください。

使用日数や人数に合わせて容量・サイズをチェック 4人で50リットルが目安

キャンプ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

大きければ大きいほど、必要な保冷剤の数も増えます。大きさは保冷剤の分も含めて選びましょう。

4人だと、50リットルの容量が目安です。使用日数が長い場合、小型のものを複数用意するのもいいかもしれません。保冷力を保つためには、大きすぎないことが大切です。保冷剤も保冷力の高いものを選ぶとよいでしょう。

ハンドルやキャスター付きなど持ち運びやすさも確認

作家/アウトドアライター

グリップの強度と持ちやすさをチェック

クーラーボックスは、キャンプギアのなかでも大型の道具のひとつです。

ドリンクや食材、氷などを満載にすれば、重さが10kgを軽く超える場合もあり、車載する際にも、キャンプ場で持ち運ぶ際にも、キャスター付きなど扱いやすさが重要になります。

まずは、グリップの強度と持ちやすさをチェックしたいところ。

また、スタッキング(積み重ねる)して収納できるタイプや、重心が高く運びやすいなどのポイントも、実際にキャンプやアウトドア、釣りで使用するうえで魅力的な要素となります。

キャンプサイトの世界観から選ぶ さらにキャンプサイトの完成度が上がるように

作家/アウトドアライター

見える場所に置かれるという要素を踏まえよう

キャンプ&アウトドアの盛り上がりとともに、最近ではクーラーボックスの種類も増え、多様なアイテムが選べるようになりました。

キャンプサイトでつねに見える場所に置かれるという要素を踏まえると、なるべくキャンプサイトの世界観にマッチしたクーラーボックスを選びたいところです。

保冷力と扱いやすさをチェックしたうえで、自身のキャンプサイトのテイストに、マッチするかどうかという視点で選んでみると、さらにキャンプサイトの完成度が上がります。

CHUMS(チャムス)『チャムススチールクーラーボックス(CH62-1128)』

アメリカの50'sを感じさせるレトロなデザインが魅力です。

>> Amazonで詳細を見る

クーラーボックスのおすすめ14選(ハードタイプ) 最強YETI(イエティ)や人気コールマンなど

ここからは、発泡ウレタンを使用したクーラーボックスを紹介していきます。ハードタイプの購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

クーラーボックス
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

ハードタイプは頑丈で保冷力もあります!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YETI(イエティ)『Tundra35(タンドラ35)』

YETI(イエティ)『Tundra35(タンドラ35)』 YETI(イエティ)『Tundra35(タンドラ35)』 YETI(イエティ)『Tundra35(タンドラ35)』 YETI(イエティ)『Tundra35(タンドラ35)』 YETI(イエティ)『Tundra35(タンドラ35)』 YETI(イエティ)『Tundra35(タンドラ35)』 YETI(イエティ)『Tundra35(タンドラ35)』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 53.3×40.6×39.4cm
重量 7.7kg
容量 28.3L
素材 シェル:ポリエチレン フォーム:ポリウレタン

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

タフで保冷力抜群

品切れを起こすこともあるほど人気のクーラーブランド。激流の衝撃にも耐えるホワイトウォーターカヤック同様の成形工法で作られているクーラーです。

タフなルックスどおりの耐久性と、耐衝撃性を備えたキャンプ&アウトドアにジャスト。

ふたとボディそれぞれのパーツが継ぎ目のないワンピース構造になっていて、さらに厚みある断熱材が圧力注入されているため、群を抜く保冷力です。

厚みのある断熱材を使用している分、ボディサイズに対して収納力が若干低いという点は、選ぶ際に把握しておく必要があります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

igloo(イグルー)『ステンレスクーラー 54QT』

igloo(イグルー)『ステンレスクーラー54QT』 igloo(イグルー)『ステンレスクーラー54QT』 igloo(イグルー)『ステンレスクーラー54QT』 igloo(イグルー)『ステンレスクーラー54QT』 igloo(イグルー)『ステンレスクーラー54QT』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 62×40×42cm
重量 7.25kg
容量 51L
素材 ステンレス、ポリプロピレン、ウレタンフォーム

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

基本性能が高く51リットル入る大容量

イグルーは米国の歴史あるクーラーメーカー。アウトドアが盛んな米国で、クーラーのトップシェアを誇ります。

ステンレスボディに厚みのある、ウレタンインナーという構成で安心の保冷力。ステンレスと黒のツートンボディはオーセンティック(本物)なデザインです。

クラシックムードが漂いつつも、幅広いテイストのキャンプサイトになじむ存在感。クーラーの世界観にもこだわりたい、そんなキャンパーにぴったりです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ICELAND(アイスランド)『クーラーボックス 45QT』

ICELAND(アイスランド)『クーラーボックス45QT』 ICELAND(アイスランド)『クーラーボックス45QT』 ICELAND(アイスランド)『クーラーボックス45QT』 ICELAND(アイスランド)『クーラーボックス45QT』 ICELAND(アイスランド)『クーラーボックス45QT』 ICELAND(アイスランド)『クーラーボックス45QT』 ICELAND(アイスランド)『クーラーボックス45QT』 ICELAND(アイスランド)『クーラーボックス45QT』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 68.6×41.2×41.2cm
重量 10.9kg
容量 42.6L
素材 リニアポリエチレン、ポリウレタン、ポリプロピレン

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

冷凍食品の保冷力は最強!

厚さ5cmのボディに断熱材を詰め込んだ保冷力で、「氷を5日間キープ」するほどのスペックを持つアイスランドのクーラー。どこのメーカーにも保冷力では引けを取りません。

さらに大きな特徴は、無骨なデザインにミリタリーテイストたっぷりなカラーリング。

ミリタリースタイルのキャンパーはもちろん、「無骨ギア好き」の方にはイチオシのクーラーといえます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Coleman(コールマン)『パーティースタッカー 18QT(3000000839)』

サイズ(W×D×H) 38×26.5×39cm
重量 2.0kg
容量 17L
素材 発泡ウレタン、ポリエチレン

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

スタッキングできてコスパも◎

こちらはコールマンによる発泡ウレタンのハードクーラー。背が高く縦型という珍しい形状で、ひじょうに持ち運びしやすく出し入れもしやすい使い勝手のよさがポイント。

またふたと底が対応する形状になっていて、複数のクーラーをスタッキングしていくことが可能。

収納の際に便利なうえに、グループキャンプなどで多くのクーラーをサイトで使うときにレイアウトしやすくなります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CHUMS(チャムス)『チャムススチールクーラーボックス(CH62-1128)』

CHUMS(チャムス)『チャムススチールクーラーボックス(CH62-1128)』 CHUMS(チャムス)『チャムススチールクーラーボックス(CH62-1128)』 CHUMS(チャムス)『チャムススチールクーラーボックス(CH62-1128)』 CHUMS(チャムス)『チャムススチールクーラーボックス(CH62-1128)』 CHUMS(チャムス)『チャムススチールクーラーボックス(CH62-1128)』 CHUMS(チャムス)『チャムススチールクーラーボックス(CH62-1128)』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 31×29×23cm
重量 2.8kg
容量 12L
素材 スチール、プラスチック

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

コンパクトでレトロムードが魅力

キャラの立ったアウトドアギアを発信する、チャムスらしいクーラーボックスです。

ハンドルでふたをロックするタイプのコンパクトなスチールクーラー。なんといっても、アメリカの50'sを感じさせるレトロなデザインが魅力です。

クラシックスタイルやアメリカンなキャンプサイトを楽しんでいるキャンパーには、親和性抜群ですよ。収納力は500ml缶なら6本、350ml缶なら12本。側面に栓抜きがついたギミックは実用的なだけでなく、よりムードを盛り上げてくれます。

Coleman(コールマン)『エクスカーションクーラー(16QT)』

Coleman(コールマン)『エクスカーションクーラー(16QT)』 Coleman(コールマン)『エクスカーションクーラー(16QT)』 Coleman(コールマン)『エクスカーションクーラー(16QT)』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 39×31×29cm
重量 約1.8kg
容量 約15L
素材 ポリエチレン、ポリプロピレン、発泡ウレタン

洗いやすく清潔で、環境に優しいクーラーボックス!

サーモオゾンインサレーションを採用している環境に優しい、ハードタイプのクーラーボックス。

ベイルハンドルを搭載しているので、持ち運びが容易です。容量は約15Lと使い勝手がよく、デイレジャーにぴったりです。

イージーグリーントップ採用で、洗いやすく衛生的に保つことが可能。幅広いシーンで気軽に利用できますので、選んでみてはいかがでしょうか。

YETI(イエティ)『Tundra Haul(タンドラ ホール )』

YETI(イエティ)『TundraHaul(タンドラホール)』 YETI(イエティ)『TundraHaul(タンドラホール)』 YETI(イエティ)『TundraHaul(タンドラホール)』 YETI(イエティ)『TundraHaul(タンドラホール)』 YETI(イエティ)『TundraHaul(タンドラホール)』 YETI(イエティ)『TundraHaul(タンドラホール)』 YETI(イエティ)『TundraHaul(タンドラホール)』 YETI(イエティ)『TundraHaul(タンドラホール)』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 71.75×49.53×47.3cm
重量 16.8kg
容量 41L
素材 シェル:ポリエチレン フォーム:ポリウレタン

頑丈で気密性が高く、保冷力も強いクーラーボックス

ハードなアクティビティに対応した頑丈なハードタイプクーラーボックス。気密性の高いシステムで保冷力を高めて、長期間利用するときに起こりうるパーツ破損や粘着剤の劣化を防ぐことができます。

ふた、ボディともに継ぎ目なしでモールドされ、衝撃に強いので、アクティブに活動する本格アウトドアにも向いています。ローラーがついており、持ち運びしやすいことも魅力です。見た目にもローラーがかわいいおしゃれなクーラーボックスです。

LOGOS(ロゴス)『サーモテクト 氷点下クーラー・タフ50』

LOGOS(ロゴス)『サーモテクト氷点下クーラー・タフ50』 LOGOS(ロゴス)『サーモテクト氷点下クーラー・タフ50』 LOGOS(ロゴス)『サーモテクト氷点下クーラー・タフ50』 LOGOS(ロゴス)『サーモテクト氷点下クーラー・タフ50』 LOGOS(ロゴス)『サーモテクト氷点下クーラー・タフ50』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 約71×37×38cm
重量 約7.2kg
容量 約50L
素材 本体:PE、PP、PU、TPE、シリコン ロック部:ステンレス

保冷力が魅力! タフな作りで座ることも可能

保冷力が魅力のハードタイプクーラーボックス。氷点下パックの氷点下温度を長時間持続します。50Lの容量に加え室内は仕切りがないため、大きなものを入れても大丈夫です。

頑丈でつかみやすいハンドルは、使わないときはフラットに収納されて邪魔になりません。

タフな作りなので椅子代わりに座れることもでき、耐荷重目安は約200kg(静止時)という設計です。釣りやキャンプなどでの活躍が期待できます。

igloo(イグルー)『マックスコール クーラーボックス 62QT』

igloo(イグルー)『マックスコールクーラーボックス62QT』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 約55×45×52cm
重量 -
容量 58L
素材 -

キャリーハンドル付きで移動もらくらく

キャスター、キャリーハンドル付きでらくらく移動が可能なハードタイプのクーラーボックス。もちろん長期保冷機能も問題ありません。

58Lの容量で350mlジュース缶を98本収納可能。室内はキャップの付いた水抜き用のドレイン穴があるので、排水に手間取ることもありません。

蓋には缶置きが付いていて、ジュース缶4本を置くことができます。

Snow Peak(スノーピーク)『ハードロッククーラー 40QT(UG-302GY)』

SnowPeak(スノーピーク)『ハードロッククーラー40QT(UG-302GY)』 SnowPeak(スノーピーク)『ハードロッククーラー40QT(UG-302GY)』 SnowPeak(スノーピーク)『ハードロッククーラー40QT(UG-302GY)』 SnowPeak(スノーピーク)『ハードロッククーラー40QT(UG-302GY)』 SnowPeak(スノーピーク)『ハードロッククーラー40QT(UG-302GY)』 SnowPeak(スノーピーク)『ハードロッククーラー40QT(UG-302GY)』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 64.8×40.6×39.1cm
重量 11kg
容量 38L
素材 ポリエチレン、ポリウレタン、ゴム、ステンレス鋼

保冷力とタフさは本格派! プロ仕様で安定感抜群

耐久性と保冷力に優れたハードタイプクーラーボックス。見た目は高級感のあるデザインで、一見するとクーラーボックスには思えないカッコよさがあります。

自然になじむスノーピークカラーを採用している、ハンターやアングラーなどのプロから支持されています。

断熱材は厚みのあるものを使用していて、水抜きもノズルを回すだけのらくらくストレスフリーです。本格的にアウトドアを行う人にぜひ。

ORCA(オルカ)『ORCA Coolers 20 Quart(ORC020)』

ORCA(オルカ)『ORCACoolers20Quart(ORC020)』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 約48×35×38cm
重量 約8kg
容量 -
素材 -

長時間保冷を実現したハードタイプクーラーボックス

氷の保持力が最大約10時間と、高い気密性を誇るハードタイプのクーラーボックス。回転成形構造を採用しており耐久性もあります。

フレックスグリップのシングルハンドルで、持ち運びにも便利。排出に便利な大きなドレインプラグや背面に付いている小物を収納できるポケットなど、細かいところにも気づかいがみられる商品です。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『シエロ クーラーボックス8(M-8157)』

CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『シエロクーラーボックス8(M-8157)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『シエロクーラーボックス8(M-8157)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『シエロクーラーボックス8(M-8157)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『シエロクーラーボックス8(M-8157)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『シエロクーラーボックス8(M-8157)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『シエロクーラーボックス8(M-8157)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『シエロクーラーボックス8(M-8157)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『シエロクーラーボックス8(M-8157)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『シエロクーラーボックス8(M-8157)』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 約29.0×19.5×27.5cm
重量 約0.9kg
容量 約6.8L
素材 ふた、本体、ハンドル、バックル、ベルト:ポリプロピレン ふたパッキン:発泡ポリエチレン 断熱材:発泡スチロール

コンパクトで持ち運びしやすい! 安定の保冷力

コンパクトなハードタイプのクーラーボックス。リーズナブルな価格でありながら保冷力も安定。シンプルなデザインで、オーソドックスなクーラーボックスです。

主な材質はポリプロピレン、断熱材には発泡スチロールを使用しており、軽くて持ち運びしやすいのが魅力です。バイクでのツーリングやアウトドア、買い物などにも気軽に使用できます。

DAIWA『ダイワ RX GU 2600X』

DAIWA『ダイワRXGU2600X』 DAIWA『ダイワRXGU2600X』 DAIWA『ダイワRXGU2600X』 DAIWA『ダイワRXGU2600X』 DAIWA『ダイワRXGU2600X』 DAIWA『ダイワRXGU2600X』 DAIWA『ダイワRXGU2600X』 DAIWA『ダイワRXGU2600X』 DAIWA『ダイワRXGU2600X』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 51.5×32.5×39cm
重量 5.5kg
容量 26L
素材 発泡ウレタン

出し入れやメンテナンスがラクにできる

ノンフロンウレタンで断熱されているため、かなりの保冷力を有しています。

ワンタッチで両開きに開くため、ものを出し入れしやすいのもポイント。上ふたは丸ごと取り外し可能なため、掃除やメンテナンスもラクにできます。

500mlのペットボトルであれば計18本も収納できるので、キャンプなどにも活用できるでしょう。

DAIWA『プロバイザートランクHD ZSS3500』

DAIWA『プロバイザートランクHDZSS3500』 DAIWA『プロバイザートランクHDZSS3500』 DAIWA『プロバイザートランクHDZSS3500』 DAIWA『プロバイザートランクHDZSS3500』 DAIWA『プロバイザートランクHDZSS3500』 DAIWA『プロバイザートランクHDZSS3500』 DAIWA『プロバイザートランクHDZSS3500』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 71.5×32.5×35cm
重量 7.6kg
容量 35L
素材 真空パネル、ウレタン

静音キャスターで静かに移動可能

静音キャスターとサイドハンドルがついた持ち運びに便利なDAIWAのクーラーボックスです。リフトアップオープンシステムという片手で明けたり、フリークローズしたりできる便利な機能もついており、真空パネルを採用しているため、保冷力も抜群!

クーラーボックスの上に座っても安心できる頑丈な作りになっているので、休憩時の椅子代わりとしても使用可能です。

クーラーボックスのおすすめ12選(ソフトタイプ) 持ち運びや軽さを重視

ここからは、ポリエチレンのクーラーボックスを紹介していきます。折りたためるソフトタイプは、収納性に優れ持ち運びに便利です。ぜひ参考にしてください。

クーラーボックス
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

AO Coolers(エーオークーラー)『24パック キャンパス ソフトクーラー(AO24)』

AOCoolers(エーオークーラー)『24パックキャンパスソフトクーラー(AO24)』 AOCoolers(エーオークーラー)『24パックキャンパスソフトクーラー(AO24)』 AOCoolers(エーオークーラー)『24パックキャンパスソフトクーラー(AO24)』 AOCoolers(エーオークーラー)『24パックキャンパスソフトクーラー(AO24)』 AOCoolers(エーオークーラー)『24パックキャンパスソフトクーラー(AO24)』 AOCoolers(エーオークーラー)『24パックキャンパスソフトクーラー(AO24)』 AOCoolers(エーオークーラー)『24パックキャンパスソフトクーラー(AO24)』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 約43×30×25cm
重量 1.36kg
容量 約23L
素材 キャンバス、ナイロン、ポリエチレン、ポリエステル

軽量で持ち運びやすいのに安定感のある保冷力

軽量で安定感のある保冷力を実現したソフトタイプのクーラーボックス。重量は約1.3kgで、カバンのように持ち運びができます。アウトドアやちょっとした買い物まで幅広い用途に使えます。

高密度の独立気泡フォームを利用した内部の断熱材は厚み1.9cmと、一般的なソフトタイプクーラーボックスの約3倍の厚み。5層構造で安定感のある保冷力を実現しています。

LOGOS(ロゴス)『ハイパー氷点下クーラーM』

LOGOS(ロゴス)『ハイパー氷点下クーラーM』 LOGOS(ロゴス)『ハイパー氷点下クーラーM』 LOGOS(ロゴス)『ハイパー氷点下クーラーM』 LOGOS(ロゴス)『ハイパー氷点下クーラーM』 LOGOS(ロゴス)『ハイパー氷点下クーラーM』 LOGOS(ロゴス)『ハイパー氷点下クーラーM』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 約30×24×24cm
重量 約0.9kg
容量 約12L
素材 EVA、PP、PE、PVC、ナイロン

メタリックが美しく、スタイリッシュなデザイン

メタリックなフォルムが男性の心を刺激するソフトタイプのクーラーボックス。メタリックなフォルムは見た目だけでなく、太陽光を反射して保冷力効果に役立ちます。

ハードクーラーとは異なり、使用しないときには折りたたんでコンパクトに収納できる使い勝手のよさも魅力。シェルプロテクト構造を採用しているため、衝撃にも強くアクティブに使用することができます。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『デリス シルバーソフトクーラーバッグ24L』

CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『デリスシルバーソフトクーラーバッグ24L』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『デリスシルバーソフトクーラーバッグ24L』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『デリスシルバーソフトクーラーバッグ24L』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『デリスシルバーソフトクーラーバッグ24L』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『デリスシルバーソフトクーラーバッグ24L』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『デリスシルバーソフトクーラーバッグ24L』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『デリスシルバーソフトクーラーバッグ24L』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『デリスシルバーソフトクーラーバッグ24L』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 34×26×33cm
重量 0.5kg
容量 24L
素材 本体・表地:アルミ蒸着シート、裏地:EVA、断熱材:ポリエチレンフォーム、中敷:ポリエチレン

マジックベルトでコンパクトに!

マジックベルトを使ってコンパクトにできる、折りたたみ式のクーラーバッグです。重量が500gととても軽く、持ち運びに便利なので、野球やサッカーなど、部活用や運動会、お花見、ピクニック用として使用する方におすすめ。

保冷剤を収納できるメッシュポケットも付いているので、お弁当や飲み物なども安心して保冷できます。アルミシートで作られていて、すっきりとしたシンプルなデザインがおしゃれです。

Coleman(コールマン)『エクストリーム アイスクーラー 25L』

Coleman(コールマン)『エクストリームアイスクーラー25L』 Coleman(コールマン)『エクストリームアイスクーラー25L』 Coleman(コールマン)『エクストリームアイスクーラー25L』 Coleman(コールマン)『エクストリームアイスクーラー25L』 Coleman(コールマン)『エクストリームアイスクーラー25L』 Coleman(コールマン)『エクストリームアイスクーラー25L』 Coleman(コールマン)『エクストリームアイスクーラー25L』 Coleman(コールマン)『エクストリームアイスクーラー25L』 Coleman(コールマン)『エクストリームアイスクーラー25L』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 約41×27×28cm
重量 約1.1kg
容量 約25L
素材 PETアルミニウム、ポリエステル、ポリエチレン、PETアルミニウム

バーベキューやキャンプにちょうどいいサイズ

ファミリーでバーベキューやキャンプ、スポーツ観戦などにちょうどよく、使いやすいサイズ。収納時は折りたたむことができます。

メッシュポケットや、サイドポケットも付いています。飲み物などの取り出しに便利な取り出し口が付いています。

ショルダータイプの紐も付いているので、肩にかけて運べます。

DOD(ディーオーディー)『バベコロ2』

DOD(ディーオーディー)『バベコロ2』 DOD(ディーオーディー)『バベコロ2』 DOD(ディーオーディー)『バベコロ2』 DOD(ディーオーディー)『バベコロ2』 DOD(ディーオーディー)『バベコロ2』 DOD(ディーオーディー)『バベコロ2』 DOD(ディーオーディー)『バベコロ2』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 約47×37×52cm(ハンドル収納時)
重量 約6.4kg
容量 -
素材 アウター:ポリエステル(ラミネートPVC)、断熱材:ポリエチレン、インナー:ポリエチレン、内蔵強化ボード:ポリエチレン

縦型で棚付き! 冷蔵庫みたいなクーラーボックス

冷蔵庫のように縦型で棚が付いていて、収納しやすく取り出しやすいクーラーボックスです。

キャスター付きで、スーツケースのようにコロコロと移動できます。

サイドポケットも充実していて、割りばしや紙コップの収納にも便利! 食材やペットボトルも充分に入る、大容量タイプです。

FIELDOOR (フィールドア)『キャスター付ソフトクーラーボックス』

FIELDOOR(フィールドア)『キャスター付ソフトクーラーボックス』 FIELDOOR(フィールドア)『キャスター付ソフトクーラーボックス』 FIELDOOR(フィールドア)『キャスター付ソフトクーラーボックス』 FIELDOOR(フィールドア)『キャスター付ソフトクーラーボックス』 FIELDOOR(フィールドア)『キャスター付ソフトクーラーボックス』 FIELDOOR(フィールドア)『キャスター付ソフトクーラーボックス』 FIELDOOR(フィールドア)『キャスター付ソフトクーラーボックス』 FIELDOOR(フィールドア)『キャスター付ソフトクーラーボックス』 FIELDOOR(フィールドア)『キャスター付ソフトクーラーボックス』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 約44×35×41cm
重量 約2.4kg
容量 32L
素材 ナイロン、発泡ポリエチレン、ポリエチレン酢酸ビニール、アルミ、ほか

キャスター付きなのに折りたためる!

キャスター付きなので、たくさん入れてもらくらく移動できます。コンパクトに折りたたむことができ、ショルダーベルト付きで持ち運びも便利!

暑さ1cmの断熱材とファスナー部分の断熱材使用で保冷力にもこだわっています。暑い夏のバーベキューにも安心して使えます。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『Hanpu クーラーバック15L』

CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『Hanpuクーラーバック15L』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『Hanpuクーラーバック15L』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『Hanpuクーラーバック15L』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『Hanpuクーラーバック15L』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 30×23.5×25cm
重量 0.424kg
容量 15L
素材 本体表生地:綿100%、裏生地:EVA、断熱材:ポリエチレンフォーム、中敷:ポリエステル

わずか424gという軽さが魅力

『Hanpu クーラーバック15L』は、キャンプや運動会などのイベントごと以外にも、普段の買い物などにも使用しやすいシンプルデザインです。

わずか424gという軽さなので、使用した後はリュックや荷物の中に収納して軽々と持って帰ることができます。

AbuGarcia(アブガルシア)『アブ ダッフルトートクーラーバッグ』

AbuGarcia(アブガルシア)『アブダッフルトートクーラーバッグ』 AbuGarcia(アブガルシア)『アブダッフルトートクーラーバッグ』 AbuGarcia(アブガルシア)『アブダッフルトートクーラーバッグ』 AbuGarcia(アブガルシア)『アブダッフルトートクーラーバッグ』 AbuGarcia(アブガルシア)『アブダッフルトートクーラーバッグ』 AbuGarcia(アブガルシア)『アブダッフルトートクーラーバッグ』 AbuGarcia(アブガルシア)『アブダッフルトートクーラーバッグ』 AbuGarcia(アブガルシア)『アブダッフルトートクーラーバッグ』 AbuGarcia(アブガルシア)『アブダッフルトートクーラーバッグ』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 32×22×41cm
重量 -
容量 17L
素材 表地:ポリエステル、中間層:EPEフォーム、裏地:アルミ蒸着シート

重いものを入れても形が変形しにくい成型タイプ

おしゃれな迷彩柄で、トートバッグからスクエアの形に変形させて使用することも可能。

厚めの断熱素材を使用しているので、しっかりと飲み物などを冷やしてくれます。

底面は容量を増やしても形が変わりにくい成型タイプとなっており、防水性にも優れています。

THERMOS(サーモス)『ソフトクーラー REQ-005』

THERMOS(サーモス)『ソフトクーラーREQ-005』 THERMOS(サーモス)『ソフトクーラーREQ-005』 THERMOS(サーモス)『ソフトクーラーREQ-005』 THERMOS(サーモス)『ソフトクーラーREQ-005』 THERMOS(サーモス)『ソフトクーラーREQ-005』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 24×15×19cm
重量 0.3kg
容量 5L
素材 外生地:ポリエステル、内生地:PEVA、クッション:ポリウレタン・発泡ポリエチレン・ポリプロピレン不織布

小型でソロキャンプにおすすめ!

汚れを拭きとりやすい生地をクーラーボックスに使用しているので、小さいお子さんがいるご家族にぴったり。

もし、お子さんがクーラーボックスの近くで飲み物をこぼしても安心してきれいに拭きとれます。

5つの層になった断熱構造になっているので、食べ物や飲み物をしっかりと冷やしてキープしてくれます。

LOGOS(ロゴス)『デザインクーラー25』

LOGOS(ロゴス)『デザインクーラー25』 LOGOS(ロゴス)『デザインクーラー25』 LOGOS(ロゴス)『デザインクーラー25』 LOGOS(ロゴス)『デザインクーラー25』 LOGOS(ロゴス)『デザインクーラー25』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 約36×28.5×33cm
重量 約0.9kg
容量 約25L
素材 ポリエステル、EPE、PEVA、PP

10mmもの暑さの断熱材を使用! 保冷力が持続

暑い夏場でも保冷力が持続するように、10mmもの暑さの断熱材を使用。

また、ファスナーの裏側にも断熱材を使用しているので、しっかりと冷気を守ってくれます。

25Lサイズと容量がしっかりと入れられるタイプなので、さまざまな場所で活用できるでしょう。

シアトルスポーツ『ソフトクーラー 40QT』

シアトルスポーツ『ソフトクーラー40QT』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 48.2×27.9×30.4cm
重量 約1.542kg
容量 約37.8L
素材 本体:19オンスビニール、ウェビング:ポリエステル

アルミ製特集断熱層がしっかりと外の熱を防ぐ

アルミ製特集断熱層がしっかりと外の熱を防ぎ、しっかりと保冷してくれます。

持ち手が4つあるため、重さによって持ち変えることが可能。取り外せるストラップも付いているので、持ち運びに便利です。

色はカラフルなレッド・イエロー・ブルーと落ち着いた色合いのサンドの4色から選べます。

THERMOS(サーモス)『ソフトクーラー ROC-002』

THERMOS(サーモス)『ソフトクーラーROC-002』 THERMOS(サーモス)『ソフトクーラーROC-002』 THERMOS(サーモス)『ソフトクーラーROC-002』 THERMOS(サーモス)『ソフトクーラーROC-002』 THERMOS(サーモス)『ソフトクーラーROC-002』 THERMOS(サーモス)『ソフトクーラーROC-002』 THERMOS(サーモス)『ソフトクーラーROC-002』 THERMOS(サーモス)『ソフトクーラーROC-002』

出典:Amazon

サイズ(W×D×H) 約44×23×27.5cm
重量 約0.8L
容量 約26L
素材 外生地:ポリエステル、内生地:PEVA、クッション:ポリウレタン、発泡ポリエチレン、ポリプロピレン不織布

整理整頓しやすいインナーボックス付き

約26Lの大容量タイプで2Lのペットボトルなら6本も入れることが可能です。

中にはインナーボックスが付いているので、入れるものによって配置を換えて収納できます。

クーラーボックスの開口部は全面的に開けられるので、飲み物や食べ物の出し入れがしやすいのもポイントです。

「クーラーボックス」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
YETI(イエティ)『Tundra35(タンドラ35)』
igloo(イグルー)『ステンレスクーラー 54QT』
ICELAND(アイスランド)『クーラーボックス 45QT』
Coleman(コールマン)『パーティースタッカー 18QT(3000000839)』
CHUMS(チャムス)『チャムススチールクーラーボックス(CH62-1128)』
Coleman(コールマン)『エクスカーションクーラー(16QT)』
YETI(イエティ)『Tundra Haul(タンドラ ホール )』
LOGOS(ロゴス)『サーモテクト 氷点下クーラー・タフ50』
igloo(イグルー)『マックスコール クーラーボックス 62QT』
Snow Peak(スノーピーク)『ハードロッククーラー 40QT(UG-302GY)』
ORCA(オルカ)『ORCA Coolers 20 Quart(ORC020)』
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『シエロ クーラーボックス8(M-8157)』
DAIWA『ダイワ RX GU 2600X』
DAIWA『プロバイザートランクHD ZSS3500』
AO Coolers(エーオークーラー)『24パック キャンパス ソフトクーラー(AO24)』
LOGOS(ロゴス)『ハイパー氷点下クーラーM』
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『デリス シルバーソフトクーラーバッグ24L』
Coleman(コールマン)『エクストリーム アイスクーラー 25L』
DOD(ディーオーディー)『バベコロ2』
FIELDOOR (フィールドア)『キャスター付ソフトクーラーボックス』
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『Hanpu クーラーバック15L』
AbuGarcia(アブガルシア)『アブ ダッフルトートクーラーバッグ』
THERMOS(サーモス)『ソフトクーラー REQ-005』
LOGOS(ロゴス)『デザインクーラー25』
シアトルスポーツ『ソフトクーラー 40QT』
THERMOS(サーモス)『ソフトクーラー ROC-002』
商品名 YETI(イエティ)『Tundra35(タンドラ35)』 igloo(イグルー)『ステンレスクーラー 54QT』 ICELAND(アイスランド)『クーラーボックス 45QT』 Coleman(コールマン)『パーティースタッカー 18QT(3000000839)』 CHUMS(チャムス)『チャムススチールクーラーボックス(CH62-1128)』 Coleman(コールマン)『エクスカーションクーラー(16QT)』 YETI(イエティ)『Tundra Haul(タンドラ ホール )』 LOGOS(ロゴス)『サーモテクト 氷点下クーラー・タフ50』 igloo(イグルー)『マックスコール クーラーボックス 62QT』 Snow Peak(スノーピーク)『ハードロッククーラー 40QT(UG-302GY)』 ORCA(オルカ)『ORCA Coolers 20 Quart(ORC020)』 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『シエロ クーラーボックス8(M-8157)』 DAIWA『ダイワ RX GU 2600X』 DAIWA『プロバイザートランクHD ZSS3500』 AO Coolers(エーオークーラー)『24パック キャンパス ソフトクーラー(AO24)』 LOGOS(ロゴス)『ハイパー氷点下クーラーM』 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『デリス シルバーソフトクーラーバッグ24L』 Coleman(コールマン)『エクストリーム アイスクーラー 25L』 DOD(ディーオーディー)『バベコロ2』 FIELDOOR (フィールドア)『キャスター付ソフトクーラーボックス』 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『Hanpu クーラーバック15L』 AbuGarcia(アブガルシア)『アブ ダッフルトートクーラーバッグ』 THERMOS(サーモス)『ソフトクーラー REQ-005』 LOGOS(ロゴス)『デザインクーラー25』 シアトルスポーツ『ソフトクーラー 40QT』 THERMOS(サーモス)『ソフトクーラー ROC-002』
商品情報
特徴 タフで保冷力抜群 基本性能が高く51リットル入る大容量 冷凍食品の保冷力は最強! スタッキングできてコスパも◎ コンパクトでレトロムードが魅力 洗いやすく清潔で、環境に優しいクーラーボックス! 頑丈で気密性が高く、保冷力も強いクーラーボックス 保冷力が魅力! タフな作りで座ることも可能 キャリーハンドル付きで移動もらくらく 保冷力とタフさは本格派! プロ仕様で安定感抜群 長時間保冷を実現したハードタイプクーラーボックス コンパクトで持ち運びしやすい! 安定の保冷力 出し入れやメンテナンスがラクにできる 静音キャスターで静かに移動可能 軽量で持ち運びやすいのに安定感のある保冷力 メタリックが美しく、スタイリッシュなデザイン マジックベルトでコンパクトに! バーベキューやキャンプにちょうどいいサイズ 縦型で棚付き! 冷蔵庫みたいなクーラーボックス キャスター付きなのに折りたためる! わずか424gという軽さが魅力 重いものを入れても形が変形しにくい成型タイプ 小型でソロキャンプにおすすめ! 10mmもの暑さの断熱材を使用! 保冷力が持続 アルミ製特集断熱層がしっかりと外の熱を防ぐ 整理整頓しやすいインナーボックス付き
サイズ(W×D×H) 53.3×40.6×39.4cm 62×40×42cm 68.6×41.2×41.2cm 38×26.5×39cm 31×29×23cm 39×31×29cm 71.75×49.53×47.3cm 約71×37×38cm 約55×45×52cm 64.8×40.6×39.1cm 約48×35×38cm 約29.0×19.5×27.5cm 51.5×32.5×39cm 71.5×32.5×35cm 約43×30×25cm 約30×24×24cm 34×26×33cm 約41×27×28cm 約47×37×52cm(ハンドル収納時) 約44×35×41cm 30×23.5×25cm 32×22×41cm 24×15×19cm 約36×28.5×33cm 48.2×27.9×30.4cm 約44×23×27.5cm
重量 7.7kg 7.25kg 10.9kg 2.0kg 2.8kg 約1.8kg 16.8kg 約7.2kg - 11kg 約8kg 約0.9kg 5.5kg 7.6kg 1.36kg 約0.9kg 0.5kg 約1.1kg 約6.4kg 約2.4kg 0.424kg - 0.3kg 約0.9kg 約1.542kg 約0.8L
容量 28.3L 51L 42.6L 17L 12L 約15L 41L 約50L 58L 38L - 約6.8L 26L 35L 約23L 約12L 24L 約25L - 32L 15L 17L 5L 約25L 約37.8L 約26L
素材 シェル:ポリエチレン フォーム:ポリウレタン ステンレス、ポリプロピレン、ウレタンフォーム リニアポリエチレン、ポリウレタン、ポリプロピレン 発泡ウレタン、ポリエチレン スチール、プラスチック ポリエチレン、ポリプロピレン、発泡ウレタン シェル:ポリエチレン フォーム:ポリウレタン 本体:PE、PP、PU、TPE、シリコン ロック部:ステンレス - ポリエチレン、ポリウレタン、ゴム、ステンレス鋼 - ふた、本体、ハンドル、バックル、ベルト:ポリプロピレン ふたパッキン:発泡ポリエチレン 断熱材:発泡スチロール 発泡ウレタン 真空パネル、ウレタン キャンバス、ナイロン、ポリエチレン、ポリエステル EVA、PP、PE、PVC、ナイロン 本体・表地:アルミ蒸着シート、裏地:EVA、断熱材:ポリエチレンフォーム、中敷:ポリエチレン PETアルミニウム、ポリエステル、ポリエチレン、PETアルミニウム アウター:ポリエステル(ラミネートPVC)、断熱材:ポリエチレン、インナー:ポリエチレン、内蔵強化ボード:ポリエチレン ナイロン、発泡ポリエチレン、ポリエチレン酢酸ビニール、アルミ、ほか 本体表生地:綿100%、裏生地:EVA、断熱材:ポリエチレンフォーム、中敷:ポリエステル 表地:ポリエステル、中間層:EPEフォーム、裏地:アルミ蒸着シート 外生地:ポリエステル、内生地:PEVA、クッション:ポリウレタン・発泡ポリエチレン・ポリプロピレン不織布 ポリエステル、EPE、PEVA、PP 本体:19オンスビニール、ウェビング:ポリエステル 外生地:ポリエステル、内生地:PEVA、クッション:ポリウレタン、発泡ポリエチレン、ポリプロピレン不織布
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする クーラーボックスの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのクーラーボックスの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:クーラーボックスランキング
楽天市場:クーラーボックスランキング
Yahoo!ショッピング:クーラーボックスランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

クーラーボックスを使いこなすコツとは?

中の食品を傷めないように保冷力を長持ちさせるコツや、事前の準備から使用中に気を付けることなど、使用するときに気になることがあると思います。

ここでは、クーラーボックスを上手く使いこなすコツを紹介します。

クーラーボックス
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

食中毒予防のためにも保冷力をしっかり保つ工夫をしましょう。

保冷剤の入れ方

クーラーボックスを使いこなすコツとして、まずは保冷材の入れ方を工夫しましょう。

保冷剤をクーラーボックスの下に敷き詰め、何枚かは横に立てて置き、上部にも載せます。凍らせた水や食品も一緒に入れるとより保冷力が持続しやすいです。また、底に水が溜まってきたら、水抜き栓から水をしっかりと抜きましょう。

置き場所としては、地面には直接置かず、台などの上に置くようにして断熱シートなどかぶせておくと安心です。もし心配な食材がある場合はクーラーバッグに入れ、さらにクーラーボックスの中に入れるとよいでしょう。

野菜や果物などは、凍ることで痛むことも。保冷剤に直接あたらないよう、新聞紙にくるんだり容器に入れたり工夫をするとよいでしょう。

クーラーボックスは総合力で選べる時代に アウトドアライターより

作家/アウトドアライター

キャンプやアウトドアを演出するアイテムのひとつ

クーラーボックスといえば、なんといっても保冷力。そのプライオリティは変わりませんが、保冷力と、なおかつさまざまなキャラクターや機能を備えた商品が増えているため、選択肢が大幅に広がっています。

保冷力が高いクーラーボックスは収納性が落ち、収納性と保冷力の両取りをすれば、ボディサイズが大きくなり携帯性が落ちる。これらのせめぎ合いが、クーラーボックスを選ぶおもしろさのキモではないでしょうか。

そして、現代キャンパーならやはり世界観にこだわりたいところ。キャンプサイトを演出するアイテムのひとつとして、クーラーボックスも選んでみてください。

キャンプや釣りに便利なクーラーボックスですが、用途に合わない選び方をすると邪魔になることもあるようです。よく検討して選ぶようにしてください。

釣り用クーラーボックスは、釣った魚を大事に保管するために必要不可欠ですが、何でもいいというわけではありません。サイズや保冷効果など選ぶポイントはさまざまです。そこで今回は、山岳写真家でアウトドアのエキスパートである荒井裕介さんへの取材をもとに、おすすめの釣り用クーラーボックスをご紹介します。エ...

クーラーボックスを1万円以下で手に入れたいなら! 【関連記事】

ほかにも予算を1万円以下のクーラーボックスを紹介しています。ハードタイプ・ソフトタイプ別でさらに細かく見たい方は下記の記事をぜひご覧ください!

ハードタイプに比べ、軽くて持ち運びしやすい点が魅力のソフトクーラーボックス。気軽なアウトドアや日帰りレジャーなどに使いたいアイテムです。1万円以下でも、探せば保冷力があるものが見つかります。そこで、アウトドア&旅ライターの大森弘恵さんへの取材のもと、1万円以下のソフトクーラーボックスの選び方と...

キャンプやアウトドアになくてはならないクーラーボックス。特にハードタイプはソフトタイプと比べて保冷力が高いのが特徴で、さまざまな場所で役立ちます。しかし、たくさんの商品が販売されているので、どのような基準で選んだらいいか悩んでしまう人もいるでしょう。また、せっかくなら少しでもお得な商品を購入し...

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

※2021/03/03 コンテンツを追加更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ソフトクーラーボックスおすすめ13選|ハードにない魅力を徹底解説【人気コールマンなど】

ソフトクーラーボックスおすすめ13選|ハードにない魅力を徹底解説【人気コールマンなど】

軽くて収納性がよいソフトクーラーボックスを選ぶとき、保冷性能や大きさが気になるかもしれませんが、果たしてどのように選ぶのがいいのでしょうか。この記事では、キャンプライターの中山一弘さんへの取材をもとに、ソフトクーラーボックスの選び方とおすすめ商品をご紹介します。ロゴスやコールマンなどアウトドアメーカーはじめ幅広く紹介しているので、キャンプなどのアウトドアシーンで使うのはもちろん、日常用の保冷バッグとしてもご活用ください。


1万円以下のクーラーボックス(ハード)の選び方とおすすめ5選|アウトドア・旅ライターに取材

1万円以下のクーラーボックス(ハード)の選び方とおすすめ5選|アウトドア・旅ライターに取材

キャンプやアウトドアになくてはならないクーラーボックス。特にハードタイプはソフトタイプと比べて保冷力が高いのが特徴で、さまざまな場所で役立ちます。しかし、たくさんの商品が販売されているので、どのような基準で選んだらいいか悩んでしまう人もいるでしょう。また、せっかくなら少しでもお得な商品を購入したいと考えている人も多いのではないでしょうか。そこで、この記事ではアウトドア・旅ライターの大森弘恵さんに取材し、1万円以下のクーラーボックス(ハード)の選び方とおすすめの商品をご紹介します。専門家の意見を参考にしながら、気に入った商品を購入してみましょう。


イグルークーラーボックスおすすめ15選|保冷力の高さと容量で選ぶ!

イグルークーラーボックスおすすめ15選|保冷力の高さと容量で選ぶ!

圧倒的シェアで知られるイグルーのクーラーボックス。そのコスパのよさと機能性がなんといっても魅力です。小型~大型サイズで値段も異なり、またデザインもさまざまでどれを選んでいいか迷ってしまいますよね。ここでは、アウトドアライター・キャンプブロガー/星のソムリエ®のSAMさんと編集部が厳選したイグルークーラーボックスのおすすめ商品と選び方をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


1万円以下のソフトクーラーボックスおすすめ10選|アウトドア・旅ライター厳選

1万円以下のソフトクーラーボックスおすすめ10選|アウトドア・旅ライター厳選

ハードタイプに比べ、軽くて持ち運びしやすい点が魅力のソフトクーラーボックス。気軽なアウトドアや日帰りレジャーなどに使いたいアイテムです。1万円以下でも、探せば保冷力があるものが見つかります。そこで、アウトドア&旅ライターの大森弘恵さんへの取材のもと、1万円以下のソフトクーラーボックスの選び方とおすすめ商品をご紹介します。使いやすく保冷力のしっかりしているソフトクーラーボックスをお探しの方は、ぜひ参考にしてくださいね。


釣り用クーラーボックスおすすめ19選|キャンプ用との違いや特徴は?【小型大型コスパ重視など】

釣り用クーラーボックスおすすめ19選|キャンプ用との違いや特徴は?【小型大型コスパ重視など】

釣った魚の鮮度を保つために必要不可欠な「釣り用クーラーボックス(フィッシングクーラー)」。容量やサイズ、保冷効果などの違いから、シマノやダイワといった人気メーカー、コールマンなどのアウトドアブランドまで種類はさまざま。山岳写真家でアウトドアのエキスパートである荒井裕介さんへの取材をもとに、おすすめの釣り用クーラーボックスと選び方を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。