おすすめの「楽器」に関する記事

電子ピアノやギターといった楽器とその周辺のものの選び方とおすすめ情報、関連情報をお届けします。

楽器に関連するタグ

ピアノ・電子ピアノ(鍵盤楽器) アコースティックギター エレキギター・エレキベース ウクレレ ドラム・パーカッション・打楽器 管楽器・吹奏楽器 バイオリン
>>楽器に関連するタグ一覧

テレキャスター用ピックアップおすすめ6選【音楽ライターが徹底解説!】

テレキャスター用ピックアップおすすめ6選【音楽ライターが徹底解説!】

本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、テレキャスター用のピックアップの選び方と、おすすめ商品を紹介します。テレキャスタータイプのギターを使っていて、なんとなく音が気に入らないという人もいるでしょう。その解決策のひとつが、ピックアップを交換することです。とくに大きな加工を必要とせず、かんたんに取り付けられるテレキャスター専用のピックアップが数多く出ていますので、音に不満を感じたら試してみるとよいでしょう。ピックアップによって出せる音はさまざまですが、テレキャスターらしいサウンドが出せるおすすめ商品を中心に紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!


ギターピックのおすすめ8選! 初心者に最適なピックを音楽ライターが厳選

ギターピックのおすすめ8選! 初心者に最適なピックを音楽ライターが厳選

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、おすすめのギターピック8選と選び方のポイントを紹介します。ギター演奏に必須のアクセサリであるピックは、形や材質、厚さなどさまざまなため、とくに初心者はどれを選んだらよいか悩んでしまうこともあるでしょう。選ぶときにはギターピックの形や材質、厚さなど気にすべき大切なポイントがいくつかあります。本記事を参考に自分の演奏スタイルにマッチするギターピック選びの参考にしてくださいね。


ギター用マルチエフェクターおすすめ5選|初心者向けに選び方も紹介

ギター用マルチエフェクターおすすめ5選|初心者向けに選び方も紹介

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんが、マルチエフェクター選びのポイントとおすすめ商品5選を解説します。1台で複数のエフェクターの役割を果たし、コンパクトエフェクターでは難しい音作りを実現するマルチエフェクター。なかでもギター用に設計されたものは、著名なアンプのシミュレーションなど、エフェクターの守備範囲を超える音作りをサポート。ギターの音作りにはまり、足元がコンパクトエフェクターなどのデバイスでいっぱいというギタリストの方、セッティングを見直しませんか? BOSSやZOOM、MOOERなどの商品が厳選されていますので、参考にしてワンランク上のギターサウンドに挑戦してみてください。通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。


サックスケースのおすすめ8選|サックスプレイヤー厳選&選び方解説

サックスケースのおすすめ8選|サックスプレイヤー厳選&選び方解説

サックスを外に持ち出すさいに気になるのは、運びやすさ。リュックのように背負えるものもあるなど、サックスケースにはさまざまな種類があります。見た目ももちろん重要ですが、頑丈さ、強度、重さなどもサックスケース選びの重要なポイントです。この記事では、サックスプレイヤー・加度克紘さんへの取材をもとに、サックスケースの選び方とおすすめ商品をご紹介します。目的によってケースの選び方も異なりますが、安全に大切に楽器を運べるようにするサックスケースを選びたいところです。


ドラムスティックおすすめ6選! 元プロドラマーが選ぶ|初心者〜上級者まで

ドラムスティックおすすめ6選! 元プロドラマーが選ぶ|初心者〜上級者まで

元プロドラマーで音楽ライターの田澤 仁さんに聞いた、ドラムスティックの選び方とおすすめ商品6選を紹介します。ドラマーにとってスティック選びは上級者になっても難しいもの。自分の手の延長のように自由に演奏するには、正しい持ち方で演奏することは言うまでもありませんが、スティックの木材の種類、グリップの感触、長さなど、さまざまな要素が演奏に影響します。また初心者の場合、合わないスティックを選ぶと変なクセがついてしまい上達しにくくなることも。自分に合うドラムスティックを見つけるために、ぜひ本記事を参考にしてみてください。


【ベースケースのおすすめ6選】音楽ライターが厳選! リュックタイプからハードケースまで

【ベースケースのおすすめ6選】音楽ライターが厳選! リュックタイプからハードケースまで

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ベースケースの選び方とおすすめ商品6選を紹介します。ベースケースにはソフトケース、ギグバッグ、リュックタイプ、ハードケースなどさまざまなタイプがあります。そして保護性能はもちろん、ストラップの担ぎやすさや収納力などそれぞれに特徴があります。自分のベースに合うケースはどれなのか、移動や保管時の利便性はどうかなど、想像しながら記事をチェックしてみてください。


ドラム用シンバルおすすめ6選! 元プロドラマーが厳選|ライド、クラッシュ、ハットなど

ドラム用シンバルおすすめ6選! 元プロドラマーが厳選|ライド、クラッシュ、ハットなど

音楽ライターで元プロドラマーの田澤 仁さんへの取材をもとに、ドラム用シンバルの選び方と、おすすめの商品6選をご紹介します。ドラムセットに必要なシンバルは、さまざまなメーカーがライド、クラッシュ、ハットなどとても数多くの種類の製品を販売しています。どのシンバルがどのように使えるのか、叩き方によってどんな音がするのかわからないと、どれを選んだらよいか迷ってしまうでしょう。なお、シンバルには本当にたくさんの製品があるので、本記事でははよく使われる種類のシンバルにしぼり、その代表的な商品をご紹介しています。


クラリネットのおすすめ5選! 楽器に詳しいエキスパートが選ぶ

クラリネットのおすすめ5選! 楽器に詳しいエキスパートが選ぶ

楽器に詳しい、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんがおすすめするクラリネット5選を紹介します。音色がやわらかく美しいクラリネットを選ぶためには、材質による音色の違いやメーカーごとの特徴を知っておくと役立ちます。楽器は高価なものだからこそ、間違いのない商品を選びたいですよね。本記事で紹介するおすすめ商品や、各通販サイトのクラリネットの売れ筋ランキングを参考に、ぜひじっくり選んでみてくださいね。


カポタストおすすめ9選【アコギ、エレキ用など】音楽ライターが厳選

カポタストおすすめ9選【アコギ、エレキ用など】音楽ライターが厳選

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、カポタスト選びのポイントとおすすめの商品9選を紹介します。ギタリスト必携アイテムのひとつ「カポタスト」。キーを変更したり、コードを弾きやすくしたりといったことがかんたんにできるカポタストは、アコギユーザーだけでなくエレキギターでも使われます。本記事を参考に、自分の演奏スタイル、楽器に合うカポタストをさがしてみてくださいね。記事の最後には、通販サイトのカポタストランキングも紹介しています。


アナログシンセのおすすめ5選【サウンドクリエーターが厳選!】

アナログシンセのおすすめ5選【サウンドクリエーターが厳選!】

電圧や音の波形を自由に調整することでサウンドを作り出すアナログシンセサイザー。比較的音の調整がしやすいデジタルシンセと比べて、より独特で個性的なサウンドを作ることができる点が魅力の楽器です。しかし、オシレーターやフィルターなど、機能が多くて、何を重視すべきか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、サウンドクリエーターでキーボーディスト、そしてシンセサイザープログラマーとして活躍されている内藤 朗さんへの取材をもとに、アナログシンセの選び方とおすすめ商品5選を紹介。さらに記事の最後では各通販サイトの売れ筋ランキングも紹介します! お気に入りのアナログシンセをみつけて、音作りを存分に楽しんでみてくださいね。


【音楽ライターに聞いた】ピックホルダーおすすめ9選|マイクスタンドからボディ・ヘッド用まで

【音楽ライターに聞いた】ピックホルダーおすすめ9選|マイクスタンドからボディ・ヘッド用まで

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ピックホルダーの選び方や、おすすめのピックホルダー9選を紹介します。マイクスタンド用、ボディ用、ヘッド用から厳選。ギタリストの演奏スタイルに合わせて、どう選んだらよいかポイントをお聞きしました。ショッピングサイトの人気ランキングも参考にしてください。ピックホルダーがあれば、演奏中にピックを落としたときでも予備のピックをすばやく取り出せますし、ピックの保管場所として使うことも可能です。自分のスタイルに合ったピックホルダーを見つけてください。


サックスおすすめ5選|初心者へのおすすめは? 選び方も解説!

サックスおすすめ5選|初心者へのおすすめは? 選び方も解説!

楽器に詳しいレコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに、サックスの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。一般的には「サックス(Sax)」と呼ばれることが多いですが、正式には「サクソフォン(saxophone)」といい、考案者であり開発および製作者のアドルフ・サックス(Adolphe Sax)の名前が冠された楽器です。フルートやクラリネットなどのほかの木管楽器に比べると新しく、クラシックはもちろんジャズやポップスで演奏されることも多い人気の楽器です。サックスをはじめたい初心者の方、どんな種類やメーカーのサックスを選べばいいいのか迷っている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。


【プロ厳選ランキング】カホンのおすすめ12選|初心者でもかっこよく演奏しよう!日本製も

【プロ厳選ランキング】カホンのおすすめ12選|初心者でもかっこよく演奏しよう!日本製も

穴の空いた長方形の木の箱を叩いて音を出す楽器「カホン」。ここ数年ストリートミュージシャンがドラム代わりに使ったり、小編成のアコースティックライブでアコギやピアノといっしょに演奏されたりして注目を集めてきました。この記事では、レコーディングエンジニアである小野寺孝樹さんに聞いた、カホン選びのポイントとおすすめの商品をご紹介。


5弦ベースおすすめ5選! レコーディングエンジニアが選ぶ|初心者でも使いやすい

5弦ベースおすすめ5選! レコーディングエンジニアが選ぶ|初心者でも使いやすい

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんへの取材をもとに、おすすめの5弦ベースと選び方のポイントを紹介します。5弦ベースは、通常のベースより弦が1本多いタイプで、4弦のベースより出せる音が多いためプロのミュージシャンにも愛用者が多い楽器です。プロのミュージシャンにも愛用者が増えており、購入したいと思う方も多いのでは。しかし、ピックアップの種類や出力のちがいなど気にするポイントはたくさんあります。本記事を参考に、自分に合う5弦ベースを探してくださいね。


スティックケースの選び方&おすすめ7選! 元プロドラマーに取材

スティックケースの選び方&おすすめ7選! 元プロドラマーに取材

音楽ライターであり元プロドラマーでもある田澤 仁さんへの取材をもとに、スティックケースの選び方とおすすめ商品をご紹介します。ドラムの練習やライブなどに出かけるとき、スティックを持ち歩くために必要なのがスティックケース。スティックだけではなく、それ以外の小物類も一緒に収納します。また、演奏中に予備のスティックを取り出せるようにしておくなど、さまざまな用途があります。世界的なドラムブランド、Pearl(パール)のほか、多くのメーカーから発売されており、素材や収納力が異なります。どう選べばいいのかわからないという方は、本記事を参考にして自分の使い方にあったスティックケースを探してみてください。


ギターシールドおすすめ5選|レコーディングエンジニアが厳選

ギターシールドおすすめ5選|レコーディングエンジニアが厳選

さまざまな機材の接続に使われる「シールド」。ところがこの呼び名は一定しておらず「ケーブル」と呼ばれることもあります。正確な名称は、「シールデッド ケーブル(Shielded cable)」といい、銅などでできた芯線(ケーブル)を金属の網状のもの(シールド)でおおってあるものをいいます。そういうわけで、シールドでもケーブルでもどちらでも正しいといえます。シールドは楽器や音響メーカー、ショップオリジナルなど多くの選択肢があり、好みのシールドを選ぶことはとても大変です。本記事では、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんにシールド選びのポイントとおすすめ紹介を教えていただきました。


トランペットおすすめ5選|初心者の入門用から中級者向けをご紹介!

トランペットおすすめ5選|初心者の入門用から中級者向けをご紹介!

トランペットの選び方をレコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに教えてもらいました。あわせてレベル別におすすめのトランペットを5選紹介します。トランペットはメーカーによって塗装方法や材質、ベルの加工方法などが異なります。価格帯は幅広く、品質や種類もさまざま。初めてトランペットを購入するという方は、予算の都合でマイ楽器の購入をあきらめてしまう前に、手ごろなトランペットで演奏に慣れ、上達のレベルに合わせて買い替えや追加していくといいでしょう。本記事を参考にして自分に合ったトランペットを探してみてくださいね。


フルートおすすめ6選|初心者から経験者まで!

フルートおすすめ6選|初心者から経験者まで!

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんへの取材をもとに、初心者にもおすすめのフルートとその選び方を紹介します。透きとおるような美しい音色が特徴のフルート。「これからフルートを習い始めたいけど、何を選んだらいいかわからない……」という方も多いのでは。フルートは素材によって音色が変わり、キーのスタイルによって種類も異なります。本記事を参考に、お気に入りのフルートを見つけてくださいね。


ソフトシンセおすすめ5選! サウンドクリエイターが機材選びのポイントも解説

ソフトシンセおすすめ5選! サウンドクリエイターが機材選びのポイントも解説

ソフトシンセ(ソフトウェア・シンセサイザー)は、ピアノやギターなどのメロディ楽器だけでなく、多様なシンセシス(音の合成方式)によって、実在しないような楽器のサウンドも含め非常に多様な音色が使い分けられる上、ソフトウェアなので物理的な場所もとらない優れもの。一方、ソフトだからこそ、機種により得意な音色や機能、動作環境も千差万別。複雑なシステムにより音を合成する機種も多く、決して全てが安価なわけでもないものです。そのため失敗なく優れた機材を見極めるためにも、サウンドクリエイターである内藤 朗さんにソフトシンセ選びのポイントとおすすめソフト5つを紹介していただきました。


ウクレレチューナーおすすめ7選! 音楽ライターが選び方も解説

ウクレレチューナーおすすめ7選! 音楽ライターが選び方も解説

ウクレレのチューニングに必要なウクレレチューナーの選び方、おすすめ商品を音楽ライターの田澤仁さんへ伺いました。ウクレレは親しみやすい楽器ですが、チューニングが狂いやすい楽器でもあります。そこで大事なのが、ウクレレチューナー。クリップ式やマイク内蔵式のもの、メトロノームなどの便利機能がついたものなどさまざまな種類があります。「何を選んだらいいかわからない!」という方は、ぜひ本記事を参考にウクレレチューナーをさがしてくださいね。


楽器の人気記事