ソフトクーラーボックスおすすめ5選|保冷力の高い人気ブランドをピックアップ

ロゴス(LOGOS) クーラーバッグ ハイパー氷点下クーラーMサイズ 81670070
出典:Amazon
キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

軽くて収納性がよいソフトクーラーボックスを選ぶとき、保冷力や大きさが気になるかもしれませんが、果たしてどのように選ぶのがいいのでしょうか。この記事では、キャンプライターの中山一弘さんへの取材をもとに、ソフトクーラーボックスの選び方とおすすめ商品をご紹介します。ロゴスやコールマンなどアウトドアメーカー製のものから手に入れやすいものまで幅広く教えてもらいました。キャンプなどのアウトドアシーンで使うのはもちろん、日常のちょっとしたときに使うものなど、どのようなシーンで使いたいかを想像しながら読んでみてくださいね!


ソフトクーラーボックスの選び方 キャンプライターに聞きました

キャンプライターの中山一弘さんに、ソフトクーラーボックスを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

4個の氷
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ソフトクーラーボックスをうまく利用して、冷たい飲み物や肉・魚などの食材は、ばっちり冷やしておきましょう!

サブのクーラーボックスにするのかメインで使うのか考えよう

キャンプ/釣りライター

クーラーボックスのタイプを大きく分けると、プラスチックやステンレスなどの強固なボディ構造のハードクーラーボックスと、やわらかい素材で折りたたむことができるソフトクーラーボックスの2種類があります。

ソフトクーラーボックスは小さく畳めるものが多く、軽いので日常的にも使いやすいタイプといえます。両方を組み合わせてキャンプなどで使う人も多いのですが、ソフトクーラーボックスだけで行くならすべてまかなえる保冷性能が必要ですし、それなりの容量も求められます。メインにするのかサブクーラーボックスとして使うのか、そのあたりを最初に考えると、必要な容量などもわかりやすいでしょう。

シーンによって最適なタイプ・形状が変わってくる

コールマン『エクストーリーム アイスクーラー25L』

コールマンの多彩なクーラーボックスのなかでも、バーベキューやピクニックなど日帰りレジャーに適したモデル。高い保冷力を備えているので、生鮮食品も安心して保存できます。

>> Amazonで詳細を見る

キャンプ/釣りライター

ソフトクーラーボックスとひとくくりにしても、そのなかには100均でよくあるようなペラペラのアルミシートだけで包む袋のようなものから、ハードクーラーボックスにも負けないような保冷性能のものまで千差万別です。

車にいつも積んでおいて、ちょっとした買い物にも使いたいなら収納性を重視したいところですし、自転車のカゴに入れたいならそれに見合ったサイズにしなければなりません。自分が使いたいシチュエーションによって、最適なタイプというものがあるので、そこも充分に考えておきましょう。

自分の用途に必要な保冷・保温能力があるか見極めよう

サーモス『保冷ショッピングバッグ(RER-025)』

毎日の買い物にも使いやすい、ボックス型の保冷ショッピングバッグです。保冷効果の高い4層断熱構造を採用し、小物を入れられるポケットやマチを閉じるとコンパクトに折りたためる使い勝手のよさもポイントです。

>> Amazonで詳細を見る

キャンプ/釣りライター

暑い夏のビーチや河原でのバーベキューは楽しいものですが、炎天下で冷たい飲み物をキープするには、クーラーボックスにもかなりの保冷性能が求められます。こういうときは、数字上の保冷性能だけではなく、実は冷気が最も逃げやすく直射日光の影響などを受けやすい上フタにも断熱材がしっかり入っているかなど、こまかいところにも注目しましょう。

ただ、近所のお買い物にちょっと使いたいというレベルなら、そこまでの保冷性能は必要ないこともあります。家に帰るまでの間だけ、アイスクリームがとけなければOKということもあると思うので、自分に必要な最低限の能力をイメージしておくと、最適なソフトクーラーボックスが購入できます。

必要な容量は食材のサイズやペットボトルの本数で考えよう

キャンプ/釣りライター

カタログ上の数値で容量25Lといっても、ちょっとイメージしにくいことがあります。一般的には、ペットボトルや350ml缶が何本入るかなども記載されていることが多いので、サイズ感がわかりやすいです。

ペットボトルの場合は、500mlで何本と表記されていれば背の低いタイプですし、2Lのペットボトルが6本などとあればそこそこ大型だと判断できます。実際には、ここに氷や保冷剤などが入るので、食材や飲み物が入る容積は減ることも覚えておきましょう。

ソフトクーラーボックスおすすめ5選 キャンプライターが厳選!

ご紹介したソフトクーラーボックスの選び方のポイントをふまえて、キャンプライターの中山一弘さんに選んでもらったおすすめ商品5選をご紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コールマン『エクストーリーム アイスクーラー/25L』

コールマン『エクストーリームアイスクーラー/25L』 コールマン『エクストーリームアイスクーラー/25L』 コールマン『エクストーリームアイスクーラー/25L』 コールマン『エクストーリームアイスクーラー/25L』 コールマン『エクストーリームアイスクーラー/25L』 コールマン『エクストーリームアイスクーラー/25L』 コールマン『エクストーリームアイスクーラー/25L』 コールマン『エクストーリームアイスクーラー/25L』 コールマン『エクストーリームアイスクーラー/25L』

出典:Amazon

容量 約25L
サイズ(外形・使用時) 約41×27×28cm
サイズ(収納時) 約41×28×10cm
素材 PETアルミニウム、ポリエステル、ポリエチレン(フォーム)、PETアルミニウム(取り外しライナー部分) 
本体重量 約1.1kg

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

強力な保冷力とコンパクトさでバランスのいいモデル

キャンプなどのアウトドア用品といえばコールマンですが、ソフトクーラーボックスでもさまざまなモデルを用意しています。保冷力の高いほうから、アルティメイト・エクストリーム・デイリーというラインアップで、容量違いのモデルが多数ある構成です。そのなかでも、日常でもキャンプやバーベキューのサブ用としても、25Lくらいのタイプは使いやすいのでおすすめです。

私もエクストリームの15Lを愛用しているのですが、肉や魚などの冷やしておきたい食材を入れておくのに、充分な性能で安心して使えます。25Lモデルなら、食材+ 飲み物などを入れるにも使いやすいでしょう。上フタに小窓もあるので、冷気が逃げるのも最小限に抑えられます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ロゴス『ハイパー氷点下クーラーXL』

ロゴス『ハイパー氷点下クーラーXL』 ロゴス『ハイパー氷点下クーラーXL』 ロゴス『ハイパー氷点下クーラーXL』 ロゴス『ハイパー氷点下クーラーXL』 ロゴス『ハイパー氷点下クーラーXL』 ロゴス『ハイパー氷点下クーラーXL』 ロゴス『ハイパー氷点下クーラーXL』 ロゴス『ハイパー氷点下クーラーXL』

出典:Amazon

容量 約40L
サイズ(外形・使用時) 約43×35×35cm
サイズ(収納時) 約44×12.5×35cm
素材 EVA、PP、PE、PVC、ナイロン
本体重量 約1.95kg

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

強力な保冷力とコンパクトさでバランスのいいモデル

ハードクーラーボックスの保冷力は魅力だけど大きいし重い、というようなときにこの左右にハードシェルを持つ製品はおすすめです。

崩れやすい食材などを入れるときも、左右が固めの素材でできているので、しっかり自立して内容物に影響しにくくなります。また、同社製の氷点下パックとセットで使用する想定になっていて、トータルで保冷力を上げようというメーカーのコンセプトがよくわかります。

使わないときは左右のシェル部分をファスナーで閉じてしまえば、しっかり小さくなるのも特徴です。片付けるときにゴチャゴチャとむずかしい手順がいらないので、誰でも手軽に扱えるのも魅力でしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キャプテンスタッグ『お買い物用クーラーバッグ(MP-452)』

キャプテンスタッグ『お買い物用クーラーバッグ(MP-452)』 キャプテンスタッグ『お買い物用クーラーバッグ(MP-452)』 キャプテンスタッグ『お買い物用クーラーバッグ(MP-452)』 キャプテンスタッグ『お買い物用クーラーバッグ(MP-452)』 キャプテンスタッグ『お買い物用クーラーバッグ(MP-452)』 キャプテンスタッグ『お買い物用クーラーバッグ(MP-452)』 キャプテンスタッグ『お買い物用クーラーバッグ(MP-452)』 キャプテンスタッグ『お買い物用クーラーバッグ(MP-452)』

出典:Amazon

容量 約20L
サイズ(外形・使用時) 41×30×23cm
サイズ(収納時) -
素材 本体:表面=ポリエステル600D、内面=EVA樹脂、断熱材=ポリエチレンフォーム
本体重量 約0.5kg

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

日常使いに最適! エコバッグ代わりにも

バーベキューなどには本格的なハードクーラーボックスを持って行くという人でも、日常のお買い物などではそこまで本気なものはいらないこともあるでしょう。そういうときにも最適なのが、この一見普通の買い物カゴのようなスタイルのソフトクーラーボックスです。

一般的な買い物カゴにすっぽり入るサイズなので、いつもの使うマイバッグとしても活用できます。それでいて保冷性があるので、普段使いだけでなく、たとえばキャンプ場近くに買い出しに行くときにも便利です。買い出しはこれで済ませて、キャンプ場に戻ったらハードクーラーボックスに詰め替えて使い分ける、というのもアリですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

サーモス『保冷ショッピングバッグ(RER-025)』

サーモス『保冷ショッピングバッグ(RER-025)』 サーモス『保冷ショッピングバッグ(RER-025)』 サーモス『保冷ショッピングバッグ(RER-025)』 サーモス『保冷ショッピングバッグ(RER-025)』 サーモス『保冷ショッピングバッグ(RER-025)』

出典:Amazon

容量 約25L
サイズ(外形・使用時) 約39×20.5×31cm
サイズ(収納時) -
素材 外生地:ポリエステル、内生地:PEVA、クッション:ポリウレタン・発泡ポリエチレン
本体重量 約0.3kg

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

独自構造で保冷力を保つサーモスのソフトクーラー

サーモスといえば保冷・保温ボトルで圧倒的な認知度を誇るメーカーですが、その技術を活かしてハード・ソフト両方のタイプのクーラーボックスも提供しています。

そのなかでもこのモデルは、同社製のソフトクーラーボックスとしては一番大きいサイズで、毎日の買い物にも役立つサイズ感となっています。複数の断熱素材を組み合わせた独自の4層構造などに、ノウハウの蓄積を感じさせます。

縦長の構造なので、25Lサイズですが2Lのペットボトルが8本入る収納力も魅力です。収納時にはマチを閉じればコンパクトになるので、車に常備しておくのにも最適でしょう。Amazonなどの通販サイトでも人気のようです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シアトルスポーツ『フロストパック 40クォート』

シアトルスポーツ『フロストパック40クォート』 シアトルスポーツ『フロストパック40クォート』 シアトルスポーツ『フロストパック40クォート』 シアトルスポーツ『フロストパック40クォート』 シアトルスポーツ『フロストパック40クォート』

出典:Amazon

容量 40QT(約37.8L)
サイズ(外形・使用時) 48.2×27.9×30.4cm
サイズ(収納時) -
素材 本体:19オンスビニール素材、ウェビング:ポリエステル
本体重量 1.542kg

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

独特の色使いでおしゃれキャンパーにも人気

ソフトクーラーボックスは太陽光を反射するために、表面が銀色などのものも多いのですが、原色でビビッドな感じでお馴染みなのがシアトルスポーツの製品です。

アメリカのメーカーだけあって、サイズがクォート(QT)で表記されているのは、コールマンなどと同じです。1QTが1L弱くらいなので、リットル換算では数値よりも少なくなると考えておけばよいでしょう。12・23・25・40クォートで、形状の違うモデル展開ですが、この40QTモデルはメインのクーラーボックスとして使うのにちょうどよいでしょう。空気孔がついた独自の二重アルミ製特殊断熱層が、断熱性を高める仕組みになっています。

「ソフトクーラーボックス」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
コールマン『エクストーリーム アイスクーラー/25L』
ロゴス『ハイパー氷点下クーラーXL』
キャプテンスタッグ『お買い物用クーラーバッグ(MP-452)』
サーモス『保冷ショッピングバッグ(RER-025)』
シアトルスポーツ『フロストパック 40クォート』
商品名 コールマン『エクストーリーム アイスクーラー/25L』 ロゴス『ハイパー氷点下クーラーXL』 キャプテンスタッグ『お買い物用クーラーバッグ(MP-452)』 サーモス『保冷ショッピングバッグ(RER-025)』 シアトルスポーツ『フロストパック 40クォート』
商品情報
特徴 強力な保冷力とコンパクトさでバランスのいいモデル 強力な保冷力とコンパクトさでバランスのいいモデル 日常使いに最適! エコバッグ代わりにも 独自構造で保冷力を保つサーモスのソフトクーラー 独特の色使いでおしゃれキャンパーにも人気
容量 約25L 約40L 約20L 約25L 40QT(約37.8L)
サイズ(外形・使用時) 約41×27×28cm 約43×35×35cm 41×30×23cm 約39×20.5×31cm 48.2×27.9×30.4cm
サイズ(収納時) 約41×28×10cm 約44×12.5×35cm - - -
素材 PETアルミニウム、ポリエステル、ポリエチレン(フォーム)、PETアルミニウム(取り外しライナー部分)  EVA、PP、PE、PVC、ナイロン 本体:表面=ポリエステル600D、内面=EVA樹脂、断熱材=ポリエチレンフォーム 外生地:ポリエステル、内生地:PEVA、クッション:ポリウレタン・発泡ポリエチレン 本体:19オンスビニール素材、ウェビング:ポリエステル
本体重量 約1.1kg 約1.95kg 約0.5kg 約0.3kg 1.542kg
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年7月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月7日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ソフトクーラーボックスの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのソフトクーラーボックスの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:クーラーボックスランキング
楽天市場:ソフトクーラーボックスランキング
Yahoo!ショッピング:ソフトクーラーボックスランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

キャンプライターのアドバイス 保冷剤やスタンドなどで保冷力アップ

キャンプ/釣りライター

ソフトクーラーボックスの場合は外気の影響を受けやすいため、ちょっとした工夫で断熱性を高めていきましょう。

基本中の基本ですが、真夏の炎天下などではまず直射日光を避けること。これだけで保冷時間が大きく変化します。さらに、地面も意外に熱気を持っているので、クーラースタンドを使ってすき間を作ることも有効です。専用品ではなく、小さい折りたたみチェアなどでも充分です。

また、保冷剤にも気を配るとよいでしょう。各メーカーから、保冷力の高いものが提供されているので、これと買い出しのときに板氷などを追加で補給していけば、2~3日程度のテント泊でも、冷え冷えのクーラーボックス環境が保てるでしょう。

ハードタイプに比べ、軽くて持ち運びしやすい点が魅力のソフトクーラーボックス。気軽なアウトドアや日帰りレジャーなどに使いたいアイテムです。1万円以下でも、探せば保冷力があるものが見つかります。そこで、アウトドア&旅ライターの大森弘恵さんへの取材のもと、1万円以下のソフトクーラーボックスの選び方と...

クーラーボックスは食べ物の鮮度を保ったり、冷たいドリンクを飲んだりするときに重宝するアイテムです。夏には食中毒を防ぐこともできます。また、釣りをする人にとっては必需品ともいえます。数多くあるクーラーボックスのなかで、小型か大型か、どれがよいのかわかりにくいこともあります。本記事では、アウトドア...

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/07/07 コンテンツを一部修正しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


1万円以下のソフトクーラーボックスおすすめ5選|アウトドア・旅ライターに取材

1万円以下のソフトクーラーボックスおすすめ5選|アウトドア・旅ライターに取材

ハードタイプに比べ、軽くて持ち運びしやすい点が魅力のソフトクーラーボックス。気軽なアウトドアや日帰りレジャーなどに使いたいアイテムです。1万円以下でも、探せば保冷力があるものが見つかります。そこで、アウトドア&旅ライターの大森弘恵さんへの取材のもと、1万円以下のソフトクーラーボックスの選び方とおすすめ商品をご紹介します。使いやすく保冷力のしっかりしているソフトクーラーボックスをお探しの方は、ぜひ参考にしてくださいね。


【2020年版】クーラーボックスおすすめ26選|定番から人気の高保冷タイプまで

【2020年版】クーラーボックスおすすめ26選|定番から人気の高保冷タイプまで

作家でアウトドアライターの夏野栄さんへの取材をもとに、2020年版クーラーボックス26選をご紹介します。登山や魚釣りにも役立つクーラーボックスや折りたたみタイプの便利な商品をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


ハードクーラーボックスのおすすめ11選┃【保冷力を上げるマル秘テクも公開!】

ハードクーラーボックスのおすすめ11選┃【保冷力を上げるマル秘テクも公開!】

キャンプやバーベキュー、海水浴や釣りなどあらゆるアウトドアで活躍するハードクーラーボックス。コールマン、イグルー、キャプテンスタッグなどさまざまメーカーから販売されています。そこで、アウトドアライターのSAMさんと編集部が、ハードクーラーボックスの選び方とおすすめの11商品をご紹介します。保冷力を上げるマル秘テクも公開するので、ぜひ参考にしてみてください。


クーラーボックスのメーカー別おすすめ5選【コールマン・イエティ・ロゴス ほか】

クーラーボックスのメーカー別おすすめ5選【コールマン・イエティ・ロゴス ほか】

アウトドアライターのSAMさんに、クーラーボックスの選び方とおすすめ商品をお聞きしました。つりやキャンプなど、アウトドアで飲み物や食材を保冷するのに役立つクーラーボックス。いざ必要になるとどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。この記事では、コールマン、イエティ、ロゴス、イグルーなど、代表的なメーカーをはじめとして、クーラーボックスを購入するときに見るべきポイントを教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてください。


【かわいいクーラーボックス】おすすめ5選|容量・保冷力/インテリアとして選ぶ

【かわいいクーラーボックス】おすすめ5選|容量・保冷力/インテリアとして選ぶ

山岳写真家が選ぶかわいいクーラーボックス5選をご紹介します。キャンプなどで飲み物や食材を保冷してくれるクーラーボックス。実用的で質素なデザインのものが多いですが、インテリアとしてキャンプサイトに違和感なく溶け込むようなものを選びたいですよね。そこで、山岳写真家の荒井裕介さんに、かわいいデザインのクーラーボックスについて教えてもらいました。いままで見た目が気になって選べなかった方もぜひ参考にしてみてください。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひそちらも参考にしてみてくださいね。


新着記事


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年10月26日:「ハロウィン用コスプレドレス」

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年10月26日:「ハロウィン用コスプレドレス」

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールは「ハロウィン用コスプレドレス」。来るハロウィンに向け、ハロウィン用衣装がかなりお得になっています。ぜひチェックしてみてください!


【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

保温性にすぐれており、ウインタースポーツで活躍するメンズスノーボードウェア。さまざまな商品が販売されており、素材や機能性も異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでここでは、メンズスノーボードウェアの選び方のポイントをご紹介していきます。プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、デザイン性と機能性にすぐれたおすすめの商品も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

冬に楽しみたいレジャーは「スノーボード」という方も多いでしょう。スノーボードを思い切り楽しむためにはウェア選びは重要です。おしゃれなウェアを身にまとうと、さらにテンションが上がりますよね。しかし「滑っているうちにびしょ濡れになった」など、ウェア選びに失敗したことがある方も多いようです。この記事では、レディーススノーボードウェアの選び方を解説し、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめ21商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

サーフィンをするときに忘れてはいけないのが、サーフボードを体につなぎとめておくリーシュコードです。ただ、「大事なのは知っているけれど、どう選べばいいのかわからない」という声もよく聞かれます。リーシュコードは長さや太さなどの種類が多く、なにを選べばいいのか悩む方が多いようです。この記事ではリーシュコードの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

寒い地域や冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィングローブ」。防寒だけではなく、紫外線やけがなども防いでくれる便利なアイテムです。しかし、各メーカーからさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いですよね。ここでは、サーフィングローブの選び方のポイントを解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ11商品をご紹介します。自分にぴったりのグローブを見つけて、快適にサーフィンを楽しみましょう!


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る